■フライト~大空の冒険(作曲:ベンジャミン・ヨー)

 「ジュビランス~祝典のための序曲」「アト・ザ・ブレーク・オブ・ゴンドワナ~吹奏楽のための音詩」などで注目を集めるシンガポールの新星、ベンジャミン・ヨーのとてもエキサイティングな作品!

「フライト~大空の冒険」は、大空を翔る若いパイロットのアドヴェンチャーを表した表題音楽で、2010年6月16日、シンガポールのエンプラネード・コンサートホールで、ブランド・タン指揮、ミュージック・タレント・ディヴェロップメント・センター・コンサート・バンドの演奏で初演された。

 曲は、6つの短い音楽で構成されている。

 エンジンが始動するシーンを表すイントロの後、スコアには、“離陸(Take Flight)”~“空中で!(In the Air!)”~“乱気流 (Turbulance)”~“嵐!(The Storm!)”~“空高く鳥の目が見る眺め(Bird-eye’s View Aloft)”~“着陸(The Landing)”という、場面や状況を指し示すガイドがあり、とてもわかりやすい。

 音楽の中から情景が浮かび上がってくる印象だ。

 また、空気の流れを表現するための“エアホ―ス”や“プロペラ音”などでパーカッション・パートが大活躍!演奏だけでなく、視覚的に楽しませる仕掛けが随所に盛り込まれている!

(それらの演奏方法については、楽譜に指示があるが、作曲者は、同じような音が出るものなら何でも(録音されたCDを使っても)OKと述べている。要は工夫次第! 何でもありの“目立ったもん勝ち”の世界というわけだ! 頑張れ、全国のBPたち!)

 その他、編成の大小にかかわらず効果的な演奏ができるように、パート数を切り詰めてオーケストレーションされているのも大きな特徴。パーカッションさえコントロールすることができれば、様々な人数のバンドでも活き活きとした演奏が可能。

 メロディーラインもとても親しみやすく、場面や情景がどんどん移り変わっていく理屈抜きで愉しめるエンターテイメント作品!

 コンサートやコンクールなど、いろいろな音楽シーンで活躍しそうな作品だ!

・出版社グレード:4
・TIME:8分08分

【ベンジャミン・ヨー】
1985年11月30日、シンガポールに生まれる。7才から音楽を始め、スクール・バンドでトランペットを演奏。シンガポール陸軍バンドに入隊し、その後、ケリー・タン、ゼカリヤ・ゴーの両博士に和声と対位法を師事。ナンヤン工科大学、国立教育研究所で音楽を専攻し、芸術学士号を取得。作品は、アメリカでも出版。将来を嘱望される若手作曲家の1人である。

【編成など詳細をチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-9132/

(2012.04.05)

■「アット・ザ・ブレーク・オブ・ゴンドワナ」~吹奏楽のための音詩(作曲:ベンジャミン・ヨー)

ヨーロッパでもヒット!シンガポールの新星、ベンジャミン・ヨーがオーストラリアの大自然をテーマに作曲したウィンド・バンド(吹奏楽)のための音詩!

 2008年、シンガポールのシンミン・セカンダリー・スクール・シンフォニック・バンドの委嘱で作曲され、翌年5月26日、同市のエスプラネード・コンサート・ホールにおいて、ブランド・タン指揮、同バンドの演奏で初演された。

 初演時は“In the Winter Early Hours, at the Break of Gondwana (冬の朝早く、ゴンドワナ超大陸の破断した地点に立って)”という長いタイトルだったが、出版時に現在のものに改題された。

 曲名に含まれている“ゴンドワナ”は、プレートテクトニクス(プレート理論)により、はるか昔に存在したと考えられている超大陸をさし、現在のアフリカ、南アメリカ、南極、オーストラリアの各大陸に、インド亜大陸やアラビア半島、マダガスカル島などが1つにまとまった大きな大陸であったとされる。

 オーストラリア西部アルバニーには、大昔、地続きだった南極大陸とオーストラリア大陸が激しい地殻変動により離ればなれになった証しが海岸線となって残る。

 この作品は、その海岸に立ったときの作曲者の感動が1つの音詩となっている。スコアにはつぎのような7つの小題がガイドとして印刷され、とてもわかりやすい。

1. 超大陸の壮大さ
(Grandeur of Supercontinent)

2. 4500万年前
(45 million years ago)

3. オーストラリアと南極の分離
(Break-up of Australia and Antarctica)

4. “ナチュラル・ブリッジ”と“ザ・ギャップ”の印象
(Impressions of the Natural Bridge and the Gap)

5. 予見される悲劇
(Fateful Tragedy)

6. 未来:“ナチュラル・ブリッジ”の崩壊(不確かさな時に)
The Future: Collapse of the Natural Bridge (Uncertainty of time)

7. 母なる大地の素晴らしさ
(Magnificence of Mother Earth)

(註:“ナチュラル・ブリッジ”と“ザ・ギャップ”は、“自然にできた橋状の石”と“断崖絶壁”で、ともにこの海岸線の見どころ。)

 小題のガイドどおり、曲は、壮大な自然美の描写に始まり、かつての激しい火山活動や地殻の動きなどを思い描いた後、再び冬の強い風にさらされる今の海岸の情景と母なる大地の素晴らしさを描く構成で、ひじょうにドラマチック!

 音楽の中から情景がつぎつぎと浮かび上がり、メロディー・ラインの親しみやすさは特筆ものだ!

 オーボエ、バス―ンが各1、ホルンが2パートなど、使用楽器編成はそんなに大きくはなく、打楽器さえうまくコントロールすれば、少ない人数でもかなり効果的な演奏が可能!

 コンサートからコンクールまで、幅広い音楽シーンで活躍しそうな作品だ!

【ベンジャミン・ヨー】
1985年11月30日、シンガポールに生まれる。7才から音楽を始め、スクール・バンドでトランペットを演奏。シンガポール陸軍バンドに入隊し、その後、ケリー・タン、ゼカリヤ・ゴーの両博士に和声と対位法を師事。ナンヤン工科大学、国立教育研究所で音楽を専攻し、芸術学士号を取得。作品は、アメリカでも出版。将来を嘱望される若手作曲家の1人である。

【編成など詳細をチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-9133/

(2012.03.14)