「グル新」カテゴリーアーカイブ

【コラム】富樫鉄火のグル新 第15回 4分33秒

 関西在住の友人から聞いたのだが、先日のアンコン兵庫県大会で、ジョン・ケージの≪4分33秒≫にバリテュー四重奏で挑もうとした一般団体があったらしい(結局、本番ではほかの曲を演奏したようだが)。

 単なる噂だったのか、あるいは、ほんとうに、その曲目で参加申し込みをしていたのをあとになって変更したのかはわからないが、なんともケッサクな話だと思った。

 私は、この≪4分33秒≫を、ナマで「聴いた」ことがある。1980年代初頭だったと思うが、TV番組「題名のない音楽会」の公開録画で、渋谷公会堂で「聴いた」のだ(私は、黛敏郎が司会をしていた時代の「題名のない音楽会」マニアで、中学以来10数年間、公開録画のほとんどに行っていた)。

 そのときは、ジョン・ケージ特集だった。楽譜を手にピアニストが登場し、ピアノの前に座るのだが、何もしない(途中で何度か、楽譜をめくっていた記憶がある。それが「楽章」の切れ目だったらしい)。

 そのうち、客席がざわつき始める。聴衆の咳、かすかな笑い声なども聴こえてくる。やがて、4分33秒後に、ピアニストは立って一礼し(演奏終了)、下がっていった。

 「演奏」後の黛敏郎の解説によれば、これは現代音楽の巨匠ジョン・ケージ(1912~92)が「作曲」した「偶然性の音楽」の代表作で、4分33秒の間、演奏者は何もしない。「その間、みなさんは会場に響き渡るざわめきや雑音などを聴いたはずです。それこそが、この曲が奏でる音楽なのです」。楽譜もちゃんとあって、3楽章構成だが、単に「Tacet」(休み)と書かれていだけるらしい。

 こんな「曲」を「演奏」し、堂々と全国放送で流すとは、とてつもない番組だと、恐れ入った。

 そして、ウソかホントか知らないが、それを、BT4で、日本のアンコンでやろうとしていた団体があったというのだ(この曲は、どんな楽器編成で「演奏」してもいいことになっている)。う~ん、実現しなくて残念! 審査員や主催者が、どんな顔をするか、みたかった!

※実は「題名のない音楽会」では、この曲の「管弦楽版」も「演奏」されたような記憶があります。もしかしたら、私が「聴いた」ピアノ版は、別のところで接したのを混同しているのかもしれません。なにぶん昔の話なので、記憶があいまいですいません。また、この曲は、現在、YouTubeなどで様々なヴァージョンで聴く(観る)ことができます。

■John Cage: 4’33” for piano (1952)/YouTube

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第14回 カーテン・アップ

 いまやアンコンたけなわで、ほとんどの地区が支部大会に突入していると思う。私も、関東近県の予選や支部大会には可能な限り行っているのだが、いつも気になるのが、朝、演奏開始まで、舞台上の「幕」が下りている会場があることだ。

 下りていた幕を、開会式や審査員紹介が終わってから上げると、舞台上から冷たい空気がサーッと客席に流れ込んでくる。それほど舞台上は冷え切っているのだ。特に1階前方に座っていると、ハッキリわかる。先日、ある会場では、ブルブルッと寒気を感じるほどの冷気が流れ込んできた。

 舞台のすぐ裏が搬入口になっているような会場(多くが、そうだと思う)だと、それは、明らかに「外気」であることもわかる。客席の「暖気」と舞台上の「外気」が混ざり合って一体となるのに、しばらく時間がかかる。

 つまり、朝早い出番の団体は、会場によっては「外気」の中で演奏するようなものなのだ。アンコンは冬のイベントだから、地方によっては、「外気」の冷たさは尋常ではない。

 そうなると、管楽器のピッチや膜質打楽器の調整に、朝早い団体ほど、不利を被ることになりはしないか。

 これはコンクールでも同様で、すべての会場で、朝の開始前から幕を上げきって、少しでも客席と舞台上の空気が混ざり合っているようにしてあげたほうがいいのではないか。アンコンはエンタテインメントではなく「審査」なのだから、「カーテン・アップ!」(開幕!)の演出は必要ないと思う。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第13回 小沢一郎

