「BPラジオ」カテゴリーアーカイブ

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」12月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第111回】没後150年、ロッシーニで年忘れ!
<FMカオン>12/1(土)23時、12/13(土)23時
<調布FM>12/2(日)正午、12/16(日)正午

【第112回】吹奏楽で振り返る2018年
<FMカオン>12/8(土)23時、12/22(土)23時
<調布FM>12/9(日)正午、12/23(日)正午

【ノンストップ・ウインド・ミュージック】
<FMカオン>12/29(土)23時
<調布FM>12/30(日)正午
※別番組に変更の可能性あり。

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第111回】没後150年、ロッシーニで年忘れ!

<FMカオン>12/1(土)23時、12/13(土)23時
<調布FM>12/2(日)正午、12/16(日)正午
ロッシーニは、ヨーロッパの吹奏楽界では大人気作曲家です。今年は、その没後150年。平成最後の年の暮は、にぎやかでたのしいロッシーニを、吹奏楽やブラスバンドでお楽しみください。ブラック・ダイクが「ブラック・ダイク・ミルズ」だった時代の名盤もたっぷり流れます。

【1】 歌劇《泥棒かささぎ》序曲  ロッシーニ作曲/ジョセ・シンス編曲
フランソワ・デリッデル指揮、ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団(約11分)

【2】 狩場の風景  ロッシーニ作曲/ジョルジュ・モロー編曲
ヤン・コベル指揮、ライプツィヒ放送吹奏楽団(約5分)

【3】 バンドのためのスケルツォ  ロッシーニ作曲/ウィリアム・シェーファー校訂
ティモシー・フォーリー大佐指揮、アメリカ海兵隊バンド(約3分)

【4】 歌劇《チェネレントラ》(シンデレラ)序曲<後半抜粋>  ロッシーニ作曲/ピーター・パークス編曲
ピーター・パークス指揮、ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(抜粋約5分)

【5】 歌劇《セビリャの理髪師》より「いまの歌声は」  ロッシーニ作曲/ピーター・パークス編曲
フィリップ・マッキャン(コルネット)、ピーター・パークス指揮、ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(約6分半)

【6】 歌劇《セビリャの理髪師》より「わたしは町の何でも屋」  ロッシーニ作曲/ゴードン・ラングフォード編曲
ジョン・クロー(ユーフォニアム)、トレヴァー・ウォルムスリー指揮、ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(約5分)

【7】 歌劇《ウィリアム・テル》序曲  ロッシーニ作曲/グレゴール・グラント編曲
トレヴァー・ウォルムスリー指揮、ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(約11分)


【第112回】吹奏楽で振り返る2018年

<FMカオン>12/8(土)23時、12/22(土)23時
<調布FM>12/9(日)正午、12/23(日)正午
いよいよ2018年もあとわずか。今年もいろいろありました。今年一年の主な出来事を、吹奏楽を聴きながら、振り返ってみたいと思います。来年は、新天皇の即位~改元があり、新しい時代に突入します。来年も、面白くて、すこしだけためになる音楽番組を目指しますので、よろしくお願いいたします。どうぞ、よいお年をお迎えください。

<平昌冬季五輪にちなんで>
【冒頭BGM】 祝典序曲《オリンピカ》 ヤン・ヴァンデルロースト作曲
ヤン・ヴァンデルロースト指揮、東京佼成ウインドオーケストラ

<初の米朝首脳会談>
【1】 朝鮮民謡の主題による変奏曲  ジョン・バーンズ・チャンス作曲
鈴木孝佳指揮、タッド・ウインド・シンフォニー(約9分)

<東海林修さん、逝去>
【2】 ディスコ・キッド  東海林修作曲
渡邊一正指揮、東京佼成ウインドオーケストラ(約4分)

<本庶佑氏に、ノーベル賞>
【3】 スウェーデン狂詩曲第1番《夏至の徹夜祭》  ヒューゴ・アルヴェーン作曲/ジョセ・シンス編曲
トニ・ショル指揮、バーデン=ヴュルテンベルク警察音楽隊(約5分半)

<大阪桐蔭高校、甲子園で春夏連覇>
【4】 楽劇《ワルキューレ》より  ワーグナー作曲/梅本幸司編曲
梅田隆司指揮、大阪桐蔭高校吹奏楽部 ※2011年全国大会(約7分)

<普門館閉館、解体>
【5】 交響組曲《シェヘラザード》第4楽章  リムスキー=コルサコフ作曲
酒井正幸指揮、東京都豊島区立第十中学校吹奏楽部 ※1972年11月5日全国大会、普門館(約8分)

<日産カルロス・ゴーン会長、逮捕>
【6】 愛のスカイライン(CMソング) 山上路夫作詞/いずみたく作曲
スリー。グレイセス歌(約1分)

<2025年に、また大阪万博>
【7】 万国博マーチ《進歩と調和》  川崎優作曲
竹村純一指揮、海上自衛隊東京音楽隊(約4分半)

<笑ったことや泣いたこと、今年もいっぱいありました>
【8】 雪の窓辺で(合唱曲)  薩摩忠詩/三善晃作曲
田中信昭指揮、東京混声合唱団(約3分)


