「教則」タグアーカイブ

2014年全日本吹奏楽コンクール「課題曲合奏クリニック」…「一から曲を作りあげるのは苦手だなー」というバンドには、まさにうってつけのアイテムだ!

 今年もブレーン・ミュージックより「課題曲攻略DVD」が3月31日に発売される。

 緻密なアナリーゼと講師・福本信太郎の的確なアドバイスによって、演奏ポイントをわかりやすく解説。部員たちがどんな練習をすればいいのか、いたれりつくせりの課題曲解説DVDに仕上がっている。

 また、「課題曲III」20人編成による小編成バージョンの収録。楽譜を元に「一から曲を作りあげるのは苦手だなー」というバンドには、まさにうってつけのアイテムだ。

 このDVDを参考に、同じ演奏に仕上げるもよし! 逆に、参考演奏とは違ったアプローチでコンクールにチャレンジするもよし! コンクールに参加するバンドは、ぜひ、手に入れて、自分たちに合った活用方法を探してみよう。

・講師:福本信太郎(Shintaro Fukumoto)
・モデルバンド:昭和音楽大学 昭和ウィンド・シンフォニー(Showa Wind Symphony)
・収録曲

【課題曲I】最果ての城のゼビア/中西英介
【課題曲II】行進曲「勇気のトビラ」/高橋宏樹
【課題曲III】「斎太郎節」の主題による幻想/合田佳代子
【課題曲IV】コンサートマーチ「青葉の街で」/小林武夫
【課題曲V】きみは林檎の樹を植える (高大職一のみ)/谷地村博

【このDVDをBPショップで購入する】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/dvd-9600/

岩井直溥のポップス&吹奏楽メソッド…吹奏楽でポップス演奏するバンドには必需品といえるかも

吹奏楽マガジン バンドパワー

 吹奏楽ポップスの父、岩井直溥によるオリジナル・メソッドがブレーンより発売された。
練習曲を通してより複雑な和音の響きに耳を慣らし、吹奏楽・ポップス合奏への導入やバンドのステップUPにも有効な曲集とのこと。
別冊付録として《岩井直溥直伝【ポップス演奏のための虎の巻】》も同封されており、吹奏楽でポップス演奏するバンドには必需品といえるかも。

【別冊付録内容】
・リズム(ビート)の基本
1.ポップスにおけるスタイル別基本リズム・パターン
2.ポップスにおけるビートのアクセント(クラシック音楽との違い)
・基本の奏法
1.音の伸ばし方の解釈「ノーテーション」
2.タンギングの為の発音「シラブル」
・スイング奏法の重要な約束事
1.知っておきたいスイング・リズムの基礎
2.スイング独特な特徴を持った各種フレージングと譜読み
・その他の奏法
1.ポップス奏法でのスラー及びビブラートの解釈
2.ポップス奏法の各種イフェクトを知っておこう

■このCDの詳細をチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-0022/

丸谷明夫監修の「必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック 指導者編」がヤマハミュージックメディアより発売

 カリスマ吹奏楽指導者、淀工の丸谷明夫先生が監修した「必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック」シリーズの1冊、指導者編がヤマハミュージックメディアより発売された。

 一番の注目は第1章の「全国の吹奏楽指導者をたずねて」で、東海大学付属第四高の井田重芳先生をはじめとする5人のコンクール常連校バンドの指導者が登場、練習のコツや音へのこだわりなどが紹介されている。部員のやる気を引き出し活気のあるバンドをつくるための指導法や運営法も満載。吹奏楽の指導者ならば持っておきたい一冊だ! その他の主な内容は以下の通り。

■必ず役立つ 吹奏楽ハンドブック 指導者編
監修:丸谷明夫【音楽書】

●第1章 全国の吹奏楽指導者をたずねて
井田重芳先生[東海大学付属第四高等学校吹奏楽部顧問]
高田志穂先生[宮城県仙台市立八軒中学校吹奏楽・合唱部顧問]
須藤卓眞先生[松戸市立第四中学校吹奏楽部顧問]
田中一宏先生[金沢市立浅野川中学校吹奏楽部顧問]
屋比久勲先生[原田学園鹿児島情報高校吹奏楽部顧問]

●第2章 プロが見た吹奏楽の現場
山手寿子先生[シエナ・ウインド・オーケストラ クラリネット奏者]
山岸明彦先生[シエナ・ウインド・オーケストラ テューバ奏者]
荻原松美先生[シエナ・ウインド・オーケストラ ティンパニ奏者]

●第3章 指揮者に必要なこと
下野竜也先生[読売日本交響楽団正指揮者/広島ウインドオーケストラ音楽監督]
部員のやる気を引き出し活気のあるバンドをつくるための指導法や運営法も満載。
吹奏楽の指導者ならば持っておきたい一冊!