 たとえば、仮に、こんな吹奏楽部があったとする。

 ホルンの雄叫びが決めどころになっている課題曲があった。しかし、そのバンドは、どうにもホルンが弱く、力強い音が出ない。

 困った指導者は、トロンボーンやユーフォニアムあたりに、その部分だけ、こっそり、ホルンの譜面を一緒に吹かせることにした。部員は「課題曲を改変しては、まずいんじゃないですか」と一応いうのだが、指導者は「俺のいうとおりにしていればいい。師匠の田中角B先生だって、同じことをやっていたんだ」と退ける。

 あるいは、OBを呼んできて、本番当日、その学校の制服を着せてこっそり一緒に演奏させる。部員は「生徒以外を入れては、まずいんじゃないですか」と一応いうのだが、指導者は「俺のいうとおりにしていればいい。師匠の田中角B先生だって、同じことをやっていたんだ」と退ける。

 後日、それらが発覚し、その団体は失格となる。周囲からは非難が集中するが、指導者は「部員が勝手にやったことで、私は知らない」、さらには「コンクール真っ盛りの中で、このような指摘があったことに、意図的なものを感じる。私は徹底的に闘う」と開き直る。

 いまの小沢一郎って、これに似ていないか。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第12回 誰がJALを潰したのか

 JALがこんなことになってしまった理由は、巷間の報道によれば「親方日の丸体質」とか「政財官なれあいの果て」とか「7つもある労組の対立」とか、様々に指摘されている。

 私は、週刊誌記者をやっていた若いころ、日航機の羽田沖墜落事故(1982年)や、御巣鷹山墜落事故(1985年)を取材したことがある。そのとき、会社側よりも、組合が取材対応に熱心で、「変な会社だなあ」と思った記憶がある。組合は、事故の原因を「会社側の労働強化」の方向にもって行きたかったようで、それゆえアピールに懸命だったのだろう。

 JALをモデルにした小説『沈まぬ太陽』連載中は、掲載誌を、全便に搭載させなかったそうだ。このときも「細かいことに敏感な会社だなあ」と思ったものだ。

 でも、今回の事態を、会社や組合のせいばかりにするのも、いかがなものか。

 まともに乗客もいない不便な土地に、次々と空港をつくらせて、JALを就航させてきた自民党政府と政財官の責任も重大だと思う。

 昨年、CD『ジャンヌ・ダルク~グラステイル作品集』の録音が、北九州市立「響ホール」で行なわれた。ライナー・ノーツを書く関係で、レコーディングを見学させてもらうことになった。

 私は東京在住なので、このあたりの土地勘がない。てっきり「北九州市」にあるのだから、「北九州空港」の近くなのだろうと、東京(羽田)→北九州のJAL便で飛んだ。

 ところが、到着して驚いた。この空港、海の上にあるじゃないか。電車の駅もはるか遠くで、市内に到着するまでエラく時間を要した。こんなことなら、便数も電車アクセスも豊富な福岡便にすればよかったと後悔した。往復チケットだったので、帰路も北九州空港から乗ったが、昼間だというのに空港内はガラガラで、ゴーストタウンのようだった。

 そういえば、私の知人に佐賀市在住の者がいるが、彼は、いまでも上京するのに、佐賀空港を使わないそうだ。「場所が不便だし、便数も1日にたった4便。電車か直行シャトルバス経由で福岡空港を使うほうが早くて便利だ」と言っていた(佐賀空港はANA便のみらしいが)。

 こんな不採算空港を日本中につくりつづけておいて「あとはよろしく」、ダメになったら人員削減、年金減額では、JALだって気の毒だ。不採算空港を推進してきた政財官の連中が、まず責任をとるべきじゃないのか。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第11回 なにせ全国大会が松山なので……

