Q:マーチを吹くときに気をつけること(基礎練習、後輩への指導)

Q:クラリネットを吹いている中3です。私は吹奏楽が大好きです。全国大会のCDを買ってはずーっと聴いています。
今年が最後のコンクールで、今のメンバーで金賞をとりたいと思っています。課題曲はマーチを吹きます。教えてほしいことは

★マーチを吹くときに気をつけること
★基礎の内容(できれば詳しくお願いします)
★後輩への教え方

よろしくお願いします!!(kj8さん)


kj8さん、中学最後のコンクールで金賞めざして燃えているのですね。

コンクールは先生とメンバーが一つの目標に向け、お互いで協力し尊重しあい、力を出し切ることが大切です。支えて頂いている方々に感謝しながら、結果だけに拘らず、過程を大切に金賞を目指して頑張ってください。

さて、吹奏楽の魅力を楽しめる楽曲の一つに「マーチ」があります。一般的なマーチを演奏する時、ウキウキ、ワクワクするような、楽しいマーチを演奏できるようになってもらいたいと思います。
「楽しくなければマーチじゃない!」が私の自論です!!

★マーチを吹くときに気をつけること

では、マーチを吹くときに気をつけることについてお話しします。

1.テンポの設定

基本的には、一定の速度を保つことが大切です。
テンポの設定は、曲の性格を決定づける重大要素の一つです。
その音楽に合った最適なテンポを探すことが大切です。
普通に歩く、いわゆる自然なテンポで積極的に前進することがポイントです。
2.裏拍を感じるリズム

歩くことが前提にありますので、足上げに相当する「裏拍」を全ての奏者が感じることが重要です。感覚を身につけるために、メトロノームに合わせて足踏み(Mark time)をしながら手拍子で裏拍を打つ練習が効果的です。
(普通にテンポに合わせて足踏みをする事はとても難しいことがわかります。日頃より、リズムにのって歩くことです)
3.フレーズそして力感のある表現(Wait<待て>とWeight<重心>)

Waitは「待て」いわゆる「ため」のことです。Weightは「重心」をのせることで、アクセントや力強さの表現等、演奏に変化を与えます。
フレーズを感じられるそして力感のあるリズム感のマーチに仕上げましょう。音にエネルギーを持たせることが大切です。
4.打楽器の役割

テンポ、ダイナミックス、バンドの響きの厚みそして音楽表現をアピールする為に打楽器セクションの役割は重要です。なかでも、「バスドラム」は「第2の指揮者」といわれるほど重要な役割を持っています。音楽合奏の全体知って音楽を進めることが大切です。
体から出る本物の生きたリズムで、奏法は体のバネを使い演奏する。さらに音質、音色、音量、リズム、ブレンド感に配慮して全体のアンサンブルにふさわしい音づくりに専念する。
バランスは管楽器の響きより大きな音量にならないよう、「縁下の力持ち」でバンドを支えます。
5.スタイル

歯切れの良い伴奏リズムはマルカートの音形で演奏するレガートのメロディーはスラーの切れ目、ブレスの位置で流れが止まらないように、フレージング、ブレッシングに注意する。
リピート演奏の時は、ダイナミックス、メロディー・オブリガートの対比などを変化してコントラストをつける。
6.表現

リズムは同じでも、その上に流れるメロディーの流れ方の違いが大切です。
「マーチ」を音楽的に演奏するには、声を出して歌うことです。弦楽器の繊細な歌い方、音楽表現が目標です。音色に変化を持ち、色彩感を出せると最高です。
Tuttiでのバランスは特定の楽器がなるべく飛び出さず、全体の音としてブレンドするようにします。
「マーチ」はメロディー、オブリガート、ハーモニー、リズムなど、全てが統合された 素晴らしい「音楽」です。
★基礎の内容について
基礎の重要性を認識、やっていこうとする意気込み素晴らしいですね。
基礎の内容はクラリネットのことかな? それとも合奏についてかな?

