「Thomas Doss」タグアーカイブ

■樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言:第2話トーマス・ドス“白雪姫”騒動記

Text:樋口幸弘

第2話トーマス・ドス“白雪姫”騒動記

複雑な現代社会。我々をとりまく世界は、ありとあらゆる物や活動に“権利”や“権益”が影のようにつきまとう。我々、ウィンド・ミュージックに関わる者とて、そのルールや縛りと無関係ではいられない。

2017年5月に浜松で行われた日本吹奏楽指導者クリニックへの出演を前にした5/16の名古屋芸術大学ウィンドオーケストラのリハーサルでも、現場関係者が大慌てをする破目になった、とある事件が発覚した。

この日午後の合奏は、前半が「イブニング・コンサート」(5/20)の重要レパートリーであるフィリップ・スパークの『ゾディアック・ダンス(Zodiac Dances)』とヤン・ヴァンデルローストの『グロリオーゾ(Glorioso)』のフル・リハーサル、後半がクリニック委員会オススメの2017年新譜を紹介する「レパートリー研究講座」(5/21)の演奏曲の練習があてられていた。

当日の筆者の役割は、作曲者や出版社と連絡を取り合い、楽譜の準備などのサポートをした前半2曲で終っていたが、帰阪までまだ時間的余裕もあったので、指揮の竹内雅一さんに求められるまま、後半も聴くことに….。聞けば、研究講座の方は、旧知の小野川昭博さん(大阪音楽大学/クリニック委員会委員)が指揮をするとのこと。一体どんな曲をするのかと興味を覚えたことも居残った理由だった。

早速、テーブル上に積み上げられたスコアの山(もちろん、この日が初見)を崩す。すると、その中に思いがけない1曲があるのを発見。瞬間的に『アッ!』と驚きの声を小さく洩らしてしまう。

何事か、と竹内さんもこちらを振り向く。

少々難しい顔をしながら、『ドスの“白雪姫”をやるんですね。これはとてもいい曲なんで、オススメの理由もよくわかるんですが、これって4月始めに絶版になったってご存知ですか?』と言うと、竹内さんも驚きの表情!

トーマス・ドスの『白雪姫(Snow White)』は、ドイツのバイエルン州ウンターフランケン、マイン=シュペッサルトの青少年吹奏楽団“クライスユーゲントオルケスター・マイン=シュペッサルト(Kreisjungendorchester Main-Spessart)”の25周年記念作で、初演は、2016年1日6日、近郊のゲミュンデン・アム・マイン(Gemunden am Main)のホール“シェレンベルクハレ(Scherenberghalle)”で行なわれた。

有名なグリム童話「白雪姫(Schneewittchen)」のストーリーに基づくファンタジー・アドヴェンチャーで、「むかしむかし…(Once Upon a Time…)」、「七人のこびと(The Seven Dwarfs)」、「ガラスの棺(The Glass Coffin)」、「白雪姫の目覚めと婚礼(Snow White’s Release and Wedding)」という小題がつけられた短い4つの楽章で構成されていた。

青少年吹奏楽団のために書かれたグレード3の作品で、童話のストーリーどおりの楽曲構成と親しみやすいメロディーライン、さらには小編成から大編成まで演奏可能なオーケストレーションが施されているなど、多くの特徴をもった作品だ。このため、2016年の出版後、ヨーロッパではアッと言う間にヒット作の仲間入り!!

だが、もともと白雪姫には、1937年公開の有名なディズ二ー・アニメ「白雪姫(Snow White and the Seven Dwarfs)」のほか、原作に大幅に手を加えたアメリカ映画「スノーホワイト(Snow White & the Huntsman)」(2012)とその続編「スノーホワイト/氷の王国(The Huntsman: Winter’s War)」(2016)などがあり、著作権、隣接著作権、商標権など、複雑に絡み合った権利関係が存在する。

「SNOW WHITE ~ A Fantasy Adventure」という“英語タイトル”で出版されたドスの吹奏楽曲は、そのいずれかに抵触してしまったのだ。筆者は、4月のかなり早い時期に、現行楽譜の絶版とタイトル変更後に再出版という連絡を受けていたので、クリニック委員会も何らかの情報を掴んでいたはずだ。

話を聞いた竹内さんは、大学側で選んだ曲ではないものの、“絶版”になった楽譜をそのまま“オススメ新譜”として紹介することはあまりにも不都合なので、大慌てでクリニックの実行委員長に電話を入れる。しかし、要領を得ない様子で困惑気味。結局、再出版の時期などの詳細を筆者が出版社に問い合わせることになった。

Hal Leonard MGBの極東マネージャー、ユルーン・ヴェルベークからの返答は、5月17日夜にあった。翌18日に東京のクリニック委員会に電話するが、もう浜松に向っているのか留守電だけの対応。用件を録音したが、ミスリードの不安感はぬぐえない。

一計を案じた筆者は、古い手帳を探し出して指揮の小野川さんの携帯に直電を試みる。番号が変更されていないことを祈りながら…。

幸いなことに、電話は、今まさに浜松に向っていた東海道新幹線「こだま」車中の小野川さんに繋がった!

