「フランコ・チェザリーニ」タグアーカイブ

■交響曲第1番「アークエンジェルズ」作品50(作曲:フランコ・チェザリーニ)

「ビザンティンのモザイク画」や「アルプスの詩」で知られるチェザリーニ初のシンフォニー!

作品は、演奏時間30分超えで、独立した4つの楽章で構成。各楽章には、曲名にしたがって題材とする有名なアークエンジェル(大天使)たちの名が小題としてつけられ、曲中、6曲のグレゴリオ聖歌の旋律がとりこまれている。

各楽章は、概ね、次のような音楽だ。

【第1楽章:ガブリエル~神の意志を伝える天使】
ガブリエルは、聖母マリアにキリストの誕生を知らせた優しい天使。反面、反逆する天使たちへ攻撃を開始する際は、激しい戦士となる。導入部はマエストーゾ。ティンパニとバンドの重厚な響きが交錯するように始まり、アレグロ・ブリランテの主部に入る。二面性を合わせ持つガブリエルの気性の激しい性格を表す第1主題、それとは対照的に穏やかでのどかな性格を表す第2主題が、入れ替わり立ち代わり現れて見事なコントラストを構築しながら、力強くエキサイティングなエンディングへと向かっていく。

【第2楽章:ラファエル~魂をみちびく天使】
レント・エ・デヴォーテの穏やかな楽章。“癒しを司る天使”として知られるラファエルは、広く心と身体と魂を癒してくれる天使であり、死後の世界に魂を導くことなど、様々な役割も担う。楽章全体にその性格が反映され、まず木管やホルン、ハープが美しく敬虔な雰囲気の音楽を展開し、途中、厳粛な高まりをみせた後、元の空気感を取戻し、美しく楽章をとじる。

【第3楽章:ミカエル~神の御前のプリンス】
“神の御前のプリンス”とも呼ばれるミカエルは、天の軍団を統率し、幾多の白熱する武勇伝を残している。神に反逆を企てたサタン(悪魔)の一群に勝利したことで知られるミカエルの好戦的キャラクターを表した楽章で、緊迫感を伴うぺザンテの重厚な導入の後、アレグロ・コン・フォーコのパワフルでエネルギッシュな主部に入る。途中、しばしレントでロマンチックな展開をきかせるが、やがて、元のエネルギッシュな雰囲気が立ち戻り、ドラマチックにこの楽章をとじる。

【第4楽章:ウリエル~時をつかさどる天使】
ウリエルは、天空の光を統治し、時間を司る守護天使。しかし、1545年にイタリアで行われたカトリックのトリエント公会議で、彼のことが言及されている唯一の正典であった“第四エズラ書”が排除された結果、現在のカトリック教会において正式な天使の中には含まれていない。終楽章は、その“忘れられた大天使”ウリエルに捧げられている。レントで始まるこの楽章は、ゆったりとした時の流れを感じさせる音楽で、同一テーマが様々なパートに受け継がれながら展開し、次第にマエストーゾの荘厳華麗なクライマックスへと登りつめていく。

【楽譜セット】
■交響曲第1番「アークエンジェルズ」作品50
作曲:フランコ・チェザリーニ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-1404/

【フルスコア】
■交響曲第1番「アークエンジェルズ」作品50
作曲:フランコ・チェザリーニ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/sc-5440/

【関連記事】
■2016年6月1日0(金)、タッド・ウインドシンフォニー「第23回定期演奏会」… ヨーロッパで話題騒然のチェザリーニ『交響曲第1番“アークエンジェルズ”』日本初演で、作曲者も初来日!