クラリネットでも合奏でも共通なのが、演奏している楽器の一番良い音も目指していくこと。

その為には

正しい姿勢
正しい呼吸法
正しいアンブシュア
を常に意識して楽器を演奏することです。

クラリネットについては、

下記に基本的な姿勢、アンブシュア、リードなどの付け方について、コメントしてありますので、参考してください。

http://www.bandpower.net/bpblog/archives/994
練習内容は、

ロングトーンでの音の安定性と音色を養う。
スケールで音域の拡大と音程感を養う。
複雑で難しい運指について、繰り返し練習する。
エチュードでフレーズと息のコントロールを会得する。
など、自分が楽曲を演奏するときに必要と思われることが全てが、基礎の内容です。
このQ&Aコーナーでも過去にクラリネットついての質問にお答えしていますので、参考にして下さい。

★後輩への教え方

後輩ができて教えることは自分をもう一度見直せるいいチャンスですね。教えるというより、一緒にやっていこう! 一緒に上達していこう!という気持ちが大切です。今日の練習で○○は克服しよう…など目標を決めてスタートしましょう。

対面で教えるより、横で一緒に吹くことを勧めます。
そして、リレーで吹いたり、しりとり(楽曲をフレーズごとに分担して)
吹いて必ずソロで部分をつくって、運指テクニック、息のスピードや音色など
チェックして下さい。練習の終わりには、一緒にその日に練習したことを
2人で吹いて、ズレがないかチェックしてください。

あまり口で説明するより、少しでも多くの時間を楽器を吹き、見本となる先輩の音を聴いてもらいながら練習して下さい。

回答:五十嵐 清

Q:肺活量を増やすためには?

Q:クラリネット吹いてます!あっという間に中学3年生。もう、今年の夏が最後のコンクール。だから、どーしても、いい成績がだしたいんです! わたしは、肺活量がなくて、いつも小さい音しか出せません。どうしたら肺活量がつくんですか?(香奈)


新年度が始まり、最高学年になったのですね。

中学最後のコンクールで納得した演奏をし、いい成績を取りたいという気持ち、素晴らしいです。

さて、肺活量を増やして、楽器の音量を大きくしたい!とのことですね。
本来、肺活量の検査は、肺から出入りする空気の量を測って、肺の大きさを調べることが目的です。

肺活量が増えれば肺が大きくなったということですので、たくさん空気を吸うことができるということになります。ですから吹奏楽器にはとても大切なことですね。しかし、それだけで音量は大きくなるでしょうか?

楽器を演奏するのには、音を長く伸ばしたり、次のブレスまでに安定した息をだしたり、スピードのある息を楽器に入れ込んだり、太い息を送り込んだり、いろいろな息を出せるようにコントロールできるようにしていかなければなりません。力んで吹奏しても「音になる息」が出ていなく効率が悪いですね。

吸い込んだ空気を意思のある音に100%するために、ダイナミックスレンジを変えてスケールロングトーンをして、息を意図的にコントロールできるようにしていくしかありません。

最後に肺活量を増やせるかわかりませんが、

・健康な身体作りをしていく。
・大きな声で返事をする。
・通学時にはしっかりした足取りでリズムかるに歩く。
・常に姿勢を良くして息の通り道(気道)をしっかり確保できるようにしていく。

ことを普段から実行してみて下さい。きっと今まで有効に使えていなかった息がしっかりと使えてきますよ。

では、リラックスして息のコントロールができる呼吸法とロングトーンで「音作り」を頑張りましょう。

回答:五十嵐 清

Q:パリのアメリカ人

Q:今度、「パリのアメリカ人」をコンサートピースにエントリーしました。そこで、楽譜及び編曲版をどうするか悩んでいます。編曲者:MARI VAN GILS版、および編曲者:保科洋版。お勧めとかのご指示はできないとは思いますが、いずれもオーケストラ版原曲をそのまま編曲しているタイプなのでしょうか? 楽譜を見ていないため、購入を悩んでいます。もし可能であれば宜しくお願いします。


