「演奏会」カテゴリーアーカイブ

カフェにお茶しに行くような感覚でクラシックを楽しもう!「下丸子クラシック・カフェ」Vol.2 出演:須川展也(7/23)

 

 このコンサートは平日午後の昼下がり、誰にも遠慮せず、気軽に近所のカフェにでも出 かけるように、生の音楽を楽しんでみたいというお客様の声から生まれたコンサートです。
異色の天才ピアニスト・山田武彦と、自身がピアノも習っているコンサート進行の才女・ 頼近美津子の楽しいおしゃべりで、全4回にわたってお楽しみいただくシリーズです。 マスターの人柄に惚れた“旬”のゲストが来店し、楽しくも熱いセッションが繰り広げ られます。
第2回目となる7月23日(月)のお客様は、世界的なサクソフォーン奏者・須川展也氏。友達をさそって、ぜひ、出かけてみてはいかが?

■下丸子クラシック・カフェ Vol.2 文月“クール・サマー”

【日時】2007年7月23日(月)14:00開演
【お客様】須川展也(サクソフォーン)
【会場】大田区民プラザ大ホール(東急多摩川線「下丸子駅前」)
【出演】カフェマスター:山田武彦(ピアノ)
常連マダム:頼近美津子(ご案内)
【曲目(予定)】クライスラー:愛の喜び、フランク:ヴァイオリン・ソナタより第1・2楽章 他
【入場料】全席指定 2,500円(お土産付き)
【主催】財団法人大田区文化振興協会 協賛:無添加焼菓子レリーサ
【制作】テレビマンユニオン

【問い合わせ】大田区民プラザ 03-3750-1611

■須川展也(Nobuya Sugawa)
東京芸術大学卒業。2つのサクソフォンコンクールにて首位を獲得しデビュー。1994年村松賞、出光音楽賞受賞。98年JTのCMに出演し人気を得る。年間公演数は約100公演。これまでに25枚超のCDをリリース。02年NHK連続テレビ小説『さくら』のテーマ曲を演奏。 国内だけでなく海外のオーケストラとの共演も多い。東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスターを務める。サクソフォン四重奏団トルヴェール・クヮルテットのメンバー。

http://www.sugawasax.com/

侍BRASS「2007・夏の陣」(8/11)東京オペラシティ/宮川泰の名作《宇宙戦艦ヤマト》を宮川彬良が侍BRASSのためにスペシャル・アレンジ!

 昨年(2006年)、吹奏楽&金管アンサンブルの世界で大きな話題となった「侍BRASS」のデビューから約1年。待望のセカンド・アルバム『二天一流』をひっさげて、ブラス侍たちが再び、東京オペラシティのステージに帰ってくる!

 今年も他のグループがどうあがいたって絶対に真似のできない彼らならではのオリジナル楽曲ステージをはじめ、ホルストの「惑星」など世界の名曲を独自のアレンジで聴かせるステージなど、盛りだくさんの内容が用意されているという。しかも今回は、侍BRASS総帥・津堅直弘をソロに迎えての協奏曲《孤高之虎》もあるというのだからたまらない。

 と、ここまで書いてきたところで、またまたいきなりの大ニュース(7/5現在)。なんと、あの宮川泰の名作「宇宙戦艦ヤマト」を、息子の宮川彬良が侍BRASSのためにスペシャル・アレンジをほどこし、当日のステージで披露するんだとか! いやはや、侍BRASS、恐るべし。吹奏楽ファンでなくても、これは聴き逃せないぜ!

