オットー・M・シュヴァルツ作品集 ~ムンドゥス・ノーヴス(新世界の発見)…注目曲は“活版印刷技術”のシステムを作り上げたグーテンベルクをテーマとした「ヨハネス・グーテンベルク」

 「ノストラダムス」のセンセーショナルな登場につづき、「ドラゴン・ファイト」が大ブレーク!その後も「モンブラン」、「モンテ・クリフト伯」、「ホワイト・タワー」など、ヒット作を連発し、「アンネの日記」で新境地を開いたオーストリアの作曲家オットー・M・シュヴァルツの作品集!

 内容充実!シュヴァルツ・ファンには何とも堪えられないアルバムとなっているが、中でも注目したいのは、1曲目収録の『ヨハネス・グーテンベルク』だ!

 火薬や羅針盤と並んで“ルネサンス3大発明”とされる“活版印刷技術”をシステムとして完成させ、“セカンド・ミレニウム(第2千年紀)の人”の1人に数えられるドイツ人ヨハネス・グーテンベルク(1398~1468)をテーマに書かれた活力ある作品で、2013年に創立60周年を迎えた同じくドイツのラインラント・プファルツ州警察吹奏楽団の記念作として作曲された。

 この偉人を称えるようにキラキラと輝くイントロのあと、音楽は歴史の歯車を逆転させ、15世紀ドイツのマインツに立ったヨハネス・グーテンベルクがさまざまなアイディアをめぐらせ、発展させていく姿を描いていく。その後、時が静かに流れるようなゆったりとした中間部が歌われながら音楽は現代に近づき、世の中を変えてしまったグーテンベルクの印刷技術がさらに発展する様を描くように音楽はスピード感豊かに展開していく。

 作品は、この偉人に対するオマージュであり、このCDでは、作品を委嘱し、初演したラインラント・プファルツ州警察吹奏楽団のすばらしい演奏で愉しめる!

 4曲目に収録されている『ファンファーレ・フォー・ザ・チャンピオンズ』は、シュヴァルツがウィンド・ミュージックの世界で活躍するきっかけとなった「ノストラダムス」を初演したオーストリアのランデック市吹奏楽団(Stadtkapelle Landeck)の375周年記念作として作曲されたウィンド・オーケストラのためファンファーレだ。

 2分強の作品ながら、ウィンド・オーケストラ全体が躍動し、とてもインパクトがある。演奏者も聴衆もその世界に一気に引き込まれる要注目の作品だ!

 とにかく、カッコいいのがいい!!

 作品集CDだけに、タイトル曲の『ムンドゥス・ノーヴス~新世界の発見』のほか、大ヒットとなった『アンネの日記』『 ホームランド~アルプスのリフレクション』など、シュヴァルツのエッセンスがギッシリ!

 ヨーロッパで大人気!!

 オットー・M・シュヴァルツの世界に浸りたいファンには、見逃せないアルバムだ!

■このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3175/

■オットー・M・シュヴァルツ作品集
~ムンドゥス・ノーヴス(新世界の発見)

・演奏団体:オランダ王国陸軍バンド“ヨハン・ヴィレム・フジョー”他
・発売元:ミトローパ(Mitropa)
・発売年:2014年

【収録曲】
作曲:オットー・M・シュヴァルツ(Otto M. Schwarz)【全曲】

1. ヨハネス・グーテンベルク 【8:19】
2. アンネの日記 【13:15】
3. ムンドゥス・ノーヴス~新世界の発見 【14:00】
4. ファンファーレ・フォー・ザ・チャンピオンズ 【2:05】
5. ホームランド~アルプスのリフレクション 【13:25】
6. ニュークリア―・パワー~差し迫る危険 【8:54】
7. ブラッスリー(ブラス・クインテットとコンサート・バンドのための) 【9:45
8. グルーヴ・マシン 【4:09】

■このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3175/

■オットー・M・シュヴァルツの楽譜、作品集CD
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000526/

