「Fg」タグアーカイブ

■名古屋ダブルリードアンサンブルのCD「アルメニアン・ダンス!」が発売

世界的にも珍しいダブルリード楽器のみで構成される『名古屋ダブルリードアンサンブル』が待望の3rdアルバムを発売。今回は吹奏楽の名曲「アルメニアン・ダンス」とホルストの「吹奏楽のための組曲」を、なんと、ダブルリードだけで演奏しちゃいます。

この歌心あふれるアンサンブルは、この編成にしか出せない独自の世界! こういうCDを発売してくれるメーカーがある限り、まだまだCDの時代を終わらせちゃダメだよね。このサウンド、次はぜひホールで体験してみたい。

詳細などは以下のとおり。

■アルメニアン・ダンス! 
名古屋ダブルリードアンサンブル

・演奏:名古屋ダブルリードアンサンブル(Nagoya Double-Reed Ensemble)
オーボエ:山本直人、小木曽栄里子、羽佐田優子
オーボエダモーレ&イングリッシュホルン:石田正
イングリッシュホルン:小室真美、須田聡子
バスーン:野村和代、桑原真知子
コントラバスーン:冨士川健

・収録:2018年2月6-8日 三井住友海上しらかわホール
・発売元:フォンテック(fontec)
・発売年:2018年

【収録曲】

  1. アルメニアン・ダンス パート1/アルフレッド・リード(arr. 山本直人)
  2. アルメニアン・ダンス パート2/アルフレッド・リード(arr. 山本直人)
  3. 吹奏楽のための第1組曲 変ホ長調 作品28-1/グスタフ・ホルスト(arr. 山本直人)
  4. 吹奏楽のための第2組曲 ヘ長調 作品28-2/グスタフ・ホルスト(arr. 山本直人)
  5. 主よ、人の望みの喜びよ/ヨハン・セバスティアン・バッハ(arr. 石田 正)

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4398/

■岡崎耕治&山田知史のCD「ファゴットとコントラファゴットの二重奏」が発売

ファゴット界の第一人者、岡崎耕治と名手・山田知史(東京都交響楽団)によるハイレベルなアンサンブルが楽しめるCD「ファゴットとコントラファゴットの二重奏」がマイスター・ミュージックから発売される。

収録曲など詳細は以下のとおり。

■ファゴットとコントラファゴットの二重奏 

・ファゴット:岡崎耕治(Koji Okazalo)
・コントラファゴット:山田知史(Norihito Yamada)
・発売元:マイスター・ミュージック(Meister Music)
・発売年:2018年

【収録曲】

○セブン・モア・ジャズ&エスニック・デュオ/マイケル・カーティス
Seven More Jazz & Ethnic Duos/Mike Curtis

○2つの二重奏曲/パウル・ヒンデミット
Zwei Duette/Paul Hindemith

○3つの小二重奏曲/R. ブレーメル
Three Little Duets/Robert Broemel

○二重奏曲/ジョアキーノ・ロッシーニ
Duet for Cello and Contrabass/Gioachino Rossini

○二重奏曲/ドメニコ・ドラゴネッティ
Duet for Cello and Contrabass/Domenico Dragonetti

○ソナタK. 292/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Sonata for Bassoon and Cello K. 292/Wolfgang Amadeus Mozart

○メヌエットK.1/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Menuet K. 1/Wolfgang Amadeus Mozart

○メヌエットK.2/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Menuet K. 2/Wolfgang Amadeus Mozart

○アレグロK. 3/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Allegro K. 3/Wolfgang Amadeus Mozart

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4358/

■東京都交響楽団首席ファゴット奏者・長哲也のデビューCD「ソリロキー」が発売

東京都交響楽団首席ファゴット奏者・長哲也のデビューCD「ソリロキー」がフォンテックより発売される。

収録曲はマルコム・アーノルドの「ファンタジー Op.86」やウィルソン・オズボーンの「ラプソディ」など全6曲。いずれもファゴットのみの演奏による完全無伴奏作品だ。詳細などは以下のとおり。

