「指揮・指導」タグアーカイブ

Q:バランスの悪い編成を調整したい

Q:私は今高校2年生です。コンクールが終わり、先輩方は引退となります。
先輩方が引退した後の私達の編成は、クラリネット3人、テナー・サックス1人、トロンボーン1人、パーカッション1人となります。とてもバランスが悪いため、パート変更を考えていますが、五十嵐先生であれば、どのようにパートを決められますか?(PN:匿名さん)


A:コンクールまで頑張った先輩たちの後を継いで、これからの部活動を担っていくこと頼もしいです。

 パート編成ですが、楽器をコンバートして編成を整えるよりも、新しい楽器を練習する覚悟でいるのならば、今の楽器をメインに楽曲や曲途中で楽器の持ち替えを考えて、マルチプレーヤーになってはどうですか?

1.クラリネットの人には、サクソフォーンを練習してもらい、サクソフォーンを4本(パート)にしてみる。

2.クラリネットの1人にフルートを演奏してもらう。

3.テナー・サクソフォーンの人には、楽曲により他のサクソフォーンに持ち替えて、重要なメロディーラインやリズムを重点的に演奏してもらう。

4.テナー・サクソフォーンの人に、クラリネットを演奏してもらい。クラリネット4本にする。

5.トロンボーンの人には、トランペットやフルートを練習してもらう。トランペットでは華やかなメロディーラインが欲しいとき。フルートでは木管の響きを重視した楽曲のとき。

6.パーカッションの人には、ドラムセットや鍵盤楽器を重点的に演奏してもらう。必要なら管楽器を演奏してもらう。

 アイデア次第で可能性十分あります。年度後半を楽しく演奏活動をしてみてはどうですか?

回答:五十嵐 清

Q:基本的なハーモニーの合わせ方について

Q:ハーモニーについて、
1度、5度、3度の和音の合わせ方はわかるのですが、
それ以外のハーモニーの合わせ方が
いまいち分かりません。
1度、5度、3度以外の音の役割と
ハモり方を教えてください。
(PN:キハラ)
(このみ)


A:すでに基本的なハーモニーの合わせ方は

わかっていらっしゃること、たのもしいです。

さて、ハーモニーは音程の高低のみではなく、
各音と全体の音量、音色、ブレンド、バランスなどを
チェックする必要があります。
特にオクターブを含むユニゾンはしっかり合わせてください。

主要三和音でも
長音階と短音階での音程の取り方がありますので、
特に三度音程に気をつけて
純正調の豊かで濁りのない響きを目指してください。

三和音だけでも、
長三和音、短三和音、減三和音、増三和音があります。
これ以外の和音は、
まずは音程をしっかりチューナー等で合わせて、
後は音量、音色、ブレンド、バランスより響きをとってください。

これは四和音などにも有効です。

基音となるベース(ベースが基音でないときもある)から
高音へ順番に演奏したり、
基礎になる和音をきちんと合わせてから、
絡んでいる音を合わせてください。

主な音の性格としては、

Ⅰ主音:文字通り原点基本音。
Ⅳ下属音:主音から下に完全5度の関係の音。
主音と属音を補う。
Ⅴ属音:主音から完全5度の関係の音。
完璧性を持ち響きを決定する。
Ⅶ導音:主音と短2度関係の音。主音に行こうとする音。

などが重要です。

では、耳そして身体で感じた響きを感じてください。

回答:五十嵐 清

Q:小編成バンドで練習効率をあげるには?

Q:吹奏楽マガジンで五十嵐先生を知りました。
私は今、吹奏楽部の高校2年生でクラリネットを吹いています。

私の高校の吹奏楽部は小編成です。

現在は、トランペット(2人)トロンボーン(3人)
ユーフォニアム(1人)チューバ(1人)
クラリネット(2人)サックソフォン(2人 / アルト・テナー)
ホルン(2人)パーカッション(2人)ですが、

先輩方が8月に引退されると、
トロンボーン(2人)クラリネット(2人)
サクソフォン(1人 / テナー)ホルン(1人)
パーカッション(2人)となってしまいます。
とてもバランスが悪い状態です。