【ノンストップ・ウインド・ミュージック】

<FMカオン>12/29(土)23時
<調布FM>12/30(日)正午
何が飛び出すかは、放送本番までのお楽しみ!
※別番組に変更の可能性あり。

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」11月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第108回】没後125年、チャイコフスキー・オン・吹奏楽
<FMカオン>11/3(土)23時、11/17(土)23時
<調布FM>11/4(日)正午、11/18(日)正午

【第109回】〇〇と〇〇、取り合わせの面白さ
<FMカオン>11/10(土)23時、11/24(土)23時
<調布FM>11/11(日)正午、11/25(日)正午

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第108回】没後125年、チャイコフスキー・オン・吹奏楽

<FMカオン>11/3(土)23時、11/17(土)23時
<調布FM>11/4(日)正午、11/18(日)正午

今年は、チャイコフスキーの没後125年にあたります。多くの曲は、吹奏楽でも大人気です。今回は、人気曲のいくつかを、プロの演奏で、じっくりお楽しみいただきます。チャイコフスキーの名旋律が次々に登場する《エクストリーム・メイクオーヴァー》は、ブラック・ダイクのブラスバンド版でお聴きいただきます。

【1】 スラブ行進曲 チャイコフスキー作曲/F・ロジスター編曲
ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団、指揮:ノルベール・ノジ(約11分)

【2】 バレエ音楽「くるみ割り人形」ファンタジー チャイコフスキー作曲/後藤洋編曲
大阪市音楽団、指揮:時任康文(約14分)

【3】 バレエ組曲「白鳥の湖」より(抜粋) チャイコフスキー作曲/ヨセ・シュインス編曲
ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団、指揮:フランソワ・デリッデル(約7分)

【4】 エクストリーム・メイクオーヴァー~チャイコフスキーの主題による変容【ブラスバンド版】
ブラック・ダイク・バンド、指揮:ニコラス・チャイルズ(約17分)

【第109回】〇〇と〇〇、取り合わせの面白さ

<FMカオン>11/10(土)23時、11/24(土)23時
<調布FM>11/11(日)正午、11/25(日)正午
11/23(東京)、11/24(大阪)、東京佼成ウインドオーケストラの定期演奏会で、バーンズの《呪文とトッカータ》が演奏されます。このように《〇〇と〇〇》と題し、ちがったタイプを取り合わせる曲がよくあります。今回は、それらを集めて、お楽しみいただきます。後半2曲は、ブラスバンド曲です。

【1】 呪文とトッカータ ジェームズ・バーンズ作曲
タッド・ウインド・シンフォニー 指揮:鈴木孝佳(約10分)

【2】 呪文と踊り ジョン・バーンズ・チャンス作曲
広島ウインドオーケストラ 指揮;木村吉宏(約8分)

【3】 ファンファーレとアレグロ クリフトン・ウィリアムズ作曲
オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ 指揮:秋山和慶(約7分))

【4】 トッカータとファンタジア トーマス・ドス作曲
フォーデンズ・バンド 指揮:イアン・ポートハウス(約11分)

【5】 ダンスとアリア エドワード・グレグソン作曲
ブラック・ダイク・バンド 指揮;ニコラス・チャイルズ(約14分)

 

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」10月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第107回】独立100年、ハンガリー音楽の魅力
<FMカオン>10/6(土)23時、10/20(土)23時
<調布FM>10/7(日)正午、10/21(日)正午

【第108回】2018年度コンクール全国大会、注目曲を聴く
<FMカオン>10/13(土)23時、10/27(土)23時
<調布FM>10/14(日)正午、10/28(日)正午

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第107回】独立100年、ハンガリー音楽の魅力

<FMカオン>10/6(土)23時、10/20(土)23時
<調布FM>10/7(日)正午、10/21(日)正午

今年は、ハンガリーが、オーストリア=ハンガリー二重帝国から独立して100年目にあたります。豊かな文化芸術に恵まれたこの国の音楽を、吹奏楽でたっぷりとお楽しみいただきます。

【1】 ハンガリー狂詩曲第2番 フランツ・リスト作曲/フランソワ・ドゥンクラー編曲
ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団、指揮:イヴ・セヘルス(約11分)

 

 

 

 

 

【2】 喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション フランツ・レハール作曲/鈴木英史編曲
大阪市音楽団、指揮:秋山和慶(約8分)

 

 

 

 

【3】 弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽~IV. Allegro molt バルトーク・べーラ作曲/保科洋編曲
フィルハーモニックウインズ浜松、指揮:保科洋(約8分)

 

 

 

 

 

【4】 ハンガリー民謡「くじゃくが舞い下りる」による変奏曲<後半抜粋> コダーイ・ゾルターン作曲/ヤン・コベル編曲
ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団、指揮:ヤン・コベル(約18分)

 

 

 

 

 


【第108回】2018年度コンクール全国大会、注目曲を聴く

<FMカオン>10/13(土)23時、10/27(土)23時
<調布FM>10/14(日)正午、10/28(日)正午

10月は、全日本吹奏楽コンクール(全国大会)が開催されます。今回は、全国大会初登場の曲を中心に、今年の注目自由曲をセレクトして、プロによる音源でお聴きいただきます。