■ソリロキー
SOLILOQUY

・ファゴット:長 哲也(Tetsuya Cho)
・収録:2017年4月11-13日 神奈川県立相模湖交流センター
・発売元:フォンテック(fontec)
・発売年:2018年

【収録曲】

  1. ラプソディ/ウィルソン・オズボーン
  2. ファンタジー Op.86/マルコム・アーノルド
  3. パガニーニの主題による変奏曲/モーリス・アラール
  4. モノローグ/イサン・ユン
  5. ニグン/フィリップ・エルサン
  6. ファゴットはたゆたい、そして微笑む/池辺晋一郎

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4333/

■日本キリスト教団 本所緑星教会 緑星★チャーチコンサート(11月19日)

教会で、こころ安まるひと時を過ごしてみませんか?
今年度赴任した岡田牧師夫妻が中心となって行われるコンサートです。
ファゴット奏者に永谷陽子氏をお迎えし、岡田恵美子牧師によるフルートとの木管の暖かく美しい音色をお届けします。
またクリスマスを先取りして、岡田いわお牧師作詞作曲のクリスマス曲を演奏します。

・岡田恵美子(おかだえみこ)フルート
桐朋学園大学音楽学部卒業後、フランスに留学。
ナント地方音楽院、パリ12区区立音楽院をいずれも満場一致の一等賞の成績で卒業。帰国後より、多方面で演奏活動を続けつつ、2008年、日本聖書神学校を卒業。現在、日本キリスト教団本所緑星教会牧師。

・永谷 陽子(えいたにようこ)ファゴット、
桐朋学園大学卒業。同大学研究科及び、オーケストラアカデミー修了。
第26回国際古楽コンクールに於いて、バロックファゴット初の奨励賞を受賞。現在、古楽、モダン両分野でオーケストラや室内楽の演奏活動をしている。また後進の指導にもあたっている。

・岡田いわお(おかだいわお)牧師・ギター
1966年、東京都に生まれる。1996年、イースターに本所緑星教会に於いて受洗。
2008年、日本聖書神学校卒業。学校卒業後、鹿児島鍛治屋町教会に伝道師として着任。2010-17年、秋田男鹿教会牧師。
本年4月より本所緑星教会主任担任牧師。

※同日10時半~11時半の主日礼拝は「特別音楽礼拝」♪
礼拝に、フルートとファゴットによる前奏、賛美歌伴奏が加わり、岡田いわお牧師によりメッセージが語られます。

日時 : 2017年11月19日(日) 開場 12:30 、開演 13:00
会場 : 日本キリスト教団 本所緑星教会
交通手段 : 都営大江戸線両国駅より徒歩10分
都営新宿線菊川駅より徒歩10分
JR両国駅より徒歩13分
JR錦糸町駅より徒歩15分
料金 : 入場無料
曲目 :
J.S.バッハ作曲
フルート・ソナタホ短調
ベートーベン作曲
3つのデュオⅠよりロンド
ヴィラ=ロボス作曲
ブラジル風バッハ第6番

問合せ :

担当者 牧師 岡田いわお 岡田恵美子
TEL 03-3631-5521
E-Mail honjo.ryokusei@gmail.com
HomePage http://www.honjo-ryokusei-church.jp

■木管三重奏、トリオ・サンクァンシュの7年ぶりとなるCD「エディット・ピアフへのオマージュ」が発売

NHK交響楽団で活躍する3人で結成される木管三重奏、トリオ・サンクァンシュの7年ぶりとなるCD「エディット・ピアフへのオマージュ」がマイスター・ミュージックより発売された。

トリオ・ダンシュといわれるオーボエ、クラリネット、ファゴットというこの編成の名曲を収録したファースト・アルバム「田園のコンセール」から7年ぶりとなるアルバムがリリースされた!