 前回、松山⇔東京の往復交通に関して、あれこれと綴ったら、さっそく「鉄」系の友人から、「帰路に関しては、こういうルートもあるよ」と、連絡が来た。

 それは、「夜行列車」に乗るんだそうだ。

 まず、会場そばの伊予鉄(路面電車)に、「南町・県民文化会館前」から乗車、「松山」駅へ向かう(約15分)。

 「松山」駅19:36発の「いしづち32号」に乗車。「坂出」に21:42着、21:45発「サンライズ瀬戸」に乗り換え(3分で乗り換え可能なのだろうか)。

 これだと、翌朝の7:08に「東京」駅着なんだそうだ。始業には間に合いそうだ。

 場合によっては、審査発表を全部聞けないかもしれないが、どうせすぐネットに出るから、とにかく、「松山」駅発19:36に間に合うよう、会場を出ることになる。

 ところが、その友人によると、「サンライズ」は人気があって、なかなか切符が取れないらしい。寝台料金もかかるそうだ。これが難点なんだとか。

「でも、<ノビノビ座席>の車両だと、フェリーの雑居部屋みたいな絨毯敷きで、寝台料金はかかりません」

 とのことだった。時間的には高速バスとほとんど同じだが、環境としては、ずっとラクらしい。

 しかし、いったい、私、何を書いているんでしょうか。これ、音楽がらみのコラムじゃなかったんでしょうか。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第10回JAL「倒産」

 今年の全日本吹奏楽コンクール全国大会(大職一)は、四国愛媛の松山にある「愛媛県県民文化会館」(ひめぎんホール)で開催されるそうだ。電車で行けなくもないが、出場者もリスナーも、ほとんどが航空便を利用するだろう。

 松山空港は、国内7箇所の空港と往復便で結ばれている。

 仮に東京在住者の場合……。

 1日目の大学の部は午後からの開始だろうから、当日出発で何とかなりそうだが、問題は2日目、朝から開始されるはずの職場一般の部である。もし、この日だけを全部聴くとなると、東京発の第一便は07:35発→松山着08:50。この便で当日出発しても、おそらく開演には間に合わないか、ギリギリだろう(空港からホールまではバスで40分)。安全のためには前日入りするしかない。

 さらに問題は帰りである。東京行きは、松山発19:15が最終だ。2日目、審査発表を聞いてからでは、ちょっと危うい。

 こうなると、土曜日午前中に松山入りし、その日は大学の部を全部聴いて、夜は道後温泉「坊っちゃん湯」で一泊、翌日曜日は朝から職一の部を全部聴いて、また一泊。月曜日に帰路に着くしかないのか。勤め人は月曜日に有給をとり、二泊三日の吹奏楽&温泉三昧をすることになるのか。

 ここで気になるのが、日本航空(JAL)の動向である。週刊文春は「史上最大の『倒産』」とまで報じている。現在、松山とJALで結ばれているのは「東京」「名古屋小牧」「福岡」の3空港である。1日に何便あるかというと、

  東京⇔松山    JAL5往復、ANA6往復
伊丹⇔松山    JALナシ、ANA8往復、JAC7往復
中部国際⇔松山  JALナシ、ANA2往復
名古屋小牧⇔松山 JAL2往復
福岡⇔松山    JAL4往復
鹿児島⇔松山   JALナシ、JAC2往復
沖縄⇔松山    JALナシ、JTA2往復
(2010年1月現在)

 もしもこれが路線廃止や減便、小さい機種に変更されたりしたら、いったいどうなるのだろう。特にJAL便しかない名古屋や福岡はたいへんだ。

 電車だと、新幹線で岡山まで出て、そこから3時間弱かかるようですよ。仮に朝6時に東京を新幹線で発つと、松山着が昼の12時過ぎになる。帰りは、松山駅を19時半ころに出発すると、その日は、新大阪までしかたどりつけない。

 あとは、高速バスか。新宿を21:30に出発すると、松山着が翌朝8:40。帰路は、松山発が19:40で、新宿着が翌朝7:00。う~ん、これなら何とか? でも、片道12時間近く。オジサンにはきついなあ。

 前原大臣、せめてコンクール全国大会までは、JALは、そのままにしてあげてくれませんか。せっかく松山は『坂の上の雲』で盛り上がっている(はずな)んですから。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第9回市原愛の≪うぐひす≫

