「perc」タグアーカイブ

■グラミー賞にも4度ノミネート! スピリチュアルなパーカッシヨン・アンサンブル「タンブッコ」の新作CD「大地のにおい」が発売

グラミー賞にも4度ノミネートされたスピリチュアルなパーカッシヨン・アンサンブル「タンブッコ」の新作CD「大地のにおい」がマイスター・ミュージックより発売された。

収録曲はスティーヴ・ライヒの「マレット・クァルテット」やモーリス・ラヴェルの「弦楽四重奏曲より2楽章 マリンバ四重奏版」など、全5曲。詳細などはいかのとおり。

■大地のにおい
タンブッコ

・演奏:タンブッコ(Tambuco)
リカルド・ガヤルド(Ricald Gallardo)
アルフレド・ブリンガス(Alfredo Brings)
ラウル・トゥドン(Raul Tudon)
ミゲル・ゴンザレス(Miguel Gonzalez)

・発売元:マイスター・ミュージック(Meister Music)
・発売年:2018年

【収録曲】

  1. マレット・クァルテット/スティーヴ・ライヒ

  2. 夜の訪れ/エクトル・インファンソン

  3. サウンド サウンド IV/松尾祐孝

  4. 弦楽四重奏曲より2楽章 マリンバ四重奏版/モーリス・ラヴェル

  5. 大地のにおい/トリスタン・コエーリョ

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4382/

■kuniko kato arts projects inc. percussion days sagamiko(5月3日)

年目の開催になるinc.percussion days 2018 in 相模湖。
今回のテーマは「DUO PERFORMANCE!」パーカッションやマリンバデュオだけでなく、弦楽 器、管楽器、ピアノや歌など、他の楽器と共演してみよう。楽器は叩いて音が出るものばかりじゃ ない。吹く、こする、指で奏でる、すべての音は身体から生まれ、音楽は人間が創造するもの。 緑あふれる自然の中で、素晴らしい響きを全身に浴びて、のびのび演奏しよう!

日時 : 2018年5月3日(水) 開場 13:00 、開演 19:00
会場 : 神奈川県相模湖交流センター
交通手段 : 車、JR
料金 : ONE DAY PASS 4000円 | ALL DAY PASS 8000円 | inc.event 各1500円
曲目 :
M. ブリット – Caritas (1995) ・三神絵里子 – ハンドパン演奏 湯山昭 – Divertiment for Marimba and Alto Saxphone(1976) J.S.バッハ – フーガ BWV1001 (1720)
末吉保雄 – Mirage (1971) ・服部和彦 – Mizar (2003) 今井 明香 – silence yelling (2013)

問合せ :

担当者 kuniko kato
TEL 080-5075-5038
E-Mail inc@kuniko-kato.net
HomePage http://website:www.kuniko-kato.net/ja/inc/

■kuniko kato arts project inc. percussion days 2018 hiroshima(3月24日)

ARTIST INCUBATION PROGRAM by kuniko kato arts project
inc.は、パーカッショニスト加籐訓子のアーティスティックディレクションの下、プロを目指す若手アーティストを支援・育成するプログラムです。 西日本の打楽器・現代音楽シーンを見つめつつ、今私たちができることは何か。一つでもできること、それを勇気をもって形(リサイタル、コンサート)にしてみる。演者も聴衆も感じたことを口にしてみる。その場で様々な意見を交わし、互いに触発し合う。皆さんと共にチャレンジングな若者を応援するプロジェクトです。広島大学の協力を得て、4日間に渡り西日本で実施する最初の inc. percussion days となります。

日時 : 2018年3月24日(土) 開場 13:00 、開演 13:00
会場 : 広島大学&JMSアステールプラザ
交通手段 : 車、電車
料金 : 3500円 コンサート
曲目 : Kee-Yong Chong B.A.Zimmerman (viola solo)、
権代敦彦:Liebster juse wir sind hier etc.

