「CD」カテゴリーアーカイブ

スパーク作品集CD「ハーレクイン」こぼれ話

フィリップ・スパークの最新作を収録したCD「ハーレクイン」(Anglo Records)が好調だ。ゲスト・ソロイストに招かれているユーフォ二アム奏者デーヴィッド・チャイルズのライヴ感あふれる独奏のすばらしさだけでなく、さまざまなスタイルを使って書かれた収録作品の多彩さと充実ぶりがその要因だが、このほど、関係者の証言で、このCDには意外な姉妹盤があることが明らかとなった。
そのアルバムは、4月に発売になった大阪市音楽団(市音)演奏の「ニュー・ウィンド・レパートリー2006 / 地底旅行」(大阪市教育振興公社)だ。このニュー・ウィンド・レパートリーの選曲が事実上スタートしたのは、昨年(2005年)の10月。市音の意向を受けた作曲者から送られてきたスコアは、最終的に選ばれることになる『素晴らしき3つの冒険』のほか、『シエラ・ネバダ』、『イギリスの海の歌による組曲』、『フィエスタ・デ・ラ・ヴィダ』といったCD「ハーレクイン」に収録された作品だった。いずれも未出版だったため、市音が収録を決めた『素晴らしき3つの冒険』は、作曲者自身が自宅コンピュータで第1号の楽譜セットを仕上げて、12月のミッドウェスト・クリニック(アメリカ・シカゴ)で市音に直接手渡され、2006年2月に秋山和慶の指揮でレコーディング。
その後、4月末に来日した作曲者が、宇都宮で市音から贈られた「ニュー・ウィンド・レパートリー2006」の現物に収録されている自作を聴いて興奮の一言。

『これはほとんど完璧な録音だ!! 演奏のすばらしさは無論のこと、全体の響きだけでなく、楽曲に使われているすべてのパートをクリアに聴き取ることができる。スタッフすべてにほんとうにいい仕事だ!!と伝えて欲しい!!』

 この時点ですべてを録り終えていたCD「ハーレクイン」のプロデューサーが自分だったことをすっかり忘れていたかのようなスパークのこのはしゃぎぶり。
『素晴らしき3つの冒険』の楽譜も出版された今、これは、もう、2枚のCDを聴き比べて確認するしかないか!?

(2006.08.24)

ベルナールトス(Bernaerts )から最新のポップ&クリスマス作品の音源CDが発売・・・「レッツ・ゲット・ラウド」「クリスマス・セレブレーション」

  小中編成向きのナイスなポップス・アレンジとオリジナルが人気の出版社ベルナールトスから最新のポップ&クリスマス作品の音源CDが発売された。「レッツ・ゲット・ラウド」と「クリスマス・セレブレーション」の2枚で、収録曲は以下の通り。クリスマスには、まだちょっと早いけど、備えあれば憂いなし!ってことで、シーズンなってから慌てないよう、今からしっかりとチェックしておきましょう。

(2006.08.23)

■A Christmas Celebration 
>>BPショップで購入する

【収録曲】

1.Christmas Flourishes (Darrol Barry)
2.All I Want For Christmas Is You (Mariah Carey, arr. Frank Bernaerts)
3.The Most Wonderful Time Of The Year (E. Pola & G. Wyle, arr. Darrol
Barry)
4.Merry Christmas Everyone (Shakin Stevens, arr. Frank Bernaerts)
5.A Christmas Celebration (Arr. Darrol Barry)
6.Rockin’ Around The Christmas Tree (Johnny Marks, arr. Frank Bernaerts)
7.Ave Maria (J.S. Bach/Ch. Gounod, arr. Steve Cortland)
8.Christmas Swing (Ray Sacks, arr. Jan van Kraeydonck)
9.Rudolph Around The World (Johnny Marks, arr. Darrol Barry)
10.Driving Home For Christmas (Chris Rea, arr. Frank Bernaerts)
11.Stop The Cavalry (Jona Lewie, arr. Frank Bernaerts)
12.Lonely This Christmas (Mud, arr. Jan van Kraeydonck)
13.A Jingle Bells Fantasy (Traditional, arr. Darrol Barry)
14.Feliz Navidad (Jose Feliciano, arr. Darrol Barry)
15.Wonderful Christmas Time (Paul McCartney, arr. Frank Bernaerts)