 ちなみに、昨年は早々とチケットが売り切れてしまったので、絶対に聴きたい人は、速攻でチケットをゲットしたほうが無難かもよ。

演奏会詳細はこちらhttp://www.operacity.jp/concert/2007/070811.php

【日時】2007年8月11日(土)16:00開演
【会場】東京オペラシティ コンサートホール
【出演】 
トランペット:エリック・ミヤシロ/辻本憲一/三澤 慶/山本英司
ホルン:森博文
トロンボーン:中川英二郎/倉田 寛
ユーフォニアム:齋藤 充
テューバ:次田心平
パーカッション:齋藤たかし

【ゲスト】 
トランペット:津堅直弘

【プログラム】

■第1部 オリジナル特集

武士道(作曲:中川英二郎)
葉隠(作曲:中川英二郎)
文明開化の鐘(作曲:高橋宏樹)
東京闊歩 ~ Tokyo walkin’(作曲:三澤慶)
花の狂乱(作曲:三澤慶)
孤高之虎(作曲:三澤慶)*独奏:津堅直弘
二天一流(作曲:中川英二郎)

■第2部 名曲特集

王宮の花火の音楽(作曲:ヘンデル/編曲:石川亮太)
組曲「惑星」より木星(作曲:ホルスト/編曲:高橋宏樹)
沖縄民謡メドレー (編曲:三澤慶)*独奏:津堅直弘
~てぃんさぐぬ花~ハイサイおじさん~芭蕉布
フェイマスジャズ・メドレー2(編曲:中川英二郎)
~チュニジアの夜~グリーンスリーブス~シング・シング・シング
宇宙戦艦ヤマト for 侍BRASS(作曲:宮川泰/編曲:宮川彬良)

【料金】
S:¥3,000 A:¥2,000 B:¥1,000(全席指定・税込)
【チケット取り扱い】
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:256-918)
イープラス http://eplus.co.jp/
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:36062)
CNプレイガイド 0570-08-9990
【公演内容についてのお問い合わせ】
東京オペラシティ文化財団
TEL.03-5353-0770

木村寛仁、深川雅美ら、関西で活躍するプレイヤーからなる「ユーフォニアムアンサンプル E.M.Factory」が兵庫県小野市でコンサート!! (8/3)

 2007年8月3日(金)、兵庫県・小野市うるおい交流館エクラホールにおいて、関西で活躍中の5人のユーフォニアム奏者による「ユーフォニアムアンサンプル E.M.Factory (Euphonium Music Factory)」のコンサートが開かれる。E.M.Factoryは、今年発売されたCD『グローリアス・ヴェンチャーズ』(WindStream, WST-25002)が現在もスーパー・ヒット中の木村寛仁(大阪音楽大学准教授)を中心に、深川雅美、山内由香、寺嶋咲紀、井原茂樹という、若手ユーフォニアム奏者が集まって活動中のグループで、ユーフォニアムという楽器の魅力を、古典から現代まで、ソロありアンサンブルありの、多彩なレパートリーとスタイルで愉しませてくれる。
2007年ガル・コンサート第2弾、「夏の夜コンサート」と題する今度のコンサートも、クラシックからジャズ、ポピュラー、日本の歌など、さまざまなジャンルの音楽をユーフォニアムから奏でられる美しい音色で愉しんでもらおうと企画された。
チケットは、現在絶賛発売中だが、料金は今どき・・・の“500円”ポッキリ。さらに、小野市内の小学生・中学生に限っては、無料で鑑賞できる!! 詳しくは、小野市うるおい交流館エクラまで!!

小野市うるおい交流館エクラHP
http://www.eclat-hall.com/index_flash.html

■2007年ガル・コンサート第2弾、「夏の夜コンサート」

【日時】2007年8月3日(金)、18:30開場/19:00開演
【会場】小野市うるおい交流館エクラホール(兵庫県)
【出演】ユーフォニアムアンサンプル E.M.Factory
(木村寛仁、深川雅美、山内由香、寺嶋咲紀、井原茂樹)
【曲目】アイネ・クライネ・“ユーフォ”・ムジーク(モーツァルト)、春の声(ヨハン・シュトラウス)、カルヴァリー(ドーブ)、流れ行く時間の中を・・・(石田忠昭)、ほか
【料金】500円 (全席自由) (小野市内の小学生・中学生は無料)
【問い合わせ】小野市うるおい交流館エクラ
Tel: 0794-62-5080

航空自衛隊 航空中央音楽隊 第46回定期演奏会(6/17)にBP読者5組(10名様)をご招待!

