「CD」カテゴリーアーカイブ

■CD デメイ:交響曲第4番「歌のシンフォニー」(演奏:オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ)発売

2018年11月に行われたオオサカ・シオン・ウインド・オーケストラの第122回定期演奏会を収録したライブCD「デメイ:交響曲第4番<歌のシンフォニー>」がフォンテックより発売された。収録曲はヨハン・デメイの交響曲第4番「歌のシンフォニー」をメインに、全3曲。指揮は飯森範親。詳細などは以下のとおり。

【メーカー・レコメンド】
ドイツに関係する3作品が採り上げられた本プログラム。ドイツ・ロマン派と近現代の作品に加え、ドイツの3詩人が書いた詩を題材にしたヨハン・デメイの新作シンフォニー日本初演が行われました。

ドイツ古典音楽を得意とする飯森範親の指揮により、当時の楽器編成にこだわり忠実な響きを再現したメンデルスゾーン、1992 年に飯森×大阪市音楽団で名演を生んで以来の再演となったヒンデミットはより力強く深く、そしてソプラノ佐藤瞳の透明感あふれる歌声、全曲を暗譜で臨んだ大阪すみよし少年少女合唱団の渾身の児童合唱を加えたデメイのシンフォニーは、会場の聴衆を釘付けにしました。

■デメイ:交響曲第4番「歌のシンフォニー」
演奏:オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ
Sinfonie der Lieder
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4541/

【データ】

・演奏団体:オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ
佐藤 瞳(ソプラノ)
大阪すみよし少年少女合唱団
・指揮者:飯森範親
・収録:2018年11月25日、ザ・シンフォニーホール
・発売元:フォンテック
・発売年:2019年

【収録曲】

1.吹奏楽のための序曲 ハ長調 作品24/メンデルスゾーン
Overture for Wind Music in C major, Op.24/Felix Mendelssohn

2.吹奏楽のための交響曲 変ロ調/ヒンデミット
Symphony in B♭/Paul Hindemith

3.交響曲第4番「歌のシンフォニー」
~独唱、児童合唱とウインド・オーケストラのための/ヨハン・デメイ
Symphony No.4 Sinfonie der Lieder (Symphony of Songs)
for solo voice, children’s choir and wind orchestra/Johan de Meij

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4541/

■サクソフォーン奏者・完戸吉由希のCD「Le Chemin ル・シュマン」が発売

サクソフォーン奏者・完戸吉由希のCD「Le Chemin ル・シュマン」がフォンテックより発売された。収録されているのは、ポール・クレストンの「アルト・サクソフォンとピアノのためのソナタ Op.19」ほか、全8曲。詳細などは以下のとおり。

【メーカー・レコメンド】
サクソフォーン奏者 完戸吉由希(ししど・よしゆき)は、福島県原町市(現南相馬市)出身。昭和音楽大学・同大学院を経て、ヴェルサイユ音楽院にて最高課程を審査員全員一致の最優秀の成績で卒業。留学中の2011年に発生した東日本大震災に際し、いち早くチャリティーコンサートを主宰し、フランスのTVに出演し救済を呼びかけました。同年に帰国後は外山雄三指揮 仙台フィルをはじめ、オーケストラとの協演やソロ・室内楽奏者として、幅広く活躍しています。

共演のピアニスト 酒井有彩(さかい・ありさ)はベルリン芸術大学を最優秀で卒業し、国内外のコンクールで多数入賞。本年は「ラヴェル:ピアノ協奏曲」をリリース、レコード芸術特選盤をはじめ高い評価を受けました。

完戸にとってサクソフォーン人生の転機となった「デザンクロ:プレリュード、カダンスとフィナル」をはじめ、楽器の特性を最大限に生かした珠玉の作品の数々。卓越した技術と表現力に裏打ちされた抒情溢れるその演奏に、サクソフォンの生みの親 アドルフ・サックス(1814-1894)に想いを馳せる一枚の登場です。

■Le Chemin ル・シュマン
演奏:完戸吉由希
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4542/

