「グル新」カテゴリーアーカイブ

【コラム】富樫鉄火のグル新 第337回「異郷」の地での共生

 『バルトーク晩年の悲劇』(アガサ・ファセット、野水瑞穂・訳/みすず書房)が、またもや復刊された。
 本書は、1973年に「亡命の現代史」シリーズ全6巻中の一巻として刊行され、1978年に単行本で再刊行された。
 その後、品切れで見かけなくなると、「書物復権」フェアのたびに重版復刊されてきた(いまはなき「東京国際ブックフェア」に合わせての復刊が多かった)。
 それが「新装版」となって、またもや復刊した(「新装版」といっても、カバー・デザインの写真や色味が変わった程度で、本文組みなどは同じだと思う)。
 それにしても、1973年邦訳初刊の本が、ほぼ半世紀たってもまだ生きていること自体、驚きとしかいいようがない(原著は1958年刊)。

 これは、ハンガリーの大作曲家、バルトーク・ベーラ(1881~1945)が、ナチス台頭を避け、アメリカで過ごした最後の5年間の記録である(バルトーク自身はユダヤ系ではなかったが、ナチスや社会主義体制を嫌っていた)。
 著者は、かつてハンガリーの音楽院で学んだころから、バルトークを敬愛してきた女性だ。アメリカに移住後、あとから亡命してきたバルトーク夫妻と知り合った。特にディッタ夫人の信を得て、生活の世話などしているうちに、家族同然の付き合いをするようになった。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第336回 東京佼成ウインドオーケストラの“民営化”

 日本を代表するプロ吹奏楽団「東京佼成ウインドオーケストラ」(TKWO)が、一般社団法人となって、“民営化”され、来年春から再スタートを切ることが発表された。
 TKWOは、1960年に、宗教法人「立正佼成会」の一事業部門として設立され、昨年、創立60年を迎えた老舗楽団である。だが今回、教団側が事業停止を決定したのだった。
             *****
 昨年春以降、新型コロナ禍でTKWOの演奏会は中止、事務局は在宅勤務中心となった。立正佼成会も事実上、活動休止となった。
 それでも、わたしは、本年4月に刊行された『東京佼成ウインドオーケストラ60年史』のドキュメント部分を執筆していた関係で、その間、何度か、TKWO事務局を訪問していた。
 事務局は、以前は普門館内にあったのだが、解体後は、向かいの立正佼成会大聖堂内に移っていた。
 ところが、その大聖堂が「閉鎖」されており、どこから入ればいいのか、最初のうちは、迷って困ってしまった。なにしろ巨大な建物なので、ひとつ間違えると、たいへんな距離を歩かなければならないのだ。

 本来、大聖堂はオープンで、1階の売店や2階の大食堂などは近隣のひとびとでも使用でき、わたしも、時折、利用させていただいていた。そうでなくとも、この近所で生まれ育ったわたしには、なじみのある建物である。
 その大聖堂が扉を閉ざして静まりかえっているのを見ていると、最初は「まさにコロナ禍ゆえの光景だなあ」なんて思っていたのだが、何回か行っているうちに、別の不安が襲ってきた。
 これほどの巨大組織が、こんなにいつまでも活動休止して、大丈夫なのだろうか。母体がこれでは、TKWOにも影響があるのではないか。

 すると案の定、昨年秋ころから、どうも「運営」をめぐって、なにか検討がなされているらしいことを感じていた。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 335回 配信と生演奏

第19回東京国際音楽コンクール〈指揮〉の本選会を聴いた(10月4日、東京オペラシティ・コンサートホール)。民音の主催で3年に一度開催され、1967年の第1回以来、錚々たる顔ぶれの指揮者を選出してきた。今回の審査委員長・尾高忠明も第2回の入賞者である。

 前回(2018年)の1位は、いま話題の、沖澤のどかであった(2019年にはブザンソン国際指揮者コンクールでも優勝)。入賞者デビュー・コンサートで聴いた、彼女が指揮するメンデルスゾーンの交響曲第3番《スコットランド》は、若々しい壮快な演奏で、とてもよかった。わたしはすぐに、知己のオーケストラ関係者に「ぜひ彼女を客演に呼んでほしい」とメールをおくった記憶がある。

【余談】沖澤のどかは、青森県立青森東高校の吹奏楽部で、オーボエ担当だったという。何度か東北支部大会に進出している名門だが、おそらく彼女は、福田洋介のコンクール課題曲《吹奏楽のための「風之舞」》(2004年度)を演奏した世代だと思う。一度、彼女の指揮で聴いてみたいものだ。

