「Obe」タグアーカイブ

シェレンベルガー×小菅優「チャリティ・デュオ・リサイタル」(10/25)

 カラヤンとアバドのベルリン・フィル黄金時代に首席オーボエ奏者をつとめた名手シェレンベルガーと国際派ピアニスト小菅優がチャリティ・デュオ・リサイタルを10月25日(月)に東京・ヤマハホールで開催する。

 当日のプログラムは、シューマン「3つのロマンス」、サン=サーンス「オーボエ・ソナタOp.199」、シューマン「幻想小曲集Op.12より(ピアノ・ソロ)ほか。

 なお、この公演のチケット収入の一部と公演当日の募金は“RESTART JAPANファンド”に寄付される。

 詳細はこちら>>>http://www.smf.or.jp/charity/duo/

■シェレンベルガー×小菅優
チャリティ・デュオ・リサイタル

【日時】2011年10月25日(月) 開場 18:30 、開演 19:00
【会場】ヤマハホール
【交通】東京メトロ銀座線・日比谷線「銀座駅」A3出口徒歩5分、
銀座線「新橋駅」1番出口徒歩5分
【料金】SS席\10000、S席\8000、A席¥6000
※SS席は限定35席:終演後ロビーにて出演者との交流会(ワンドリンク有)付。

【プログラム】
○R.シューマン:3つのロマンスOp.94
○R.シューマン:幻想小曲集Op.12より 〔ピアノ・ソロ〕
○R.シューマン:幻想小曲集Op.73〈オーボエ・ダモーレ版〉
○サン=サーンス:オーボエ・ソナタOp.199
○ショパン:バラード第4番 Op.52 〔ピアノ・ソロ〕
○プーランク:オーボエ・ソナタFP.185」

【問い合わせ】担当者:荒生昌彦
TEL:03-3261-9831/FAX:03-3261-9898
E-Mail masahiko.arao@sonymusic.co.jp
HomePage http://www.smf.or.jp/charity/duo/

■ハンスイェルク・シェレンベルガー氏からのメッセージ
この公演に際し、今回の地震、津波、原発問題で被災された日本のすべての皆様、特に若い方々へ、私の深い思いをお伝えしたいと思います。個人的にも、また、他の人々を代表して。この運命へ立ち向う、皆様のその無限大な力に敬意を表します。
音楽は、世界中で受け入れられる他に類なき性質を持つだけでなく、たくさんの名曲とともに、日本中が、特に若い世代の方々が、この状況を乗り越えるため、新しい未来に向けての更なる力を持つための手助けとなる、希望、癒し、文化的価値をお届け出来る芸術です。私は優と共に、すべての皆さま方と共にいられること、皆様に私たちの音楽をお届けできることを幸せに思います。

■小菅 優氏からのメッセージ
私は震災のとき、東京にいました。長かった揺れは勿論怖かったですが、テレビで見た破壊されていく数々の街の映像は大変ショックで、しばらく気持ちが暗くなってしまいました。でも被災者の方々が勇敢に闘っている中、くよくよしている場合ではないと思い、音楽家としてできることはないのかといろいろ考えていました。
私は日本を離れて長くなりますが、私にとって日本は祖国であり、この美しい国、文化や人々をとても大切にしたいと思っています。今回のことでも日本人の助け合おうとする心にとても感動しました。今回素晴らしい音楽家であるシェレンベルガー氏と共に、皆様と音楽を分かち合えることを大変嬉しく思っております。
コンサートでピアノを弾くことによって私も音楽からたくさんの希望をもらい、音楽の力によって未来に向かって肯定的な姿勢になれる気がします。皆様にもその力を伝えることができたらとても幸せです。

(2011.09.05)

デビュー10周年 宮村和宏オーボエ・リサイタル(12/25)

そう! 彼の音楽はいつもたくさんのファンタジーに溢れている
・・・須川展也(Sax奏者・東京佼成WO)

