「グル新」カテゴリーアーカイブ

【コラム】富樫鉄火のグル新 第8回大河ドラマ入門

 第3回、第4回でNHK大河ドラマのことを書いたら、ドンピシャのタイミングで、『大河ドラマ入門』(小谷野敦、光文社新書)なる本が出た。

 さすがに博覧強記の文芸評論家・作家で、しかも自称「大河マニア」が書いただけあって、面白い。

 著者ならではの記述も続出で、「翌〇九年の『天地人』は驚きの原作である。いったい火坂雅志などという、直木賞候補になったこともない群小歴史作家の一人の著作が、なぜまた原作に指定されたのかと思う。これもどうやら、直江兼続をやると決めてから火坂に書かせたようだが、まるで重みのない、軽い小説である」と、痛快なまでに手厳しい。

 ドラマ内容だけでなく、音楽のほうもちゃんとおさえてあって、サントラ盤のない時代には、ラジカセでテーマ音楽を録音していたというほどのマニアだったそうだ。第三章として「大河ドラマの音楽」なる項もちゃんと設けられている。

 ところが、同章中に掲げられた「大河ドラマ主題曲 作曲者一覧」なる表(P135)は、間違いだらけ。作曲者名と作品名が、途中から一段ずれてしまっているし、人名のルビの位置もメチャクチャだ。

 小谷野氏ほどの書き手が、このような間違った表を作成するとは考えられないので、おそらく編集部によるDTP作業上の責任だと思われるが、よくこれほどのミスが気づかれずに校了になったものだ。せっかくの面白い本が、これでは台なしで残念だ(もしかしたら、ほかにもこの種のミスがあるかもしれない)。

 ただ、こういったミスを除けば、実に面白い本なので、大河ドラマのファンは、ぜひご一読いただきたい(これほど間違いだらけの表が堂々と掲載された本も珍しいので、その意味でも、初版で入手してご覧になることをお薦めします)。

※本稿は、同書の初版(2010年1月20日初版)に基づいています。

■大河ドラマ入門(小谷野敦、光文社新書)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334035464

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第7回スピード演奏

 1月11日(月・祝)、東京・渋谷のオーチャードホールで「渋谷ブラスフェスタ」なるコンサートが開催された。東京フィルの管打楽器奏者によって結成された「東フィル・ウインド・オーケストラ」のお披露目公演でもあった。最後は、真島俊夫作曲の新作≪ニュー・イヤー・マーチ≫を、楽器持参の来場者と合同演奏し、たいへんな盛り上がりだった。

 ところで、この日は、いくつか、吹奏楽オリジナルの名曲も演奏されたのだが、最初の2曲、≪アルヴァマー序曲≫(バーンズ)と、≪エル・カミーノ・レアル≫(リード)が、ものすごいスピード演奏で驚いた(渡辺一正指揮)。しかし、まったく乱れることなくキッチリ演奏していたのは、さすがでした。

 最近、プロ・バンドによる、この種のオリジナル名曲の演奏、どこもスピード演奏が多くなっていると思いませんか。佐渡裕指揮=シエナ・ウインド・オーケストラの≪高度な技術への指標≫(河辺公一)なんか、まるでF1なみの快速テンポだった。

 「スピード演奏」で忘れられないのは、1978年、イーストマン・ウインド・アンサンブルの来日公演における≪秋空に≫(上岡洋一)。当時私は大学生だったが、それまで耳にしていたより、ずっと速いテンポで演奏され、「なるほど、同じ曲でもテンポを変えると、ずいぶんちがった印象になるもんだな」と思った記憶がある。以後、この曲は速めに演奏されることが多くなったものだ。

 こういったスピード演奏を聴くたびに、昔ながらのじっくり・どっしり演奏を懐かしく感じるのは、私がオジサンだからでしょうか。

 ちなみに「渋谷ブラスフェスタ」のプログラムに、天野正道氏(作曲家)が寄稿した解説によれば、かつて来日したバーンズ氏は、自作の≪アルヴァマー序曲≫を聴いて、「皆、なんでこんなに速く演奏するのだ? これでは後半のシカケがわからなくなる」と言っていたそうだ。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第6回お尻の痛みを軽減する方法

