「指揮・指導」タグアーカイブ

Q:ママさんブラスの指導法

Q:はじめまして。ママさんブラスで指揮をすることになってしまい、どのように指導すれば楽しい雰囲気になるのか試行錯誤しています。
練習は週1回(合奏する時間は1時間)、練習日以外で個人練習をする人はほとんどいません。初見でスラスラと吹ける人から、ほとんど吹けない人までレベルは様々です。曲目は、アニメや童謡が中心です。(匿名希望)


学生時代に吹奏楽を経験した女性はとても多いのですが、家庭に入ってしまうとなかなか楽器を吹く機会が少なくなってしまいますが、「ママさんブラス」の登場で、どんどん吹奏楽復帰してくる女性が増えて、とてもうれしいことですね。

吹奏楽は若い世代や学生だけの楽しみにしていてはもったいないです。

 週一回の練習日以外は練習ができないことを前提に、練習の時間を集中して、また来週も練習はしていないけれど参加できる環境や雰囲気つくりが大切と思います。

1.曲の長さにもよりますが、まずは止めずに通します。譜面を追って行くスピードに慣れるようにしましょう。

2.次にリハーサル番号何番まで!と宣言して、合奏形態のままだが、ソロやメロディー担当者、合奏で音楽を突っ込んで追究できる人とやや詳しくパート練習的に合わせていく。この時に譜読みをしなければならない人は自席でどんどん譜読みをしていく。

3.吹ける人にはやや突っ込んで音楽を要求し、流れの中心的存在になってもらう。練習不足の人には、笑顔で楽器でなく声で歌っても言いですよと参加できる 形態で無理なくやってもらう。
レベルの差ではなく、自分に出来ることで参加してもらう。

4.子供の話題やテレビ番組など共通な話題を投げかけ、メンバーの参加意識を集中させて、やや指揮者が引っ張りぎみで合奏を纏めていく。
奏者に任せると負担を感じる人が多いように思います。(テクニックの余裕のある人には一緒に引っ張ってもらう)

5.合奏中は、必ずメロディーの入りやパート入り、重要な場面での出番の時には、指揮での指示やアイコンタクトを忘れずに。
出来るだけ良かったことを誉め、できなかかったことは、また来週一緒にやっていきましょうと、次回も来てもらうコメントにする。

 楽器を吹くことが好きだ! 皆と合奏をして楽しみたい! そこから少しでもいい音楽を奏でたい!という気持ちが出てくるように、練習でも本番!という考えで指揮してください。

なぜなら、本番の時には、上手く演奏できた時は飛びっきりの笑顔とOKサイン。間違ってしまっても大丈夫だよ…心配しなくてもいいよ…というエールと微笑みを指揮台から送っていると思います。

回答:五十嵐 清

Q:マーチを吹くときに気をつけること(基礎練習、後輩への指導)

Q:クラリネットを吹いている中3です。私は吹奏楽が大好きです。全国大会のCDを買ってはずーっと聴いています。
今年が最後のコンクールで、今のメンバーで金賞をとりたいと思っています。課題曲はマーチを吹きます。教えてほしいことは

★マーチを吹くときに気をつけること
★基礎の内容(できれば詳しくお願いします)
★後輩への教え方

よろしくお願いします!!(kj8さん)


kj8さん、中学最後のコンクールで金賞めざして燃えているのですね。

コンクールは先生とメンバーが一つの目標に向け、お互いで協力し尊重しあい、力を出し切ることが大切です。支えて頂いている方々に感謝しながら、結果だけに拘らず、過程を大切に金賞を目指して頑張ってください。

さて、吹奏楽の魅力を楽しめる楽曲の一つに「マーチ」があります。一般的なマーチを演奏する時、ウキウキ、ワクワクするような、楽しいマーチを演奏できるようになってもらいたいと思います。
「楽しくなければマーチじゃない!」が私の自論です!!