パーカッションの1人はまだ初心者で、
スネアもまともに叩けずに、
夏コンに間に合うかどうかといった状態です。

また、2年生は、ほとんどが小学校のブラスバンド経験者ですが、
中学で吹奏楽をやっていたのは私しかいません。

部内の練習効率も悪く、
なかなか上達できない状態でとても困っています。
先生も忙しく、tuttiの時間が少ないのも悩みです。

この状態で夏コンに挑むつもりですが、
吹奏楽部一同、絶対に上の大会へと
進んでいきたいと思っています。

しかし、そのためには
何をどう改善すればいいかが分かりません。
五十嵐先生には、ぜひ、アドバイスや、
良い練習の方法などを教えて頂きたいです。
(このみ)


A:コンクールには、クラリネット(2人)サクソフォン(2人 / アルト・テナー)
トランペット(2人)ホルン(2人)トロンボーン(3人)
ユーフォニアム(1人)チューバ(1人)パーカッション(2人)の
15人編成で出場するという前提でコメントします。

音楽の三要素「メロディー、ハーモニー、リズム」でのパート分け、
4声部の「ソプラノ、アルト、テノール、バス」でのパート分け、
木管、木管金管ジョイント(テナー、ホルン、ユーフォニアム)、
金管、打楽器のセクションでの分け方、
いずれも、今の15人で充分編成ができていますので、大丈夫ですよ。

練習効率をあげることは、
まずリーダーが一人ひとりと話をして、
次の約束をみんなで守れるようになれば、
自分たちの中で、こうしたいとか、
もっと有効に時間を使いここまで達成したい、
など動きが出てくること思います。

その約束として

1.活動に対するけじめをつける。

・練習開始時間の厳守と出席者の確保(時間厳守と出欠の徹底)
毎日決められた時間にきちんと練習が開始できる体制を整える。

・気持ちを集中させる

2.先生のいないときに生徒リーダーを中心に練習を進める。

・先生以上のことをやろうとせずに、
自分の技量で、個人やグループでのチェックをしていく。
基礎練習や曲練習の予定表を作り、掲示して時間を共有する。
(達成するレベルと期限を明確にし、チェック欄を作る)

・苦手を克服、反復練習をするよう常に言う(チェック欄を作る)

3.目標をたて、掲示する(共通点を明確にする)

・1週間に全員が確実に達成ようにテーマを1つ設定
例:ダイナミックスの充実、音形・長さの統一
個人でも合奏でも目標テーマについては徹底的に指示する

・月間では4テーマをクリアできる

・自分で工夫する(受身にならないこと)

自分たちで自発的に練習していき、
先生に見てもらうまでにしなくてはならない内容、
いやできることを明確にして活動をしてみてください。

コンクール後、先輩が引退して、編成が、
クラリネット(2人)サクソフォン(1人 / テナー)ホルン(1人)
トロンボーン(2人)パーカッション(2人)の8人編成となった時は、

音楽の三要素「メロディー、ハーモニー、リズム」での
パート分けを重視して、
小編成の楽譜をその人数で演奏するよりも、
5重奏や8重奏、10重奏などのアンサンブルの譜面を
演奏するといいのではないかと思います。

今の意気込みがあれば、絶対に道は開けます。

回答:五十嵐 清

Q:メトロノームを一切使わない合奏って大丈夫?

Q:私たちの高校では、顧問の先生
がメトロノームを使わずに合奏を行っています。
そのため、合奏で誰かが走ると、
指揮もそれにより段々と早くなっていき、
テンポが安定しません。

先生は、

「音楽はテンポが一定しないのが当たり前だ」

と言って、

メトロノームを使う様に頼んでも
聞き入れてもらえません。

メトロノームを一切使わない合奏は、
正しいのでしょうか?

また、テンポを安定させる
効果的な基礎練習などあれば教えて下さい。
(PN:トランペットのシュン)


A:先生にご指導頂ける学校は

恵まれているのではないでしょうか?

メトロノームは大勢いるメンバーのテンポを統一、
確認する大切な機器の一つです。

しかし、頼り切っていると、
自分たちから発散するテンポ感が生まれてきません。

受け身の消極的な音楽に陥ることがあります。

先生はそのことを
わかってもらいたいのではないでしょうか?

