「バンド料理法」カテゴリーアーカイブ

■いがらし きよし の「バンド料理法」(9)

【11月号】
秘伝のたれを継ぎ足して、もっと「美味しい」と言ってもらおう!
~今まで蓄えた個人の力を結集してチームの力を高めよう!
Text:五十嵐清

吹奏楽部の活動の難しさは、音を合わせることだけではなく、メンバー全員の気持ちを合わせることです。「音楽」という共通なテーマで、一緒に考え、悩み、笑い、泣き、怒り、そして認め合う。表現や形にはそれぞれ個人差があっても、前向きに努力して頑張れる仲間がいる。そしてその仲間と一つの音楽を創造していく。
 部全体が一丸となって自分達が納得した音で自信をもって、自分たちの魂をこめた音楽をお客様に伝えましょう!吹奏楽部の充実はチーム力の向上がポイントです。

「自分たちの音楽を奏でるため」を考えた合奏でのチーム力のチェックポイント
1.音符について
・発音の統一(何を話しているのかハッキリという)
・音形、長さの統一(響き方、音符の持っているエネルギーの決める)
・消し方の統一(余韻、流れを決める)
・一人一人の音作りの重要性

2.音程について
・お互いの音を聞きあい、寄せ合う

3.ダイナミックスについて
・各曲想、フレーズによりダイナミックスを細かくつける。
・曲全体をみてダイナミックスの推移を明確にする。

4.メロディー、フレーズについて
・メロディーの流れを明確にし、受け渡しを確実にする。
・フレーズの流れを把握し、曲全体の流れを失わないようにする。

5.ブレンド、バランスによるサウンドついて
(ブレンドしてその場面で一番相応しい新しい楽器の音色を創る)
・楽器間のバランス(楽器が大きい、管が太い・長い楽器の音量を大きめにする。)
・各役割、声部の音量のバランス(メロディーvs伴奏(リズム・ハーモニー)vs対旋律)
・Tuttiのサウンドバランス
・楽器の音色のバランス(色彩感)

6.自分達の主張のある演奏、緊張感のある演奏

一人一人が吹奏楽部の音楽創りにどのように貢献し、全員で自信と誇りをもってチームで音楽を主張できているかがとても大切です。(続く)

■いがらし きよし の「バンド料理法」(8)

【10月号】
下ごしらえをしっかりして、素材を生かした旨味を出そう!
~楽曲の「音楽性」を創り出すためのチェックポイント
Text:五十嵐清

<個人、パートセクションでのチェック>

基礎
・姿勢はよいか?
・息を十分使っているか?
・アンブッシャーは正しいか?
・楽器の調子はよいか?
・体の調子はよいか?


・音色はよいか?
・音程は正しいか?
・音符の読み違いはないか?
・音符の形・長さ(アタック コア リリース)は正しいか?
・タンギング・アタック(発音)は正しいか?
・音量は正しいか?

リズム
・テンポは指示どおりか?
・リズムは正しいか?
・拍子感があるか?

技術
・正しいダイナミックスがつけられているか?
・アーティキュレーションは正しいか?
・ブレッシングとフレージングは正しいか?

<分奏、合奏でのチェック>

1)アインザッツ(和声の出だし)
2)アーティキュレーション(イントネーション・スラーなどのかけ方/言い回し)
3)フレージング(音楽・メロディーの切り方、つなげ方、ブレスのしかた)
4)アゴーギグ(緩急法)
5)バランス・ハーモニー

録音や録画をして客観的にもチェックしてみよう!(続く)

メンバー一人一人の心が共鳴して響く、
人間味溢れるそして魂のこもったサウンドを創ろう!

