「Q&A」カテゴリーアーカイブ

Q:休符の多い曲でppしかない曲があります。吹き出すときに唇の振動が始まるまでワンテンポ遅れることがあります。こんな場合、息の量はフォルテと同じ量は出していますが、それでも遅れる確率が高いので、改善するにはどんな練習をしたら良いでしょうか? (房友)

A:楽曲の冒頭や休符の後など音を出す瞬間は緊張しますね。楽器の管中の停まっている空気を振動させてエネルギーを伝えて音にする。自転車に例えて言えば、漕ぎ出すときが一番「全身の使い方や力が必要かつ大切」ということ。ですから実行されている、息の量をフォルテと同じ量で吹奏しているかと思います。

特に音出しのpは繊細な響きを要求されるのでプレッシャーもかかり、なかなか良い音を出すことが難しいですね。そこで、pの音作りについてレッスンしましょう。

先ずは以下を常にチェックしてください。

1.姿勢、楽器の構えが音を出すためにベストであるか?

2.下顎が張った状態になっているか?

レッスン開始!

(1)自然に出す音のダイナミックイメージをmfとして、ロングトーンしながら徐々に音量感を下げていきpにする。

→この時お腹辺りの息の支えをしっかりしてください。

(2)pのイメージの音まで到達したら、その音をキープしてロングトーンを続ける。

→この時の、息のスピード、量、楽器に吹き込む角度、口の中の容積、アンブシュア、アパーチャー、身体のバランス、緊張感などを頭の中にインプットしながらp音のイメージを持つまで繰り返し行ってください。

注意点として、

a)音量を落とし過ぎて響きがなくならない。
b)音のエネルギー感が失われない。
ようにしてください。

(3)p音のイメージを会得したら、今度はそのイメージで初めからp音をロングトーンで出す。

→ブレスはダイナミックに関係なく、しっかり瞬時に奥深く吸い込み楽器に吹奏する。そして立ち上がりのタンギングの舌の動きやタイミングや息のスピードを会得していく。

(4)指揮者やバンドメンバーとのタイミングを自身で工夫して会得していく。

弱奏での豊かな響きで全体を包み込む音を常に目指してください。

また、バンドとしてtubaが複数人いると思います。ppだからといって1本(人)で演奏するとバンド全体の響きがなくなってしまうこともありますので注意が必要です。もし1本の時は、(前にもお話ししましたが)ダイナミックは単に音量の大小ではないことを理解して曲想にマッチした「音」で演奏してください。

演奏会で弱奏が奏でる、お客様の心に寄り添うような音楽が聞こえくるようでとても楽しみです。

回答:五十嵐 清

Q:mpからpppになっていく際にイマイチクリアにできないので、どうすればよろしいでしょうか? (房友)

A:前回、ダイナミックは音量だけで考えないようにしてほしいとお話しさせて頂きましたのでこの点はよろしくお願いします。

さて、文面からはメロディーや和声、フレーズの進行などがわからないのですが、各楽器奏者の演奏テクニックでmpからpppの音にしていくことは大切です。その上にバンド全体の音楽的バランスの観点からのデ クレッシェンドとしてお話しします。

デ クレッシェンドした時、バンド全体が萎んだ感じになる。メロディーがすぐに聞こえ(いなく)なる。止まっているように聞こえしまう。バラバラな感じに聞こえしまう。などの経験をしたことがあるかと思います。

そこで、先ずメロディー(ライン)が最後までしっかり聞こえるようにするように工夫してみてください。そのために音量の大きな楽器やインパクトのある音色楽器の順番でデ クレッシェンドのスタートタイミングをずらしてmp→p(pp)にしてみてください。例えば、デ クレッシェンドのスタート順番を打楽器→金管伴奏系→金管メロディー→木管伴奏系→木管メロディーする。など試してみてください。

音楽が生き生きしているように低音がバンドの響きを豊かに保てるように支えてあげてください。

回答:五十嵐 清

Q:p(ピアノ)でタテ型アクセントを演奏する際に、よりクリアにするにはどうすれば良いでしょうか?(房友)

【A:お久しぶりです。たぶん、房友さんはTubaを演奏されていらしゃったと思います。私は、ダイナミック記号をただ単に音の強弱や大小を要求しているのではなく、曲想からの表情や感情など内面的な表現などを加味した指揮者演奏者の思いそのものを具現化できるメッセージ記号と考えています。