【この本のBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4166/

練習時間のとれないバンドの強い味方! 2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲集「課題曲完全攻略ガイド」が日本パルスより発売

 毎年、練習時間のとれないバンドに大人気の「コンクール課題曲 攻略ガイド」DVDが今年も日本パルスより発売された。

 課題曲を様々な角度から研究できるようにとカメラ18台、マイク47本使用して、課題曲をあらゆる角度から収録。
各演奏パートや指揮者の映像を選択して視聴することが可能となっている。

 指揮・解説は楊鴻泰。指揮のポイントだけでなく、各楽器の演奏面での実践的な助言もチェックできる。また各パート奏者からのアドバイスをまとめた小冊子「テクニカルアドバイス」が付属しているのも大きな魅力だ。

【このDVDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/dvd-9551/

【2013年度 課題曲関連商品】

■2013年全日本吹奏楽コンクール
課題曲合奏クリニック【DVD】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/dvd-9548/

■熱演!吹コン課題曲2013
フィルハーモニック・ウインズ 大阪
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2832/

メアジックより「テューバ」「コントラバス」オケスタお手本CD(オーケストラ・スタディ参考演奏 )発売中!

もっと聴きたい! もっと知りたい! もっと吹きたい!
もっと上手くなりたい! もっと楽しみたい!
楽器愛好家・音楽ファンのための“もっとオーケストラ”シリーズ。

オーケストラ作品の各楽器のパート楽譜の参考演奏集、オーケストラスタディの実演資です。各楽器の「もっとオーケストラ!」シリーズ第1弾「もっとテューバ!」はウィーンフィル&ジャーマンブラスのテューバ奏者ワルター・ヒルガース氏も推薦しています。
「オーケストラの各楽器はどのように演奏されているのか?」という楽器愛好家&音楽ファンの「聴いてみたいに応える充実した内容です。

目の前での演奏のようなリアルでクリアなサウンドは、
作曲や編曲の資料、教材、オーディオ機器の比較にも最適!

■「もっとオーケストラ!」シリーズCD
定価2,625円(税込/現在、送料サービス中

発売元:メアジック http://mehrsik.com
販売元:(有)神野浄書技研 Tel:04-7148-7388 Fax:04-7148-7389


◇CD「もっとテューバ!」(発売中) http://mehrsik.com

【演奏者】岩井英二
(フリー奏者 第9回日本管打楽器コンクール1位)

 1968年生まれ。12歳よりテューバを始める。国立音楽大学音楽学部に入学後,第6回日本管打楽器コンクールテューバ部門第2位入賞。1991年,同大学を首席にて卒業(矢田部賞を受賞),卒業演奏会に出演。読売新人演奏会,ヤマハ新人演奏会,国立音楽大学同調会新人演奏会などに出演。第9回日本管打楽器コンクールテューバ部門第1位を受賞。1993年,東京コンセルヴァトワール尚美ディプロマコースを首席にて卒業(赤松賞を受賞)。

 1994年,安田生命クオリティオブライフ文化財団奨学金を得てドイツ留学。ハンブルク音楽・演劇大学,ワイマール・フランツリスト音楽大学でテューバと室内楽を学ぶ。2003年8月帰国。今までにエキストラ奏者として,NHK交響楽団,東京フィルハーモニー交響楽団,東京交響楽団,東京シティフィルハーモニック管弦楽団,新日本フィルハーモニー交響楽団,群馬交響楽団などで演奏。
これまでにテューバを稲川榮一氏,ワルター・ヒルガース氏,安元弘行氏,故 大石清氏に師事。
9年におよぶドイツ留学の帰国後,日本とドイツの両スタイルに精通したバイリンガル・プレイヤーとして,また現在もっとも信頼のおけるテューバ奏者のひとりとして,首都圏のオーケストラで活躍中。

【収録曲】
ベルリオーズ(ラコッツイ行進曲 幻想交響曲)
ブラームス(交響曲 第2番 大学祝典序曲 ドイツ・レクイエム)
ブルックナー(交響曲 第4番 第7番 )
ドリーブ(コッペリア)
ドボルザーク(交響曲 第8番 謝肉祭)
エルガー(行進曲《威風堂々》第1番)
フランク(交響曲 ニ短調)
ガーシュィン(パリのアメリカ人 ラプソディ・イン・ブルー)
ホルスト(組曲《惑星》より「木星」)
リスト(交響詩《レ・プレリュード》)
マーラー(交響曲 第1番 交響曲 第5番)
メンデルスゾーン(劇音楽《真夏の夜の夢》より「序曲」「結婚行進曲」)
ムソルグスキー(組曲《展覧会の絵》 組曲《展覧会の絵》より「ビドロ」)交響詩《禿山の一夜》)
レスピーギ(交響詩《ローマの噴水》)
リムスキー・コルサコフ(交響組曲《シェエラザード》)
スメタナ(交響詩《我が祖国》より「モルダウ」)
R・シュトラウス(交響詩《英雄の生涯》 交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》 交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》 交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》 交響詩《ドン・キホーテ》
チャイコフスキー(交響曲 第4番  第5番 第6番 祝典序曲《1812年》 バレエ音楽《白鳥の湖》)ヴェルディ(歌劇《運命の力》より「序曲」 歌劇《椿姫》より「乾杯の歌」)
ワグナー(楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》より第1幕への前奏曲 歌劇《ローエングリン》より第3幕への前奏曲 楽劇《ワルキューレ》より第3幕冒頭)
(収録時間 68分03秒)

