Q:テナーサックスを吹いていますが、タンギングを速くやるのは、どうすれば、いいんですか?

A:楽器をやっている人はみんな、タンギングが速くできるようになってスピード感溢れる演奏がしたいですよね。

 まず、唇でリードの振動を止めないようにアンブシュアーをチェックしてみて下さい。

 次に、リードの先端に舌の先の部分が当たるようにして下さい。決して舌の触れる部分を多く広く(ベタベタ)しないようにしましょう。

 発音は/Tu/でなく、/Ru/や/Du/にしてみるといいと思います。
息のスピード、量、安定感などをしっかりチェックすることも忘れずに。

 あとは、メトロノームの目盛りを少しづつ上げる(速めて)いきましょう。
それと、指とタンギングで出す音のタイミングもそろえてください。

回答:五十嵐 清

Q:サックスをやっているのですが、「息のスピードが遅い」とよく注意を受けます。しかし、「息のスピード」というのがいまいちよく分かりません。自分なりに息のスピードを上げようとやってみるのですが、ただ音量が大きくなるだけです。どうすればいいのでしょうか?(M・A/高校生)

A:息のスピードとありますが、そこには、「支え、圧力、量、速さ、密度」などいろいろな要素が総合的に絡んできます。結果的に、どのような音色、音量、音程で吹くと、楽曲にマッチするかということです。
ロングトーンで、自分で出せる音の種類を増やし、要求される音を即座に出せるように努力しましょう。

回答:五十嵐 清

Q:テナー・サックスをやっている後輩がいます。私もアルトサックスをやっているんですが、どうしてもアルトは硬い音が出なく、テナーは柔らかい音が出ません。どうしたら柔らかい音、硬い音が出るのでしょうか?

A:口の中の容積(広さ)やアンブシュアをチェックしてみて下さい。
広さが増すと、倍音が増えて豊かな音色になります。
マウスピースを噛み過ぎないように注意して下さい。

下記に詳しく書きましたので、見てください。

http://www.bandpower.net/bpblog/archives/1186

http://www.bandpower.net/bpblog/archives/1248

Q:アルトとバリトン・サックスを吹いていますが、未だにアンブシュアの形がよく分りません。

Q:私はアルト・サックスとバリトン・サックスを吹いていますが、未だにアンブシュアのやり方(というか形?)がよく分からなくて困っています。先輩には、アゴを下に下げて平らにする、といわれたのですが、どのようにやればいいのかよく分かりません(;_;) アンブシュアの正しいやり方、教えて下さい。


A:次のことをトライしてみて下さい。

アルトもバリトンもしっかりとストラップを調整して(特にバリトンは、もし楽器にべグ(楽器と床の高さを調節できる支え棒のようなもの)があればしっかり調節する)、口がマウスピースをくわえに行かないように正しい姿勢にしてみて下さい。右手で持ていることがないようにするがポイントです。

マウスピース、リガチャ-、リードの付け方を調整してみて下さい。

アンブシュアをチェックしてみて下さい。

・下唇を下歯に巻き、唇の両端を中央に向かって押すようにする。
・マウスピースを下唇の上に乗せ、上歯をマウスピースの上に乗せる。
・唇全体を中心に向けるようなイメージで少し締める。
・「イ」「エ」の口の形を作り、頬っぺたをそのままにして、口だけ「ウ」にする。
・マウスピースにどこからも同じバネのように均一の圧力が掛けられるように、唇の周りの筋肉を使い支える。噛むイメージにしないこと。
(ストローを水平になるようにくわえ、この時アゴがしわができないようにする。また、ストローが「ガチ」と固定されていないように下あごを上げずに、上からマウスピースにのせているイメージにする)

回答:五十嵐 清

Q:私の後輩(テナー・サックスを吹いています)に始め息の音がス~ッっと入って音が出るコがいます。ちゃんと始めから音が出るようにするにはどんな指導をしたらいいですか?

A:やや息が均等に入っていないように思いますので、楽器をつける前に、ティッシュ等を口の前に持っていき
ティッシュ等の揺れ角度などで、息が均等に入っているかチェックしてみて下さい。

「Q93」でもお答えしましたが、次のことをトライしてみて下さい。
アルトより楽器が大きく重いので、しっかりとストラップを調整して、口がマウスピースをくわえにいかないように正しい姿勢にしてみて下さい。右手で持ていることがないようにするがポイントです。

マウスピース、リガチャ-、リードの付け方を調整してみて下さい。

アンブシュアーをチェックしてみて下さい。

・下唇を下歯に巻き、唇の両端を中央に向かって押すようにする。
・マウスピースを下唇の上に乗せ、上歯をマウスピースの上に乗せる。
・唇全体を中心に向けるようなイメージで少し締める。
・「イ」「エ」の口の形を作り、頬っぺたをそのままにして、口だけ「ウ」にする。
・マウスピースにどこからも同じバネのように均一の圧力が掛けられるように、唇の周りの筋肉を使い支える。噛むイメージにしないこと。

次に、
・口の中の容積を広げるように、喉を開く。
・かじかんだ手を暖める。温かい息を楽器に送り込む。
・楽器のベルの先まで息を連続して入れていくイメージで吹奏する。

回答:五十嵐 清

Q:テナー・サックスを吹いています。今度演奏するアンサンブルの譜面にダブル・タンギングが出てきます。タンギングさえあまり得意じゃないのに、ダブルタンギングをできるようにするにはどんな練習をすればいいのでしょうか?(K・S/学生)

A:先ずそのフレーズ、リズムを口(言葉)で言うことは出来ますか?
しっかりと舌を動かして言えるようにしてみましょう。
次に、シングルタンギングでは出来ないのでしょうか?

