ピーター・グレイアムからすべてのユーフォニアム奏者へのビッグ・ニュース!!

 2007年1月6日に発売された、ユーフォニアム奏者、木村寛仁(きむら ひろまさ)初のソロCD『グローリアス・ヴェンチャーズ』が好調だ。収録曲のすべてが、『ハリスンの夢』や『ゲールフォース』『ザ・レッド・マシーン』『地底旅行』といった作品のスーパー・ヒットで、今ウィンドオーケストラやブラス・バンドのファンを熱狂させているイギリスの作曲家ピーター・グレイアムの作品だったというのも話題となっているが、もうひとつ、収録されている”すべての作品が出版されている”というのもこのCDの大きな”売り”となっている。つまり、誰でもCDを聴いて”演奏したい”と思ったら”速攻で演奏可能”というわけだ!!

 そこへ、作曲者のピーター・グレイアムから大きなニュースが飛び込んできた!!

 日本のユーフォニアム奏者は、普通、演奏でヘ音記号(in C)のパート譜を使うが、ブラス・バンド王国イギリスでは、ブラス・バンド用フォーマットが標準のため、ブラス・バンド用ユーフォニアムのパート譜はすべてト音記号(in Bb)で記譜されている。この大きな違いは、イギリスのユーフォニアム独奏曲の多くを日本の奏者に敬遠させる要因のひとつともなってきたが、実は、今回CD化された作品にも、元がブラス・バンド伴奏で作曲されたものがあったことから、出版楽譜にもト音記号のパート譜しかセットされていないものがあった。

 そこへ今度の木村寛仁ソロCDが登場!! 録音を聴いて驚喜した作曲者は、一方で日本の実情を知り、日本のユーフォニアム奏者のためにと、CD収録曲が含まれるすべてのピアノ伴奏セットにヘ音記号(in C)のパート譜を付けることを即座に決めた。実は、こういう小さな積み重ねが、結果、作品をグローバルへと押し上げる要因となる。作曲者に新しいパート譜を付けることを決めさせた木村寛仁のハートフルな演奏!! それを聴いてすぐパート譜を追加したピーター・グレイアム!! 両者の見事なコンビネーションには、本当に大きな拍手を贈らねばならないだろう!! CDの発売時期に合わせ、この新しいパート譜は2007年販売分からセットされる。

 なお、CD収録曲は、つぎの3つのセットに含まれている。もちろん、バンドパワー・ショップでも入手可能だ!! (カッコ内数字は、CD収録トラック・ナンバー)

・The Holy Well
(1. ホーリー・ウェル)

・Gramercy Solo Album Bb
(2. グローリアス・ヴェンチャーズ、6.つむじ風)

・Gramercy Lyric Album (in Bb)
(3. レインフォレスト、4. ケルトの夢、5. ドイルの哀歌、7. 小さな願い)

【好評発売中】 BPショップへ GO

『グローリアス・ヴェンチャーズ/ピーター・グレイアム作品集』をレコーディングした木村寛仁って、どんな人?

 2006年9月に”初のソロCD『グローリアス・ヴェンチャーズ/ピーター・グレイアム作品集』をレコーディングした木村寛仁(きむら ひろまさ)って、どんな人?” 活動の拠点を関西においているので、それ以外の地方の人にはまだまだ知られていないかもしれないが、地元関西でもし彼の名を知らないユーフォニアム吹きがいるとしたとしたら、ハッキリ言いましょう – それは”モグリ”です!!

 オフィシャルなプロフィールを見ると、木村寛仁は、「1963年、兵庫県川西市の生まれ。ユーフォニアムを的場由季、三浦徹、室内楽を森下治郎の各氏に師事。大阪芸術大学演奏学科(ユーフォニアム専攻)を、グランプリを得て卒業。その後、米国、Dr.ブライアン・ボーマンの許で研鑚を積む。」と、まず、こうある。さらに、「日本管打コンクール入選(1989)、世界ユーフォニアムテューバカンファレンス独奏コンクール第2位受賞(1990)などの栄誉にも浴し、在阪各オーケストラをはじめ、大阪市音楽団、東京佼成ウィンドオーケストラなどの客演奏者を務める傍ら、自身が主宰する大阪小バス倶楽部、ジャパンブラスコレクションのメンバーとして活動。ブリーズ・ブラス・バンドでは、1990年の発足時より10年間ソロ・ユーフォニアム奏者を務め、同バンドの欧州公演では、ソリストとして各地で好評を得た。日本管打コンクール(ユーフォニアム部門)ほか、各種音楽コンクールの審査員をつとめる。2002年より大阪音楽大学専任講師。」という、すばらしいキャリアの持ち主だ。ちなみに、現在の使用楽器 は、今度のCDのジャケットを飾っているBESSONのBE2052-2。

