CD発売直前!(2005年4月20日)New Sounds In Brass 2005 レコーディング潜入レポート・・・

2005年4月20日のCD発売まであとわずか・・・
実は我々BP編集部、1月に行なわれた「New Sounds In Brass 2005」の収録現場に潜入取材をしておりました!!!!

Mr.ニューサウンズ・・・
指揮の岩井直溥氏

1月某日の午後、溜池山王にある東芝EMIビル内のスタジオへ。まずはロビーにて東京佼成ウィンドオーケストラのマネージャー井出さんにご挨拶。

その後さりげな~くスタジオ内へ。現場はちょうど「Mr.インクレディブル」の収録中。指揮は岩井直溥氏、レコーディングエンジニアは毎度おなじみ小貝俊一氏である。
しかし現場はさすがに凄い緊張感! 演奏ブースとミキシングブースは仕切られているのだが、ミキシングブースにいる関係者も小貝氏の集中を妨げないために皆押し黙って聴いている。演奏者のブース内では岩井氏がヘッドフォンをつけながら指揮を振り、ときおりミキシングブースから小貝氏がマイクを通して岩井氏に「今のところもう一度お願いします」などと指示を出す仕組み。
ちなみにスタジオに入ってすぐに笑顔で挨拶してくれたのは作曲家の建部知弘氏。同じブースでは編曲を担当した星出尚志氏が小貝氏とともに1テイクごとに指示を出している。ソファに座ってしばらく見物していると、真島俊夫氏も入ってきた。

やがてある程度録音が進み、続いてサックスソロの録音開始! 先ほど録り終えたバンドの演奏に合わせてソロを重ね録りするのだ。
すると佼成メンバーが数人休憩もかねて演奏ブースからこちらのブースへ入ってきた。一番最初に入ってきたのは須川展也氏。横にはオリタ・ノボッタ氏の姿も。で、肝心のソロはいったい誰が吹いているのか…? 音を聴いて「田中靖人さんっぽいな~」と思ったらやっぱり田中靖人氏でした。1発目から素晴らしくファンキーなアドリブソロを吹いていたのだが、各方面から「ちょっとおとなしいよね~」「もっと高音域で暴れて欲しいな~」などリクエストが飛び、結局5テイクくらい吹いていた…。アドリブのレコーディングってそういうもんですよね。

その後、取材ということで軽く皆さんの写真を取らせてもらい、邪魔にならないようにさっさと退散。さてさてどんな音源に仕上がったのか!? 乞うご期待!!(田中氏のアドリブは結局どのテイクになったのか? うーん、謎)

【予約商品-4/20発売】
ニュー・サウンズ・イン・ブラス2005/
New Sounds in Brass 2005

【収録曲】

・「ミスター・インクレディブル」のテーマ:
2004年末に公開され、好評を博しているディズニー映画、「Mr.インクレディブル」の音楽です。
スーパーヒーローの活躍を予感させる、スピード感あふれる音楽は吹奏楽にもピッタリ!

・口笛吹いて働こう
ディズニーアニメ「白雪姫」から飛び出した16小節のメロディーを、副題(楽器紹介のための)のとおり、いろんな楽器が演奏します。同じメロディーなのに、イメージの違いが楽しい!あるときは可愛く、 あるときはジャジーなアンサンブルを、最後は全員による合奏をお楽しみください。

・チャタヌーガ・チュー・チュー:
スウィングの父・グレン・ミラー楽団のナンバーを、ニューサウンズの父・岩井直溥氏のアレンジで!

・アメリカン・グラフティXV:
岩井アレンジの真骨頂とも言える「アメグラ」はなんと15シリーズ目。今回はアメリカ映画音楽から、現在もスタンダードとして愛聴されている5曲をお送りします。この5曲すべて、2004年に発表されたアメリカ映画協会の選定した「映画音楽ベスト100」にランクインしているのもうなずけます。

・ジャパニーズ・グラフィティX~時代劇絵巻~:
「ジャパグラ」シリーズ、記念すべき10作目はこれぞ和の心・時代劇のテーマ曲を集めたメドレーです。日本人なら誰でも、どの曲を聴いてもワクワクするはず。星出尚志氏によるアレンジも、ニューサウンズファンにとっては楽しみのひとつです。

・「仁義なき戦い」のテーマ:
有名な映画「仁義なき戦い」のテーマ曲です。
イントロのトランペットのハイトーンが強烈な印象。アドリブやドラムソロを絡めて展開するアレンジです。サックスの須川展也、トランペットのエリック宮城各氏のアドリブの応酬が強力!