■いがらし きよし の「バンド料理法」(7)

【9月号】
「おもてなしの心 ・ 心から心への音楽」~LIVE(生)演奏の醍醐味
Text:五十嵐清

コンクールや演奏会を間近に控え、皆さんは既に「自分と楽器」「奏者同士」そして「指揮者と奏者」は身も心も一体となっていると思います。本番では(自分たち)吹奏楽部とホール、そして聴衆が一つになれるかにかかっています。

リハーサル(練習)ではホールでのサウンドを生かすための演奏のテクニックを磨きます。ある程度、楽譜上の指示、自分(達)の奏法、演奏スタイル等を変えなければならないこともあります。これは如何にして「自分たちの心」を伝えるかということで、そのために奏法を変えるのであって、自分たちの芸術性を変えることではないのです。そして音楽演奏は、「瞬間芸術であり空間芸術」ですから、演奏会場(ホール)に来ないと音楽は創れませんし、最終的に芸術が完成しないのです。どのように音楽を創り、どのようなテクニックをもってすれば、自分が演奏している曲に対して感じていること、聴衆に伝えたいこと、自分達の気持ち(心)を正直に素直に伝えられるかが最も大切であり、難しいことです。

学校などで練習していることは、ひたすら自分(達)の持っているパーツ部品の全てを完璧な状態にして、パーツ部品を磨き上げる作業にすぎません。私達はステージ上でしかもそこに聴衆がいて、(お客様と)一緒にならなくては音楽を組み立てられないのです。自分勝手には組み立ててはいけなく、また本来出来ないのです。ですから「生きた音楽というものがステージで瞬間的にどんどん生まれては消えていく。そしてどんどん聴衆の心の中に入っていく」ことができると思います。意図的に自分達だけで作った上辺の演奏は聴衆には伝わりません。その代わり素直に自分達の心から込み上げた思いは聴衆に必ず伝わります。音楽は一方通行ではありません。

自分の内側(=心)から込み上げてくるものは、聴衆の琴線 に触れています。その感動しているという心がまた自分にも伝わり戻ってきます。つまり相互の対話なのです。投げかけを何度も繰り返しながら音楽がホールの中でいろいろと変化していく、それがLIVE演奏であり、聴衆と演奏者が一体になるということです。実際LIVEで何に心を打たれるかというと、奏者が今演奏している曲をとても大切にしている気持ちです。奏者の姿を見ながら、音楽に対してとても謙虚で、楽しんで演奏していることが伝わってくることがどんなに素晴らしいことか。

ステージでは自分の内面から感じて、心と身体全体を使い音楽を表現し、そして仲間と共に音楽をしている喜びを感じられる、「魂」がこもった演奏をしましょう!

LIVE演奏での醍醐味は、その瞬間瞬間で、
指揮・奏者・聴衆・顧問・コーチ・保護者・先輩や部員など
関わった全ての人と音楽を分かち合える「興奮と感動」なのです。
(続く)

■いがらし きよし の「バンド料理法」(6)

【8月号】
奥深い味わいを求めて、一つ一つ丁寧に気持ちをこめて!
~楽譜の全ての音を、心を込めて奏でることで、「感動」という音楽の味わいが出てくる
Text:五十嵐清

コンクールに向けて、音楽に没頭でき楽器を練習することができる素晴らしい環境を、私たちを応援して頂いている方々が用意して下さいました。中身を充実させ、結果に結びつけるのは部員一人一人です。
では、Q:皆さんはコンクールまでに何をしますか?
A:コンクール曲の譜面を完璧に吹けるようにします。
Q:「完璧」とは?
A:楽譜にある音符を間違えずに吹くことです。

その通りですね。しかしそれだけではもの足りません。
皆さんは、楽曲を細部まで吟味し、納得し、統一した考えを持って創ってほしいと思います。そして、場面場面でどの様な自分たちの気持ちを聴衆に伝えたいのか?(例えば、楽しいウキウキした気持ちなのか?大海原のような包容力をもって歌いたいのか?悲しみをこらえて生きていこうとしているのか?等)を考え、楽器を通して話し合い(言葉で話し合う必要があるときは楽器の音を出せない時間帯に)、演奏してほしいのです。自分(達)が納得するまで音楽を創って下さい。そして、休符や休みのフレーズでも音楽へ参加していて下さい。楽曲は時間と共に進み生きています。指揮者が指揮台に立った時から始まり、指揮棒を降ろしリラックスしたときまでが音楽です。曲の途中で休符だからといって気を抜いたりしては音楽が壊れます。 