息を次のブレスまでやフレーズの終わりまでしっかり安定して入れて下さい。
運指をしっかり練習して下さい。
「舌の動き」「息」「運指」が合うようにゆっくりから繰り返し練習して下さい。
ダブルタンギング「/Tu/ /Ku/ 」で/ku/が弱くならないよう、しっかり舌を動かして下さい。

回答:五十嵐 清

Q:中1でテナー・サックスを吹いているのですが、音をまっすぐ出すことができません。どうしたらよいですか。

A:アルトより楽器が大きく重いので、しっかりとストラップを調整して、口がマウスピースをくわえていかないように正しい姿勢にしてみて下さい。右手で持ていることがないようにするがポイントです。
マウスピース、リガチャ-、リードの付け方を調整してみて下さい。そして、下の要領でアンブシュアをチェックしてみて下さい。

・下唇を下歯に巻き、唇の両端を中央に向かって押すようにする。
・マウスピースを下唇の上に乗せ、上歯をマウスピースの上に乗せる。
・唇全体を中心に向けるようなイメージで少し締める。
・「イ」「エ」の口の形を作り、頬っぺたをそのままにして、口だけ「ウ」にする。
・マウスピースにどこからも同じバネのように均一の圧力が掛けられるように、唇の周りの筋肉を使い支える。噛むイメージにしないこと。

次に、

・口の中の容積を広げるように、喉を開く。
・かじかんだ手を暖める。温かい息を楽器に送り込む。
・楽器のベルの先まで息を連続して入れていくイメージで吹奏する。

頑張って下さい。

回答:五十嵐 清

Q:サックスに必要な練習はなんですか?(K・E/中学生)

A:他の質問でも関連のことがありますので、あわせて見て下さい。

1. ロングトーン:音の安定を目指す練習。
2.スケール:指の練習と音程感を養う練習。
3.タンギング:息のスピードや量などに注意して、舌先でリードと触れるように舌つきして、
音の形をしっかりさせる練習。
4.音域の拡大:どんな音域でも、一つ一つの音しっかり響かせられることを目指す練習。
5.フィンガリング:替指やクロスフィンガーなど指を早く動かす練習。

また、サクソフォーン・パートでの音色の統一、ハーモニーの練習など基礎的なパート練習も
すると良いと思います。

回答:五十嵐 清

Q:アルト・サックスしています。人を感動させる音ってどんな音ですか? あと音がきついのはどうすれば直りますか?(keiko/学生)

A:人を感動させる音は、自分の感じている「思いや情景」を素直に歌い上げるように、楽器を通してお客様に
伝えようとしている音と思います。一方通行でなく会話コミュニケーションがあることが感動してもらえる要素になると思います。

音がきつい時の注意点としては、以下のことをチェックしてみましょう。

・アタックが強すぎないか。
・口の中が狭くないか。
・マウスピースやリードを噛み過ぎでいないか。
・ただ息のスピードだけ上げていないか。

回答:五十嵐 清

Q:A.Saxの自主練習の方法を教えてください。

Q:初めまして。A.Saxをやってる高1の女です。ほぼ毎日自主練をしているのですが、なにをしたら良いのかわからないまま日々を過ごしています。一応ロングトーンを2、3本、タンギング等、主に基礎練をしてます。このままではいけないと思っているのですが・・・。アドバイス宜しくお願いします。(V/高校生)


A:毎日自主練習をされていることは素晴らしいことです。自分の成長や欠点は分からないので、先生や先輩に見て(聞いて)もらう。録音してチェックして見ることをお薦めします。

【基礎練習の項目】としては、

1.ロングトーン:アンブシュアーを変えずに、真っ直ぐな息で、「音量、音程、音色」が一定になるように練習する。

2.スケール:音域やアーティキュレーションが変化しても、一つ一つの音しっかり鳴らし、全ての音がまんべんなく響くように練習する。

3.タンギング:息のスピードや量などに注意して、舌先でリードと触れるように舌つきする。アンブシュアーが変化しないように音形に注意して練習する。スタッカートの練習もいれる。

4.音域の拡大:どんな音域でも、しっかりした息で、音色、音程、音量が一定になるように練習する。

5.フィンガリング:替指やクロスフィンガーなど指を早く動かすように練習する。

6.インターバル:跳躍音でも音程、音色、音量が不安定にならないように練習する。アンブシュアーが崩れないようにする。

【お薦め教則本】は以下のとおりです。

1.スケール集(阪口 新):メトロノームを使い、1日ごとに2つの長調と短調をアーティキュレーションを変えて行う。ロングトーンやアティキュレーション、ビブラートの練習にも使う
2.クローゼ:運指や替指、スラー、スタッカート、タンギング等のテクニック練習
3.ラクール:フレーズ、ブレス、テンポ、ダイナミックス、ビブラートの応用のエチュード

また、サクソフォーンパートでの音色の統一、ハーモニーの練習など基礎的なパート練習もすると良いと思います。

今の意気込みで頑張って下さい。絶対に上手くなりますよ。そして素晴らしい音色になることでしょう。

回答:五十嵐 清