【1】 ワイルド・グース<前半抜粋> ライアン・ジョージ作曲
ノース・テキサス・ウインド・シンフォニー、指揮:ユージン・コーポロン

 

 

 

 

 

【2】 ブリュッセル・レクイエム ベルト・アッペルモント作曲
オランダ王国陸軍バンド ヨハン・ヴィレム・フジョー、指揮:テイメン・ボトマ(約16分半)

 

 

 

 

 

【3】 交響曲第9番~V)Allegretto – Allegro ドミトリ・ショスタコーヴィチ作曲/ハーディ・メルテンス編曲
ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団、指揮:フランソワ・デリッデル(約6分半)

 

 

 

 

 

【4】 夏の散乱 ~現(うつつ)よ 明るい私の塋(はか)よ~[宗 左近] 三善晃作曲<管弦楽原曲>
東京交響楽団、秋山和慶指揮(約8分半)

【5】 交響曲第1番「アークエンジェルズ」~第1楽章:ガブリエル(神の意志を伝える天使) フランコ・チェザリーニ作曲
タッド・ウインドシンフォニー、指揮:鈴木孝佳(約8分)

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」9月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第105回】生誕120年! ガーシュウィン・アップ・ザ・ウインド!
<FMカオン>9/1(土)23時、9/15(土)23時
<調布FM>9/2(日)正午、9/16(日祝)正午

【第106回】70mm上映決定! 『2001年宇宙の旅』音楽の秘密
<FMカオン>9/8(土)23時、9/22(土)23時
<調布FM>9/9(日)正午、9/23(日祝)正午

【スペシャル】ノンストップ・ウインド・ミュージック
<FMカオン>9/29(土)23時
<調布FM>9/30(日)正午
ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第105回】生誕120年! ガーシュウィン・アップ・ザ・ウインド!

<FMカオン>9/1(土)23時、9/15(土)23時
<調布FM>9/2(日)正午、9/16(日祝)正午

今年は、ジョージ・ガーシュウィン生誕120年です。ポピュラーやジャズとクラシックを融合させた「シンフォニック・ジャズ」の創始者として有名ですが、その多くは吹奏楽でも大人気です。彼の音楽の魅力に、吹奏楽から迫ります。

【1】 ストライク・アップ・ザ・バンド ガーシュウィン作曲/小山恭弘編曲
岩井直博指揮、東京佼成ウインドオーケストラ(約4分半)

【2】 キューバ序曲<前半部> ガーシュウィン作曲/マーク・ロジャース編曲
ユージン・コーポロン指揮、昭和ウィンド・シンフォニー(抜粋約6分)

【3】 誰かが私を見つめている ガーシュウィン作曲/岩井直溥編曲
岩井直溥指揮、秋田吹奏楽団(約5分)

【4】 ポーギーとベス ガーシュウィン作曲/ジェームズ・バーンズ編曲
加養浩幸指揮、航空自衛隊西部航空音楽隊(約8分半)

【5】 キャッツ・テイルズ~~Ⅳキャットナップ ピーター・グレイアム作曲
秋山和慶指揮、大阪市音楽団(約2分半)
※歌劇『ポーギーとベス』~<サマータイム>へのオマージュ曲。

【6】 パリのアメリカ人 ガーシュウィン作曲/保科 洋編曲
秋山和慶指揮、大阪市音楽団(約19分)

【第106回】70mm上映決定! 『2001年宇宙の旅』音楽の秘密

<FMカオン>9/8(土)23時、9/22(土)23時
<調布FM>9/9(日)正午、9/23(日祝)正午

名作映画「2001年宇宙の旅」が、公開50周年を記念して、オリジナル通りの70㎜でニュープリント版が製作され、10月、東京・京橋の国立映画アーカイブで上映されます(現在、日本で、70㎜フィルムを上映できる劇場は、ここのみ)。吹奏楽の観点も入れながら、この映画の音楽の秘密を探ります。

【1】 メインタイトル(ツァラトウストラはかく語りき/リヒャルト・シュトラウス)
オリジナルサウンドトラック(1分43秒)

【2】 メインタイトル<削除版>
アレックス・ノース作曲(1分43秒)

【3】 月面ロケットバスのシーン(ルクス・エテルナ/リゲティ)
オリジナルサウンドトラック(約3分)

【4】 月面ロケットバスのシーン<削除版>
アレクッス・ノース作曲(約5分)

【5】 ルクス・エテルナ(後藤洋作曲)
ユージーン・コーポロン指揮、昭和ウインド・シンフォニー(約7分半)

【6】 序曲・ボーマン船長老化のシーン(アトモスフェール/リゲティ)
オリジナルサウンドトラック(約3分)

【7】 ボーマン船長老化のシーン<当初予定曲>
ヴォーン=ウィリアムズ作曲≪南極交響曲≫より
サー・エイドリアン・ボールト指揮、ロンドン・フィル(約3分半)

【8】 6つのバガテルより(リゲティ作曲)
ベルリンフィル木管五重奏団(約5分)

【9】 NSBミレニアム(真島俊夫作曲)
岩井直溥指揮、東京佼成ウインドオーケストラ(約6分)