ホームランド~アルプスのリフレクション(作曲:オットー・M・シュヴァルツ)…音楽の中からさまざまな自然の情景が浮かび上がってくる印象的な作品だ

 「ノストラダムス」や「ドラゴン・ファイト」で大ブレーク!「アンネの日記」が大きな話題を呼んだオットー・M・シュヴァルツの、オーストリア・アルプスの豊かな自然をトリビュートしたすばらしい作品です。

 2013年の作品で、多くの動植物や千年氷河の景観などが自然のままに保護されているオーストリアのホーエタウエルン国立公園(Nationalpark Hohe Tauern)の100周年記念委嘱作として作曲され、“アルプスのリフレクション”という副題も付けられています。

 作品を委嘱したホーエタウエルン国立公園は、ザルツブルグ州、ケルンテン州、チロル州の3つの州にまたがり、およそ18万ヘクタールの広大なエリアを含みます。

 インターネット上には、その美しい自然を伝える写真や動画が数多くアップロードされていますので、曲を聴く前や演奏する前にそれらを見ておけば、この地を実際に訪れずとも、シュヴァルツの音楽が描く情景をイメージすることができます。

 音楽は、単一楽章で書かれています。

導入部は、アンダンティーノ。サスペンデッド・シンバルやレインメーカー、ハープなどが作り出す効果音にのって、有名なクリムル滝の水しぶきや情景が描写されます。

 主部に入ると、木管楽器の分散和音の中、トランペットがリードする雄大なテーマが現われます。この印象的なテーマは、ホーエタウエルン国立公園の雄大さを表し、曲中、何度も使われます。ついで別のテーマが、世界初の国立公園となったアメリカのイエローストーンなどの先輩格の国立公園の偉業をリスペクトし、やがてトランペットのテーマを再現。音楽の舞台はホーエタウエルンへと戻ります。

 つづく、フリー・イン・タイムの“アルプスの雰囲気(Alpine ambience)”に入ると、レインメーカー、バード・ホイッスル、カウベルなどが活躍。アルプスの山々の雰囲気を演出します。その静けさの中、代わる代わる現れるホルンやフリューゲルホーン、クラリネット、フルートなどのソロやデュエットは、まさしく、この音楽の聴かせどころとなっています。

 この癒しと安らぎのときは、やがてブリッジのように演奏されるクラリネットのカデンツァをへて、アジタートの緊迫感を伴う激しい音楽へ移ります。ここでは、アルプスに生息する若いアイベックスたちの戦う姿が表されます。

 音楽は、その後、雄大なテーマを再現。それはパート間を受け渡されながら発展し、グランディオーソで大きく歌い上げられて曲を閉じます。

 曲名『ホームランド(Homeland)』は、“ふるさと”“故郷”“家郷”という意味をもっています。

 雪を頂くアルプスの峰々が連なり、ヨーロッパで最も美しい場所の1つに数えられるこのエリアは、オーストリアに暮らす作曲者にとって、まさしく心の“故郷”!

 音楽の中からさまざまな自然の情景が浮かび上がってくる、とても印象的な作品です。

■Homeland – An Alpine Reflexion

・グレード:4
・作曲:オットー・M・シュヴァルツ (Otto M. Schwarz)
・TIME:13分25秒
・出版:ミトローパ(Mitropa)

【この楽譜の詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-0269/

■ホームランド
シンフォニック・ウィンズ・チロル

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3144/

【その他のオットー・M・シュヴァルツ (Otto M. Schwarz) 作品】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000526/

オットー・M・シュヴァルツ作品集~シンフォニック・ディメンションズ…シュヴァルツお気に入りの吹奏楽オリジナルをオーケストラ版としてレコーディング!

