吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
五十嵐先生、教えてくれっチョ >> インデックス
Q10: 指揮をするとおかしいとからかわれたりする。また、指揮の形も悪いと言われる。

A10: 自分たちで選んだ、または承認した指揮者のはずです。仲間を大切にしない楽団は音楽以前の問題です。仲間がいるから合奏できるし、音楽も広がっていいきます。なぜ、楽団を崩壊させようとするのでしょうか?もし、何か悪いところや疑問の所があったら、言葉を選び、個人のレベルで話してはどうですか?
大勢の合奏中にからかうということは、もってのほかです。一度全員で考えてみて下さい。

以下に、指揮の基本を書きました。これまでのこのコーナーの内容も参考にしてみて下さい。(学生指揮者の心構え・・・)

指揮の基本的考え方
五十嵐 清

 指揮者は、奏者(の集合体)に自分の意思を伝えて、演奏してもらわなければ音楽が表現できません。ですから正確に自分の欲しい音(音楽)を奏者に伝えていかなければなりません。そのためには奏者との信頼関係は必要不可欠です。奏者を愛することを忘れず、音楽的にも人間的にも魅力のある「プラス」の存在でいて下さい。また、吹奏楽、管弦楽、合唱等全ての指揮は、表現する手段(楽器の種類等)や方法(奏法、発声法等)が違うだけで、指揮の技術や音楽作りは同じであることを認識しておいて下さい。

 それでは、次の指揮の三つの基本をマスターして下さい。
  1.演奏者の呼吸や奏法を理解する。
  2.楽譜を充分に読んで構成、テンポ等をつかむ。
  3.正確な基本動作を身につける。

1.演奏者の呼吸や奏法を理解する。
 各々の楽器の奏法・特徴を理解することが、良い指揮を生むキーポイントです。
例えば、弦楽器のアルコとピチカートの場合では、指揮するときの気遣いが違います。そして呼吸法を知ることにより、フレーズの終わりのブレスの取り方にも配慮することができます。

2.楽譜を充分に読んで構成、テンポ等をつかむ。
 指揮者は、奏者より前に楽譜を充分に読んで、その曲の作者の意思、構成、テンポ等をつかんでおかなければなりません。スコアリングは、指揮者が絶対にしなくてはならないことです。特に、フレーズ、アーティキュレーション、アゴーギグ、曲全体の流れについて注意をすることが大切です。
 特に、一つ一つの音を出すことより、その音がどの様に移り変わって次のどんな音につなげるかが大切で、このことが音楽の表現になっていきます。

3.正確な基本動作を身につける。
 指揮の基本動作には、
 1)フォーム(各拍の区分、一拍目はDOWN)
 2)タイミング(ブレス、打点、予動作等)
 3)メリハリ(曲の感じにあった棒)
 4)脱力(流れる棒、力まない棒)
の四つがあげられます。しかし、このことについては、実際にレッスンをしなくては、言葉だけでは伝わりません。

 ここまでが、指揮者が基本としてマスターしなければならないことです。それでは、実際の合奏では、どうしたらよいか。
アマチュアの楽団では、トレーナー性が最も重要です。 
 1)奏者から出てきた音から、いろいろな問題点をすばやく抽出し、
   的確に迅速に指示をする(このためには多くの経験が必要)
 2)テンポ、アインザッツ、音程、リズム、バランス、音色、等に変化と統一を与える。
 3)音楽性(生命とエネルギー)を与える。

 曲はただ通し流すだけでなく、技術的に正確に、そして統一できるように部分的にも繰り返し練習することです。しかし、常に曲の全体の流れを感じていて下さい。

 最後に、上手なバトン技術=良い指揮者ではなく、心を語る音楽性を重視した指揮を目指してもらいたい。

Q9: 基礎合奏におけるパーカッションの立場です。(中略)管・打楽器ともにまんべんなく成長できる基礎合奏法はないですか?(E.Tさん 学生)

A9: 打楽器は常に指揮者と一緒にテンポ感や音楽の方向を司っていることを意識して、基礎の段階から管楽器とのアンサンブルに力を注ぐことが大切です。

 どうしても基礎合奏練習の時は、何もやることが無いようでしたら、先生にお願いして打楽器パートは別室でパート基礎練習をお推めします。

そして、メトロノームを使い
1) パートで同じリズムを皆一緒に演奏
2) カノンでやってみる
3) 楽器をローテーションする
4) リズムを声に出しながら楽器を演奏する