「歌え!音符一つ一つ心を込めて歌え。休止符も歌えているか?
どんな素晴らしい演奏でも、歌わなければ音楽はゼロである。
心のこもった歌を聴衆に伝えることが大切である。」

この時はじめて「音楽」が奏でられます。そうすることにより、奏者自身はもとより、聴衆と音楽の感動を分かち合えるのです。 

【自】らの【心】を「息」に託して、信頼できる仲間と一緒に
全ての音を、心を込めて丁寧に奏でて下さい。
そうすることで「感動」という音楽の本質が生まれます。

(続く)

■いがらし きよし の「バンド料理法」(5)

【7月号】
「美味しい」と言ってもらうために!
~今まで蓄えた個人の力をチーム全体で発揮させよう!
Text:五十嵐清

「各学校吹奏楽部独自の音楽を奏でるため」の合奏でのチェックポイント

1.音符について
・発音の統一(何を話しているのかハッキリという)
・音形、長さの統一(響き方、音符の持っているエネルギーを決める)
・消し方の統一(余韻、流れを決める)
・一人一人の音作りの重要性

2.音程について
・息を腹(肺)よりスピードをもって、次々に送り込む。
・お腹を引っ込めないように、息を出しているとき支える。
・声に出して歌ってみる(ピアノと合わせてみる)
・楽器間のバランスを調整する。(楽器が大きい、管が太い・長い楽器の音量を大きめにする。)

3.ダイナミックスについて
・各曲想、フレーズによりダイナミックスを細かくつける。
・曲全体をみてダイナミックスの推移を明確に実行する。

4.メロディー、フレーズについて
・メロディーの流れを明確にし、受け渡しを確実にする。
・フレーズの流れを把握し、曲全体の流れを失わないようにする。

5.ブレンド、バランスによるサウンドついて
(ブレンドしてその場面で一番相応しい新しい楽器の音色を創る)
・各役割、声部の音量のバランス(メロディーvs伴奏(リズム・ハーモニー)vs対旋律)をとる。
特にTuttiのサウンドが崩れないように。一つの楽器(のみが飛び出ないようにする。  
・楽器の音色のバランス(色彩感)をとる。

6.自分達の主張のある演奏、緊張感のある演奏
息が全てです。吸った空気を息に変換し音楽を奏でる。空気を吸うタイミングや量、息のスピードや支えを会得して、自分の意思でコントロールできるようにして下さい。
以上のテクニックをもとに、

一人一人が吹奏楽部の音楽創りにどのように貢献し、全員で自信と誇りをもって自分たちの音楽を主張できているかがとても大切です。(続く)

■いがらし きよし の「バンド料理法」(4)

【6月号・後半】
素材の旨味を出そう!
~メンバー一人一人の味わいを出す

Text:五十嵐清

楽器から出している音はあなたの音ですか?
一生懸命の音ですか?
そして「気持ち・心」がこもっていますか?

完璧ではないけれど、一生懸命出した音には、気持ち・心が通っています。自分に足りないところは仲間のメンバーが補ってくれます。そして通じ合い新しい心が生まれます。そうしてコツコツ創っている音楽が独自サウンドです。

「常に今の自分の力を全て出して演奏していますか?」

そうでないとベストのサウンドではありません。
個人個人の味わいが加味されていないサウンドではいけないと思います。

吹奏楽部の活動の難しさは、音を合わせることだけではなく、メンバー全員の気持ちを合わせることです。「音楽」という共通なテーマで、一緒に考え、悩み、笑い、泣き、怒り、そして認め合う。表現や形にはそれぞれ個人差があっても、前向きに努力して頑張れる仲間がいる。そしてその仲間と一つの音楽を創造していく。
 
部全体が一丸となって自分達が納得した音で自信をもって、自分たちの魂をこめた音楽をお客様に伝えましょう!