 「ノストラダムス」でその名を知られ、「ドラゴン・ファイト」で大ブレーク!その後も「モンブラン」、「モンテ・クリスト伯」、「ホワイト・タワー」など、ヒット作を連発!「アンネの日記」で新境地を開いたオーストリアの作曲家オットー・M・シュヴァルツ!

このアルバムは、シュヴァルツがコンサート・バンド(吹奏楽)のために作曲した自身のオリジナルから特にお気に入りの作品をピックアップし、あらためてシンフォニー・オーケストラでレコーディングした、とても内容の濃いセルフ・プロダクツ・アルバムだ!

 吹奏楽作品の発表を始める前、すでに映画や放送のためのコマーシャル・ミュージックの分野で大活躍していた作曲家だけに、いつかはぜひとも実現したいと考えていたCDだ。

 演奏者は、スロヴァキアの首都ブラティスラヴァを本拠とするブラティスラヴァ交響楽団で、指揮はスペイン出身のデヴィッド・ヘルナンド・リコ。このオーケストラの創設指揮者でもあり、見事と言っていいくらい息のあったすばらしい演奏を聴かせてくれる!

 収録作品は、フランスの小説家ジュール・ベルヌの同名の冒険小説からインスパイアーされた『80日間世界一周』(2009)、第2次大戦中、亡命先オランダのアムステルダムにあった隠れ家で捉られて強制収容所で亡くなったユダヤ系ドイツ人少女アンネ・フランクを題材にした『アンネの日記』(2013)、人類最大の予言者を題材にし、シュヴァルツ・ブームの火付け役となった『ノストラダムス』(2002)、ローラーコースターを駆って町中を走り回る様を音楽として表した『ローラーコースター』(2001)、アルプスのふもと、リヒテンシュタインの町グフリーナの洞窟に棲んでいたといわれる恐ろしいドラゴンと人々の戦いをテーマとした大ヒット作『ドラゴン・ファイト』(2006)、中世ドイツ、防御を固め盗賊たちの襲撃から村を守り切ったというある村の史実にもとづいた大作『ホワイト・タワー』(2010)という、すべておなじみの6曲。

 『ドラゴン・ファイト』や『ホワイト・タワー』の大迫力!『アンネの日記』の哀愁漂うヴァイオリン・ソロ、『ノストラダムス』の神秘性、『ローラーコースター』の爽快な疾走感、『80日間世界一周』のスピーディーな場面展開など、聴きどころも満載!

 いずれも、まるで映画のサウンドトラック盤を聴くような奥が深いゴージャスなサウンドとスケール豊かな演奏で、シュヴァルツのドラマチックな音楽の本質を掘り下げている。

 シュヴァルツ・ファンにとっては、正しく聴きのがせない1枚となった!

 ぜひともフル・ボリュームで愉しんでほしい!

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3112/

■オットー・M・シュヴァルツ作品集
~シンフォニック・ディメンションズ

【演奏】ブラティスラヴァ交響楽団(Bratislava Symphony Orchestra)
【指揮】デヴィッド・ヘルナンド・リコ (David Hernando Rico)
【発売】ミトローパ (Mitropa)

【収録曲】
1. 80日間世界一周
2. アンネの日記
3. ノストラダムス
4. ローラーコースター~シンフォニック・スケッチ
5. ドラゴン・ファイト
6. ホワイト・タワー

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3112/

オットー・M・シュヴァルツ~アンネの日記…トーマス・ドスやシュヴァルツの魅力作品が色々入ってて、楽しめるぞ!

吹奏楽マガジン バンドパワー

 ドイツで最も充実した編成を有するミリタリー・バンド、ドイツ連邦軍コンサート・バンドが演奏するヨーロッパの香り漂うコンサート・アルバム!