音楽は一定のテンポで行かなければならないマーチや
アゴーギグを使い歌っていく歌劇(歌曲)な
ど様々なものがあります。

練習の段階で上手にメトロノームを使っていくと、
合奏の効率が上がりますし、
曲想作りにも良い結果が生じると思います。

先生が合奏でメトロノームを使われないのであれば、
シュンさんはじめ奏者が個人、パート練習で
きちんとメトロノームを使いこなし、
統一感をもって合奏にのぞみ、
テンポが走らないようにしていきましょう。

テンポの認識の違いは個人差があり、
これは体内時計が関係するのかと思います。

一度、メンバー全員で目をつぶり、
合図ととも20秒間後に挙手をしてみてください。

たぶん、バラバラに手が上がってきますよ。

それをメトロノームを使い、
4分音符60のテンポで20カウント
つまり4/4で5小節目の頭(ワンフレーズ)をそろえる練習を
メトロノームありとなしで毎日少しだけ続けてください。

回答:五十嵐 清

Q:全体チューニング時の注意点

Q:私は、クラリネットを吹いていて、
高校吹奏楽部の次期コンミスになる者です。

全体チューニングについて質問です。

今のバンドは全体チューニングの時に
A・B・C・Dという順番ではいっています。

しかし、音の響きが乏しく、
同じグループ内でも音がぶつかり合ってしまいます。

少しですが、バスクラ→ファゴット→バリトン→…
というふうに入っていく順番を聴きました。
色々試してみたいと思っているのですが、
詳しく書いていなかったので、次が分りません。

もし、分りましたら教えていただきたいです。

また、他にもバンドのいい練習方法があれば、
ぜひ教えてください。(PN:佐々木J)


A:次期とういより既にコンミスで活躍されていることと思います。

全体チューニングには、いろいろな方法がありますが、
要するに個人で認識している音程感を
全体で統一していくことです。

全体の前に時間をかけず、
集まる前に各自奏者がチューニングをしてくることです。

そして、全体では単に音程を合わせるだけでなく、
サウンド、響きなどを充実させる目的があります。

今行なっているABCDのグループは
ソプラノ、アルト、テナー、バスの声部を
楽器に当てはめグループ化していると思います。

響きやハーモニー感を合わせてる時は、
バス、テナー、アルト、ソプラノの順番に
オクターブ・ユニゾンをしっかり合わせます。

BsClからはリレー的にバトンタッチしながらや、
どんどん楽器を増やしていくやり方などあります。

順番の一例として
BsCl/Fg/Bs/StBs/Tua/Ep/Tb/Hr/Tp/TSx/ASx/Cl/Ob/Flを
2~3繰り返し、4拍ぐらいでリレー奏。

次に音程ユニゾンを合わせてサウンドの充実を図る練習。

B♭Cl/ASx/Hr/Tsx,Ep/Tb/BsCl,BSx/Fg,StBs/Tub/Tp/Ob,Flを
1オクターブ・スケールを重ねていく(Clは全部吹く!)
などがあります。

いろいろ試して自分のバンドの練習方法を見つけてください。

回答:五十嵐 清

Q:野球応援の時の演奏ポイントなど

Q:今年も野球応援をするのですが、「ブラバン甲子園」の曲などを参考に先輩が8小節か16小節で作った方がいいと言っていたのですが、演奏する小節数など、応援歌での決まりごとなどあるんですか? また気を付けた方がいいことなどありますか?。 (匿名さん)


A:今年も野球の応援の季節になりましたね。吹奏楽演奏の応援は、野球部員たちの士気を高め、応援団の一体感を出すことに重要な役割を担っていますね。

さて、応援は各学校の伝統、スタイル、リーダー部との関係など一概に決められませんので、お答えが難しいです。
何回の攻撃、打席に立った時、ヒットを打った時、2塁から3塁を回る時、得点した時などなどいろいろな場面でその時々の時間やスピード感、臨場感などで演奏時間(曲の長さ)が違ってきます。ですから、これまでの先輩から伝えはとても重要と思います。
8小節か16小節の1フレーズか2フレーズでその場面に応じて長さを変えられるからだと思います。私の個人的考えは、できるだけ短くインパクトのある楽曲「サビ」のフレーズを用います。四分音符120のテンポで、8小節で16秒です。後は繰り返すことで調整するといいと思います。