【データ】
・演奏:完戸吉由希(アルト・サクソフォーン)/ 酒井有彩(ピアノ)
・収録:2018年12月18-19日 稲城市立iプラザホール
・発売元:フォンテック
・発売年:2019年

【収録曲】

1.アルト・サクソフォンとピアノのためのソナタ Op.19/ポール・クレストン

2.アルト・サクソフォンとピアノのための組曲/ポール・ボノー

3.エレジーとロンド/カレル・フーサ

4.プレリュード、カダンスとフィナル/アルフレッド・デザンクロ

5.歌劇「クセルクセス」より オンブラ・マイ・フ/ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル(arr.伊藤康英)

6.サクソフォンとオーケストラのためのラプソディ(ピアノ版)/クロード・ドビュッシー

7.ソナタ Op.11-4/パウル・ヒンデミット

8.アルト・サクソフォンとピアノのためのヴァカンス/ジャン=ミシェル・ダマーズ

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4542/

■東京六人組のCD「シューマン:ピアノ五重奏曲&ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番」が発売

アンサンブル・フループ「東京六人組」の2年ぶりとなるサード・アルバム「シューマン:ピアノ五重奏曲&ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番」がオクタヴィア・レコードより発売された。詳細などは以下のとおり。

【メーカー・レコメンド】
主要オーケストラの首席奏者、ソリストとしても共に精力的に活躍する豪華顔触れで結成された気鋭のアンサンブル「東京六人組」2年ぶりとなるサード・アルバム。

デビュー作「魔法使いの弟子(OVCC-00121)」では近代フランスの色彩を、2ndアルバム「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(OVCC-00140)ではドイツ物を並べ、同世代が意気投合し描く色彩豊かな響きと妙技の数々に6種類の楽器のみによる演奏とは思えない絶妙なアンサンブルを繰り広げ多方面から絶賛を博しています。

そして待望の今作ではシューマンのピアノ五重奏曲、ブラームスのピアノ四重奏曲(共に六重奏編曲版)を披露。 原曲はピアノと弦楽器で奏でられる室内楽の名作を、新たな魅力で聴き手に問う「東京六人組」ならではの意欲作に大注目です。

■シューマン:ピアノ五重奏曲&ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番
演奏:東京六人組
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4537/

【データ】

・演奏:東京六人組
上野由恵(フルート)
荒絵理子(オーボエ)
金子平(クラリネット)
福士マリ子(ファゴット)
福川伸陽(ホルン)
三浦友理枝(ピアノ)
・収録:2019年5月15-17日 埼玉・富士見市民文化会館(キラリふじみ)
・発売元:オクタヴィア・レコード
・発売年:2019年

【収録曲】

  1. ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44
    (ピアノと木管五重奏のための六重奏版)/シューマン(arr.東京六人組)
  2. ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 作品25
    (ピアノと木管五重奏のための六重奏版)/ブラームス(arr.サミュエル・バロン)

【このCDをBPショツプでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4537/

■トランペット奏者、高橋敦のCD「Ode for Trumpet」が発売

東京都交響楽団の首席トランペット奏者・高橋敦のCD「Ode for Trumpet」がオクタヴィ ア・レコードより発売された。収録されているのはフィリップ・スパークの美曲「フラ ワーデール(「ハイランド讃歌」より)」をはじめ、全8曲。

【メーカー・レコメンド】
世界中から注目を浴びるトランペット奏者、高橋敦。 東京都交響楽団の首席トランペッ
ト奏者をはじめ、東京都交響楽団のトップ・プレイヤー5人で結成された金管アンサンブ
ル「東京メトロポリタン・ブラス・クインテット」での活躍も目覚ましい高橋敦の最新ソ
ロ・アルバム。

Ode(=頌歌) for Trumpet と題されたクリストン・レーベル第4弾となる当アルバムは、
「歌」をテーマに、特出した圧倒的な技巧はもちろんのこと、伸びやかにトランペットを
歌わせる、美しいカンター ビレを聴かせ、魅力溢れる1枚となりました。 これまでと同
様、野田清隆との磐石のアンサンブルを繰り広げる世界最高水準の名演、ぜひお楽しみく
ださい。