宮村和宏…通称≪ミヤムー≫。

東京佼成ウィンドオーケストラのオーボエ奏者です。1979年神戸生まれの彼は12歳でオーボエを始め、東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校、そして東京芸術大学に進学。そして現在、まだ20代後半ながら実力を高く評価され、東京佼成ウィンドオーケストラをはじめソロ・室内楽・オーケストラ、オーボエ曲集の監修など幅広く精力的に活動中です。

 ミヤムーの魅力は何か? それは≪たった1音でも“世界”を創ってしまう音色≫、そして≪自然ににじみ出てくる豊かな表現力≫です。これらの魅力は日本の管楽器界をリードするサキソフォン奏者 須川展也をはじめとする共演者陣、そして聴衆を唸らせ続けてまいりました。

 そんなミヤムーがデビュー10周年を迎えます。…そして今年のクリスマスの夜に、記念リサイタルを開催する運びとなりました。
この10年で磨きをかけた腕前と音楽観を聖なる夜に爆発させます! 新たなる委嘱新作初演にもご期待下さい。

■リンク先URL:http://www.tvumd.com/

デビュー10周年
宮村和宏オーボエリサイタル

【日時】2006年12月25日(月)19:00開演
【会場】銀座 王子ホール
【出演】宮村和宏(オーボエ)
太田紗和子(ピアノ)

【プログラム】

○オーボエとピアノのための二重奏曲
(ジャック・クリスチャン・ミシェル・ヴィデケール)
○セクエンツァⅦ(ルチアーノ・ベリオ)
○ソナタ ト短調 BWV1030(ヨハン・セバスチャン・バッハ)
○新作初演(日下部進/委嘱作品)
○フォスター・ファンタジー(山里佐和子)
○タンゴの歴史(アストール・ピアソラ)

【チケット】

【料金】3,500円(全席自由)

【チケット】

電子チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:234-029)
0570-02-9990(オペレーター予約) http://pia.jp/t

チケット・クラシック:03-3376-1919(Jコード:0612D006/10時-24時)
http://www.classic-japan.com

王子ホールチケットセンター:03-3567-9990(10時-18時/土日祝休)
http://www.ojihall.com

【後援】ヤマハ株式会社、日本オーボエ協会

【マネジメント・問い合わせ】

テレビマンユニオン
TEL:03-6418-8617(10:00~18:00/土日祝休)

Q:オーボエを始めて1年になる高校生です。実はアンブシュアが30秒も保てません。このままでは曲なんて吹けません。何か改善策を教えてください。(学生)

まず次のことをチェックしてみてください。

・力が入り過ぎていませんか?
・楽器を上げすぎていませんか?
・唇を巻き過ぎていませんか?

リードのみで、唇の中央だけでなく、
色々なところで音が出せるかチェックしてみてください。

次に、楽器の構え方など、
体に余計な力が入らないようにしてみてください。

そして、正しい姿勢、正しいアンブシュア、
息の支えをしっかりしたブレスで演奏してみてください。

回答:五十嵐 清

Q: オーボエをはじめて2年、いまだに良い姿勢や良い音の出し方がすべて自己流だったためによくわかりません。

Q: 私は1年からオーボエをはじめてもう2年生になるのですが、先輩がいなくていまだに良い姿勢や良い音の出し方がすべて自己流だったためによくわかりません。なにかアドバイスしていただけるとうれしいです。(高校生)

A31: 目標となる音のイメージを持つと絶対に上達します。

 Mさんと同じ悩みの人が全国で沢山いらっしゃると思いますよ。
まずは、ぜひ吹奏楽連盟や楽器屋さんで行なう講習会に参加することをお薦めします。その時、ただ教わるのでなく、具体的に悩んでいることを質問することです。講習会ですとグループでの講習が多いと思いますので、どうしても細かいところまで教えることができません。ですから自分の一番悩んでいることを直接個人的に指導してもらうことが大切です。
また、写真がある教則本を探して、自分のアンブシュアを写真に取り(今は携帯でもできるかも)比べて見ることです。教則本がなくても「BJ」など専門誌の写真ページを見てください。掲載されているプレレヤーの口元をじっくり観察しましょう。
そして、OBソリストのCDをたくさん聴きましょう。目標となる音のイメージを持つと絶対に上達します。

回答:五十嵐 清