★マーチを吹くときに気をつけること

では、マーチを吹くときに気をつけることについてお話しします。

1.テンポの設定

基本的には、一定の速度を保つことが大切です。
テンポの設定は、曲の性格を決定づける重大要素の一つです。
その音楽に合った最適なテンポを探すことが大切です。
普通に歩く、いわゆる自然なテンポで積極的に前進することがポイントです。
2.裏拍を感じるリズム

歩くことが前提にありますので、足上げに相当する「裏拍」を全ての奏者が感じることが重要です。感覚を身につけるために、メトロノームに合わせて足踏み(Mark time)をしながら手拍子で裏拍を打つ練習が効果的です。
(普通にテンポに合わせて足踏みをする事はとても難しいことがわかります。日頃より、リズムにのって歩くことです)
3.フレーズそして力感のある表現(Wait<待て>とWeight<重心>)

Waitは「待て」いわゆる「ため」のことです。Weightは「重心」をのせることで、アクセントや力強さの表現等、演奏に変化を与えます。
フレーズを感じられるそして力感のあるリズム感のマーチに仕上げましょう。音にエネルギーを持たせることが大切です。
4.打楽器の役割

テンポ、ダイナミックス、バンドの響きの厚みそして音楽表現をアピールする為に打楽器セクションの役割は重要です。なかでも、「バスドラム」は「第2の指揮者」といわれるほど重要な役割を持っています。音楽合奏の全体知って音楽を進めることが大切です。
体から出る本物の生きたリズムで、奏法は体のバネを使い演奏する。さらに音質、音色、音量、リズム、ブレンド感に配慮して全体のアンサンブルにふさわしい音づくりに専念する。
バランスは管楽器の響きより大きな音量にならないよう、「縁下の力持ち」でバンドを支えます。
5.スタイル

歯切れの良い伴奏リズムはマルカートの音形で演奏するレガートのメロディーはスラーの切れ目、ブレスの位置で流れが止まらないように、フレージング、ブレッシングに注意する。
リピート演奏の時は、ダイナミックス、メロディー・オブリガートの対比などを変化してコントラストをつける。
6.表現

リズムは同じでも、その上に流れるメロディーの流れ方の違いが大切です。
「マーチ」を音楽的に演奏するには、声を出して歌うことです。弦楽器の繊細な歌い方、音楽表現が目標です。音色に変化を持ち、色彩感を出せると最高です。
Tuttiでのバランスは特定の楽器がなるべく飛び出さず、全体の音としてブレンドするようにします。
「マーチ」はメロディー、オブリガート、ハーモニー、リズムなど、全てが統合された 素晴らしい「音楽」です。
★基礎の内容について
基礎の重要性を認識、やっていこうとする意気込み素晴らしいですね。
基礎の内容はクラリネットのことかな? それとも合奏についてかな?

クラリネットでも合奏でも共通なのが、演奏している楽器の一番良い音も目指していくこと。

その為には

正しい姿勢
正しい呼吸法
正しいアンブシュア
を常に意識して楽器を演奏することです。

クラリネットについては、

下記に基本的な姿勢、アンブシュア、リードなどの付け方について、コメントしてありますので、参考してください。

http://www.bandpower.net/bpblog/archives/994
練習内容は、

ロングトーンでの音の安定性と音色を養う。
スケールで音域の拡大と音程感を養う。
複雑で難しい運指について、繰り返し練習する。
エチュードでフレーズと息のコントロールを会得する。
など、自分が楽曲を演奏するときに必要と思われることが全てが、基礎の内容です。
このQ&Aコーナーでも過去にクラリネットついての質問にお答えしていますので、参考にして下さい。

★後輩への教え方

後輩ができて教えることは自分をもう一度見直せるいいチャンスですね。教えるというより、一緒にやっていこう! 一緒に上達していこう!という気持ちが大切です。今日の練習で○○は克服しよう…など目標を決めてスタートしましょう。

対面で教えるより、横で一緒に吹くことを勧めます。
そして、リレーで吹いたり、しりとり(楽曲をフレーズごとに分担して)
吹いて必ずソロで部分をつくって、運指テクニック、息のスピードや音色など
チェックして下さい。練習の終わりには、一緒にその日に練習したことを
2人で吹いて、ズレがないかチェックしてください。

あまり口で説明するより、少しでも多くの時間を楽器を吹き、見本となる先輩の音を聴いてもらいながら練習して下さい。

回答:五十嵐 清

Q:基礎練習は何をやればいいですか?

Q:吹奏楽がはじめてできることになり、まとめる立場になりました。でも、人数が少ないので、金管も木管もバラバラのパートの子4・5人(各パート0~1人)をいっぺんにまとめて基礎練から曲練の全般をします。
どんな基礎練をしたらみんなが楽しくうまくなるでしょうか。わたしはフルート担当なので、特に金管は分からなくて…。


吹奏楽ができることに、私もとてもうれしいです。

おめでとう!