 これまでに、いろいろなレーベルのCD録音にも参加し、フィリップ・スパークが自らタクトをとった東京佼成ウィンドオーケストラの大ヒットCD『オリエント急行』(佼成出版社、KOCD-3902)で演奏しているユーフォニアムのひとりが、全曲、彼だったり、金 洪才が指揮した大阪市音楽団演奏のCD『マスターピース・シリーズ(27)北欧・東欧の巨匠たち Vol.2』(東芝EMI、TOCZ-0027)のテナー・テューバが彼だったりする。また、10年間、ソロ・ユーフォニアム奏者をつとめたブリーズ・ブラス・バンド時代に発売された12枚のCDすべてで、彼のすぱらしい演奏を愉しむことができ、上村和義指揮の同バンドのCD『セインツ』(佼成出版社、KOCD-2508)収録のゴフ・リチャーズの「ミッドナイト・ユーフォニアム」のソロだけでなく、同CD『エクスカリバー』(佼成出版社、KOCD-2503)収録のヤン・ヴァンデルローストの「エクスカリバー」におけるカデンツァなど、一度聴いただけでしっかりと心にのこる印象的なソロを録音で数多く残している。近年では、2006年にリリースされたテューバ奏者、潮見裕章のCD『Road』(ワコーレコード、WKCD-0003)のセッションにも参加。とにかく、すばらしいキャリアを積み重ねてきたユーフォニアム奏者で、その名は、日本国内より、むしろ演奏で訪れた海外において広く知られている。これまで、単独のソロCDがなかったのが不思議なくらいだ。

 その彼が初のソロCDのテーマに選んだのが、イギリスの作曲家ピーター・グレイアムの作品全7曲。ビロードのような美しいサウンドと、まるでチェロを聴いているかのようなハートフルな歌心でヨーロッパを魅了した木村寛仁のCD『グローリアス・ヴェンチャーズ』は、2007年1月、すべての音楽ファンへの大きな贈り物としてリリースされる。

■ グローリアス・ヴェンチャーズ / ピーター・グレイアム作品集           GLORIOUS VENTURES

【演奏:】木村寛仁(ユーフォニアム)
浅川晶子(ピアノ)

【曲目】

1. ホーリー・ウェル The Holy Well
2. グローリアス・ヴェンチャーズ
Glorious Ventures
3. レインフォレスト Rainforest
4. ケルトの夢 Celtic Dream
5. ドイルの哀歌 Doyle’s Lament
6. つむじ風 Whirlwind
7. 小さな願い A Little Wish
※視聴するにはウインドウズ・メディア・プレイヤーが必要です

【作曲】(1 – 7) : ピーター・グレイアム Peter Graham

【CD番号】 WINDSTREAM, WST-25002
【発売日】 2007年1月6日
【定価】 \1,400(税込)

【好評発売中】 BPショップへ GO >>>
グローリアス・ヴェンチャーズ/ピーター・グレイアム作品集/
GLORIOUS VENTURES【ユーフォニアム&ピアノ】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1079/

新年1月6日発売決定!! 木村寛仁CD「グローリアス・ヴェンチャーズ」プロダクション・ノート

Text:樋口幸弘

 木村寛仁(きむら・ひろまさ)さんのユーフォニアム独奏によるCD『グローリアス・ヴェンチャーズ』は、1997年にプロデュースしたブリーズ・ブラス・バンドのCD『セインツ – ファンタジック・ノエル』(佼成出版社、KOCD-2508)がすべての原点となっています。『セインツ』4曲目に収録したゴフ・リチャーズ作曲「ミッドナイト・ユ-フォニアム」の独奏者、木村さんのファンタスティックなソロに目を留めたあるレコード会社から、「ぜひ、木村さんのソロCDを作りたい」というオファーがあったからです。ところが、話がとんとん拍子に進み、あとは日程の調整を残すのみという段階になって、この話は突然キャンセルになってしまいました。日本経済を直撃したバブル崩壊のつけが、レコード会社の制作予算をも巻きこんでしまったからです。しかし、木村さんには、のぼりかけだった梯子を、突然、途中ではずされてしまったような、なんとも申し訳ない結果となってしまいました。

