「吹奏楽」カテゴリーアーカイブ

ヨーロッパ最強吹奏楽団による『ハンガリー民謡‘くじゃく’による変奏曲』を堪能すべし!

18年近く指揮をつづけたノルベール・ノジの退任後、未だに後任の音楽監督(Chef de Musique)のポジションが空席のままの状態が続いているベルギー・ギィデ交響吹奏楽団が、現在、ヨーロッパのウィンド・オーケストラの世界で最も高い人気を誇る指揮者のひとりと称されている、ヤン・コベルの客演指揮で録音したクラシック音楽のコンサート・アルバム。曲はすべて新しいトランスクリプションで収録されているが、オットリーノ・レスピーギ(1879-1936)の『第12旋法によるメタモルフォーゼ』(1929-30)、ルイ=エクトール・ベルリオーズ(1803-69)の歌曲集『夏の歌』(1841)、コダーイ・ゾルターン(1882-1967)の『ハンガリー民謡‘くじゃく’による変奏曲』(1939)とつづくプログラムは圧巻。演奏もコベルのタクトによく応えている。この楽団の他の録音より近めにセットされた録音は、ただクリアなだけでなく、正統的フランス式編成を今に受け継ぐこの楽団の最大の特色といえるクラリネットを中心とした木管群の美しくブレンドされたサウンドを見事にとらえている。また、『夏の歌』のソプラノ、アンティエ・ペルショルカは、2003年に「ミシェル・コルボ・ローザンヌ声楽・器楽アンサンブル」の一員として来日し、好評を博したが、このアルバムでも美しく伸びやかな歌唱を聴かせてくれている。

 収録曲の楽譜は、すべてベルギーのBeriato Musicから入手可能。

Recording Supervisor: George Moreau
Recording Engineer: Anteun Hoesen

2006年1月23-26日、ベルギー、Heverlee(へーヴェルレー)のKwartier Cdt. e.de. Hemptinneにおける録音。


メタモルフォーゼ/Metamorphoseon

【演 奏】ギィデ交響吹奏楽団(Royal Band of the Belgian Guides)
【指揮者】ヤン・コベル(Jan Cober)
【発売元】ベリアト・ミュージック(Beriato)

【収録曲】

1. 第12旋法によるメタモルフォーゼ/オットリーノ・レスピーギ【13:37】
Metamorphoseon/Ottorino Respighi(arr.Matty Cilissen)

2. 夏の夜/エクトール・ベルリオーズ【29:23】
Les Nuits d’ Ete/Hector Berlioz(arr.Frans Scheepers)
I) Villanelle【2:15】
II) Le Spectre de la Rose【6:04】
III) Sur les Lagunes (lamento)【6:23】
IV) Absence【4:58】
V) Au Cimetiere【5:43】
VI) L’lle Inconnu【3:59】

3. ハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲/ゾルタン・コダーイ(arr.ヤン・コベル)【26:34】
Peacock Variations – Variations on a Hungarian Folksong/Zoltan Kodaly(arr.Jan Cober)

■BPショップで購入する>>>BPショップへGO

BPショップ週間ランキング!!(2006/07/21~07/27,BP調べ)

今週のBPショップランキングは、新譜がいくつか出てきてます。

目玉は なんといっても、たった1日でランキング一位に踊り出たエッセンシャル・コレクション~ヤン・ヴァンデルロースト作品集」!!

ヴァンデルローストの50歳を記念して制作されたBOXセットなんですが、再入荷の予定はありませんから、早いもの勝ちでございます。

ちなみにヴァンデルローストのインタヴューがこちらから見れます。期間限定配信ですのでお早めにご覧下さい。

続く第2位はこれも新入荷品、デ・ハスケから出たアースクェイク。上記のBOXにも収録されているヴァンデルローストの「タンツィ」は「プスタ」にも通じるところが多い曲で、主旋律により沿うコーラスパートが最高に気持ちいい曲。中音パートの人は必聴です。ヤン・デハーンの「アースクェイク」もドラマチックな名曲。中身の濃ゆ~い一枚となってます。