■Let’s Get Loud
>>BPショップで購入する

【収録曲】

1.Freeliner (Darrol Barry)
2.Love Generation (Bob Sinclar, arr. Frank Bernaerts)
3.Because Of You (Kelly Clarkson, arr. Jan van Kraeydonck)
4.Brother Bear (Walt Disney, arr. Frank Bernaerts)
5.The Young Amadeus (W.A. Mozart, arr. Jan van Kraeydonck)
6.Fun Fever (James Pendleton)
7.King Kong (James Newton Howard, arr. Frank Bernaerts)
8.The Magic Of Mozart (W.A. Mozart, arr. Darrol Barry)
9.Theme From JAG (Bruce Broughton, arr. Frank Bernaerts)
10.Kids Play Disney (Arr. Frank Bernaerts)
11.Push The Button (Sugababes, arr. Jan van Kraeydonck)
12.The Elvira Madigan Theme (W.A. Mozart, arr. Steve Cortland)
13.The Incredibles (Walt Disney, arr. Darrol Barry)
14.Je t’Adore (Kate Ryan, arr. Frank Bernaerts)
15.Because We Believe (Andrea Bocelli & Marco Borsato, arr. Frank
16.Bernaerts)
17.Let’s Get Loud (Jennifer Lopez, arr. Jan van Kraeydonck)
18.Yellow River (Christie, arr. Johny Ocean)

ハーレクイン~フィリップ・スパーク~近年の作曲者の充実ぶりをうかがえる作品の数々

 イギリスを代表するユーフォ二アム奏者のひとり、デーヴィッド・チャイルズをゲスト・ソロイストに迎えて収録されたフィリップ・スパーク作品集で、プロデュースも作曲者自身がつとめている。
演奏者のXBYコンサート・バンドは、1989年、イングランド、ケント州ブロムリーに誕生。新しいレパートリーに挑戦することを活動のポリシーにすえている注目すべき市民バンドで、2005年には、全英コンサート・バンド・フェスティヴァル(マンチェスター)で金賞を受賞、世界音楽コンクール(オランダ、ケルクラーデ)のファースト・ディヴィジョンにおいてもスパークの『宇宙の音楽』を含むレパートリーを演奏して86.75ポイントを得て金賞(11位)入賞を果たした。
 1月と4月の合計4日に分けて収録されたことから、同じ録音会場にもかかわらず演奏トラックによって少々バランスが異なり、空間的にあまり大きな会場でないこともあってときどき打楽器がオーバーバランスになるきらいがあるが、久しぶりにイギリスのバンドによって録音されたスパークの各作品は、まるで水を得た魚のようにいきいきと演奏されており、魅力たっぶり。『素晴らしき3つの冒険』や『シエラ・ネヴァダ』、『港 ~ 日曜の朝』、『イギリスの海の歌による組曲』など、その変化にとんだレパートリーから、近年の作曲者の充実ぶりをうかがい知ることができる。また、タイトル曲の『ハーレクイン』と『サマーの島々』(「ハイランド讃歌」から)のソロをつとめるチャイルズも、若手ソロイストのリーダーたらんとする、音楽的な自信に裏打ちされた変幻自在のすばらしい音楽を愉しませてくれる。

Label: Anglo Records

Producer & Recording Supervisor: Philip Sparke
Recording Engineer: Dirk Fischer
Assistant Engineer: Tjitte Hylke Verbeek

2006年1月14-15日および4月22-23日、イングランド、ケント(Kent)州ブロムリー
(Bromley)のRavensbourne Schoolにおける録音

Band Power ショップ トップページはコチラ!!>>


■ハーレクイン~フィリップ・スパーク作品集/
Harlequin~Music for Concert Band by Philip Sparke

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0955/

・演奏団体:XBYコンサート・バンド(XBY Concert Band)
・指揮者:デニス・マイクロフト(Dennis Mycroft)
・発売元:アングロ・レコーズ(Anglo Records)