基礎練習でマスターしたい内容

1.ロングトーンでの音づくり
2.呼吸法、ブレスコントロール
3.アンブシュアの柔軟性(リップスラー、インターバル)
4.響き(倍音)の充実(声部間の重ねバランスとブレンド感)
5.調性の統一(スケール、アルペッジョ)
6.ハーモニー
7.エチュードによるフレーズと歌い方

私はこの内容で、「5分間クイックトレーニング」としてオリジナルの基礎合奏メソードを作成し使っています。全てでなくてもいいので、項目をチョイスしてやてみましょう。

回答:五十嵐 清

Q:ペア練習の注意点とメリット

Q:私は高校二年生で、ホルンを吹いています。
私のバンドで、ペア練習というものがはじまりました。ペア練習は、2年生:1年生=1:1か1:2で、2年生が1年生の指導をするというものです。
合奏でやっても合わないことは、パートで合わせる、パートでやっても合わないことは、ペア練習で合わせるという理論の元やっている練習なのですが、私と比べると全体的に1年生のほうが、音色・音量ともに上で、何をやっていいか分かりません。
基礎と曲をやれということなのですが…どれも中途半端になってしまっています。私も指導力がなく、更に1年生より下手なのでどうしたらよいのかわからない状態です。
(S・T)


A:「ペア練習」、素晴らしい練習方法ですね。

より密度の濃い合奏にするために、小さいグループで確認統一していく内容はきっとバンドが上達していきますよ。

 私も、「メンター制度の導入」として、色々な講習会などでこれに似た方法を提唱しています。

 合奏で示された、目標を少しでも到達できるように練習することです。そのポイントは、先ずユニゾンを合わせる。つまり、息をコントロールして「音色、音量、音程」を統一することです。
その次に、フレーズ感やブレスのタイミングを合わせていく。
曲ではチェンジングブレスでフレーズを二人で吹いていく練習をとりいれてみてください。

 しかし、ペア練習の目的はそれだけでしょうか?
それは上級生が(一方的に)指導コメントしていくのでしょうか?
ペアになった人がお互いに上達し、楽曲を研究し音楽を向上していくのではないでしょうか?

と言うことは、上級生の音に全てを合わせるという考えだけではなく、
どちらかの音に合わせる。つまり2人が合えばいいのではないでしょうか?

 2年生は在籍しているバンドではより多く合奏を経験しているのですから、
先生の音楽性やバンドの特徴など多くのこと知っていて経験が豊富です。
自信をもって、二人のコミュニケーションを図り、バンドの一番大切な
人と人の繋がりを視野に入れた「ペア練習」をして下さい。

回答:五十嵐 清

Q:1年生が楽しく、密度の濃い練習ができるような基礎練習は?

Q:私は中学2年で、吹奏楽部で打楽器をしています。今年は1年生がたくさん入ってきて、私は1人で2人教えなくてはいけなくなってしまいました。
私の通っている学校は小規模なので1年生でも頑張ってもらわなければいけません((;;)。私が入部した時は、打楽器の先輩がいなく、自分で研究して練習していました。なので、今の自分にあった基礎練習しかもっていません。
1年生は1人は小学校で打楽器をやってたんですけど、もう1人の子は音符が読めません。1年生が楽しく、密度の濃い練習ができるような基礎練習はないでしょうか?(打楽器さん)


A: 先輩がいなくても自分で研究して練習方法を見つけて実行してきたこと素晴らしいですね。

 これまでの「自分に合った基礎練習」は、同じ学校のバンドのパートで合わせていくのですから、今度は、そのまま「パートに合った基礎練習」になるのと思いますよ。
これまで1年間やってきたことをもう一度まとめてみて、今度は3人で一緒にやってみて下さい。

 自分自身の体でリズムを会得するためにも、手拍子だけでなく、体のあちこちを叩いて、その音色の違いなどを実体験していく方法をやってみてください。そして、それから楽器で練習です。

 音符の読みが苦手な人には、リズムを口で表現したり、拍子やリズムに合う言葉にして練習してみてください。その次に手拍子→体あちこち→楽器と言う順番で、そして最後まで口でリズムを言ってみるといいでしょう。

 教則本はあなたの1年間の努力したことです! あなたにとってはもう1度かもしれませんが、同じことを何度も繰り返していくことで基礎力が蓄えられ楽曲に反映されます。頑張って下さい!

