「Book」カテゴリーアーカイブ

■コーリー、コーリー、ハレルヤ! “コーリー・バンド125年史”

ウェールズの名門ブラスバンド“コーリー”の125年をまとめあげた大変な労作!!

著者のロバート・チャイルズは、ウェールズが生んだ世界的なユーフォニアム奏者として著名な存在だが、指揮者としても知られ、2000~12年の間は、コーリー・バンドの音楽監督として、バンドをさらなる成功のステージへと導いた。

およそ200ページに及ぶコンテンツは、単なる歴史的リサーチにとどまらず、カラー印刷された約150点近い写真、レコードやCDのリスト、メンバー・リストなど、これ1冊で“コーリー”のすべてがわかる構成となっている。

話に聞く、スパークの「ドラゴンの年」の模様や初演時プログラムの表紙の写真も、もちろんコンテンツに含まれる。

全篇が“コーリー愛”、そして“ブラスバンド愛”に包まれている点が何よりもすばらしい!

【コーリー・バンド】
1884年、南ウェールズ屈指の炭鉱地帯として知られるロンザ・ヴァレー(Rhondda Valley)で結成されたウェールズの代表的ブラスバンド。当初はトン・テンペランス・バンドの名前で活動したが、1895年、演奏を聴いた同地の鉱工業の盟主、コーリー・ブラザーズ社の社長サー・クリフォード・コーリーからのスポンサードの申し出を受け、コーリー・ワークメンズ・バンドに改称。1920年には“チャンピオンシップ”セクションのステータスを得た。その後、炭鉱との関係が薄くなり、コーリー・バンドの名前で活動。1998年以降、スポンサー変更などにより、ジャスト・レンタルズ・コーリー・バンド~バイ・アズ・ユー・ヴュー・コーリー・バンド~バイ・アズ・ユー・ヴュー・バンドと改名を繰り返したが、2007年にバンド名に“コーリー”の名前を取り戻した。各選手権においても輝かしい成績を誇るが、近年においても、2000年に音楽監督に就任した世界的ユーフォニアム奏者ロバート・チャイルズ(Dr. Robert B. Childs)の指揮のもと、2000年、2002年、2007、2009年の全英オープン優勝、2000年の全英選手権優勝、2008-2010年のヨーロピアン選手権3年連続優勝、2009年のオランダ・ケルクラーデの第16回世界音楽コンクール優勝と、実力者ぶりをいかんなく発揮している。有名なフィリップ・スパークの『ドラゴンの年』は、コーリー・バンド結成100周年記念委嘱作だった。2012年5月、フィリップ・ハーパーが新音楽監督に就任した。

■コーリー、コーリー、ハレルヤ!
“コーリー・バンド125年史”

Cory, Cory, Hallelujah!
The History of Cory Band 125 Years –
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/bk-4209/

【データ】

・著者:ロバート・チャイルズ(Dr. Robert Childs)
・発売元:プリマ・ヴィスタ (Prima Vista)
・発売年:2010年
・メーカー品番:

【収録内容】

《目次》

  1. すべてが始まったのは(創世記)
    How It All Began (The formative Years)
  2. トン・テンペランス・バンド
    Ton Temperance Band
  3. トロットマン一家 – 才あるバンドのバックボーン
    The Trotman Family – The Talented Backborne of the Band
  4. ウォルター・ハーグリーヴス – “小さなプロフェッサー”
    Walter Hargreaves – The“Wee Professor”
  5. コーリージュニアバンド
    Cory Junior Band
  6. 音楽の方向性の“メイジャー”な変化
    “Major” Changes in Musical Direction
  7. コーリーがアメリカを征服
    Cory Conquer America
  8. デンジル・スティーブンスの高空を飛ぶヨーロピアンの成功
    Denzil Stephens’ High Flying European Success
  9. 栄光のハットトリックのわくわくドキドキ
    The Thrills And Spills of The Glorious Hat-Trick
  10. 悲惨なバンドルームの火災と悲観的な1990年代
    The Disastrous Bandroom Fire and the Gloomy 1990’s
  11. スポンサーシップ – 金の問題なのか、成功へのセーフガードなのか!
    Sponsorship – Money Matters! or Sponsorship Safeguards Success
  12. チャイルズ・プレイ!
    Childs Play!
  13. 2009年………それはその年のことだった、それは!
    2009 ……… That Was The Year, That Was!
  14. スーパーソリストの輝く配列
    A Grittering Array of Super Soloists
  15. 音楽が愛の糧になるなら….コーリーは、バンドをやる‘家族’だ
    If Music Be the Food of Love….Cory – The Banding‘Family’
  16. これまで広がる地平線
    Ever Expanding Horizons

