「CD」カテゴリーアーカイブ

KOSEIレーベル、春の新作第一弾! オブロー・クラリネットアンサンブル『魔法使いの弟子』4月6日発売

これがクラリネット!? 8本のクラリネットが縦横無尽に奏でる音のMAGIC!

そもそもクラリネット八重奏で「魔法使いの弟子」が演奏できるのだろうか?
 オブローは過去に「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」「ラ・ヴァルス」「パリのアメリカ人」「エル・サロン・メヒコ」などをリサイタルで取り上げてきました。

一人で10人分の音符を吹かないとオーケストラの大曲は演奏できないものです。そんな無謀とも思える身体を張ったプログラミングはオブローの「アンサンブルの可能性の追求」の一つです。

日本ではアンサンブルはまだ発展途上、いろいろな可能性を秘めているとオブローは考えます。タイトな響きを生かしたピアソラや、演出付リサイタルを行うのもそういった理由です。戸田顕・天野正道両氏の作品を含む今回のレコーディングにより、オブローはさらに新しい進化の方向を見つけることでしょう。

出身校も師事した先生も留学先も血液型も違うプレーヤーの個性とクラリネットの魅力がこのCDにちりばめられています。(加藤雅之:オブロー・クラリネットアンサンブル代表)

収録曲】

1. 魔法使いの弟子:デュカス/arr.小栗克裕
2. カプリス(気まぐれ):戸田 顕
3. ドゥ・ダン(二つの舞曲):天野正道 ※委嘱初演
5.天使の死:ピアソラ/arr.加藤雅之
6. フーガと神秘:ピアソラ/arr.加藤雅之
7. リベルタンゴ:ピアソラ/arr.加藤雅之
8. トロルドハウゲンの婚礼の日 抒情小品集:グリーク/arr.オブロー
9. 郷愁 抒情小品集:グリーク/arr.オブロー
10. 小人の行進 抒情小品集:グリーク/arr.オブロー
11. バラの乙女たちの踊り 組曲「ガイーヌ」:ハチャトゥリャン/arr.中村克己
12. 剣の舞 ?組曲「ガイーヌ」:ハチャトゥリャン/arr.中村克己
13. クラネットポルカ:ポーランド民謡/arr.中村克己

『オブローの魔法使いの弟子』・・・曲解説(松本 賢)

1. 魔法使いの弟子:デュカス/arr.小栗克裕

「私は9/8拍子で乳を飲んだ」と嘯(ルビ:うそぶ)いたこの作曲家は比類なき完全主義者で、その70年の生涯においてもたった十数曲しか作品を発表しなかった。この曲も全編を通して9/8拍子が貫かれており、ドイツの文豪ゲーテのシナリオをより効果的に脚色している。師匠が留守の間に見よう見まねで魔法をかけ、解き方が分からず大騒ぎになるストーリーは、後にディズニーのアニメによって、さらに完成度を増すことになるのだが、それも計算ずみなのかもしれない。でも、流石(ルビ:さすが)にこれをクラリネット8本でやるなんて思わなかったですよね、デュカス師匠?!

2. カプリス(気まぐれ):戸田 顕

戸田作品を紐(ルビ:ひも)解くにあたって忘れてはならないのは、彼の原風景ともいえる青森の大自然である。十和田湖や八甲田山に代表される青森の魅力は、厳しい自然環境の中で研ぎ澄まされた生命力の美しさ……そして戸田作品はそれの凝縮形といっても過言ではない。冒頭の吹き荒れる嵐のような音楽が、中間部で一転して、風が止み湖面に映る青空を思わせるような清々しい音楽に変化していくあたりは、まさに青森の大自然そのものといえよう。「寒さの中に隠れている暖かさ」は彼の決めぜりふなのかもしれない。アンサンブル・コンテスト用に委嘱されたという背景を持ちながらもそれだけに留まらず、叙情小品としての趣の深さを持たせたのは、まさか作曲者の気まぐれ=カプリスという訳でもないだろう。