 それから何年もの月日が流れ、時代はすでに21世紀。木村さんとの再会は、2005年、大阪市内で開かれたあるリサイタルのゲネにおいてでした。開口一番、長く暖めてきた今回の録音プランを切り出すと、その瞬間、木村さんの顔にパッと光が差したように見えたことは、今でも記憶の中に鮮やかに残っています。そして、これが新しいヴェンチャーの始まりとなりました。

 いろいろあったアイディアの中、木村さんには、手の内に入っているオハコではなく、まったくの新曲で録音にチャレンジしていただくことにしました。レパートリーはすべて、筆者の古くからの友人でもあるイギリスの作曲家ピーター・グレイアムが過去30年近くに渡って書き溜めてきた作品の中からのチョイス。「ハリスンの夢」「ゲールフォース」「ザ・レッド・マシーン」「地底旅行」などのスーパー・ヒットで、今、ウィンドオーケストラやブラスバンドの世界を熱狂させている作曲家の、日本ではまだ広く知られていない側面を知ることになる、叙情性にとみ、話し言葉のような語り口をもった作品群です。木村さんからも、楽譜を渡してすぐに「いい曲ばかりで、ものすごく気に入っています」と電話が入り、曲と奏者の相性もバッチリのようでした。そして、大阪府茨木市の向陽台高校のご厚意でホールをお借りした最初のリハーサルを見学された同校の先生や生徒さんの感動ぶりを目の当たりにするに至り、今回の選曲の方向性が間違っていなかったことを自ら再確認することができたのでした。

 レコーディングは、2006年9月、木村さんの生まれ故郷である兵庫県川西市の”みつなかホール”で行ないました。エフェクターなどをまったく必要とせず、最少限のマイクだけで結果を出せるとても美しい響きをもったホールで、セッションは終始すばらしい空気に包まれて進行しました。その後、録音を聴いた作曲者のピーターは「とても音楽的だ!」と印象を語り、とくにスリーヴ用に”序文”と”楽曲ノート”を寄せてくれることになりました。その序の部分には、こう書かれています。

 「ソロ・ユーフォニアムとピアノのための作品集『グローリアス・ヴェンチャーズ』を皆さんにご紹介できることは、この上ない喜びです。今回は、木村寛仁さんのユーフォニアムと浅川晶子さんのピアノによって、音楽のすみずみまで表現していただく好機を得ました。彼らの演奏は、感動的であり、心に訴えかけてきます。私は、彼らの繊細かつ誠実な音楽解釈には、たいへん満足しています。」(ピーター・グレイアム、一部抜粋)

 プレゼンター&プロデューサーとしても、木村さん、浅川さんという、類稀な歌心をもち、音楽の内にこめられている情景や情感にまで細心のアプローチをみせるすばらしいペアのデュエットで、これらピーターのハートフルな作品を紹介できることは、筆に尽くせないほどの大きな喜びとなりました。

■ グローリアス・ヴェンチャーズ / ピーター・グレイアム作品集           GLORIOUS VENTURES

【演奏:】木村寛仁(ユーフォニアム)
浅川晶子(ピアノ)

【曲目】

1. ホーリー・ウェル The Holy Well
2. グローリアス・ヴェンチャーズ
Glorious Ventures
3. レインフォレスト Rainforest
4. ケルトの夢 Celtic Dream
5. ドイルの哀歌 Doyle’s Lament
6. つむじ風 Whirlwind
7. 小さな願い A Little Wish (視聴)終了しました
※視聴するにはウインドウズ・メディア・プレイヤーが必要です

【作曲】(1 – 7) : ピーター・グレイアム Peter Graham

【CD番号】 WINDSTREAM, WST-25002
【発売日】 2007年1月6日
【定価】 \1,400(税込)

グローリアス・ヴェンチャーズ/ピーター・グレイアム作品集/
GLORIOUS VENTURES【ユーフォニアム&ピアノ】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1079/