 コンクールやアンコンでは、普門館や府中の森芸術劇場に、まる一日座りっぱなしになる。文京シビックでなくとも、どうしたって、お尻が痛くなる。

 まる一日座ってそれらを聴くようなひとは、あまりいないだろうけど、2時間も座っていると、ほとんどのひとは、お尻が痛くなるはずだ。ワーグナーの長いオペラなんか決死の覚悟だ。昨年秋の新国立劇場、シェイクスピアの『ヘンリー六世』なんか、全三部通し上演は10時間! みなさん、大丈夫だったんでしょうか(さすがに私は分割上演で観た)。

 この、お尻が痛くなるのを軽減する方法、ご存知ですか。

 足のつま先を、手前に引くようにして、ふくらはぎを伸ばすのだ。たとえば、靴を脱いで、その上に、つま先部分を乗せる。そうすると、ふくらはぎが伸びて、血行がよくなり、下半身全体に血がめぐる。お尻が痛くなるのは、押しつぶされて血行が悪くなるからで、ほんの少しでも血がかよえば、お尻の痛みも少なくなる。

 どれくらいいるのか不明だが、コンクールやアンコンをまる一日聴くような方は、ぜひお試しあれ!

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第5回文京シビックの椅子

 今年の吹奏楽聴き初めは、1月9日(土)、東京・文京シビックホールにおける、東京隆生吹奏楽団と豊島区吹奏楽団のジョイント・コンサートだった。私は豊島区民なので、昔から豊島区吹のファンなのだ。なかなか楽しいコンサートだった(畠田先生の歌声も聴けたし!)。

 ところで、文京シビックの客席の椅子、あれ、みなさん、座りやすいですか?

 あの椅子は、お尻を乗せる部分が、真ん中から折れて、2枚の割れた板でできているような感じだ。ちょうど、割れ目の部分に、お尻をはめこむようにして座る。たぶん、人間工学か何かで、このほうがラクだとの判断で、ああいう形になったのだと思うけど、私など、どうにもおさまわりが悪くて、次第に、お尻が痛くなってくる。再春館製薬に電話して「痛散湯」を注文したくなる。

 これ、私の年齢のせいなんでしょうか。それとも、若い方々は、あのほうがラクなんでしょうか。

 日本管楽合奏コンテストのときなど、朝から10時間近く座りっぱなしだが、夕方になると、なんとも耐え難くなってくる。

 まあ、それほど長い時間、座ることは想定されていないだろうけど、もしかしたら、あの椅子は、海外で開発された、ヒップの巨大な欧米人向けなんじゃないだろうか。

 そういえば、あのホールは、私の子供のころは「文京公会堂」で、毎週土曜日夜、「8時だョ!全員集合」が公開ナマ中継される会場だった。いま、そのホールで、お尻をモジモジさせながら吹奏楽を聴くことになるとは、夢にも思いませんでしたよ。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第4回大河ドラマ『龍馬伝』余話

 前回、『龍馬伝』の音楽について書いたので、余話を。

『龍馬伝』のタイトル・ロゴの筆文字
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/image/090827ryo01.jpg 
を「カッコいい」と感じている若いひとが多いらしい。

 あの文字を書いたのは書家・紫舟(ししゅう)。スズキ「アルト」のTVCFでご存じ、たいへんな美女である。私は観たことないのだが、浜崎あゆみのミュージック・フィルムのタイトル文字なども書いているそうだ。単なる「書家」というよりは、「文字」を、「絵画」の感覚で表現するといった作家だ。

 紫舟のサイト http://www.e-sisyu.com/ へ行って、その作風を知ってほしい。彼女だったら、以下の曲名をどんなふうに書くだろうか。想像すると、けっこう、楽しいよ。

   海

   風紋

   萬歳楽

   おほなゐ

   深層の祭

   饗応夫人

   躍動する魂

   科戸の鵲巣

   紅蓮の斜陽

   鳳凰が舞う

   うちなーのてぃだ

   中国の不思議な役人

   大阪俗謡による幻想曲

   この地球を神と崇める

   ……そしてどこにも山の姿はない

   春になって王たちが戦いに出るにおよんで

 どこかのレコード会社さん、CDジャケで実現させてくれませんか(それにしても吹奏楽の曲名は凝ってるねえ)。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第3回大河ドラマ『龍馬伝』の音楽