3. ドゥ・ダン (ふたつの舞曲):天野正道

作曲者は世界を悪の手から救う最終兵器「GR=ジャイアントロボ」を手がけた天野氏だ。アニメの中で主人公・草間大作少年が腕時計型リモコンでGRを操るように、彼は音符で僕らを操る……。「行けっ、オブロー、高音ビーム! 後打ちバリアー! 波動クレッシェンド! メガトンスラップ!!」──次々と繰り出される必殺技、目もくらむようなハーモニー……。かくして世界の平和は守られた……。そう、僕らはオブロー愛の戦士。正義の合言葉は「HBR=オブロー」!
「おはよう、HBRの諸君! 今回の指令だが……ダンスを踊りながら悪党どもを撃破せよ。まずゆっくりと腰をくねらせるダンスで敵を幻惑させ、次に昭和レトロなルンバでトドメを刺すのだ!……。なお、この指令による犠牲について当局は一切関知しない」

オブロー・クラリネットアンサンブル

 1975年、日本で初めてのプロのクラリネットアンサンブルとして発足。
 一番小さなE♭クラリネットから、大きなコントラクラリネットまでの6オクターブに及ぶ音域と、幅広いダイナミックレンジを持つクラリネット八重奏の形態を最初に日本に持ち込んだアンサンブルである。毎春、定期的に東京でリサイタルを開いている。 
 メンバーは、指導者としても活躍しているベテランの演奏家のほか、各国に留学し、コンクールでも入賞している実力No.1の若手プレーヤー達で構成されている。
 レパートリーは、クラリネットアンサンブルのオリジナル曲をはじめ、弦楽アンサンブル、オーケストラ作品、スウィングジャズやラテン音楽と、他では類を見ない幅広いレパートリーを持ち、テクニックと音色はもとより、豊かな音楽性に裏付けられた色彩的な演奏に定評がある。オブロー(Hobereaux)とはフランス語で「小さな鷹」。または「田舎紳士」「没落貴族」などとも訳される。

 

CD発売直前!(2005年4月20日)New Sounds In Brass 2005 レコーディング潜入レポート・・・

2005年4月20日のCD発売まであとわずか・・・
実は我々BP編集部、1月に行なわれた「New Sounds In Brass 2005」の収録現場に潜入取材をしておりました!!!!

Mr.ニューサウンズ・・・
指揮の岩井直溥氏

1月某日の午後、溜池山王にある東芝EMIビル内のスタジオへ。まずはロビーにて東京佼成ウィンドオーケストラのマネージャー井出さんにご挨拶。

その後さりげな~くスタジオ内へ。現場はちょうど「Mr.インクレディブル」の収録中。指揮は岩井直溥氏、レコーディングエンジニアは毎度おなじみ小貝俊一氏である。
しかし現場はさすがに凄い緊張感! 演奏ブースとミキシングブースは仕切られているのだが、ミキシングブースにいる関係者も小貝氏の集中を妨げないために皆押し黙って聴いている。演奏者のブース内では岩井氏がヘッドフォンをつけながら指揮を振り、ときおりミキシングブースから小貝氏がマイクを通して岩井氏に「今のところもう一度お願いします」などと指示を出す仕組み。
ちなみにスタジオに入ってすぐに笑顔で挨拶してくれたのは作曲家の建部知弘氏。同じブースでは編曲を担当した星出尚志氏が小貝氏とともに1テイクごとに指示を出している。ソファに座ってしばらく見物していると、真島俊夫氏も入ってきた。

やがてある程度録音が進み、続いてサックスソロの録音開始! 先ほど録り終えたバンドの演奏に合わせてソロを重ね録りするのだ。
すると佼成メンバーが数人休憩もかねて演奏ブースからこちらのブースへ入ってきた。一番最初に入ってきたのは須川展也氏。横にはオリタ・ノボッタ氏の姿も。で、肝心のソロはいったい誰が吹いているのか…? 音を聴いて「田中靖人さんっぽいな~」と思ったらやっぱり田中靖人氏でした。1発目から素晴らしくファンキーなアドリブソロを吹いていたのだが、各方面から「ちょっとおとなしいよね~」「もっと高音域で暴れて欲しいな~」などリクエストが飛び、結局5テイクくらい吹いていた…。アドリブのレコーディングってそういうもんですよね。

その後、取材ということで軽く皆さんの写真を取らせてもらい、邪魔にならないようにさっさと退散。さてさてどんな音源に仕上がったのか!? 乞うご期待!!(田中氏のアドリブは結局どのテイクになったのか? うーん、謎)

【予約商品-4/20発売】
ニュー・サウンズ・イン・ブラス2005/
New Sounds in Brass 2005

【収録曲】

・「ミスター・インクレディブル」のテーマ:
2004年末に公開され、好評を博しているディズニー映画、「Mr.インクレディブル」の音楽です。
スーパーヒーローの活躍を予感させる、スピード感あふれる音楽は吹奏楽にもピッタリ!