パリのアメリカ人については、お問い合わせの「編曲者MARI VAN GILS版、および編曲者:保科洋版」共にスコアを見たことがないのでご回答できません。

保科洋版は、東京佼成ウインドオーケストラへの書き下ろしで、CDも出ていますので、音源を聴くことができるので、オーケストラ版と比較できるかと思います。

■パリのアメリカ人/東京佼成ウインドオーケストラ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3337/

Q:木管五重奏の基礎練習法

Q:今年アンサンブルコンテストに木管五重奏で出場することになりました。基礎練習として良い練習方法はありませんか?


木管五重奏でのアンサンブル・コンテスト出場おめでとうございます。コンサートで木管五重奏といえば、オーケストラの首席奏者で編成したアンサンブルというように、それぞれの楽器奏者がソリストであることが特徴と思います。とてもベーシックな編成で、そして魅力的な編成ですので、とても素晴らしい音楽が奏でられることと思います。

まず個人個人の演奏レベル、音楽性を磨くことが大切です。

そしてアンサンブルの基礎練習としては、

1.チューニングとスケール

リレーによる Ob→Fl→Cl→Hr→Fgの順に、
一音ごと4拍間ロングトーンしながらリレーしてスケールを行う。
(この順番だけでなく、低音からも行う))

Ob→Fl→Ob→Cl→Ob・・・というように、キャッチボールを行いながらスケールをして行く。
2.ハーモニー

四声のハーモニー・パターンやコラール練習を行う。

バランスを意識して、さらにダイナミックスを変化させ行う。
この時、5度音程をしっかり合わせることができるようにして下さい。
3.楽曲で克服しなければならない難所を徹底的に繰り返し練習する

4.フレーズごと(ソロで)をリレーして吹く

それぞれの楽器奏者が集まってアンサンブルするのですから、音楽の可能性はとても無限大です。頑張って素晴らしいそして納得した演奏をしてください。

回答:五十嵐 清

Q:基礎練習は何をやればいいですか?

Q:吹奏楽がはじめてできることになり、まとめる立場になりました。でも、人数が少ないので、金管も木管もバラバラのパートの子4・5人(各パート0~1人)をいっぺんにまとめて基礎練から曲練の全般をします。
どんな基礎練をしたらみんなが楽しくうまくなるでしょうか。わたしはフルート担当なので、特に金管は分からなくて…。


吹奏楽ができることに、私もとてもうれしいです。

おめでとう!

基礎練習でマスターしたい内容

1.ロングトーンでの音づくり
2.呼吸法、ブレスコントロール
3.アンブシュアの柔軟性(リップスラー、インターバル)
4.響き(倍音)の充実(声部間の重ねバランスとブレンド感)
5.調性の統一(スケール、アルペッジョ)
6.ハーモニー
7.エチュードによるフレーズと歌い方

私はこの内容で、「5分間クイックトレーニング」としてオリジナルの基礎合奏メソードを作成し使っています。全てでなくてもいいので、項目をチョイスしてやてみましょう。

回答:五十嵐 清

Q:ペア練習の注意点とメリット

Q:私は高校二年生で、ホルンを吹いています。
私のバンドで、ペア練習というものがはじまりました。ペア練習は、2年生:1年生=1:1か1:2で、2年生が1年生の指導をするというものです。
合奏でやっても合わないことは、パートで合わせる、パートでやっても合わないことは、ペア練習で合わせるという理論の元やっている練習なのですが、私と比べると全体的に1年生のほうが、音色・音量ともに上で、何をやっていいか分かりません。
基礎と曲をやれということなのですが…どれも中途半端になってしまっています。私も指導力がなく、更に1年生より下手なのでどうしたらよいのかわからない状態です。
(S・T)