 収録されているのは、トーマス・ドスやオットー・M・シュヴァルツなど、オーストリア、ドイツの作編曲家のオリジナルとクラシックのトランスクリプションを中心としたレパートリーで、ドイツのバンドらしい重心の低い安定感のあるアンサンブルは、アメリカン・サウンドに慣れきった我々の耳にはまったく別物の吹奏楽として新鮮に響く。

 とても華やかなドスの『ファイアワーク』で始まるこのアルバムで、いま最も注目しておきたい作品は、やはりシュヴァルツの『白バラの秘密』、『ムンドゥス・ノーヴス~新世界の発見』、『アンネの日記』の3作だろう!

 3作品中、最初に登場する『白バラの秘密』は、スイスのフリブール青少年音楽家協会の創立40周年記念委嘱作で、2013年1月6日、作曲者自身の指揮で初演された。

 第2次世界大戦中の1943年、非暴力による反ナチス抵抗運動“白バラ抵抗運動”を行なって兄のハンスらとともに逮捕され、国家反逆罪で処刑されたミュンヘン大学の女子学生ゾフィー・ショル(1921~1943)をテーマとして描いた作品だ。

 わずか21才でこの世を去ることになったショルの悲劇は、2005年のドイツ映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」などでおなじみだろう。

 シュヴァルツのこの作品も、たいへんドラマチックな内容を持ち、闘争を示す激しいテーマと哀愁を帯びたテーマのコントラストがその短い一生と悲劇を語っていく。

 対照的に、『ムンドゥス・ノーヴス~新世界の発見』は、とても活力に溢れた作品だ。

 フランス北部のサン=ディエ=デ=ヴォージュ吹奏楽団によって委嘱され、2012年10月11日、サン=ディエ=デ=ヴォージュ大聖堂で作曲者自身の指揮で初演された。

 曲名の“ムンドゥス・ノーヴス”は、新世界を目指した探検家アメリゴ・ヴェスプッチ(1454~1512)が、1502年にフローレンスの貴族ロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコ・ディ・メディチに送った手紙形式の旅行記で、それ自体“新世界”という意味をもつ。

 アメリカ大陸に到達した西洋人はコロンブスが有名だが、この作品の主人公ヴェスプッチは、南アメリカ大陸を探検中、それが既知の大陸とは別の未知の“新大陸”であることを証明した。“アメリカ”という地名もアメリゴ・ヴェスプッチの名前がその由来。曲は、そんなヴェスプッチの航海と探検をエネルギッシュに描いている。

 アルバムをしめくくる『アンネの日記』は、オランダ、アーンヘムの音楽情報センターの委嘱で作曲され、2013年6月3日、オーストリアのヴィムパッシンクで、作曲者が指揮するヴィムパッシンク交響吹奏楽団の演奏で初演された。

 題材は、第2次世界大戦中、亡命先オランダのアムステルダムにあった隠れ家で暮らし、その後捉えられて強制収容所で亡くなったユダヤ系ドイツ人少女アンネ・フランク(1929~1945)。

 その隠遁生活中に書かれた日記は、戦後世界各国で翻訳されて出版され、人々に大きなショックを与えた。

 ジャケットに使われている写真が生前の本人で、サインも本人のもの。

 曲は、哀愁を帯びた導入に始まり、アンネの短い生涯やキャラクターを劇的に描く。そのままドラマや映画のバックに流してもいいような音楽づくりで、聴く者の胸にぐいぐいせまってくる。また、曲中、随所に印象的なヴァイオリン・ソロ(スコアには、フルートにオプションの音符が書かれている)が聴かれるが、このメロディーがとてもハートに沁みる。

 間違いなく、要注目の衝撃作だ!!!

 (作曲者が意図する以上3曲の場面展開について、ブックレットの詳細な英文説明を参照すれば、音楽的にさらに理解を深めることができる。)

 その他、シュヴァルツ以外の作品でとくに注目したいのは、テューバ独奏用に新しくトランスクライブされたジュゼッペ・アントニオ・カプッツィの有名な『コントラバス協奏曲』の“アンダンテ”と“ロンド”。有りそうでなかなか無かった編曲であり、テューバ奏者のための愉しいレパートリーが新しく1つ加わった印象だ!