「ブラバン甲子園」に収録してる曲であれば、ほぼミュージックエイトから楽譜が発売されてますので、それを購入して演奏してください。
自校の応援のみでなく、対戦相手にも常にエールを送ることを忘れず、心をこめた燃え上がる応援をしてください。

回答:五十嵐 清

Q:副指揮者の見つけ方を教えてください

Q:大阪の一般吹奏楽団で指揮者をしている27歳のヒロです。20歳から常任指揮者をさせて頂いておりますが、現在、副指揮者を立てようと思っており、ミーティングを重ねておりますが決定しません。今後のためにも、パートナーは必要と考えております。是非、円滑な運営法等あれば、ご指導願います。
なお、バンドは小学校5年生~40歳前後までの約50名のメンバーで構成されており、日々、感謝しながら活動しております。 (ヒロ)


A:7年間で小学生から大人までの構成の地域に根ざしたコミュニティーバンドを創られたのですね。素晴らしいことです。そして何より「感謝の気持ち」を持った活動は、とても大切なことで、これからさらに発展する吹奏楽団と確信しています。

ヒロさん自身も多忙になり、バンドの音楽面をサポートしてもらう「副指揮者」の人選をお考えとのことですね。

副指揮者は、正指揮者の音楽的考えを理解し、バンドの特徴を把握し伸ばし、正指揮者に受け渡すまでの音楽指導(アマチュアでは分奏など合奏のみではありません)を担う役割と考えます。
特に、ヒロさんたちが地道に創られた楽団は、まずは団員の中から、上の条件に合う人材を捜し、ヒロさんが受け持ってほしい内容をきちんと話して、納得してもらいお願いすることが最良の方法と思います。

 まずは、あまり「本番での指揮」は考えずに進めて見てはどうでしょうか?

 しかし、もし指揮者として活躍してもらうことが条件で、バンドに複数指揮者を置きたいとのお考えでしたら、ヒロさん自身が迎え入れる方の、性格や音楽性を把握している方に直接交渉して、話し合いを持つことです。その後団員に了承をしてもらい、3ヶ月ぐらい実際に指導してもらい、その後団員で判断するという条件を事前にきちんと提示して、交渉する方に納得してもらってからお願いしたらどうかと思います。

回答:五十嵐 清

Q:バンド編成について、アドバイスお願いします

Q:私はフルートとピッコロを吹いている中2です。
質問なんですが、今3年生が抜けた状態で、部員が31人です。

編成は
Fl:2年生2人、1年生1人
Obe:1年生1人
Cla:2年生2人、1年生2人
A.sax:2年生1人、1年生1人
T.Sax:2年生1人、1年生1人
B.Sax:2年生1人
Bass Cla:1年生1人
Fg:1年生1人
Hrn:2年生1人、1年生2人
Euph兼Tuba:2年生1人
Tuba:1年生1人
Trp:1年生2人
Trb:2年生1人、1年生2人
St.Bass:2年生1人、1年生1人
Perc:2年生2人、1年生2人

という状態です。しかも、1人ひとりが、かなり下手です。
また、1年生1人が入ってくるかもしれないんですが、どのパートに入れるべきでしょうか?
編成で変えたほうがいいところも教えてください。お願いします。
(匿名希望)


A:3年生が引退して、これからの部活を担っていく立場になったのですね。頑張りましょう!

 さて、来年度の新3、2年生で31人のメンバーがいらっしゃること、とても素晴らしですね。編成的にも今の状態でいろいろなジャンルの楽曲を演奏できますし、Obe、Fg、St.Bassなど音楽の幅と奥行きを表現できる楽器も揃っていて、うらやましい限りです。楽器を調達して頂いた先生に感謝ですね。

 欲を言うと、Trpがもう1本欲しいところです。
楽譜にある指定の音を出すことができる、メロディー・ラインの強化(1st2本、2nd1本の編成とする)、Trpでの3和音を奏でられる、などが理由です。

 また、EuphとTubaの兼任はできれば避けて、それぞれ専任として、Euph1、Tuba2としたいところです。今から入部してくれる1年生には、(1)Trp、(2)Euphの順番で楽器を決めてみてください。

 これから吹奏楽部の執行メンバーとして中学生活の締めくくりとして、しっかりした活動とたくさんの思い出を作れるように、メンバーと協力してトライしていってください。

回答:五十嵐 清

Q:コンクール自由曲のタテとヨコがだいたい合ってきたら、次にするべきことは何でしょうか?(遠藤さん)