天野正道氏による「ユーフォニアム協奏曲」初演や三枝成彰氏の名曲「Zガンダム」の演奏、これに加えて、客演指揮者に加養浩幸氏を招いてのステージなど、話題爆発の航空自衛隊 航空中央音楽隊 第46回定期演奏会(6/17)に、なんとBP読者5組(10名様)をご招待しちゃいます。

 希望者は、下記、投稿フォームよりジャンジャン応募してくださいね。

 締め切りは6月13日(水) 10:00まで

当選者にはBP編集部より直接チケットを郵送いたします。
また、当選者の氏名、住所などは公開いたしません。

 ■プレゼントを申し込む>>> 投稿フォームへGO (終了しました)

■航空自衛隊 航空中央音楽隊
第46回定期演奏会

【日時】2007年6月17日(日) 13:00開場/14:00開演
【会場】すみだトリフォニーホール
【交通】JR総武線「錦糸町駅」北口より、徒歩3分
東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」3番出口より、徒歩5分

【プログラム(予定)】

○行進曲「シルバー・ウィングス」(銀翼):斎藤高順
○航空中央音楽隊委嘱作品「3つの印象」
~ユーフォニアムとウィンドオーケストラのための~(初演):天野正道
独奏:空曹長 外囿祥一郎

○交響組曲「機動戦士Zガンダム」より:三枝成彰(arr.長生 淳)
Zガンダムのテーマ、戦争と平和、恋人たち

客演指揮者:加養浩幸

○歌劇「マクベス」より:ヴェルディ(arr.鈴木英史)
○序曲「1812年」:チャイコフスキー

【問い合わせ】担当者 航空中央音楽隊
TEL 042-524-4131内線292

E-Mail tanaeuptana@yahoo.co.jp
HomePage http://www16.ocn.ne.jp/~jasdf/

東京交響楽団「戦士映画音楽祭:男たちへ」(5/29)にBP読者50組100名様をご招待!

「戦争映画の傑作音楽ばかりを演奏する」というユニークな演奏会が、5月29日(火)午後7時から東京オペラシティ・コンサートホールで開催される。当日演奏される曲の中には、吹奏楽でもおなじみの「バックドラフト」や「プライベート・ライアン」「パットン大戦車軍団」などもあって、興味しんしん。このコンサートに、なんと、BP読者50組100名様をご招待!しちゃいます。

■演奏会詳細は、こちららからもチェックできます
http://www.classic1st.net/

希望者は、下記、投稿フォームよりジャンジャン応募してくださいね。

 締め切りは2007年5月27日(日)

プレゼントを申し込む>>> 投稿フォームへGO

「戦士映画音楽祭:男たちへ」 
【日時】5月29日(火) 19:00開演
【会場】東京オペラシティ・コンサートホール
【指揮】現田茂夫
【演奏】東京交響楽団
【料金】S席9000円、A席7000円

 

http://www.classic1st.net/


TEXT:富樫鉄火

 おそらく、吹奏楽ファンの中の、かなりの人たちが狂気乱舞すると思われる、驚異的なコンサートが開催される!

 その名も「戦士映画音楽傑作選:男たちへ」! 要するに、戦争映画の傑作音楽ばかりが、東京オペラシティ・ホールで、しかも、東京交響楽団、現田茂夫指揮でナマ演奏されるという、たまらない企画なのだ。

 曲目がスゴイぞ。いいか、驚くなよ。

プラトーン/バックドラフト/決断/トラ・トラ・トラ/パットン大戦車軍団/エアフォース・ワン/沈黙の艦隊/アポロ13 /皇帝のいない八月/男たちの大和/鷲は舞いおりた/プライベート・ライアン/アラビアのロレンス/遠すぎた橋/史上最大の作戦/U・ボート……

 たとえば『決断』とは、1971年に日本TV系列で放映された戦記アニメ・ドキュメント『アニメンタリー/決断』のテーマ曲(古関裕而作曲)である。戦後四半世紀もたって、太平洋戦争史をアニメで描き、しかも毎週土曜日の夜7時半というゴールデンタイムに放映されていた驚くべき番組だった。最終回だけ、なぜか「巨人軍・川上監督の決断」だったが、一説には、「アニメで戦争を美化して家族で見る時間にTV放映するとは何事か」との抗議が相次ぎ、それを回避するために、日本TVが、自社系列の巨人軍ドキュメントを加えたとの噂もあった。

