「BP特選」カテゴリーアーカイブ

■アインシュタイン(作曲:トーマス・ドス)

doss

『シダス』や『セント・フローリアン・コラール』などで知られるオーストリアの人気作曲家トーマス・ドスが、“相対性理論”などで世の中の常識をひっくりかえしたドイツ生まれの理論物理学者アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein, 1879~1955)をテーマに作曲した2017年の作品。

世界初演は、2017年10月、オーストリアの東チロル(オストチロル)地方の中心都市リエンツで、ルカス・ホフマン指揮、ウィンドフィルハーモニー・オストチロルの演奏で行なわれた。

わが国へは、2018年6月、東京・杉並公会堂に作曲者を招き、鈴木孝佳指揮、タッド・ウインドシンフォニーの演奏で紹介された。

曲は、まるで大宇宙に広がるしじまのように神秘的なムードに始まり、次第に盛り上がり、テンポを上げると、激情がほとばしるように活発に音楽は展開する。その後、一旦静まると、“相対性理論”の公式が浮かび上がってきて高まりをみせる。ここで、安らぎを求めるかのようにとてもロマンチックなメロディーが歌われ、その後、ここまで現われたテーマがクロスするように再現され、音楽のクライマックスへと向かっていく。

スコアには、音楽の展開について、つぎにような作曲者のガイドがあり、とても理解しやすい。

There is something behind… (背後には何かがある…)
Speed of light(光の速度)
Annus Mirabills!(驚異の年!)
The Formula(公式)
The Theory(理論)
Lonesome Genius(孤独な天才)
Researching…(研究…)
Conquer the World(世界を制覇)

何よりも、音楽から情景が浮かび上がってくるのが最大の魅力。
天才アインシュタインの人生にフォーカスを当てた、ひじょうにドラマチックな作品だ!

【この楽譜セットをBPショップでチェックする】https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-1725/

■アインシュタイン(作曲:トーマス・ドス)
Einstein/Thomas Doss

・出版社グレード:5
・作曲:トーマス・ドス (Thomas Doss)
・TIME:13分11秒(CD-4412参照)
・出版:ミトローパ(Mitropa)
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜セット)

【楽器編成】

Piccolo
Flute (I、II)
Oboe(I、II<doubl.:English Horn>)
Bassoon(I、II)
Contra Bassoon(opt.)
Eb Clarinet
Bb Clarinet (I<div.>、II、III<div.>)
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Contrabass Clarinet (opt.)
Alto Saxophone(I、II)
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone

Trumpet(I、II、III<div.>)
Horn(I、II、III、IV)
Trombone(I、II、III)
Euphonium <div.>
Tuba(I<div.>)

String Bass

Timpani
Mallet Percussion
(Glockenspiel、Xylophone、Marimba、Vibraphone、Tubular Bells)
Percussion
(Snare Drum、Bass Drum、Crash Cymbals、Suspeded Cymbals、Hi-hat、Tam-tam、Windchimes、Triangle、Temple Blocks、Mark Tree、Cabasa)

【トーマス・ドス】
1966年6月6日、オーストリアのリンツに生まれる。リンツのブルックナー音楽院にトロンボーン、作曲、指揮、ピアノを学ぶ。その後、ウィーンの音楽学校、ザルツブルク、モーツァルテウム音楽院、マーストリヒト音楽院などで、さらに研鑽を積む。その後、アメリカ・ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオで、ジョン・ウィリアムズのスタッフとして活動した。『アトランティス』、『アルピナ・サガ』、『セント・フローリアン・コラール』、『シダス』など、ウィンド・バンドのための多くの作品が人気を集めている。2018年に初来日。

■メトロポリス 1927(作曲:ピーター・グレイアム)

「ハリスンの夢」「地底旅行」「シャイン・アズ・ザ・ライト」など、センセーショナルな作品をつぎつぎと世に送り出しているイギリスの人気作曲家ピーター・グレイアムの2017年超話題作!