【10】 宇宙ステーションのシーン・エンドタイトル(美しく青きドナウ/ヨハン・シュトラウス)
オリジナルサウンドトラック(約4分)

【スペシャル】ノンストップ・ウインド・ミュージック

<FMカオン>9/29(土)23時
<調布FM>9/30(日)正午

曲紹介もナレーションもなし! レア音源続出、まったくの覆面番組! 果たして何が流れるか? それは聴いてのお楽しみ。

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」8月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第103回】祝第100回! 吹奏楽で聴く夏の高校野球
<FMカオン>8/4(土)23時、8/18(土)23時
<調布FM>8/5(日)正午、8/19(日)特別放送のため休止

【第104】暑苦しいけど元気が出る! 昭和ブラス歌謡大行進!
<FMカオン>8/11(土祝)23時、8/25(土)23時
<調布FM>8/12日)正午、8/26(日)正午

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第103回】祝第100回! 吹奏楽で聴く夏の高校野球

<FMカオン>8/4(土)23時、8/18(土)23時
<調布FM>8/5(日)正午

今年は、全国高等学校野球選手権大会(夏の高校野球)が第100回を迎えます。この間、大会歌や入場行進曲、応援歌など、さまざまな音楽が生まれました。それらをご紹介しながら、高校野球、および野球にまつわる吹奏楽曲をお聴きいただきます。

【1】 スポーツ・ショー行進曲 古関裕而作曲/コロムビア吹奏楽団(約3分半)
NHKのTV中継テーマ曲、フルヴァージョンで。

【2】 栄冠は君に輝く 加賀大介作詞 古関裕而作曲編曲/コロムビア合唱団(約3分)
1949年制定の大会歌。コロムビアのオフィシャル音源。

【3】 全国中等学校優勝野球大会行進歌 冨田砕花作詞 山田耕筰作曲編曲/内木実、コロムビア合唱団、コロムビア交響楽団、山田耕筰指揮(約3分半)
以前の大会歌。現在は入場行進で使用。

【4】 どんなときも(槙原敬之)/コロムビア・マーチ・オーケストラ(約5分半)
1992年春のセンバツ入場行進曲。

【5】 負けないで(ZARD)/コロムビア・マーチ・オーケスト(約3半)
1994年春のセンバツ入場行進曲。

【6】 アルプス交響曲 リヒャルト・シュトラウス作曲(冒頭部のみ)/ハインツ・フリーセン指揮、ボボルツ・フィルハーモニー吹奏楽団(約1分半)
1915年初演(高校野球第1回の年)。

【7】 コンバットマーチ 三木佑二郎・牛島芳作曲/船山紘良指揮 陸上自衛隊中央音楽隊(約1分)
1965年発表、早稲田大学の六大学野球応援歌。

【8】 ダッシュKO 夏目清史作曲・山下国俊編曲/竹村純一指揮 海上自衛隊東京音楽隊(約30秒)
1966年発表 慶應大学の六大学野球応援歌。

【9】 エル・クンバンチェロ エルナンデス作曲・岩井直溥編曲/岩井直溥指揮 東京佼成ウインドオーケストラ(約4分半)
アフリカンシンフォニーと並ぶ、野球応援曲の老舗。横浜高校が最初らしい。

【10】 ウルトラ警備隊/マイスタージンガー<TVサントラ、ソノラマ版>(約1分半)
かなり昔からある応援歌を「歌詞」付きのオリジナルで。

【11】 私を野球に連れてって~アメリカ国家/エリック・カンゼル指揮 シンシナティ・ポップス・オーケストラ(約2分)
アメリカ大リーグで、7回攻守交替時、球場全体で歌う定番曲。

【12】 ナショナル・ゲーム スーザ作曲/キース・ブライオン指揮 ロイヤル・アーティレリー・バンド(約3分半)
スーザがNLB50周年記念に作曲。野球の試合をマーチにした名曲。

【13】 朝日に栄光あれ 神津善行作曲/船山紘良指揮 陸上自衛隊中央音楽隊(約3分半)
TV朝日スポーツ番組のテーマ曲。中間部がたいへんモダンな展開。

【14】 消灯(ライツ・アウト) マッコイ作曲/進藤潤指揮 航空自衛隊航空中央音楽隊(約2分半)
フジTVスポーツ番組、および「プロ野球ニュース」テーマ。1日の最後に流れた(消燈ラッパの旋律が入っている)。

【第104回】暑苦しいけど元気が出る!
昭和ブラス歌謡大行進!

<FMカオン>8/11(土祝)23時、8/25(土)23時
<調布FM>8/12日)正午、8/26(日)正午

毎年8月にお送りしている、管打楽器が活躍する昭和ブラス歌謡特集。1曲も吹奏楽曲が流れない、元吹奏楽小僧のためのレトロ番組です。

【1】 夏のせいかしら/夏木マリ
【2】 裸の青春/夏木マリ
【3】 貴様と俺~TV「青春とはなんだ」より/布施明
【4】 青春のマーチ~TV「でっかい青春」より/布施明
【5】 ひとりの悲しみ/ズー・二―・ヴ―
※《また逢う日まで》の原曲。
【6】 憎みきれないろくでなし/沢田研二
【7】 許されない愛/沢田研二
【8】 世界の天気屋/TOPS
【9】 黒い炎/TOPS
【10】 ソウル・チルドレン/TOPS
【11】 SUNRISE(アルバム・ヴァージョン)/スペクトラム