 冒頭、「人生で最も貴重な瞬間、それは決断の時である」とのナレーションが流れ、古関裕而のテーマ曲が流れ、もう、たまらん番組であった。それが、どうやらフル・オーケストラで演奏されるらしいのだ。もう、落涙必至である。

 そのほか、『トラ・トラ・トラ』は、黒澤明が途中降板して話題になった日米合作映画だが、ジェリー・ゴールドスミスの音楽がたいへんユニークで話題になった。メインタイトルは、アジアン・パッサカリアとでもいうべき名曲である。聞くところによれば、この曲はオリジナル・スコアが入手できなかったので、この日のために専門家によって採譜復元されらしいのだ。

 そのほか、吹奏楽版で演奏されている曲も多い。『バックドラフト』『パットン大戦車軍団』『エアフォース・ワン』『アポロ13』『プライベート・ライアン』などは、吹奏楽版で演奏したり、聴いたことのある人も多いだろう。『バックドラフト』などのハンス・ジマーの音楽が、フル・オーケストラで演奏されるなんて、それだけでも興奮ものだ。

 また、小便チビリそうなのが、『皇帝のいない八月』(佐藤勝)、そして、かわぐちかいじ原作のアニメ『沈黙の艦隊』(千住明)である。ほんとうに、これらが、ナマ・オケで聴けるのか。フカシじゃないのか。

 この日は、戦場カメラマン「不肖・宮嶋」氏のプレトーク(18:30~)があるほか、ミリタリー・ファションでの来場も可能だとのこと。

 こんなコンサート、そう頻繁に開催されるとも思えない。戦争映画音楽のファンよ、オペラシティに集結されたし!

※なお、演奏曲目は、随時、変更される可能性があるそうだ。今後、新しい曲が決定した場合は、いちはやく、BPでお知らせする予定。チェックメイトキングツーよろしく。



「戦士映画音楽祭:男たちへ」

【日時】5月29日(火) 19:00開演
【会場】東京オペラシティ・コンサートホール
【指揮】現田茂夫
【演奏】東京交響楽団
【料金】S席9000円、A席7000円

【チケット申し込み先】
http://www.richfield-tv.com/otoko.html
http://www.classic1st.net/

伝説誕生から30年「ディスコ・キッド・フェスティバル」が開催!(6/2)

吹奏楽コンクールの課題曲としてこの世に生まれて早30年・・・いまだ人気爆裂中の名曲「ディスコ・キッド」ですが、6月2日(土)16:00より作曲者の東海林修氏と共に、誕生30周年を祝おう!というイベントが、東京・めぐろパーシモンホールにて開催される。

興味のある人は、下記、東海林修 公認ファンクラブにアクセスしてみよう。

http://www6.airnet.ne.jp/oumesan/discokid.html

■ディスコ・キッド・フェスティバル

【日時】2007年6月2日(土)15:30開場/16:00開演
要・整理券申込み・入場無料
【会場】めぐろパーシモンホール 大ホール

【出演】(順不同・敬称略)
東海林 修/石津 成人(新宿区吹奏楽団指揮者)
新宿区吹奏楽団/おぎたひろゆき・小林利歌(エレクトーン)
ディスコ・キッド愛好家のみなさま
司会 杉山 淳(上野の森ブラステューバ奏者)

イデアル・ウインド・アンサンブル 第2回定期演奏会(4/26)・・・小編成バンドの指導者は必聴の演奏会

 「吹奏楽の面白さをできるだけ少人数で表現できないだろうか・・・」ということで、各方面で活躍中の音楽家が集い2006年に結成されたイデアル・ウインド・アンサンブル。その2回目の演奏会が4月26日に彩の国さいたま芸術劇場・音楽ホールにて開催される。