編曲・作曲:フィリップ・スパーク(Philip Sparke)【全曲】

【収録曲】

1. マドリガルム【4:29】
Madrigalum

2. 素晴らしき3つの冒険【14:29】
Three Extraordinary Journeys
A Tribute to Jules Verne (1828-1905)
I )海底2万マイル(20,000 Leagues Under The Sea)【4:40】
II)気球に乗って5週間(Five Weeks in a Balloon)【5:52】
III)80日間世界一周(Around The World in 80 Days)【3:57】

3. オックスフォード伯爵の行進曲/ウィリアム・バード【4:28】
The Earl of Oxford’s March from The Battell/William Byrd

4. シエラ・ネバダ【8:52】
Sierra Nevada

5. ハーレクイン【8:52】
Harlequin
Euphonium Soloist: David Childs

6. 瞑想曲/ハンス・レオ・ハッスラー【4:11】
Meditation:A Saxophone feature based on the Passion Chorale/Hans Leo Hassler

7. 港 ~ 日曜の朝【6:48】
The Harbour: Sunday Morning

8. プロセッショナル【2:29】
Processional

9. イギリスの海の歌による組曲【8:53】
An English Sea Song Suite
I)小粋なアリシューザ  The Saucy Arethusa【1:44】
II)フェアウェルとアデュー(スペインの淑女たち)
Farewell and Adieu (Spanish Ladies)【2:44】
III)トム・ボーリング  Tom Bowling【2:09】
IV)ジャックス・ザ・ラッド(水夫のホーンパイプ)
Jack’s the Lad (The Sailor’s Hornpipe)【2:16】

10. ハイランド讃歌より サマーの島々【4:05】
Summer Isles Euphonium Solo from Hymn of the Highlands
Euphonium Soloist: David Childs

11. フィエスタ・デ・ラ・ヴィダ (セレブレーション・オブ・ライフ)【9:13】
Fiesta de la Vida  A Celebration of Life

スパークのブラス・バンド作品集「ジャーニーズ・イン・ブラス」がアングロ・レコーズより発売

8月上旬に発表されたフィリップ・スパークの吹奏楽作品集「ハーレクイン」に続き、今度はブラス・バンド作品集「ジャーニーズ・イン・ブラス」が自身のレーベル、アングロ・レコーズより発売された。

収録曲は先に吹奏楽バージョンがすでに人気の「素晴らしき3つの冒険」をはじめ、「ハーレクイン」などおなじみのナンバーも多数。ブラス・バンド・ファンだけでなく吹奏楽ファンも必聴の1枚だ。

オブラッソ(Obrasso Records)からブラック・ダイク・バンドとノルウェー陸軍軍楽隊の最新アルバムがリリース

上質な吹奏楽ポップスや個性的なオリジナル作品を出版しているスイスの人気メーカー、オブラッソ(Obrasso Records)から、ブラック・ダイク・バンドとノルウェー陸軍軍楽隊の最新アルバムが海外でリリースされた。

 ブラック・ダイク・バンドの方は、ダーロル・バリーの編曲による「007のメドレー」や懐かしの「ロッキー」(これがメチャ盛り上がるアレンジ!)など演奏会で重宝しそうな「映画音楽ヒット曲集Vol.2」と、「ローマの謝肉祭」「ルスランとリュドミラ」など日本でも人気の高い序曲を集めた「ファンタスティック・オーヴァーチュアズ」の2枚。

 また、ノルウェー陸軍軍楽隊の方は、ゴフ・リチャーズの「ジュークボックス」をはじめとする楽しい吹奏楽ポップスが満載された「ブロードウェイ・オン・ステージ」となっている。

 演奏会の曲選びには欠かせなさそうなこのCD。収録作品は、いずれも楽譜(吹奏楽/ブラスバンドの両方)が出版される予定。日本での発売を楽しみに待ってましょう!

