カフェにお茶しに行くような感覚でクラシックを楽しもう!「下丸子クラシック・カフェ」Vol.2 出演:須川展也(7/23)

 

 このコンサートは平日午後の昼下がり、誰にも遠慮せず、気軽に近所のカフェにでも出 かけるように、生の音楽を楽しんでみたいというお客様の声から生まれたコンサートです。
異色の天才ピアニスト・山田武彦と、自身がピアノも習っているコンサート進行の才女・ 頼近美津子の楽しいおしゃべりで、全4回にわたってお楽しみいただくシリーズです。 マスターの人柄に惚れた“旬”のゲストが来店し、楽しくも熱いセッションが繰り広げ られます。
第2回目となる7月23日(月)のお客様は、世界的なサクソフォーン奏者・須川展也氏。友達をさそって、ぜひ、出かけてみてはいかが?

■下丸子クラシック・カフェ Vol.2 文月“クール・サマー”

【日時】2007年7月23日(月)14:00開演
【お客様】須川展也(サクソフォーン)
【会場】大田区民プラザ大ホール(東急多摩川線「下丸子駅前」)
【出演】カフェマスター:山田武彦(ピアノ)
常連マダム:頼近美津子(ご案内)
【曲目(予定)】クライスラー:愛の喜び、フランク:ヴァイオリン・ソナタより第1・2楽章 他
【入場料】全席指定 2,500円(お土産付き)
【主催】財団法人大田区文化振興協会 協賛:無添加焼菓子レリーサ
【制作】テレビマンユニオン

【問い合わせ】大田区民プラザ 03-3750-1611

■須川展也(Nobuya Sugawa)
東京芸術大学卒業。2つのサクソフォンコンクールにて首位を獲得しデビュー。1994年村松賞、出光音楽賞受賞。98年JTのCMに出演し人気を得る。年間公演数は約100公演。これまでに25枚超のCDをリリース。02年NHK連続テレビ小説『さくら』のテーマ曲を演奏。 国内だけでなく海外のオーケストラとの共演も多い。東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスターを務める。サクソフォン四重奏団トルヴェール・クヮルテットのメンバー。

http://www.sugawasax.com/

2007サクソフォン・スプリングセミナー in 北九州 受講生募集のお知らせ

 サクソフォン・スプリングセミナーが、2007年もまた北九州市立「玄海青年の家」で開催されます。音大生や音大受験生はもちろん、「趣味のサックスをもう少し上達させたい」方、「専門のトレーナーに教わったことがない吹奏楽部所属」の方、「レベルアップのこつが知りたい」方など、気軽なお気持ちでのご参加も大歓迎です。

「ソロ・コース」「グループ・コース」「ワンレッスン・コース」の3コースのなかから、お好きなコースを受講できます(聴講のみも可)。講師ミニ・コンサートや受講者発表会など充実のプログラム、内容豊富なレクチャー……万全の講師陣とスタッフがきめ細かくサポートいたしますので、確実なレベルアップを望めます。

野中貿易のリペアマンがお持ちいただいた楽器を無料で調整するほか、セルマーが誇る最新モデルなどを試奏できるのも、このセミナーの大きな魅力。あらゆる面で必ずご満足いただける4日間をお約束いたします。どうぞ、ふるってご参加ください。

【期日】2007年3月31日(土)~4月3日(火)※3泊4日

【会場】北九州市立 玄海青年の家

【受講コース】
●ソロ・コース=宿泊し4日間を通して参加の個人を対象
●グループ・コース(3名以上)=宿泊し4日間を通して参加のグループを対象
●ワンレッスン・コース=1時間のレッスンを受ける個人またはグループを対象
●聴講=個人またはグループを対象。すべてのレッスンを聴講できます

【参加費】
○ソロ・コース=40,000円
(4日間の受講費、宿泊・食費含む。交通費は含ず)
○グループ・コース=30,000円
(4日間の受講費、宿泊・食費含む。交通費は含まず)
○ワンレッスン・コース=10,000円
(1時間の受講料。交通費は含まず)
○聴講=5,000円
(1日の聴講料。交通費は含まず)