 今回は客演指揮者に小林恵子女史を迎え、「リンカーンシャーの花束」や「ゴット・スピード!」「2007年度コンクール課題曲」などを聴かせる前半プログラム。そして後半は、5人の若手邦人作曲家自身のタクトによるレパートリー選と、聴き所も満載だ。

 小編成バンドの指導者や、小編成に興味のある人は、ぜひ、足を運んでみるといいだろう。

【日時】2007年4月26日(木)18:30開場/19:00開演
【会場】彩の国さいたま芸術劇場・音楽ホール
【交通】埼京線与野本町下車7分)
【入場】全自由席1,800円
【チケット&問い合わせ】http://www.idealwind.com/

【客演指揮】小林恵子(東京佼成ウインドオーケストラ副指揮者?)
【ゲスト作曲家】神長一康、坂井貴祐、清水大輔、福島弘和、八木澤教司

【プログラム】

第一部:2007年度吹奏楽コンクール課題曲より
メリロ:ゴット・スピード!
バッハ:主よ人の望みの喜びよ
グレンジャー:リンカーンシャーの花束

第二部:清水大輔:セレブレイト(11人編成)
坂井貴祐:ヘリオスフィア(世界初演/20人編成)
福島弘和:吹奏楽の為の組曲「友への4つの手紙」 より
第2楽章ソング(30人編成)
神長一康 :Brise Douce IV(11人編成)
八木澤教司:「ザ・リング・オブ・ブロッカー」―太古の聖なる祭壇

当日、ロビーにて第二部の新譜スコアの展示あり

能登半島地震救援チャリティコンサート(4/12)神戸文化ホール大ホール

2007年3月25日におこった能登半島地震では大勢のけが人や死者を出し石川県人のみなさまは大きな被害を受けています。

このコンサートはフォンタナ・フィルハーモニー交響楽団の第4回演奏会として「誰でも楽しめるクラシックコンサート」をテーマに開かれる予定でしたが、プロオーケストラとしてクラシック音楽を通してなにか被災地のため、被災地のみなさまのためにできることはないかと考え、神戸での演奏会を急遽、能登半島地震救援のためのチャリティーコンサートに変更し、入場無料でクラシック音楽をお楽しみいただき同時に広くみなさまからの被災地へのご支援をおあずかりし、応援の気持ちを石川県へお届けすることができればと考えています。

どうぞご協力くださいますようお願い申しあげます。

■能登半島地震救援チャリティコンサート概要

【日時】2007年4月12日(木)18:00開場/19:00開演
【会場】神戸文化ホール大ホール(兵庫県)
【プログラム】
弦楽アンサンブル/木管アンサンブル/金管アンサンブル
オーケストラ&指揮者体験コーナー

【出演】フォンタナ・フィルハーモニー管弦楽団
【料金】入場無料
【主催】フォンタナ・フィルハーモニー交響楽団
【後援】B.F.C.C 会長杉原輝雄(プロゴルファー)/FSUN
国連支援交流協会 関西中央支部
【問い合わせ】ページ・ワン Tel.06-6362-8122
フォンタナ・フィル事務局 Tel.06-6374-4433

【能登半島地震救援チャリティー募金】として

○企業さまからは2万円以上
○個人さまからは5千円以上

お預かりさせていただいた際には、演奏会当日にご来場者全員に配布するパンフレットに御社名またはご芳名を記載させていただきます。

(※パンフレット作成のため御社名/ご芳名の掲載に関わる募金の締切は2007年4月8日(日)です)なお、募金金額はみなさまの暖かいお心からお預かりするもので、その金額は上記金額以外でもおいくらでもかまいません。また、上記締切後も募金の受付をし定期的に石川県へお届けします。

【募金先】三菱東京UFJ銀行 天六支店 普通口座 1169098
【口座名義】株式会社フォンタナ・フィルハーモニー交響楽団

【インターネット振込利用の場合】 カ)フォンタナフィル(半角カタカナ)

【郵便振替】口座番号 00960-6-103946
口座名称 株式会社フォンタナ・フィルハーモニー交響楽団

■フォンタナ・フィルハーモニー管弦楽団HP
http://www.fpo.ne.jp/index.php
http://www.fontana-fanclub.net/leaves/concert/c-20070412.html

大阪小バス倶楽部「第19回定期演奏会」CD『グローリアス・ヴェンチャーズ』大ヒット驀進中の木村寛仁もスパークの「ハーレクイン」を聴かせるゾ!!