100年後の未来都市を描いたフリッツ・ラング監督のSF映画「メトロポリス」(1927年公開)から得たイメージを音楽で表現した作品で、インスパイアーされた映画がサイレント・ムービーなので、曲はもちろんグレイアムの完全なオリジナル。

オリジナルはブラスバンド版で、2015年に行われた「ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2015」においてブラック・ダイク・バンドが自由曲として演奏、優勝を飾った。

吹奏楽版はアメリカ海兵隊バンドの委嘱により作曲者自身によってオーケストレーションされた。日本初演は2017年1月に昭和音楽大学吹奏楽団 第30回定期演奏会において行われた。

・出版社グレード:表示なし(推定グレード6)
・作曲:ピーター・グレイアム(Peter Graham)
・TIME:約15分51秒

【楽譜セット】

■メトロポリス 1927
Metropolis 1927/Peter Graham
作曲:ピーター・グレイアム
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-1432/

【収録CD】
■吹奏楽版は2017.03.15現在なし

■ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2015(ブラスバンド版)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-3778/

【収録DVD】
■ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2015(ブラスバンド版)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/dvd-9669/

【吹奏楽版】

【ブラスバンド版】

■サウスエンド・セレブレーション(作曲:フィリップ・スパーク)

この作品はは、イギリスのサウスエンド・ウィンド・オーケストラの10周年のために書かれた曲で、2013年3月、作曲者の指揮で初演された。明るくウキウキとしたお祝い気分に満ちた作品で、雄大なファンファーレのイントロに導かれ、スピード感あふれる展開は、間違いなくくすべてのスパーク・ファンに喜ばれるでしょう。

Southend Celebration
・グレード:6
・TIME:25分53秒

【楽譜セット】
サウスエンド・セレブレーション
作曲:フィリップ・スパーク
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-1407/

【収録CD】
■交響曲第3番「カラー・シンフォニー」
~フィリップ・スパーク作品集
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4081/

■交響曲第3番「カラー・シンフォニー」(作曲:フィリップ・スパーク)

交響曲第3番「カラー・シンフォニー」は、2014年の作品で、ドイツ北部のブレーメン近郊、グレーマーハーヴェンのシンフォニック・ブラスオルケスター・ヴェーデル(Sinfonischen Blasorchester Wehdel)の委嘱で作曲された。同楽団の指揮者トーマス・ラツェクは、マーチや伝統音楽が中心で旧態依然のままだったドイツの吹奏楽に大変革をもたらした人物として知られ、同地に作曲者を招き、2014年11月22日に行われた初演も、ラツェクの指揮で行われている。

演奏時間30分超のシンフォニーで、全5楽章。各楽章には“ホワイト”“イエロー”“ブルー”“レッド”“グリーン”と5つの色(カラー)が小題として付けられている。

曲は、音や文字から色を感じたり、物の形に味覚を感じたりするという、ごくごく一部の人にみられるシナスタジア(共感覚)と呼ばれる知覚現象の中でも、聞いた音に色がついて聞こえるという“サウンド・カラー共感覚(色聴)”からアイデアを得ている。

音が色を伴って聴こえるとか、音階には特定の色があると主張して創作や演奏活動を行なった音楽家は意外に多く、クラシックの作曲家では、リストやメシアン、スクリャービン、リムスキー=コルサコフなどがシナスタジアの持ち主だったのではないかと言われている。一部の人にみられる絶対音感もまた、共感覚と説明されることがある。

このシンフォニーは、低音木管楽器だけでなく、ハープ、ピアノ、チェロを含め、ウィンドオーケストラに使われるありとあらゆる楽器の可能性をすべて活かして欲しいという委嘱時のリクエストから、音楽を描く豊かな“音のパレット”上のツールとして、管楽器の音色やそれらが織り成すハーモニーが扱われた作品だ。

5つの楽章が違った色彩感覚で書かれた作品だが、唯一、ここで勘違いしてはならないのは、スパークが特定の音色や音程と実際の色とを直接的あるいは厳格な整合性を求めた作品ではないことだろう。

