「グル新」カテゴリーアーカイブ

【コラム】富樫鉄火のグル新 第357回 ウクライナと「左手」(2)

 ボルトキエヴィチとは、どんな作曲家なのか。 
 以下、『国境を超えたウクライナ人』(オリガ・ホメンコ著、群像社)での記述を中心に紹介する。

 一般に、このひとは「セルゲイ・ボルトキエヴィチ」と綴られる。だがこれは、ドイツ時代のスペルにもとづくらしい。ウクライナ人としては「セリヒーイ・ボルトケーヴィチ」が正確だという。

 彼は、帝政ロシアの末期に近い1877年、ウクライナ北東部のハリコフで生まれた(最近は「ハルキウ」と記すようだが)。ここは、ロシア国境にも近く、ウクライナで2番目の大都市だけあって、今回の侵攻でも壮絶な戦闘が繰り広げられた。
 実家は裕福で、子どものころから音楽が好きだった。長じてからはサンクト・ペテルブルクで法律と音楽の両方を学ぶ。
 ここからの彼の人生は、まことに波乱万丈で、よくまあ、著者ホメンコ氏も、この紙幅でおさめたものだと感心する。
 とりあえず、その足跡をダイジェストでたどると……

サンクト・ペテルブルクの大学時代に徴兵。だが、身体が弱くて除隊。
  ↓
ライプツィヒ音楽大学に留学、ベルリンで作曲活動、結婚。
  ↓
第1次世界大戦の勃発でハリコフにもどるが、ロシア革命でクリミアに疎開。難民となってトルコのコンスタンティノープルを経てオーストリアへ。
(この間、周囲の援助で、なんとか音楽活動はつづけてきた)

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第357回 ウクライナと「左手」(1)

 『国境を越えたウクライナ人』(オリガ・ホメンコ著/群像社刊)は、本年2月に刊行された。
 さっそく読みはじめたら、すぐにロシアによるウクライナ侵攻がはじまった。まるで、この日を予期していたかのような刊行タイミングに、驚いてしまった。
 なぜ、わたしが本書に興味をもったのかというと、ウクライナの作曲家、セルゲイ・ボルキエーヴィチ(1877~1952)について書かれていたからなのだが、その前に、本書のご紹介を。

 著者、オリガ・ホメンコ氏は、日本近現代史および経済史の研究者、ジャーナリストだ。キエフに生まれ、キエフ国立大学文学部を卒業。東京大学大学院地域文化研究科で博士号を取得した。キエフ経済大学などで教壇に立ち、現在はキエフ・モヒラ・ビジネススクール助教授でもある。
 2014年刊『ウクライナから愛をこめて』(群像社刊)が、「ウクライナ人が日本語で書いた」エッセイとして、話題になったので、ご記憶のかたもいるだろう(とてもいい本なので、強力推薦!)。

 本書は、母国を飛び出し、国際的に活躍したウクライナ人9人+1人(なにものかは、読んでのお楽しみ)を紹介したミニ評伝集である。1人あたり10頁前後でコンパクトにまとめられているので、たいへん読みやすい(訳者名がないので、これも日本語で書かれたようだ)。
 乳酸菌の効用を発見し、長寿研究の先駆けとなったイリヤ・メーチニコフ(1845~1916)。
 1964年に、現役女性画家として初めてルーヴル美術館で個展を開催した、ソニア・ドローネー(1885~1979)。
 ヘリコプターの生みの親、イーゴル・シコールスキイ(1889~1972)。
 終生、日本に憧れ、パリ日本館に暮らしながら著述に明け暮れた、ステパン・レヴィンスキイ(1897~1946)等々……。

 記述はとてもていねいで、エピソードもうまくまとめられている。
 たとえば、前掲、シコールスキイがひたすら空を飛ぶ夢を追いつづける姿など、微笑ましくさえ感じる。ところが、アメリカにわたり、航空機開発会社を設立するが、資金繰りがうまくいかない。落ち込む気分を、趣味のチャイコフスキーなどの故国の音楽を聴いて慰めていた。
 あるとき、母国の大作曲家・ピアニスト、ラフマニノフの訪米公演があると知り、大枚をはたいて出かけた。終演後、楽屋に挨拶に行き、資金難の状況をぼやくと、なんとラフマニノフは、その場で、当日の収入全額「5,000ドル」を貸してくれたという。後刻、会社が黒字になったとき、利子をつけて返済したそうだが、これなど、日本の落語か講談に出てきそうな話だ。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第356回 高昌帥〔コウ・チャンス〕、そして洪蘭坡〔ホン・ナンパ〕