【収録曲など、このCDの詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3038/

■キリル~ストーム・オブ・ザ・センチュリー(作曲:オットー・M・シュヴァルツ)

 

『ノストラダムス』や『ドラゴン・ファイト』などでおなじみのオーストリアの人気作曲家オットー・M・シュヴァルツの、とてもインパクトのある作品です。

 『キリル』は、2007年1月18日にヨーロッパ全土に襲いかかった“今世紀最大級”の暴風をテーマとして委嘱により作曲され、初演は、2009年3月28日、ドイツの北ラインラント・ヴェストファリアのブリロンにあるエッガー・コンツェルンス・ホール53において、この作品を委嘱し演奏するプロジェクトのための地元ミュージシャンによるウィンド・オーケストラを、エルンスト=ヴィリ・シュルテが指揮して行なわれました。

 実際の「キリル」は、2007年1月15日に二ューファンドランド付近で発生し、大西洋をわたってヨーロッパに襲来。アイルランド、イギリス、フランス、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、オーストリア、ドイツ、チェコ、スロヴァキア、スイス、ポーランドという広範囲の国々に猛威を振るいました。

 計測された最大瞬間風速が‘225km/h’という、想像を絶する大暴風でした。

 最も大きな被害を被ったのは死者13名(BBC放送による翌日夜までの集計)を出したドイツで、人的被害以外にも、鉄道や建造物のほか、森林や農地など、この国だけで10億ユーロの物的被害が出たといわれています。

 作曲者のシュヴァルツも、ヨーロッパに未曾有の被害をもたらしたこの暴風を実際に体験した一人です。

 曲は、暴風が近づいてくる不安感をつのらせるようなイントロ部分から、音楽的なツカミはバッチリで、聴くものをぐいぐい音楽の中へと引き込んでいきます。クライマックスの激しい嵐のシーンが過ぎ去った後、それとは対照的に現れるメロディーラインの美しさは、さすがはシュヴァルツといったところでしょうか。気を取り戻した人々の再建への意欲も感じられます。

 ダイナミック・レンジも広く、ドラマチックな展開から、コンサートにも、コンクールにもOK!

 声を大にしておススメしたいBP超一押しの作品です!

■この楽譜をBPショップでチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8921/

【収録CD】
■黄金の秘密~オットー・M・シュヴァルツ作品集
The Golden Secret


http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2036/

【オットー・M・シュヴァルツ】
1967年、オーストリアのノインキルヒェンに生まれる。ウィーンの音楽アカデミーで、トランペットをウィーン・フィルのヨーゼフ・ポムバーガーに、作曲をハインツ・クラートホヴィルに師事。1992年に自身のスタジオを設立。映画、放送などのコマーシャル・ミュージックの分野で1000曲以上の音楽を書いている。1995年以降、ウィンド・バンドのための作品を発表し、『ノスタルダムス』、『ドラゴン・ファイト』など、ドラマチックな作品が人気を集めている。(日本では、シュワルツと表記されることもある。)

【編成表】

Piccolo
Flutes (I、II)
Oboe
Bassoon

E♭ Clarinet
B♭ Clarinets (I、II、III)
E♭ Alto Clarinet
B♭ Bass Clarinet

E♭ Alto Saxophones(I、II)
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpets(I <div.>、II、III)
F Horns (I <div.>、II)
Trombones(I、II、III)
Euphoniums <div.>
Tubas <div.>
Double Bass

Synthesizer

Timpani

Mallet Percussion
(Glockenspiel、Vibraphone、Tubular Bells)

Percussion
(Snare Drum、Bass Drum、Low Tom、Clash Cymbals、Suspended Cymbal、
Wind Bells、Triangle、Rainmaker、Howling Tube)

■この楽譜をBPショップでチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8921/

■オットー・M・シュヴァルツの楽譜・CD
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000526/

(2010.04.28)