・口笛吹いて働こう
ディズニーアニメ「白雪姫」から飛び出した16小節のメロディーを、副題(楽器紹介のための)のとおり、いろんな楽器が演奏します。同じメロディーなのに、イメージの違いが楽しい!あるときは可愛く、 あるときはジャジーなアンサンブルを、最後は全員による合奏をお楽しみください。

・チャタヌーガ・チュー・チュー:
スウィングの父・グレン・ミラー楽団のナンバーを、ニューサウンズの父・岩井直溥氏のアレンジで!

・アメリカン・グラフティXV:
岩井アレンジの真骨頂とも言える「アメグラ」はなんと15シリーズ目。今回はアメリカ映画音楽から、現在もスタンダードとして愛聴されている5曲をお送りします。この5曲すべて、2004年に発表されたアメリカ映画協会の選定した「映画音楽ベスト100」にランクインしているのもうなずけます。

・ジャパニーズ・グラフィティX~時代劇絵巻~:
「ジャパグラ」シリーズ、記念すべき10作目はこれぞ和の心・時代劇のテーマ曲を集めたメドレーです。日本人なら誰でも、どの曲を聴いてもワクワクするはず。星出尚志氏によるアレンジも、ニューサウンズファンにとっては楽しみのひとつです。

・「仁義なき戦い」のテーマ:
有名な映画「仁義なき戦い」のテーマ曲です。
イントロのトランペットのハイトーンが強烈な印象。アドリブやドラムソロを絡めて展開するアレンジです。サックスの須川展也、トランペットのエリック宮城各氏のアドリブの応酬が強力!

・スカイ・ハイ:
もともとは1975年製作の香港・オーストラリア合作映画「スカイ・ハイ」のテーマ曲ですが、その後レスラーの入場曲として使用され、爆発的な人気を誇りました。爽快でカッコイイこのメロディー、2004年には自動車のTV-CFで使用されていたので、印象に残っている人も多いはず。

・ディスコ・パーティーIII:
NSB2003での登場以来、大好評の「ディスコ・パーティー」シリーズ。1970年代の音楽シーンを席巻したディスコ・ミュージックは、21世紀の現在も定番として愛されています。第3弾は金山徹氏のアレンジでお送りします。聴いても吹いても楽しい、ゴキゲンなナンバーです。

・アニメ・メドレー「ハウルの動く城」より:
スタジオジブリ3年ぶりの新作「ハウルの動く城」は、2004年11月の公開以来、年が明けた現在も観客数はとどまるところを知りません。
ジブリ作品といえば、久石譲の音楽が欠かせません。主題歌を織り込んだメドレーは鈴木英史氏のアレンジ。シンフォニックなサウンドをお楽しみください。

・安里屋ユンタ:
沖縄は竹富島の民謡で、叙情的なメロディーが全国的に広く知られています。真島俊夫氏による、混声合唱や沖縄の伝統楽器を加えたアレンジで、南国の空気を感じてください。もちろん、小編成のバンドのみでも効果的なアレンジになっていますので、幅広く演奏して欲しい1曲です。

 

黄金コンビ再び。管楽アンサンブルの原点にして頂点。 東京佼成ウインドオーケストラ新譜「フェスタ」・・・12月11日発売! 指揮:岩城宏之/ソロ・ユーフォニアム:外囿祥一郎

黄金コンビ再び。管楽アンサンブルの原点にして頂点。

「1990年より開始された東京佼成WOによる『ジャパニーズ・バンド・レパートリー』。これまでにも真の意味で《広範囲》に渡る数多くの作品を紹介してきた本シリーズも、今CDで第9集となる。

このディスクで最も作曲年が古いのは、
戦後日本の《前衛》を切り拓いた実験工房時代の武満の曲。
同時代の作品群はその支流にあるとも言えると思うのだが、
今回収録されたそれ以外の楽曲は、
ここ15年以内に書かれたものばかりである。