作品は、つぎの5楽章で構成される。

【第1楽章:ホワイト】
オープン・ハーモニーとピュアな各楽器の音色がこの楽章を特徴づける。ホルンがクッキリとした質感の音楽に対置するようにCメジャー(ピアノの白鍵)の内に解決する長いソロを演奏し、やがて全合奏のクライマックスに到達。牧歌的間奏が、静かなエンディングをもたらす雰囲気の高まりへと導く。とても美しく、感動を呼び起こす繊細なタッチの楽章だ。

【第2楽章:イエロー】
高音域の各楽器がフォーカスされ、音色と気分の両方で、明るさと太陽の光の感覚を表現する。旋律的なモチーフは短く、主音と音域を頻繁に変えながら、言い争うように音楽を前進させていく。短旋法の長い旋律が少し現れるが、曲を閉じるため、すぐ太陽の光が戻ってくる。

【第3楽章:ブルー】
木管楽器、打楽器、弦楽器だけで演奏される楽章。ジャズの“ブルース”の意味合いはないが、“ブルー”の単語がしばしば思い起こさせる静寂と荒廃の絶え間ない感覚を想像させる。長いクラリネットのコラールは、弦楽器、ハープ、ピアノに割り当てられることによってエコーが加えられる。静かな展開の中に、さまざまな楽器のソロが浮かび上がる特徴的な楽章だ。

【第4楽章:レッド】
金管楽器と打楽器のための楽章。前楽章同様、かつての「ダンス・ムーブメント」と同じ発想だ。金管のためのほとんどの書法がもつ積極性と楽観性を表す“色”として“レッド”が提示される。さまざまな金管ファミリーが個別にフィーチャーされ、エネルギッシュなフーガ風のパッセージと鳴り響くファンファーレによって1つにまとめられる。リズミカルなパーカッションにのって、金管が自在にその存在感を示す力感のある楽章だ。

【第5楽章:グリーン】
終楽章では、“緑豊かで、肥沃さをもち、活気に満ちた”という意味をもつ“自然”から導かれた用語“グリーン”が扱われる。ここまでの楽章とは異なり、多種多彩な組み合わせでウィンドオーケストラに使われる楽器の音色を混ぜ合わせることで、むしろ原色より豊かに構築されていく。ドライブ感とエネルギーに満ち、この楽章は、性格的にまるでダンスのようで、活気づく木管楽器と高らかに鳴り響く金管楽器のファンファーレによって、勝利するように幕を閉じる。

作品の中から“色”が見えてきたら、あなたは共感覚の持ち主かも知れない。そうでなかったとしても、音楽的にワン・ランク上をいくすばらしい作品!

・グレード:6
・TIME:25分53秒

【楽譜セット】
■交響曲第3番「カラー・シンフォニー」
作曲:フィリップ・スパーク
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-1408/

【フルスコア】
■交響曲第3番「カラー・シンフォニー」
作曲:フィリップ・スパーク
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/sc-5442/

【収録CD】
■交響曲第3番「カラー・シンフォニー」
~フィリップ・スパーク作品集
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4081/

 

■交響曲第1番「アークエンジェルズ」作品50(作曲:フランコ・チェザリーニ)

「ビザンティンのモザイク画」や「アルプスの詩」で知られるチェザリーニ初のシンフォニー!