■Ode for Trumpet
演奏:高橋 敦
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4538/

【データ】
・演奏:高橋 敦(トランペット)/野田 清隆(ピアノ)
・収録:2019年7月8-9日 東京・第一生命ホール
・発売元:オクタヴィア・レコード
・発売年:2019年

【収録曲】

  1. ネクサス – ソロ・トランペットと吹奏楽のための/カーナウ
  2. 歌と踊り – コルネット/スパーク
  3. レイアー・ミューア(「ハイランド讃歌」より)/スパーク
  4. フラワーデール(「ハイランド讃歌」より)/スパーク
  5. 組曲 ヘ長調/ロイド・ウェバー
    Andante comodo
    Allegro vigoroso
    Larghetto e mesto
    Allegro vivace
  6. 歌と踊り – トランペットとピアノのための/ミシェル
  7. 歌曲集より/フォーレ(arr.コネル)
    夢のあとに 作品 7-1
    リディア 作品 4-2
    イスファハンのばら 作品 39-4
    愛の夢 作品 5-2
    秘密 作品 23-3
  8. トランペットのための頌歌/リード

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4538/

■丸山 勉(ホルン)、坂戸真美(オルガン)によるCD「遙かなるエレジー~ホルンとオルガンのためのフランス音楽」が発売

日本フィルハーモニー交響楽団客演首席ホルン奏者・丸山 勉と坂戸真美(オルガン)によるCD「遙かなるエレジー~ホルンとオルガンのためのフランス音楽」がフォンテックより発売された。収録されているのは、ガブリエル・フォーレの「エレジー Op.24」をはじめ、全11曲。詳細などは以下のとおり。

【メーカー・レコメンド】

オルガニスト坂戸真美によるフランス作品集第3弾。今作では日本フィルハーモニー交響楽団客演首席ホルン奏者の丸山 勉との共演です。 エレジー(哀歌)をひとつのテーマとして選曲し、この編成のためのオリジナル曲、編曲作品などを織り交ぜながら、なかなか聴く機会のないこの編成の妙味を充分に感じさせてくれます。

丸山さんが作る自然で伸びやかな響きと、それを受けとめる坂戸さんの誠実なオルガンによるこの1枚から、人間の心の内部の表現、そしてそれを取り巻く豊かな自然とカトリック教会とが一体となったフランスの19-20世紀が聴こえてくる。(野平一郎 ライナーノーツより)

■遙かなるエレジー~ホルンとオルガンのためのフランス音楽
演奏:丸山 勉、坂戸真美
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4543/

【データ】

・演奏: 丸山 勉(ホルン)/坂戸真美(オルガン)
・収録:2018年3月20-22日 青山学院大学 相模原キャンパス ウェスレー・チャペル
・発売元:フォンテック
・発売年:2019年
・ メーカー品番:

【収録曲】

1.アダージョとアンダンテ ~ホルンとオルガンのための/カミーユ・サン=サーンス

2.遥かなる歌/ウジェーヌ・ボザ

3.6つのカノン風小品 Op.56 より第2番・第3番・第4番/ロベルト・シューマン

4.前奏曲、フーガと変奏曲 Op.18/セザール・フランク

5.コラール「たとえ主から離れても再び戻る」/アレクサンドル・ピエール・フランソワ・ボエリー

6.エレジー Op.24/ガブリエル・フォーレ

7.ソワソン大聖堂のカリヨンの主題によるフーガ Op.12/モーリス・デュリュフレ

8.亡き王女のためのパヴァーヌ/モーリス・ラヴェル(arr.坂戸真美)