曲のタテ:アインザッツ、和音の響き、音形などなどなど
曲のヨコ:響きの安定性、和声の進行、音の形長さ、メロディーの流れや受け渡し、伴奏ラインの流れなどなどをチェックしていることと思います。

楽曲は多角的に捉え、次のことを合奏でのチェック・ポイントとしてください。

1.音符について

発音の統一(何を話しているのかハッキリという)
音形、長さの統一(響き方、音符の持っているエネルギーの決める)
消し方の統一(余韻、流れを決める)
2.音程について

ユニゾン(オクターブ関係も含む)を合わせる。
楽器間のバランスを調整する。(楽器が大きい、管が太い・長い楽器の音量を大きめにする)
3.ダイナミックスについて

各曲想、フレーズによりダイナミックスを細かくつける。
曲全体を見てダイナミックスの推移を明確にし実行する。
4.メロディー、フレーズについて

メロディーの流れを明確にし、受け渡しを確実にする。
フレーズの流れを把握し、曲全体の流れを失わないようにする。
5.ブレンド、バランスによるサウンドついて
(このことが一番重要です。ブレンドしてその場面で一番相応しい新しい楽器の音色を創る)

各役割、声部の音量のバランス(メロディーvs伴奏(リズム・ハーモニー)vs対旋律)をとる。特にTuttiのサウンドが崩れないように。
一つの楽器(パート)のみが飛び出ないようにする。
楽器の音色のバランス(色彩感)をとる。
6.自分達の主張のある演奏、緊張感のある演奏

テクニックのみの追究に終わらず、ぜひとも自分が思い描いている音楽に仕上げてください。

回答:五十嵐 清

Q:合唱において音程を良くする練習は?

Q:私の高校では毎年7月に合唱コンクールがあって、専門の先生も数人お呼びしてけっこう盛り上がっています。
私は合唱コンクールの担当者なのですが、合唱において音程を良くするにはどのような練習が効果的でしょうか?

練習期間が2~3週間ほどでとても短いです。クラスには、吹奏楽部や、歌を専門的にやっている子もいるので全員が全く分からないという状態でもありません。去年は、音程のズレがわかる子が、ズレている時にみんなを注意する、という感じでした。

そのほか、合唱をするにあたって大切なこともあれば教えていただけるとうれしいです。担当者として、できることはすべてやりたいと思っています!(TSさん/高校3年生)


学校中が歌声に包まれること、うらやましいです。

 合唱コンクールでのまとめ役は大変でしょうが、やり遂げた時の感動は絶対に一生の思い出になりますよ。

 合唱コンクールというコンクール形態なっていますが、クラスでまとまり、一つの曲を皆で気持ちを合わせて歌うことが、結果として納得のいく賞をいただけるのではないでしょうか?
クラスの仲間一人ひとりのできているところを見つけだし、他のクラスにはエールを送る。こんなことから合唱コンクールの成功への道が開けてくるのではないかな?

 さて、音程を良くする練習方法ですが、

  1. しっかりした正しい姿勢で発声する。
  2. ガナリ声にならないように、喉の力をリラックスさせる。
  3. スケールでの音程取りをしていく。
  4. 音階を下から上にとっていくと、上でフラット気味に、上から下へとっていくと、下でシャープ気味になるので、注意してとっていく。
  5. 音階という階段を登る時、自分の前方方向ではなく、自分ののノドの奥、そして頭の後ろから天辺に向けての階段があるようにイメージして歌う。

 そして、大切なのは「歌詞」の意味をクラスで共有し、歌詞のアクセント、明瞭度をしっかし把握し、意味が伝わるようにシラブル(発音)や音量に注意して、声部のバランス、メロディーの受け渡しをチェックしてみてください。

 きっとクラスの思いがこもった歌声が響いてきますよ。

 下記に「合唱での指揮法」の回答がありますので、そちらも参考にして下さい。

Q:僕は学級合唱の指揮をしていますが、指揮を振る時は図形にそったものじゃなきゃいけないのですか? もっとダイナミックにやりたいんですけど・・・。拍があっていればいいんですか?

回答:五十嵐 清