 今回、1位となったのはブラジルのジョゼ・ソアーレス(23歳)で、複雑な変拍子の、ストラヴィンスキー《ペトルーシュカ》抜粋を暗譜で演奏した(当初申告の3曲から、主催者が1曲を指定。全員共通の課題曲は、ロッシーニの歌劇《泥棒かささぎ》序曲)。こんな道楽者のわたしでさえ、聴き惚れ、見惚れる指揮ぶりで、終演後「あまりにダントツだねえ」と、ロビーで知人と話したものだ。
 今後、彼がどの国で、どのように活躍するのかわからないが、おそらくそう遠くない時期に、名が知られるようになるのではないだろうか。

 ところで、今回は、「宣言」も解除されたとあって、席数を絞っての有観客開催が可能となった。だが、同時に無料配信もおこなわれた(事前申し込み制)。わたしは、どっちにしようか迷ったのだが、ちょっと気になる点があったので、会場まで出かけて、ナマ演奏を聴かせていただいた(演奏終了後、仕事場にもどって、審査発表や表彰式は配信で視聴した)。

 *****

 わたしは、毎夏、お盆近くの時期に、東京都高等学校吹奏楽コンクール(いわゆる都大会予選/府中の森芸術劇場)に4日間通って、A組70団体前後の演奏を全部聴いている。
 よく「お好きですねえ」と笑われるのだが、東京のA組を聴いておけば、おおむね、その年の吹奏楽界の人気曲や演奏団体の変化などがわかるので、夏休みをかねて、毎年通ってきた(肉体的にはかなりシンドイが)。
 昨年度がコロナ禍で中止となり、今年度はどうなるかと思っていたら、「無観客/有料配信」で開催された。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第334回 《汽車は8時に出る》

 ギリシャの作曲家、ミキス・テオドラキス(1925~2021)が9月2日に亡くなった(享年96)。
 日本では新聞訃報欄の隅に小さく出ただけだが、ヨーロッパでは大ニュースで、ギリシャのカテリナ・サケラロプル大統領や文化大臣は「私たちはギリシャの魂の一部を失った」との追悼声明を発表、3日間の服喪(半旗)となった。

 彼のすごさは、極東にいるわれわれには、理解しにくい。
 ひとことでいってしまえば、ミキスは「闘う作曲家」である。第二次世界大戦時、レジスタンスに参加し、ファシズムと闘った。戦後、ギリシャ内戦や軍事独裁政権時代も、徹底的に対抗した。何度逮捕されても転向せず、パリに逃れて民主化運動を支えながら、音楽活動をつづけた。社会主義政権となってからは、国会議員や文化大臣もつとめた。
 自分を枉げず道を貫くひとに、太古より激動に翻弄されてきたヨーロッパのひとびとは、心から敬意を表する。
 
 そんなひとだから、ややこしい音楽を書いたのかというと、そうではない。
 有名なのは映画音楽で、『その男ゾルバ』『Z』『戒厳令』『セルピコ』『魚が出てきた日』などの社会派ドラマ、『エレクトラ』『トロイアの女』『イフゲニア』などのギリシャ悲劇映画などに名スコアを提供している。
 そのほか、7つの交響曲や、管弦楽曲、歌劇《メデア》《エレクトラ》《アンティゴネー》、バレエやカンタータ、歌曲……現代音楽の作曲家で、これほど、一般人に聴かれる音楽を、幅広いジャンルで書いたひとは、いない。
 
 ニュースでは、映画『その男ゾルバ』の作曲者であることばかりが報じられていた。
 だが、ミキスの真骨頂は、「うた」にあると思う。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第333回 マリヤ・ユージナとスターリン(5)

 映画『スターリンの葬送狂詩曲』で、音楽のクリストファー・ウィリスがネタ元の一つにしたらしき作曲家、ミェチスワフ・ヴァインベルク(1919~1996/ソ連では「モイセイ・ヴァインベルク」)は、ポーランド生まれのユダヤ人である。ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害を逃れてソ連に亡命したが、そこでもまた、スターリンによる迫害に苦しんだ悲劇の作曲家だ。
 かなり最近まで、知る人ぞ知る作曲家だった。だが、22曲の交響曲、17曲の弦楽四重奏曲などを残しており、ある時期のソ連音楽界を語るうえで、たいへん重要なひとである。
 近年は、ラトビア出身のヴァイオリニスト・指揮者のギドン・クレーメルが積極的に取り上げているほか、Naxosレーベルを中心に、秘曲が次々に音源化されている。