問合せ :

担当者 kuniko kato arts project
TEL 080-5075-5038
E-Mail inc@kuniko-kato.net
HomePage http://www.kuniko-kato.net/ja/inc

■ノース・テキサス・ウインド・シンフォニーのCD「コンタクト」が発売

ユージン・コーポロン指揮、ノース・テキサス・ウインド・シンフォニーの人気シリーズ第12弾。収録曲は、ジェニファー・ヒグドンの「打楽器協奏曲」や安倍圭子の「プリズム・ラプソディ II~2台のマリンバのための」など、今回は打楽器にスポットを当てた作品が並ぶ。詳細などは以下のとおり。

■コンタクト 
ノース・テキサス・ウインド・シンフォニー

・演奏:ノース・テキサス・ウインド・シンフォニー(North Texas Wind Symphony)
・指揮:ユージン・コーポロン(Eugene Migliaro Corporon)
・打楽器:マーク・フォード(Mark Ford)
・マリンバ:
マーク・フォード(Mark Ford)
ポール・レニック(Paul Rennick)
サンディ・レニック(Sandi Rennick)
安倍圭子(Keiko Abe)
・発売元:GIAパブリッシング(GIA Publishing)
・発売年:2018年

【収録曲】

  1. ステューバーニック幻想曲/マーク・フォード 【13:04】
    Stubernic Fantasy/Mark Ford

  2. マリンバのための室内交響曲 第1番/ダニエル・マッカーシー 【16:03】
    Chamber Symphony No. 1 for Marimba and Winds/Daniel McCarthy
    ディア・ハンティング・イン・ミシガン Deer Hunting in Michigan 【4:07】
    ハーモニック・リズム Harmonic Rhythms 【4:33】
    ザ・スタッフ・アドヴェンチャー The Stuff of Adventure 【7:23】

  3. プリズム・ラプソディ II ~2台のマリンバのための/安倍圭子 【15:54】
    Prism Rhapsody II/Keiko Abe

  4. 打楽器協奏曲/ジェニファー・ヒグドン 【25:21】
    Percussion Concerto/Jennifer Higdon

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4339/

■Percussion Duo B&B 浜松公演(2月17日)

「打楽器って面白い!」「打楽器ってカッコいい!」「打楽器って美しい!」などなど、
打楽器の魅力を存分に味わっていただけるようなプログラムをご用意しました!
目からウロコ、耳からウロコな打楽器の世界をお楽しみください!

日時 : 2018年2月17日(土) 開場 18:00 、開演 18:30
会場 : アクトシティ浜松 音楽工房ホール
交通手段 : 浜松駅より徒歩10分
料金 : 一般 1500円 学生 1000円 未就学児入場不可
曲目 :
イタリア協奏曲BMV971 第1楽章 第3楽章/ヨハン・セバスチャン・バッハ
ジブリ・メドレー/久石譲
ダンス・オブ・ザ・ドラムス/ジーン・コシンスキー
マリンバ・スピリチュアル2/三木稔
三つの幻奏詩/野々村俊輔 世界初演 他
問合せ :

担当者 野々村俊輔
TEL 09065951540
E-Mail Percussionduobb@gmail.com

■上野信一 ティンパニ リサイタル2017(12月17日)

マルチ・パーカッショニスト上野信一のティンパニ・リサイタルが12月17日(日)にヤマハ銀座スタジオで開催される。プログラムは、エリオット・カーターの「8つのティンパニのための小品より」、松下功の「オプティカル・タイム」ほか。

詳細などは以下のとおり

■上野信一 ティンパニ リサイタル2017

【日時】2017年12月17日 (日)15:30開場/16:00開演
【会場】ヤマハ銀座スタジオ(ヤマハ銀座店内)
【料金】一般:3500円、学生:¥2000円(全席自由)

【チケット】
カンフェッティ
http://confetti-web.com
0120-240-540(平日10:00~18:00)