 1月13日(水)、ひょんなことから、リート歌手・市原愛 http://www.aiichihara.com/ のソプラノ・リサイタルに行くことになった(横浜みなとみらい小ホール)。

 何の予備知識もなく行ったのだが、その歌声と実力に驚いてしまった(美貌にも!)。主にドイツを中心にヨーロッパで活躍しているひとで、今回が、ほとんど日本デビュー・リサイタルらしい。とても張りがあって、深みと迫力と繊細さがバランスよく同居している声だった。表現力も、ほとんどオペラ歌手である。

 恥ずかしながら私は若いころ、オペラ・マニアだった時期があって、休みが取れたときは、NYのメトロポリタン歌劇場にトンボ帰りをしていたことさえあるのだが、あのころ、彼女に出会っていたら、追っかけになっていたかもしれない。ぜひオペラも聴きたいものだ(ジークリンデなんか、合うんじゃないかなあ。もう少し歳をとったら、元帥夫人も聴きたい)。

 当日の曲目は、リヒャルト・シュトラウスやドボルジャークなどの、ドイツ語リートが中心だった。

 ところが、1曲だけ、変わった曲があった。早坂文雄≪うぐひす≫である。戦後の昭和22年、佐藤春夫の詩に作曲された、無伴奏歌曲だ。同時期、早坂は、佐藤春夫の詩を連続して無伴奏歌曲化しており、ほかに≪嫁ぎゆく人に≫≪孤独≫≪×洲橋畔口吟≫がある。どれも小節縦線や拍子のない、自由記譜で書かれている。特に≪うぐひす≫は、カウンター・テナーの米良美一が歌い、アルバム・タイトルにしていたので、それでご存知の方もいるかもしれない。

 私は、ドイツ歌曲の専門家である彼女が、この曲を選んでくれたことを、とてもうれしく思った。

 ≪うぐひす≫は、なんとも不思議な、漂うような旋律で、一説には尺八の響きを模倣したようだが、私は前から、太古の日本人が初めて「旋律」らしきものを口ずさんだのを、さらに昇華させた歌曲のように感じていた。だから、美しく歌うよりも、少し力強く、原初的な雰囲気で歌われるべきだと思っていた。そういう歌唱に初めてめぐり合ったような気がした。

 早坂文雄といえば、黒澤映画『羅生門』『七人の侍』などの音楽が有名である。その『七人の侍』の音楽が、松木敏晃の編曲で、3楽章構成の吹奏楽版交響組曲になっているのをご存知だろうか。すでに陸上自衛隊中央音楽隊が初演しており、近々、楽譜も発売されるらしい。

 正規の音楽教育も受けず、一切を独学で学んで40歳そこそこで世を去った天才は、もっと多くのひとに聴かれ、演奏されるべきだと思う。市原愛の≪うぐひす≫を聴いて、そんなことも感じた。

※「×」印=「さんずい」に「章」

■市原愛 Official Website
http://www.aiichihara.com/

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第8回大河ドラマ入門

 第3回、第4回でNHK大河ドラマのことを書いたら、ドンピシャのタイミングで、『大河ドラマ入門』(小谷野敦、光文社新書)なる本が出た。

 さすがに博覧強記の文芸評論家・作家で、しかも自称「大河マニア」が書いただけあって、面白い。

 著者ならではの記述も続出で、「翌〇九年の『天地人』は驚きの原作である。いったい火坂雅志などという、直木賞候補になったこともない群小歴史作家の一人の著作が、なぜまた原作に指定されたのかと思う。これもどうやら、直江兼続をやると決めてから火坂に書かせたようだが、まるで重みのない、軽い小説である」と、痛快なまでに手厳しい。

 ドラマ内容だけでなく、音楽のほうもちゃんとおさえてあって、サントラ盤のない時代には、ラジカセでテーマ音楽を録音していたというほどのマニアだったそうだ。第三章として「大河ドラマの音楽」なる項もちゃんと設けられている。

 ところが、同章中に掲げられた「大河ドラマ主題曲 作曲者一覧」なる表(P135)は、間違いだらけ。作曲者名と作品名が、途中から一段ずれてしまっているし、人名のルビの位置もメチャクチャだ。