※ノナカサクソフォンフレンズ会員に対しては、特典として、ワンレッスン以外のコースは5,000円引き

【講師】
大城正司(サクソフォン、洗足学園音楽大学、くらしき作陽大学各講師)
江川良子(サクソフォン、フリー)
貝沼拓実(サクソフォン、クローバー・サクソフォン・クァルテット)
沼田良子(ピアノ)

【募集人員】20名程度
【対象】中学生、高校生、大学生、社会人
【募集期間】2007年1月9日から定員になり次第締め切り

【主催】サクソフォン・スプリングセミナー in 北九州実行委員会
【協賛】野中貿易株式会社
【協力】株式会社ノナカ
【後援】日本サクソフォン協会、北九州市、北九州市教育委員会

※上記の内容は諸事情により変更する場合もありますので、あらかじめご了承ください。また中・高生の参加には保護者承諾書が必要となります。

【お申し込み・お問い合わせ】

〒231-0011 横浜市中区太田町4-46
野中貿易株式会社「2007スプリングセミナー in 北九州」係
担当・久松(ひさまつ)
tel:045-226-5257(受付時間=月~金 10時~17時)fax:045-211-2444
E-mail:junichi.hisamatsu@nonaka.com

日本の作曲家・田中久美子が「ランベルサール国際吹奏楽作曲コンクール」のアルト・サクソフォーン協奏曲部門で1位を獲得!

コンクール最終審査。開始直前の2階席
審査員:左からピショロー氏、ドンデーヌ氏、ピエトル氏、クレパン氏

2006年10月22日(日)にフランスのランベルサールにおいて「ランベルサール国際吹奏楽作曲コンクール(Concours International de Composition pour Orchestre d’Harmonie a Lambersart)」の最終審査が行われた。

 今回は世界15カ国から30作品の応募があり、その中から吹奏楽部門3作品、サクソフォーン協奏曲部門2作品がこの日の最終審査に残ったが、その結果、サクソフォーン協奏曲部門において日本の田中久美子の「セドナ」が1位を獲得した。

右:サクソフォーンのダニエル・グルメン氏 中央:田中久美子 左:審査員のクロード・ピショロー氏

 ちなみに、タイトルの「セドナ」は、2004年3月にNASAによって発見された冥王星の外側にある矮小惑星。イヌイットの海の女神セドナにちなんでなずけられた。

 なお、田中久美子は香川県を拠点に活動している作曲家で、オランダのデハスケ社やフランスの出版社などからも吹奏楽曲や様々なアンサンブル、ソロ曲などを発表している。

■ランベルサール国際吹奏楽作曲コンクール
(Concours International de Composition pour
Orchestre d’Harmonie a Lambersart)

【主催】ランベルサール音楽連盟
(Association Generations Musicales de Lambersart)

【日時】2006年10月22日(日) 16:00
【会場】アンドレ・マルロー・ホール(Salle Andre Malraux)
【演奏】フランス機動憲兵隊軍楽隊
( Orchestre d’ Harmonie de la Gendarmerie Mobile)
【指揮】ミシェル・モワスロン大尉(Capitaine Michel Moisseron)
【サクソフォーン独奏】ダニエル・グルメル(Daniel Gremelle)

【審査委員長】デジレ・ドンデーヌ(作曲家/指揮者)
Desire Dondeyne
【審査委員】フランシス・ピエトル(フランス音楽連盟記者)
Francis Pietres

       アラン・クレパン(作曲家/指揮者)
Alain Crepin

       クロード・ピショロー(作曲家/指揮者)
Claude Pichaureau

※最終審査は、公開の演奏会形式で、作曲者名は匿名で行われた

◎吹奏楽部門

【1位】:Viana Andersen(ブラジル)

 作品タイトル:ULTIMO MOVIMENTO

【2位】:Jukka Viitasaari(フィンランド)

 作品タイトル:STRANGE DREAMS

【3位】:該当なし

◎アルト・サクソフォーン協奏曲部門

【1位】:Kumiko Tanaka(田中久美子/日本)

 作品タイトル:SEDNA(セドナ)

【2位】:該当なし

【3位】:Carlo Pirola(イタリア)

 作品タイトル:Concerto < SUPERPARTES >

サックス奏者・彦坂眞一郎がNHK「名曲リサイタル」に出演。この番組を生で観覧したい人は、往復ハガキで申し込むべし!