 毎年、NHK大河ドラマの第1回を、「今年の曲は吹奏楽に向いているだろうか」と、ドキドキしながら観る。昨年の『天地人』(大島ミチル)は見事に吹奏楽ドンピシャで、全国各地で演奏されていた(私がナマで聴いた中では、豊島区吹奏楽団の定演が最高だった)。

 今年の『龍馬伝』の音楽は佐藤直紀。『ALWAYS 三丁目の夕日』『ウォーターボーイズ(シンクロ BOM-BA-YA)』『海猿』などが吹奏楽版になって演奏されている。

 NHK大河ドラマのOP曲は、毎年、NHK交響楽団が演奏する。今年の『龍馬伝』は広上淳一の指揮。だが、今回は、吹奏楽で演奏するには少々やっかいかもしれない。主旋律が「女声ソロ・ヴォーカル」なのだ。

 歌っているのはリサ・ジェラルド。アイルランド系オーストラリア人で、80~90年代、「デッド・カン・ダンス」なるグループに所属し、クラシックと民族音楽を合体したような、不思議な音楽を奏でていた(近年、紙ジャケCDで復刻されている)。その後はヴォーカリスト兼作曲家として独立し、映画『グラディエイター』などの音楽に参加している。そんな「越境マルチ歌手」が『龍馬伝』OP曲を歌っているのだ。

 NHK大河ドラマOP曲に、オーケストラ・サウンド以外の響きが加わったのは、1980年『獅子の時代』(音楽:宇崎竜童)におけるエレキ・ギターが最初だった。
93年『琉球の風』では、初めて「歌」がOP曲となった。谷村新司の《階(きざはし)》だ(劇伴は長生淳)。
2000年『葵 徳川三代』(音楽:岩代太郎)では海外アーティストが初参加した。指揮シャルル・デュトワと、ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団。紀行コーナーではイラーン・パイプ(アイルランドの民族楽器)のディヴィ・スピラーンも加わった。
01年『北条時宗』(音楽:栗山和樹)では、モンゴルの女声歌手ノロヴバンザドが参加。
02年『利家とまつ~加賀百万石物語~』(音楽:渡辺俊幸)のOP曲は、同年、石川県根上町立根上中学校が演奏し、コンクール全国大会へ進出。見事、金賞を獲得した(編曲:後藤洋)。これが、コンクールに初めて登場した大河ドラマ音楽だった。
03年『武蔵 MUSASHI』では、ついに史上初の海外作曲家、巨匠エンニオ・モリコーネが起用された。
04年『新選組!』(音楽:服部隆之)では、オペラ歌手のジョン・健・ヌッツォがソロを歌い、これも吹奏楽ドンピシャで各地で演奏されたが、当のジョンが、一昨年、覚醒剤で現行犯逮捕されて、ミソを付けてしまった。
09年『天地人』の大島ミチルは、大河史上初の女性作曲家であった。

 かように大河ドラマは、音楽もそれなりの波乱万丈なのだ。そして今年の『龍馬伝』は、リサ・ジェラルドの歌唱である。

 曲は2分45秒。全編、ミニマム的なリズムが支配している。リサは前半とラスト部で主旋律を歌い、ラストは唐突に終わる。昨年の『天地人』のような「ブラス色」は皆無。だが、私みたいなオヤジ世代には、デッド・カン・ダンス時代を再び聴くようで、ちょっと懐かしいサウンドだ。

 この曲が、吹奏楽で、どんな響きになるのだろうか。少なくとも、ミュージック・エイト、月刊「バンド・ジャーナル」付録、「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」などは出版を検討しているはずだ。どこが最初に出すのか、リサの声をどのように処理するのか、楽しみだ。

 余談だが、日本管楽合奏コンテストは、声楽や電子楽器とのコラボも許されている。どこかの団体が、オリジナル通り、女声や打ち込みを加えて文京シビックで演奏してくれないだろうか。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


 

※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第2回「レコ芸」に「吹奏楽」欄

 クラシック音盤批評誌「レコード芸術」(音楽之友社)の新譜月評欄に、「吹奏楽」のジャンルが誕生した。

 同誌は、1952年創刊、現存する日本最古の、クラシックCD&DVD情報・批評の月刊誌。昨今のCD不況で、かつてほどの威力はなくなったが、いまでも、同誌で「特選盤」に選出されることは、クラシック音盤界の最高栄誉といえる。さらに、同誌で選出された中から、年に一度、「レコード・アカデミー賞」なる究極の栄誉も与えられる。

