「Tuba」タグアーカイブ

■オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ(Shionユーフォニアム&チューバ四重奏) ワンダフルコンサートユーフォ&チューバ最終章 そして新たなる未来へ(9月5日)

Shionメンバーでお贈りする室内楽コンサート!いつもと違う距離感でユーフォ&チューバ・アンサンブルの魅力を楽しもう!「きらきら星の主題による変奏曲」(W.A.モーツァルト)ほか。14時、19時の2回公演。ぜひお越しください!

日時 : 2018年9月5日(水) 開場 18:15 、開演 19:00
会場 : ドルチェ・アーティスト・サロン(梅田茶屋町)
交通手段 : 阪急「梅田」駅より徒歩5分
料金 : 1000円(各回、当日500円増)
曲目 : ・きらきら星の主題による変奏曲(W.A.モーツァルト)
・ファンタジー・ムーヴメンツ(A.プログ) ほか

問合せ :

担当者 Shionチケットセンター
TEL 0800-919-5508
E-Mail info@shion.jp
HomePage http://shion.jp

■小山市交響吹奏楽団 第37回定期演奏会~テューバが導く英国の響き(6月11日)

小山市交響吹奏楽団では第37回定期演奏会を開催いたします。
今回はゲストプレーヤーにテューバ奏者の木村 圭太 氏をお迎えし、イギリスの作曲家 グレグソンのテューバ・コンチェルトをはじめ英国サウンドを中心にした音楽で皆様をお迎えいたします。

日時 : 2017年6月11日(日) 開場 13:20 、開演 14:00
会場 : 小山市立文化センター 大ホール
交通手段 : JR宇都宮線・東北新幹線「小山駅]西口より徒歩約10分
料金 : 前売り券 500円 当日券 700円  *ホームページより前売り券のお取り置きもできます!
曲目 :
♪2017年度吹奏楽コンクール課題曲より
♪テューバ協奏曲(グレグソン)
♪吹奏楽のための第一組曲(ホルスト)
♪「ナイツブリッジ行進曲」ロンドン組曲より(コーツ)   他
問合せ :

担当者 小山市交響吹奏楽団  担当: 大竹
E-Mail info-mail@oyama-shikyo.com
HomePage http://www.oyama-shikyo.com/concert/

■ピーター・リンク テューバ・リサイタル・ツアー(9月19日)

2017年2月に仙台フィルと初演したJ.スティーブンス作曲、テューバ協奏曲「ジャーニー」をピアノ伴奏版にて再演。その他シューマンやプロコフィエフ、また各地で豪華なゲストを招聘して、テューバ・リサイタルの無限の可能性を追求する。エキサイティングな「ピート祭り」再び!

◎ピーター・リンク(テューバ)
◎清水初海(ピアノ)

日時 : 2017年9月19日(火) 開場 18:30 、開演 19:00
会場 : めぐろパーシモンホール小ホール
交通手段 : 学芸大学駅より徒歩7分程度
料金 : 一般2500円、大学生以下2000円
曲目 :
日本初演を再演、J.スティーブンス:テューバ協奏曲「ジャーニー」、シューマン:アダージョとアレグロ、プロコフィエフ:組曲「ロミオとジュリエット」より
問合せ :

担当者 藤澤
E-Mail ph.m.productions8822@gmail.com

■Bari-Tuba Ensemble ”Legend Of Dragon” 1st Concert(5月6日)

新進気鋭のユーフォニアム・チューバアンサンブル
旗揚げ公演です!

日時 : 2017年5月6日(土) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : ティアラこうとう 小ホール
交通手段 : 都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線 「住吉」駅 A4出口より徒歩4分
料金 : 入場無料
曲目 : 高橋宏樹/The Times
M.フォーブス/Cosmic Voyage
H.ベルリオーズ幻想交響曲よりⅣ・Ⅴ楽章
ほか
問合せ :

担当者 LOD実行委員会
E-Mail BariTuba.LegendOfDragon@gmail.com

■Trio DOSanko + Tucci Vol2(旭川公演)(7月26日)

Trio DOSanko+ は、北海道をこよなく愛し、北海道出身である事を誇りに思うプロフェッショナル音楽家3人で結成された、道産子によるユーフォニアム&チューバアンサンブル集団です。
今回はTuba界の巨匠R.Tucci氏をお迎えして演奏会を開催いたします。

日時 : 2017年7月26日(水) 開場 18:30 、開演 19:00
会場 : 北海道旭川市神楽3-6、「木楽輪」(きらりん)ホール
交通手段 : 徒歩、バス4、タクシー、自家用車
料金 : 一般:3000円、高校生以下:2000円
曲目 : 1部
ワシントンポストマーチ / J.P. スーザ
眠りの森の美女からワルツ / P.I. チャイコフスキー
悪魔のワルツ / S. フェルヘルス (ユーフォニアム・デュオ)
スイート フォー トゥー / J. スティーブンス (チューバ・デュオ)
チューバアンサンブルの為のベネディクション / J. スティーブンス
ポップスイート / A. フラッケンポール
2部
ホヮット ア ワンダフルワールド / G.D. ワイス & B. シール
ジャズ組曲2番からワルツ / D. ショスタコービッチ
ミニチュアジャズスイート / L . ニーハウス
セントルイスブルース / W.C. ハンディ
ダンス組曲 / J. スティーブンス
問合せ :