Coda. 伝えるべき驚くべき物語!!
A Remarkable Tale to Tell!!

【この本をBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/bk-4209/

【Book】トランペット練習の手引き 名エチュードに学ぶ合理的な練習法

上達のための「合理的な練習法」を動画付きで紹介するトランペットの教則本がブレーンより発売された。譜例の参考動画をyoutubeで確認できるので、良い演奏イメージを持ちながら練習が可能。

著者は元・東京フィルハーモニー交響楽団首席トランペット奏者の飯塚一郎。価格は1400円(税抜)詳細などは以下のとおり。

【この教則本をBPショップでチェックする
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/bk-4208/

<基礎編>
音が出る仕組み
楽器の持ち方・姿勢
アンブシュア
呼吸
腹式呼吸
音出し
タンギング
基礎練習

基礎練習1 ★ 音を出してみよう
安定したアンブシュアで音を出してみよう
音域を広げる練習
発音練習

基礎練習2 ★ ロングトーン
ロングトーン練習(1)
ロングトーン練習(2)

基礎練習3 ★ タンギング
安定したタンギングを身に付ける練習
タンギング応用練習
タンギング・スピードアップ練習
スタッカートの練習
レガートタンギング練習
〈トリプル/ダブルタンギング〉とは
トリプル/ダブルタンギング練習

基礎練習4 ★ リップスラー
リップスラー練習
代え指でリップスラーの感覚をつかむ練習法
音の間隔イメージをつかむリップスラー練習法
リップスラーを完成させる練習

<アーバン 入門編>
基本づくり練習
発音・音の形づくり(1)
発音・音の形づくり(2)
タンギング練習
発音・音の形づくり(3)

□スタイル練習
シンコペーション
□リズム練習
のリズム
のリズム
6/8のリズム
のリズム

<レベルアップ編>
技術向上のための個人練習
タンギング・レベルアップ練習 [P39]譜例34
リップスラー・レベルアップ練習 [P39]譜例35
アルペジオ・跳躍練習 [P40]譜例36譜例37

□ウォームアップ
1.マウスピースでバズィング [P44]譜例38
2.ロングトーン [P44]譜例39
3.リップスラー [P44]譜例40譜例41
4.タンギング [P44]譜例42
5.スラー [P44]譜例43

巻末譜例
運指表
参考資料リスト

■飯塚一郎(いいづか・いちろう)

国立音楽大学卒業。元・東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者、紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー。 文化庁在外派遣研修員としてウィーン国立音楽大学に留学。オーケストラ活動の他、東 京ブラスアンサンブル・東京ファインブラスクインテット・トランペット5・東京トラ ンペットコアー代表などでアンサンブル活動も行う。東京ブラスアンサンブル・トラン ペット5ではアメリカにおけるITG(インターナショナルトランペットギルド)に招待 演奏で参加。東京トランペットコアーでは、ウィーントランペットコアーとの共演を実 現した。東京フィルはじめ各地のオーケストラ、吹奏楽団とソリストとして協演するほ か、ソロ・アンサンブルで各種メディア等にも出演。日本音楽コンクールトランペット 部門・日本管打楽器コンクールトランペット部門・全日本吹奏楽コンクール・全日本ア ンサンブルコンテスト・全日本マーチングコンテストなどの審査を全国大会・各地区大 会で行う。楽器講習会・アンサンブル講習会・吹奏楽指導なども精力的に行なっている。 東京音楽大学、大阪音楽大学の各非常勤講師を務めた。