ユーフォニアムの木村寛仁が、ピーター・グレイアム作品集をレコーディング

 関西を中心に活躍し、ビロードのようなサウンドとハートフルな歌心でヨーロッパをも唸らせたユーフォニアム奏者、木村寛仁(きむら・ひろまさ)が、初のソロ・アルバムを収録した。曲目はすべて、『ハリスンの夢』『ゲールフォース』『地底旅行』などの大ヒットで世界中のバンド・ファンを熱狂させているイギリスのピーター・グレイアムの作品から選ばれ、ピアニストの浅川晶子(あさかわ・あきこ)の好アシストを得た合計7曲。セッションは、今年9月末、木村の生まれ故郷である兵庫県川西市のみつなかホールで行われたが、このほど編集も終わり、2007年早々、ウィンド・ナビゲーター、樋口幸弘が主宰するWINDSTREAMレーベルから『グローリアス・ヴェンチャーズ』というアルバム・タイトルで、CDとして発売される。発売日など、詳細は、続報を待て!!

CDタイトル: GLORIOUS VENTURES

1. ホーリー・ウェル The Holy Well
2. グローリアス・ヴェンチャーズ Glorious Ventures
3. レインフォレスト Rainforest
4. ケルトの夢 Celtic Dream
5. ドイルの哀歌 Doyle’s Lament
6. つむじ風 Whirlwind
7. 小さな願い A Little Wish

作曲 (1 – 7) : ピーター・グレイアム Peter Graham

2007ユーフォニアムキャンプ in 神戸/追加募集 若干名、締め切り12月10日

関西を中心に活躍するユーフォニアム奏者による「個人レッスン」「コンサート」など、最初っから最後まで「ユーフォ三昧」のミュージック・キャンプに、あなたも参加してみませんか? 若干名、参加者の追加募集中です。

■2007.ユーフォニアムキャンプ in 神戸

【日時】2007 年1 月6・7・8日(土・日・祝)
【場所】神戸市立神戸セミナーハウス
(兵庫県神戸市北区道場町生野字ロクゴ318-2)
【対象】
1.社会人及び大学生のユーフォニアム愛好者
2.ユーフォニアム専攻生

【レッスン講師陣】
池田 勇人、石田 忠昭、河野 健、木村 寛仁、久米 博、小寺 香奈
小西 恒夫、坂岡 裕志、曽我 香織, 高橋 歩美、中西 勲
長嶺 範隆、野崎あゆみ、深川 雅美、松谷 晃伸、三宅 孝典

【募集】若干名、締め切り12月10日(先着順)
【参加費】29,000 円(宿泊・食費・レッスン代込み)

※受講生コンサート出演者でピアノ伴奏者が必要な方は別途2,000円が必要です。

【問い合わせ・申し込み先】大阪小バス倶楽部ホームページ       http://kobass.net

音大卒業生による~ユーフォニアムデビューコンサート07・・・応募締め切り2006年12月末日

 毎年恒例の「~音大卒業生による~ユーフォニアムデビューコンサート」が2007年3月に開催されます。実行委員会では出演者を募集していますので、多数の皆さんの応募をお待ちしています。
ユーフォニアムデビューコンサートは今回で25回目になります。毎年、音楽大学もしくは同等の課程を修了した新人ユーフォニアム奏者のデビューの場として定着しております。下記の要領で応募しておりますので、出演をご希望される方は学校名、氏名、連絡先を明記の上(メールの場合)、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

■第25回ユーフォニアムデビューコンサート(~音大卒業生による~)

【日時】2007年3月7日(水)開演未定
(出演者の応募状況をみて決定します)
【会場】すみだトリフォニーホール 小ホール(東京都墨田区)
【内容】独奏もしくはアンサンブル(演奏時間は個別に受け付けます)
【参加料】23000円(共演者の経費は含まない・チケットノルマ含む)

【参加資格】
音楽大学、音楽専門学校、教育系のコースでユーフォニアムを専門的に学び、2007年3月末日に卒業見込みの者

【応募締め切り】2006年12月末日(締め切り日時点で募集人員を満たさないときは継続して応募を受け付けます)

【問い合わせ】
ユーフォニアムデビューコンサート07実行委員会(担当:牛渡)
携帯 090-4436-4937  e-mail:uschischi@mac.com

外囿祥一郎「リアル・ユーフォニアム」に収録された長生淳の「さくら」と中橋愛生の「とっかあた」の楽譜がいよいよ発売開始!