 いままで同誌の新譜月評欄は、「交響曲」「管弦楽曲」「協奏曲」「室内楽曲」「器楽曲」「オペラ」「声楽曲」「音楽史」「現代曲」の9ジャンルに「ビデオ」「録音評」「再発売」を加えた、計12ジャンルで構成されていたが、ここに新たに「吹奏楽」ジャンルが加わったのだ。

 新譜月評は、各欄を2人の評論家が担当するが、「吹奏楽」欄は、佐伯茂樹(音楽評論家)と中橋愛生(作曲家)の2氏が担当。佐伯氏は特に管楽器に詳しく、中橋氏はBP読者には説明不要の人気作曲家だ。

 1月号では、大阪市音楽団の「ダッチ・マスターズ組曲」(フォンテック)、フィルハーモニック・ウインズ大阪の「オオサカン・ライヴ・コレクションin WASBE」(グリーン・ミュージック)、寺田由美パーカッション・アンサンブルの「ドライヴⅡ」(ワコーレコード)の3枚が取り上げられている。

 クラシック誌で吹奏楽がまともに取り上げられたのは、10年前にたった1年で露と消えた「グラモフォン・ジャパン」以来ではないか。

 今後、毎月定番の欄になるのか。
レコード・アカデミー賞にも「吹奏楽」部門ができるのか。
「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」みたいなCDは取り上げられるのか。
「中橋愛生作品集」なんてCDも中橋氏本人が批評するのか。
いろいろ考え始めると夜も眠れなくなるが、とにかく、「レコ芸」のような老舗クラシック誌で「吹奏楽」がまともに取り上げられたのは快挙だと思う。素直に喜びたい。

■ダッチ・マスターズ組曲/大阪市音楽団
■オオサカン・ライブ・コレクション in WASBE「大阪俗謡による幻想曲」
■ドライヴII~10人の邦人作曲家による打楽器アンサンブル作品集~
 富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。

【コラム】富樫鉄火のグル新 第1回 紅白雑感

 2009年大晦日の紅白歌合戦。
スーザン・ボイル程度の歌声に感動している人は、オペラを知らないのだと思う。声と容姿のギャップが面白いというなら、ビルギット・ニルソンやモンセラ・カバリエ、ジェシー・ノーマンのほうがスゴイ。イギリスには、ディレッタント(アマチュア好事家)を愉しむ習慣がある。ホフヌング音楽祭しかり、ブラス・バンド人気しかり。彼女の人気はその延長線上にあるんじゃないか。

 マイケル・ジャクソンは、いつから、あんな「聖人」になったのか。彼は、過度の整形手術や白人願望、少年愛好癖で、半ば反社会的存在だったんじゃなかったのか。NHKが最も嫌うタイプじゃないのか。そもそも、あの日の紅白で、キムタクより氷川きよしのほうがマイケル的だったと感じたのは私だけだろうか。

 いきものがかりもアンジェラ・アキも、自作のNHK学校音楽コンクール課題曲を歌ったが、吹奏楽コンクール課題曲もがんばってほしい。吉田美和(ドリカム)やレミオロメンあたりにマーチ・メロディを書いてもらい、清水大輔や福田洋介が吹奏楽編曲して課題曲にし、大晦日にNHKホールで、歌詞付きで大合同合奏するとか、やってほしい。

 布施明が、若手に枠を譲るため、今年で紅白を卒業するとか公言したそうだが、これ、歌手として芸能人として、あるまじき言葉じゃないのか。しがみついてでも紅白に出続けてこそ「国民歌手」じゃないのか。だいたい、そんなこと言ってたら、北島三郎や五木ひろし、和田アキ子なんて、どうすりゃいいのか。

 久石譲作曲の紅白テーマ曲《歌の力》は、きれいな曲だったが、あんな難しい曲、そう簡単に歌えるとは思えない。現に、出場歌手たち、フラフラになっていた。どこか《城ヶ島の雨》と《冬の星座》と《ボレロ》を合体させたような曲だった。

 審査員の白鵬と森光子は、眼前で見せられたものを理解できていたのか、気になって仕方がない(それぞれ、別の意味で)。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。