「映画音楽ヒット曲集」Vol.2
ブラック・ダイク・バンド
ファンタスティック・オーヴァーチュアズ
ブラック・ダイク・バンド
ブロードウェイ・オン・ステージ
ノルウェー陸軍軍楽隊

デメイ: 交響曲第3番『プラネット・アース』のCDが日本でも発売スタート

 2006年3月2日、オランダ、ロッテルダムのコンサート・ホール、デ・ドゥーレンにおいて、オットー・タウスク指揮、北オランダ管弦楽団、北オランダ・コンサート・クワイアの演奏で世界初演され、スタンディング・オーベーションの大成功を収めたヨハン・デメイ(オランダ、1953-)の新作・交響曲第3番『プラネット・アース(惑星地球)』の初のCDで、初演翌月の4月に初演を行った同じ顔ぶれにより収録された。
 作曲者デメイについては、交響曲第1番『指輪物語』、同第2番『ビッグ・アップル~ニューヨーク・シンフォニー』の大成功ですでにおなじみであり、その第3番が、いつ、どのような作品になるのかは世界中の関心事となっていたが、吹奏楽オリジナルから管弦楽版が作られた第1番、第2番とは異なり、北オランダ管弦楽団のアーティスティック・マネージャー、マルセル・マンドスのリクエストで作曲されたこの第3番は、最初から管弦楽のための交響曲となった。大宇宙に浮かぶ惑星地球をテーマとし、「ロンリー・プラネット(孤独な惑星)」「プラネット・アース(惑星地球)」「マザー・アース(母なる地球)」の3つの楽章からなるこの交響曲は、スタートレックばりのサウンド・エフェクトやホルストの組曲『惑星』にヒントを得た女性合唱(6声)をまじえて描かれた壮大なスケールの一大地球賛歌となっており、奥行きの広い演奏空間を感じさせる録音がもたらす効果と相まって、聴くものをただただ圧倒する。
すでに、ウィンド・オーケストラ版の着手と近い将来の日本初演もプランにあがっていることから、日本のウィンド・ミュージック・ファンにとっても聴き逃せないディスクとなっている。

Label: Amstel Classics

Musical Advisor & Producer: Johan de Meij
Recording Engineer: Lex van Diepen

2006年4月18-19日、オランダ、フロニンヘン(Groningen)のDe Oosterpootにおける録音

【関連記事】
http://www.bandpower.net/news/2006/03/10_demeij/01.htm


■ヨハン・デメイ:交響曲第3番「プラネット・アース(惑星地球)」
Johan de Meij Symphony No.3 Planet Earth【管弦楽】

【演奏団体】北オランダ管弦楽団(The North Netherlands Orchestra)
【合唱】北オランダ・コンサート・クワイア
(The North Netherlands Concert Choir)
【指揮者】オットー・タウスク(Otto Tausk)

【発売元】アムステル・クラシックス(Amstel Classics)

交響曲第3番「プラネット・アース(惑星地球)」/ヨハン・デメイ【48:56】
Symphony No.3 Planet Earth/Johan de Meij
I) ロンリー・プラネット(孤独な惑星) Lonely Planet【16:21】
II) プラネット・アース(惑星地球)   Planet Earth 【15:53】
III)マザー・アース(母なる地球)    Mother Earth 【16:40】