・スカイ・ハイ:
もともとは1975年製作の香港・オーストラリア合作映画「スカイ・ハイ」のテーマ曲ですが、その後レスラーの入場曲として使用され、爆発的な人気を誇りました。爽快でカッコイイこのメロディー、2004年には自動車のTV-CFで使用されていたので、印象に残っている人も多いはず。

・ディスコ・パーティーIII:
NSB2003での登場以来、大好評の「ディスコ・パーティー」シリーズ。1970年代の音楽シーンを席巻したディスコ・ミュージックは、21世紀の現在も定番として愛されています。第3弾は金山徹氏のアレンジでお送りします。聴いても吹いても楽しい、ゴキゲンなナンバーです。

・アニメ・メドレー「ハウルの動く城」より:
スタジオジブリ3年ぶりの新作「ハウルの動く城」は、2004年11月の公開以来、年が明けた現在も観客数はとどまるところを知りません。
ジブリ作品といえば、久石譲の音楽が欠かせません。主題歌を織り込んだメドレーは鈴木英史氏のアレンジ。シンフォニックなサウンドをお楽しみください。

・安里屋ユンタ:
沖縄は竹富島の民謡で、叙情的なメロディーが全国的に広く知られています。真島俊夫氏による、混声合唱や沖縄の伝統楽器を加えたアレンジで、南国の空気を感じてください。もちろん、小編成のバンドのみでも効果的なアレンジになっていますので、幅広く演奏して欲しい1曲です。

 

第7回トロンボーン・フェスティバル(期間:2005年3月19~21日) トロンボーン吹きなら、何はさておき、参加しないとね

2005年3月19~21日の3日間にわたり、日本トロンボーン協会主催の「第7回トロンボーンアカデミー&フェスティバル」が:東京・北区滝野川会館で開催される。

19日の前夜祭は「第10回記念の懇親会」も兼ねて、アンサンブル大会やら、あんなことやこんなことなど・・・華々しく行なう予定。もちろん、20日、21日の本番も、たくさんのレッスン(申し込み制)をはじめ、大好評のアンサンブル・コンテストや全員が日本管打楽器コンクール上位入賞者による夢のスーパーカルテットなどなど、聴きどころ、楽しみどころも満載です。

とにかく、トロンボーン吹きはなら、何はさせおき、参加しないとね!!

※レッスンの方は申し込み開始から余り経っていないのにも関わらず、ハイペースで埋まって来ています。皆様、お早めに申し込まれた方がよろしいいかと・・・ 今年は、大好評にお応えして、個人レッスンの枠も増やしてあります!

詳細については、日本トロンボーン協会のHPをチェックせよ!
http://www.jat-home.jp/

今回の実行委員長 郡 恭一郎のページ
http://homepage3.nifty.com/cori/


■第7回トロンボーン・フェスティバル

クラシック、ジャズを問わず有名演奏家が集うガラコンサート。昨年に続いてアンサンブル・コンテストも行われます。ぜひ自慢のセクションでエントリーしてください。有名楽器店提供試奏コーナー「TROMBONE EXPO 2005」もお楽しみに!

【日時】2005年3月20日(日)17:00開演(16:30開場)
【日時】2005年3月21日(月)13:30開演(13:20開場)
【会場】東京都北区滝野川会館

【プログラム】

≪スペシャルゲスト・コンサート≫ 21日 19:00~

◇ダカンコシスターズ
Tb.山口 尚人、古賀 光、香川 慎二、篠崎 卓美
全員が日本管打楽器コンクール上位入賞者。夢のスーパーカルテット!!