9.哀歌/アンリエット・ピュイグ=ロジェ

10.エレジー FP168/フランシス・プーランク

11.アヴェ・マリア/ガブリエル・フォーレ

【このCDをBPショツプでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4543/

■上野信一&フォニックス・レフレクションのCD「邦人作曲家・打楽器アンサンブル作品集」が発売

上野信一&フォニックス・レフレクションのCD「邦人作曲家・打楽器アンサンブル作品集」がコジマ録音より発売された。収録されているのは、湯浅譲二の「プロジェクション・トランスソニック 8人の奏者のための」ほか、全5曲。詳細などは以下のとおり。

【メーカー・レコメンド】

日本を代表する作曲家たちの打楽器アンサンブルの名作・大作を、現代音楽の演奏で定評ある上野信一&フォニックス・レフレクションが圧倒的なパワーとハイレベルのテクニックで熱演。

レコード芸術 特選盤
音楽現代 推薦盤
朝日新聞 for your Collection クラシック音楽 推薦盤

【上野信一&フォニックス・レフレクション】
マルチ・パーカッショニスト上野信一が国内外で広く活躍するソリストたちと1988年に結成したパーカッション・グループ。毎年コンサートを行ない、2009年には全曲西村朗作曲作品によるコンサート「西村朗 パーカッションの宇宙」、安倍圭子との共演、2010年には全曲N.J.ジヴコヴィチ作曲によるコンサート「打楽器魂」、2011年にはジヴコヴィチ本人をゲストに迎えたコンサート「打楽器魂2011」を開催。2013年には西村朗のオペラ《バカヴァッド・ギーター》をサントリーホールにて世界初演、2015年にNHKにより再収録され、BSプレミアム「クラシック倶楽部」で放映された。国際打楽器フェスティバル(2014年クロアチア、2015年ルーマニア)での招聘演奏が好評を得る。CD「ウィッシュ」「ケチャ」「ヤントラ・西村朗パーカッションの宇宙」「打楽器魂・N.J.ジヴコヴィチ作品集」がムジカ・ヴィヴァンテより、「フォニックス・マリンバオーケストラ」「フォニックス・マリンバオーケストラII」「アメリカン・コンポーザーズ」がALM Recordsより発売中。マリンバ・ヴィブラフォン等の鍵盤楽器を中心にしたフォーメーション「フォニックス・マリンバオーケストラ」、打楽器によるオーケストラの新しく多彩な領域の創造として高く評価されている。

■邦人作曲家・打楽器アンサンブル作品集
演奏:上野信一&フォニックス・レフレクション

Music for Percussion Ensemble by Japanese Composers
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4546/

【データ】
・演奏団体:上野信一&フォニックス・レフレクション(Shiniti Ueno & PHONIX Reflexion)
悪原至、伊藤すみれ、鐘ヶ江肇、亀尾洸一、木次谷紀子、佐藤直斗、高口かれん、戸口あおい、富田真以子、新野将之、新田初実、曲淵俊介、峯崎圭輔
・指揮者:上野信一
・収録:2019年4月15-18日 五反田文化センター、2019年7月26日 稲城市立iプラザ
・発売元:コジマ録音
・発売年:2019年

【収録曲】

  1. プロジェクション・トランスソニック 8人の奏者のための (2010)/湯浅譲二【8:34】
    Projection Trans-Sonic for eight percussionists
  2. 10スティックス 5人の打楽器奏者のための(2018)/安良岡章夫【15:23】
    10 Sticks for five percussionists
  3. トライクロイズム(2006)/松平頼暁【10:13】
    Trichroism
  4. Sange / 散華 6人の打楽器奏者のための(2016)
    ―平義久師へ捧ぐ追悼曲/岸野末利加【18:47】
    Sange for six percussionists – in the memory of Yoshihisa Taira
  5. 青海波 6人の打楽器のための(2015)/福士則夫【13:32 】
    Seigai-Ha for six percussionists