◇CD「もっとコントラバス!」(発売中)
http://mehrsik.com

【演奏者】岡本義輝
(東京フィルハーモニー交響楽団 Cb奏者)

 12歳よりコントラバスを始める。1988年千葉大学工学部入学と同時に同大学管弦楽団に入団。「オーケストラの中でのコントラバス」の演奏を始める。後に更に夢が膨らみ,「プロのコントラバス奏者」への道を目指す。1994年東京藝術大学音楽部入学。在学中よりソロ演奏,室内楽,各地のプロオーケストラへのエキストラ奏者としての参加等,活発な活動をする。また,フィンランドのクオピオ市立交響楽団の日本公演にも出演。1998年同大学卒業。その年の11月に新星日本交響楽団へ入団。2001年より東京フィルハーモニー交響楽団奏者として現在に至る。他に,セプトニス千葉での首席奏者としての参加,コントラバス・アンサンブルの活動や,千葉少年少女オーケストラや県立千葉高校管弦楽部などでトレーナーとしてアマチュアへの指導も各地で意欲的に行なっている。

 これまでにコントラバスを,相葉武久,故 江口朝彦,永島義男,ツォルト・ティバイの各氏に師事。

【収録曲】
バッハ(管弦楽曲第2番)
ハイドン(交響曲第45番4楽章)
モーツァルト(歌劇《魔笛》より「序曲」 アイネ・クライネ・ナハトムジーク1・3楽章)
ベートーヴェン(交響曲第5番2・3楽章 交響曲第9番《合唱付》4楽章)
シューベルト(交響曲第7番《未完成》1・2楽章)
ベルリオーズ(幻想交響曲3・4・5楽章)
ヴェルディ(歌劇《運命の力》より「序曲」) ワグナー(楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》より第1幕への前奏曲 楽劇《ワルキューレ》より第3幕冒
頭)
スメタナ(交響詩《我が祖国》より「モルダウ」) ブラームス(大学祝典序曲)
ビゼー(《アルルの女》第1組曲「序曲」「メヌエット」第2組曲「パストラーレ」「ファランドール」)
チャイコフスキー(幻想序曲《ロメオとジュリエット》 交響曲第4番1・3・4楽章 交響曲第6番《悲愴》1・3・4楽章)
ドヴォルザーク(交響曲第8番 1・4楽章 交響曲第9番《新世界より》1~4楽章)
グリーグ(付随音楽《ペール・ギュント》第1組曲「朝」「オーゼの死」「山の魔王の宮殿」
マーラー(交響曲第1番1~4楽章)
(収録時間 67分54秒)

Q: 個人練習用の教則本(各パート)でお薦めのものはありませんか。

Q: うちのバンドは基礎練習をしません。合奏の基礎練習ではなくて、個人練習用の教則本(各パート)でお薦めのものはありませんか。出版社と名前を教えてください。ちなみにレベルとしては中級位を希望します(市民バンド指揮者)

 

A26: これと決めてやりだしたら「その本1冊を完璧に最後までやりきってみる」

 楽器を吹く(演奏)するためのには、ウォームアップのためのパターン、テクニック向上のための教則本(メソード)、テクニックと音楽性向上のための練習曲(エチュード)、より上の音楽性のためのオーケストラス・タディー(楽曲)に分類できると思います。
出版されているものなら、どれもが素晴らしい内容ですので、どれでもいいと思います。ぜひご自分の目でショップで確かめて下さい。大切なのは、これと決めてやりだしたら「その本1冊を完璧に最後までやってみる」ことです。
使い方は1ページより順繰りやっていく。項目をいくつか選択してやっていくなどいろいろとありますが、「コース料理のように、いろいろな味を楽しめる」よう、練習内容を考えて実行し、楽曲に役立てて下さい。そして3ページ進んだら2ページ戻ってもう1度やってみることです。必ずフィードバックしながら最後のページまで頑張ってみて下さい。そのためにも薄い(ページ数の少ない)ものをお薦めします。
市民バンドということですので、なかなか楽器を吹く時間がとれないというのなら、スケール練習だけでも取り入れて下さい。

回答:五十嵐 清