◇ハシヤンプロジェクト
Tb.橋本 佳明、佐野 聡、池田 雅明、渡辺 亮
Tub.家中 勉、Gt.千葉 伸彦、Dr.井上 尚彦
Jazz界大注目の超いちおし若手4トロンボーン

≪T-1 バトル≫ 20日 17:00~

大好評につき第2回目が実現!トーナメント方式によるアンサンブルコンテスト

≪第11回日本トロンボーン・コンペティション入賞者披露演奏≫  20日 17:00~
第1位 小篠和弥(東京)
第2位 中野耕太郎(神奈川)
第3位 伊東あずさ(茨城)

≪日本トロンボーン学生連盟によるコンサート≫ 20日 17:00~

首都圏音楽大学及び専門学校学生たちによるエネルギッシュなアンサンブルの響き

≪ROMBONE EXPO 2005 トロンボーン屋台村≫ 21日 13:30~

各メーカーの楽器展示、試奏会
普段聞けない楽器のQ&A
気になる楽器をホールで思う存分試奏!

≪河村百丈のマウスピース講座≫(BLAS-MUSIK アトリエモモ) 21日1 6:45~
マウスピースマイスターシリーズ第3弾!

≪全員合奏≫ 21日 20:35~
おなじみの名曲を会場全員で合奏します

■チケット

【フェスティバルシンプル券】
一般3,000円、学生2,000円

※JAT会員は一般/学生共1,000円(全席自由)
※チケット取扱先 CNプレイガイド 03-5802-9990
※東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452
※プロアルテムジケ 03-3943-6677、首都圏各有名楽器店

■問い合せ
プロアルテムジケ
112-0013東京都文京区音羽1-20-14-5F
TEL.03-3943-6677, FAX.03-3943-6659
pam@proarte.co.jp

詳細については、日本トロンボーン協会のHPをチェックせよ!
http://www.jat-home.jp/

前作をしのぐ、感動的「吹奏楽小説」! 中沢けい『うさぎとトランペット』(新潮社)

「吹奏楽小説」などというジャンルがあるとしたら、近年の中沢けいの作品が、まさに、それにあたるだろう。

 以前にBPでも紹介されていた『楽隊のうさぎ』につづく、著者第二の「吹奏楽小説」、『うさぎとトランペット』が、2004年末に、刊行された。

 ちなみに、前著『楽隊のうさぎ』は、2000年に刊行され、現在は新潮文庫に収録されている。これは、中学校の吹奏楽部を舞台に、コンクール全国大会に挑む生徒たちの姿を描いた小説だ。主人公は、引っ込み思案の大人しい男子だったが、吹奏楽部に入部し、パーカッションを担当する・・・。

 作中に登場する曲は、例えば、【課題曲】として、≪交響的譚詩~吹奏楽のための≫(露木正登)、≪ラ・マルシュ≫(稲村穣司)。
また、【自由曲】には、≪くじゃく変奏曲≫(コダーイ)、≪シバの女王ベルキス≫(レスピーギ)など。

 これ、ようするに、1996、97年のコンクールが舞台になっているのだ。これらの曲を演奏したことのある人にとっては、音楽の描写など、思い当たる部分が多く出てきて、興味を引かれるであろう。

 また、吹奏楽をよく知らない人でも、伸び盛りの中学生たちが、吹奏楽部の中で、様々な人間関係や家族関係に悩みながら、次第に成長していく姿には、実に自然な感動を覚えるはずだ(作中の吹奏楽部のコンクールにおける結果は、これは、読んで知っていただきたい)。

 こういう形で音楽を、しかも吹奏楽を描いた小説は、筆者は寡聞にして知らない。

 さて、その続編ともいうべき『うさぎとトランペット』だが、舞台は、前作と同じ町。何人か、同じ人物も登場する。今回の主人公は、小学校5年生の女子である。名前は「宇佐子(うさこ)」。

 この子、なかなか感受性が鋭いというか、神経の細かい子である。クラスの中に、転校生のミキちゃんを仲間はずれにする子たちがいて、そんなムードがいやになり、熱が出て学校に行けなくなる。