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4546/

■オーボエ奏者・岡村彩香のソロCD「デビュー」が発売

オーボエ奏者・岡村彩香のソロCD「デビュー」がコジマ録音より発売された。収録曲など詳細は以下のとおり。

【メーカー・レコメンド】

第一回JOAオーボエ・コンクール(名古屋)最高位に輝いた岡村彩香が、オーボエの定番曲から知られざる名曲まで、音楽史百年の時空に羽ばたく。日本のオーボエ演奏史上に特筆されるべき、愛好家必聴のユニークなディスクが誕生した。

【岡村彩香(オーボエ)】
武蔵野音楽大学卒業後、東京藝術大学別科を修了。武蔵野音楽大学在学中に成績優秀者コンサートなどに出演。第1回JOAオーボエコンクール(2018年、名古屋)にてグランプリ、併せて聴衆賞を受賞。これまでにオーボエを池田昭子、関水萌子、青山聖樹、I.ゴリツキ、小畑善昭の各氏に師事。室内楽をK.ベルケシュに師事。

■デビュー
演奏:岡村彩香

Debut【オーボエ CD】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4544/

【データ】
・オーボエ:岡村彩香(Oboe:Okamura Ayaka)
・ピアノ:真室泉法(Piano:Mamuro Miho)
・収録:2019年3月5, 22日 三鷹市芸術文化センター
・発売元:コジマ録音
・発売年:2019年

【収録曲】

  1. オーボエとピアノのための2つの幻想的小品 作品2 (1890)/カール・ニールセン【5:51】
    To Fantasistykker Op.2 for Obo og Klave/Carl Nielsen
    I. ロマンス
    II. ユーモレスク
  2. オーボエとピアノのためのソナタ へ長調 作品13 (1889)/グスタフ・シュレック【17:17】
    Sonate fur Oboe und Klavier F-Dur Op.13/Gustav Schreck
    I. アレグロ
    II. アンダンテ・クヮジ・アレグレット
    III. アレグロ・ディ・モルト
  3. オーボエとピアノのための3つの小品 (1954)/マイケル・ヘッド【12:25】
    Three Pieces for Oboe and Piano/Michael Head
    I. ガヴォット
    II. 悲歌風の踊り
    III. プレスト
  4. オーボエとピアノのためのソナタ ロ短調 作品32 (1933)/ギュンター・ラファエル【20:16】
    Sonate fur Oboe und Klavier h-moll Op.32/Gunter Raphael
    I. モデラート
    II. アレグロ・モルト
    III. アンダンテ・コン・モート
    IV. グラツィオーソ・エ・コモード
  5. サロンの小品 作品228/ヨハン・ヴェンツェル・カリヴォダ(arr.ヤン・ヴァーツラフ・カリヴォダ)【9:50】
    Morceau de Salon Op.228/Johann Wenzel Kalliwoda (arr.Jan Vaclav Kalivoda)

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4544/

■20人のコンクールレパートリーVol.5 「風姿花伝」(演奏:土気シビックウインドオーケストラ)が発売

フォスターミュージックの小編成バンド向けの人気シリーズ、20人のコンクールレパートリーVol.5 「風姿花伝」が発売された。収録されているのは、福島弘和、樽屋雅徳など8名の作曲家たちによる小編成用作品。演奏は土気シビックウインドオーケストラ。指揮は加養浩幸など。詳細などは以下のとおり。

■20人のコンクールレパートリーVol.5 「風姿花伝」
演奏:土気シビックウインドオーケストラ

【データ】
・演奏団体:土気シビックウインドオーケストラ ( Toke Civic Wind Orchestra)
・指揮者:加養浩幸、樽屋雅徳、佐藤博
・収録:
・発売元:フォスターミュージック株式会社
・発売年:2019年