第3位には、今週に発売を迎えたバンド・クラシックス・ライブラリー6『音楽祭のプレリュード』が再びランクイン。

そして第4位も新入荷品、スパークによるグレードの低い楽曲を集めた「シンプリー・スパーク」の続編、シンプリー・モア・スパーク~フィリップ・スパーク作品集がランクイン!!商品ページに各曲のグレードを記載してありますが、グレード1から2.5の間の曲で構成されていて、指導者、スクールバンド必携の一枚になっています。

以下、秋以降の演奏会に向けての準備もあるんでしょうか、 根強い人気の森の贈り物/Legacy of The Woodsニュー・ウインド・レパートリー2006、そして森の贈り物同様、邦人作曲家の曲を集めたラス・ボラス・グランデスもランクイン。

オリエント急行を収録した大序曲「1812年」/New Year Concert 2006/吹奏楽団Festaグリニッジ・バンドスタンドが並んでランクインしているのも注目。それぞれ特徴的な演奏ですので、聴き比べてみるのも面白いかと思いますよ。

ま、そんな感じで今週はとにかく「急いでヴァンデルローストBOXをGETする」これに尽きますね。

グッドラック !

(梅本)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
◆ 週間!CDランキング(2006/07/21~07/27,BP調べ)
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

1. エッセンシャル・コレクション
~ヤン・ヴァンデルロースト作品集【8枚組CD】
(50歳の記念に制作された超貴重なコレクターズBOX!)
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457685/776959/786941/

2. アースクェイク/Earthquake
(「アースクェイク」や「タンツィ」など聴きモノ多し!!)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0946/

3. バンド・クラシックス・ライブラリー6「音楽祭のプレリュード」
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0937/

4. シンプリー・モア・スパーク~フィリップ・スパーク作品集
(指導者必携、人気シリーズの続編が登場!!)
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457687/786482/

5. 森の贈り物/Legacy of The Woods
(曲も演奏もブラヴォー!の「邦人作品集」。絶対に聴くべし!)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0889/

6. 大序曲「1812年」/New Year Concert 2006/吹奏楽団Festa
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0942/

7. グリニッジ・バンドスタンド
(スパークの「オリエント急行」はまさに「本物」!!聴くべし!!)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0933/

8. ラス・ボラス・グランデス/
ウインドアート・ニュー・コレクション/Las Bolas Grandes
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0941/

9. 【予約商品-8/5発売予定】
ありがとうの感謝をこめて!/鈴木竹男先生 一周忌追悼演奏会
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457689/784963/

10. ニュー・ウインド・レパートリー2006
(聴かぬは一生の損!グレイアム「地底旅行」を聴き逃すな!)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0900/

Band Power ショップ トップページはコチラ!!>>

泉大津市吹奏楽団がスパークに委嘱した作品が完成! お披露目は11月19日の同団・定期演奏会

大阪府の泉大津市吹奏楽団が結成40周年記念作としてイギリスの作曲家フィリップ・スパークに委嘱した新作が今週(2006年7月)完成した。初演は、2006年11月19日(日)、泉大津市民会館大ホールにおいて開催される同吹奏楽団の「結成40周年記念 第35回定期演奏会」(開演: 午後1時30分)で、上村和義の指揮で行われる。コンサートのオープニングを彩る華やかな作品ということだが、注目のタイトルは、目下のところ、それまでのお楽しみだ!!

■泉大津市吹奏楽団HP
http://www.interq.or.jp/blues/eigen/icb/

人気急上昇の作曲家・清水大輔氏の新譜「無限に輝く空」「決戦の運命」を 収録したCDがそろって発売中! 要注目だ

「セレブレイト」「タングルウッド・オーヴァーチュア」などで人気の清水大輔氏の新作がゾクゾクとCD化されはじめている。今回CD化されたのは、氏とって初めての金管8重奏曲「無限に輝く空」と、中編成から大編成向きの「無限に輝く空」の2曲。どちらも、清水作品らしい、爽快なサウンドとフレーズが楽しめる作品に仕上がってる。