フォニックス・プロモート
infophonix2014@gmail.com

【プログラム】
○エリオット・カーター:8つのティンパニのための小品より
~サエタ・モト・ペルペディオ レシタチブ 等
Elliott Carter: from Eight Pieces for Four Timpani

○フィリップ・ボアヴァン:ドミノIII.
Philippe Boivin: Domino III pour Timbales

○一柳慧:リズム・グラデーション
Ichiyanagi Toshi: Rhythm Gradation

○松下功:オプティカル・タイム
Isao Matsushita: Optical Time

○岸野末利加:淡彩の庭 III
Marika Kishino Monochromer Garten III

○ジョン・ササス:プラネット・ダムネーション ティンパニとオーケストラ
(デジタル・オーディオを伴ったソロ・ヴァージョン)
John Psathas: Planet Damnation Timpani and Orchestra (Solo Version with Digital Audio)

※曲目は変更の可能性があります。ご了承ください。

【主催・問い合わせ】フォニックス infophonix2014@gmail.com
http://phonix.nows.jp/shinitiueno_website/top_2.html

■會田瑞樹と五線紙上の恋人たち(12月5日)

2017年12月、打楽器奏者會田瑞樹サードアルバム発売記念。仲間たちと奏でる音楽の祝祭。入場料なんと1000円!

日時 : 2017年12月5日(火) 開場 19:00 、開演 21:00
会場 : 杉並公会堂小ホール
交通手段 : JR荻窪駅より徒歩5分
料金 : 1000円
曲目 :
薮田翔一 + 會田瑞樹《五線紙上の恋人》(舞台版初演)
薮田翔一 + 會田瑞樹《時代は独裁者を求める》(初演)
薮田翔一《師走 ~祈りの森より~》(初演)
清水一徹《PARVIS》(初演)
久木山直《La Folia》(三重奏版)
木下正道《灰.灰たち..灰…Ⅳ》
末吉保雄《トランペットとヴィブラフォンによるコレスポンダンスⅩⅡ …”遠くから/遠くへ”のためのレリーフ・マップ…》
J.S.バッハ(白藤淳一編曲)《フーガイ短調 BWV543から》
問合せ :

担当者 會田瑞樹
E-Mail mizu.vibraphone@gmail.com
HomePage http://mizukiaita.tabigeinin.com

■佐々木達夫、野口道子、名倉誠人、中田麦など4人のマリンバ奏者を中心としたアンサンブルCD「BACK to BACH ~マリンバによるバッハの調べ」が発売

佐々木達夫、野口道子、名倉誠人、中田麦などアメリカやヨーロッパなど世界を舞台に躍動的な活躍を広げる4人のマリンバ奏者を中心に録音されたアンサンブルCD「BACK to BACH ~マリンバによるバッハの調べ」がコジマ録音より発売された。

収録されているのは、「トッカータとフーガ ニ短調」や「主よ、人の望みの喜びよ」など、全てがJ.S.バッハ作品。「木琴」の原点を、バッハに立ち戻って見つめるアルバムとなっている。