先方も面喰らった様子で、早速、用向きを伝え、もの凄い轟音が響く中、スコアを持ってデッキに移動した小野川さんに以下の修正ポイントを書きこんでもらう。

【出版タイトル】SNOW WHITE(白雪姫) ⇒ A PRINCESS’S TALE(プリンセスの物語)

【サブタイトル】A Fantasy Adventure <変更点なし>

【第1楽章】Once Upon a Time…(むかしむかし…) <変更点なし>

【第2楽章】The Seven Dwarfs(七人のこびと) ⇒ The Dwarfs(こびとたち)

【第3楽章】The Glass Coffin(ガラスの棺) <変更点なし>

【第4楽章】Snow White’s Release and Wedding(白雪姫の目覚めと婚礼) ⇒ Princess’s Release and Wedding(プリンセスの目覚めと婚礼)

【再出版予定時期】5月の末頃

この通話後、念のため、上記内容を他の曲で気がついたことを含めてメールで送信する。

その後、小野川さんから『非常に助かりました!一緒に講座を担当する中橋君(作曲家の中橋愛生さん)にも伝えると“宜しくお伝え下さい”とありました。』とのメールが入り、これにて一件落着!

変更点から、権利関係でぶつかったのは、英語の“Snow White”と“The Seven Dwarfs”であることがよくわかる。ドスはドイツ語圏のオーストリアの作曲家。ドイツで世界初演されたときにプログラムに載ったドイツ語の曲名「Schneewittchen」での出版だったら、たぶん、こんな面倒な事態に発展しなかっただろうに!!

さらば、『白雪姫』!

ファイアワーク(作曲:トーマス・ドス)

インパクトのあるイントロとライトなメロディーラインが特徴で、コンサートのオープナーにピッタリの音楽です。演奏時間は約7分。

■Firework

・グレード:4
・作曲:トーマス・ドス(Thomas Doss)
・TIME:6分53秒
・出版:ミトロパ・ミュージック(Mitropa Music)
・分類:販売譜(スコア&パート譜セット)

【この曲の詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-0177/

■オットー・M・シュヴァルツ~アンネの日記
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3038/

■吹奏楽ベスト・セレクションズ
~ファイアワーク
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3111/

【トーマス・ドスの作品集、楽譜セット】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000531/

【楽譜】スポットライト~サクソフォン・カルテットとコンサート・バンドのための( 作曲:トーマス・ドス)

オーストリアのモビリス・サクソフォン四重奏団の委嘱で作曲されたサクソフォン・カルテットとウィンドオーケストラのための作品で、2014年4月12日、ヴァイトホーフェン・アン・デア・イプスの“ヴァイトホフナー音楽村”と呼ばれる会場で、同カルテットと、トーマス・マダーターナー指揮の地元吹奏楽団トラハテンムジカカぺレ・ヴィンタークの共演で初演された。

曲は、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの各サクソフォンのキャラクターがフィーチャーされ、各パートにおけるヴィルトゥオーゾ性はもとより、いろいろなリズム遊びやちょっとしたファンクのノリも追い求められている。

◎Spotlight, For Saxophone Quartet and Concert Band
・グレード:5
・作曲:トーマス・ドス(Thomas Doss)
・TIME:11分05秒

・出版:ミトローパ(Mitropa)
・分類:販売譜(スコア&パート譜セット)

【この楽譜をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-0888/

■セカンド・トゥー・ナン
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3367/

■サー・Eu(作曲:トーマス・ドス)…スティーヴン・ミードのお気に入りソロ作品の楽譜が発売開始!

 イギリスのユーフォニアム・プレイヤー、スティーヴン・ミードが名刺代わりのように演奏し、大切にしている独奏曲の1つ! 作曲者は、オーストリアの人気作曲家トーマス・ドス。

 オーストリアのアッパーオーストリア州郷土音楽振興協会とオーケストラ・プレイヤーによるブラス・グループ“サウンディンブラス(SoundINNBrass)”の委嘱で作曲された。

 タイトル『サー・Eu』は、英語の“Sir”という敬称、それに“ユーフォニアム”の巨匠であるミード自身を暗示し、ヨーロッパのコンセプトでもある“Eu”を組み合わせたもので、作品はミードに献じられた。初演と初レコーディングは、ミードとサウンディンブラスによって行われている。

 楽譜は、ブラスバンド伴奏版、ウィンド・バンド(吹奏楽)伴奏版、そして、このピアノ伴奏版が出版されている。 ピアノ伴奏版表紙に提示されているグレード表示は、なんと“VERY DIFFICULT(ひじょうに難しい)”。

 作曲者は、『ジャズから、ロマンティシズムを通し、民謡の要素まで、この作品は、音楽の心が望むことができるすべてを提供しています!』と述べ、この曲にさまざまな音楽的要素を盛り込んだことを表明している!