 1953年2月、そのヴァインベルクが逮捕される。すでに1948年のジダーノフ批判で、ショスタコーヴィチらとともに「形式主義的作曲家」に指定されており、演奏禁止となっていた。仕方なく、サーカスや劇場の三文音楽で食いつないでいた。
 実は、ジダーノフ批判の最中に、ユダヤ人の名優にして、国立ユダヤ人劇場の創設者、ソロモン・ミホエルス(1890~1948)が、事故を装って「暗殺」されている。ヴァインベルクは、このミホエルスの娘婿である。よって彼自身、自分の生命も風前の灯であることを予感していたフシがある。
 このとき、ショスタコーヴィチは、スターリンに次ぐ№2の大臣、ラヴレンチー・ベリヤ(ユーロマンガ/映画では主役格)にあててヴァインベルク救命の嘆願書をおくっている。

 ショスタコーヴィチはヴァインベルクと親友関係にあった。ショスタコーヴィチのユダヤ風音楽は、ヴァインベルクの影響である。ヴァインベルク夫妻は、もし自分たちになにかあった際は、子どもの養育をショスタコーヴィチに託していたほどだ。
 ショスタコーヴィチは、弦楽四重奏曲第10番をヴァインベルクに献呈している(2人は、弦楽四重奏曲の数を競い合っていた)。また、ヴァインベルクは、ショスタコーヴィチの死の翌年(1976年)に、交響曲第13番《ショスタコーヴィチの思い出に》を書いている。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第332回 マリヤ・ユージナとスターリン(4)

 英仏合作映画『スターリンの葬送狂騒曲』は、2017年に公開された(日本は翌年公開)。監督のアーマンド・イアヌッチは、もともとコメディを得意とするひとらしい。
 映画は、原作のユーロマンガ(BD=バンドデシネ)を、ほぼそのままなぞっている。まるでマンガがそのままシナリオになったようだ(実際に、当初のマンガ原作台本を参照して脚本化したらしい)。
 政治スリラーでありながら、全編に漂うコメディの香りは、演出の妙もあるが、原作のマンガ精神を再現することに徹した成果だと思う。
 ただ、映画そのものはブラック・パロディとして面白くできているが、ユーロマンガの映像化であることを理解していないと、ひとによってはバカバカしく感じるかもしれない。

 ここでユージナを演じているのは、ウクライナ出身のオルガ・キュリレンコである。映画『007 慰めの報酬』(2008)でボンド・ガールに抜擢され、一躍、世界に名を売った女優だ。
 さすがに本物のユージナのようなアクの強さはないが、気の強いピアニストをなかなかうまく演じていた。創作とはいえ、“スターリンを死に追いやった女”を演じるとは、ご本人も夢にも思わなかっただろう。

 そのキュリレンコが演じたマリヤ・ユージナによる“モーツァルトのレコード事件”も、映画では、原作マンガどおりに描かれている。そのためか、口うるさい評論家に「史実に誤りがある」と指摘され、ロシアでは一部で上映禁止になる騒ぎとなった。
 あらためて述べるが、“モーツァルトのレコード事件”は1947年の出来事で、スターリン逝去は1953年である。このユーロマンガ/映画は、2つの出来事を、1953年のある一夜に起きたことにして、ユージナの書いた手紙が、スターリンの脳内出血を引き起こしたことになっている。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第331回 マリヤ・ユージナとスターリン(3)

 フランスのダルゴー出版社は1936年設立の老舗で、主に女性読者を対象とする出版社だった。その後、多角化を目指して変貌をとげ、いまではヨーロッパ有数の「バンドデシネ」(BD)グループとして成功している。
 BD(ベデ=バンドデシネ)とは、主としてフランス・ベルギーを中心とするユーロマンガ(ヨーロッパ産の漫画)の呼称で、文字要素が多くストーリー性の強い、絵物語に近いマンガをそう呼ぶ。英語圏では「グラフィック・ノヴェル」などとも呼ばれる。アメコミ(バットマン、アイアンマンなどのヒーロー物)とは一線を画し、文学的要素のある作品が多い。

 そのダルゴー社が2014年に刊行したBDが、Fabien Nury 作、Thierry Robin画による『La Mort de Staline』(スターリンの死)である。
 タイトルから想像できるように、これは、ソ連の独裁者・スターリン書記長の死と、その後継をめぐるドタバタぶりを描いた政治サスペンスである。絵も構成も真摯だが、マンガならではのカリカチュア精神もあり、コメディすれすれの内容になっている。
 日本語版は、2018年7月に、小学館集英社プロダクションから、大西愛子の訳で刊行された。ただし邦題は、(のちに述べる)映画邦題に合わせ、『スターリンの葬送狂騒曲』となった(以下、ネームの引用は、日本語版の大西訳による)。