回答:五十嵐 清

Q:テンポとリズム保つ方法はなんですか?(タイチさん)

 初めはメトロノームを利用して、8分音符や16分音符などをベースに声に出して、手拍子と共に反復練習をする。フレーズやビート感を意識しての練習も必要です。
その後、指定速度と拍子でメトロノームを設定して練習する。

 リズムはきちんと表裏拍の関係を頭で理解し、テンポ感を含めて自然と身体で感じ、メトロノームの「カチッ」という音があたかも同化し、溶合った一体感があるようになるまでやれるといいですね。
自分自身の中から湧き出てきた、テンポ感とリズム感を最終目標にしてください。

回答:五十嵐 清

Q:ソロなどの1人で長時間吹く時に体力が続きません。どうすればいいでしょうか? (ともひろさん)

 ソロを吹く時は、精神的にもプレッシャーがありますよね。
そしてフレーズの後の方が辛くなってくる!ですよね?
質問は何の楽器で演奏するのか、どの位の長さのソロ楽曲かわからないのですが、管楽器一般としてお答えします。

 体力とありますが、楽器を支えることやアンブシュアを維持すること、息を支えること、など鍛えるためには、「普段からの基礎練習時間を多くやっていかなければなりません。」

練習としては、

1.ソロのフレーズと同じスパンで、スケール練習を2~3回行なう。
2.ソロの音形を2倍の長さで練習する。
3.ソロのフレーズごとで、インテンポで何回か繰り返し行なう。
4.楽曲通りに(伴奏の部分もきちんと入れて)最初から最後まで演奏し、スタミナ配分をチェックする。

試してみてください。

日頃の練習の積み重ね以外、解決方法はありません。

回答:五十嵐 清

 

Q:「カンタベリー・コラール」を指揮するのですが、いまいちしっくりきません。

Q:私は今度の定期演奏会でヴァンデルローストの「カンタベリー・コラール」を振るのですが、いまいちしっくりきません。
音楽大学に通う友人に指揮法の基礎的な部分を教えてもらったり自分でもいろいろ努力してみたのですがなかなかうまくいきません。
どうすればうまく音楽をコントロールできる指揮ができるようになりますか? なにかよいアドバイスがあれば教えて下さい。(学生)


まず、いろいろと自分なりに努力してからの質問であること、とても素晴らしく、そしてうれしいです。

 指揮者は奏者の前に立つ前に、楽曲を充分研究し、限られた時間で「テンポ、アインザッツ、ブレス、ピッチ、アーティキュレーション、フレーズ」など基礎的なことを統一していくことから始まり、次第にウエイトを「音楽」にしていかなければなりません。

 それでは、「カンタベリー・コラール」をまとめるにあたってのヒントやチェックポイントをお話しします。

1.音程
縦のラインごとのハーモニーと横ラインのメロディーの音程のチェック。
→トレーニング段階で指摘いく

2.バランス
落ち着いたハーモニーの響きの中で美しいメロディーを印象づけるバランスのチェック。

→メロディーパートの動きがある部分(四分音符や八分音符)を右手の流れの変化で印象づけて振る。

3.フレーズ
アプローチをていねいに、和音のフレーズ感を意識し、楽譜から読み取れる音楽の方向性に合ったcresc.(次の和音に向かっている)やdecresc.(フレーズを終え収束に向かっている)をつける。
→両手でフレーズの始まりを指示し、左手で和音のフレーズ感を意識したcresc.やdecresc.を身体と肘との距離感で出していく。右手(左手も添えることもある)でフレーズの終わりとブレスを指示して、次のフレーズにつなげる。

4.音楽
ダイナミックスやアーティキュレーションを的確にし、アゴーギグをつけ、美しく感情を込めた歌(表情)のある表現にする。
→曲全体のクライマックス(D-7小節目)を目指し、自身の胸の広がり感と腕の範囲などで、徐々に徐々に音楽をドライブさせ高揚感、緊張感を高めるよう表現する。
特にアウフタクトに注意して、前のフレーズと後のフレーズとのつながりを大切に右手の位置を考える。クライマックスからエンディングまでは緊張感を持続させた指揮で「静かに」「祈るように」お客様に曲の全てを捧げる思いで振っていく。(伸ばした持続音での音の方向性やリリースの丁寧さ、響きの残し方などを表す棒にする)