■<日本初演>直前、フランコ・チェザリーニ:交響曲第1番「アークエンジェルズ」(作品50)

2016年初夏を彩る超話題作、フランコ・チェザリーニの交響曲第1番「アークエンジェルズ」(作品50)の日本初演が目前に迫った。

チェザリーニ初の交響曲であるこの作品は、何処かの演奏団体や特定の個人から委嘱されたものではなく、チェザリーニが長年温めてきた構想を自ら具現化したもので、完成は2015年11月。曲を書いている最中、作曲者はそれをほとんど誰にも明かさなかったので、完成寸前に至っても、この作品の存在を知るものは、本人を含め、地球上で3人しかいなかった。

それだけに、突然の作品完成のニュースと自国スイス以外での初演コンサートのアナウンスは、ヨーロッパ中を驚かせ、大きな興奮をもたらすことになった!

世界初演は、2016年2月7日(日)、スペイン北部、バスク州ビルバオのアウディトリウム・パラシオ・エウスカルドゥーナで、チェザリーニ指揮、バンダ・ムニシパル・デ・ビルバオ(ビルバオ市吹奏楽団)の演奏で行なわれ、大反響を巻き起こした。

その後、各国初演がつぎつぎと行なわれている。

【ベルギー初演】
4月28日(木)、ブリュッセル
イブ・セヘルス指揮、ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団

【スイス初演】
5月18日(水)、ルガーノ
フランコ・チェザリーニ指揮、ルガーノ市民フィルハーモニック吹奏楽団

【オランダ初演】
5月21日(土)、ユトレヘト
フランコ・チェザリーニ指揮、ルガーノ市民フィルハーモニック吹奏楽団

作品は、演奏時間30分超えで、独立した4つの楽章で構成。各楽章には、曲名にしたがって題材とする有名なアークエンジェル(大天使)たちの名が小題としてつけられ、曲中、6曲のグレゴリオ聖歌の旋律がとりこまれている。

各楽章は、概ね、次のような音楽だ。

【第1楽章:ガブリエル~神の意志を伝える天使】
ガブリエルは、聖母マリアにキリストの誕生を知らせた優しい天使。反面、反逆する天使たちへ攻撃を開始する際は、激しい戦士となる。導入部はマエストーゾ。ティンパニとバンドの重厚な響きが交錯するように始まり、アレグロ・ブリランテの主部に入る。二面性を合わせ持つガブリエルの気性の激しい性格を表す第1主題、それとは対照的に穏やかでのどかな性格を表す第2主題が、入れ替わり立ち代わり現れて見事なコントラストを構築しながら、力強くエキサイティングなエンディングへと向かっていく。

【第2楽章:ラファエル~魂をみちびく天使】
レント・エ・デヴォーテの穏やかな楽章。“癒しを司る天使”として知られるラファエルは、広く心と身体と魂を癒してくれる天使であり、死後の世界に魂を導くことなど、様々な役割も担う。楽章全体にその性格が反映され、まず木管やホルン、ハープが美しく敬虔な雰囲気の音楽を展開し、途中、厳粛な高まりをみせた後、元の空気感を取戻し、美しく楽章をとじる。

【第3楽章:ミカエル~神の御前のプリンス】
“神の御前のプリンス”とも呼ばれるミカエルは、天の軍団を統率し、幾多の白熱する武勇伝を残している。神に反逆を企てたサタン(悪魔)の一群に勝利したことで知られるミカエルの好戦的キャラクターを表した楽章で、緊迫感を伴うぺザンテの重厚な導入の後、アレグロ・コン・フォーコのパワフルでエネルギッシュな主部に入る。途中、しばしレントでロマンチックな展開をきかせるが、やがて、元のエネルギッシュな雰囲気が立ち戻り、ドラマチックにこの楽章をとじる。

【第4楽章:ウリエル~時をつかさどる天使】
ウリエルは、天空の光を統治し、時間を司る守護天使。しかし、1545年にイタリアで行われたカトリックのトリエント公会議で、彼のことが言及されている唯一の正典であった“第四エズラ書”が排除された結果、現在のカトリック教会において正式な天使の中には含まれていない。終楽章は、その“忘れられた大天使”ウリエルに捧げられている。レントで始まるこの楽章は、ゆったりとした時の流れを感じさせる音楽で、同一テーマが様々なパートに受け継がれながら展開し、次第にマエストーゾの荘厳華麗なクライマックスへと登りつめていく。

「ビザンティンのモザイク画」や「アルプスの詩」で知られるチェザリーニ初のシンフォニー!

