ユーフォニアムの木村寛仁が「大阪ハーモニーブラス」のコンサートにゲスト出演し、 ホロヴィッツ「ユーフォニアム協奏曲」を演奏!!

 ピーター・グレイアムの情感あふれる作品を収録したCD「グローリアス・ヴェンチャーズ」が大ヒット中のユーフォニアム奏者、木村寛仁(大阪音楽大学准教授)が、9月29日(土)、大阪ハーモニーブラスのオータムコンサートにゲスト・ソロイストとして出演する。曲目は、ユーフォニアム奏者なら知らぬものがいない定番、ジョーゼフ・ホロヴィッツの『ユーフォニアム協奏曲』。オリジナルどおりのブラス・バンド伴奏によるナマ演奏は、日本では久しぶり。関西のユーフォニアム・ファンは、何をさておき、会場にGO!!

大阪ハーモニーブラス オータムコンサート2007

【日時】2007年9月29日(土) 開場:18:30 / 開演:19:00
【会場】川西市みつなかホール
【交通】阪急電鉄、能勢電鉄川西能勢口駅東口より徒歩約5分、JR川西池田駅より東へ徒歩約12分)
【料金】一般:1000円 小中高生・障害のある方:500円

【ゲスト】木村寛仁(ユーフォニアム)

【曲目】
・スピリット・オブ・セレブレーション(ダウニー)
・ユーフォニアム協奏曲(ホロヴィッツ)
・行進曲「トリコー・ルージュ」(ヒートン)
・バレエ音楽「スパルタカス」より スパルタカスとフリジアのアダージョ(ハチャトゥリャン/ラングフォード編)
・朝の歌 (エルガー/ライト編)
・アイリッシュ・ブレッシング(バカク/ブラッドナム)
・自由への旅 ~ブラスバンドのためのラプソディー~(ボール)

【問い合わせ】皆川

E-Mail kornett2002@yahoo.co.jp
HomePage http://www.ohb.jp

(2007.09.21)


■ グローリアス・ヴェンチャーズ / ピーター・グレイアム作品集           GLORIOUS VENTURES

【演奏:】木村寛仁(ユーフォニアム)
浅川晶子(ピアノ)

【曲目】

1. ホーリー・ウェル The Holy Well
2. グローリアス・ヴェンチャーズ
Glorious Ventures
3. レインフォレスト Rainforest
4. ケルトの夢 Celtic Dream
5. ドイルの哀歌 Doyle’s Lament
6. つむじ風 Whirlwind
7. 小さな願い A Little Wish 

【作曲】(1 – 7) : ピーター・グレイアム Peter Graham

【CD番号】 WINDSTREAM, WST-25002
【発売日】 2007年1月6日
【定価】 \1,400(税込)

【好評発売中】 BPショップへ GO >>>
グローリアス・ヴェンチャーズ/ピーター・グレイアム作品集/
GLORIOUS VENTURES【ユーフォニアム&ピアノ】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1079/

速報!! 2007年11月、113年の歴史を誇る「ウェリントン・シタデル・バンド」、3度目の来日公演決定!!

 1979年、1985年と来日し、日本のブラス・バンド・ファンを魅了したニュージーランドの「ウェリントン・シタデル・バンド」(WCB)の、22年ぶり、3度目の来日公演が決定した。このバンドは、古きよきイギリスの伝統が色濃く残るニュージーランド北島、ウェリントン市の救世軍教会に所属するブラス・バンドで、113年という、世紀をまたぐ演奏活動歴とともに、レコードの時代から、そのビロードのような美しいブラス・サウンドで、世界的な名声を誇っている。注目のプログラムも、まもなく決定。ほんもののブラス・バンド・サウンドを満喫できる注目の来日公演となる!!

 公開で行われる各地の公演は、以下のとおり。

■WCB広島公演
【日時】11月17日(土) 開場/14:30 開演/15:00
【会場】広島女学院ゲーンスホール
【料金】S席:4000 / A席:3000 / B席(自由席):1500(学生割引:1000)
【主催】救世軍ウエリントン・シタデルバンド広島公演実行委員会
【問い合わせ】救世軍広島小隊 Tel:(082)262-3776

■WCB関西特別公演「チャリティーコンサート」
【日時】11月18日(日) 開場/16:10 開演/16:30
【会場】茨木市民会館大ホール(ユーアイホール)
【料金】全席自由席(前売り:2000 / 当日:2500)
【主催】茨木ライオンズクラブ
【共催】茨木市文化振興財団
【問い合わせ】救世軍希望館(前田) Tel:(072)623-3758