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」7月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第101回】生誕100年、なにわのバルトーク・大栗裕の世界
<FMカオン>7/7(土)23時、7/21(土)23時
<調布FM>7/8(日)正午、7/22(日)正午

【第102回】カテドラル、その豊かな響き
<FMカオン>7/14(土)23時、7/28(土)23時
<調布FM>7/15(日)正午、7/29(日)正午

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第101回】生誕100年、なにわのバルトーク・大栗裕の世界

<FMカオン>7/7(土)23時、7/21(土)23時
<調布FM>7/8(日)正午、7/22(日)正午

今年は、作曲家・大栗裕(1918~82)の生誕100年です。《大阪俗謡による幻想曲》などで知られ、その土得得な土俗的響きは「なにわのバルトーク」とも呼ばれました。その魅力を、吹奏楽以外の響きも含めて、あらためてたどります。

【1】 吹奏楽のための小狂詩曲(約7分)
朝比奈隆指揮、大阪市音楽団

【2】 ヴァイオリン協奏曲~第3楽章(約7分)
下野竜也指揮、大阪フィルハーモニー管弦楽団、高木和弘(Vn)

【3】 大阪俗謡による幻想曲<管弦楽版>~部分(約5分)
下野竜也指揮、大阪フィルハーモニー管弦楽団

【4】 大阪のわらべうたによる狂詩曲(約13分)
木村吉宏指揮・編曲、大阪音楽大学吹奏楽団

【5】 仮面幻想(約12分)
鈴木孝佳指揮、タッドウインドシンフォニー


【第102回】カテドラル、その豊かな響き

<FMカオン>7/14(土)23時、7/28(土)23時
<調布FM>7/15(日)正午、7/29(日)正午

70年代を象徴するシンガーソングライター、森田童子が亡くなりました。彼女の唯一のライブ・アルバム「東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤」は、時代を象徴する画期的なLPでした。これをきっかけに、カテドラル(大聖堂)のさまざまな音楽や響きをお送りします。

【1】 地平線~前半部 森田童子・作詞作曲、歌(約5分)
※1978年「東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤」より

【2】 聖母の夕べの祈り~冒頭部 モンテヴェルディ作曲(約2分)
花井哲郎指揮、古楽アンサンブル・コントラポント
※2015年、東京カテドラル聖マリア大聖堂ライヴ

【3】 翳りゆく部屋 荒井由実・作詞作曲、歌(約5分)
※東京カテドラル聖マリア大聖堂の初代パイプオルガン

【4】カンタベリー・コラール ヤン・ヴァンデルロースト作曲(約7分)
ノルベール・ノジ指揮、ギィデ交響吹奏楽団
※英国教会カンタベリー大聖堂のイメージ。

【5】交響曲第7番第2楽章<アダージョ>~部分 ブルックナー作曲
ラデル・バボラーク(ホルン)、アレシュ・バールタ(オルガン)
※チェコ、モスト聖母被昇天教会で録音。

【6】カテドラル ベルト・アッペルモント作曲(約7分半)
ヤン・コベル指揮、ライプツィヒ放送吹奏楽団
※グレゴリオ聖歌の旋律を取り入れた現代感覚で表現される大聖堂。

【7】フローズン・カテドラル ジョン・マッキー作曲(約15分)
ユージーン・コーポロン指揮、昭和ウインドシンフォニー
※アラスカ、マッキンリーの高峰を大聖堂に見立てた壮大な曲。

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」6月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第99回】さらば普門館、名演列伝(後編)
<FMカオン>6/2(土)23時、6/16(土)23時
<調布FM>6/3(日)正午、6/17(日)正午

【第100回】追悼、東海林修さん 新しすぎたサウンドの秘密
<FMカオン>6/9(土)23時、6/23(土)23時
<調布FM>6/10(日)正午、6/24(日)正午

【スペシャル】ノンストップ・ウインド・ミュージック
<FMカオン>6/30(土)23時
<調布FM>7/1(日)正午

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第99回】さらば普門館、名演列伝(後編)

<FMカオン>6/2(土)23時、6/16(土)23時
<調布FM>6/3(日)正午、6/17(日)正午

先月につづき、解体が決定した普門館での名演、その後編です。今回は、コンクール全国大会で、さまざまなアクシデントを乗り越えて生まれた名演、および、普門館最後の吹奏楽の響きをお聴きいただきます。さようなら、普門館!

【1】 ディスコ・キッド 東海林修作曲
松崎仁指揮、亜細亜大学(1977) ※タイムオーバーで失格ながら、見事な名演!

