「Jan Van der Roost」タグアーカイブ

■樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言:第1話“ゾディアック・ダンス”と“グロリオーゾ”

Text:樋口幸弘

第1話“ゾディアック・ダンス”と“グロリオーゾ”

2017年の日本吹奏楽指導者クリニック(浜松)も間近かにせまった5月16日(火)の午後、クリニックのイブニング・コンサートに出演する名古屋芸術大学ウィンドオーケストラの練習にお邪魔した。

同大学大学院教授でウィンドオケの指揮にあたる竹内雅一さんとは、デハスケ・レーベル(ハル・レナード・MGB)のレコーディングがスタートして以来のつき合い。オランダ側プロデューサーの来日が叶わなかった年には、レコーディングのスーパーバイザーをつとめさせていただいたこともある。

この日は、クリニックで演奏するフィリップ・スパークの『ゾディアック・ダンス(Zodiac Dances)』とヤン・ヴァンデルローストの『グロリオーゾ(Glorioso)』の合奏が予定されていた。

 『ゾディアック・ダンス』は、大阪府の泉大津市吹奏楽団の結成50周年記念委嘱作。日本でもよく演奏される『祝典への前奏曲(Prelude to a Celebration)』につづく同団からスパークへの委嘱第2弾。初演プログラムに印刷された曲名は“ZODIAC DANCES/干支の舞”。作品名“ZODIAC DANCES”は、委嘱者の提案を作曲者が受け入れたもので、将来出版される楽譜には日本語の“干支の舞”も印刷して欲しいとの希望も出たが、そちらは叶わなかった。

“ホース”、“ドラゴン”、“タイガー”、“ラット”、“ドッグ”、“モンキー”と小題がつけられた6つの楽章で構成される愉しい組曲で、それらは楽団結成の1966年の干支である“午<うま>”に始まり、10周年ごとの各干支(“辰<たつ>”、“寅<とら>”、“子<ね>”、“戌<いぬ>”、“申<さる>”)にまつわる生き物(架空を含む)のキャラクターからインスパイアーされている。十二支をヒントとするが、日本的情緒を追い求めた作品ではなく、音楽的アプローチはあくまで西洋音楽。スパーク版“動物の謝肉祭”と言えなくもない。(初演:2016年11月20日、泉大津市民会館)

もう一方の『グロリオーゾ』は、シエナ・ウインド・オーケストラ第43回定期演奏会のための委嘱作。

ロシアの作曲家ドミトリ・ショスタコーヴィチ(1906~1975)へのオマージュとして書かれ、ヴァンデルローストが若い頃に多用した手法、すなわち作品に使いたいテーマ(この曲の場合は“ショスタコーヴィチ”の名前)のアルファベット表記のアナグラム(文字を入れ替えて別の単語を作る一種の言葉遊び)から導かれた音列やその派生的フレーズ、コードなどで作られている。委嘱当初はおよそ10分の作品という約束でスタートしながら、書いている内に熱が入って、結局は14分程度の序曲にスケールアップして完成した。近年の作品中、例外的にブライトであり、エネルギッシュなタッチで書かれている。(ラッパさんはとてもキツい!)

作曲中、2種類の曲名が考えられていたが、完成前に突然『どちらがいい?』と意見を求められたので、スコアから受ける音楽的なイメージから反射的に『グロリオーゾがいいね。』と答えたら、何日かすると本当に曲名に決まっていた。筆者としても最も親近感を覚える作品の1つである。(もちろん、シエナの面々には、初演を前にしたステージ上で“すいません”と詫びを入れたが・・・。)(初演:2017年2月11日、文京シビックホール、東京)

ともに“日本の演奏団体が委嘱し、作曲者の指揮で世界初演されたばかりの新作”というメッセージ性から、クリニックのステージでは長年ハル・レナード・MGBの録音を担ってきたステータスにふさわしい作品を取り上げたいとする竹内さんのリクエストにピッタリ。ちょうど来日中(前年11月)だった両作曲者に会ってその旨を伝えたところ、2人はとても喜んでくれて即座にOK。委嘱団体の同意も彼らがとりつけてくれた。

名芸の合奏では、両曲の初演に臨席し、作曲者から贈られた初稿スコアを持参していた筆者は、竹内さんに求められるままに、作品の背景や実際の演奏で起こったこと、その他要注意ポイントなどをアドバイスした。

すでに両曲はほとんど仕上がっていた。

浜松のステージは、間違いなくすばらしいものになるだろう。

■ヴァンデルローストの60分越えの大作「むかしむかし..」(Once Upon A Time / Er was eens…)のフルスコアが発売

 

交響詩「スパルタクス」「モンタニャールの詩」「いにしえの時から」「オスティナーティ」などでおなじみのベルギーの作曲家、ヤン・ヴァンデルローストが2013年に発表した約60分の大作「むかしむかし…」のフルスコアが発売された。

おそらくは、ヴァンデルローストがウィンドオーケストラのために書いた最大級の作品の1つに数えられることになるだろう。

正式なタイトルはドイツ語で『Es war einmal…(エス・ヴァー・アインマル…)』。厚み1センチもあろうかというA3版のスコアには、他に『One upon a Time…(ワンス・アポン・ア・タイム…)』『Er was eens…(エル・ヴァス・エーンス…)』との、同じ意味の英語タイトル、オランダ語タイトルも併記されている。

これを日本語に訳すと、『むかしむかし…』。

“昔話”の冒頭で語られるお決まりのセリフだが、それもそのはずで、この作品のモチーフに使われているのが、実はあの有名なグリム童話。

作品は、その編者として知られるヤーコプ・グリム(1785~1863)、ヴィルヘルム・グリム(1786~1859)兄弟の、兄ヤーコブの没後150周年にあたる2013年に彼らが生まれたドイツのハーナムのコンサートで演奏するために、この地方の吹奏楽団ライン=マイン・ウィンド・フィルハーモニーからの委嘱で作曲された。

曲は、ウィンドオーケストラのほかに、語り手、俳優(オプション)、児童合唱を要するかなり規模の大きなもので、もちろんセリフや歌詞は、全てグリム童話と同じドイツ語!