■WCB浜松公演
【日時】11月20日(火) 開場/18:30 開演/19:00
【会場】浜松市天竜壬生ホール
【料金】全席自由席(一般:2000 / 学生:1000)
【主催】浜松ブラスバンド
【協賛】浜松市天竜壬生ホール自主事業実行委員会
【問い合わせ】浜松ブラスバンド Tel: (0537)21-1207

■WCB東京公演
【日時】11月21日(水) 開場/18:30 開演/19:00
【会場】杉並公会堂(大ホール)
【料金】S席:3300 / A席:2500 / 学生自由席:1500
【主催/問い合わせ】救世軍本営・WCB招聘委員会事務局
Tel:(03)3237-0881

■WCB宇都宮公演
【日時】11月23日(金) 開場/13:30 開演/14:00
【会場】栃木県教育会館大ホール
【料金】全席自由席(親子券:2500)
【主催】栃木県ブラスバンド研究会
【問い合わせ】栃木県ブラスバンド研究会 Tel:(028)653-3999 /
上野楽器 Tel:(028)633-4286

【招聘】救世軍本営・WCB招聘委員会事務局  (03)3237-0881
music.dept@salvationarmy.or.jp

【後援】:ニュージーランド大使館 日本トランペット協会  (財)日本音楽教育文化振興会 日本管打・吹奏楽学会実行組織機

2007年夏、オブラッソの新譜第二弾は、ブラック・ダイク会心のクリスマス・アルバム!! 楽譜も全曲出版!!

 スイスの出版社、オブラッソの2007年夏の新譜CD、その第二弾は、イギリスの名門ブラス・バンド、ブラック・ダイク・バンドの「クリスマス・ウィズ・ブラック・ダイク」。当然ながら、演奏曲目には、クリスマス・シーズンにふさわしい音楽がズラリ。しかし、ダーロル・バリー、アラン・ファー二ー、ハワード・ローリマンの3人のトップ・アレンジャーが腕をふるったこのアルバムは、よくある賛美歌風クリスマス・アルバムとは一線を画し、ブラス・バンド・アルバムとしてのエンターテイメントも一級品!! サウンドも美しい!!

 コルネットのリチャード・マーシャル、ユーフォニアムのデーヴィッド・ソーントン、トロンボーンのブレット・ベイカー、Ebバスのジョーゼフ・クックといった豪華なソリスト陣が相次いで登場するのも、ブラック・ダイクならではといったところ。

 レッツ、ブラス・バンド!!  楽譜も全曲入手可能なので、コンサートの選曲ツールとしても好適なアルバムとなっている。

Christmas with Black Dyke

【指揮】Dr. Nicholas Childs
【演奏】Black Dyke Band
【収録】2007.4 – Morley Town Hall, UK
【CD番号】Obrasso CD925

世界最高のブラス・サウンドが楽しめる「ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2007」 のCDが8月に発売

 2007年7月にイギリスのバーミンガムで行われた「ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2007」の模様を収めたライブCDが間もなく発売される。ヨーロッパ・ナンバー1の座をかけて、各国を代表するブラスバンドが繰り広げる熱奏の数々は、まさに圧巻! ブラス・ファンだけでなく、吹奏楽ファンにもぜひ聴いてもらいたいアルバムだ。

下記、ブラスバンド協会のHPでは、大会の写真や過去の成績などもチェックできる。

European Brass Band ASSOCIATI0N
http://www.ebba.eu.com/
http://www.worldofbrass.com/

「ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2007」のCDは
BPショップで購入できます。

 http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1239/


ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2007

【収録曲】

1. Festfanfare/リヒャルト・シュトラウス
Festfanfare/Richard Strauss
演奏団体:ブラス・バンド・オーバーエステライヒ
(Brass Band Oberosterreich)

2. エルガー・ヴァリエーションズ/マーティン・エレビー
Elgar Variations/Martin Ellerby
演奏団体:コーリー・バンド(Cory Band)

3. アロウェイ・テイルズ/ピーター・グレイアム
Alloway Tales/Peter Graham
演奏団体:ヨーロピアン・ユース・ブラス・バンド
(European Youth Brass Band)

4. チロルの歌の主題による変奏曲/ジャン・バティスト・アーバン
(arr.マーク・フリーフ)
Variations on a Tyrolean Song/Jean Baptiste Arban(arr. Mark Freeh)
演奏団体:ブラス・バンド・ヴィレブルーク(Brass Band Willebroek)

5. フォーク・フェスティヴァル/ドミトリ・ショスタコーヴィチ
(arr.ハワード・スネル)
Folk Festival/Dmitri Shostakovich(arr. Howard Snell)
演奏団体:ヨーロピアン・ユース・ブラス・バンド
(European Youth Brass Band)