今回の質問では曲名や場面がわかりませんが、一般的にpには、「落ち着いた」「美しい」「静か」「穏やか」「優しい」「うっとり」「温かい」など気持ちが癒されホッとするイメージ。さらに「悲しい、寂しい、淋しい、暗い」などややダメージなイメージの両面を持っていると思います。

pにタテ型アクセントの音の演奏は、その音を短く整え、強調インパクトを伴う「響きのある」音にする。

単独で小節頭に出てくるのか、連続して出てくるのかによっても音のアタックとリリースの仕方が違ってきますが、単独と仮定して、拍重みがありコントラバスのピチカート的に次へ音への移行する響きのイメージで演奏するのはどうでしょうか。

タンギングをして音の出るタイミングを見計らって(他の奏者と揃えて)、息をやや真っ直ぐから上向きにしっかり長めに入れて、小さなツ(ッ)を入れて舌を使って緊張感のある音の止め処理をしてから響きを放つイメージ。

文字に書くとはなかなか難しいですが、「響きに緊張感」のあるように出来るといいと思います。いろいろと試してコレ!という音を手に入れてください。

回答:五十嵐 清

Q:音揺れや音色、音程が改善できる練習方法はありますか?

Q:中学校からホルンを始めた中学2年生です。1年生の頃から音程が悪かったのですが最近伸ばしたときの音の揺れが目立ちます。曲中の伸ばしでも揺れてしまいます。音色も悪くガサガサした音しか出ません。部活では腹式呼吸の練習とロングトーン、リップスラーは毎日行っています。やはりアンブシュアが悪いのでしょうか。2年生になり先輩という立場として少しでも上手に吹きたいです!音揺れや音色、音程が改善できる練習方法などがあれば教えてください。よろしくお願いします!(しゃもこ)


こんにちは、しゃもこさん。
パートナーのホルン(ニックネームはあるのかな?)ちゃんと楽しく演奏をしているようですね!中学生活も後半になって先輩としての責任もしっかり持っていて頼もしいです。

悩みは、

1.長く伸ばしす音符の時に音がゆれてしまう。
2.ガサガサした音に聞こえる。
3.音程が悪い。

ということですが、自分自身で理想、目標の音のイメージをしっかり持っているからこそ、それとのギャップが気になっているので、必ずイメージに合う音が出せるようになります。

練習方法は現在やっているデイリートレーニング「腹式呼吸」「ロングトーン」「リップスラー」で大丈夫ですのでそのまま続けてください。そして次の改善方法を取り入れながら練習してみてください。

1.フォームについて

口(唇)と楽器(マウスピース)とのマッチングの不安定(感)をなくす。
(1)楽器を胸下あたりに両手で持つ。
(2)背筋を程よく伸ばし、頭を背骨に乗せ身体を骨盤で支えるイメージにする。
(3)楽器(マウスピース)を口の高さに持っていき、腰を回さずに、左右の手を上下左右にスライドさせる。
(4)その中で身体に力を入れずに一番フィット感があるところを見つける。
(5)イメージ的に左手の位置が鼻の下あたりの延長上になる。
フォームがしっかりすると、音の揺れやカスレ、ガサガサがなくなります。

2.呼吸について

普段生活している以上に意識した「吸う」「吐く」を会得することが、管楽器の呼吸法です。
(1)ストローをくわえて「吸う」のイメージをつくる。
息が身体のどのあたりまで入っているか?鳩尾の奥の方に到達している感じになります。
そこを「吸う」ポイントとして、常にその位置を意識できるとうに、下半身で支えます。
(2)歌声を出すイメージで、息を連続して送り出す。

3.音程について

スケール、クロマチックの練習
(1)スケール、クロマチックを用いて、音と音の高さの感覚(音程)を、チューナーでガイドを定めて、自分の特徴をチェックしながら、身体にしみこませる。

この時、頭の中で歌うこと、そして楽器から出た音をしっかり聞くことを忘れずに!

家や学校の階段は、何気なく無意識に昇降できます。(たまに転んで痛い思いもしますが…。)

れは身体が階段の幅や高さに慣れ、覚えていてしみついているからです。

(2)音階の音程感イメージをピアノの鍵盤のように隣り合った音の幅が均等ではなく、マリンバのように高音域では幅が狭く長さも短い。低音域になると幅が広く、長さも長くなっている。

この形状の鍵盤を振動させるような、各音域での息の量や長さをイメージして、音の推移をスムーズにできるように練習する。

必ず上手く吹くことができます!頑張ってください。

回答:五十嵐 清

Q:どうしても楽器間で音程が合いません。特に弦楽器と合わせることが難しいです。どうすれば合うようになりますか?(オーケストラに所属した吹奏楽金管さん)

