「Fl」タグアーカイブ

第7回神戸国際フルートコンクール

日時:2009年3月26日(木)~4月5日(日)
会場:神戸文化ホール(中ホール)
レポート:Marigaux


 ミュンヘン、ジュネーヴ、ランパル(パリ)と並ぶ国際的なフルートコンクールである神戸国際フルートコンクールが3月26日から4月5日の11日間に渡って神戸文化ホール(中ホール)で開催されました。このコンクールは4年に一度、通常は夏に行われているのですが、今年は主催の神戸市と会場の神戸文化ホールの都合によりこの時期に変更されたということでした。

 フルート吹きでない私がこのコンクールを聴きに行くのは、持っている定期券で会場まで行けるので交通費がかからないからでも、毎回何だかんだで招待券が手に入るからでもなく(いや、それも少なからずあるんですが・・・)、世界的なレベルの演奏が生で聴けて、しかも出場者や審査員とも直接話ができる機会があるからです。休憩時間中にはホールのロビーやカフェで出場者が審査員と熱く議論を交わしたり、違う国の出場者同士が談笑したりしていますし、私もいろいろな国の出場者に声をかけて親しくお話させていただきました。

 さて、第7回となる今回は世界35ヶ国・1地域から232名の応募があり、書類・録音による予備審査により22ヶ国・1地域の64名に絞られ、最終的に56名が3月26日から28日の第1次審査に出場しました。その中から24名が3月30日、31日の第2次審査に進出、さらに13名が4月2日の第3次審査に挑み、6名が4月4日の本選のステージに立ちました。

 本選の結果と特別賞は以下のとおりとなりました。

1. 入賞者(本選出場者)
第1位:ダニエラ・コッホ(オーストリア)
第2位:ロイク・シュネイデル(フランス)
第3位:デニス・ブリアコフ(ロシア)
第4位:メーガン・エミ(アメリカ)
第5位:アレサンドラ・ルッソ(イタリア)
第6位:マリヤ・セモチョク(ウクライナ)

2. 特別賞
現代音楽最優秀演奏賞:
古田土 明歌
アレクサンドラ・グロット(ロシア)
グリゴリー・モルダショフ(ロシア)
ロマン派音楽最優秀演奏賞:マリヤ・セモチョク
オーケストラ賞:ロイク・シュネイデル
オーディエンス賞:デニス・ブリアコフ

 予選の課題曲であった現代音楽については演奏レベルが高かったということで、従来の奨励賞に代えて現代音楽最優秀演奏賞が3名に贈られました。また、オーケストラ賞は本選の伴奏を行った神戸市室内合奏団のメンバーの投票で、オーディエンス賞は第3次審査出場者に対して入場者による投票で、それぞれ受賞者が決められました。

 課題曲は、予備審査と第1次審査はC.P.E.バッハと現代(前衛)、第2次審査はバロックと現代、第3次審査はJ.S.バッハとロマン派~近代、そして本選がモーツァルトの協奏曲というものでしたが、バロックから現代まで幅広いジャンルをバランスよくしっかりポイントを押さえた説得力のある演奏をしたコッホが1位の栄冠に輝きました。昨年の東京吹奏楽団の定期演奏会に出演しバンドジャーナル誌の表紙も飾ったブリアコフは、前評判が高く客席の反応も極めてよかった(ファンクラブ?)のですが、演奏自体は意外に印象が薄く3位に終わりました。

 第1次審査からレベルの高い熾烈な競争であり、わざわざ海を渡って出場した海外勢は熱い思いを胸に秘めてコンクールに望んでいた人も多かったようです。日本人では昨年のランパル・コンクールを制して話題になった上野星矢だけが第3次審査まで進んだものの、本選には至りませんでした。前回が本選進出7人中1位獲得を含め4人が日本人だったことを考えると、少々寂しいものがありますが、それでもレベルの差はごくわずかなものだったように思いますし、演奏順が少し違うだけで結果は大きく変わっていたかもしれません。