【2】 バレエ音楽「四季」より グラズノフ作曲
羽川誠指揮、秋田市立山王中(1980) ※2分40秒過ぎ、舞台裏でシンバルが落下し、巨大な雑音が…。

【3】 フェスティヴァル。ヴァリエーションズ C.T.スミス作曲(部分)
桐田正章指揮、愛知工業大学名電高等学校(1997) ※演奏途中で拍手が起きてしまうが、動揺せずに見事に演奏。

【4】 コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディ P.ウィリアムズ作曲/ネスティコ編曲
原田実指揮、出雲市立第一中学校(2004年10月23日) ※新潟県中越地震発生で一時中断して再開した名演。

【5】 科戸の鵲巣 中橋愛生作曲
小野川昭博指揮、明浄学院高等学校(2011年) ※普門館、コンクール最後の演奏。

【6】 高度な技術への指標 河辺公一作曲
丸谷明夫指揮、東京佼成ウインドオーケストラ(2012年4月14日) ※普門館で流れた、最後の吹奏楽の響き。

【7】 アルメニアン・ダンス パート1 A.リード作曲
(同上)

【第100回】追悼、東海林修さん 新しすぎたサウンドの秘密

<FMカオン>6/9(土)23時、6/23(土)23時
<調布FM>6/10(日)正午、6/24(日)正午

作編曲家の東海林修さんが、4月30日、亡くなられました(享年85)。吹奏楽ファンにとっては《ディスコ・キッド》でおなじみですが、もともとは、歌謡ポップスの大ベテランです。そのサウンドは「早すぎた」「新しすぎた」と、よくいわれました。今回は、そんな東海林さんの魅力を、さまざまな角度からご紹介します。

【OPテーマ】交響詩《さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅》より、〈青春の幻影〉 東海林修作曲

【1】 可愛いベイビー 中尾ミエ/東海林修編曲(1962、部分)
※東海林さんの編曲デビューです。

【2】 ヴァケーション 弘田三枝子/東海林修編曲(1968、部分)
※かすかにジャズのテイストを加えたアレンジ!

【3】 東京たそがれ ザ・ピーナッツ/岩谷時子作詞、宮川泰作編曲(1963、部分)
※名曲なのに、全然売れなかった。翌年…

【4】 ウナ・セラ・ディ東京 ザ・ピーナッツ/岩谷時子作詞、宮川泰作曲、東海林修編曲(1964、部分)
※東海林さんが再アレンジして改題、再発したら大ヒット!

【5】 口づけが怖い 久美かおり/なかにし礼作詞、東海林修作編曲(1968、部分)
※作曲家・東海林修の原点。レコード大賞新人賞受賞!

【6】 おさらば オフコース/東海林修作詞作曲編曲(1972)
※オフコースのシングル第3弾。作詞作曲編曲、すべて東海林さん。その斬新なサウンドとアレンジを堪能あれ!

【7】 地球は回るよ トワ・エ・モア/山上路夫作詞、東海林修作編曲(1971)
※アメリカ留学中に作曲。いま聴いても感動の名旋律、名アレンジ!

【8】 心、心よヤング101/及川恒平作詞、東海林修作編曲(1974、部分)
※当時「先を行きすぎ」といわれていた「ステージ101」で生まれた隠れた名曲。

【9】 さらば愛の季節ヒデとロザンナ/橋本淳作詞、東海林修作編曲(1977)
※シンセサイザーを全面起用した超傑作歌謡曲!

【10】 雨にぬれても バート・バカラック作曲、東海林修編曲(1972)
岩井直溥指揮、ニュー・サウンズ・ウインド・アンサンブル
※「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」第1弾より。

【11】ディスコ・キッド 東海林修作曲(1977)
手塚幸紀指揮、東京佼成ウインドオーケストラ(参考音源)
※これが最初に演奏・録音されたあの名曲!

【12】怪獣のバラード2013 岡田冨美子作詞、東海林修作曲(2013)
中村芳文指揮、航空自衛隊航空中央音楽隊、風邪LaLa合唱団
※合唱コンクールで大人気の名曲。

【13】マイ・スウィート・ロード 伊東ゆかり+グリーン・ジンジャー/ジョージ・ハリスン作曲、東海林修編曲(1971、部分)
※東海林修の「歌声」(バックコーラス)が聴けるレア音源。

【14】危険なふたり 沢田研二/安井かずみ作詞、加瀬邦彦作曲、東海林修編曲(1973)
※東海林修のアレンジ最高傑作、最大ヒット。オリコン1位、日本歌謡大賞!

【15】ディスコ・キッド2007 東海林修作編曲・演奏(2007)
※自身のピアノにシンセサイザーなどを合体。ピアノ・トリオ風に、ひとりで楽しくつくりあげた音源。
【CLテーマ】明日への気配 東海林修作編曲・演奏

【スペシャル】ノンストップ・ウインド・ミュージック

<FMカオン>6/30(土)23時
<調布FM>7/1(日)正午

曲紹介もナレーションもなし! レア音源続出、まったくの覆面番組! 果たして何が流れるか? それは聴いてのお楽しみ。

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」5月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第97回】さらば普門館、名演列伝(前編)
<FMカオン>5/5(土)23時、5/19(土)23時
<調布FM>5/6(日)正午、5/20(日)正午

【第98回】吹奏楽の新潮流、挾間美帆の魅力
<FMカオン>5/12(土)23時、5/26(土)23時
<調布FM>5/13(日)正午、5/27(日)正午

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第97回】さらば普門館、名演列伝(前編)