その中で作曲年が最も古い西村作品(改訂前)が作られたのが、
まさに1990年であるというのは感慨深い。
今回楽曲を提供しているのは、
いずれも吹奏楽以外の世界でも評価の高い6名の作曲家。
そして、今回タクトを取ったのは、
戦後日本の音楽シーンをリードしてきた岩城宏之である。
まさに過去の脈流に根ざした現代日本の音楽が、ここにある」

中橋愛生(ライナーノートより)

【収録曲】

1.フェスタ(2004版)
《改訂版初演・初録音》:北爪道夫

2.祝典序曲「鳥たちへのファンファーレ」
op.90-1《初録音》:吉松 隆

3.ユーフォニアム協奏曲
《本邦初演・初録音》:天野正道
Euph solo:外囿祥一郎

4.スノー・ホワイト
(福島県立磐城高等学校委嘱作品)《初演・初録音》:田村文生

5.室内協奏曲:武満徹

6.巫楽:管楽と打楽器のためのヘテロフォニー《94年度版本邦初演・初録音》西村 朗

この商品に関するお問い合わせ:佼成出版社
http://www.kosei-shuppan.co.jp/music/index.html

【ジャパニーズ・バンド・レパートリー】好評発売中!

深層の祭

■ぐるりよざ

■能面

■火の伝説

■行列幻想

■シグナルズ・フロム・ヘヴン

「トーンプレロマス55」(黛敏郎管楽作品集)
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457688/459144/

飛天の舞/Dance of the Flying God
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0339/

【阪急百貨店吹奏楽団 定期演奏会名演集】朝比奈氏が指揮した「アイーダ」は、今も鮮明に覚えている・・・

 45周年の歴史をほこる職場バンドの雄「阪急百貨店吹奏楽団」何故か、定期演奏会の歴史は浅い。

阪急百貨店ファンの一人として、今まで「おっかけ」をしてきたが、演奏を聴く機会としては「コンクール」「阪急少年音楽隊定期演奏会」「日本産業音楽祭」ぐらいしかなかったので、定期演奏会がスタートするのを大変楽しみにしていた。

なんと言ってもその歴史の中で、第一回定期演奏会に日本音楽会の巨匠である故朝比奈隆氏を客演指揮にお招きしたことが、エポックだろう。

当楽団の指揮者である鈴木竹男氏が「今回から演奏会をやります」と朝比奈氏に報告に行ったところ「私が振ろう」と言われた、との逸話が残っている。

朝比奈氏は京都帝国大学卒業後、阪急電鉄に入社し、かつては電車の運転手をしていた事があることは、ごく一部の人には知られている。「阪急」とは少なからず縁があるのである。

その朝比奈氏が指揮する「アイーダ」には、演奏上多少の傷はあるものの、なんとも言えぬ風格と味わいが感じられる。その一振りで、会場の空気が一瞬にして変った事は鮮明に覚えている。このCDを聴いてぜひ体感していただきたい。

また三人の作曲者に委嘱した「三都市物 語」は阪急百貨店の店舗が立地する、京都・大阪・神戸の街をイメージして作曲されたものである。吹奏楽界で売れっ子の三人が三様の個性を発揮した作品は、新たなレパートリーとして多くの団体にも演奏して欲しいものである。

多くを語るよりも、ぜひ一度「阪急サウンド」を耳にしてほしい。その響きに魅了される事、間違いなしである。

(text:井上 学)


これが阪急サウンドだ!
第1回から昨年の第12回の定期演奏会の中から選りすぐった名演奏の数々!
2枚組CDに凝縮された「阪急百貨店吹奏楽団」の音楽史をお楽しみ下さい。
(収録されていない回もございます)

【阪急百貨店吹奏楽団 定期演奏会名演集】

価格:1組¥4,000(税込・送料別)

【収録曲】

・演奏団体:阪急百貨店吹奏楽団
・指揮者:鈴木竹男 Disc-1(M-1、4~6)
Disc-2(M-2~4、7)
泰 和夫 Disc-1(M-3、7) Disc-2(M-1、5、6)
朝比奈 隆 Disc-1(M-2)

■Disc 1

1. 喜歌劇「美しきガラティア」序曲
/フランツ・フォン・スッペ【7:20】
Die schone Galathee-Ouverture/Franz von Suppe

