吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー

【レポート】

『芸術は爆発だ!!』 とは、まさにこのことだ!?
第一級のエンターテイメント!!
大喝采を集めた大阪市音楽団 第98回定期演奏会


Text:樋口幸弘(ウィンド・ナビゲーター)

 ジェームズ・バーンズの『ワイルド・ブルー・ヨンダー』、ヨハン・デメイの『ダッチ・マスターズ組曲』、フィリップ・スパークの『ウィークエンド・イン・ニューク』という、ウィンド・ミュージックをリードする作曲家の新作に加えて、“市制120周年記念 大阪市音楽団委嘱作品”として後藤 洋に委嘱された『彼方の祝祭』とウィンドの名曲、クロード・スミスの『華麗なる舞曲』という、演奏曲すべてが純粋にウィンドのために作曲されたオリジナルという、ほんとうにワクワクするようなコンサートが、6月5日(金)、大阪のザ・シンフォニーホールで開催された。

 演奏者は、今や関西のワクを超え、広くウインドの世界をリードする一方の旗手、大阪市音楽団。指揮は、甘いマスクとエネルギッシュなタクトで幅広いファン層をもつ、飯森範親という、市音定期としては、初めての顔合わせのコンサートだった。

 コンサートは、バーンズの『ワイルド・ブルー・ヨンダー』で幕を開ける。アメリカ空軍ワシントンD.C.バンドの委嘱曲で、“エア・フォース・バンドのための超音速スケルツォ”という副題が付けられたこの曲は、まるで航空機のコックピットに座って大空を飛んでいるような錯覚を覚えさせるようなスリルと興奮を感じさせるオープナー。指揮者もバンドもいきなり1曲目からハイ・テンションだ!

 曲が終わると、マイクを手にした指揮者が、挨拶もそこそこに、ある意味、この日のハイライトのひとつであるデメイの『ダッチ・マスターズ組曲』の仕掛けと聴きどころについて説明を開始。

 クラシック・コンサートではとても珍しい趣向だが、聴衆にとっては初めて聴く曲なので、これはいい。 

 場内の興味が一気に膨らんだところで演奏された『ダッチ・マスターズ組曲』は、万雷の拍手を集める大成功! 第1楽章に現われる“火縄銃”の銃声や、第2楽章の女主人の“ハミング”、そして、第3楽章に至っては、ステージ上はいきなり17世紀の居酒屋に大変身!! 指揮者とクラリネット軍団が始めるカードをきっかけの合図として、テューバ奏者の乾杯、いきなりサックス軍団のカルテットやトランペットの祝典ファンファーレの乱入、あちこちでワインを飲んだり、ダンスをしたり・・・と、DVDにして映像で発売してほしいほどのパフォーマンスが繰り広げられた。

 大乱痴気騒ぎの末、各奏者が自席に戻ってのエンディングも見事に決まって大団円となった。

 第2部は、とてもジャジーなスパークの『ウィークエンド・イン・ニューヨーク』の快演で幕開ける。自作の『トロンボーン協奏曲』のメロディーからとられたという、スウィンギーなアルト・サックス・ソロも心地よい。

 ここで再びマイクを手にした指揮者に導かれて委嘱作『彼方の祝祭』の作曲者、後藤 洋がステージへ。トークの中では、作曲者がかつて吹奏楽コンクールの課題曲として書いた『即興曲』を、当時中学生だった指揮者氏がクラリネットで吹いたことがあったという、秘密も披露される。もちろん、場内は大爆笑。

 考えや文化の異なる人々が共に生き、さまざまな場所でさまざまな出来事が同時に起こっている現代社会の現実を、音楽の創作を通じて直視したいとの意思がこめられたこの作品の初演は、それを聴いた人々の胸に美しく響く、すばらしい演奏となった。

 そして、プログラムのラストに演奏されたスミスの『華麗なる舞曲』は、ある意味、この日のハイライトとして最も注目された演奏曲だった。1992年、岡山シンフォニーホールにおけるスーパー・ライヴを成し遂げたこの顔合わせのこの日の演奏は、まさに“スピード違反!!”。17年ぶりの演奏は、“あの日の再現”どころか、ギネスものの、恐らくは世界最速の『華麗なる舞曲』となった!! こうなると、些細なキズなんかどうでもいい!!

 ブラボーの声に応えて演奏されたのは、指揮者の飯森範親のピアノ伴奏、コンサート・マスター長瀬敏和のソプラノ・サクソフォン独奏による映画『おくりびと』のテーマと、ヤン・ヴァンデルローストが親友ヨハン・デメイの結婚式のために書いた格調高い『結婚行進曲』の2曲だった。

 はっきり言おう!

 このコンサートを聴き逃した人が一生の損をしたということを!!

 それは、第一級のエンターテイメントだった。

 ブラボー、大阪市音楽団!


■大阪市音楽団第98回定期演奏会

【日時】2009年6月5日(金)
【場所】ザ・シンフォニーホール
【指揮】飯森 範親

【曲目】

ワイルド・ブルー・ヨンダー(ジェームズ・バーンズ)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1532/

ダッチ・マスターズ組曲(ヨハン・デメイ)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1795/

ウィークエンド・イン・ニューヨーク(フィリップ・スパーク)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1907/

彼方の祝祭(市制120周年記念 大阪市音楽団委嘱作品)(後藤 洋)

華麗なる舞曲(クロード・スミス)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/dvd-9127/

〜アンコール〜

おくりびと

結婚行進曲(ヤン・ヴァンデルロースト)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1632/


2009年4〜5月発売の大阪市音楽団の最新CDをチェックする。

■パリのアメリカ人
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1906/

■ニュー・ウィンド・レパートリー2009
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1892/

■大栗 裕作品集
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1872/

■ウィンド・オーケストラのための交響曲1
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1875/

■ウィンド・オーケストラのための交響曲2
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1876/

■ウィンド・オーケストラのための交響曲3
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1877/

■ウィンド・オーケストラのための交響曲4
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1878/

■ウィンド・オーケストラのための交響曲5
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1879/

■ロバート・ジェイガー作品集
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1873/

(2009.06.10)



 
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
jasrac番号吹奏楽マガジン バンドパワー