■BACK to BACH ~マリンバによるバッハの調べ

・演奏:佐々木達夫、野口道子、名倉誠人、中田麦 ほか
・発売元:コジマ録音
・発売年:2017年

【収録曲】

■作曲:ヨハン・セバスティアン・バッハ【全曲】

  1. トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565/arr. 野口道子 【8:54】
  2. アリア 管弦楽組曲第3番 BWV 1068 より/arr. 野口道子 【4:56】
  3. 小フーガ ト短調 BWV 578/arr. 野口道子 【3:32】
  4. プレリュード リュート組曲 BWV 997 より/arr. 野口道子 【3:16】
  5. リュートのための前奏曲 ハ短調 BWV 999 【2:16】
  6. 主よ、人の望みの喜びよ カンタータ≪心と口と行いと生活で≫BWV 147 より/arr. 野口道子 【3:19】
  7. アレグロ ≪ブランデンブルグ協奏曲≫第6番 BWV 1051より 第3楽章/arr. 野口道子 【5:28】
  8. 幻想曲とフーガ ト短調 BWV 542 幻想曲/arr. 野口道子 【:】
  9. 幻想曲とフーガ ト短調 BWV 542 フーガ/arr. 野口道子 【:】
  10. アリア「憐れみ給え、わが神よ」 ≪マタイ受難曲≫BWV 244 第39曲/arr. 野口道子 【6:35】
  11. ジーグ風フーガ ト長調 BWV 577/arr. 野口道子 【2:41】
  12. 3声のリチェルカーレ ≪音楽の捧げもの≫BWV 1079 より/arr. 野口道子 【5:26】
  13. バディネリ 管弦楽組曲第2番 BWV 1067 より/arr. 野口道子 【1:25】
  14. 羊は安らかに草を食み ≪狩のカンタータ≫BWV 208/arr. 野口道子 【4:38】

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4305/

■會田瑞樹ヴィブラフォンソロリサイタル2017 ~はじまりの場所で(10月26日)

會田がこれまでに初演してきた作品は日本の現代音楽シーンをそのまま象徴するような多様性に満ちている。大家から新鋭まで分け隔てなく常に紹介し続ける姿勢はこれまでの打楽器音楽の前例にはなかった行動として注目を集めている。此の度のリサイタルも、委嘱作曲家として戦中世代の作曲家として最高齢の旗手のひとりである間宮芳生氏、ドイツを拠点に活躍し続ける稲森安太己氏、音を視るコンセプトをかがけポップな毒性をはらむ女流山根明季子氏、堅実に一作一作を重ね独自の闇の表現に到達する清水一徹氏を迎えて、世代間の創作の姿勢の変遷、さらにヴィブラフォン音楽の多彩な魅力を伝える。同時に、自らが初演した作品の再演を徹底的に掘り下げる事を會田は常に意識している。今回も薮田翔一、湯浅譲二、権代敦彦各氏の再演を重ね、作品の深い魅力に激しく迫る。

日時 : 2017年10月26日(木) 開場 18:30 、開演 19:00
会場 : 杉並公会堂小ホール
交通手段 : JR荻窪駅より徒歩5分
料金 : ¥2000(学生¥1000)
曲目 :
間宮芳生:Music for Vibraphone and Marimba(委嘱新作)
清水一徹:カメラ・オブスクラ(委嘱新作)
山根明季子:グリッターパターン2(委嘱新作)
稲森安太己:花束(委嘱新作)
湯浅譲二:ヴァイブローカス
権代敦彦:光のヴァイブレーション
薮田翔一:Billow2
問合せ :

担当者 事務局
TEL 08060081297
E-Mail mizu.vibraphone@gmail.com
HomePage http://mizukiaita.tabigeinin.com

■横浜国立大学吹奏楽団 第3回打楽器コンサート(9月17日)

打楽器の様々な魅力を知っていただけるプログラムを取り揃えています。打楽器に詳しい方も、そうでない方も是非お誘い合わせの上ご来場ください!お客様のご来場をこころよりお待ちしております!!!

日時 : 2017年9月17日(日) 開場 17:00 、開演 17:30
会場 : 横浜市南公会堂
交通手段 : 横浜駅より電車16分
市営地下鉄「阪東橋駅」降車 徒歩5分
京浜急行「黄金町駅」降車 徒歩9分
料金 : 無料
曲目 :
第一部 オリジナルステージ
Celestial Anthology ~Cepheus~(野本洋介)
ジャンヌ・ダルク(J.Grasstail)
Boom(Terry Longshore & Brett Reed)など

第二部 エンターテイメントステージ
星に願いを(Leigh Harline)など

第三部 クラシックステージ
きらきら星変奏曲(W.A.Mozart/高山和己編)
「カルメン組曲」より(G.Bizet/高山和己編)
問合せ :

担当者 大山茉依
TEL 090-1256-6705
E-Mail no-email@gmail.com
HomePage https://ynusb-percussion.jimdo.com