等 工夫すれば色々と練習できると思います。この時必ず録音をしてパートでチェックをしてみて下さい。以外とアインザッツがずれていたり、リズムが乱れていたり、音の処理がまちまちだったり、、問題点が見えて来ますよ。

 さて、では管打楽器で一緒に基礎合奏を行なう時(こちらの方が理想的)は、管楽器はロングトーンやスケールを吹いていると思います。このとき、打楽器はテンポやビートをリードする様に、指揮者の位置で演奏可能(移動可能)な楽器は移動することをお推めします。

音量については管楽器のダイナミックスに合わせて調整して下さい。

1) SDのスナッピーをOFFにして8分音符で演奏
→裏拍を意識することやテンポ感や拍子感を養う
2) ロングトーンやスケールをしている管楽器の音程を歌う
→音程感やアインザッツ、ブレス感を養う
3) ハーモニーをしている管楽器の音程を歌う
→ハーモニーの進行によるフレーズ感や音楽の緊張感を養う
4) 打楽器教則本のリズムパターンやロール練習をどんどん演奏する
(SDスナッピーはON)
→リズム感やクレッシェンド、デクレッシェンド感を養う
5) マーチの一フレーズのリズムを「繰り返し」演奏する
→時間がたってもテンポやリズムが乱れないようにする。
(以外ときつい!)

工夫次第でいろいろと出来ると思います。先生にアイデアを話してみてはどうですか?打楽器の人は、積極的かつセンスが良くなければ、頑張って下さい。

Q8:現在、3月の演奏会にむけて曲を練習中なのですが、ダレてしまって部員の多くが練習に身が入っていません。「やれ」と言われたこともろくにやらずにおしゃべりばかりして練習時間を過ごす毎日です。
 部活全体がそういう雰囲気になってきているので何とかしたいのですが、どのように士気を高めるのがよいでしょうか?(S君 高校生)

A8: まず、ミーティングをしてみて、各部員の考え、やる気などを全員に話す機会を作って下さい。

 今、何をしなければならないのか? その前に今何をしたいのか?を見失っているのでしょう。まず、ミーティングをしてみて、各部員の考え、やる気などを全員に話す機会を作って下さい。
 テーマとしては、例えば、
1) 一所懸命やろうとしているメンバーがいることが見えているか
2) 自分から積極的に活動に参加しているか(人に求めてばかりいないか)
3) 部活をしていて「楽しいことは?」「楽しくないことは?」を具体的にあげてみる。そして「楽しくするためには」まず何を実行すべきか?

 そして、約束として
1) 時間厳守(開始と終了時間の確認)
2) 出欠席の連絡徹底(欠席の時の届出方法の確認)
3) 練習内容の徹底(掲示して目で確かめられるように)
4) 挨拶、思いやりなど、人に気を遣う
  など決めてみてはどうでしょうか。

 そして、どのような演奏会にしたいのかを明確にし、それを達成させるために、合奏をするまで個人(自分)の責任、仲間に対する最低の礼儀があること、パート、分奏、そして合奏と段階を得て組み立てていく過程での一体感などが大切であることをきちんと話してみてはどうでしょうか?
 「口に出して言ってみる」・・・そうすると、きっとわかってくれるメンバーがいます。きっと計画を立てようと言ってくれるメンバーがいます。きっと一生懸命やろうとしているメンバーがいます。

 やれることからひとつひとつ「実行」してみて下さい

Q7:自分以外の楽器の音を聴こうとすると、音が小さいと先生に言われてしまいます。また、表情をつけようとすると「音の中で強弱をつけるな」と言われてしまったり… どうすればよいのでしょうか?(中学生・男)

A7:音を合わせる時は、誰(どの楽器)の音を聴きますか?

 前期の活動が終わって、幹部も交替したところも多いかと思います。今まで部を献身的にまとめてくれた学年の人、ありがとう。そしてお疲れさま。これから新しくまとめていく学年の人、あせらずゆっくりと前に進んで下さい。

 さて、お答えですが、自分以外の楽器の音を聴こうとすることは、とても良いことです。相手の音を聴こうとすると、一番近くで聴こえる音、そう自分の音が少し大きく感じますよね。ですから少し小さく吹いてしまうのだと思います。先生の位置できちんと聴こえるように、指示にしたがって音量を調整してみてください。

音を合わせる時は、誰(どの楽器)の音を聴きますか?
1) 隣の人、前の人、横の人をまず聴く
2) ユニゾンを合わせる。必ず「音程、音色、音量」の3つのことを統一する
3) 自分の音のオクターブ下の音に合わせる。音量は自分の方が小さく
4) ハーモニーの時は、基音なのか第5音なのか第3音なのかにより、音量を調節して「響き」の中で合わせる。