 小谷野氏ほどの書き手が、このような間違った表を作成するとは考えられないので、おそらく編集部によるDTP作業上の責任だと思われるが、よくこれほどのミスが気づかれずに校了になったものだ。せっかくの面白い本が、これでは台なしで残念だ(もしかしたら、ほかにもこの種のミスがあるかもしれない)。

 ただ、こういったミスを除けば、実に面白い本なので、大河ドラマのファンは、ぜひご一読いただきたい(これほど間違いだらけの表が堂々と掲載された本も珍しいので、その意味でも、初版で入手してご覧になることをお薦めします)。

※本稿は、同書の初版(2010年1月20日初版)に基づいています。

■大河ドラマ入門(小谷野敦、光文社新書)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334035464

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第7回スピード演奏

 1月11日(月・祝)、東京・渋谷のオーチャードホールで「渋谷ブラスフェスタ」なるコンサートが開催された。東京フィルの管打楽器奏者によって結成された「東フィル・ウインド・オーケストラ」のお披露目公演でもあった。最後は、真島俊夫作曲の新作≪ニュー・イヤー・マーチ≫を、楽器持参の来場者と合同演奏し、たいへんな盛り上がりだった。

 ところで、この日は、いくつか、吹奏楽オリジナルの名曲も演奏されたのだが、最初の2曲、≪アルヴァマー序曲≫(バーンズ)と、≪エル・カミーノ・レアル≫(リード)が、ものすごいスピード演奏で驚いた(渡辺一正指揮)。しかし、まったく乱れることなくキッチリ演奏していたのは、さすがでした。

 最近、プロ・バンドによる、この種のオリジナル名曲の演奏、どこもスピード演奏が多くなっていると思いませんか。佐渡裕指揮=シエナ・ウインド・オーケストラの≪高度な技術への指標≫(河辺公一)なんか、まるでF1なみの快速テンポだった。

 「スピード演奏」で忘れられないのは、1978年、イーストマン・ウインド・アンサンブルの来日公演における≪秋空に≫(上岡洋一)。当時私は大学生だったが、それまで耳にしていたより、ずっと速いテンポで演奏され、「なるほど、同じ曲でもテンポを変えると、ずいぶんちがった印象になるもんだな」と思った記憶がある。以後、この曲は速めに演奏されることが多くなったものだ。

 こういったスピード演奏を聴くたびに、昔ながらのじっくり・どっしり演奏を懐かしく感じるのは、私がオジサンだからでしょうか。

 ちなみに「渋谷ブラスフェスタ」のプログラムに、天野正道氏(作曲家)が寄稿した解説によれば、かつて来日したバーンズ氏は、自作の≪アルヴァマー序曲≫を聴いて、「皆、なんでこんなに速く演奏するのだ? これでは後半のシカケがわからなくなる」と言っていたそうだ。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第6回お尻の痛みを軽減する方法

 コンクールやアンコンでは、普門館や府中の森芸術劇場に、まる一日座りっぱなしになる。文京シビックでなくとも、どうしたって、お尻が痛くなる。

 まる一日座ってそれらを聴くようなひとは、あまりいないだろうけど、2時間も座っていると、ほとんどのひとは、お尻が痛くなるはずだ。ワーグナーの長いオペラなんか決死の覚悟だ。昨年秋の新国立劇場、シェイクスピアの『ヘンリー六世』なんか、全三部通し上演は10時間! みなさん、大丈夫だったんでしょうか(さすがに私は分割上演で観た)。

 この、お尻が痛くなるのを軽減する方法、ご存知ですか。

 足のつま先を、手前に引くようにして、ふくらはぎを伸ばすのだ。たとえば、靴を脱いで、その上に、つま先部分を乗せる。そうすると、ふくらはぎが伸びて、血行がよくなり、下半身全体に血がめぐる。お尻が痛くなるのは、押しつぶされて血行が悪くなるからで、ほんの少しでも血がかよえば、お尻の痛みも少なくなる。

 どれくらいいるのか不明だが、コンクールやアンコンをまる一日聴くような方は、ぜひお試しあれ!

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。