一人一人の心が合わさって響く、
人間味溢れる そして 魂のあるサウンド、
それが 私たち 吹奏楽部 の魅力です。

(続く)

■いがらし きよし の「バンド料理法」(3)

【6月号・前半】
同じレシピでも工夫して何回も繰り返し作ってみる!
~同じ練習を工夫して繰り返す大切さ!

Text:五十嵐清

合奏でより高度な「音楽」を創り出すためには、個人練習・パート練習の完璧さが要求される!

合奏は本来、各自で練習した成果を持ち寄って初めて行うことができるものです。各自の責任においてやっておくべきことを終えて参加しなければなりません。技術的なこと、体調的なことや個人都合などで他のメンバーに迷惑を掛けてはなりません!

合奏では、

1)アインザッツ(和声の出だし)
2)アーティキュレーション(イントネーション・スラーなどのかけ方/言い回し)
3)フレージング(音楽・メロディーの切り方、つなげ方、ブレスのしかた)
4)アゴーギグ(緩急法)
5)バランス・ハーモニー

の5つの基本的なものを統一して、初めて「歌い表現する」という段階に進めるのです。

ここで、音符を一つ一つ追いながらぎこちなく指を動かしている、指がまわらないない、リズムがとれない、音が出ない、当たらない、タンギングができない、音程が取れない等という事は論外です。この様なことは、個人練習を充分行うことにより克服しなければなりません。

合奏に向けて、できない所を妥協することなく、繰り返し、繰り返し練習して欲しいと思います。30回、50回、100回と、納得できるまでやれることがアマチュアの特権と思います。

合奏は音楽作りをする場であり、その前に個人練習・パート練習を通して、各自最大限の合奏への準備を怠らないようにしてください。

「夢は諦めずに努力すれば、必ず実現できる」
合奏への心得を認識し、有意義な合奏にして、吹奏楽部の仲間と、聴衆に感動を与えれる「音楽」を創り出しましょう!!(続く)

■いがらし きよし の「バンド料理法」(2)

【5月号】
素材の下ごしらえは十分に出来ていますか?
~個人練習・パートセクション練習・分奏でのチェックポイント
Text:五十嵐清

0.基礎

・姿勢はよいか?
・息を十分使っているか?
・アンブッシャーは正しいか?
・楽器の調子はよいか?
・体の調子はよいか?

1.音
・音色はよいか?
・音程は正しいか?
・音符の読み違いはないか?
・音符の形・長さ(アタック コア リリース)は正しいか?
・タンギング・アタック(発音)は正しいか?
・音量は正しいか?

2.リズム
・テンポは指示どおりか?
・リズムは正しいか?
・拍子感があるか?

3.技術
・正しいダイナミックスがつけられているか?
・アーティキュレーションは正しいか?
・ブレッシングとフレージングは正しいか?

基本をしっかり身につけることは大変ですが、このことが上達の一番の早道です。

<上手になる条件>
・あきらめない(とにかく根気強く。自分との戦い)
・あせらない(ゆっくり丁寧に確実に)
・音楽のための練習であると自覚する

人間は目標に到達したいという気持ちが強ければ必ず到達できます。その目標を達成するために、基本を身に着け、日々の練習を繰り返すことが大切です。

「何事も好きになれ。好きなことは、長続きでき、そして必ず上手くなる」
(続く)

■いがらし きよし の「バンド料理法」(1)

【4月号】
どんなメニューが創れるのかとても楽しみだ。
~素晴らしい仲間と音楽を通して、充実した高校生活を送ろう!

