Q:今高校でホルンをしているんですが、曲で高い音を出さないといけなくなりました。どうやったら高い音が長く吹けるようになるんでしょうか?人から腹を鍛えたらいいと聞いたんですが・・・

A:お腹を鍛えることも大切ですが、それ以外に、唇の柔軟性、息のコントロールの仕方、音程のイメージ、唇の周りにある口輪筋という筋肉を鍛える。ことも必要です。
スケールの練習
一音または半音ごと高くしていく。ドレド、ドレミレド、ドレミファミレド etc.
リップスラーの練習
をしっかりやるといいと思います。

回答:五十嵐 清

Q:トロンボーンをしてます。だけど、なかなかバリッとした音がでません・・・息もあまり続きません・・・どういう事をしたらいい音がだせますか??(学生)

A:次の練習を立奏でやってみて下さい。
先ず、空気をしっかり、たっぷり吸ってみて下さい。おへその下あたりまで入り込んでいる、また腰のあたりにも入り込んでいるイメージで吸ってみて下さい。
一度止めてから、お腹をへこませないようにして、楽器のベルの先2-3m位先まで息を連続して送り込んで下さい。徐々に長く息が出せるように毎日練習してみて下さい。身体と楽器とのジョイント部分である「唇」を少しずつ緊張させていき、マウスピースの中で柔軟性を持った状態で息が楽器に入り込むようにして、響きがある音を作って下さい。そして息の量、スピードやアパーチャ(唇の息の通るスペース)の広さ
を加減できるようになるといい音が出せます。
一番大切なのは、目標となる音のイメージを持って、コツコツ練習することと思います。

回答:五十嵐 清

Q:出っ歯で矯正を考えているのですが、吹奏楽部に入ってみたいと思っています。今は、まだ吹く楽器などは決めていないのですが、矯正に支障が少ない楽器とかはあるんでしょうか?それと、出っ歯の矯正はだいたい期間はどれくらいかかりますか?(高校生)

A:打楽器やコントラ(ストリング)バスは大丈夫です。また、マウスピースの大きいチューバ、ユーフォニアム、トロンボーンは支障が少ないのではないかと思います。他の楽器でも実際に吹いている人はいますよ。
矯正の期間と治療中の楽器を吹くことのに関しては、歯科の専門医に相談してみて下さい。

Q:部室がとても狭くて、個人・パート練習は外でやっています。

Q:私の学校の部室(本館とは離れている)はとても狭くて、そこでは合奏しかできなく、個人・パート練習は、パーカッション以外、駐輪場付近の外でやっています。金管はいいかもしれないけど、木管の人たちがかわいそうで、冬はどうすればいいか分かりません。ちなみに、教室などの使用は、「勉強の邪魔」という事で、無理なんです。(ホルンっ子)


A:とても辛い環境で頑張っているのですね。

  学校に交渉して、最低限木管と金管それぞれ1部屋づつの2部屋を使用させてもらうようになるといいのですが、難しいでしょうか。
  気温が下がる冬場では、木管楽器においては、吹奏し息を入れた楽器の内側と外気にさらされる外側で温度差が生じ、木の収縮がおこるため楽器が割れてしまう。また、息が温度差により水滴となり管内に付着し、キーやタンポの故障や楽器が割れての原因となる。金管楽器は唇の振動で音を出すのだが、寒さにより唇が荒れや割れが生じまた柔軟性を失い音を出すことが困難になる。というきちんとした理由をもって交渉してみたらどうでしょうか?
  では今の環境での練習のアイデアですが、時間差や曜日毎で練習を計画する。屋外では、歌で音程やハーモニーをチェックする。リズムの統一を図る。打楽器もリズムの練習の時は楽器を使わず屋外で練習する。屋内では楽器の音だし、音色の向上を図る。などが考えられます。頑張ってみて下さい。

回答:五十嵐 清

Q:A.Saxをやってる高1の女です。自主練習で何をやればいいか、教えてください。

Q:初めまして。A.Saxをやってる高1の女です。
ほぼ毎日自主練をしているのですが、何をしたら良いのかわからないまま日々を過ごしています。一応ロングトーンを2、3本、タンギング等、主に基礎練をしてます。
このままではいけないと思っているのですが・・・。アドバイス宜しくお願いします。


A:毎日自主練習をされていることは素晴らしいことです。

自分の成長や欠点は分からないので、先生や先輩に見て(聴いて)もらう。録音してチェックして見ることをお薦めします。

基礎練習の項目としては、

1.ロングトーン:アンブシュアーを変えずに、真っ直ぐな息で、「音量、音程、音色」が一定になるように練習する。

2.スケール:音域やアーティキュレーションが変化しても、一つ一つの音しっかり鳴らし、全ての音がまんべんなく響くように練習する。

3.タンギング:息のスピードや量などに注意して、舌先でリードと触れるように舌つきする。アンブシュアーが変化しないように音形に注意して練習する。スタッカートの練習もいれる。

4.音域の拡大:どんな音域でも、しっかりした息で、音色、音程、音量が一定になるように練習する。

5.フィンガリング:替え指やクロスフィンガーなど指を速く動かすように練習する。

6.インターバル:跳躍音でも音程、音色、音量が不安定にならないように練習する。アンブシュアが崩れないようにする。

■お薦め教則本は

1.スケール集(阪口 新):メトロノームを使い、1日ごとに2つの長調と短調をアーティキュレーションを変えて行う。ロングトーンやアティキュレーション、ビブラートの練習にも使う

2.クローゼ:運指や替指、スラー、スタッカート、タンギング等のテクニック練習

3.ラクール:フレーズ、ブレス、テンポ、ダイナミックス、ビブラートの応用のエチュード

また、サクソフォーン・パートでの音色の統一、ハーモニーの練習など基礎的なパート練習もすると良いと思います。

今の意気込みで頑張ってください。絶対に上手くなりますよ。そして素晴らしい音色になることでしょう。

回答:五十嵐 清

吹奏楽、ブラスバンド、マーチングの情報マガジン