【CD】パンドーラの箱~八木澤教司作品集/Pandora’s Box~The Artistry of Satoshi Yagisawa

八木澤教司の作品集で、既発売盤のコンピレーションで構成されている。

アルバムは、愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部のために書かれた『ゴールデン・ジュビレーション』ではじまる。華やかでスピード感溢れる作品だ。2曲目のマーチ『春薫る華』は、京華学園吹奏楽団(東京)の委嘱作。これが“心の絆”になることを願って書かれたコラールから始まる快活なマーチ・スタイルの作品だ。『新たなる息吹き』は、シンガポールからの委嘱作で、困難や苦難を乗り越えて、希望のある未来へ向かう若き世代を応援するドラマチックな作品となっている。

『ヴォンゴレ!~バリトン・サクソフォーンとコンサートバンドのために』は、バリトン・サクソフォーンのための協奏曲で、委嘱者の浅利 真のソロで初演された。第1楽章「スプマンテ」(スパークリングワイン)、第2楽章「ビアンコ」(白という意味)、第3楽章「ロッソ」(赤という意味)の3楽章で構成され、まるでイタリア料理を楽しむようなタッチで書かれている。

『オマージュ~海の守り詩』は、海上自衛隊呉音楽隊創設60周年記念委嘱作品で、海上自衛隊の儀礼曲として使用われる山田耕筰の《海のさきもり》の一節をモティーフとして使用して作曲されている。つづく『暁光の幻』は、北見吹奏楽団(北海道)の創立30周年記念委嘱作品で、厳しく寒い冬を迎える北海道の「夜明けの景色で見られる幻影」をイメージしている。つづく、『ウルル・カタ・ジュタ~アボリジニーの祈り』は、奈良市立一条高等学校吹奏楽部創部60周年記念作で“エアーズロック”の名でも知られるオーストラリア一枚岩“ウルル”のあるエリアに暮らす先住民族アボリジニーの生活や壮大な風景が描写されたドラマチックな作品となっている。

新宿文化センターの開館30周年記念委嘱作品として2009年に書かれた『オルガンと吹奏楽のための祝典ファンファーレ』は、華やかで明るい吹奏楽のファンファーレと重厚なパイプオルガン響きが鳴り響く印象深い構成となっている。『輝ける夏の日へ』は、熊本県吹奏楽連盟の委嘱で、同県の吹奏楽コンクール課題曲(15人以内編成の部門)として作曲された。美しいメロディ・ラインの温かい作品となっている。『March-Chagu-Chagu』は、2016年、岩手県で開催された第71回国民体育大会・第16回全国障害者スポーツ大会の式典音楽として作曲された。モティーフには、岩手県民謡《チャグチャグ馬コ》が使われている。

『インテルメッツォ~独奏クラリネットとウインドアンサンブルのための』は、東広島ウィンドアンサンブルの委嘱で作曲された《クラリネット協奏曲》の第2楽章だ。この楽章は、ハートフルな楽想であることから特に親しまれ、「インテルメッツォ」とネーミングされて単独曲として出版された。

『パンドーラの箱』は、「ペルセウス」「モーセとラメセス」「ラビリントス」につづく“神話シリーズ”の一曲で、ギリシャ神話にインスピレーションを得て書かれた。主人公のパンドーラは、男しかいなかった地上にゼウスによって送り込まれた人類初の女性。彼女は、すべての悪と災いを封入した箱をもたされていたが、地上についた彼女は好奇心からそれを開けてしまう…..。というストーリーが下敷きとなっている。

コンサートマーチ『ザ・ヴィクトリア・ピーク』は、2013年12月の香港ディズニーリゾート「冬の音楽祭」のために委嘱された親しみ易いマーチ。

『夢の華-六甲山に咲き誇る』は、六甲ヴェルデ吹奏楽団(兵庫県神戸市)の委嘱作で、和と洋がミックスされた独自の文化圏を構成する神戸の町とそれを見守る六甲山の視点から捉えた音楽で、エネルギッシュな主部と感動的なコラールが大きな特徴となっている。