担当者 TRIO DOS MUSIK
TEL 09068753547
E-Mail k_t_euphonium@yahoo.co.jp
HomePage https://www.facebook.com/triodosanko/?ref=bookmarks

■横浜国立大学吹奏楽団×首都大学東京吹奏楽団 第10回バリチューバ・コンサート(3月20日)

横浜国立大学吹奏楽団と首都大学東京吹奏楽団の低音パートによる合同演奏会です。
出演者一同、皆様のご来場をお待ちしております!

日時 : 2017年3月20日(月) 開場 15:00 、開演 15:30
会場 : 横浜市南公会堂
交通手段 : 市営地下鉄 阪東橋駅 徒歩8分
京浜急行 黄金町駅 徒歩14分
料金 : 入場無料・全席自由
曲目 : 〈ラージ・ステージ〉
J.オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」序曲
F.チャーチル:映画「白雪姫」より 他

〈アンサンブル・ステージ〉
清水大輔:ブーミング・コラール 他
問合せ :

担当者 杉本
TEL 090-2320-9766
E-Mail ynusb_bass_part@live.jp
HomePage http://m.facebook.com/ynusb.tmuwo

■デュオ・えんのした~ず 2ndリサイタル(12月17日)

「デュオ・えんのした~ず」は、ユーフォニアムの石田郁雄とテューバの由良哲一郎による、低音金管二重奏団です。

元々は、京都を中心に活動する金管アンサンブル団体「Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)」のメンバーとして演奏に励む中で、「2人でなにか面白い事をやってみよう」と2013年に結成。京都市や長岡京市など各地でのパフォーマンスはいずれも好評を博し、2014年6月14日には京都市東部文化会館にて1stリサイタルを開催。満席の会場で、大成功を収めました。2015年9月5日にはKoto Brass Quintet(コト・ブラス・クインテット)とのジョイントリサイタルも開催し、活動の幅を益々拡大中です。
また、地域イベントでの依頼演奏や、福祉施設での慰問演奏なども、随時承っております。

今回の2ndリサイタルでは、この編成によるオリジナル作品から、メンバー自身によるクラシックや歌謡曲の編曲作品まで、幅広いプログラムをご用意いたしました。
是非、お誘いあわせのうえご来場くださいませ。

日時 : 2016年12月17日(土) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 京都市東部文化会館 創造活動室
交通手段 : 地下鉄東西線『椥辻駅』下車 1番出口より徒歩7分
料金 : 入場料無料(全席自由)
曲目 :
♪ソング・アンド・ダンス(A.フラッケンポール)
♪ドビュッシー組曲(編:小川学)
♪クリスマス・メドレー(編:石田郁雄)
♪スマイル(C.チャップリン、編:前田憲男)
♪ロマンス(A.イェルゲンセン)
♪ソナタ第2番より(J.S.バッハ)
ほか
問合せ :

担当者 由良
TEL 090-2195-3600
E-Mail duobrass@yahoo.co.jp
HomePage http://ennoshitazu.blog.fc2.com/

■2015年11月に行われたヤマハ・テューバ・デュオの「スーパー・ライブ」がCD化

ポルトガルが生んだテューバ界の風雲児セルジオ・カロリーノと日本を代表するトップ奏者次田心平が国境を越え、最強タッグを結成。2015年11月に東京・ヤマハホールで行われたライブは、大きな話題となった。

このCDはその時のライブを収録したもので、楽曲はすべてが世界初演、日本初演ばかり。
2人の息のあった磐石のアンサンブル。最低音から高音域まで乱れることないパワフルな音色とハーモニー感。超絶技巧もいとも簡単に奏でる完璧なテクニック。2人の想像を超える圧倒的なパフォーマンスをお楽しみ下さい。

■Super Live! 
YAMAHA Tuba Duo

【収録曲】

  • アッバス・アルコバティア 作品48/カルドソ
  • ウンハーガタ/ヴァスケス・ディアス
  • ウスポメナ/ムーディ
  • テアトロ・デ・マリオネッタ/ピント・コッレイア
  • コンサート・ダンス/西下航平
  • 2つのテューバと即興ドラムのための音楽/プレンダス
  • 過去から光へ/マルティンホ
  • Duh Blooze/セルフ

【この楽譜のCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4032/

横浜国立大学吹奏楽団×首都大学東京吹奏楽団 第9回バリチューバ・コンサート(3月20日)

横浜国立大学吹奏楽団と首都大学東京吹奏楽団の低音パートによる合同演奏会です。出演者一同、ご来場お待ちしております!