A:「ペア練習」、素晴らしい練習方法ですね。

より密度の濃い合奏にするために、小さいグループで確認統一していく内容はきっとバンドが上達していきますよ。

 私も、「メンター制度の導入」として、色々な講習会などでこれに似た方法を提唱しています。

 合奏で示された、目標を少しでも到達できるように練習することです。そのポイントは、先ずユニゾンを合わせる。つまり、息をコントロールして「音色、音量、音程」を統一することです。
その次に、フレーズ感やブレスのタイミングを合わせていく。
曲ではチェンジングブレスでフレーズを二人で吹いていく練習をとりいれてみてください。

 しかし、ペア練習の目的はそれだけでしょうか?
それは上級生が(一方的に)指導コメントしていくのでしょうか?
ペアになった人がお互いに上達し、楽曲を研究し音楽を向上していくのではないでしょうか?

と言うことは、上級生の音に全てを合わせるという考えだけではなく、
どちらかの音に合わせる。つまり2人が合えばいいのではないでしょうか?

 2年生は在籍しているバンドではより多く合奏を経験しているのですから、
先生の音楽性やバンドの特徴など多くのこと知っていて経験が豊富です。
自信をもって、二人のコミュニケーションを図り、バンドの一番大切な
人と人の繋がりを視野に入れた「ペア練習」をして下さい。

回答:五十嵐 清

Q:1年生が楽しく、密度の濃い練習ができるような基礎練習は?

Q:私は中学2年で、吹奏楽部で打楽器をしています。今年は1年生がたくさん入ってきて、私は1人で2人教えなくてはいけなくなってしまいました。
私の通っている学校は小規模なので1年生でも頑張ってもらわなければいけません((;;)。私が入部した時は、打楽器の先輩がいなく、自分で研究して練習していました。なので、今の自分にあった基礎練習しかもっていません。
1年生は1人は小学校で打楽器をやってたんですけど、もう1人の子は音符が読めません。1年生が楽しく、密度の濃い練習ができるような基礎練習はないでしょうか?(打楽器さん)


A: 先輩がいなくても自分で研究して練習方法を見つけて実行してきたこと素晴らしいですね。

 これまでの「自分に合った基礎練習」は、同じ学校のバンドのパートで合わせていくのですから、今度は、そのまま「パートに合った基礎練習」になるのと思いますよ。
これまで1年間やってきたことをもう一度まとめてみて、今度は3人で一緒にやってみて下さい。

 自分自身の体でリズムを会得するためにも、手拍子だけでなく、体のあちこちを叩いて、その音色の違いなどを実体験していく方法をやってみてください。そして、それから楽器で練習です。

 音符の読みが苦手な人には、リズムを口で表現したり、拍子やリズムに合う言葉にして練習してみてください。その次に手拍子→体あちこち→楽器と言う順番で、そして最後まで口でリズムを言ってみるといいでしょう。

 教則本はあなたの1年間の努力したことです! あなたにとってはもう1度かもしれませんが、同じことを何度も繰り返していくことで基礎力が蓄えられ楽曲に反映されます。頑張って下さい!

回答:五十嵐 清

Q:音量アップのための練習法

Q:サックスを吹いてる中学3年です。私の学校のサックス・パートはいつも音が小さいや音が鋭いなど言われるのですが、音量アップのための練習法や鋭い音を出さないようにする練習法がわからなくて困っています。どうしたらいいでしょうか?(サックス吹き)致します。(バス・トロンボーンさん)


3年生になりパートをまとめる立場になったのですね。では、練習を以下のことを参考に行ってみてください。

1.基本事項の確認

 まずマウスピースとリガチャーとリードのセットの仕方をチェックして下さい。
セットした状態で目の位置で見て、マウスピースの先端の暗い部分がリードから髪の毛1本ぐらい見えるぐらいが基準です。リードが薄く「平たいビービー」とした音がするときは、上に(黒い部分が見えなくなる)。逆にリードが厚く「苦しい硬い」音がするときは、下に(黒い部分がやや多く見える)ようにしてみて下さい。そして、リガチャーはリードが削られている部分の直線位置より1mm程度のところに取り付け、ネジは締め付けない様にして下さい。