■パンドーラの箱~八木澤教司作品集
Pandora’s Box~The Artistry of Satoshi Yagisawa
(Japanese Wind Band Repertoire, Volume 6)

https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4413/

【データ】
・演奏団体:
オランダ王国陸軍バンド“ヨハン・ヴィレム・フジョー” 1, 6
(Royal Military Band“Johan Willem Friso”)
名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ 2, 7
(Nagoya University of the Arts Wind Orchestra)
フィルハーモニック・ウインズ大阪 3
(Philharmonic Winds Osakan)
東京都立墨田川高等学校吹奏楽部 4
(Tokyo Metropolitan Sumidagawa High School Concert Band)
海上自衛隊呉音楽隊 5, 11
(Japan Maritime Self-Defense Force Band of Kure)
ソノーレ・ウィンドアンサンブル 8
(Sonore Wind Ensemble)
アントワープ・ウインズ 9
(Antwerp Winds)
盛岡吹奏楽団 10
(Morioka Symphonic Band)
ドイツ陸軍バンド 12
(The Concert Band of the German Armed Forces)
ウインドカンパニー管楽オーケストラ 13, 14
(Wind Company Wind Orchestra)
・指揮者:
テイメン・ボトマ(Major Tijmen Botma) 1, 6
竹内雅一(Masaichi Takeuchi) 2, 7
松尾共哲(Tomonori Matsuo) 3
八木澤教司(Satoshi Yagisawa) 4, 10
野澤健二(Kenji Nozawa) 5, 11
佐藤正人(Masato Sato) 8
ユリ・ブリアト(Juri Briat) 9
ヴァルター・ラツェク(LTC Walter Ratzek) 12
的場誠治(Seiji Matoba) 13
伊勢敏之(Toshiyuki Ise) 14
・発売元:デハスケ(de haske)
・発売年:2018年

【収録曲】
【作曲】八木澤教司(Satoshi Yagisawa)

1. ゴールデン・ジュビレーション 【2:21】
A Golden Jubilation

2. マーチ「春薫る華」【4:08】
Scent of Spring

3. 新たなる息吹き 【5:37】
A New Beginning

4. 「ヴォンゴレ!」~バリトン・サクソフォーンとコンサートバンドのために 【8:16】
Vongole ! for Solo Eb Baritone Saxophone and Concert Band
バリトン・サクソフォン(Baritone Saxophone):浅利 真(Makoto Asari)

5. 「オマージュ」~海の守り詩 【7:40】
Homage – Guardians of the Sea

6. 暁光の幻 【5:32】
A Vision of the First Light

7. 「ウルル・カタ・ジュタ」~アボリジニーの祈り 【7:50】
Call of the Aboriginals Uluru – Kata Tjuta

8. オルガンと吹奏楽のための祝典ファンファーレ 【4:49】
Celebration Fanfare for Organ and Concert Band
オルガン(Organ):長谷川佳子(Keiko Hasegawa)

9. 輝ける夏の日へ 【2:33】
A Glorious Summer Day

10. March-Chagu-Chagu 【3:00】
March-Chagu-Chagu

11. 「インテルメッツォ」~独奏クラリネットとウインドアンサンブルのための 【5:14】
Intermezzo for Solo Clarinet and Wind Ensemble
クラリネット(Clarinet):小村英生(Hideo Komura)

12. パンドーラの箱 【9:08】
Pandora’s Box

13. コンサートマーチ「ザ・ヴィクトリア・ピーク」 【3:16】
The Victoria Peak

14. 夢の華-六甲山に咲き誇る 【9:06】
Flowers of Dreams In bloom in the Rokko Mountain

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4413/

もののふ~八木澤教司作品集…大ヒットとなったCD「モーセとラメセス」(CD-2405)に続く、注目の作品集がデハスケより発売!

 デハスケなどのレーベルが過去にレコーディングした作品をコンピレーションしたアルバムで、吹奏楽作品と独奏曲の計10曲が収録されている。

 この内、吹奏楽のための収録作品は、『センテナリー・セレブレーション』、タロコ族民謡による叙事詩『狩猟の歌』、『KYO-WA(きょうわ)』、吹奏楽のための音詩『我ら鷲の如く空を舞う』、『エスポワール~希望への道』、『もののふ~幕末をかけた熱き誠の魂』、『ドリーム・クルーズ』の7曲。

 1曲目の『センテナリー・セレブレーション』(2010)は、広島新庄中学・高等学校創立100周年のための委嘱曲で、式典に相応しい第1楽章「ファンファーレ」と、同校校歌をベースにした第2楽章「コラール」の2つの楽章からなっている。それぞれ単独で演奏できるようになっており、第1楽章はコンサートのオープニング、第2楽章はアンコールとして効果が上がるように作られている。

 つづく、タロコ族民謡による叙事詩『狩猟の歌』(2013)は、2013年春、台湾で行われた吹奏楽コンクール「2013華人名校室内管樂合奏大賽」の課題曲として作曲された作品だ。台湾東部に暮らすタロコ族の民謡をもとにした変化に富んだ作品で、演奏時間はおよそ7分程度。作曲者による違和感のないカット指示もあり、5分程度まで短縮できるようになっている。

 『KYO-WA』(2008~2010)は、大阪府立阿倍野高校吹奏楽部の創部50周年記念委嘱作。「ファンファーレ」「コラール」「マーチ」の3楽章構成で、2008年からの3年間に1曲ずつ初演された。作曲者は『“KYO”を日本の漢字で表すと“響”“共”“協”“競”となり、“WA”は“和”“輪”となる。』と述べ、高校生が在学中に体験するであろう〈希望、不安、喜び、悲しみ、躍動、感動〉といった喜怒哀楽が描写されている。楽器編成はごくシンプルで、35名程度のバンドでも充実したサウンドが愉しめる。日本的タッチの第1楽章がとても新鮮だ!