【番組名】NHK「名曲リサイタル」

【演奏】水谷川優子(チェロ) 彦坂 眞一郎(サックス)

【1】放送予定 
平成17年10月29日(土)  9:00~10:57(NHK FM全国放送)

【2】番組内容

 毎週木曜日にNHKの509スタジオで、約100人のお客様を招いて公開収録している音楽番組。 2組のアーティストにご出演いただき、前半と後半に分かれて、お話を交えながら演奏を披露していただく。司会に加羽沢美濃さんを迎え、毎月最終週に「出会いの音楽ノート」という新曲発表コーナーを収録するなど、今まで以上に音楽的な繋がりの深い内容でお送りする。
司会:加羽沢美濃(かばさわ みの・コンポーザーピアニスト)曽田孝NHKアナウンサー

【3】収録日

 平成17年9月29日(木)

 ※番組観覧希望の方へ
お一人様一通で往復はがきにお所、お名前、年齢、電話番号、希望日を書いて 〒150-8001 NHK放送センター「名曲リサイタル」の係まで、

 収録日の1週間前必着でお申し込み下さい。
なお、未就学児童は入場をお断りしておりますのでご了承下さい。

NHK「名曲リサイタル」 http://www.nhk.or.jp/meirisa/syuroku.html


彦坂 眞一郎 (Shin-ichirou Hikosaka) プロフィール

1982年東京芸術大学入学。85年安宅賞受賞。
1986年東京芸術大学を首席(管・打楽器において)卒業。
1988年CBSソニー、ザ・ニュー・アーティスト・オーディション’
1988においてFM東京賞およびクリスティーン・リード賞を受賞。
1989年東京芸術大学大学院修了。
1999年6月には東京オペラシティ文化財団主催の「B→C(ビー・トゥー・シー)」に出演し、好評を博す。

 人の心の内面を見つめるところから生み出されるその音色と音楽は、透明で力強い印象を持ち、デビュー以来多くの聴衆を魅了し続けている。また、自然法則および全ての人々に共通する感覚を追求するという立場は、本質と無関係な伝統や固定観念を認めないため、説得力のある指導者としても多くの支持を得ている。2003年11月より、ジャズのセッティングでのアプローチも積極的に行っており、フリージャズグループ「火星接近」をはじめ、多数のコンサートに出演し好評を博している。マイスター・ミュージックより、ソロアルバム「バラード」「ダンス」「ケクラン:エチュード」をリリース。また、大貫妙子、おおたか静流、フェビアン・レザ・パネらとのライヴやCDに参加。ソリストとしての活動の他、トルヴェール・クヮルテット(文化庁芸術祭レコード部門「大賞」受賞)のメンバーとしても活躍している。サクソフォーンを忠地美幸、中村均、前沢文敬、大室勇一の各氏に師事。現在、桐朋芸術短期大学の講師を務める

アルディ・サクソフォーン・クヮルテット結成15周年記念コンサート(12/1) 観客のノリによっては「アメージングな」何かが起こるかも・・・!?

コンサート当日、観客のノリによっては
「アメージングな」何かをやってくれるかも・・・!? 期待せよ

1990年の結成以降、精力的な活動を展開している「アルディ・サクソフォーン・クヮルテット」の結成15周年記念コンサート。
 委嘱初演の曲あり、スタンダードナンバーありの多彩なプログラムとなっています。
 今回は全国ツアーの最終日でもあり、また11月24日には通算4枚目となるCD「アメージング・グレース」が発売されるということもあって、相当スペシャルな演奏会になること間違いなし! 観客のノリによっては「アメージングな」何かをやってくれるかも・・・!?
 一度聴いたらクセになる暖かく煌びやかなアルディ・サウンドを、この機会に体験するべし!! 

