「Dmitri Shostakovich」タグアーカイブ

■吹奏楽曲でたどる世界【第48回】スターリン死去(1953年) ~祝典序曲(ショスタコーヴィチ作曲/ハンスバーガー編曲ほか)

Text:富樫鉄火

●作曲:ドミトリ・ショスタコーヴィチ Dmitrii Shostakovich(1906~1975)ロシア
●原題:Festive Ouverture(英語表記の場合の一例)
●初出:1954年原曲初演
●編曲:ドナルド・ハンスバーガー、上埜孝など
●出版:HAL LEONARD(ハンスバーガー版)、ウインドギャラリー(上埜版、レンタル)
●参考音源:各種あり
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0430/
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2378/
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0277/

●演奏時間:約7分
●編成上の特徴:大型編成。正式演奏版(上埜版)はバンダ(金管別働隊)あり。
●グレード:5

今回の曲は、本来が管弦楽曲であるが、いまでは吹奏楽曲としてスタンダードとなっており、読者諸氏の中でも演奏したり、聴いたりしたことのある方も多いと思う。

ソ連(=旧ソヴィエト社会主義共和国連邦、現ロシア)は、第2次世界大戦の「戦勝国」である。日ソ不可侵条約を結んで、お互い、敵同士となっても互いの国内での戦闘をしない約束だったのに、終戦直前、連合軍の勝利を確実と見たソ連は、条約を無視してソ満国境を越え、日本に攻め入ってきた。そして「勝利」……。

私の両親の世代には、いまでもこの時のことを引き合いに出して「ロシア(ソ連)は約束を平気で破る国だ。だから信用できない」と言う人が多い。

終戦後、ソ連は戦勝国としてアメリカと並ぶ世界の2大国となった。ただし、社会主義国だったので、その発展ぶりは、アメリカとは大いに違った。大戦を「勝利」に導いた独裁者スターリンによる超ワンマン国家として発展したのだ。このソ連が生んだ20世紀最大の天才作曲家がショスタコーヴィチである。(スターリンやショスタコーヴィチについては、第45回≪ベルリン陥落≫の回を参照)。

彼の生涯は、まことに複雑だった。当時のソ連は、すべてが独裁者スターリンによって決められていた。とにかく政府=スターリンのお気に召さない芸術は、ことごとく葬られた。ショスタコーヴィチも、新機軸の音楽を開拓するたびに政府から「西洋かぶれ」「人民の敵」「もっと大衆向けに」と批判され、その都度、あらためてお褒めに預かれる音楽を書く――そんなことの繰り返しだった。要するに独裁者スターリンとの闘いの毎日だったのだ。だったら亡命すればよさそうなものだが、家族思いで生真面目だった彼は、そこまでは踏み切れなかった。

だが、そのために彼の音楽は、様々な側面を持つことになり、まさに20世紀現代社会の縮図のような面白さを我々に与えてくれている。

1945年、ショスタコーヴィチは「ロシア革命37周年記念」「ボルガ=ドン運河開通記念」曲として、この《祝典序曲》を発表した。もちろん初演は大成功で、喝采を浴びた。

だが……ロシア革命「37周年」記念で曲を書くとは、少々、中途半端には思えないか。さらに「ボルガ=ドン運河の開通」は、もう2年前の話なのである。運河の開通を2年後に祝うというのも、どうもピンと来ない。ほんとうにこの曲は、それらのお祝いの音楽なのだろうか……?

実は、それ以前の1947年に、ショスタコーヴィチは「戦後復興に打ち込んでいる人民のための、革命30周年記念曲を書いている」と書いている。ところが、どうも、それにあたる曲がないのだ。そこで、もしかしたら、ここで書いている「記念曲」が≪祝典序曲≫なのではないか、との説がある。だがそうだとしたら、なぜすぐに初演せず、7年もたってから世に出したのだろうか?