BPショップ >>> 購入する

ルビコン/Rubicon・・・ショスタコーヴィチにおける変幻自在の豊かな表現ぶりは、このアルバム最大の聴きどころ

 現在、ヨーロッパのウィンド・オーケストラの世界で最も客を呼べる指揮者のひとりと称され、国際的な活躍がつづくヤン・コベル(オランダ出身)が、首席指揮者をつとめているドイツのライプツィヒ放送吹奏楽団を指揮したコンサート・アルバム。もともと旧東ドイツの放送局の吹奏楽団として誕生したこの楽団の実像は、先だって発売されて大きな反響を呼んだDVD『ポートレイト・オブ・ヤン・コベル/A Portrait of Jan Cober(NTSC版)』ですっかりとおなじみとなったが、極めて小編成ながら粒ぞろいの実力者を揃えたこの楽団は、ドイツ唯一のプロ・ウィンド・オーケストラとして、トラディッショナルからコンテンポラリーまでの幅広いレパートリーとともに多彩な演奏活動を行っている。
 このアルバムでも、ベルト・アッペルモント(ベルギー)の『サビック・シンフォニック・マーチ』『ルビコン』、スイスのオリヴァー・ヴェースピ(スイス)の『讃歌』、テオ・アパリシオ・バルベラン(スペイン)の『フェスタ・ダス・フォガセイラス』という、個性的な3人の若手作曲家の新作オリジナル・ピースから、マスカーニの歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』から“インテルメッツォ”(マーヌ・メラールトス編)、ショスタコーヴィチの歌劇『ムツェンスク郡のマクベス夫人』組曲(スティーヴン・ヴェルハールト編)という、新しいトランスクリプションまでの多彩なレパートリーのいずれに対しても、すばらしい順応性と高い機能性を発揮している。
タイトル曲『ルビコン』の曲名は、紀元前49年、カエサルが「さいは投げられた」と言ってこの名の川を渡ってポンペイとの会戦に挑んだ故事に由来する。一部ソプラノも加わり、ドラマチックに展開する情感あふれるこの音楽は、必ずやアッペルモント・ファンの話題を集めることになるだろう。また、コベルとともに積極的に近代ロシア作品に取り組んでいるこの楽団との相性がいいのか、ショスタコーヴィチにおける変幻自在の豊かな表現ぶりは、このアルバム最大の聴きどころとなっている。

収録楽曲の楽譜は、すべてベルギーのBeriato Musicから入手可能

Recording Supervisor: Georges Moreau
Recording Engineer: Anteun Hoesen

2006年5月30日-6月1日、ドイツ、ライプツィヒの教会 Bethanienkirch における録音


■ルビコン/Rubicon

【演 奏】ライプツィヒ放送吹奏楽団(Rundfunk Blasorchester Leipzig)
【指揮者】ヤン・コベル(Jan Cober)
【発売元】ベリアト・ミュージック(Beriato)
CD-0950

【収録曲】

1. サビック・シンフォニック・マーチ/ベルト・アッペルモント【6:23】
Sabic Symphonic March/Bert Appermont

2. 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より“インテルメッツォ”
/ピエトロ・マスカーニ(arr.マーヌ・メラールトス)【3:13】
Intermezzo from Cavaleria Rusticana/Pietro Mascagni(arr. Manu Mellaerts)

3. 讃歌/オリヴァー・ヴェースピ【15:24】
Il Cantico/Oliver Waespi
4. ルビコン/ベルト・アッペルモント【14:42】
Rubicon/Bert Appermont
I) Meditation (瞑想曲)【3:46】
II) The Battle of Pharsallus(ファルサルスの会戦)【5:16】
III) Dance (舞曲)【5:55】

5. フェスタ・ダス・フォガセイラス/テオドロ・アパリシオ・バルベラン【9:57】
Festa das Fogaceiras/Teodoro Aparicio Barberan

6. 歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」組曲
/ドミトリ・ショスタコーヴィチ(arr.スティーヴン・ヴェルハールト)【8:21】
Suite from Lady Macbeth of the Mtsensk District
/Dmitri Shostacovitch(arr. Steven Verhaert)
I) Allegretto【2:13】
II) Allegro con moto【2:09】
III) Allegretto【1:47】
IV) Presto【2:12】

■BPショップで購入する>>>BPショップへGO

新譜ラッシュ! スパークやトーマス・ドスの新作などが、 海外で続々と発売開始

フィリップ・スパークやトーマス・ドスなど日本でも人気の高い作曲家たちの新作を収録したCDが、海外で続々と発売されている。
一番の注目はやはりスパークの作品集「ハーレクイン」だろう。この春(2006年)に大阪市音楽団が“ニュー・ウインド・レパートリー2006”の中でも取り上げた「素晴らしき3つの冒険(Three Extraordinary Journeys/Philip Sparke)をはじめ、現在、ヨーロッパで最も注目されている若手ユーフォニアム奏者・デヴィッド・チャイルズをフィーチャーした「ハーレクイン」など、話題作が満載。
BPショップに入荷したら、速攻ゲットできるように、夏のおこずかいをちょっとだけ残しておくといいかもね。