2. 歌劇「アイーダ」第2幕第2場 凱旋の行進より/ジュゼッペ・ヴェルディ
(arr.木村吉宏)【9:58】
Aida/Giuseppe Verdi(arr.Kimura Yoshihiro)

3. 映画「ザ・ダム・バスターズ」マーチ/エリック・コーツ【4:27】

4. 歌劇「ジョコンダ」より時の踊り/A. ポンキエリ【10:41】
Dance of the Hours from “La Gioconda”/A.Ponchielli

5. ベリーを摘んだらダンスにしよう/間宮芳生【6:34】

6. バレエ音楽「シルヴィア」よりバッカスの行列/レオ・ドリーブ【6:43】
Cortege de Bacchus From the “Ballet Sylvia”/Leo Delibes

7. マンハッタン・シンフォニー/S.ラッセン
Mantattan Symphony/—-
・マンハッタン到着【2:52】
・セントラルパーク【3:38】
・ハーレム【4:55】
・ブロードウェイ~ロックフェラー・ビルディング【8:24】

■Disc-2

1. ゴールデン・ジュビリー/ジョン・フィリップ・スーザ【3:37】
Golden Jubilee/John Philip Sousa

2. 歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲/ジュゼッペ・ヴェルディ【9:26】
Les Vepres Siciliennes/Giuseppe Verdi

3. 童夢/松尾善雄【5:12】

4. 劇音楽「雪姫」より道化師の踊り/ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー【5:22】
Dance of the Jesters from The Snow Maidens/Pyotr Il’yich Tchaikovsky

5. ミニシンフォニー 変ホ長調/原 博【5:52】

6. 悪魔の踊り/ヨーゼフ・ヘルメスベルガーII(arr.亀井光太郎)【5:57】
Danse diabolique/Josef Hellmesberger(arr.Kamei Koutarou)

7. 三都市物語
<京都>平安京幻影/松雄善雄【7:47】
<大阪>船渡御絵巻/杉浦邦弘【7:05】
<神戸>JAZZ UP KOBE/杉本幸一【10:22】

「天野正道 meets SEGA」 レコーディング終了 発売は4月23日

同じアルバムの中に吹奏楽ヴァージョンと
オリジナル・オケ・ヴァージョンを同時収録

 3月30、31日の2日間にわたって「天野正道 meets SEGA」(発売元:ウェーブマスター)のレコーディングが尚美バリオホールで行われた。

 このアルバムは、これまで天野正道氏が参加した「セガ」のゲームおよび映画音楽の中からベスト曲をチョイス、天野氏自身が吹奏楽ヴァージョンとして新アレンジをほどこしたもので、制作発表と同時に、吹奏楽ファンとゲーム・ファンの両方から熱い視線を浴びている注目作だ。

 今回、演奏を担当したのは尚美ウインドオーケストラ。収録された4曲は、いずれも演奏会用のレパートリーとしてはもちろん、コンクール自由曲としても大活躍できるよう、絶妙のアレンジが施されているので、お楽しみに!

 収録された吹奏楽ヴァージョンは、以下の通り。
指揮は1と4が佐藤正人、2と3が天野正道。

1. セイブ・ディス・ワールド
SAVE THIS WORLD (ファンタシースター ユニバースより)

2. 交響組曲「MK2」より/作曲:天野正道
(劇場版 甲虫王者ムシキング スーパーバトルムービー~闇の改造甲虫~より)

3. 「ファンタシースター ユニバース」より3つの断章 (小編成対応)
(ファンタシースター ユニバースより)

4. 「MK」セレクション
(劇場版 甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道 より)
~ロード・トゥー・グレイティスト・チャンピオン~

 なお、このアルバムには、ポーランド国立ワルシャワフィルをはじめ、ハリウッドの超一流アーティストが演奏した上記4曲のオリジナル音源(オーケストラ)も同時収録。吹奏楽とオーケストラ、それぞれの魅力がたっぷりと楽しめるようになっている。発売は4月23日。

 なお、このCDに関しての詳細などは、下記、「天野正道 meets SEGA 制作ブログ」で読むことができる。

天野正道 meets SEGA 制作ブログ http://ameblo.jp/blogams/


■天野正道 meets SEGA
~ベスト&吹奏楽ヴァージョン~【管弦楽、吹奏楽】

メーカー品番:WWCE-31178
価格 2,500円(税込)

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1482/