実はショスタコーヴィチが「記念曲を書いている」と記した直後、彼は政府から徹底的に批判されていた。「抽象的な音楽はダメ。国家の意向に沿った分りやすい音楽を書け」と。このままでは作曲活動を続けられなくなると判断したショスタコーヴィチは、オラトリオ≪森の歌≫などの「分りやすい音楽」を書いて“反省”を国家に示していた。そんな時期だったので、神経質になって引っ込めたのだろうか……だがそれにしては≪祝典序曲≫は、たいへん「分りやすい音楽」だと思うのだが……。

ここでまたも、新たな想像をしたくなってくる。

実は、独裁者スターリンが、1953年に死んでいるのだ。≪祝典序曲≫の初演は、その翌年1954年……。

もしかしたら……1947年に書いていながら、政府の批判を浴びて神経質になっていたので一時ボツにした……そうしたら、1953年に、やっかいなスターリンがいなくなった……これからは、好きなように音楽を書ける。いまこそ≪祝典序曲≫を世に出して、その歓びをあらわしたい……?

だとしたら≪祝典序曲≫は、スターリンの死を祝う曲なのか?

以上はもちろん推測だが、そう考えた方がピッタリくるほど、この《祝典序曲》は、華々しい祝祭気分に満ちている(人の死を祝う曲というのも変な話だが)。

原曲は管弦楽曲で、ラスト部分にバンダ(金管別働隊)が加わる派手な曲で、いまでは吹奏楽版の方が演奏の機会が多い。かつてはハンスバーガー編曲版が人気だったが、最近は上埜孝版などもある。

ソ連はスターリンの死後、フルシチョフによって「雪解け路線」がとられ、次第に東西冷戦も沈静化し、1991年に連邦解体となった。いま「ソ連」なる国は、もうない。

ちなみに独裁者スターリンは、クラシック音楽を愛好する一面も持っていた。旧ソ連に、マリア・ユーディナ(1899~1970)という「幻」の女流ピアニストがいた。亡くなるまで一度もソ連を出たことがなかったので、西側では、レコードで聴くしかなかったが、ソ連では最も尊敬された骨太なピアニストだった。

ある時、独裁者スターリンが、放送局に自ら電話をかけてきて「ユーディナが弾いた、モーツァルトの23番のコンチェルトのレコードがあるか」と聞いてきた。

放送局のスタッフは、驚かんばかりに飛び上がってしまった。独裁者からのご下問に、まさか「ない」とは言えない。急きょ、ユーディナ本人をはじめ、オーケストラや録音スタッフが放送局に呼び集められ、徹夜で録音、レコード制作が行なわれ、翌朝、スターリンのもとへレコードが届けられた。

1953年3月5日、脳卒中で亡くなったスターリンの部屋のプレーヤーには、そのレコードが載っていたという。【注】
<敬称略>
【注】この話は、有名なヴォルコフ編『ショスタコーヴィチの証言』(中公文庫)など、いくつかの本で紹介されているが、最近では、高橋敏郎『LPジャケット美術館~クラシック名盤100選』新潮社)の中で、ユーディナのLPジャケット肖像写真とともに紹介されている。

■吹奏楽曲でたどる世界【第45回】第2次世界大戦(1939~1945)その6 ~ベルリン大攻防戦~ヒトラー自殺(1945年4~5月)組曲≪ベルリン陥落≫作品82(ショスタコーヴィチ作曲/木村吉宏編曲)

Text:富樫鉄火

●原題:The Fall of Berlin Op.82
●作曲:ドミトリ・ショスタコーヴィチ Dmitrii Dmitrievich Shostakovich<英字表記>(ロシア、1906~75)※原曲(管弦楽版)の構成はアトヴミャーン。
●初出:1949年(映画公開)
●出版:ウインドギャラリー(レンタル)
●参考音源:『ベルリン陥落 広島ウインドオーケストラ』木村吉宏指揮(フォンテック)※ライヴ音源
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2888/