 次に、/イ/と/エ/の中間の口の形にして、口の中だけ/ウ/にしながら、唇全体を中心に集中していくイメージで軽く締めていく。

 そして、空気を沢山吸い込み、スピードなどをコントロールしながら、「温かい息」(手を温める)息を胸を大きく広げていくイメージで《楽器の先端にまで吹き込む。》空気を吸う時は蕎麦を啜るように音を立てないようにして下さい。

 最後に、アタック(音の出だし)時の発音に注意し、コア(芯・鳴り)が出るように息をコントロールし、リリース(音の処理・響き)を明確にして音色や音形をイメージしたものにしていく。

2.音量アップメニュー

 一音8拍ロングトーンでスケール練習しながらダイナミックスの変化をさせて練習する。
mf、f、pで安定した音。f→p、p→f、f→p→f、p→f→pとなるようにデクレシェンド、クレッシェンドをしていく練習をして下さい。

3.タンギングメニュー

 上記の「楽器の先端にまで息を吹き込む」状態で、舌だけ、息だけ、息と舌両方の3種類のタンギング練習をする。

 きっとパートの音が充実してきますよ。頑張ってトライして下さい。

回答:五十嵐 清

Q:「お腹の支え」について教えて!

Q:「お腹の支え」について教えて下さい。
私は今41歳、久々に一般吹奏楽団でバス・トロンボーンを吹いています。中学・高校・大学と10年間吹奏楽部をやってきましたが、今でも分からないのが「お腹の支え」(どういう常態か?)です。
初心者で始めた中学の顧問は音大のピアノ科出身で管楽器経験がなく正しい「呼吸・呼気・お腹の支え」を教えてくれませんでした。先輩はただ「腹筋を(内臓方向に)堅く締めろ」というだけ。大学では逆に「お腹の内側から外側に圧力をかけて膨らませろ」と言われました。この方法は音は豊かになりますが、楽器のコントロールが非常に難しくなりました。吹き伸ばしの後半になると音に芯がなくなり減衰し「ようかん型」の符型をキープ出来ていない、レスポンスが鈍くなる・・・などです。
大学卒業後、正しい「お腹の支え」を模索し、何人かのプロ奏者の先生のレッスンを受けました。「自然体で。支えなんて気にするな」という先生。「丹田部に内側から外側に圧力をかけ、前にせり出せ」という先生。「丹田部は内側に搾り、みぞおちの下あたりに内側から外側に圧力を軽くかけ膨らんだ状態をキープしなさい」という先生。それぞれご意見が違います。
(要は吹き伸ばしの際に最後まで(ブレスの直前まで)『ようかん型』の符型をキープし、<全て”吹き切って”次のブレスにつなげる>ことが出来れば、「支え」などに固執しなくても良いのです)が、未だにこれが出ないのです。

吹き伸ばしの後半になると、とても窮屈な苦しい吹き方になり「支え(支えているのか分かりませんが)」が無くなる結果、音が減衰してしまいます。正しい管楽器の「お腹の支え」について御指導さい。管楽器を吹く上で避けて通れない問題です。宜しくお願い致します。(バス・トロンボーンさん)


現役復帰おめでとうございます。

 さて「お腹の支え」のテーマは、なかなか難しく、また管楽器奏者には永遠の課題かもしれません。

 バス・トロンボーンさんご自身も、これまでのレッスンでいろいろな経験があり、試されて、自分なりに工夫をされているようですね。

 では「お腹の支え」を呼吸法(ブレスコントロール)の考えからお話しさせていただきます。

 呼吸法は、管楽器奏者にとって大変重要なそして基本テクニックです。しかし、その方法は間違った認識や表現方法があるようです。

 一例を挙げますと、

 呼吸は「腹式呼吸」で行い、「お腹を(わざと)膨らませるように息を入れて、腹筋に力を入れてお腹を(わざと)へこませながら楽器を吹く」などと教えれます。これは誤解を招く言い方で、お腹をわざとへこませるように腹筋に力を入れると、身体に無駄な力が入ります。また出す息にスピードはありますが、一瞬にして出してしまいます。ロウソクの炎を吹き消したり、熱い飲み物を冷ます時に使う息と同じです。ですから管楽器を演奏するにはあまり使いません。また運動の深呼吸(例えばラジオ体操の深呼吸のパフォーマンス)では、腕を広げて身体を大きくしながら吸い込み、身体を縮ませながら吐いていく。これも管楽器を演奏するには間違った呼吸法と思います。