関西を中心に活躍するユーフォニアム奏者大集合!!の「大阪小バス倶楽部」の定期演奏会も今回で数えて第19回。アンサンブルあり、ソロありの工夫をこらしたプログラムは、ユーフォニアム関係者でなくても”ホンマに楽しい!!”と、いつも大評判!! 今年のプロも、伊藤康英がビゼーの”カルメン”のエレメントを使って編曲した『Carmen in 15 minutes』のアンサンブルのほか、先日発売されたばかりのCD「グローリアス・ヴェンチャーズ」が大ヒット中の木村寛仁がスパークの『ハーレクイン』、松谷晃伸がコスマの『ユーフォニアム協奏曲』を、ともにピアノ伴奏で聴かせる。4/13、関西のユーフォ好きは、伊丹アイフォニックホールへ大集合だ!!

大阪小バス倶楽部 第19回定期演奏会

【日時】2007年4月13日(金)18:30開場/19:00開演
【会場】伊丹アイフォニックホール
【プログラム】
○CARMEN in 15Minutes:ビゼー /伊藤康英
○ハーレクイン:スパーク
(ユーフォニアム: 木村寛仁、ピアノ: 浅川晶子)
○ユーフォニアム協奏曲:コスマ
(ユーフォニアム: 松谷晃伸、ピアノ: 山川亜紀)
ほか

【出演:】ユーフォニアム:石田忠昭 池田勇人 大西範子 木村寛仁 小西恒夫 中西 勲 長嶺範隆 松谷晃伸 三宅孝典/ピアノ:浅川晶子、山川亜紀

【料金】一般¥3,000 高校生以下¥2,000(前売り:各500円引き)
【問い合わせ】大阪小バス倶楽部 072-631-2222

大阪小バス倶楽部HP
http://kobass.net/

ヨハン・デメイがやってくる! 作曲者自作自演!! 交響曲第3番『プラネット・アース』ウィンド・オケ版日本初演は、大阪市音定期(6月8日)で!!

既報のとおり、2006年3月に管弦楽曲としてオランダで初演され、CDも飛ぶように売れたオランダの作曲家ヨハン・デメイの交響曲第3番『プラネット・アース(惑星地球)』は、タイトルどおり、大宇宙にテーマを求めた壮大なスケールの作品だ。オリジナルの初演後、作曲者の当初のプランどおりにウィンド・オーケストラ用バージョンも作られ、ウィンド・オケ版は、同年12月29日、スペイン南部アリカンテ市のアルテア音楽堂で、ヘンリー・アダムス指揮、アルティスティカ・ブニョール音楽協会吹奏楽団の演奏で世界初演が行われた。また、ウィンド・オケ版は、同12月イタリアのコルチャーノで開催された国際作曲コンペでも入賞(第2位)。作品は、一躍、世界的な脚光を浴びることとなり、4/9にはオランダ初演、5月12日にはイタリア初演の運びとなった。

そしてお待たせ!! 興味津々の日本初演は、2007年6月8日(金)、大阪のザ・シンフォニーホールで開催される「第94回大阪市音楽団定期演奏会」(午後7時開演)で、なんと作曲者ヨハン・デメイを客演指揮者に招いて行われることになった。チケットは、4月7日の発売開始。ヨーロッパ各国で話題沸騰のデメイの新作交響曲が、こんどは日本の聴衆にどのように受け入れられるのか、本当に楽しみだ!!

また、これらの動きとタイミングを合わせたようにスペインでの初演ライヴ盤も3/30にオランダで発売。日本へは、4月中旬頃には入荷の予定となる。

新しい交響曲を発表するたびにファンを増やし続けてきたデメイ。市音を指揮するのはこれが始めて。こんどの来日コンサートは、今春前半を彩るビッグ・コンサートとなるだろう!!