世界的ユーフォニアム奏者・外囿祥一郎が2006年6月に発表した「リアル・ユーフォニアム」に収録されている長生淳の「さくら」と中橋愛生の「とっかあた」の楽譜が、佼成出版社より発売されます。

 なお、この発売を記念して、それぞれ初版10限定先着順で外囿祥一郎氏直筆サインを入れてお届けいたします。 さぁ、あなたもCDを聴くだけじゃなくこの作品にチャレンジしてみましょう。

予約受付は7月20日より。「ご注文方法」に基づき申し込みください。

※サイン入り楽譜の限定部数を超えた場合は何卒ご了承ください。

詳細】佼成出版社HP
http://www.kocd.jp/topics/060515.html


■リアル・ユーフォニアム/The Real Euphonium/外囿祥一郎
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0921/

CD購入はコチラ!!>>

○ユーフォニアム:外囿祥一郎(Shoichiro Hokazono)
○ピアノ:藤原亜美(Ami Fujiwara)
○発売元:(株)佼成出版社
SACD/CDハイブリッド

【収録曲】

1. ユーフォニアムとピアノのためのソナタ/伊藤康英
Sonata fur Euphonium und Klavier/Yashuhide Ito
   I)第1楽章(1stMovement)【7:48】
II)第2楽章(2nd Movement)【4:50】
III)第3楽章(3rd Movement)【3:52】

2. アマランス/鍋島佳緒里【10:32】
Amaranth/Kaori Nabeshima

3. さくら/長生 淳【8:19】
Sakura/Jun Nagao

4. 8つのモットー「5つの小品」/中川俊郎
Otto Motti(Eight Mottoes) Five Pieces for Euphonium and Piano
/Toshio Nakagawa
I)ふるえる線-階段とそれに交差するスロープ 【2:26】
(Trembling Line / Ascending Steps Intersecting Descending Slopes)
II)バッハのモットー<1>-鏡の間【3:25】
(Motto on B-A-C-H<1>/The Hall of Mirrors)
III)ファンファーレ(Fanfare)【1:05】
IV)バッハのモットー<2>-ふるえる線(Motto on B-A-C-H<2>
/ Trembling Line)【2:54】
V)コーダ・マーチ(Coda- March)【1:49】

5. メタルスネイル組曲/吉松 隆
Metal Snail Suite Op.80/Takashi Yoshimatsu
I)アレグロ・スパイラル(Allegro Spiral)【2:37】
II)バルカローレ(Barcarole)【3:02】
III)スネイル・ブルース(Snail Blues)【2:46】
IV)エクローグ・モノローグ(Eclogue Monologue)【2:36】
V)ダーク・ベース(Dark Bass)【2:29】
VI)ランダム・スネイル(Random Snail)【2:07】
VII)ファイナル・ブギ(Final Boogie)【2:48】

6. とっかあた/中橋愛生【2:53】
TOCcatA for Euphonium and Piano/Yoshio Nakahashi

ユーフォ大好き人間集まれ! 2006ユーフォニアム・キャンプ in 飯綱

三浦徹が主催する「ユーフォニアム・キャンプ in 飯綱」が5月4日(木)~7日(日)の間、長野県飯綱高原のユーフォニアムロッジにて開催されます。今年は好評のアンサンブル・レッスン、工作講座など様々な催しに加え、北欧フィンランドの名手ユッカ・ミュッリュスをゲストに迎えてのマスタークラス、コンサートと例年以上に盛りだくさんの内容となっています! ユーフォがもっと好きになる!音楽がもっと好きになる毎日になることうけ合い!皆さん是非ふるってご参加ください!