それは、締切りなどの制約も受けず、じっくりと題材を煮詰めていった渾身の作であり、全曲を通じての統一感も実に見事だ!

日本初演は、2016年6月10日(金)、東京・江東区の“ティアラこうとう大ホール”(江東公会堂)で、作曲者を客席に招き、鈴木孝佳指揮、タッド・ウインドシンフォニーの演奏で行なわれる!!

他の予定を変更してでも、ぜひとも聴いておきたい演奏会だ!!

■タッド・ウインドシンフォニー第23回定期演奏会

【日時】2016年6月10日(金) 18:30開場 /19:00開演
【会場】ティアラこうとう大ホール(江東公会堂)大ホール (東京)
(都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉」駅A4出口より徒歩4分)
【指揮】鈴木孝佳(タッド鈴木)
【演奏】タッド・ウインドシンフォニー
【料金(全自由席)】一般:3,000円 / 高校生以下:2,000円

【問い合わせ/チケット】090-4061-0134(田島) tadsax@sepia.ocn.ne.jp

【チケット取扱店】下倉楽器お茶の水本店、石森管楽器

【公式ホームページ】http://tadwind.sakura.ne.jp/


◎フランコ・チェザリーニの作品集CDをチェックする

■50歳記念!~フランコ・チェザリーニ作品全集(BOX)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2395/

■パリのアメリカ人~フランコ・チェザリーニの芸術
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3099/

■交響詩「アルプスの詩」~フランコ・チェザリーニ作品集
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0009/

■ブルー・ホライズン~フランコ・チェザリーニ作品集
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0360/ 

■交響詩「宇宙の審判」~ベルカント – イタリアン・ロマンティクス
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2202/

■ヴィヴァ・ヴェルディ~ヴェルディ作品集
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0039/

■ヨーロッパで超話題のチェザリー二:交響曲第1番「アークエンジェルズ」、6月に日本初上陸!!


▲世界初演ポスターと初演会場の外に掲げられた案内

 

2016年6月10日(金)、スイスの作曲家フランコ・チェザリーニ初のシンフォニー、交響曲第1番『アークエンジェルズ』(作品50)の日本初演が、東京で行われる。

このシンフォニーは、作曲者が書いていることを誰にも明かさず、長年温めてきた構想を1つの音楽としてまとめあげたもので、4楽章構成、演奏時間35分程度の力作だ!

4つの楽章では、“ガブリエル(Gabriel, The Messenger of Light)”、“ラファエル(Raphael, the Guide of Souls)”、“ミカエル(Michael, the Pince of te Heavenly Host)”、“ウリエル(Uriel, the Time Keeper)”の4人のアークエンジェル(大天使)が題材として扱われ、曲中、6つのグレゴリオ聖歌のメロディーが聴かれる。

作品は、2015年11月に完成。世界初演は、2016年2月、スペイン北部、バスク州ビルバオのアウディトリウム・パラシオ・エウスカルドゥーナで、作曲者指揮、バンダ・ムニシパル・デ・ビルバオ(ビルバオ市吹奏楽団)の演奏で行なわれた。

初演後、そのニュースはまたたく間にヨーロッパを駆け巡り、すでに、ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団など、ヨーロッパの主要吹奏楽団が各国初演を表明している。

間違いなく、2016年最大のニュースの1つ!!

今回、コラボレーションのためにやってくるチェザリーニは、これが初来日!