6. ドロップ/サイモン・ドブソン
The Drop/Simon Dobson
演奏団体:(Brass Band Frener-Reifer Pfeffersberg)

7. Lionheart/フィリップ・ハーパー
Lionheart/Philip Harper
演奏団体:ヨーロピアン・ユース・ブラス・バンド
(European Youth Brass Band)

8. ファンキー・ブラス/オットー・M・シュワルツ
Funky Brass/Otto M. Schwarz
演奏団体:ブラス・バンド・オーバーエステライヒ
(Brass Band Oberosterreich)

9. キャラヴァン/デューク・エリントン(arr.スティーヴ・サイクス)
Caravan/Duke Ellington(arr. Steve Sykes)
演奏団体:ヨーロピアン・ユース・ブラス・バンド
(European Youth Brass Band)

10. 宇宙の音楽/フィリップ・スパーク
Music of the Spheres/Philip Sparke
演奏団体:ブラス・バンド・ヴィレブルーク
(Brass Band Willebroek)

CD 2

1. マラゲーニャ/エルネスト・レクオーナ(arr.マーク・フリーフ)
Malaguena/Ernesto Lecuona(arr. Mark Freeh)
演奏団体:ヨーロピアン・ユース・ブラス・バンド
(European Youth Brass Band)

2. コンテスト・ミュージック/ウィルフレッド・ヒートン
Contest Music/Wilfred Heaton
演奏団体:フォーデンズ・リチャードソン・バンド
(Fodens Richardson Band)

3. ホライズン/ポール・ロヴァット=クーパー
Horizons/Paul Lovatt-Cooper
演奏団体:ブラス・バンド・ヴィレブルーク
(Brass Band Willebroek)

4. 協奏曲ヘ短調/オスカル・ベーメ
Concerto in F Minor/Oskar Bohme
演奏団体:ブラス・バンド・オーバーエステライヒ
(Brass Band Oberosterreich)

5. ヘリオス/ヤン・ヴァンデルロースト
Helios/Jan van der Roost
演奏団体:ブラス・バンド・ヴィレブルーク
(Brass Band Willebroek)

6. Beyond the Horizon/ポール・H・ケリー
Beyond the Horizon/Paul H. Kelly
演奏団体:ブラス・バンド・トライツ・エトワール
(Brass Band Treize Etoiles)

7. ミュージカル映画「回転木馬」よりユール・ネバー・ウォーク・アローン
/リチャード・ロジャース(arr.ハワード・スネル)
You’ll Never Walk Alone/Richard Rodgers(arr. Howard Snell)
演奏団体:ブラス・バンド・ヴィレブルーク(Brass Band Willebroek)

8. チャールダーシュ/ヨハン・シュトラウス(arr.ハワード・スネル)
Czardas/Johann Strauss(arr. Howard Snell)
演奏団体:ブラス・バンド・オーバーエステライヒ
(Brass Band Oberosterreich)

9. 交響曲第3番「オルガン付き」より終楽章/カミュ・サン=サーンス
Finale from Symphony no. 3 (Organ)/Camille Saint-Saens
演奏団体:ブラス・バンド・ヴィレブルーク(Brass Band Willebroek)

オブラッソ・レコーズからブラス・バンドCDが間もなく発売!

まもなく、オブラッソ・レコーズ(Obrasso Records)からブラス・バンドのニューディスクが2枚発売される。1枚はブリッグハウス&ラストリック・バンド(Brighouse and Rastrick Brass Band)のもので、ダーロル・バリーのオリジナル曲をはじめ、ビートルズの「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」などのポップスが中心。そして、もう1枚は、ロバート・チャイルズ率いるコーリー・バンドの新作で、こちらも同じくダーロル・バリーのオリジナル曲をメインに、ジャズやポップスなどのアレンジ作品が並んでいる。ブラス・ファンは楽しみに待っててね。

Our Town
Brighouse and Rastrick Brass Band
Another Openin’ Another Show
Cory Band

ベルナールトス(Bernaerts )から最新のポップ&クリスマス作品の音源CDが発売・・・「レッツ・ゲット・ラウド」「クリスマス・セレブレーション」

  小中編成向きのナイスなポップス・アレンジとオリジナルが人気の出版社ベルナールトスから最新のポップ&クリスマス作品の音源CDが発売された。「レッツ・ゲット・ラウド」と「クリスマス・セレブレーション」の2枚で、収録曲は以下の通り。クリスマスには、まだちょっと早いけど、備えあれば憂いなし!ってことで、シーズンなってから慌てないよう、今からしっかりとチェックしておきましょう。