<FMカオン>5/5(土)23時、5/19(土)23時
<調布FM>5/6(日)正午、5/20(日)正午

普門館の解体が、正式に決定しました。長年、コンクールの東京大会や、全国大会の会場として使用され、吹奏楽の聖地として親しまれてきました。今月と来月の2回にわたって、普門館での名演を振り返りながら、その軌跡をたどります。

【1】 スラブ行進曲 チャイコフスキー作曲
得津武史指揮、西宮市立今津中学(1972年全国大会)[約8分半]

【2】 フェリスタス 青木進作曲
酒井正幸指揮、豊島区立第十中学(1979年全国大会)[約4分半]

【3】 中国の不思議な役人 バルトーク作曲
上埜孝指揮、駒澤大学(1979年全国大会)[約7分]

【4】 交響曲第9番《合唱》~第4楽章(抜粋) ベートーヴェン作曲
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー(1979年普門館ライヴ)[約5分]

【5】 アルメニアン・ダンス パート1 アルフレッド・リード作曲
中澤忠雄指揮、神奈川県立野庭高校(1983年全国大会)[約7分半]

【6】 行進曲《普門バンドフェスティバル1987》 青島広志作曲
小田野寛之指揮、東京佼成ウインドオーケストラ[約4分半]

【7】 大阪俗謡による幻想曲 大栗裕作曲
丸谷明夫指揮、大阪府立淀川工科高校(1989年全国大会)[約7分半]


【第98回】吹奏楽の新潮流、挾間美帆の魅力

<FMカオン>5/12(土)23時、5/26(土)23時
<調布FM>5/13(日)正午、5/27(日)正午

ジャズ作曲家の挾間美帆さんが、シエナ・ウインド・オーケストラのコンポーザー・イン・レジデンスに就任しました。日本の吹奏楽団が、このような「座付き作曲家」を迎えるのは、おそらく初めてではないかと思われます。挾間美帆さんとは、どのような作曲家なのでしょうか。その魅力を、いくつかの角度からご紹介します。

【1】 Mr.O 挾間美帆作曲
佐渡裕指揮、シエナ・ウインド・オーケストラ[約6分]

【2】 旅立ちの日に 小嶋昇作詞/坂本浩美作曲/挾間美帆編曲
佐渡裕指揮、シエナ・ウインド・オーケストラ、晋友会合唱団[約5分]

【3】 セルリアン・スカイ(部分) マリア・シュナイダー作曲
マリア・シュナイダー・ジャズ・オーケストラ[約1分]

【4】 セロニアス セロニアスモンク+挾間美帆作編曲
挾間美帆&メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド

【5】 サクソフォン・ソナタ第1番《秘色の王国》~第3楽章 挾間美帆作曲
須川展也(サクソフォン)。小柳美奈子(ピアノ)[約5分半]

【6】 タルカス〈全曲〉 吉松隆の管弦楽編に基づく吹奏楽版 キース・エマーソン他作曲/挾間美帆編曲
佐渡裕指揮、シエナ・ウインド・オーケストラ[約20分]

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」4月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第95回】春になって吹奏楽を聴くにおよんで
<FMカオン>4/7(土)23時、4/21(土)23時
<調布FM>4/8(日)正午、4/22(日)正午

【第96回】生誕110年、「帝王」カラヤンの吹奏楽
<FMカオン>4/14(土)23時、4/28(土)23時
<調布FM>4/15(日)正午、4/29(日)正午

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第95回】春になって吹奏楽を聴くにおよんで

<FMカオン>4/7(土)23時、4/21(土)23時
<調布FM>4/8(日)正午、4/22(日)正午

ようやく温かくなり、新しい年度がはじまりました。今回は「春」を題材にした名曲を集めてお聴きいただきます。新年度が、みなさまにとって、素晴らしいスタートでありますように!

【1】春の猟犬 アルフレッド・リード作曲
タッド・ウインドシンフォニー、指揮:鈴木孝佳(約9分半)

【2】マーチ・エイプリル・メイ 矢部政男作曲
東京佼成ウインドオーケストラ、指揮:天沼裕子(約3分)

【3】さくらのうた 福田洋介作曲
なにわ《オーケストラル》ウィンズ、指揮:中川重則(約4分半)

【4】桜花の光跡 高昌帥作曲
広島ウインドオーケストラ、指揮:下野竜也(約7分半)

【5】春になって王たちが戦いに出るにおよんで
ホルシンガー作曲
東京佼成ウインドオーケストラ、指揮:シズオ・Z・クワハラ(約11分)

【6】オール・イン・ジ・エイプリル・イヴニング
ブラック・ダイク・バンド、指揮:ニコラス・J・チャイルズ(約4分)


【第96回】生誕110年、「帝王」カラヤンの吹奏楽

<FMカオン>4/14(土)23時、4/28(土)23時
<調布FM>4/15(日)正午、4/29(日)正午

かつてヨーロッパの主要楽壇ポストを独占し「帝王」と呼ばれた大指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤン。今年が生誕110年ですが、1枚だけ「吹奏楽」(マーチ)のアルバムを残しています。それらを中心に、カラヤンを「管楽器」の観点で回想します。

【1】双頭の鷲の旗の下に J.F.ワーグナー作曲
ベルリン・フィルハーモニー・ウインド・アンサンブル、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(約3分半)