 曲は、アンダンテでゆったりと歌いだされ、アレグレットのリズミカルな主部に入る。その後、まるでアルプスの山に響くヨーデルのような部分をへて、ミード自身、あらゆるユーフォニアム・レパートリーの中で最も“挑戦的なもの”と表現したたいへん技巧的なカデンツァに移る。再びアレグロットに戻ると、まさにヴィルトゥオーゾのための書かれためまぐるしく技巧的なフレーズを存分に聴かせながら、スピード豊かにフィナーレへと駆け込んでいく。

 音域もひじょうに広く、叙情性だけでなく、重音奏法やジャズ・フィーリングなど、ありとあらゆる音楽上のテクニックやセンスを必要とする超難易度の作品ながら、変化に富み、聴きごたえも満点なので、いつかは演奏してみたくなるすばらしい曲!

 パート譜には、難易度を落としたパートも並んで印刷されているので、ぜひともチャレンジしてみたい!

【楽器編成】
・Solo Euphonium
(へ音記号(in C)とト音記号(in Bb)の2種類のパート譜が入っています)
・Piano

■このCDの詳細をBPショップでチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/en-81199/

■ホラー小組曲(作曲:トーマス・ドス)

 

 アメリカでジョン・ウィリアムズのアシスタントとなり、オーストリアに帰国後、作曲家として活躍し、指揮者としても評価の高いトーマス・ドスが、スクール・バンドから市民バンドまで、さまざまなレベルのバンドで演奏できるように書いた、理屈抜きに愉しいエンターテイメント作品です。

  曲は、5つの短い楽章で構成されます。

  第1楽章は、ホラーを題材にするこの曲にふさわしく、キリスト教社会では最も忌み嫌われる「13日の金曜日」をテーマとします。不気味なムードのイントロでいきなり聞こえる“悲鳴”など、小さな仕掛けが、恐怖の世界へと誘います。

  “草木も眠る丑三つ時”とは、日本の怪談の決まり文句ですが、ヨーロッパやアメリカでも“夜”はやはり物の怪たちの世界のようです。第2楽章「真夜中のシーン」では、真夜中に響く足音やキーキーという軋みや12時を告げる時計、妖精たちのダンスなどが描かれます。

  第3楽章のタイトルになっている「ウルダラク」は、美しい女性の姿で人を誘惑するという、スラヴ諸国で恐れられる邪悪な吸血種族、精霊です。テンポの速い細かな動きが、鼓動の高まりを示すように恐怖心を煽ります。

  第4楽章の「ブードゥー」は、ハイチや西アフリカで広く信じられ、西洋人からは魔術であるかのように恐れられる民間信仰です。ゆったりとしたテンポで聞こえてくる太鼓や笛の音が、動物の生贄(いけにえ)を供え、歌と踊りを伴って行なわれるブードゥーの儀式を表わします。

  最終の第5楽章「ハロウィン・パーティー・マーチ」は、とてもハッピーな楽章です。ここでは、万霊節の宵祭りで“おばけ”などに仮装した子供たちが知人の家などを訪ね歩き、菓子などをねだる、アメリカのハロウィン・パーティーの情景がマーチとして描かれています。

  それにしても、どの楽章も曲名と情景描写がピッタリきます。さすがは映画音楽の大家のアシスタントをつとめた人の音楽ですね!

  楽器編成も大きくなく、どのような編成のバンドでも愉しく演奏できる組曲。
全曲を取り上げるもよし、楽章をピックアップするのもよし。

  レパートリーにバラエティーをもたせる、とても愉しい音楽です。

【トーマス・ドス】
1966年6月6日、オーストリアのリンツに生まれる。リンツのブルックナー音楽院にトロンボーン、作曲、指揮、ピアノを学ぶ。その後、ウィーンの音楽学校、ザルツブルク、モーツァルテウム音楽院、マーストリヒト音楽院などで、さらに研鑽を積む。その後、アメリカ・ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオで、ジョン・ウィリアムズのスタッフとして活動した。『アトランティス』、『アルピナ・サガ』、『セント・フローリアン・コラール』、『シダス』など、ウィンド・バンドのための多くの作品が人気を集めている。

【この楽譜の詳細をチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8999/

【その他のトーマス・ドス作品をチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000531/