吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー

【レポート】

ピーター・グレイアム:『キャッツ・テイルズ』再演!!
大阪の“おっちゃん”や“おばちゃん”にも、大ウケやったー!!

日時:2008年8月15日(金)18:30〜
場所:大阪城音楽堂
リポート: 樋口幸弘(ウィンド・ナビゲーター)

 大阪夏の風物詩として、7月〜8月の毎週金曜日に開かれている、おなじみの「たそがれコンサート」。関西一円の有名な吹奏楽団の演奏が日替わりで愉しめ、しかも無料(!?)とあって、いつも家族連れやカップルなど、大勢の聴衆がつめかけている。

 その2008年のプログラムから、大阪市音楽団単独プロの、8月15日の「市音の日」の演奏を聴いてきた。

 さすが、大阪市民の宝、“市音”のコンサートとあって、3000人収容の大阪城音楽堂は、開門と同時に大勢の聴衆が詰めかけ、早くも立ち見状態!!

 プログラムは、《日本の名曲とアメリカン・エンターテイメント》と題する2部構成で、一部では、大栗 裕の吹奏楽のための『小狂詩曲』、小山清茂の『おてもやん』『もぐら追い』につづいて、酒井 格編曲のメドレー『美ら唄たち』(さとうきび畑〜涙そうそう〜花〜島唄)が演奏される。それにしても、いつもながら、大阪の聴衆はノリがいい。おなじみのメロディーがソロで演奏されたりすると、曲の途中でもあちらこちらから拍手が自然発生的にまき起こり、演奏をグイグイ盛りたてていく!!

 休憩につづく第2部は、『ピンク・パンサー』や『ウェストサイド・ストーリー』『荒野の七人』など、ジョージ・ガーシュウィンやヘンリー・マンシー二、レナード・バーンスタイン、エルマー・バーンスタインの名曲を水先案内人に、市音がCD「ニュー・ウィンド・レパートリー」に収録後、話題沸騰中のピーター・グレイアムのスーパー・ウィンド・ポップス『キャッツ・テイルズ』をクライマックスに据えるという超豪華プロだった。

 この内、『キャッツ・テイルズ』は、市音の4月の演奏後、市民から寄せられた多くのリクエストに応えての再演だったが、『久しぶりに書かれた、クラシックとジャズのテイストを見事にミックスさせた名曲です!』という指揮の小松一彦氏のコメントどおり、ニューヨークで活躍した5人の音楽家(前記のガーシュウィンやバーンスタインら)のテイストをたっぷりと盛り込んだこの曲は、大阪の聴衆にバカ受け!! ソロもビシバシのノリノリの演奏となった。

 『ウチも、やらなあきませんナー(演奏しなくてはいけませんねー)』という大学バンドの監督や、『できれば、ソロはスタンド・プレイでやりたいですナー!!』という社会人バンドの指揮者など、口々に感想を語る吹奏楽関係者の評判も上々!!

 しかし、ふと見ると、ステージ前ではもっとすごい光景が!!

 『○○くーん、今日のソロ、最高ヤッタでー!! 期待どおりヤッタわー!!』と、演奏を終えたばかりのプレイヤーに声をかける、おばちゃまファンたちの声援のすごいこと、すごいこと。中にはデジカメで写真をとる人も...。そして、笑顔で応えるプレイヤーたち。これで“おひねり”が飛び交えば、それは、もう“大衆演劇”の舞台後のような!? まさにそんな光景だった。とにかく、すごい熱気と迫力!!

 (市音のコンサートでは、もちろん“おひねり”が飛ぶようなことはありませんが)

 吹奏楽関係者だけでなく、一般聴衆のハートまでわしづかみにしたグレイアムの『キャッツ・テイルズ』。

 2008年秋のコンサート・シーズンも真近!! セールス絶好調の市音のCDにつづき、待望の楽譜もついに登場となった!!


ピーター・グレイアムの『キャッツ・テイルズ』のCD、楽譜のチェックは、こちらから

楽譜は、“吹奏楽版”と“ブラス・バンド版”の2種類が出版され、それぞれ、「第1〜第3楽章」「第4楽章」「第5楽章」の3つの分冊に分けて、販売されています。

<吹奏楽版CD>

■『キャッツ・テイルズ』のCDをチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1506/

<吹奏楽版楽譜セット>

■『キャッツ・テイルズ』の吹奏楽版楽譜(第1楽章〜第3楽章)をチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8653/

■『キャッツ・テイルズ』の吹奏楽版楽譜(第4楽章)をチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8659/

■『キャッツ・テイルズ』の吹奏楽版楽譜(第5楽章)をチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8658/

<ブラスバンド版楽譜セット>

■『キャッツ・テイルズ』のブラスバンド版楽譜(第1楽章〜第3楽章)をチェックする 
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8654/

■『キャッツ・テイルズ』のブラスバンド版楽譜(第4楽章)をチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8660/

■『キャッツ・テイルズ』のブラスバンド版楽譜(第5楽章)をチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8661/

 


【プログラム】

たそがれコンサート2008(市音の日)

【日時】2008年8月15日(金)18:30開演(雨天中止)
【場所】 大阪市立大阪城音楽堂 (JR環状線「森ノ宮」下車5分、
地下鉄中央線「森ノ宮」1号出口・長堀鶴見緑地線「森ノ宮」3-B号出口下車5分)

【演奏】 大阪市音楽団
【指揮】小松 一彦

【料金】無料
【問い合わせ】 大阪市音楽団 TEL.06-6947-1195

【プログラム】 《日本の名曲とアメリカン・エンターテインメント》

・吹奏楽のための「小狂詩曲」(大栗 裕)

・〜小山清茂の名曲から〜
おてもやん(小山清茂) 〜 もぐら追い(小山清茂)

・美ら唄たち(酒井 格)
さとうきび畑 〜 涙そうそう 〜 花 〜 島唄

・ガーシュウィン・オン・ブロードウェイ (G. ガーシュウィン / J. モス編)

・ピンク・パンサー (H. マンシーニ / 小野崎孝輔編)

・ウエスト・サイド・ストーリー・メドレー(L. バーンスタイン / 岩井 直溥編)
  アメリカ 〜 トゥナイト 〜 マンボ

・荒野の七人 (E. バーンスタイン / T. ミューラー編)

・キャッツ・テイルズ (ピーター・グレイアム)

  I. カタロニア(EBのために)
  II. キャットウォーク(HMのために)
  III. スキャット!(SRのために)
  IV. キャットナップ(GGのために)
  V. トッカータ(LBのために)

(2008.08.15)


 
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
jasrac番号吹奏楽マガジン バンドパワー