●演奏時間:全8楽章 約30分弱
●編成上の特徴:スコア未見につき詳細不明だが、かなりの大型編成。
●グレード:5

連合軍にヨーロッパ上陸を果たされ、占領していたパリまでを奪還されたナチスドイツは、追い詰められる一方だった。

そんなドイツを東側からさらに攻めまくり、ベルリンを攻略してヒトラーを自殺に追い込んだのは、当時のソ連(現ロシア)だった。独裁者スターリンが率いる社会主義の超大国である。

確かにソ連の進撃ぶりは凄まじかった。1945年に入るや、ドイツが侵攻しつづけていたポーランドを解放し、アウシュビッツ(ユダヤ人虐殺)の実態を世界に知らせた。

ヒトラーは地下に潜行し、やけくそになって「ドイツ全土を焦土と化せ」と指令を発するが、誰も従わなかった。西側からは、アメリカ・イギリスを中心とする連合軍が迫ってくる。

ヒトラーと並ぶファシスト、イタリアのムッソリーニは逮捕され、広場で処刑されて逆さ吊りとなった。この事実を知ったヒトラーは、自分もさらし者にされるのを恐れ、ベルリンの地下司令部内で、愛人エヴァ・ブラウンとともに自殺する。

その頃、ソ連軍は、ライン河を突破し、難所ゼーロフ高地のドイツ軍拠点も破って、猛烈な勢いでベルリン市内に突入していた。ドイツ軍と市民も決死の抵抗を試み、壮絶な市街戦が展開した。

特にドイツ国会議事堂は、ナチスドイツ親衛隊が最後まで立てこもって抵抗をつづけていた。ソ連軍にとっては、ここを攻略することが、ベルリン全体を陥落させる象徴になると判断、徹底的に攻撃した。

半ば崩れかかった国会議事堂の屋上に、ソ連兵がソ連国旗を掲げている有名な写真がある。一説には、この写真は、ベルリン全体が陥落して一段落したあとになって、あらためてポーズをとらせて撮影した写真だとも言われているが、それでも、これを見ると、当時のベルリン市内がいかに徹底的に破壊されたかがよく分る。

また、陥落後、ソ連兵が市内で暴れまわったのも有名な話だ。いくらドイツ憎しとはいえ、彼らの残虐非道ぶりはかなりのものだったらしい。市内で集団レイプされた女性の数は10万人。そのうち1万人近くがショックで自殺したとさえ言われている。【注1】

しかし、とにかくこの「ベルリン大攻防戦」をソ連が制したことで、1945年5月7日~8日にかけてドイツは連合国側に対して無条件降伏し、ここに、ヨーロッパ大陸における第2次世界大戦は終結を迎えるのである。

この一連のソ連の「快挙」を映画にしたのが、1949年のソ連による国策映画『ベルリン陥落』である。音楽はショスタコーヴィチ。

1953年にスターリンが死去し、一挙に世界中で、この独裁者に対する批判が噴出したため、長いこと封印され、「幻の映画」となっている時期があった。というのも、どう贔屓目に見ても、これは、ソ連の独裁者スターリンのプロパガンダであり、まともな映画ではない。よく言って「究極の珍作」である。最初から最後までスターリンは冷静で素晴らしい指導者として描かれる。ラストで、世界各国の若者がスターリンを取り囲んで拍手喝采を送るシーンは、あまりのバカバカしさに言葉を失うであろう。

確かにスターリンは、ナチスドイツを打ち破ったという点では英雄であろうが、実はヒトラーに負けず劣らない独裁者であり、当時もその後も、決して誉められた指導者ではなかったのだ。

ただしこの映画、「珍作」だと思えば、それなりの面白さもある。現在では、DVD化もされ、気軽に観ることができる。たとえばスターリンを演じた俳優のそっくりさんぶりには目を疑うであろう。メイキャップの賜物とはいえ、よくぞここまで似た俳優を探してきたものだと感心する。

また、ヒトラーを演じたそっくりさん俳優の怪演ぶりは一見に値する。ギャグすれすれの演技で狂気を表現しており、きれいごとのみで描かれたスターリンの場面とのあまりのギャップが、そのまま映画の魅力になっているという、皮肉な結果を招いている。

