「グル新」カテゴリーアーカイブ

【コラム】富樫鉄火のグル新 第188回 文学座アトリエ公演『冒した者』

創立80周年を迎えた文学座が、意欲的な記念公演をつづけている。今月は、三好十郎作『冒した者』が上演された(演出=上村聡史/文学座アトリエにて、9月19日観劇)。

昭和27年7月に劇団民藝が初演した芝居である(演出=岡倉史郎・三好十郎)。当時の出演は、滝沢修、宇野重吉、清水將夫、細川ちか子、奈良岡朋子――とある。民藝は、この年だけでも5~6本の映画製作に参加しており、上記役者たちのほとんどがそれらに出演している。そのかたわら、これほど重量級の芝居を初演していたことに驚かされる。

この続きを読む>>>>>

【コラム】富樫鉄火のグル新 第187回 なかった昔にもどる

「現代思想」7月臨時増刊号は、人類学者・中沢新一の責任編集で「総特集・築地市場」を組んでいる。最近、もっとも面白く読んだ雑誌だった。

この中で、世界的なチェリストで指揮者のムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(1927~2007)のエピソードが紹介されている。彼はたいへんな築地市場ファンで、来日のたびに訪れ、セリに聴き入って「これが日本のオペラだ」と感動していた。これは親日家スラヴァ(彼の愛称)を象徴するエピソードとしてよく知られた話なのだが、そもそもなぜ、思想誌「現代思想」が、築地市場を特集したのだろうか。

先日、なじみの料理屋のご主人が築地市場へ仕入れに行くのに、同行させてもらった。そこで感じたことは、築地市場の、動線設計の見事さだった。

この続きを読む>>>>>

【コラム】富樫鉄火のグル新 第186回 作曲家ヒューゴ・アルヴェーン

先日、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催された「EUフィルムデーズ2017」で、デンマーク・スウェーデン合作映画『マリー・クロヤー 愛と芸術に生きて』を観た(ビレ・アウグスト監督、2012年)。
2月の「トーキョーノーザンライツフェスティバル2017」(北欧映画祭)でも上映されたばかりだ。

19世紀末のデンマークの画家、ペーダー・セヴェリン・クロヤー(1851~1909)の妻、マリー・クロヤー(1867~1940)の物語である。
彼女自身も画家であり、かつ夫クロヤーの重要なモデルであった。
だがこの夫は精神に異常を来たし、さんざん家族を苦しめる。
映画は、そんな夫に翻弄される妻マリーの苦悩を描く。

この続きを読む>>>>>

 

【コラム】富樫鉄火のグル新 第185回 映画『メッセージ』

テッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』(原題Story of Your Life)が、『メッセージ』(原題Arraival)と題して映画化された。

新聞雑誌、ツイッター、ネット上など、どこでも絶賛である。

ついにあの印象深い小説が映像化されたのか、しかもそんなに出来がいいのか――と、鼻息荒く劇場へ駆けつけた。

しかし、少々残念な映画だった。

この続きを読む>>>>>

【コラム】富樫鉄火のグル新 第184回 ナクソス30周年記念ボックス

約20年前、ある音楽雑誌を起ち上げた際、真っ先に飛んできてくれたレコード会社が2社あった。
どちらも、雑誌の詳しい内容も聞かず、広告の年間出稿を申し出てくれた。
うれしくて涙が出た。
そのうちの1社が、ナクソス・ジャパンである(正確には、当時の日本総代理店「アイヴィ」)。

あるとき、同社のN社長から、1枚のFaxを見せられたことがある。
レコード業界団体から小売店に発信されたらしい文書で、「最近、香港で製作された安価なCDが大量に輸入されているので、扱いに注意してほしい」といった主旨だった。

明らかにナクソスを指していると思われた。

この続きを読む>>>>>

 

【コラム】富樫鉄火のグル新 第183回 書評『コンスタンツェ・モーツァルト「悪妻」伝説の虚実』

先日、居酒屋のテレビでニュースを見ていた隣席のオヤジが「また森友学園かよ~。日本人は飽きっぽいねえ。すぐ新しい話題に飛びつく。トランプとか金正男は、どうなっちゃったのよ~」とブツブツ言っていた。

そしてガリ・サワーなぞを呑みつつ「昨日まで天皇陛下万歳だったのに、敗戦になるや否や、民主主義礼賛になった国民だからな~。こんなもんかな~」などと日本人の変わり身の早さに呆れているのであった。

確かにそういう面もあるかもしれないが、これらの話題には共通点がある。
トランプも金正男も森友学園も、すべて「家族」がキイワードなのである。

この続きを読む>>>>>

【コラム】富樫鉄火のグル新 第182回 「教育勅語のすすめ」

いま話題の森友学園が運営する幼稚園では、「教育勅語」を園児に朗読だか暗誦だかさせるそうである。
「教育勅語」と聞くと、忘れられない思い出がある。

わたしは、1970年代からの約10年間(中学~高校~大学の時期)、テレビ番組「題名のない音楽会」の定期会員となって、公開録画の8~9割がたに通った(隔週金曜日夜、渋谷公会堂にて)。
もちろん、作曲家の黛敏郎(1929~1997)が企画・司会をつとめていた時期である。

1977年、この番組で「教育勅語のすすめ」と題する公開録画があった。

この続きを読む>>>>>

 

【コラム】富樫鉄火のグル新 第181回 <古本書評②>『悉皆屋康吉』舟橋聖一

まず、内容よりも、本書の成り立ちからご紹介したい。

これは8章構成の連作小説である。
舟橋聖一(1904~1976)は、昭和16(1941)年から、ほぼ1年に1章ずつ、複数の文芸誌を舞台に本シリーズを書き継いできた。
だが昭和16年といえば太平洋戦争が始まった年である。
次第に「文芸」どころではなくなり、昭和19年1月、前半部(「巻の四」まで)を発表したところで一時中断、残りは「書下ろし」で単行本化の際に加えることにした。
(このあたり、『細雪』の成立過程に似ている)

この続きを読む>>>>>

【コラム】富樫鉄火のグル新 第180回 <古本書評>『神話をつくる人たち』共同通信社

書評といえば普通は新刊が対象で、古書の書評なんて、あまり聞いたことがない。
だが、初めて読むのであれば、絶版古書だって、読み手にとっては新刊である。
近年、「アマゾン・マーケットプレイス」や「日本の古本屋」の充実で、目的の古書を入手しやすくなった。
だったら、古書の書評があってもいいのではないか。

1970年代から90年代にかけて、FM情報誌は4誌が競っていた。
ポップスに強かった「週刊FM」(音楽之友社)。
オーディオ情報と音楽家伝記マンガが売りだった「FMレコパル」(小学館)。
鈴木英人のイラストによるカセット・ラベルが付いていた「FM STATION」(ダイヤモンド社)。

そしてわたしが好きだったのは、クラシック情報が多い「FM fan」(共同通信社)だった。
同誌は「読み物」が充実しており、特に志鳥栄八郎の「わたしのレコード・ライブラリー」は、毎号、舌なめずりしながら読んだものである。

この続きを読む>>>>>

【コラム】富樫鉄火のグル新 第179回テレビをほとんど観ないので

例の「出家騒動」で、わたしは、清水富美加なるタレントを初めて知った。
そのことを周囲に話すと、2~3人、「わたしも知らなかった」と言うひとがいた(すべてわたしと同年配の中高年だが)。

わたしと彼らに共通しているのは「テレビをほとんど観ない」点である。
だから清水富美加なんて、知りようがないのである。
では、「テレビを観ない」で、何を観て(聴いて)いるのか。

この続きを読む>>>>>