(2006.08.09)

■ハーレクイン(吹奏楽)
■ヤコブ・デハーン作品集vol.3(吹奏楽)
■モンブラン(吹奏楽)
■ゴールデン・エイジ(吹奏楽)
■ポストカード・フロム・シンガポール
(ファンファーレ・オルケスト)

デメイ: 交響曲第3番『プラネット・アース』CD発売

『指輪物語』で知られるオランダの作曲家ヨハン・デメイの新作、交響曲第3番『プラネット・アース(惑星地球)』のCDが、世界初演メンバーと同じ顔ぶれでレコーディングされ、このほど発売された。もちろん、BPショップでも入荷、発売する予定です。

指揮:オットー・タウスク
管弦楽: 北オランダ管弦楽団
合唱: 北オランダ・コンサート・クワイア

 

ヨーロッパ最強吹奏楽団による『ハンガリー民謡‘くじゃく’による変奏曲』を堪能すべし!

18年近く指揮をつづけたノルベール・ノジの退任後、未だに後任の音楽監督(Chef de Musique)のポジションが空席のままの状態が続いているベルギー・ギィデ交響吹奏楽団が、現在、ヨーロッパのウィンド・オーケストラの世界で最も高い人気を誇る指揮者のひとりと称されている、ヤン・コベルの客演指揮で録音したクラシック音楽のコンサート・アルバム。曲はすべて新しいトランスクリプションで収録されているが、オットリーノ・レスピーギ(1879-1936)の『第12旋法によるメタモルフォーゼ』(1929-30)、ルイ=エクトール・ベルリオーズ(1803-69)の歌曲集『夏の歌』(1841)、コダーイ・ゾルターン(1882-1967)の『ハンガリー民謡‘くじゃく’による変奏曲』(1939)とつづくプログラムは圧巻。演奏もコベルのタクトによく応えている。この楽団の他の録音より近めにセットされた録音は、ただクリアなだけでなく、正統的フランス式編成を今に受け継ぐこの楽団の最大の特色といえるクラリネットを中心とした木管群の美しくブレンドされたサウンドを見事にとらえている。また、『夏の歌』のソプラノ、アンティエ・ペルショルカは、2003年に「ミシェル・コルボ・ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル」の一員として来日し、好評を博したが、このアルバムでも美しく伸びやかな歌唱を聴かせてくれている。

 収録曲の楽譜は、すべてベルギーのBeriato Musicから入手可能。

Recording Supervisor: George Moreau
Recording Engineer: Anteun Hoesen

2006年1月23-26日、ベルギー、Heverlee(へーヴェルレー)のKwartier Cdt. e.de. Hemptinneにおける録音。


メタモルフォーゼ/Metamorphoseon

【演 奏】ギィデ交響吹奏楽団(Royal Band of the Belgian Guides)
【指揮者】ヤン・コベル(Jan Cober)
【発売元】ベリアト・ミュージック(Beriato)

【収録曲】

1. 第12旋法によるメタモルフォーゼ/オットリーノ・レスピーギ【13:37】
Metamorphoseon/Ottorino Respighi(arr.Matty Cilissen)

2. 夏の夜/エクトール・ベルリオーズ【29:23】
Les Nuits d’ Ete/Hector Berlioz(arr.Frans Scheepers)
I) Villanelle【2:15】
II) Le Spectre de la Rose【6:04】
III) Sur les Lagunes (lamento)【6:23】
IV) Absence【4:58】
V) Au Cimetiere【5:43】
VI) L’lle Inconnu【3:59】

3. ハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲/ゾルタン・コダーイ(arr.ヤン・コベル)【26:34】
Peacock Variations – Variations on a Hungarian Folksong/Zoltan Kodaly(arr.Jan Cober)

■BPショップで購入する>>>BPショップへGO