【結成15周年記念コンサート】

日時:2004年12月1日(水)
開場18:30、開演19:00
会場:横浜みなとみらいホール 小ホール
交通手段 :みなとみらい駅(みなとみらい線)徒歩3分、他
料金:3,000円(全席自由)

【プログラム】
J.B.サンジュレー:四重奏曲第1番
名倉明子:Reminiscence(委嘱初演)
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番より「プレリュード」
J.S.バッハ:G線上のアリア
J.パッヘルベル:カノン
C.ドビュッシー:喜びの島
M.ラヴェル:ソナチネ

【チケット取り扱い】
チケットぴあ tel 0570-02-9990/0570-02-9999
ヤマハアトリエ東京 tel 03-3574-0619

アルディ・サクソフォーン・クヮルテットHP
http://www.h5.dion.ne.jp/~hardi-90/index.html

アルディ・サクソフォーン・クヮルテット プロフィール
1990年東京芸術大学の同期生4人で結成。1994年6月東京・葛飾シンフォニーヒルズ・ アイリスホールにてデビューリサイタルを開催。
第6回宝塚ベガ音楽コンクール室内楽部門 第3位受賞(1位なし)。現在、全国各地でコンサート活動をしている。
2000年7月、第12回ワールドサクソフォーンコングレス(カナダ・モントリオール)に出演。
2000年10月、東京カザルスホールにて結成10周年記念リサイタルを開催。

須川展也&東京佼成ウインドオーケストラ ライブ2004【DVD】予約特典・・・抽選で10名様に“持ってるだけで上達するかも?”須川展也の直筆サインをプレゼント!

演奏家同士の呼吸、アイ・コンタクト、インタープレイ・・・
それがソロの中にも生きているんです——須川展也

 2004年1月にサントリー・ホールを満員にした、須川展也デビュー20周年を記念したスーパー・コンサート。5月にSACD/CDハイブリッド盤として登場したライブのDVD版が、ついに登場します。
DVD版は、その言葉通りに、東京佼成ウインドオーケストラのメンバーとの絶妙な呼吸の中から、音楽が生動していく瞬間をとらえたドキュメンタリー。また、20年の思いを語った曲間でのコメントや、ボーナストラックとしてインタビューも収録しています。間違いなく、現在の日本を代表するトップ・プレーヤーでありながら、その飾らない気さくな人柄が、言葉の端々にうかがうことができる、まさに須川展也の”今”を完全収録した永久保存版です


【須川展也&東京佼成ウインドオーケストラ ライブ2004【DVD】

■発売元:佼成出版社
■価格:3,990円(税込)

■BPショップでDVDを予約する>>>
予約特典・・・抽選で10名様に“持ってるだけで上達するかも?”須川展也の直筆サインをプレゼント

【収録曲】

1. アルメニアン・ダンス パート1/A.リード
2. サクソフォーン協奏曲/ A. グラズノフ/ 仲田 守
3. エスクヮロ/A.ピアソラ 編曲:啼鵬
4. オブリヴィオン/A.ピアソラ 編曲:啼鵬
5. リベルタンゴ/A.ピアソラ 編曲:啼鵬
6. ア・ソング・フォー・ユー/L.ラッセル 編曲:星出尚志
7. グラナダ/A.ララ 編曲:森田一浩
8. 「追憶」のテーマ/M.ハムリッシュ 編曲:浦田健次郎
9. イエ・バンクスとボニー・ドゥーンの川のほとり/P.グレンジャー
10. アメイジング・グレイス/Traditional
11. 須川展也インタビュー(ボーナス・トラック)

■SACD/CD版とは一部曲目が異なります。
■2004年1月31日 サントリー・ホールで収録】

 

