「Q&A」カテゴリーアーカイブ

Q:バランスの悪い編成を調整したい

Q:私は今高校2年生です。コンクールが終わり、先輩方は引退となります。
先輩方が引退した後の私達の編成は、クラリネット3人、テナー・サックス1人、トロンボーン1人、パーカッション1人となります。とてもバランスが悪いため、パート変更を考えていますが、五十嵐先生であれば、どのようにパートを決められますか?(PN:匿名さん)


A:コンクールまで頑張った先輩たちの後を継いで、これからの部活動を担っていくこと頼もしいです。

 パート編成ですが、楽器をコンバートして編成を整えるよりも、新しい楽器を練習する覚悟でいるのならば、今の楽器をメインに楽曲や曲途中で楽器の持ち替えを考えて、マルチプレーヤーになってはどうですか?

1.クラリネットの人には、サクソフォーンを練習してもらい、サクソフォーンを4本(パート)にしてみる。

2.クラリネットの1人にフルートを演奏してもらう。

3.テナー・サクソフォーンの人には、楽曲により他のサクソフォーンに持ち替えて、重要なメロディーラインやリズムを重点的に演奏してもらう。

4.テナー・サクソフォーンの人に、クラリネットを演奏してもらい。クラリネット4本にする。

5.トロンボーンの人には、トランペットやフルートを練習してもらう。トランペットでは華やかなメロディーラインが欲しいとき。フルートでは木管の響きを重視した楽曲のとき。

6.パーカッションの人には、ドラムセットや鍵盤楽器を重点的に演奏してもらう。必要なら管楽器を演奏してもらう。

 アイデア次第で可能性十分あります。年度後半を楽しく演奏活動をしてみてはどうですか?

回答:五十嵐 清

Q:顧問がトランペットの調整管にカッターでしるしをつけた

Q:中学校の吹奏楽部の顧問がトランペットの調整管にカッターでしるしをつけました。顧問は手っ取り早い方法だと、吹奏楽で指導を受けたといいます。

私は、子供の父兄で、楽器の専門の知識はありませんが、カッターでキズをつける行為と思いました。

他に方法があるのではないかと話したのですが、全く悪気がないので、子供達は不信感をつのらせています、本当に吹奏楽の中では常識なのでしょうか。教えてください。(PN:木立さん)


A:顧問先生は生徒にチューニングの大切さや目に見える方法で管の長さを調節することを教えたかったことと思います。

 しかし、もっと別の方法でもそのことは教えることはできると思います。

 楽器にカーターで印をつけると、傷がつき楽器を劣化をさせ、音色などにも悪影響になります。大切な楽器ですので、優しく丁寧にしてあげてください。またカッターも使用本来の用途ではないと思います。

 チューニング管の調整は、気候温度や吹奏感でも変わってきますので、目測で十分と思います。

 どうしても目印が必要ならば、油性ペンで印をつたり、小型スチール定規で管を抜く長さを計測してみてはどうでしょうか?

回答:五十嵐 清

Q:2、3曲続けて演奏するとマウスピースがズレてくる

Q:曲(少人数なのでアニメ・ソングなどです)の練習をしていると曲練をし始めた時は大丈夫なのですが2回目、3回目と曲を通してやっていくと口が痛くなり、マウスピースから口がずれたり外れたりします。本番などでも曲が続くとそんなことが起きるので困っています。楽器を使った練習と、楽器を使わなくてもできる練習方法を良かったら教えてください!(PN:西川)


A:文章から金管楽器奏者と思いますので、金管楽器として回答します。

まず、マウスピースのみで安定して、音が出せるようにして下さい。
その際、利き腕でない手でマウスピースを摘むように持ち、
唇に押させ過ぎないようにすることが大切です。

次に、アンブシュアを固めるために、
ブレスする時にマウスピースを唇から外さず
鼻から息を吸ってロングトーンをしてみて下さい。

そして、楽器の持ち方や腕の力、肘の状態を注意、確認して、
楽器を支える筋肉を鍛えて下さい。

アンブシュアが固まったら、口でブレスをして唇のスタミナをつけましょう。

基本がとても大切ですので、地道にやってみましょう。

回答:五十嵐 清

Q:メンタル面が弱くて、先輩がいないと合奏で緊張してしまう

Q:私は高2でアルト・サックスをやっています!
吹奏楽部に入ったのは、高1の4月からなんですが、
なかなか指が速く動きません。
それに、メンタル面がすごく弱くて、
先輩がいないと合奏で緊張してしまいます。
どうしたらいいですか?
よろしくお願いします!(yuri)


A:自分の足りない点を克服しようと頑張っていますね。

指を速く動かすために、各調のスケールと半音階練習を、ゆっくりから一音ごとに息と指をていねいに合わせていく。楽器がなくても、指練習は音名を歌いながらシャドーでやってもいいですね。

次にメンタル面は、練習をしっかり納得するまでやって、考えながら演奏しているから、音楽を感じて自信をもって演奏することです。そして、自分の音を他パートの仲間たちと一緒に合わせ奏でる喜びを感じてみて下さい。
同じ目標をもった支え合う仲間がいるので安心して、練習したことを表現して下さい。
1(人)+1(人)=2(人)ではなく、答えは10(人)それ以上の無限大の可能性が、音楽合奏にはあります。それが音楽の魅力です。

仲間を信じて・・・一人ではありません!

回答:五十嵐 清

Q:スネアとティンパニーの基礎練習の仕方

Q:Perの中2です。
僕は今年のコンクールで
課題曲・・・スネア・自由曲・・・ティンパニをする事になりました。
それぞれの楽器の基礎練習の仕方を教えてください。
よろしくお願いします。
(PN:打楽器)


A:とても大切な楽器を任されましたね。
どちらの楽器も、一つ打ちが大切な練習です。

スネアは、弾みバウンドのイメージ「トコトコ」。
ティンパニーは一つ一つの音(符)を明確にしっかり「トントン」。

このイメージで、余動作、裏拍、余韻を感じチェックしながら
楽曲への応用を意識して基礎練習に励んでください。
そうすると、コンクールでは先生とメンバーと一緒に
納得する演奏ができると思いますよ。

回答:五十嵐 清