(2006.08.23)

■A Christmas Celebration 
>>BPショップで購入する

【収録曲】

1.Christmas Flourishes (Darrol Barry)
2.All I Want For Christmas Is You (Mariah Carey, arr. Frank Bernaerts)
3.The Most Wonderful Time Of The Year (E. Pola & G. Wyle, arr. Darrol
Barry)
4.Merry Christmas Everyone (Shakin Stevens, arr. Frank Bernaerts)
5.A Christmas Celebration (Arr. Darrol Barry)
6.Rockin’ Around The Christmas Tree (Johnny Marks, arr. Frank Bernaerts)
7.Ave Maria (J.S. Bach/Ch. Gounod, arr. Steve Cortland)
8.Christmas Swing (Ray Sacks, arr. Jan van Kraeydonck)
9.Rudolph Around The World (Johnny Marks, arr. Darrol Barry)
10.Driving Home For Christmas (Chris Rea, arr. Frank Bernaerts)
11.Stop The Cavalry (Jona Lewie, arr. Frank Bernaerts)
12.Lonely This Christmas (Mud, arr. Jan van Kraeydonck)
13.A Jingle Bells Fantasy (Traditional, arr. Darrol Barry)
14.Feliz Navidad (Jose Feliciano, arr. Darrol Barry)
15.Wonderful Christmas Time (Paul McCartney, arr. Frank Bernaerts)


■Let’s Get Loud
>>BPショップで購入する

【収録曲】

1.Freeliner (Darrol Barry)
2.Love Generation (Bob Sinclar, arr. Frank Bernaerts)
3.Because Of You (Kelly Clarkson, arr. Jan van Kraeydonck)
4.Brother Bear (Walt Disney, arr. Frank Bernaerts)
5.The Young Amadeus (W.A. Mozart, arr. Jan van Kraeydonck)
6.Fun Fever (James Pendleton)
7.King Kong (James Newton Howard, arr. Frank Bernaerts)
8.The Magic Of Mozart (W.A. Mozart, arr. Darrol Barry)
9.Theme From JAG (Bruce Broughton, arr. Frank Bernaerts)
10.Kids Play Disney (Arr. Frank Bernaerts)
11.Push The Button (Sugababes, arr. Jan van Kraeydonck)
12.The Elvira Madigan Theme (W.A. Mozart, arr. Steve Cortland)
13.The Incredibles (Walt Disney, arr. Darrol Barry)
14.Je t’Adore (Kate Ryan, arr. Frank Bernaerts)
15.Because We Believe (Andrea Bocelli & Marco Borsato, arr. Frank
16.Bernaerts)
17.Let’s Get Loud (Jennifer Lopez, arr. Jan van Kraeydonck)
18.Yellow River (Christie, arr. Johny Ocean)

新しいブラスバンド選手権のテストピースは、フィリップ・スパークの 『ダンスとアレルヤ』に決定!

英国ブラス・バンド連盟(The British Federation of Brass Bands)は、今年(2006年)7月1日にソルフォードのザ・ロウリィ(The Lowry)に14バンドを集めて開催する新しいブラス・バンド選手権”全イングランド選手権(English National Championships”)のテストピースを、フィリップ・スパークの新作『ダンスとアレルヤ(Dances and Alleluias)』に決定したと発表した。

作品は、演奏時間およそ14分の単一楽章構成の音楽で、作曲者は『人の筋肉のようなデリカシーが試される』作品であると述べている。なお、選手権の優勝バンドは、来年(2007年)、バーミンガムのシンフォニーホールで行われるヨーロッパ選手権(2007 European Championships)への出場資格を得ることになる。

ヒートアップ!! ピーター・グレイアム : 『地底旅行』

ジュール・ベルヌの同名小説をもとに作曲されたピーター・グレイアムの注目作『地底旅行(Journey to the Centre of the Earth)』をテストピース(課題)として、現在(2006年3月)、イギリス各地で開催されているベッソン全英ブラス・バンド選手権(2006 Besson National Brass Band Championships of Great Britain)の”チャンピオンシップ部門”地区予選で、今年もっとも注目を集めたのが、3月5日、ブラッドフォードのセント・ジョージズ・ホールで開催されたヨークシャー地区予選だ。