トランペットを山本武雄、北村源三、故アドルフ・ホラー教授の各氏に師事。 2007年4月より相愛大学音楽学部教授。

■吹奏楽指導者、秋山紀夫さんの吹奏楽交流録「吹奏楽の泉 ~1963アメリカより~」が発売

吹奏楽指導者、秋山紀夫さんが吹奏楽の指導の方法を学ぶために、1963年に単身アメリカ~ヨーロッパに旅し、留学した青春記と海外での吹奏楽会議、作曲家指導者との交流をまとめた本「吹奏楽の泉 ~1963アメリカより~」がミュージックエイトから発売される。

「木蔭の散歩道」で有名なゴールドマンバンドとの交流や、イーストマン音楽学校こと、アルフレッド・リードやフレデリック・フェネルを日本に紹介したエピソードなど、秋山さんにしか語れない話が満載の1冊だ。

詳細などは以下のとおり。

■吹奏楽の泉 ~1963アメリカより~
著者:秋山紀夫

【目次】

青春の記録 1963年 アメリカでの吹奏楽生活
アメリカ訪問レポート
ヨーロッパ冬の旅 1964年~
対談
ポール・ヨーダー氏に聞く
フランシス・マクベス氏に聞く
ジョン・ペインター氏に聞く
アル・ライト氏に聞く
ジェームス・スウェアリンジェン氏に聞く
カレル・フサ氏に聞く
ドナルド・ハンスバーガー氏に聞く
カール・キング物語
ソニー吹奏楽団と私
ミッドウエスト写真館
アルフレッド・リードとフレデリック・フェネル写真館
写真で綴る交友録

【この本をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4207/

 

■「エリック・ミヤシロがガイドする管楽器奏者のための楽器スーパー上達術」が発売

バンドジャーナル誌に2011年から現在も連載中の人気コーナー「エリック宮城さんに聞く楽器の悩みなんでも相談室」を元にまとめたトランペット上達本が音楽之友社より発売された。

吹奏楽を学び楽しむ学生から、大人の趣味にまで対応する本格的な楽器テクニック本。エリック氏が40年のキャリアから学んだことを惜しげもなく読者のために伝授してくれている。

【目次】
A. 基礎テクニック~スタート編
B. 基礎テクニック~タンギング&スケール編
C. 基礎テクニック~リップスラー編
D. 基礎テクニック~ダイナミックレンジ編
E. 上級テクニック編
F. 応用テクニック編
G. 音楽表現テクニック編
H. メンタル&スタミナ編
I. 楽器編
J. 音楽スタイル編

【この本をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4205/

■日本楽譜出版社より行進曲「東洋と西洋」(作曲:カミーユ・サン=サーンス)のポケットスコアが発売


日本楽譜出版社より行進曲「東洋と西洋」(作曲:カミーユ・サン=サーンス)のポケットスコアが発売された。

1867年に開催されたパリの万国博覧会で東洋の美術や工芸が紹介され、ドビュッシーなど多くの作曲家に影響を与えるなか、東洋を取り上げたオリエンタル展覧会のガラ・ナイトのための作品を1869年に委嘱されたサン=サーンスが書き上げたのがこの〈東洋と西洋〉です。

題名のとおり東洋の異国情緒を感じさせる同作は、1878年にパリで3回目に開かれた万国博覧会の表彰式でも演奏されました。今回、出版された楽譜は、サン=サーンスが当時のフランスの吹奏楽編成にあわせて作曲したオリジナル版です。

【このポケットスコアをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/msc-6050/

【その他のポケットスコア】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000001989/

■日本楽譜出版社より「ムーアサイド組曲」(作曲:グスタフ・ホルスト)のポケットスコアが発売

日本楽譜出版社より「ムーアサイド組曲」(作曲:グスタフ・ホルスト)のポケットスコアが発売された。

この作品は、吹奏楽のための「第1組曲」などで知られるホルストがブラス・バンドのために作曲した唯一の作品で、1927年にBBC(英国放送協会)とナショナル・ブラスバンド・フェスティヴァル委員会の委嘱により作曲されました。

ブラスバンドの音色の暖かみを好んでいたというホルストらしく、彼の書いた他の吹奏楽作品とはまた違った音楽が綴られています。伊藤康英による解説もあり。

【このポケットスコアをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/msc-6051/

【その他のポケットスコア】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000001989/

 

人気シリーズ「吹奏楽部員のためのココロとカラダの相談室~コンクール・本番編~」が発売

吹奏楽マガジン バンドパワー

 学研の人気シリーズ「吹奏楽部員のためのココロとカラダの相談室」の最新刊となる<コンクール・本番編>が発売された。

 本書では、コンクールや本番で困ったときの対処法などを、アレクサンダー・テクニーク講師のバジル先生がていねいに解説。音を楽しむココロとカラダの護り方を教えてくれます。

 部活体験講座や著名人との対談も掲載! 来るコンクールに向けて、ぜひ、みんさんの部室にも1冊、置いておきましょう。

■吹奏楽部員のためのココロとカラダの相談室~コンクール・本番編~
今すぐできる・よくわかる
著者:アレクサンダー・テクニーク

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4192/

【関連本】

■吹奏楽部員のためのココロとカラダの相談室
メンタルガイド編
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4176/

■吹奏楽部員のためのココロとカラダの相談室
楽器演奏編
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4175/

■その他の音楽関連本
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000143/

吹奏楽部を舞台に書かれた人気小説「楽隊のうさぎ」のイメージ・アルバム&サウンドトラックが発売

 2013年に映画化もされた、吹奏楽部を舞台に書かれた人気小説「楽隊のうさぎ」のイメージ・アルバム&サウンドトラックが発売される。

 収録されているのは、作者の中沢けい氏が「楽隊のうさぎ」を執筆中に聴いていたという「シバの女王ベルキス」やハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲のほか、映画のサウンドトラックを完全網羅。また、映画版で演奏された序曲《Flowering TREE》のスコア&パート譜なども収録。 ファンにはたまらないコレクターズ・アイテムとなっている。

【このCDの詳細をBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3232/

■楽隊のうさぎ
著:中沢けい【文庫】

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4007/

吹奏楽マガジン バンドパワー

大ヒット作の続編「吹奏楽部あるある2」が再び大人気!

 昨年4月に発売されて日本中の吹奏楽ファンの笑いと涙を誘った「吹奏楽部あるある」の続編が、今年も白夜書房より発売され、人気を集めている。前作よりパワーアップ&ボリュームアップした「あるある」ネタ。吹奏楽経験者も、未経験者も楽しめる「あるある」ネタを大量収録。部活の休憩時間のネタとして・・・一般バンド練習後の宴会のお供に・・・ぜひ、ご活用ください。

■吹奏楽部あるある2
吹奏楽部あるある勉強会(代表 カズアキ部長)・著
ミキマキ・漫画

945円(税込)

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4170/

吹奏楽を舞台(?)にした連載マンガ「SOUL CATCHER(S)」が週刊少年ジャンプでスタート!

週刊少年ジャンプ24号(集英社 5月13日)から吹奏楽を舞台にした連載マンガ「SOUL CATCHER(S)」がはじまり、吹奏楽部員たちの間で話題になっている。主人公は人の心が見えてしまう少年・神峰(かみね)と、天才サックス奏者の刻阪(ときさか)。作者は「LIGHT WING」の奇才・神海英雄。さっそくチェックしてみなきゃ!

■SOUL CATCHER(S)
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

http://www.shonenjump.com/j/rensai/soul/