 また、コンクールにあわせて記念演奏会シリーズとして、コンクールに先立ってNHK交響楽団の首席・首席代行奏者による木管五重奏、第2回の第1位受賞者で現在ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を務めるエマニュエル・パユを迎えたフルート協奏曲の2つの演奏会、そして第3次審査と本選の間には審査員によるスペシャル・コンサートと、こちらもほぼ満員の会場で熱い演奏が繰り広げられました。

 ただ、春休み期間中というのに学生の姿は決して多くはなかったことは少々残念でした。演奏会の時期かもしれませんし、実際に期間中に隣のホールで定期演奏会を開いていた学校もあったのは事実です。クラシックのソロのフルートということで、吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストと異なり、普段自分たちが演奏しているものとは違う世界のように思われたのかもしれません。

 しかし、フルート演奏ということではすぐ明日の演奏の見本にもなりますし、同じ曲をさまざまな解釈やスタイルの演奏で聴くことはとてもいい経験になると思います。たとえば、第1次審査の課題曲の1曲目はC.P.E.バッハの「ソナタ イ短調 Wq.132」ですが、最初は3/8拍子のポコ・アダージョでスタカートの付いた八分音符とスラーで次の小節へつながれた2つの八分音符、このたった3つの音だけでも長さや強弱など出場者56名が56種類のニュアンスの演奏を聴かせてくれました。ある日本の出場者は、特に海外の人は自分なりに消化して、普段日本では聴けないような解釈でも自分の演奏スタイルとして自分の音楽を出してくるので、国際コンクールはとても刺激になるということをおっしゃっていましたが、全く同感です。フルート奏者ならずとも得るものが大きい機会だったと思います。

 次回の第8回は4年後の開催が計画されており、関係者の検討が始まっています。次回はぜひみなさんも世界の演奏を体験してみませんか。

(敬称略、出場者名は主催者発表に基づく)

■神戸国際フルートコンクール ホームページ
http://www.kobe-bunka.jp/flute/

田中久美子の新作「小さな村の夕暮れ」がフルート4重奏曲とクラリネット4重奏曲で発売開始!

2007年11月に初演された田中久美子のフルート4重奏曲「小さな村の夕暮れ」が、すみやグッディ株式会社より出版された。

この作品についての、作曲者本人の解説は以下のとおり。

【小さな村の夕暮れ】

フランスの地方には、穏やかな丘陵をなす田園風景が広がり、村々が点在しています。まるで童話に出てくるような小さな村も多くあります。そのような村の夕暮れの美しさを表現した作品です。作品は、バロック時代のバッハと同じ書法で作曲され、前半のプレリュード(前奏曲)と、後半のフーガの2つの部分で構成されています。

なお、オリジナルのフルート4重奏と同時に、クラリネット4重奏版「小さな村の夕暮れ」も発売されている。新しいアンサンブル曲を探しているバンドは、ぜひ、チェックしてみるといいだろう。

【出版】すみやグッディ株式会社
http://www.sumiya-goody.co.jp/instruments/score/ensemble.asp

作曲家・田中久美子氏の新しいフルート4重奏曲「小さな村の夕暮れ」が完成。11月18日に高松にて初演

「青銅のイノシシ」などで知られる四国在住の作曲家・田中久美子氏の新しいフルート4重奏曲「小さな村の夕暮れ」が完成した。内容は、前奏曲とフーガという構成で、レベル的には上級者向けの作品だという。なお、この新作は11月18日に高松市で開催される「高松ウインドシンフォニー・アンサンブルコンサート2007」で初演される。詳細などは以下のとおり。

高松ウインドシンフォニー・アンサンブルコンサート2007
第49回香川県芸術祭「香川芸術フェスティバル2007」参加公演

【日時】11月18日(日)14:00開演
【会場】サンポ-トホール高松 第2小ホール
【料金】無料
【曲目】

  • 小さな村の夕暮れ:田中久美子(フルート4重奏曲)
  • 子供の情景より:シューマン(木管5重奏)
  • ジブリ最高!:久石 譲(サックス4重奏)
  • サクソフォーン4重奏:サンジュレー(サックス4重奏)
  • ディズニー・メドレー(金管8重奏)
  • ガーシュウィン・エアー:ガーシュウィン(金管8重奏)他

Q:肺活量を増やすには筋トレをやった方がいい?