一応、世界最初の「カラー戦争大作映画」ということになっているそうで、随所にカラーの美しさを生かした画面も登場する。終戦直後のベルリン市内でロケされた部分があるので、廃墟となった市街がフィルムに記録されており、この攻防戦がいかに激しかったかをリアルに物語っているという点でも、それなりの価値はある。さらに、クライマックスで、主人公の兵士が、ソ連国旗を片手にドイツ軍の砲撃の中をかいくぐって国会議事堂に突入し、屋上に上がって旗を掲げるに至るシーンは、プロパガンダとはいえ、それなりの緊張感で表現されている……とも言える。

だが、そんな国策映画でありながら、やはりショスタコーヴィチが付けた音楽は、紛れもない一級品である。一部、彼の交響曲第7番≪レニングラード≫の旋律なども出てくるが、壮大なスケールながら、どこかシニカルさも忘れない彼独特の音楽性は、ここでも十分発揮されている。あまりにバカバカしい映画に、あまりに素晴らしい音楽……何とも不思議な作品が生れたとしかいいようがない。

作曲当時、ショスタコーヴィチは、有名な「ジダーノフ批判」にさらされていた。「西洋かぶれ」「もっと大衆向けに」「スターリンを個人崇拝せよ」と、徹底的にお叱りを受けていたのだ。生真面目なショスタコーヴィチは、さっそく「反省」して、オラトリオ≪森の歌≫などの「大衆向けの音楽」を書いた。その中のひとつが、この映画『ベルリン陥落』の音楽だったのだ。

この映画の音楽から、ショスタコーヴィチの友人だったアトヴミャーンによって8曲が抜粋され、管弦楽組曲になった。さらにそれが、木村吉宏の編曲で吹奏楽版組曲になっている。【注2】コンクールでも、2004年の全国大会で、愛知県の安城学園高校が取り上げていた(銀賞)。

曲は、原組曲どおり8楽章構成。【Ⅰ】前奏曲、【Ⅱ】川のほとり、【Ⅲ】攻撃、【Ⅳ】庭にて、【Ⅴ】ゼーロフ高地の嵐、【Ⅵ】破壊された部落にて、【Ⅶ】地下室、【Ⅷ】終曲。

戦争映画の音楽でありながら、ハリウッド製とは明らかに違う、品格と知性を感じさせる曲調は、吹奏楽版になっても決して失われていない。雄大な【Ⅰ】<前奏曲>、ベルリンへの玄関口と言われたゼーロフ高地での戦いを描く【Ⅴ】<ゼーロフ高地の嵐>など、どれも迫真の音楽である。特に冒頭とラストに登場する、勇ましくもどこか哀愁のある旋律はショスタコーヴィチならではの魅力に溢れている。

吹奏楽界におけるショスタコーヴィチといえば、何と言っても≪祝典序曲≫が有名だが、この曲も、もっと演奏されていいスコアだ。ただし、若い方々が演奏する際は、本来がどういう映画であり、何を描いた音楽なのかを、キチンと知ってからトライしていただきたい。これは、あくまで「ソ連」の側から一方的に描かれた、スターリン礼賛の音楽なのだから。
<敬称略>

※「木村吉宏」の「吉」は、正確には上部が「土」です。
【注1】もし、ベルリン大攻防戦に興味を持ったら、アントニー・ビーヴァー『ベルリン陥落1945』(川上洸訳、白水社刊)は必読。膨大な資料と取材でベルリン陥落の実態を描いて世界的ベストセラーになった、戦史ノンフィクションの傑作である。
【注2】ほかに、作編曲家・高木登古による吹奏楽版組曲(全5曲)もある。詳細は、サイト「高木登古の部屋」
http://www18.ocn.ne.jp/~q3542/index.html を参照されたし。ちなみに高木氏は、2007年のコンクール課題曲≪マーチ「ブルースカイ」≫の作曲者であり、「秘曲・珍曲」の発掘者としても知られている。