 吹奏楽のための音詩『我ら鷲の如く空を舞う』(2010)は、シンガポールの育英中学校創立100周年記念作として書かれ、“学校創設に関わった人々の情熱”~“戦争をはじめとする困難”~“未来へ”というこの学校の歩みと未来に関わる3つの部分からなっている。演奏効果の高い作品で、日本でも広く演奏されている。

 『エスポワール~希望への道』(2012)は、札幌創成高等学校吹奏楽部第10回記念定期演奏会のために2012年に書かれ、曲名は、生徒たちの希望のある未来を願って付けられた。温かく親しみやすい小品で、コンサートの間奏曲やアンコールとしてピッタリくる作品だ!

 トラック-8に収録されている『もののふ~幕末をかけた熱き誠の魂』(2011)は、堀越高等学校吹奏楽団の委嘱作品。テーマとして選ばれているのは、日本の武士道!!

 作品は、時に“もののふ”とも呼ばれる“武士”の時代の最後に、その精神を貫き通した土方歳三の生き様にインスパイアーされており、和太鼓や竹といった日本独特の楽器が使用(代替楽器も指定)されている。ひじょうにインパクトのある作品で、アルバム・タイトルとして使われることになったのも当然だろう!

 『ドリーム・クルーズ』(2010)は、千葉県市川市でクリスマスの時期に毎年開催されるイベントでの合同演奏ために共同委嘱された作品で、オリジナルは合唱を含むが、出版にあたり、合唱パートが無くても演奏できるように改訂された。コンサートのエンディングやアンコールにふさわしい作品だ。

 アルバムには、以上の他、打楽器奏者、小川佳津子の委嘱で作曲された『コンチェルティーノ~ソロ・パーカッションとウインドオーケストラのための』(2009)、東広島ウィンドアンサンブルの委嘱で作曲され、広島交響楽団クラリネット奏者、橋本眞介の独奏で初演された『クラリネット協奏曲』(2010)、東北福祉大学吹奏楽部卒業生の委嘱曲で同部音楽監督兼指揮者でもある仙台フィルハーモニー管弦楽団トロンボーン奏者、松崎泰賢の独奏で初演された『けやきの杜で…~独奏トロンボーンとウインドアンサンブルのための』(2011)という近年作の3曲の独奏曲も収録され、とても愉しめる!

 これらが1枚で愉しめるとは、とてもゴージャスな気分! 八木澤作品ファンにとっては、ホントにおいしいアルバムだ!!

■このCDをBPショップで購入する
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3200/

【演奏】名古屋芸術大学ウィンド・オーケストラ
オランダ王国陸軍バンド “ヨハン・ヴィレム・フジョー、他

【発売元】デハスケ (de haske)

【収録曲】作・編曲:八木澤教司(全曲)

1. センテナリー・セレブレーション 【5:45】
2. タロコ族民謡による叙事詩「狩猟の歌」 【6:46】
3. 「コンチェルティーノ」~ソロ・パーカッションとウインドオーケストラのための 【6:44】
4. KYO-WA 【11:44】
5. 吹奏楽のための音詩「我ら鷲の如く空を舞う」 【7:55】
6. 「エスポワール」~希望への道 【3:42
7. クラリネット協奏曲 【17:05】
Cla:フランク・ハイべルス

8. もののふ ? 幕末をかけた熱き誠の魂 【8:35】
9. 「けやきの杜で…」? 独奏トロンボーンとウインドアンサンブルのための 【3:49】
Trb:松崎泰賢
10. ドリーム・クルーズ 【4:39】

■このCDをBPショップで購入する
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3200/

■吹奏楽のための音詩「我ら鷲の如く空を舞う」(作曲:八木澤教司)

「ペルセウス~大空を駆る英雄の戦い」「はてしなき大空への讃歌」吹奏楽のための交響的詩曲「モーセとラメセス」など、大活躍のつづく八木澤教司の清々しい作品。

 吹奏楽のための音詩「我ら鷲の如く空を舞う」は、2010年に創立100周年を迎えたシンガポールの育英中学校(Yuying Secondary School)の100周年記念作として作曲され、ファイザル・ビィン・オスマンの指揮で初演されました。