日時 : 2016年3月20日(日) 開場 15:00 、開演 15:30 
会場 : 横浜市神奈川公会堂 
交通手段 : JR 東神奈川駅 / 京急 仲木戸駅 徒歩4分
東急 東白楽駅 徒歩2分 
料金 : 入場無料 
曲目 : 〈ラージ・ステージ〉
R.V.ウィリアムズ:イギリス民謡組曲
E.エルガー:威風堂々第四番 他

〈アンサンブル・ステージ〉
高橋宏樹:The Times 他 
問合せ :

担当者 鈴木 俊太朗
TEL 080-6812-0406
E-Mail ynusb_bass_part@live.jp
HomePage http://m.facebook.com/ynusb.tmuwo/

■ソプラノ・コルネットからテューバ(Ebバス)まで、ブラスバンドで使われる楽器を吹きまくる、なんともスーパーな企画盤!「グリン・ウィリアムズ~ヴィルトゥオーソ ~コルネットからテューバまで~」

こいつは、すごい!!!

イングランドの名門ブラスバンド、フォーデンズの人気者、プリンシパル・ユーフォ二アム奏者のグリン・ウィリアムズが、こともあろうに、ソプラノ・コルネットからテューバ(Ebバス)まで、ブラスバンドで使われる楽器を吹きまくる、なんともスーパーな企画盤!

それも、ただ吹きまくるというイタズラ企画ではなく、各楽器の有名なソロ曲を、コルネット曲ならコルネットを、フリューゲル曲ならフリューゲルを使って独奏するという、俄かには信じがたいアルバムなのだ!

商業CDを作っている正しいレコード会社なら、こういう野心あふれる冒険企画は、間違いなく“速攻”でボツ!

しかし、グリン・ウィリアムズの並々ならぬ実力と、その演奏活動を支える楽器メーカーや作曲家たちのサポートを受け、このアルバムは完全なインディーズとして完成した!

アルバムは、“本職”のユーフォニアム独奏、ジョン・ハートマンの『ルール・ブリタニア』でスタート。ヘルマン・ベルシュテッド『ナポリ』、アーサー・レミントン編『ヴェニスの謝肉祭』、ウェールズの名曲『マヴァニュイ』、ピーター・グレイアム『ホーリー・ウェル』といった、ぜひともウィリアムズのソロで聴いてみたいユーフォニアム独奏曲の合間に他の楽器を使った演奏をはさみ込むスタイルで進行!

日本でも大ヒットした映画「ブラス」(Brassed Off!)と同じアレンジが使われた『アランフェス協奏曲』から“アダージョ”は映画と同じくフリューゲルホーンで、ゴフ・リチャーズがヒュー・ナッシュの筆名で書いた『デメルザ』はテナーホーンで、二ール・セダカの『ソリティア』はソプラノ・コルネットで、ウィリアム・リンマー『ヘイルストーム』はコルネットで、ロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」から“私は町のなんでも屋”はEbバスで、ビゼーの歌劇『カルメン』(スネル編)から“花の歌”はバリトンで、といった調子でこだわりのレパートリーが演奏されていく。

しかも、“本職”のプレイヤーが真っ青になりそうな完成度!

ふつう1種類の楽器をものにするだけでも大変だというのに、なんということだ!!

アルバムにはウィリアムズのボーカル(これがなんとも美声!)まで入っているが、そんな中、アレッド・ウィリアムズとの兄弟ユーフォニアム・デュオのウェールズ聖歌『清き心』で、ウェールズが生んだユーフォ・デュオの元祖“チャイルズ・ブラザーズ”をリスペクトしているあたり、とても心憎い演出だ!

しかし、アルバムの興奮はこれで終わらない!

アラン・ファーニーが“ブラス・イン・コンサート選手権2001”のために書き、グリン・ウィリアムズが“ベスト・ソロイスト賞”を贈られた『クルトワ・ショーケース』では、ユーフォニアム、コルネット、テナーホーン、トロンボーン、フリューゲルホーン、バリトンといった楽器をとっ変え、ひっ変えの大熱演!映像がないので確証はないが、最後のシロフォンも恐らくウィリアムズが弾いたのではないかと思われるそのライヴ感は、実に爽快!

フィナーレを飾る『ランド・オブ・ソング(歌の国)』は、同じくファーニーがウェールズの有名なメロディーを使ってこのアルバムのために書き下ろしたユーフォ二アム独奏曲で、ウィリアムズの実力がたっぷりと味わえる!

演奏内容はもとより、これ1枚でブラスバンドに使われるすべての楽器のソロを味わえるというすばらしいプレゼンテーションも光る!

ブラスバンドのビギナーからベテランまで理屈なく愉しめる1枚だ!

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3249/

 

【グリン・ウィリアムズ】
ウェールズ中部のアベリストウィスに生まれる。叔父から音楽の手ほどきを受け、ウェールズのタウィン・シルヴァー、ロイヤル・オークリー、メナイ・ブリッジの各ブラスバンドのユーフォ二アム奏者をへて、マンチェスターのソルフォード大学に学ぶ。1995年、フォーデンズ・バンドのソロ・ユーフォ二アム奏者に就任した。