 私が考える呼吸法は、「息のコントロールがスムーズにできるように、空気を充分吸い、意思のある安定した息に変換し、楽器に吹き込むことのできる姿勢を保持すること」です。

 はじめは肺にたっぷり空気があるので、「吸う時に使った筋肉」を使い、吐くことをコントロールしていく。そして、ある程度肺に空気が少なくなってきた時、息を意識的に「吐く」ように腹部の筋肉を上手く使い、(胸を広げたまま)音を豊かにしたままで演奏する。このことを「音を支える」という。その後、息が残り少なくなるにつれて、豊かな音を保持するために腹部の筋肉の緊張があたかもチャンピオンベルトを締めたようにウエスト上下に感じる。(この時も胸は広げたまま)このことを「息を支える」と私は言っています。
そして、これが美しい響きを創ることのできるポイントと考えます。

 それでは、「自分の心」を<息>に託し、「心に音をのせて」<意思>のある演奏をしてください。

Q:音がゆれてしまう。改善方法は?

Q:ホルンを吹いています。ホルンは高校から始めて、中学校ではパーカッションをやっていました。
私はホルンを始めてからずっと「音がゆれる」といわれてきました。
改善のために毎日ロングトーンをやっています。
原因は「体のどこかに力が入っている」「しっかりした息が入っていない」といったところだと思うので、力を抜いて、息の練習もするようにしています。
最近は、ホースの先に風船をつけて、それを唇で加えて息を吹き込むという練習を行い、すこし改善しました。
しかし、マウスピースの中の部分の唇が不必要にゆれてしまって、音がゆれてしまいます。それに、アゴも揺れてしまいます。
どのような練習を行えばまっすぐな音がでるようになるでしょうか。口輪筋がついていないのでしょうか。(匿名希望)


質問から本当にホルンが好きで、上手くなりたいということが伝わってきます。自分の問題点をきちんと整理・理解して、色々な方法で改善・努力している姿が目に映ります。

 口輪筋のことも研究しているので、理論的には金管楽器の音の重要なポイントの広義の「口」については理解していると思います。
ホースの先に風船をつけての練習は、見えない息がどのように伝播し、形となってベルから出てくるかがわかるので、いいアイディアと思います。膨らますことを目標目的にすると、唇の振動、バジィングが疎かでも風船だけを膨らませていることになってしましますので注意が必要です。膨らみが持続していることに重きをもって練習して下さい。風船も使用回数により膨れやすくなるので、上手く使って下さい。

 また、息のスピード、圧力、長さ、量、太さ、方向などを総合的にコントロールできる息の支えを会得すること。

チェックして欲しい項目は

1.下唇から顎にかけてのラインが、しっかり固定した状態になっているか?
2.マウスピースへの息の方向が下顎に向けてのイメージで吹き込まれているか?
3.2.の息の吹き込み方向に楽器のマウスパイプが直線的にあるか?
4.右手の位置が正しいか?
5.シラブルと音のレスポンスが上手く対応しているか?
6.音の立ち上がりが的確か?

 です。

 ロングトーンだけでなく、リップスラー、スラー、2拍伸ばし休符後4拍伸ばしなどレスポンス、タンギング、スタッカートの練習など、口輪筋(口の周りの筋肉)がやや痛くなるまで練習をして鍛えてください。

回答:五十嵐 清

吹奏楽、ブラスバンド、マーチングの情報マガジン