A:オーケストラに入られたのですね。

「音程」が合わない!このことは音楽をやっている誰もが悩む永遠の課題かもしれません。

さて、「音程」は生き物ですから、合わないということは悪いことではありません。しかし、「合わせないこと」ではダメなのです。オケに所属した金管さんからは「合わせたい!」という気持ちが伝わってきます。

奏者は一人一人個性があり、それぞれの考えがあります。「音程」は各自が主張する意見と同じだと思います。意見も目標を同じくした相手との話し合いにより良いものにしていけます。ですから、相手の音を聞き、「合わせていく」というより「寄せていく」「歩み寄る」ようにして、感じあい響きあうことを大切にしてください。

方法としては、チューナー等から各自の基準音を決めてから、他の楽器の音に対して「楽器の管長を変化調整させて」寄せてみてください。口だけで調整すると、音が悪くなってしまいます。いつもベストなフォーム、アンブシュアーそして息のコントロールを心がけてください。

次に楽器の特徴をお話しします。弦楽器は温度上昇で音程(基準ピッチ)が下がる。管楽器は温度上昇で音程が上がる。という正反対の特徴があります。このことを考慮して調整しないとなりません。

また、オーケストラでは弦楽器が多人数パートとして、各弦楽器セクションがユニゾンをしっかり合わせています。多人数弦楽器に少人数の小回りの利く管楽器奏者が寄せていき「合わせどころ」に誘導してみてはどうでしょうか?

吹奏楽でもクラリネットセクションに合わせていくのも、音程が安定している楽器というだけでなく、楽団の中で多人数を占めているからという考え方をすれば理解できるのではないかと思います。

ぜひオケのメンバーと楽器で会話をしていってください。

回答:五十嵐 清

■五十嵐先生に質問を送る>>>>

Q:少しサックスから遠ざかっていましたが、どうしても吹きたい!と思い、また演奏するようになりました。3年間のブランクで、音と音との切り替えの時に間の音などが出てしまいます。どうしてでしょうか?

A:楽器をまた演奏することになっておめでとう!とても嬉しいです。

素朴な疑問(悩み)ですが、サクソフォーンの演奏するため大切なことが隠されています。

サクソフォーンの特徴として、「円錐形」という形になっていることが挙げられます。この形状が弦楽器のような柔らかな音色と力強い迫力のある音量が出せ、そして木管と金管楽器の橋渡しの役割を担えることができます。しかし、音にムラが出やすいというマイナス面もあります。

例えば、左手中指のみ押さえて「ド」から「レ」の運指は、オクターブキーと左右の小指以外のキー全部を押さえます。このようにトーンホール(楽器に開いている穴)の開閉により楽器の鳴る管の長さに変化を生じさせ音階を演奏します。この時、管長が長いと抵抗感が増し鳴りにくく、短いと軽くなります。ですから同じ息を使っても均一な響きにならず、音が出にくい、かすれる、つなぎが悪い。また、音が大きすぎたり、広がったりと自分の意思とは違った音が出てしまいます。リコーダーと運指は同じなのに?と思うかもしれませんが、リコーダーは円柱形の形状ですから均一な響きが出てきます。

このことから、運指と管長(トーンホールの開閉の状態)を考えて「息をコントロール」しなくてはなりません。特にインターバルや音程差のある音のつなぎには気を付けなくてはなりません。そして、運指は迷うことなくスピーディーにかつ指を同じタイミングで動かすこと大切です。

いろいろな音程間でトライしてみてください。

回答:五十嵐 清

■質問を送る>>>>

■五十嵐清先生のQ&Aコーナー「教えてくれっチョ!」が復活!

▲五十嵐 清

皆さまお久しぶりです。「教えてくれっチョ!」を6年間お休みさせて頂きましたが、この度コーナーを復活させて頂けることになりました。復活を支援して下さった皆様、そして関係の方々に感謝申し上げます。

6年間の時の流れは、当時の中学生は成人を迎え、高校生は社会人となり、それぞれ勉学、お仕事やご家庭にとライフスタイルが変わったことと思います。今も吹奏楽やオーケストラで演奏を楽しんでいる方。今は離れているがいつかはまた演奏をしてみたいと考えている方などいらっしゃると思いますが、共通の思いは、学生時代の吹奏楽活動で、目標に向かって頑張り、そこから生まれた仲間との絆の尊さが今の生活の礎となっているのではないでしょうか。そして、このコーナーお休みしている間に吹奏楽活動を始めた方も多くいらっしゃることと思います。

そんな皆さんが今、活動している学校や楽団で、または個人でかかえている悩みや疑問、、相談してみたいことがあれば、どんどん「教えてくれっチョ!」に質問のメールをお送りください。