 これは、ある音楽企業の買収をめぐってブラック・ダイク・バンドのプリンシパル・コルネット奏者ロジャー・ウェブスター(Roger Webster)がバンドを去り、それを受けてブラック・ダイクがグライムソープ・コリアリー・UKコール・バンドのリチャード・マーシャル(Richard Marshall)をプリンシパルに引き抜き、逆にプリンシパルが空席となってしまったグライムソープ(ウェブスターの弟がマネージャーをつとめる)ではなんとロジャー・ウェブスターに参加を求めるという、稀に見る電撃移籍劇が行われて以来はじめて両者がコンテストの場で相まみえる”全英”予選だったからで、加えて今年の地区予選テストピースが、昨年オランダで開催されたヨーロッパ・ブラス・バンド・コンテスト(2005 European Brass Band Contest)でブラック・ダイク(まだウェブスターがプリンシパルだった)がフリー・チョイス(自由選択曲)として初演して度肝をぬき、優勝をかっさらう結果となったグレイアムの『地底旅行』だった偶然も重なって人気も上々。

 結果は、当日の抽選の結果、ノミネート14バンド中、7番目にステージに上がったアラン・ウィズィントン指揮、グライムソープ・コリアリー・UKコール・バンドが200点満点中196ポイントをあげてトップ。この作品をもっともよく知るはずのニコラス・チャイルズ(博士)指揮、ブラック・ダイク・バンドは、わずか1ポイント及ばぬ195ポイントで第2位に終わった。以下、デーヴィッド・キング(教授)指揮、YBSバンドが193ポイントで第3位、デーヴィッド・ロバーツ指揮、ロスウェル・テンペランス・バンドが192ポイントで第4位となり、以上、4つのバンドが10月にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催される決勝へと駒を進めることになった。ちなみに、ロンドンの決勝用テストピース(課題)は、今年夏に発表される。

 なお、ヨークシャー地区予選の<ベスト奏者(Best Instrumentalist)>には、ブラック・ダイクのユーフォニアム奏者デーヴィッド・ソーントン(David Thornton)が選ばれ、同じく<ソロイスト賞(Soloist Award)>は、グライムソープ・コリアリー・UKコールのロジャー・ウェブスターに贈られた。


【デーヴィッド・ソーントン関連のCD】David Thornton

■ユーフォニアム協奏曲「3つのストーリー、3つのワールド」
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0599/

【ロジャー・ウェブスター関連のCD】Roger Webster

■ウェブスター・チョイス
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457776/554952/
■パスポート~ミュージカル・ジャーニー
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457776/547783/
■ピーシズ~ロジャー・ウェブスター
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457776/562498/
■ブラック・ダイク・バンド150周年記念コンサート [DVD]
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/dvd-9090/

ピーター・グレイアム(Peter Graham)の新曲「Journey to the Centre of the Earth」がインターネット・ストリーミングで放送(BBC-Radio2)

2005年4月29、30日にオランダのGroningenで開催された「ヨーロピアン・ブラスバンド・チャンピオンシップ2005」の模様がBBCラジオのインターネット版でストリーミング放送されてます。
聴きものは、なんてったて ニコラス・チャイルズ率いる名門ブラック・ダイク・バンド(Black Dyke Band)が演奏するピーター・グレイアム(Peter Graham)の新曲で「Journey to the Centre of the Earth」って曲ですよね。ぼやぼやしてないで、さっそくチェックしてごらん(放送は2005-05-28まで。たぶん・・・)

【放送を聴くぜい!!】
http://www.bbc.co.uk/radio2/shows/listentotheband/playlist.shtml?focuswin

【注意】
このラジオを聴くには「Real Player」がパソコンの中にインストールされてる必要があるので注意してね。インストールされてない人は、こちらからもダウンロードできます。

【プレイヤー】
http://www.bbc.co.uk/radio/audiohelp_install.shtml

■プログラムをこんな感じ・・・楽しむべし!

Friday 20th May 2005
European Brass Band Championships
From Groningen, Netherlands

title: ‘Scherzo’
artist: Brass Band De Bazuin-Oenkerk conducted by Tijmen Botma (Netherlands)
composer: Willem van Otterloo
publisher: na
arranger: na

title: ‘Extreme Make-Over’
artist: Brass Band Willebroek conducted by Frans Violet (Belgium)
composer: Johan de Meij
publisher: na
arranger: Johan de Meij

title: ‘Journey To The Centre of the Earth’
artist: Black Dyke Band conducted by Nicholas Childs
composer: Peter Graham
publisher: Gramercy Music
arranger: Peter Graham

title: ‘Somewhere In Time’
artist: European Youth Brass Band conducted by Klaas van der Woude
composer: John Barry
publisher: na
arranger: na

title: ‘Before the Parade Passes By’
artist: European Youth Brass Band conducted by Klaas van der Woude
composer: Jerry Herman
publisher: na
arranger: na

■情報の送り先:bpmaster@bandpower.net