 物語は、〈1953年2月28日 モスクワ・人民ラジオ局〉のスタジオからはじまる。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第330回 マリヤ・ユージナとスターリン(2)

 ユージナがスターリンのために弾いたモーツァルトの協奏曲第23番は、CD26枚組ボックス・セット『The Art of Maria Yudina』(SCRIBENDUM)のCD4に収録されていた。アレクサンドル・ガウク指揮、モスクワ放送交響楽団の演奏で、「1948年」収録とクレジットされている。
 「あれ?」と思った。
 いままでのレコードやCD、ネット上の記述では、「1943年」「1944年」など、さまざまに書かれてきた。ユージナは、そうたくさんのレコードを残したひとではない。おなじ顔ぶれで、おなじ曲を、そう何回も録音はしなかっただろう。

 わたしが持っている、2019年にリリースされた「モスクワ音楽院」レーベル(Moscow Conservatory Records)のCD(上掲左)も、おなじ顔ぶれで、音源としてもおなじだと思うのだが、こちらは「1947年6月9日、モスクワにてスタジオ録音」と細かくクレジットされている。このレーベルは、モスクワ音楽院の自主製作盤で、同院ホールでのライヴや、同院に縁のあったアーティストの音源を発掘リリースしている(ユージナは同院の教授だった)。
 よって、情報も信頼できるはずなのだが、ライナーノーツではなぜかこの音源についてだけ、詳しく触れられていない。単に「CD2の最後は、ユージナの代表作、ピアノ協奏曲第23番イ長調KV488の伝説的な録音である」としか書かれていない。
 まあ「代表作」「伝説的録音」とあるのだから、たぶん、「事件」の該当音源なのだろうが。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第328回 ”タリバン映画”『神に誓って』

 アフガニスタンで、タリバン政権が復活した。アメリカ軍の撤退開始後のことで、世界中が「だから言わんこっちゃない」と呆れた。当初は無血開城だったので、タリバンも変容したかと思われたが、やはり、自爆テロや爆弾攻撃が発生し、ふたたびアフガニスタンは血に染まっている。

 過去、タリバンを題材にした映画は、いくつかあった。
 少女が男装してタリバン少年キャンプで生き抜く『アフガン零年』(セルディ・バルマク監督、アフガニスタン=日本ほか合作、2003年)。
 タリバン政権崩壊後もつづく女性差別の下、ロンドン五輪女子ボクシング出場を目指す女性を追ったドキュメント『ボクシング・フォー・フリーダム』(ホアン・アントニオ・モレノほか監督、アフガニスタン=スペイン合作、2015年)。
 タリバンに逮捕された父を探しに、髪を切って男に化ける少女を描くアニメーション『ブレッドウィナー』(ノラ・トゥーミー監督、アイルランドほか合作、2017年)。
 どれも、人間性どころか女性であることも否定するタリバンの恐ろしさと、それに抵抗する姿を描いて感動的だった。

 だが、わたしが寡聞ながら観てきたタリバンにまつわる映画で、次に紹介する以上の作品は、ないと思う。

【この続きを読む】

【コラム】富樫鉄火のグル新 第327回 名著とは、これ――『証言・昭和の俳句』増補新装版

 2002年刊、『証言・昭和の俳句』上下(角川選書)は、長いことロングセラーとして親しまれてきた。
 これは月刊「俳句」の連載をまとめたもので、戦中派の俳人13名に、一世代下の俳人・黒田杏子がロングインタビューした、聞き書き集だった。各人ごと、年譜と自選五十句も収録されていた。戦中の暮らしぶりや、俳壇の内情が微に入り細に入り語られていた。
 「新興俳句弾圧事件」「京大俳句」「日野草城『ミヤコホテル』」「角川源義」「桑原武夫の俳句第二芸術論」「小堺昭三『密告』」といったキイワードに少しでも感度のあるひとにとっては、まさに垂涎の一冊であった。

 あれから20年、この上下2冊が合本となり、一部内容を刷新してよみがえった。『証言・昭和の俳句 増補新装版』(聞き手・編著=黒田杏子/コールサック社刊)である。
 わたしも40年余、編集の世界に生きているが、ひさびさに「名著とは、これだ」と断言できる本に出会えたような気がする。簡単にご紹介しておきたい。

【この続きを読む】