2006ユーフォニアム・キャンプ in 飯綱

【日時】2006年5月4日(木)~7日(日)
【場所】長野県飯綱高原ユーフォニアム・ロッジ

【講師】
・三浦 徹(東京佼成ウィンドオーケストラ、国立音楽大学・相愛音楽大学)
・幡野 武(名古屋芸術大学・くらしき作陽音楽大学講師)
・児島 瑞穂(第22回日本管打楽器コンクール1位)
・小畑 ゆかり(フリーランス)
・西郷 雅則(東京佼成ウィンドオーケストラホルン奏者)
※工作講座特別講師

【ゲスト】ユッカ・ミュッリュス(シベリウス音楽院、オウル大学、オウルコンセルバトワール講師)

【申し込み締切日】4月20日(木)

【講座内容】(予定)
・天才はこう作られる!ユッカ・ミュッリュス基礎講座
・金賞へまっしぐら! 三浦徹による吹奏楽コンクール課題曲講座
・「ホラ!」食べてみる?、作ってみる?、吹いてみる?人類最初の管楽器「ほら貝」工作講座
・ちょっと真面目にお勉強。 伴奏つきソロ演奏講座
・もうマウスピースはいらない!「これよし、あれよし、それもよし」 迷わないための傾向と対策
・からおけUFO2 あなたが主役!気持ちよく歌ってみよう!
・男子禁制!?女性の女性による女性のためのユーフォ講座
・巨匠 ユーフォニアムを語る!!!
・受講生によるアンサンブルレッスン
・個人レッスン
・受講生による発表会
・講師陣とユッカ・ミュッリュスによるスペシャルコンサート
ほか

詳細は以下ホームページをご覧下さい。

■ホームページhttp://euphnet.gozaru.jp

【問い合わせ】 euphnet@hotmail.co.jp

ユーフォ大好き人間集まれ! 三浦徹主催「ユーフォニアム・キャンプin飯綱’05」参加者募集

三浦徹が主催するユーフォニアム・キャンプin飯綱’05が開催されます。アンサンブルやデュエット、伴奏付きロッシュのレッスン、大人の為の楽して「うまくなろうユーフォニアム」カラオケ講座、ステップアップのための極意、絶対役に立つバンドスタディ、工作講座「ユーフォニアム・スタンド」製作、プロ直伝の楽器掃除術など盛りだくさん。
希望者には個人レッスンを受けるチャンスも! ユーフォがもっと好きになる! みなさまふるってご参加ください!!

【日程】2005年8月18日(木)~21日(日)
【場所】長野県飯綱高原 ユーフォニアムロッジ
【講師】三浦徹(東京佼成WO、国立音楽大学、相愛大学講師)
幡野武(名古屋芸術大学、くらしき作陽大学講師)
齋藤充(フィリップ・ジョーンズ国際コンクール優勝者)
小畑ゆかり(フリー)
【参加費】35000円(3泊4日宿泊費込)
※個人レッスン(16人限定、1レッスン45分)および
工作講座を希望される方はそれぞれ料金別途必要
【問い合わせ】 幡野 090-8775-2598 または euphnet@hotmail.co.jpまで

■詳しい内容についてはホームページへ

http://euphnet.gozaru.jp/

Q:高い音をきれいに出したい!

Q:私はユーフォ歴2年の高校生です。高い音がきれいに出ないのと音が小さいことに悩んでいます。どういう練習をしたらいいですか?


A:高音を出せるようになることは、金管楽器奏者にとって夢であり、目標であり、課題でもありますね。まず、慌てずに、今しっかり出せる音域の音の充実を図りましょう。そして、低音域をしっかり出せるように低音域ロングトーンを多めにしてみて下さい。なぜかは、唇とその周りの筋肉を鍛える為です。金管楽器は唇と息のコントロールとで音色や音域が充実してきます。

 さて、実際に行なうトレーニングですが、以下のパターンでゆっくりしたテンポから徐々にテンポを速くしていく。

【1】リップスラーの練習

【2】リップトリルの練習

【3】出せる音域まで、ドレ(2~4拍フェルマータ)ド→ドレミ(フェルマータ)レド→ドレミファミレド・・・を行い、少しずつ高音域に拡張させる。

【4】チューニングB♭から半音階進行でB♭HCC♯DE♭(フェルマータ)→B♭~E(フェルマータ)・・・と音域を拡張していく。

 また、音量の増大は、p~fまでダイナミックスを変化させたスケール練習を行なって下さい。

 CD等でプロの方の音で目標とする音色を定めて練習して下さい。継続してコツコツ練習を積み重ねる以外に上達する要素はありません。納得した演奏になるように頑張って下さい。

【ユーフォニアムのCD】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000909/

回答:五十嵐 清