作品は、演奏時間30分超えで、独立した4つの楽章で構成。各楽章には、曲名にしたがって題材とする有名なアークエンジェル(大天使)たちの名が小題としてつけられ、曲中、6曲のグレゴリオ聖歌の旋律がとりこまれている。

各楽章は、概ね、次のような音楽だ。

【第1楽章:ガブリエル~神の意志を伝える天使】
ガブリエルは、聖母マリアにキリストの誕生を知らせた優しい天使。反面、反逆する天使たちへ攻撃を開始する際は、激しい戦士となる。導入部はマエストーゾ。ティンパニとバンドの重厚な響きが交錯するように始まり、アレグロ・ブリランテの主部に入る。二面性を合わせ持つガブリエルの気性の激しい性格を表す第1主題、それとは対照的に穏やかでのどかな性格を表す第2主題が、入れ替わり立ち代わり現れて見事なコントラストを構築しながら、力強くエキサイティングなエンディングへと向かっていく。

【第2楽章:ラファエル~魂をみちびく天使】
レント・エ・デヴォーテの穏やかな楽章。“癒しを司る天使”として知られるラファエルは、広く心と身体と魂を癒してくれる天使であり、死後の世界に魂を導くことなど、様々な役割も担う。楽章全体にその性格が反映され、まず木管やホルン、ハープが美しく敬虔な雰囲気の音楽を展開し、途中、厳粛な高まりをみせた後、元の空気感を取戻し、美しく楽章をとじる。

【第3楽章:ミカエル~神の御前のプリンス】
“神の御前のプリンス”とも呼ばれるミカエルは、天の軍団を統率し、幾多の白熱する武勇伝を残している。神に反逆を企てたサタン(悪魔)の一群に勝利したことで知られるミカエルの好戦的キャラクターを表した楽章で、緊迫感を伴うぺザンテの重厚な導入の後、アレグロ・コン・フォーコのパワフルでエネルギッシュな主部に入る。途中、しばしレントでロマンチックな展開をきかせるが、やがて、元のエネルギッシュな雰囲気が立ち戻り、ドラマチックにこの楽章をとじる。

【第4楽章:ウリエル~時をつかさどる天使】
ウリエルは、天空の光を統治し、時間を司る守護天使。しかし、1545年にイタリアで行われたカトリックのトリエント公会議で、彼のことが言及されている唯一の正典であった“第四エズラ書”が排除された結果、現在のカトリック教会において正式な天使の中には含まれていない。終楽章は、その“忘れられた大天使”ウリエルに捧げられている。レントで始まるこの楽章は、ゆったりとした時の流れを感じさせる音楽で、同一テーマが様々なパートに受け継がれながら展開し、次第にマエストーゾの荘厳華麗なクライマックスへと登りつめていく。

【楽譜セット】
■交響曲第1番「アークエンジェルズ」作品50
作曲:フランコ・チェザリーニ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-1404/

【フルスコア】
■交響曲第1番「アークエンジェルズ」作品50
作曲:フランコ・チェザリーニ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/sc-5440/

【関連記事】
■2016年6月1日0(金)、タッド・ウインドシンフォニー「第23回定期演奏会」… ヨーロッパで話題騒然のチェザリーニ『交響曲第1番“アークエンジェルズ”』日本初演で、作曲者も初来日!

ネバーランドの冒険物語(作曲:清水大輔)

清水大輔の新作「ネバーランドの冒険物語」がブレーン・ミュージックより発売された。この作品は2015年に香港で行われた「吹奏楽ディレクターズバンド」の委嘱として作曲された。演奏時間6分30秒。出版社グレード:3 演奏は30人程度から可能。

【この楽譜をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-1244/

セカンド・トゥー・ナン(作曲:フィリップ・スパーク)

イギリス陸軍のすべてのミリタリー・バンドを統括するする新たな組織として1994年に発足した“ブリティッシュ・コー・オブ・アーミー・ミュージック(CAMUS)”の20周年記念委嘱作として作曲された作品で、曲名は、CAMUSのモットーであるラテン語の“Nulli Secundus(何ものにも劣らず)”を英訳したものだ。

格調高く、堂々と響く作品で、華やかなファンファーレの後、CAMUS公式マーチとなっているグレッグ・マシン作曲の“コー・オブ・アーミー・ミュージック・スロー・マーチ”とイアン・ミッチェル作曲の“ミュージック・メーカーズ”の2曲のテーマをとり入れながら、祝賀ムードを盛り上げていく!