Q:メンタル面が弱くて、先輩がいないと合奏で緊張してしまう

Q:私は高2でアルト・サックスをやっています!
吹奏楽部に入ったのは、高1の4月からなんですが、
なかなか指が速く動きません。
それに、メンタル面がすごく弱くて、
先輩がいないと合奏で緊張してしまいます。
どうしたらいいですか?
よろしくお願いします!(yuri)


A:自分の足りない点を克服しようと頑張っていますね。

指を速く動かすために、各調のスケールと半音階練習を、ゆっくりから一音ごとに息と指をていねいに合わせていく。楽器がなくても、指練習は音名を歌いながらシャドーでやってもいいですね。

次にメンタル面は、練習をしっかり納得するまでやって、考えながら演奏しているから、音楽を感じて自信をもって演奏することです。そして、自分の音を他パートの仲間たちと一緒に合わせ奏でる喜びを感じてみて下さい。
同じ目標をもった支え合う仲間がいるので安心して、練習したことを表現して下さい。
1(人)+1(人)=2(人)ではなく、答えは10(人)それ以上の無限大の可能性が、音楽合奏にはあります。それが音楽の魅力です。

仲間を信じて・・・一人ではありません!

回答:五十嵐 清

Q:ロングトーンの音の揺れをなおしたい

Q:私は、中学1年生で吹奏楽部に入っています。
アルトサックス(自分の)を吹いてます!
楽譜の読み方は分からないし音楽おんちでした。

でも、4月からずーっと夏休みもほとんど毎日やって、
上達してきました。

でも、最近ロングトーンをやると音がゆれるんです。
何拍やってもゆれてしまいます。
そのせいで一人で違う部屋でやらされて、
曲練ができないまま練習が終わってしまいます。

先輩にどうしたらいいのか聞いても
「知らない。自分でどうにかしろ」
と言われます。

改善方法が分からず、
長引くと「早くしろ。迷惑かかる!!」
と責められる一方です。

それで落ち込んでたら
「ヤル気あるの!?!」「態度悪い。」
など言ってくるし、

先生に相談しても
「(先輩は)そんなこと言うやつじゃない」
と言うし・・・。

どうしたら音はゆれないのでしょうか?

それと、肺活量の問題でもあると聞きました。
肺活量の付け方も教えてください!
お願いします!!(PN:My楽器)


A:My楽器(○○ちゃん?というニックネームがありますよね)と

一緒に毎日音楽をしているのですね。
買って頂いた保護者の方に感謝して大切に使ってくださいね。

上達してきたこと、すごいし、うれしいですね。

ロングトーンで音の揺れがあるとのこと。
原因として次のことが考えられます。

1. 楽器とマウスピースとリードとリガチャーのセッティングの不具合

 【対処法】大切なのはリガチャーをきつく締め付けない。

2. 楽器の構え方

 【対処法】ストラップを調節して楽器マウスピースを自分の口に持っていく。

3. 息の吸い方、出し方などコントロールの問題

 【対処法】大きくゆっくり沢山息を吸って、そのまま少し保ち、その後ゆっくりはき出す。
この時、のど、唇、指をはじめ身体に過度の力を入れない。
音を出して、良いと思った音、納得できた音が出たときに、
構え、アンブシュッアをそのまま(要はマウスピースをくわえたまま)にして、
鼻から呼吸をして、良い状態を維持して何回の音を出す。
感覚が身についたら、口からの正常な呼吸に戻し、何回もロングトーンをする。

絶対音揺れは克服できます!
今はただ一所懸命に練習することだけです。
トンネルは出口があります!