【収録曲】

  1. 風姿花伝 秘すれば花<小編成版>/福島弘和【7:18】
    FUSHIKADEN
  2. 魔女からの招待状/島田尚美【6:38】
    Invitation from the witch
  3. 名もなき英雄たち/朴 守賢【7:28】
    Unknown Heroes/Soo-Hyun Park
  4. 吹奏楽のための狂詩曲 九頭龍大神の伝説による<小編成版>/近藤礼隆【5:33】
    Rhapsody of Japanese Folklore “Kuzuryu”
  5. アンリミテッド/江原大介【7:56】
    Unlimited
  6. 黄昏アモローソ/井澗昌樹【7:36】
    Twilight Amoroso
  7. 組曲第6番「おとぎの国の風景」より/ジュール・マスネ / arr.佐藤 博
    Suite No. 6,“Scenes de feerie”/Jules Massenet
    I.行列 Cortege【4:16】
    IV. バッカナール Bacchanale【3:10】
  8. メグルモノ~ジョン万エンケレセ/樽屋雅徳【6:22】
    MEGURUMONO – John Mung English

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4535/

■パトロンズ・チョイス Vol.8:ジャーニー・スルー・タイム」(演奏:フォーデンズ・バンド)が発売

フォーデンズのバンド活動を支えるパトロンのリクエストでプロデュースされる人気シリーズ「パトロンズ・チョイス」の第8弾で、2014年12月、マンチェスターのウィリアム・ハルムズ・グラマー・スクールでレコーディングされた。

今回のリクエストの主は、カナダ生まれのハリー・トーマス・フォスター。バンドのメンバーからは“トム”の愛称で親しまれる彼は、長年にわたり、ドライバーとして全国各地に出かけるバンドの活動を支えた。

そして、トムの選んだテーマは、バンド創設から現在、そして未来を1つの旅として捉えた“ジャーニー・スルー・タイム(時をたどる旅)”!

アルバム全篇が“ブラスバンド愛”にあふれ、トラディショナルなマーチや序曲、名手のソロなどを交えながら進行する典型的ブリティッシュのコンサート・スタイルで構成される!

リチャード・ポールのソプラノ・コルネットをフィーチャーした『サマータイム』、プリンシパル・コルネットのマーク・ウィルキンスンによる『グローリアス・ヴェンチャーズ』、トロンボーンのジョン・バーバーの『おもいでの夏』、フリューゲルホーンのヘレン・ウィリアムズの『タランテラ』、ユーフォニアムのグリン・ウィリアムズの『ボレロ』など、録音当時のスター・プレイヤーのソロも聴き逃せない!

オリジナルでは、現代の代表的作曲家ピーター・ミーチャンの『脆いオアシス』がなんといってもすばらしい!!

全篇にあふれるウォーム・サウンドとモチベーションの高さも特筆ものだ!

■パトロンズ・チョイス Vol.8:ジャーニー・スルー・タイム
演奏:フォーデンズ・バンド

Patron’s Choice VIII – A Journey Through Time
Foden’s Band
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4492/

【データ】
・演奏:フォーデンズ・バンド (Foden’s Band)
・指揮:マイクル・ファウルズ(Michael Fowles)
・録音:2014年12月6~7日、William Hulme’s Grammer School, Manchester, U.K..
・発売元:ドイエン (Doyen)
・発売年: 2015年