解決のヒントや次へと繋げる一歩となるように一緒に考えて少しでも楽しく笑顔で音楽活動が出来るように、微力ながらお手伝いさせて頂きます。(五十嵐 清)

■過去のQ&A

■五十嵐清先生への質問や相談は、
下記の投稿フォームよりお送りください

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”1″][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”1″][contact-field label=”あなたの楽器” type=”text”][contact-field label=”質問内容” type=”textarea” required=”1″][/contact-form]

Q:バランスの悪い編成を調整したい

Q:私は今高校2年生です。コンクールが終わり、先輩方は引退となります。
先輩方が引退した後の私達の編成は、クラリネット3人、テナー・サックス1人、トロンボーン1人、パーカッション1人となります。とてもバランスが悪いため、パート変更を考えていますが、五十嵐先生であれば、どのようにパートを決められますか?(PN:匿名さん)


A:コンクールまで頑張った先輩たちの後を継いで、これからの部活動を担っていくこと頼もしいです。

 パート編成ですが、楽器をコンバートして編成を整えるよりも、新しい楽器を練習する覚悟でいるのならば、今の楽器をメインに楽曲や曲途中で楽器の持ち替えを考えて、マルチプレーヤーになってはどうですか?

1.クラリネットの人には、サクソフォーンを練習してもらい、サクソフォーンを4本(パート)にしてみる。

2.クラリネットの1人にフルートを演奏してもらう。

3.テナー・サクソフォーンの人には、楽曲により他のサクソフォーンに持ち替えて、重要なメロディーラインやリズムを重点的に演奏してもらう。

4.テナー・サクソフォーンの人に、クラリネットを演奏してもらい。クラリネット4本にする。

5.トロンボーンの人には、トランペットやフルートを練習してもらう。トランペットでは華やかなメロディーラインが欲しいとき。フルートでは木管の響きを重視した楽曲のとき。

6.パーカッションの人には、ドラムセットや鍵盤楽器を重点的に演奏してもらう。必要なら管楽器を演奏してもらう。

 アイデア次第で可能性十分あります。年度後半を楽しく演奏活動をしてみてはどうですか?

回答:五十嵐 清

Q:顧問がトランペットの調整管にカッターでしるしをつけた

Q:中学校の吹奏楽部の顧問がトランペットの調整管にカッターでしるしをつけました。顧問は手っ取り早い方法だと、吹奏楽で指導を受けたといいます。

私は、子供の父兄で、楽器の専門の知識はありませんが、カッターでキズをつける行為と思いました。

他に方法があるのではないかと話したのですが、全く悪気がないので、子供達は不信感をつのらせています、本当に吹奏楽の中では常識なのでしょうか。教えてください。(PN:木立さん)


A:顧問先生は生徒にチューニングの大切さや目に見える方法で管の長さを調節することを教えたかったことと思います。

 しかし、もっと別の方法でもそのことは教えることはできると思います。

 楽器にカーターで印をつけると、傷がつき楽器を劣化をさせ、音色などにも悪影響になります。大切な楽器ですので、優しく丁寧にしてあげてください。またカッターも使用本来の用途ではないと思います。

 チューニング管の調整は、気候温度や吹奏感でも変わってきますので、目測で十分と思います。

 どうしても目印が必要ならば、油性ペンで印をつたり、小型スチール定規で管を抜く長さを計測してみてはどうでしょうか?

回答:五十嵐 清

Q:2、3曲続けて演奏するとマウスピースがズレてくる

Q:曲(少人数なのでアニメ・ソングなどです)の練習をしていると曲練をし始めた時は大丈夫なのですが2回目、3回目と曲を通してやっていくと口が痛くなり、マウスピースから口がずれたり外れたりします。本番などでも曲が続くとそんなことが起きるので困っています。楽器を使った練習と、楽器を使わなくてもできる練習方法を良かったら教えてください!(PN:西川)


A:文章から金管楽器奏者と思いますので、金管楽器として回答します。

まず、マウスピースのみで安定して、音が出せるようにして下さい。
その際、利き腕でない手でマウスピースを摘むように持ち、
唇に押させ過ぎないようにすることが大切です。

次に、アンブシュアを固めるために、
ブレスする時にマウスピースを唇から外さず
鼻から息を吸ってロングトーンをしてみて下さい。

そして、楽器の持ち方や腕の力、肘の状態を注意、確認して、
楽器を支える筋肉を鍛えて下さい。

アンブシュアが固まったら、口でブレスをして唇のスタミナをつけましょう。

基本がとても大切ですので、地道にやってみましょう。

回答:五十嵐 清