 楽器のベルの向きなどによっても違ってきますので、指揮者の指示のより音量を調整し、自分でこのくらいの息の量を楽器に入れるとOKか経験を積んで下さい。

 もう1つの質問。こちらも「表情をつけようとすること」は素晴らしいことです。
 1つの音には「アタック、コア、リリース」と3つの部分があります。ですから、あまり一音の中で強弱はつけないほうがいいでしょう。この3つのニュアンスにより、その音1つ1つの表現ができます。しかし、3つは必ず関連性がありますので、テンポ、音符の長さ、アティキュレーションがどの様についているかにより、その時のベストで演奏します。また、フレーズがどの様になっているかにより、音と音の推移を考えてみるとよいと思います。
 では、息を充分支えて1つ1つの音を演奏してください。

Q6: 活動を楽しくするために、レベルの向上指導についてどこから始めたらよいか?(女子高の顧問の先生・女性から)

A6: どんな小さな演奏会でもいいので、開催してみてください。

 一所懸命活動していると、誰かに聞いて欲しくなる。「発表したい」という気持ちが先ずレベルの向上になると思います。ですから、どんな小さな演奏会でもいいので、開催してみてください。

 技術的には、1人ひとりがきちんと楽器が吹けると良いのですが、個人差があると思います。そこできちんと吹ける生徒さんを各パートで養成してみて下さい。やる気のある人なら今技術的にできていなくてもOKです。パートのリーダー的存在の生徒を養成し、先生と話す機会を増やしてみて下さい。
 先生は会議や生徒指導など部活の面倒をみることができない時が多いと思います。きっとこのリーダー達がプラスになると思います。

 もう1つは、合奏を楽しくする。 好きな曲をただ演奏するのでなく、響きやメロディーの歌い方などを深く探ってみる。先生の学校は賛美歌で響きは養われていると思うので、歌で探って楽器で奏でる様にしてみてはどうでしょうか?
 今の先生のご自分の学校をどうにかしたいという気持がとても大切ですし、素晴らしいことと思います。

Q5: 管楽器の音が濁って響かない。力んでしまって音が汚い。必死で頑張っている、良く練習しているのはわかるのですが…

A5: 大切なのは「息」です。

●音が濁る→
 原因は「音程の違い」「息のスピードの違い」「発音の違い」などが考えられます。声やハミングで歌ってから演奏してみて下さい。また、口の中の広げ容量を増やして、倍音をより多くして下さい。そして、オクターブ関係の音程感をきちんと合わせて下さい。

●メロディーが聴こえない→
 今ここのフレーズで一番大切なの誰(どの楽器)? 一度に大勢が大声で話してしまったら、どうでしょうか?ということを奏者にも考えさせてみて下さい。同じメロディーでも、ここはFlを出したい!など、はっきりした考えを奏者に伝えて下さい。また、アーティキュレーションをより明確にして下さい。

●力んでしまう→
 「f」は遠くに広がっていくイメージで、自分の演奏している音も他のメンバーの音も、どちらも聴こえるようにする。「p」は一本の糸が遠くの一点に届くようなイメージで、連続して息を出していく。自分の音とメンバーのどちらも息の支えとスピードを注意しなければなりません。

 大切なのは「息」です。
 (芸能人は「歯が命」、私達(吹奏楽人?)は「息が命」 ちょっと古い!)

 息をどの様に支え、どの様なスピードで吹き込むかということが大切です。テクニックを駆使して曲を演奏するのではなく、こういう演奏(音楽)を奏でたいので、こういうテクニックを使う、ということが大切です。

Q4: ホール練習をしたところ、とてもバランスが悪く、聞き苦しいものでした。打楽器が出すぎているのですが、抑えると管楽器が不安になってしまい、一概に「おとせ」とは言えない。(質問:三重県の中学校の先生)

A4: 打楽器はどの管楽器と一緒に演奏しているかを把握してみて下さい。そして、同じリズムを演奏していたら、その楽器より大きく出さないことです。
 常に、誰かと一緒に演奏させてもらっている。支えに徹する (人間体で「骨」の役割です。体を支えるため、強く太くしかし<見えない!>。もし事故で骨が露出してしまったら、気持ちが悪い!)。
 叩くというより、リズムやビートをはっきりとさせる。腕の重みを感じられるようにテクニックを使う。という考えにして欲しいと思います。