収録曲はこのアルバムのために新たに編曲されたプーランクやサティといったフランス物に始まり、オーリックによるトリオ・ダンシュのオリジナル作品、ヘンデル、モーツァルト、バッハという古典作品まで充実のラインナップ。

3本のリード楽器が紡ぐ芳醇なサウンドと、聴きどころ満載のプログラムが必聴の1枚です。収録曲などは以下のとおり。

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4110/

■エディット・ピアフへのオマージュ 
トリオ・サンクァンシュ

【収録曲】
1. エディット・ピアフへのオマージュ 即興曲 第15番/フランシス・プーランク
─/Francis Poulenc

  1. ノヴェレッテ/フランシス・プーランク
    Novellette/Francis Poulenc

  2. ジュ・トゥ・ヴ/エリック・サティ
    Je te veux/Erik Satie

  3. 愛の小径/フランシス・プーランク
    Les chemins de l’amour/Francis Poulenc

  4. 夜想曲 第1番/フランシス・プーランク
    ─/Francis Poulenc

6-8. トリオ/ジョルジュ・オーリック
Trio/Georges Auric

  1. アラ・ホーンパイプ 「水上の音楽」より/ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
    Alla Hornpipe, Water Music/Georg Friedrich Handel

10-14. 5つのディヴェルティメント 第4番 K 439b/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Divertimento No.4, K 439b/Wolfgang Amadeus Mozart

  1. きらきら星変奏曲 K 256/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ─/Wolfgang Amadeus Mozart

  2. シンフォニア 第1番 BWV787/ヨハン・セバスティアン・バッハ
    Sinfonia No.1, BWV787/Johann Sebastian Bach

  3. シンフォニア 第2番 BWV788/ヨハン・セバスティアン・バッハ
    Sinfonia No.2, BWV788/Johann Sebastian Bach

  4. シンフォニア 第8番 BWV794/ヨハン・セバスティアン・バッハ
    Sinfonia No.8, BWV79/Johann Sebastian Bach

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4110/

■ファゴット界の第一人者・岡崎耕治がCD「ラフマニノフ:チェロ・ソナタ(ファゴット編)」を発売

ファゴット界の第一人者・岡崎耕治のCD「ラフマニノフ:チェロ・ソナタ(ファゴット編)」がマイスター・ミュージックから発売された。

収録曲はラフマニノフの「チェロ・ソナタ」をはじめ全5曲。

■ラフマニノフ:チェロ・ソナタ(ファゴット編)
岡崎耕治

【収録曲】

  • チェロ・ソナタ 作品19(ファゴット編)/セルゲイ・ラフマニノフ
  • ファゴット・ソナタ ヘ長調/N. von クルフト
  • 2つの小品/魚返明未
  • 即興曲 作品35-9/レインゴリド・グリエール
  • シシリエンヌ/ガブリエル・フォーレ

【このCDの詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4066/

第9回東京音楽大学ファゴット科アンサンブル演奏会(12月9日)

初めまして!私達は東京音楽大学ファゴット専攻生です。
本年度もアンサンブル演奏会を開催しますので、宣伝をさせていただきます。

メインプログラムは、
メンデルスゾーンの『夏の夜の夢』より、序曲・スケルツォ・スケルツォ・夜想曲・間奏曲・結婚行進曲です。
その他、ファゴットのみでオリジナルから編曲ものを演奏致します。

ファゴットを知っている方も知らない方も、楽しんでいただける事が第一です。かっこいいものから美しい情景を思い浮かべてしまう、そんな企画を考えておりますので気兼ねなくどんな方にも来ていただきたいと思います!