なお、清水大輔氏本人によるショート作品紹介が届いたので、
合わせて紹介しておこう。

■無限に輝く空~The Infinite Shining Heaves(2005)

◎金管8重奏(3Trp/Hrn/2Trb/Euph/Tuba)

 この作品は私にとって初めての金管8重奏作品です。作品名の意として金管の奏でる重厚な響き、そして華々しい音をイメージしそれはまるで無限に広がる空のように感じたためこのタイトルにしました。冒頭は重厚な響きを中心に中間の早部では空を駆け抜けるようなテンポで進みます。後半ではまた重厚な響きを中心としますが、空に向けた讃歌的な部分を挟み冒頭の部分を再現し、エンディングではまさに『無限』という言葉を象徴するかのように最高潮に盛り上がり、幕を閉じます。

【収録CD】
無限に輝く空/プラーム・アンサンブル・シリーズ Vol.1/
演奏:Brass Concept【金管アンサンブル】 CD-0940

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0940/

■決戦の運命~Fate of a Decisive Battle(2005)

◎グレード:3+、演奏は35人以上

 今回この作品でテーマに選んだのは戦国大名であり山形城主でもある『最上義光』という人物の壮絶なる『運命』で
す。昨年私自身が山形に行き偶然目にしたのが『最上義光公勇戦の像』でした。私はその像のあまりの 力強さと
『最上義光』という人物の魅力に取り憑かれ『いつかこの人をテーマにした音楽を書きたい!』と思い、この度ウィン
ドアート委嘱作品として書く機会を与えて頂き完成させる事が出来ました。私にとっては初めて『和』 を意識した作品
を書いたつもりですので是非とも聴いてみて下さい。

【収録CD】
ラス・ボラス・グランデス/
ウインドアート・ニュー・コレクション/Las Bolas Grandes CD-0941

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0941/

■清水大輔(作曲家)プロフィール

1980年生まれ。16才から独学で作曲を始め、2002年に昭和音楽大学短期大学部を卒業。作曲を藤原嘉文氏に師事。3年続けてサクソフォーン奏者の福本信太郎氏のために曲を書き下ろし、杉山淳氏の企画する「自由演奏会」での作曲も3年続けて発表された。また昭和音楽大学ウインドオーケストラからも4年続けて委嘱される。1999年に書いた吹奏楽曲「タングルウッドオーヴァーチュア」がバンドパワーから出版され好評を得ている。また、自作のみで行われる個展演奏会も今までに4回行い、各地で好評を得ている。

清水大輔公式HP 「S.D.Works」

【試聴】タングルウッド・オーバーチュア/清水大輔 >>>クリック
【楽譜セット】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8059/

【試聴】仲間たち/清水大輔 >>>クリック
【楽譜セット】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8374/

【試聴】セレブレイト/清水大輔 >>>クリック
【楽譜セット】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8316/

ヴァンデルローストの「タンツィ」「ケベック」を収録したCD「アースクェイク」がデハスケ社より発売開始!

2006年6月9日に大阪市音楽団にの定期演奏会で紹介されたヴァンデルローストの新作「ケベック」の収録されたCD「アースクェイク」がデハスケ社より発売された。このCDには他にも神戸シンフォニックバンドの委嘱によって書かれた話題作「タンツィ」をはじめ、スパークやヤン・デハーンの作品も収録されている。演奏会シーズンの前に、しっかりとチェックしておきたいCDだ。

他の収録曲は以下の通り。

【演奏】名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ
【指揮】ヤン・デハーン、ヤン・ヴァンデルロースト、他

【発売元】デ・ハスケ(De Haske)

【収録曲】

1. クラフトヴェルク/ヤン・デハーン【8:34】

2. ケベック~北のラプソディー/ヤン・ヴァンデルロースト【14:25】

3. 平和を求めて/フィリップ・スパーク【8:32】

4. タンツィ/ヤン・ヴァンデルロースト【13:17】

5. ヴァレリウス変奏曲/フィリップ・スパーク【8:21】

6. 管楽器のためのアダージョ/ヤン・ヴァンデルロースト【5:04】

7. アースクェイク(地震)/ヤコブ・デハーン【18:01】