 指揮のニュアンスを文章で表現することは難しいですね。何となく伝わりましたかね。本当は実際に指揮をしているところを見せて頂いたり、私自身が直接バンドを振らせてもらい、その中からイメージやヒントを見つけてもらえると実践的でいいのですが・・・。皆さんの感情がお客様に伝えられることをお祈りします。

■カンタベリー・コラール
作曲:ヤン・ヴァンデルロースト
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8130/

回答:五十嵐 清

Q:私は非常勤講師で、中学の吹奏楽部で顧問をやっています。常勤の顧問の先生(音楽の担当ではない)と、なかなかよい人間関係がとれず悩んでいます

Q:私は非常勤講師で、中学の吹奏楽部で顧問をやっています。学校内には常勤の顧問の先生(音楽の担当ではない)や地域の愛好家のトレーナーさんもいらっしゃるのですが、なかなかよい人間関係ができません・・・。
昨年ははじめての指導だったのですが、常勤の先生とおりあえなかったり、生徒達も「トレーナーさんはこう言っている」と、言いたいことが通じなかったりというありさまです。
私が出られる練習日も限られています。ちょうど夏休みでもあり、来年のチーム編成も視野に入れてじっくり基礎練習をやりたい、簡単なマーチやポップスなどで秋の文化祭もたのしく、そして技術もアップさせて・・とは願っているのですが、ぜひご助言を頂きたいです。(非常勤)


大人のコミュニケーション不足で子供に影響を与えてはいけません。

 まず、どのようにバンドをしていきたいのか? 活動時間は? 練習方法は?などをきちんと話すことでしょう。

 複数の指導者が指導しても、時間をおいて指導しても、次の演奏会ではこのような演奏を目標としている…ということはっきりさせて下さい。
また、演奏会(本番)で指揮を振る先生が、最終的にはいろいろなニュアンスで複数の方がコメントしても、自信と責任をもって「こうする」と明確にして下さい。

 私は、団体に指揮者や先生がおられる、複数の団体に合奏指導にいっていますが、必ず奏者に「音楽は色々な観点、角度から作り上げていくのだが、目標は自分達の納得できる音楽をして、それをお客様に伝え、感動してもらうこと」
その為に「色々なアドバイスをしていくが、本番のステージ上で指揮をする先生の言われることが最終的な指示であることを常に認識していてください」とコメントしています。

 自信をもって生徒さんと一緒に音楽を創っていてください。

回答:五十嵐 清

Q:部員が11人と、あまりに小編成すぎて、練習法を工夫しても上達せず、部員一同悩んでいます。

Q:高校の吹奏楽部なんですが、部員が11人でパーカスがいないという状態です。中学からやっていた経験者もいるのですが、あまりに小編成すぎ、練習法を工夫しても上達せず、部員一同悩んでいます。どういう練習計画をたてればよいのか教えて下さい。
あと、部員が楽しくできる練習法も教えて下さい。(高校生)


吹奏楽の編成にかかわらず、アンサンブルは3人からできますし、打楽器も入っていない編成です。小編成だから、透明感溢れる濁りのない素晴らしい音楽が生まれます。

練習方法は、

1.ロングトーンで音づくり
2.呼吸法とブレスコントロールの確立と実施
3.ユニゾンによるチューニング
4.調性の統一、スケールでの音程つくり
5.4声(上述)での響きの確立とハーモニー

 を個人と合奏で追求してみてください。

また、楽曲の選曲や練習は

1.管楽アンサンブル(または木管、金管)の8~10重奏の楽譜をベースに移調や楽器を替えて演奏する。

2-1.ソプラノ、アルト、テノール、バスの4声部に今ある楽器を分ける。
2-2.ミュージックエイト版の楽譜を用意し、コンデンススコアからメロディーラインをつなげられるように、楽器割り当てを行なう 。
2-3.上段には木管のソプラノと一部アルトパート(Fl,Cl,ASxなど)、
中段には金管のソプラノとアルトと一部テノールパート(Tp、Hr、Tbなど)、
下段にはテノールとバスパート(木管低音、Tb、Ep、Tubなど)が記載されているので、 音域やハーモニーやリズムバ伴奏に振り分けて楽器を割振る。

3.ヤマハニューサウンズインブラスの小編成用の楽譜で演奏する。もし、ソロや難しいフレーズがある時は、ピアノ(またはキーボード)で生徒または先生が演奏する。

4.経験者の生徒をソリストにバンド伴奏で演奏する。

小編成だからできないのでなく、工夫次第で可能性はあります。
きっと上達しますよ。

回答:五十嵐 清