Text:五十嵐清

新年度の活動がスタートしました。新しい仲間を迎え、新たな気持ちで一緒に音楽を創っていけること、とても嬉しく思います。

個性を持った多くの部員が集まっていますので、部員同士が向き合って顔を見ての言葉によるコミュニケーションを忘れてはいけません。そしていい音楽を創るために「前向きに意見を言い合える仲間作り」をしていって下さい。「文句や愚痴を言う・反省・評論・批判する」だけではなく、次にどうするのか「考え、必ず実行し、結果をだし、評価をもらう」。同じ方向を向いて前進していきましょう。

吹奏楽部活動は、音を合わせることだけではなく、メンバー全員の心からの気持ちを合わせることが成功の秘訣です。
そこで先ず、今自分自身にできることは、

①「楽器をうまくなりたい!みんなといい音楽をつくりたい!」という気持ちをすごく持つ。
②「相手の立場の把握し、思いやりを持って手を差し延べてあげる」ことです。

さらに、多くの部員に一度はおとずれる悩み、「勉強との両立!」
しかし、これまできちんと両立してきた先輩たちが沢山います。そこで

①普段から授業は集中して受講し、疑問点などはその場で解決させていく。
②睡眠時間の確保と食事バランスから健康を維持する。

ことを実行して下さい。
結局は自分の「やる気」次第。一生懸命やれば勉強でも部活動でも「ひと味違った充実した高校生活」になると思います。そしてもっともっと音楽の魅力に出会います。心と身体を磨いて仲間と一緒に素晴らしい「音楽」をつくりましょう。

「音楽」という共通なテーマで、一緒に考え、悩み、笑い、泣き、怒り、そして認め合う。表現や形にはそれぞれ個性があっても、素晴らしい音楽を創りたいと、前向きに努力して頑張れる仲間がいる。
この素晴らしい仲間と音楽を通して、充実した学校生活を送りましょう。(続く)

■今後の予定

4月:どんなメニューが創れるのか、とても楽しみ。
~素晴らしい仲間と音楽を通して、充実した学校生活を送ろう!

5月:素材の下ごしらえは十分に出来ていますか?
~個人練習・パートセクション練習・分奏でのチェックポイント

6月①: 同じレシピでも工夫して何回も繰り返し作ってみる!
~同じ練習を工夫して繰り返す大切さ!

6月②:素材の旨味を出そう!
~メンバー一人一人の味わいを出す

7月:「美味しい」と言ってもらうために!
~ 今まで蓄えた個人の力をチーム全体で発揮させよう!

8月(コンクール):奥深い味わいを求めて、一つ一つ丁寧に気持ちをこめて!
~ 楽譜の全ての音を、心を込めて奏でることで、
「感動」という音楽の味わいが出てくる

9月:「おもてなしの心 ・ 心から心への音楽」
~ LIVE(生)演奏の醍醐味

10月:下ごしらえをしっかりして、素材を生かした旨味を出そう!
~ 楽曲の「音楽性」を創り出すためのチェックポイント

11月:秘伝のたれを継ぎ足して、もっと「美味しい」と言ってもらおう!
~ 今まで蓄えた個人の力を結集してチームの力を高めよう!

12月(クリスマス):
「仲間と食べる料理は、会話も弾み、楽しく、美味しく、最高!」
~ 一人の力ではいい音楽は生まれません

1月(新年):伝統の看板メニューには、また食べたくなる魅力がある。
~ 素晴らしい仲間と「喜びと感動」を創くろう!

2月:栄養のバランスや分量を考えた食事を摂ろう!
~ 時間と内容を工夫して、目標を達成させよう

3月(卒業/進級):料理の楽しみや美味しいという喜びを仲間と味わおう!
~ 演奏したいという気持ち大切に

「音楽は一生の友。友は一生の宝」 五十嵐 清