Q3: 母校のパート練習や分奏を指導することになりました。初めてのことなので、ポイントを教えて下さい。

A3: 合奏は音楽作りをする場であり、その前に個人練習・パート練習や分奏を通して、合奏への準備を怠らないようにしなければなりません。

 奏者としては、経験があるのですが、指導となると不安があるようですね。
 では、次にある項目をチェックしてみて下さい。一度に多くのことは出来ません。今回の指導は、「音」と「リズム」を中心に指導するなど、余り欲張りすぎずに確実に指導してみて下さい。しかし、「基礎」は毎回チェックして下さい。
 合奏の日程を早く把握して、逆算して個人、パート、分奏のスケジュールを一週間単位で設定してみて下さい。

【個人練習・パート練習・分奏でのチェック・ポイント】

0.基礎
   姿勢は良いか?
   息を充分使っているか?
   アンブッシャーは正しいか?
   楽器の調子はよいか?
   体の調子はよいか?

1.音
   音色は良いか?
   音程は正しいか?
   音符の読み違いはないか?
   音符の形・長さ(アタック コア リリース)は正しいか?
   タンギング・アタック(発音)は正しいか?
   音量は正しいか?

2.リズム
   テンポは指揮者の指示どおりか?
   リズムは正しいか?
   拍子感があるか?

3.技術
   譜面に指示されているダイナミックスがつけられているか?
   アーティキュレーションは正しいか?
   ブレッシングとフレージングは正しいか?


基本をしっかり身につけることは大変ですが、このことが上達の一番の早道です。そして、合奏を短時間で仕上げていくポイントでもあります。

そのために、
1)あきらめない(とにかく根気強く。自分との戦い)
2)あせらない(ゆっくり丁寧に確実に)
3)音楽のための練習であると自覚する
ことを後輩に教えてあげて下さい。

きっと素晴らしい音楽が奏でられるでしょう。

Q2: 学生指揮者に必要なことは何ですか? うちの学校は中高一貫で、部活もそれに伴って中高男女がすべて一緒に活動しています。人数も多く、今では130人ぐらいの大所帯になっています。
実は、今年度から僕が学生指揮者をやる事になりました。学生指揮者は入部した時からのあこがれの役職で、それに就けるというのはとても嬉しくやる気もあるのですが、今、とても悩んでいるんです。
僕は音楽というのは、指揮者と演奏者の関係がうまく行ってこそ成り立つと思うんですが、みんなから好かれる指揮者というのは、どういうモノなのでしょうか。
学生であり一部員である以上、他の部員との仲も険悪になりたくない。
しかし、指揮者としての多少の威厳も保ちたい。僕は部員に「先輩の合奏は楽しいし、やる気が出ます!」なんて言われるような学生指揮者になりたいんです。
そうするためには合奏の時の態度や日ごろの態度などは、どんな事に気をつけたらいいのですか? ぜひ何か良いアドバイスをください。

A2: 音楽面ではしっかりした基礎と準備。精神面では相手の立場も考えた言葉選びと自分自身のしっかりした考え方が大切です。

音楽は、指揮者と奏者との信頼関係が大切ですね。

■まず、テクニック面

楽曲を充分研究しよう。
表題、作者、時代、テーマ、テンポ、拍子、フレーズなど楽譜を充分読みとって研究してから、奏者の前に立とう。
初めは、テンポ、アインザッツ、ブレス、ピッチなど基礎的なことを統一していく、トレーナー的な存在になろう。
一拍目をしっかり、わかりやすく振ろう。
曲全体の構成をしっかり把握して、部分の練習をしよう。
チューニングは合奏体型では手短に。
パートのリーダーに各々のパートのチューニングを任せて合奏の前に合わせてもらっておこう。合奏体型で一人20秒かけたとして、全体では2600秒(43分)もかかってしまう。そうなると、初めに合わせた人は音程がきっと合わなくなっているし、なによりあき時間が多くなると退屈で集中力がなくなるからです。
指示ははっきりと、具体的に。
曲を止めたときは、それなりの理由があるはず。それをきちんとコメントをすることが大切です。
歌ってみよう。
歌うことでフレーズやピッチなどが確認できる。
楽器を吹く前に、自分(奏者)はどのように感じて、楽器に息を吹き込んでいるかを確認する。
スコアに目を向けるのでなく、奏者(バンド)をみて。
目線は指揮者にとって大切な意志伝達方法と信頼関係を結ぶ手法なのです。

■次にメンタル面

あくまで自分の範囲でコメントする。先生より背伸びをしない。
(研究は怠らないように。知ったかぶりは禁物)
言葉を選ぶ。相手を傷つけるような言葉は禁物。
「そんなのが出来ないの? 君には無理かな」…これはダメ 。
<3回やっても出来ないのなら、10回やってみよう。君は絶対にできるよ>…これがマル。
「ピッチ悪い!」→<ピッチ気をつけて、もうちょっとこうすれば良くなるよ>
合奏中は指揮者と奏者の関係で、立場上いろいろ言うけれど、より良い音楽を一緒に創りたいので、よろしくね。などと初めに言っておく。
たまに、指揮者としての悩み(テクニック面でなくメンタル面で)を皆に言う。あまり肩を張らずに、近い存在であること(テクニック面をしっかり押えれば威厳はあるよ)

Q1: 曲の最後における指揮のきり方はどうやればいいの?