【収録曲】

  1. 勝者の帰還/ウィリアム・リムマー【3:29】
    The Victors Return/William Rimmer
  2. 歌劇「魔弾の射手」序曲/カール・マリア・フォン・ウェーバー(arr. ウィリアム・ハリウェル)【9:18】
    Overture to Der Freischutz/Carl Maria von Weber(arr. William Halliwell)
  3. サマータイム/ジョージ・ガーシュウィン(arr. ハワード・スネル)【3:55】
    Summertime/George Gershwin (arr. Howard Snell)
    ソプラノ・コルネット(Soprano Cornet):リチャード・ポール(Richard Poole)
  4. グローリアス・ヴェンチャーズ/ピーター・グレイアム【2:27】
    Glorious Ventures/Peter Graham
    コルネット(Cornet):マーク・ウィルキンスン(Mark Wilkinson)
  5. おもいでの夏/ミシェル・ルグラン(arr. ダーロル・バリー)【3:53】
    The Summer Knows/Legrand(arr. Darrol Barry)
    トロンボーン(Trombone):ジョン・バーバー(John Barber)
  6. タランテラ/ウィリアム・ハイムズ【2:56】
    Tarantella/William Himes
    フリューゲルホーン(Flugel Horn):ヘレン・ウィリアムズ(Helen Williams)
  7. チャップリン/ジョン・ウィリアムズ(arr. ゴフ・リチャーズ)【3:31】
    Chaplin/John Barry(arr. Goff Richards)
    ヴィブラフォン(Vibraphone):マーク・ランドン(Mark Landon)
  8. ファンファーレ/ジョアキーノ・ロッシーニ(arr. ハワード・スネル)【3:17】
    Fanfare/Gioachino Rossini(arr. Howard Snell)
  9. ボレロ/ジョアキーノ・ロッシーニ(arr. ハワード・スネル)【2:06】
    Bolero/Gioachino Rossini(arr. Howard Snell)
    ユーフォニアム(Euphonium):グリン・ウィリアムズ(Glyn Williams)
  10. カンツォネッタ/ジョアキーノ・ロッシーニ(arr. ハワード・スネル)【4:12】
    Canzonetta/Gioachino Rossini(arr. Howard Snell)
  11. タランテラ/ジョアキーノ・ロッシーニ(arr. ハワード・スネル)【4:56】
    Tarantella/Gioachino Rossini(arr. Howard Snell)
  12. エイトリアム・フェイズ/アンドルー・ベイカー【6:09】
    Atrium Phase/Andrew Baker
  13. 行進または誘惑/マーセル・ヴェングラー(arr. マイクル・ファウルズ)【3:37】
    Marsch Oder der Versuchung/Marcel Wengler(arr. Michael Fowles)
  14. ゴールデン・ホーン/アンディ・スコット【2:27】
    The Golden Horn/Andy Scott
  15. 脆いオアシス/ピーター・ミーチャン【14:53】
    Fragile Oasis/Peter Meechan

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4492/

【フォーデンズ・バンド】
イギリスでトップ・テンに数えられる名門ブラスバンド。1900年、イングランド、チェシャー州サンドバック近郊のエルワース村のバンドとして誕生。その後、地元自動車メーカーのスポンサーシップを得て、「フォーデンズ・モーター・ワークス・バンド」の名で発展。1909年までに、チャンピオンシップ・セクションのステータスを得た。1955年、有名な指揮者ハリー・モーティマーがイングランドの3つの有名ブラスバンド(フェアリー、フォーデンズ、モーリス)のメンバーをそっくりそのまま集めて作った大編成のブラス・オーケストラ“メン・オー・ブラス”に参加。コンサート、放送、レコーディングで脚光を浴びる。スペンサー企業の変遷により、1983年より「フォーデン・OTS・バンド」、1986年より「ブリタニア・ビルディング・ソサエティ・フォーデン・バンド」、直後に「ブリタニア・ビルディング・ソサエティ・バンド」、1997年より「フォーデンズ・クルトワ・バンド」、2004年より「フォーデンズ・リチャードスン・バンド」とバンド名は変わったが、イングランドのトップ・バンドとしての演奏水準とステータスはつねにキープされている。2008年以降、スポンサーを持たず、「フォーデンズ・バンド」の名で活躍を続けている。

■CD「ドイツ・オーストリア吹奏楽オリジナル作品集“ワースワイル・オリジナルズ”」(演奏:オランダ王国海軍バンド)

2018年11月、オランダ、ヒルヴェアスムのオムループ音楽センター第1スタジオでレコーディングされたオランダ王国海軍バンドのアカデミックなコンサート・アルバム!