Q:はじめまして。私は中学でフルートを吹いています。まだ2年なのですが、肺活量を増やすには筋トレをやった方がいいのでしょうか? 教えてください。(匿名さん)


こんにちは、フルート楽しいでしょう!

肺活量を増やすことはいいことですが、普段のきちんとした生活や体育の授業をしているのであれば、特別に筋トレなどは必要ないと思います。

 楽器を吹くのには、健康な身体を維持し、頭をしっかり使うこと!
フルートを吹くためには、楽器を持って支えれる筋肉、アパーシャーをコントロールできる口の周りの筋肉、息を支えれ筋肉、立って演奏出来る身体を支え筋肉など、運動とは違う筋肉のトレーニングが必要です。これは、基礎練習を余計な力の入っていない、きちんとした「立奏」で「ロングトーン、スケール、ソノリテ、タンギング」などのメニューをまんべんなく毎日繰り返し練習することで出来上がっていきます。

回答:五十嵐 清

Q:部活でフルートとピッコロを吹いている中学3年生です。後輩の音がどうしてもきれいにならないのと、タンギングがうまくできないのが悩みです。どういう風にアドバイスしてあげれば良いのでしょう。

 最高学年として、演奏だけでなく指導やまとめ役としても頑張っているのですね。では、毎日の練習メニューの一例をお教えします。

1.頭部管だけの音だし
頭部管を両手で持ち、初めは口笛を吹くような音から、徐々に大きな音でよく響くように、息のスピードや息の入れ込む角度に注意して吹くようにして下さい。

2.楽器の組み立て
頭部管、管本体、足部管のジョイントをベストなるよう組みたてて下さいさい。

3.姿勢
呼吸が確実にできるようにする為に正しい姿勢を身に付けて下さい。

・両足を肩幅程度に離し、体の中心(おへそ)を正面より45度の角度になるよう右足を一歩後ろに引く。
・右腕を前に出し、フルートが正面に(平行に)向くようにする。
・両腕は脇の下を握りこぶし1個分離し、両肘の高さをそろえる。
・重心はやや左足前方にかけ、手から肩までの力を抜きリラックスする。

4.持ち方
指がスムースに動く為に正しい持ち方を身につけて下さい。

・右手の親指を人差し指の下または人差し指と中指の間におく。
・顔と右手親指で楽器を少しだけ前に押し出すようにします。
・左手は人差し指を内側に少し押すようにします。
・顔、左手、右手の3点でバランスをとります。

5.呼吸
しっかり空気の塊を飲み込む、食べるイメージで吸って下さい。お腹下側や腰のあたりに吸い込むイメージで入れ込み、お腹の支えを使って息を楽器に吹き込んで下さい。

6.ロングトーン
音つくりの為に一音一音丁寧に、美しく響いている音か確かめながら音を吹いて下さい。その後、半音で二つの音を変化させながら、滑らかに繋がるようにも吹いて下さい。3~5度の音程を変化させたりやスケールを吹きながら美しく響き、音同士が滑らかに繋がるようにも吹いて下さい。

7.タンギング
音の出だしとリズム(音形)が明確になるように舌の使い方を研究します。

・舌の動きと運指を一致させるようにして下さい。
・舌や喉に力を入れないようにして下さい。
・息を一定に保てるように、お腹の支えをしっかりして下さい。
・音が一定にそしてロングトーンの時に比べて小さくならないようにして下さい。

大切ことは
「自分の体調とやる気、姿勢、息(呼吸)、アンブシュア、楽器の調子(調整)」の5つがきちんとできているかです。

後輩と一緒に美しく、響きのある音を目指して練習して下さい。

Q: ピッコロは、本校ではフルートが持ち替えていますが、本当は1年生からピッコロ担当を決めて、練習させた方がいいのでしょうか?

A: きちんとアンブシュアができてから担当させましょう

ピッコロはフルートがかなり上手でないとできません。
口や音程などなど高度なテクニックが必要です。
ピッコロ専門(ピッコロとフルートとの持ち替え)は理想ですが、そうするとフルートの1stがいなくなってしまうのが、実情ではないでしょうか。
きちんと口(アンブシュア)ができてからピッコロを担当させて下さい。