 タイトルは、この曲を書くきっかけをつくった作曲者の友人スティーヴン・プゥアによって名付けられています。

 曲は大きく分けて3つの場面で構成されます。

 インパクトのあるイントロにつづく最初の場面では、“学校創設に関わった人々の情熱”が描かれており、格調高いテーマが音楽全体を導きます。つづく2番目の場面では短調となり、“戦争をはじめとする困難”が厳しさを伴ったテーマとともに描かれ、やかて最初の場面テーマが再現されます。曲想がガラリと変わる第3の場面は、“未来へ”向かい、様々な困難を乗り越えてゆく強い意志が描写され、希望に満ちた未来に向けて更なる発展を願うファンファーレでエンディングを迎えます。

 学校創設から苦難を超え、未来へと向かう希望と情熱をドラマチックに描いた演奏効果の高い作品。八木澤ファンには見逃せない作品です!

・出版社グレード:3
・作曲:八木澤教司(Satoshi Yagisawa)
・TIME:7分56秒(CD-2744参照)
・出版:デハスケ(de haske)

■この楽譜の詳細をチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-9408/

【この曲が収録されたCD】

■イースト・ミーツ・ウェスト
名古屋芸術大学ウィンド・オーケストラ

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2744/

■ファンファーレ「はやぶさ」(作曲:八木澤教司)

 2010年6月13日に小惑星探査機「はやぶさ」が様々な困難を克服し、7年間、60億kmの旅を終え地球に帰還しました。

 小惑星探査機「はやぶさ」は、イトカワと名づけられた小惑星の地表のカケラをカプセル内に採取し地球に持ち帰るという世界初のミッションを成功させました。

 この曲は「はやぶさ」プロジェクトの成功を記念して作曲家の八木澤教司に委嘱、2010年11月にNEC本社で開催された演奏会にて、NEC玉川吹奏楽団(指揮:稲垣征夫)によって初演されました。

 曲の構成は劇的でゆっくりしたテンポの導入(旅立ち、中間部のアレグロ(宇宙を進む「はやぶさ」)、後半のコラール(日本の科学力と技術力、プロジェクト成功を称える賛歌)からなり、短いながらもスケールの大きな楽曲となっています。

【編成など詳細はこちら】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-9086/

■ファンファーレ「はやぶさ」/ピエリウス・マグヌス
~ベスト・セレクションズ・フォー・コンサート・バンド~

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2344/

(2011.09.13)

平成23年度のJBA「下谷奨励賞」受賞作品が決定!

 JBA(社団法人 日本吹奏楽指導者協会)が「吹奏楽作品の開発と吹奏楽作曲家の育成」を目的に毎年行っている「下谷奨励賞」の平成23年度受賞曲が決定した。

 今回受賞したのは、以下の2曲。

◎交響詩「母なる北方の大地-すべての生命を讃えて」(八木澤教司)
◎I Love the 207(酒井 格)

過去の受賞曲などは、(社)日本吹奏楽指導者協会のHPを参照のこと。
http://www.jba-honbu.or.jp/

(2011.07.21)

西風に揺られて~熱き心の鼓動が鳴り響く(八木澤教司)…“壮大な大地”と“輝ける海の景色”をスケール豊かに描いた作品

★“壮大な大地”と“輝ける海の景色”をスケール豊かに描いた作品

『ペルセウス~大空を駆る英雄の戦い』などでおなじみの八木澤教司の作品です。

『西風に揺られて~熱き心の鼓動が鳴り響く』は、熊本の陸上自衛隊西部方面音楽隊の委嘱で作曲されました。

 初演は、2010月2月19日(金)、福岡サンパレスで開催された“自衛隊音楽まつり”で、西部方面音楽隊隊長・高橋充の指揮、九州の陸上自衛隊各音楽隊の合同演奏で行われました。

 西部方面音楽まつりのテーマ“心に響け、熱き思い”に沿って作曲された作品で、作曲者が九州に行くたびに感じる“壮大な大地”と“輝ける海の景色”、そして、そしてそんな風土に暮らす、表情豊かでエネルギーに満ちた人々の印象に強く導かれています。タイトルに使われた“西”という文字は、委嘱者名の“西部方面”を象徴的に扱ったものです。

 曲は、マエストーソの雄大なイントロに導かれ、エネルギーと表情にあふれ、ドラマチックに展開します。前半部のトランペット・ソロも聴かせます。

 作曲者が九州で体感したさまざまなイメージを、西から吹く風に揺られながら全国に届けようと、スケール豊かに描いた作品です。

【BPショップで楽譜の詳細をチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-9020/

【この曲が収録されたCD】
■ 西風に揺られて
~熱き心の鼓動が鳴り響く/ウィンド・パワー
(コンサート・バンド・レパートリー・ハイライツ)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2224/