 そして、宇佐子は、当のミキちゃんとともに、町中でメンバーを募集していた市民バンドに入る・・・。

 今回登場する「キーポイント」楽曲は、「ヴェルディのレクイエムだと思って聴いていた」天野正道の≪BR≫だ(≪GR≫ではないので、注意!)。コンクールを見学に行った2人。ミキちゃんは、昨年、母親を亡くしていた。そのような思いを体験した小5の女子が、≪BR≫を聴いたら・・・。そして、横にいる宇佐子は、そんなミキちゃんの心中の何かを感知するのだ。

 そして、宇佐子も、バンドでTrpを習ううちに、次第に心が開けてきて・・・。

 ネタバレになるので、あまり中身を詳しく書けないが、ほかにも、≪ナブッコ≫(ヴェルディ)や、≪アルメニアン・ダンス≫パート2(リード)などが登場する。

 さてさて、この第2作、筆者は前作よりも、はるかに素晴らしい内容だと感じた。

 ここに登場する宇佐子の行動や考え方を、著者は、まるで河が流れるように、実にスムーズに描いている。それどころか、文章自体に、音楽のようなものを感じるのだ。この小説は、題材だけでなく、存在そのものが「音楽」なのではないか。それを、なんと「吹奏楽」でやってしまったところがスゴイ!

 筆者は、昨年12月に聴いた、福島県原町市の市営青少年バンドを思い出していた。あそこにも、小学生がいた。まるで、あの舞台が、そもまま小説になったかのような錯覚を覚えた(レポートのバックナンバーは、こちら⇒http://www.bandpower.net/report01/2004/12/02-haramachi/02_2_haramachi.htm)。

BP読者は、おそらくほとんどが吹奏楽関係者であろうから、この小説の素晴らしさは、あれこれ説明するまでもないだろう。「とにかく、読んでみて」で済む。しかし、吹奏楽を知らない人にも、ぜひ、読んでいただきたい。皆さんの周囲の人たちに薦めていただきたい。子供が登場するが、決して児童文学ではない。かといって、とっつきにくい文芸作品でもない。

 まさしく「吹奏楽小説」としか言いようがない、しかも、誰でも楽しく読めて何かが心の中に残る新しいジャンルを、著者は生み出したのではないだろうか。

豆畑の友(中沢けい公式ウェブサイト)
http://www.k-nakazawa.com/

■交響的譚詩~吹奏楽のための:露木正登【収録CD】

■ラ・マルシュ:稲村 穣司【収録DVD】

■ハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲:ゾルタン・コダーイ【収録DVD】

■バレエ音楽「シバの女王ベルキス」より:レスピーギ
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457688/458893/

■バレエ音楽「シバの女王ベルキス」より:レスピーギ(arr.小長谷宗一)
※小説で使われたのは、このバージョンとの噂・・・

■ 交響組曲第7番「BR」より/天野正道

第7回トロンボーン・フェスティバル(期間:2005年3月19~21日) トロンボーン吹きなら、何はさておき、参加しないとね

2005年3月19~21日の3日間にわたり、日本トロンボーン協会主催の「第7回トロンボーンアカデミー&フェスティバル」が:東京・北区滝野川会館で開催される。

19日の前夜祭は「第10回記念の懇親会」も兼ねて、アンサンブル大会やら、あんなことやこんなことなど・・・華々しく行なう予定。もちろん、20日、21日の本番も、たくさんのレッスン(申し込み制)をはじめ、大好評のアンサンブル・コンテストや全員が日本管打楽器コンクール上位入賞者による夢のスーパーカルテットなどなど、聴きどころ、楽しみどころも満載です。

とにかく、トロンボーン吹きはなら、何はさせおき、参加しないとね!!

※レッスンの方は申し込み開始から余り経っていないのにも関わらず、ハイペースで埋まって来ています。皆様、お早めに申し込まれた方がよろしいいかと・・・ 今年は、大好評にお応えして、個人レッスンの枠も増やしてあります!

詳細については、日本トロンボーン協会のHPをチェックせよ!
http://www.jat-home.jp/

今回の実行委員長 郡 恭一郎のページ
http://homepage3.nifty.com/cori/


■第7回トロンボーン・フェスティバル

クラシック、ジャズを問わず有名演奏家が集うガラコンサート。昨年に続いてアンサンブル・コンテストも行われます。ぜひ自慢のセクションでエントリーしてください。有名楽器店提供試奏コーナー「TROMBONE EXPO 2005」もお楽しみに!