まるでミュージカルかオペラのような音楽構成で、“序曲”に始まり、“金のかぎ”“赤ずきん”“ルンペルシュティルツヒェン”“いばら姫”という、グリム童話の4つのストーリーをモチーフとして進行する。

・出版社グレード:5
・作曲:ヤン・ヴァンデルロースト(Jan Van der Roost)
・TIME:約60分(CD-3259参照)

  1. 序曲 Ouverture
  2. 金のかぎ Der Goldene Schlussel(KHM 200)
  3. 赤ずきん Rotkappchen(KHM 26)
  4. また今度 Ein and’res Mal
  5. 赤ずきんは喜んで出かけた Rotkappchen ging froh hinaus
  6. ルンペルシュティルツヒェン Rumpelstilzchen(KHM 55)
  7. シュノール、シュノール、シュノール Schnurr, schnurr, schnurr
  8. 名前を探して Auf der Such nach Namen
  9. いばら姫 Dornroschen(KHM 50)
  10. そして、ちょうど今 Und just in diesem Augenblick
  11. 姫が眠りから目覚める Dornroschen aus dem Schlaf erwacht

・出版:デハスケ (de haske)
・分類:販売譜(フルスコアのみ)

【編成など詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/sc-5447/

■ヤン・ヴァンデルローストの「横浜音祭り序曲」の管弦楽編曲完成!

ベルギーの作曲家ヤン・ヴァンデルローストが“横浜音祭り2013”のオープニングのために作曲した『横浜音祭り序曲』の管弦楽編曲が完成した!

管弦楽編曲は、東京藝大の髙橋幸代氏が担当。

新しいオーケストラ版は、2016年の音祭りで3つのオーケストラによって演奏の予定だ。

■2016年9月21日 《横浜音祭り2016前夜祭》西本智実指揮、イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

■2016年9月22日 《横浜音祭り2016オープニングコンサート》栁澤寿男指揮、東京フィルハーモニー交響楽団

■2016年10月29日 青島広志指揮、シアターオーケストラトーキョー

横浜市の花が“バラ”であることから《シティ・オブ・ローズ》というサブ・タイトルがあるこの序曲がオーケストラでどのように演奏されるのか。とても楽しみだ!!

■「横浜音祭り序曲」(吹奏楽楽譜セット)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-0217/ 

■「横浜音祭り序曲」(収録CD):
アウレウス~名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ(吹奏楽名曲選集)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3121/

■「横浜音祭り序曲」イントロ部から独立したファンファーレ
横浜音祭りファンファーレ(金管・打楽器アンサンブル楽譜セット)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-1718/

フラッシング・ウィンズ(作曲:ヤン・ヴァンデルロースト)

1988年、ベルギーのアーレキーノ青少年バンドの委嘱により作曲された。
“きらめくウィンズ(管楽)””というタイトルどおり、リズミカルかつエネルギッシュなこの作品は、コンサートのオープニングなどにピッタリ。若いジェネレーションに圧倒的な人気を得ている。

■Flashing Winds

・グレード:5
・作曲:ヤン・ヴァンデルロースト(Jan Van der Roost)
・TIME:4分07秒(CD-0073参照)
・出版:デ・ハスケ(de haske)
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜 セット)

【この曲の詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8161/

【収録CD】
■ヤン・ヴァンデルロースト作品集Vol.1

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0073/

■エッセンシャル・コレクション
~ヤン・ヴァンデルロースト作品集【CD8枚組】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0948/

【ヤン・ヴァンデルローストの作品集CD、楽譜セット】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000468/

グリムの童話の森(作曲:ヤン・ヴァンデルロースト)

吹奏楽マガジン バンドパワー

 グリム童話の編者であるグリム兄弟の生地であるドイツのハーナウで2013年に初演され、大成功を収めたナレーター、俳優、児童合唱とウィンドオーケストラによるジングシュピール「むかしむかし…(Es War Einmal…)」のエッセンスを凝縮して、ウィンドオーケストラだけで演奏できるように接続曲風の組曲に書き改めた作品だ。  

 原作のジングシュピールは、上演に約1時間を要すが、グリムの魔法の世界にようこそ、といったイメージのこの新しいバージョンの演奏時間は、およそ16分。原作より短く簡略化された“序曲”につづき、“金のかぎ”“赤ずきん”“ルンペルシュティルツヒェン”“いばら姫(眠れる森の美女)”のグリムの4つのエピソードのために書かれた音楽がつぎつぎとフィーチャーされていく。  

 原作の初演ライヴ盤「ヴァンデルロースト~むかしむかし…」(CD-3259)もリリースされているから、合わせて聴くとイメージをさらに脹らませることができるだろう!

■Grimm’s Fairytale Forest

グレード:5
作曲:ヤン・ヴァンデルロースト(Jan Van der Roost)
・TIME:16分10秒
出版:デハスケ(de haske)
BP品番:SET-0462

【この曲の詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-0462/

【収録CD】 
■吹奏楽ベスト・セレクションズ~ストーン・エイジ


http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3371/


【関連CD】 
■ヴァンデルロースト~むかしむかし…
(世界初演ライヴ) 


http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3259/