専攻生一同、皆様のご来場お待ちしております。

日時 : 2015年12月9日(水) 開場 18:30 、開演 19:00 
会場 : 川口総合文化センター リリア音楽ホール 
交通手段 : JR京浜東北線 西口改札正面 
料金 : 全席自由 900円 
曲目 : A.Stephenson/Divertimento
Borodin/弦楽四重奏曲第2番ニ長調『夜想曲』
F.Mendelssohn/夏の夜の夢より 序曲・スケルツォ・夜想曲・間奏曲・結婚行進曲 他 
問合せ :

担当者 東京音楽大学ファゴット科(和泉)
TEL 08052072288
E-Mail tokyo.1k296fg@gmail.com
HomePage https://m.facebook.com/tokyo.1k296fg

ミヤザキジュリ・ファゴットリサイタルX

札幌出身のファゴット奏者・宮崎寿理が、時代の・世界の・楽器の枠を飛び越えて表現する音楽世界。共演には札幌の名手を迎え、変幻自在な音世界を繰り広げます。

■ミヤザキジュリ・ファゴット・リサイタルX【札幌公演】
【日時】2013年9月13日(金) 18:30開演
【会場】エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館
http://www.ac.auone-net.jp/~bungaku/index.html

【料金】前売3,000円、当日3,500円(全席自由)
【出演】
ファゴット:宮崎寿理
ピアノ:明上山貴代
フルート:安保奈苗
チェロ:宇田梓
ギター:藪田建吾

【プログラム】
○ファゴットと通奏低音のためのソナタ「ラ・モニカ」(P.F.ベデッカー)
○無伴奏フルートソナタ ニ短調 Wq.132(原曲イ短調)(C.P.E.バッハ)
○ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第28番 ホ短調 KV.304(モーツァルト)
○フルートとギターのためのタンゴ物語より「カフェ1930」(ピアソラ)他

【問い合わせ】
fagochu@googlemail.com

■日本ファゴット(バスーン)協会
http://j-bassoon.net/

【ファゴットのCD、楽譜、教則本】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000306/

Bassoon Brass Projectの「宝島」がめっちゃ面白い!

普段はなかなか目立つ機会の少ないファゴットという楽器。「もっとこの楽器のことを知ってもらいたい!」ということで、東京佼成ウインドオーケストラのファゴット奏者・福井弘康を中心に、友人のファゴット吹きが集結、「Bassoon Brass Project」なるものが誕生しているらしい。

 現在、活動のメインは「YouTube」・・・なんと、ファゴットと自分たちの叩くパーカッションのみで吹奏楽の名曲「アルメニアンダンス・パート1」や、ポップス・ステージでは欠かせない「宝島」などを演奏して公開している。

 「宝島」をファゴットだけで演奏?・・・と思うなかれ! これが、めっちゃ楽しくて、ご機嫌なのだ! まずは百聞は一見にしかず。ファゴットという楽器が、ぐっと身近に感じるはずだ!

▲「宝島」
▲「アルメニアンダンス」

Q:ファゴットの音量を上げたい

Q:私は中学1年生のファゴット吹きです。
この間、顧問の先生に、
「もっと音量を大きくしてくれ」と言われました。

肺活量は、病院で測ったことがあるのですが、
かなり良い結果でした。

ですが、音を大きくしようとすると、
音色が汚くなり、
リードのビリビリした音が混じります。

どうしたら、汚くない音色で、
大きな音を出すことができますか? (T.Y)


A:中学生でファゴット奏者は少ないでしょうから
貴重な存在ですね。

学校のバンドにファゴットがいるのは、
サウンドや楽曲のニュアンスが幅広く出せるので、
大きな魅力です。

ファゴットはあまり大音量を出せる楽器ではないので、
無理矢理楽器に息を入れすぎても、
リードのや細いボーカルなどの特性もあって、
音色が汚くなっり、リードが耐えきれずに
悲鳴をあげたりしてしまいます。

ですから、音量でなく音色を重視してみてください。

また、息の長いフレーズの歌い方、
幅広い音域、弱奏での活躍など、
他の楽器には真似のできない
ファゴットの持っている魅力と
楽曲においての楽器間のジョイントを担える存在感を
出していくといいのではないでしょうか?

活躍を期待しています。

回答:五十嵐 清