【2】ヨルク軍団行進曲 ベートーヴェン作曲
ベルリン・フィルハーモニー・ウインド・アンサンブル、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(約2分半)

【3】フローレンス行進曲 フチーク作曲
ベルリン・フィルハーモニー・ウインド・アンサンブル、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(約5分半)

【4】交響詩《ローマの松》~ジャニコロの松、アッピア街道の松 レスピーギ作曲
ベルリン・フィルハーモニー、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(約10分)

【5】楽劇《ラインの黄金》~ワルハラ城への神々の入場 ワーグナー作曲
ベルリン・フィルハーモニーほか、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(約9分)

【6】楽劇《ワルキューレ》~ワルキューレの騎行 ワーグナー作曲
ベルリン・フィルハーモニーほか、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(約2分半)

【7】ニーベルンゲン行進曲 ゾンターク作曲
ベルリン・フィルハーモニー・ウインド・アンサンブル、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(約3分半)

【8】旧友 タイケ作曲
ベルリン・フィルハーモニー・ウインド・アンサンブル、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮(約4分半)

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」3月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第93回】没後100年、ドビュッシーに魅せられたひとびと
<FMカオン>3/3(土)23時、3/17(土)23時
<調布FM>3/4(日)正午、3/18(日)正午

【第94回】吹奏楽で聴くユダヤの響き~イスラエル建国70年
<FMカオン>3/10(土)23時、3/24(土)23時
<調布FM>3/11(日)正午、3/25(日)正午

【ノンストップ・ウインド・ミュージック】
<FMカオン>3/31(土)23時
<調布FM>4/1(日)正午

ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】


【第93回】没後100年、ドビュッシーに魅せられたひとびと

<FMカオン>3/3(土)23時、3/17(土)23時
<調布FM>3/4(日)正午、3/18(日)正午

この3月は、フランス印象派の巨匠、ドビュッシーの没後100年にあたります。その新しい和声や響きに多くのひとたちが魅せられ、吹奏楽に編曲されてきました。中には、原曲以上に、ドビュッシーらしい編曲もあります。特に、田村文生さん編曲の《弦楽四重奏曲》第4楽章は、まるで、ドビュッシーによるオリジナルの交響詩のようです。吹奏楽になってさらに輝くドビュッシーの魅力をお楽しみください。

【1】 交響詩《海》より~Ⅲ風と海の対話(ドビュッシー作曲/八田泰一編曲)
東京・豊島区立第十中学校、酒井正幸指揮<1979年、コンクール全国大会>(約7分)

【2】 交響詩「波の見える風景」改訂新版(真島俊夫作曲)
東京佼成ウインドオーケストラ、増井信貴指揮(約7分)

【3】 喜びの島(ドビュッシー作曲/真島俊夫編曲)
神奈川大学吹奏楽部、小澤俊朗指揮(約7分)

【4】《小組曲》より~Ⅱ行列、Ⅳバレエ(ドビュッシー作曲/木村吉宏編曲)
大阪市音楽団、木村吉宏指揮(約7分)

【5】《弦楽四重奏曲》第1楽章(ドビュッシー作曲/三宅祐人編曲)
中央大学吹奏楽部〈サクソフォン四重奏/2002年、アンコン全国大会〉(約5分)

【6】海の微風、春の再来~弦楽四重奏曲・第4楽章(ドビュッシー作曲/田村文生編曲)
北海道教育大学函館校吹奏楽団、渡部謙一指揮(約7分)


【第94回】吹奏楽で聴くユダヤの響き~イスラエル建国70年

<FMカオン>3/10(土)23時、3/24(土)23時
<調布FM>3/11(日)正午、3/25(日)正午

今年は、ユダヤ人の国家イスラエルの建国宣言から70年です。この苦難の歴史を背負った民族は、素晴らしい音楽の才能を示し、吹奏楽の世界にも、大きな影響を与え、一大潮流を形成しています。今回は、イスラエルの歴史なども簡単に解説しながら、この、哀愁に満ちた音楽世界をお楽しみいただきたいと思います。

【1】 映画「栄光への脱出」組曲(アーネスト・ゴールド作曲/アルフレッド・リード編曲)
東京佼成ウインドオーケストラ、アルフレッド・リード指揮(約8分)

【2】 イディッシュ・ダンス(アダム・ゴーブ作曲)
フロリダ大学ウインド・シンフォニー、デビッド・ウェイブライト指揮(約15分)

【3】 リクディム~4つのイスラエル舞曲〈クラリネット合奏版〉(ヤン・ヴァンデルロースト作曲/イェンセ編曲)
ヴァルター・ブイケンス・クラリネット合奏団(約9分)

【4】 狂詩曲《ジェリコ》(モートン・グールド作曲)
タッド・ウインド・シンフォニー、鈴木孝佳指揮(約13分)


【特番ノンストップ・ウインド・ミュージック】

<FMカオン>3/31(土)23時
<調布FM>4/1(日)正午
第5土曜日のスペシャル番組! 何が飛び出すかは、当日のお楽しみ。今回は、CD化されていないアナログ音源との噂もチラホラ…。

https://www.instagram.com/bandpowerjp/?hl=ja