日本初演は、鈴木孝佳指揮、TADウインドシンフォニーの演奏で行われる。

【フランコ・チェザリーニのCD、楽譜】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000518/

【TADウインドシンフォニーのCD】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000823/

パリのアメリカ人~フランコ・チェザリーニの芸術…名曲『パリのアメリカ人』の新しいトランスクリプションが収録

 交響詩「アルプスの詩」や「ビザンティンのモザイク画」「ブルー・ホライズン」などでおなじみのフランコ・チェザリーニが、オランダ王国陸軍バンド“ヨハン・ヴィレム・フジョー”を指揮して自作や編曲を収録したすばらしいコンサート・アルバム!
1曲目には、なんとジョージ・ガーシュウィンの名曲『パリのアメリカ人』の新しいトランスクリプションが収録されている!

 原作の管弦楽曲は、ヨーロッパから帰国したガーシュウィンが“交響詩”として発表した一種の描写音楽で、初演は、1928年12月13日、ニューヨークのカーネギー・ホールで、ウォルター・ダムロッシュ指揮、ニューヨーク・フィルによって行われた。

 吹奏楽トランスクリブションは世界中に存在するが、2011年に書かれたチェザリーニのトランスにも、近年の風潮に従って原調が採用されている。言うまでもないが、弦楽器が管楽器に置き換えられているパートは、ただ聴くのと違い、実際の演奏となるとそれなりに歯ごたえのある楽譜となっている。

 しかし、一方でこのチェザリーニのトランス。以前のヴェルディの序曲などのものと同じく、吹奏楽のツボをよく押さえた美しいサウンドがするのが大きな特徴だ。

 つづく『ブルガリアン・ダンス、パートII』(作品43)は、ブルガリアの民俗音楽を素材に使った3楽章構成の組曲で、2011年、ザンクト・ガレンで開催された第33回スイス連邦ウィンド・ミュージック・コンテストのテストピース(課題)として、スイス・ウィンド・バンド連盟の委嘱で作曲された。

 やはり同連盟の委嘱で2006年の同コンテストのために作曲された“パートI”と密接な関連をもち、ゆったりとした進行で魂の叫びを感じさせる“お前は何の花”、とても陽気な“オイ・ショぺ・ショペ”、作品全体をしめくくる律動的な“ダンバ”の3曲からなる。

 “パートI”“パートII”とのネーミングには、チェザリーニが師のように慕っていたアルフレッド・リードの「アルメニアン・ダンス」の影響が感じられる。

 3曲目の『オールド・ロシアン・ロマンス』(作品44)は、2012年の作品で、陽気な民族舞踊タッチの“私のギターさん、こっちへ来て演奏を”、深く沈んだタッチの“大いなる苦悩、すべての希望は去った”、ロシア風ダンスと叙情的旋律で構成され、エキサイティングに曲をしめくくる“2本のギター”の独立した3つの音楽で構成されている。

 アルバムをしめくくる『長ぐつをはいたネコ』(作品45)は、このアルバムの隠れ目玉曲かも知れない!

 ヨーロッパに伝わる有名な民話をもとにしたナレーションと吹奏楽のための作品で、フランス、ベルフォールのヴァルドア吹奏楽団130周年記念作として2012年に作曲された。原作にはさまざまな版があるが、チェザリーニが音楽のベースに使ったのは、シャルル・ペローが1697年に出版した最も有名な版だ。

 CDには、とてもわかりやすい英語ナレーション入りで収録され、フランス語、ドイツ語、イタリア語、オランダ語でもナレーションができるようになっている。

 日本語がないのは残念だが、ナレーションと音楽はセパレートされており、日本語版の本も別に出版されているので、創意工夫と努力で出版社の許諾さえ得ることができれば、比較的簡単にナレーションとして音楽にあてることができるだろう。音楽劇としても発展可能のようにも思える。

 演奏のオランダ王国陸軍バンド‘ヨハン・ヴィレム・フジョー’と指揮者チェザリーニの相性もひじょうにいいようで、美しいサウンドで密度の高い演奏を愉しむことができる!