とにかくカッコいい!!

超難易度の曲ではないが、サウンドの華麗さとグランドマーチ風の進行は、間違いなく新たなスパーク・ファンを生み出すことになるだろう!!

■Second to None

・出版社グレード:5
・作曲:フィリップ・スパーク(Philip Sparke)
・TIME:6分10秒
・出版:アングロ(Anglo)
・分類:販売譜(スコア&パート譜セット)

【この曲の詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-0597/

【収録CD】
フィリップ・スパーク~セカンド・トゥー・ナン
演奏:名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-3367/

リフレクションズ(作曲:フィリップ・スパーク)

日本のトップ・プレイヤー達たち(吉川武典、桑田 晃、岸良開城、門脇賀智志)によって1999年に結成されたトロンボーン・クァルテット・ジパングの委嘱で作られた、スパークにとっては「トウキョウ・トリプティク」に続く2作めの作品。

4人の奏者が等しく重要な役割を受け持ち、会話を交わすように曲は進んでゆく。

作曲者の言葉によると「我々が人生を振り返るときに頭をよぎる、幸せだったこと・悲しかったこと、懐かしい人のこと、若い日の挫折、いたいけな幼少時代のことなど、そういった思い出を描き出すことがテーマとなっている」

■Reflections

・作曲:フィリップ・スパーク(Philip Sparke)
・TIME:6分24秒(CD-2176参照)
・出版:アングロ・ミュージック(Anglo Music)
・分類:販売譜]
・トロンボーン4重奏-アンサンブル譜

【この曲の詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/en-81243/

【収録CD】
EXPO in ZIPANG
トロンボーン・クァルテット・ジパング
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-2176/

 

シークレット・オブ・ザ・ヒルズ(丘陵地方の秘話)(作曲:アンドレ・ウィニアン)

2010年、スペインのバレンシア州トレビアハで開催された第8回ウィンド・バンド作曲コンクールで、4大陸34カ国からノミネートされた90作品中、第1位に輝いた。

18世紀中頃のベルギー、エノーの丘陵地方に住む少年が、この地方の知られざる事象や秘話を書物として著していた神父の大仕事を助けるため、実際に魅惑に満ちた神秘の森に冒険に出かけ、不思議な生き物に出会ったり、神秘的な体験をするという、ベルギーの伝承話に触発された作品で、全篇変化に富み、まるでクラシックのフランス音楽を聴くような趣きがある。じっくりと腰を据えて聴いていたい作品だ。

■The Secret of the Hills

・グレード:5
・作曲:アンドレ・ウィニアン(Andre Waugnein)
・TIME:15分12秒
・出版:スケルツァンド(Scherzando)
・分類:販売譜(スコア+パート譜セット)

【この曲の詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-0988/

【収録CD】
■アンドレ・ウィニアン:シークレット・オブ・ザ・ヒルズ
ヤン・ヴァンデルロースト:クレセント・ムーン
ベルギー吹奏楽傑作選~
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-2672/

フラッシング・ウィンズ(作曲:ヤン・ヴァンデルロースト)

1988年、ベルギーのアーレキーノ青少年バンドの委嘱により作曲された。
“きらめくウィンズ(管楽)””というタイトルどおり、リズミカルかつエネルギッシュなこの作品は、コンサートのオープニングなどにピッタリ。若いジェネレーションに圧倒的な人気を得ている。

■Flashing Winds

・グレード:5
・作曲:ヤン・ヴァンデルロースト(Jan Van der Roost)
・TIME:4分07秒(CD-0073参照)
・出版:デ・ハスケ(de haske)
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜 セット)

【この曲の詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-8161/

【収録CD】
■ヤン・ヴァンデルロースト作品集Vol.1

http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-0073/

■エッセンシャル・コレクション
~ヤン・ヴァンデルロースト作品集【CD8枚組】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-0948/

【ヤン・ヴァンデルローストの作品集CD、楽譜セット】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000468/