蘭チャンネル・クラシクスからリリースされた2枚目のCDとなる。

前作「ロシア吹奏楽オリジナル作品集“リムスキーと仲間たち”」(CD-4509)では、リムスキー=コルサコフやストラヴィンスキーら、ロシアのオリジナルにスポットをあて、イギリスの“BBCミュージック・マガジン”やイタリアの“オーディオファイル・マグ・イタリー”から〈ファイブ・スター評価〉を贈られているが、今作でも、ドイツとオーストリアのクラシック作曲家のオリジナル作品を集めた同じコンセプトのプロデュースとなっている。

収録曲は、ウィンドオーケストラの世界でよく知られるヒンデミットの『交響曲変ロ調』やシェーンベルクの『主題と変奏、作品43a』、メンデルスソーンの『夜想曲ハ長調(吹奏楽のための序曲)、作品24』から、ベートーヴェン、ブルックナー、リヒャルト・シュトラウスらのふだん聴く機会の少ないオリジナルにまで足を踏み込んでおり、ツウを唸らせるプログラミングだ!

ベルトルト・ブレヒトの戯曲をもとにした音楽劇「三文オペラ」から8曲をピック・アップして小編成の管楽オーケストラのための組曲としたクルト・ヴァイルの『小さな三文オペラ』もたいへん愉しめる。

アルバム・タイトル“ワースワイル・オリジナルズ”は造語だが、意訳すると、“クルト・ヴァイル級価値のあるオリジナル集”とでも訳せそうだ。

指揮のアルヤン・ティーンは、1968年生まれ。オランダ、ドイツ、スイスなど、ヨーロッパで幅広く活躍するオーケストラ指揮者だ。2017年に“少佐待遇”でオランダ海軍バンドの首席指揮者に迎え入れられた。

■ドイツ・オーストリア吹奏楽オリジナル作品集
“ワースワイル・オリジナルズ”

演奏:オランダ王国海軍バンド
WorthWeill Originals
De marinierskapel der Koninklijke marine
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4532/

【データ】

・演奏:オランダ王国海軍バンド(De marinierskapel der Koninklijke marine)
・指揮:アルヤン・ティーン(majoor Arjan Tien)
・録音:2018年11月27~30日、Muziekcentrum van de Omroep Studio 1、Hilversum、(Netherlands)
・自主制作:チャンネル・クラシクス (Channel Classics)
・発売年:2019年

【収録曲】

  1. “オランダ国歌ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ”による変奏曲
    /リヒャルト・シュトラウス 【5:11】
    Variations on “Wilhelm von Oranien”/Richard Strauss
  2. 行進曲ハ長調(帰営譜第2番)(WoB 20)/ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 【4:20】
    March in C major for military band, WoO 20/Ludwig van Beethoven
  3. 夜想曲ハ長調(吹奏楽のための序曲)、作品24/フェリックス・メンデルスゾーン 【9:22】
    Nocturno in C, Op.24/Felix Mendelssohn Bartholdy
  4. 軍隊行進曲変ホ長調(WAB 116)/アントン・ブルックナー 【3:05】
    Military March in E-flat major, WAB 116/Anton Bruckner
  5. 交響曲 変ロ調/パウル・ヒンデミット 【16:39】
    Symphony in B-flat for concert band/Paul Hindemith
    I) 第1楽章:ほどよい速さで、活力をもって 1. Moderately fast, with vigor 【6:39】
    II)第2楽章:アンダンティーノで優美に 2. Andantino grazioso 【5:15】
    III)第3楽章:フーガ 3. Fugue 【4:45】
  6. 主題と変奏、作品43a/アルノルト・シェーンベルク 【12:20】
    Theme and Variations, Op.43a/Arnold Schoenberg
  7. 小さな三文オペラ/クルト・ヴァイル 【21:33】
    Little Three-Penny-Opera for Symphonic Winds/Kurt Weill
    I)序曲 Overture 【1:51】
    II)マック・ザ・ナイフのバラード Ballad of Mack the Knife【2:02】
    III)代わりに、の歌 Instead-of Song 【2:01】
    IV)快適な生活のバラード  Ballad of the Easy Life 【2:52】
    V)ポリーの歌  Pollys Lied 【2:36】
    VI)タンゴ – バラード  Tango – Ballade 【2:37】
    VII)アーミー・ソング  Army Song 【2:45】
    VIII)三文フィナーレ  Dreigroschen-Finale 【4:49】

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4532/