■パリのアメリカ人
~フランコ・チェザリーニの芸術
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3099/

【作曲&編曲(全曲)】フランコ・チェザリーニ (Franco Cesarini)

1. パリのアメリカ人/ジョージ・ガーシュウィン 【19:45】
2. ブルガリアン・ダンス(パートII)(作品43) 【18:25】

   I)第1楽章:お前は何の花【6:18】
II)第2楽章:オイ・ショぺ・ショペ【3:58】
III)第3楽章:ダンバ【8:09】

3. オールド・ロシアン・ロマンス(作品44) 【13:05】

   I)第1楽章:私のギターさん、こっちへ来て演奏を 【3:11】
II)第2楽章:大いなる苦悩、すべての希望は去った【4:53】
III)第3楽章:2本のギター 【5:01】

4. 長ぐつをはいたネコ
~シャルル・ペローによるナレーターとコンサート・バンドのためのおとぎ話(作品45)【22:59】

【フランコ・チェザリーニ】
1961年4月18日、スイスのベリンツォーナに生まれる。イタリア系スイス人で、イタリア国境に近いルガーノ音楽院とイタリアのミラノ音楽院にフルートおよびピアノを学んだ。その後、スイスのバーゼル音楽院で世界的フルート奏者ペーター・ルーカス=グラーフに師事。1981年にリデスで開かれたスイス独奏コンクールで“第1位”に輝き、1985年に演奏者ディプロマを得た。バーゼルでは音楽理論と指揮法も学び、作曲家への地歩を固めた。管弦楽、ウインド・バンド(吹奏楽)、器楽など、幅広いジャンルに作品があり、『ブルー・ホライズン』、『ビザンティンのモザイク画』、『アルプスの詩』などが幅広い人気を集めている。

■序曲「イメージズ・オブ・ア・シティ」(作曲:フランコ・チェザリーニ)

 

『アルプスの詩』や『ブルー・ホライズン』でおなじみのスイスの作曲家フランコ・チェザリーニのコンサート序曲です。

  この作品は、ドイツ南部、バイエルン州ウンテルフランケンのフォルカッハ市が、2008年に市が開かれてからちょうど750年になることを祝うための記念作として、市の委嘱で作曲されました。

  英語曲名の『イメージズ・オブ・ア・シティ』は、日本語に直訳すると“都会のイメージ”となります。その曲名どおり、曲は現代文明の象徴の1つである“都市”の生活をテーマとして扱い、スマートさとエネルギーを内包する都会的センスあふれる演奏会序曲として書かれています。

 その刺激的でスピード感あふれる主部と、ロマンチックに安らぎを感じさせるメロディーを聴かせる中間部のコントラストは、幅広いファンの支持を集めることでしょう!

  ドイツの市のために書かれた作品なのに、まるでアメリカンなタッチです。
コンサートのオープニングを飾るのもよし、フィナーレを明るくきめるにもよし!
明るい未来に希望の夢を馳せる、すばらしい作品です!

【フランコ・チェザリーニ】
1961年4月18日、スイスのベリンツォーナに生まれる。イタリア系スイス人で、イタリア国境に近いルガーノ音楽院とイタリアのミラノ音楽院にフルートおよびピアノを学んだ。その後、スイスのバーゼル音楽院で世界的フルート奏者ペーター・ルーカス=グラーフに師事。1981年にリデスで開かれたスイス独奏コンクールで“第1位”に輝き、1985年に演奏者ディプロマを得た。バーゼルでは音楽理論と指揮法も学び、作曲家への地歩を固めた。管弦楽、ウィンド・バンド(吹奏楽)、器楽など、幅広いジャンルに作品があり、『ブルー・ホライズン』、『ビザンティンのモザイク画』、『アルプスの詩』などが幅広い人気を集めている。

【この楽譜の詳細をチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-9000/

【その他のフランコ・チェザリーニ作品をチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000518/