回答:五十嵐 清

Q:安定した音が出せない

Q:私は今、学校の吹奏楽部でテナー・サックスをしています。3年間もしているのに最近よく唇がふるえるんです。そのせいで音が安定しません。どういった練習をすればいいですか?教えてください。(中3のためこ)


A:中学時代をテナー・サックスと一緒に過しているのですね。

楽器の奏法は奥深いので、これから「上手くなる→悩む」を繰り返していってサックスの魅力に取りつかれていくことでしょう。

 さて、音が安定しないことが今の悩みのようですね。
まず、管楽器は息を使って音を出す為、息のコントロールがスムーズにできる事が大切です。

「空気」を充分と吸い「息」に変換したのち、意思のある安定した「息」を楽器の吹き込めるような姿勢と呼吸方法が必要となります。

 次に、アンブシュアーのチェックをしてください。

・マウスピースとネック(マウスピースを付けた状態で、ネックの
コルクが3/4程度隠れる)で、
実音Eの音が出ていることをチェックしてください。

・マウスピースをくわえる位置は、マウスピースとリードを横から見て、両者が離れる点より下唇を深く入らないように注意して下さい。

・口の形は「/イ/」と「/エ/」を同時に発音した状態にして下さい。

・下唇を下歯に少し巻き、口にマウスピースを置く感覚で挿入し、上歯でマウスピースを固定し、頬っぺたの状態を保持して、口の形だけを「/ウ/」に変換し、唇全体を中心に向けるニュアンスで少し締めてください。(噛むニュアンスではありません)

そして、演奏姿勢をチェックして下さい。

・足を肩幅に広げ、リラックスして起立した状態をつくってください。

・マウスピースが自然に口の高さになるように、ストラップを調整して首が曲がらないよう、アンブシュアーチェック得たマウスピースの角度になるようにします。さらに、右手親指に極端に重みが掛からないようにストラップを調節してください。

・左手の親指は、オクターブキーを常に触れているようにしてください。

・左右どちらの手も、普段演奏に必要のないサイドキーに触れないよう丸みをもってセットしましょう。

 これで準備完了です。
後は、ロングトーンで色々な音域の音を吹奏してください。

きっと安定した美しい音色が奏でられますよ。

回答:五十嵐 清

Q:音量アップのための練習法

Q:サックスを吹いてる中学3年です。私の学校のサックス・パートはいつも音が小さいや音が鋭いなど言われるのですが、音量アップのための練習法や鋭い音を出さないようにする練習法がわからなくて困っています。どうしたらいいでしょうか?(サックス吹き)致します。(バス・トロンボーンさん)


3年生になりパートをまとめる立場になったのですね。では、練習を以下のことを参考に行ってみてください。

1.基本事項の確認

 まずマウスピースとリガチャーとリードのセットの仕方をチェックして下さい。
セットした状態で目の位置で見て、マウスピースの先端の暗い部分がリードから髪の毛1本ぐらい見えるぐらいが基準です。リードが薄く「平たいビービー」とした音がするときは、上に(黒い部分が見えなくなる)。逆にリードが厚く「苦しい硬い」音がするときは、下に(黒い部分がやや多く見える)ようにしてみて下さい。そして、リガチャーはリードが削られている部分の直線位置より1mm程度のところに取り付け、ネジは締め付けない様にして下さい。

 次に、/イ/と/エ/の中間の口の形にして、口の中だけ/ウ/にしながら、唇全体を中心に集中していくイメージで軽く締めていく。

 そして、空気を沢山吸い込み、スピードなどをコントロールしながら、「温かい息」(手を温める)息を胸を大きく広げていくイメージで《楽器の先端にまで吹き込む。》空気を吸う時は蕎麦を啜るように音を立てないようにして下さい。

 最後に、アタック(音の出だし)時の発音に注意し、コア(芯・鳴り)が出るように息をコントロールし、リリース(音の処理・響き)を明確にして音色や音形をイメージしたものにしていく。

2.音量アップメニュー

 一音8拍ロングトーンでスケール練習しながらダイナミックスの変化をさせて練習する。
mf、f、pで安定した音。f→p、p→f、f→p→f、p→f→pとなるようにデクレシェンド、クレッシェンドをしていく練習をして下さい。

3.タンギングメニュー

 上記の「楽器の先端にまで息を吹き込む」状態で、舌だけ、息だけ、息と舌両方の3種類のタンギング練習をする。

 きっとパートの音が充実してきますよ。頑張ってトライして下さい。

回答:五十嵐 清