【日時】2005年3月20日(日)17:00開演(16:30開場)
【日時】2005年3月21日(月)13:30開演(13:20開場)
【会場】東京都北区滝野川会館

【プログラム】

≪スペシャルゲスト・コンサート≫ 21日 19:00~

◇ダカンコシスターズ
Tb.山口 尚人、古賀 光、香川 慎二、篠崎 卓美
全員が日本管打楽器コンクール上位入賞者。夢のスーパーカルテット!!

◇ハシヤンプロジェクト
Tb.橋本 佳明、佐野 聡、池田 雅明、渡辺 亮
Tub.家中 勉、Gt.千葉 伸彦、Dr.井上 尚彦
Jazz界大注目の超いちおし若手4トロンボーン

≪T-1 バトル≫ 20日 17:00~

大好評につき第2回目が実現!トーナメント方式によるアンサンブルコンテスト

≪第11回日本トロンボーン・コンペティション入賞者披露演奏≫  20日 17:00~
第1位 小篠和弥(東京)
第2位 中野耕太郎(神奈川)
第3位 伊東あずさ(茨城)

≪日本トロンボーン学生連盟によるコンサート≫ 20日 17:00~

首都圏音楽大学及び専門学校学生たちによるエネルギッシュなアンサンブルの響き

≪ROMBONE EXPO 2005 トロンボーン屋台村≫ 21日 13:30~

各メーカーの楽器展示、試奏会
普段聞けない楽器のQ&A
気になる楽器をホールで思う存分試奏!

≪河村百丈のマウスピース講座≫(BLAS-MUSIK アトリエモモ) 21日1 6:45~
マウスピースマイスターシリーズ第3弾!

≪全員合奏≫ 21日 20:35~
おなじみの名曲を会場全員で合奏します

■チケット

【フェスティバルシンプル券】
一般3,000円、学生2,000円

※JAT会員は一般/学生共1,000円(全席自由)
※チケット取扱先 CNプレイガイド 03-5802-9990
※東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452
※プロアルテムジケ 03-3943-6677、首都圏各有名楽器店

■問い合せ
プロアルテムジケ
112-0013東京都文京区音羽1-20-14-5F
TEL.03-3943-6677, FAX.03-3943-6659
pam@proarte.co.jp

詳細については、日本トロンボーン協会のHPをチェックせよ!
http://www.jat-home.jp/

広瀬勇人の新作「パイレーツ・ドリーム」が 海上自衛隊横須賀音楽隊の演奏によって初演される(2/24)

現在、ヴァンデルローストの下で作曲を勉強している広瀬勇人氏の新作「パイレーツ・ドリーム」が、海上自衛隊横須賀音楽隊によって初演される。この曲はタイトルどおり海をテーマにした作品で、「キャプテン・マルコ」10分を超す意欲作。どんな曲に仕上がっているのか・・・今から興奮、メッチャ楽しみだ!

————————————————–
■海上自衛隊横須賀音楽隊 開隊30周年記念演奏会

日時:2月24日(木)18時30分開演
場所:よこすか芸術劇場

※チケットは招待制のため、当日券の発売はありません
—————————————————

 広瀬氏は尚美学園在学中の98年に「キャプテン・マルコ(Captain Marco)」 発表、これが「21世紀の吹奏楽/響宴II」に取り上げられて注目を集めることに。
2000年、尚美学園を卒業後、さらなる作曲修行のためにアメリカのボストン音楽院の作曲科に進学、その後、「指輪物語」で知られるヨハン・デメイ氏の推薦もあって、日本人初の「ヴァンデルロースト氏の弟子」として、氏の下で勉強を続けながら、意欲的に吹奏楽作品を発表しつづけてる。
世界から注目を集める、期待の邦人作曲家である。

代表作は以下のとおり

キャプテン・マルコ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cdi-0018/

ブレーメンの音楽隊
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0569/

アメリカン序曲、他
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457687/564983/

楽譜はデハスケ、他より好評発売中!

吹奏楽、ブラスバンド、マーチングの情報マガジン