A1: 曲の終わり方には色々なパターンがあるので、その代表的な終わり方を紹介しましょう。

まず、1つ目は Cresc. して終わる。

 左手を上向きにして ニュートラルの位置より胸〜肩〜目 の高さまで、ひじより先を自分の身体より離していく。
 その後、曲により肩より動かす(腕(うで)全体を始めから動かすと力感がなくなる)。
 このとき 右手は自分の身体の中央で胸ぐらいの高さで小さくテンポを振るか、打点を指してから裏拍の位置で緊張させてから力を抜く。
 終わりは左、右、両手で示し、左手は握ると良いと思います。
 上半身も伸びていくと良いと思います。

次は、スパッと切って終わる。

 この場合は、あまり余韻をつけないということですね。
 左手より 右手を使い、切りたいタイミングで小さくはね上げをする。
 f のときはdownを深くはね上げ小(原本は○の中に小の字)。
 pのときはdownを浅くはね上げ小(原本は○の中に小の字)。
 その後 右手をすぐ止める。
 このとき、左手、身体も止め 緊張させる。
 右手は 何かを すばやく「つまむ」という イメージです。

次は、余韻を残して終わる。

 「スパッと切って終わる」場合とは逆に、はね上げを大きくする。
 そしてやや円を描くように右手をまわして止める。
 このとき、左手も身体もリラックスしてバネのようにして肩からひじ、手首と重心を移動させて最後は棒の先に伝わるようにする。
 上体は胸を張って、顔はあまり下向きにならないようにして下さい。 ひじは身体から離れることになると思います。

そして、消えるように終わるパターン。

 左手も右手も胸より下の位置にし、手のひらを下向き(完全に下ではなく)自分の胸に「引き寄せる」ように腕を移動させる。
 最後に「両手を合わせる」イメージにし、指先だけで音を切る。
 身体はやや丸め 肩を張らない(しかし、肩を落とすことはしない)自然体で!
 フィニッシュは口元に軽く手を運ぶと、気持ちを奏者にうまく語りかけられるでしょう
 静止後しばらく動かないようにしてみて下さい。
 
 「文字」にして 説明することは とても難しいですね。イメージが伝わるか? 内容が理解できるか 不安です。


■バンドカウンセラー:五十嵐 清(いがらしきよし)

(社)日本吹奏楽指導者協会(JBA)の理事を長年務め、同協会主催の「吹奏楽指導者・学生リーダーのための吹奏楽ゼミナール」を始め、全国各地の吹奏楽(合奏)指導法や指揮法の講習会の講師や社会人、企業、大学、高校、中学校の吹奏楽団において客演指揮や指導を行っている。また全国各地の吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストなどの審査員、ビデオマガジン「ウインズ」(新チューニング法)、Web吹奏楽雑誌「バンドパワー」での講師を務める。
 これまでアメリカ吹奏楽指導者協会(ABA) 創立60周年記念演奏会、ウイーン楽友協会ホールクリスマスコンサート、ベルリンフィルハーモニーホールドリームコンサートや和田薫氏作曲の初演曲を「日本フィルハーモニー交響楽団他」を指揮し成功させているほか、東京都立杉並高等学校吹奏楽部を指揮指導して、全日本吹奏楽コンクール、全日本アンサンブルコンテストや全日本高等学校選抜吹奏楽大会(第22回大会グランプリ受賞)等に出場している。
  現在、日本ブラスバンド指導者協会理事、東京都吹奏楽連盟参与、東京都高等学校吹奏楽連盟監事、日本管打・吹奏楽学会会員、世界吹奏楽指導者協会(WASBE)メンバー、21世紀の吹奏楽「響宴」会員、日本スーザ協会会員、東京都立杉並高等学校吹奏楽部名誉音楽監督等を務めている。

(C)Igarashi Kiyoshi / Band Power

 

 
 
>> Q&Aインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
  吹奏楽マガジン バンドパワー