 高昌帥〔コウ・チャンス〕(1970~)のコンサートが、大阪と東京でつづけて開催される。
 高昌帥は、いうまでもなく、主として吹奏楽の分野で活躍している大人気作編曲家、指揮者だ。大阪音楽大学教授もつとめている。全日本吹奏楽コンクール課題曲も、《吹奏楽のためのラメント》(2001年度/公募)、《吹奏楽のための「ワルツ」》(2018年度/委嘱)の2曲を書いている。

 コンサートは、まずは4月24日(日)に大阪で、Osaka Shion Wind Orchestraの第142回定期演奏会。
 1週間後の5月1日(日)に東京で、シエナ・ウインド・オーケストラの第52回定期演奏会。
 どちらも、当人の指揮で、曲目も自作が中心なので、一種の“個展”といってもいい。まったくの偶然らしいが、このようなコンサートが、東西で連続して開催されるのは、きわめて珍しい。高昌帥は主に関西で活躍しているひとなので、特に東京でのコンサートは、貴重な機会である。

 近年、全国の吹奏楽コンクールだけで600回以上も演奏されている大ヒット曲《吹奏楽のためのマインドスケープ》や、全5楽章の超大作《吹奏楽のための協奏曲》なども、東西双方で演奏される(もちろん原曲ノーカットで)。
 曲目の詳細は各楽団のサイト(文末にリンクあり)でご確認いただきたいが、ちょっと目を引く曲が、東京(シエナWO)の曲目にある。
 それが、《故郷(ふるさと)の春》(高昌帥編曲)である。韓国を代表する童謡で、”第二の国歌”と呼ぶひともいる。北朝鮮でも歌われているらしいので、”朝鮮半島を代表する童謡”といってもいいかもしれない。「わたしの故郷は花の里……あのこどもの日々が懐かしい」と、生まれ故郷を懐旧する曲で、日本の唱歌《故郷》のような、素朴で美しい曲である。

 まさか、この曲が、日本のプロ吹奏楽団の定期演奏会で取り上げられるとは、夢にも思わなかった。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第355回 第3回大島渚賞

 第3回大島渚賞が発表となった。
 受賞作は『海辺の彼女たち』(藤元明緒監督)である。

 「大島渚賞」といっても、まだ新しい賞なので、ご存じない方も多いだろう。
 主催は、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)で、同映画祭の一部門として運営されている。「映画の未来を拓き、世界へ羽ばたこうとする、若くて新しい才能に対して贈られる賞」で、いわゆる映画監督の新人賞である(大島渚はPFFの審査員を長くつとめ、多くの新人を発掘した)。
 審査員は、坂本龍一(音楽家/審査員長)、黒沢清(映画監督)、荒木啓子(PFFディレクター)の3人。

 第1回は2020年3月に開催された(コロナ禍がはじまった時期だけに、記念上映会場は、緊張した雰囲気に包まれていた)。受賞作は、ドキュメンタリ『セノーテ』(小田香監督)。
 2021年の第2回は該当者ナシ。
 そして今年が第3回で、前記『海辺の彼女たち』(藤元明緒監督)が受賞した。

 これは、ベトナムから技能実習生として来た3人の女性たちの物語である。なんとか3か月頑張ってきたが、あまりに過酷、搾取が多く、家族へ送金もままならない。そこで、ある夜、密かに脱走する。少しでもギャラのいい仕事を求めて、怪しげなブローカーに紹介され、不法就労者として小さな港町で隠れて働くことになった。しかし、1人が体調を崩す。病院にかかりたいが、彼女たちには在留カードも身分証もない……。

 昨今、日本でも問題になっている外国人労働者の問題に迫った異色作で、全編、彼女たち3人の描写に終始する(よって、コトバはすべてベトナム語で、字幕付き)。一見ドキュメンタリかと見紛うリアルな描写で、”見てはいけないもの”を見せられているような迫力がある。

 わたしは、記念上映会(4月3日、丸ビルホールにて)で鑑賞し、藤本明緒監督と黒沢清監督たちのトークを聞きながら、なるほど、いかにも「大島渚賞」にふさわしい作品が選ばれたなあと思っていた。
 ところが、翌日の授賞式で、病気療養中のせいか、欠席した審査員長・坂本龍一のコメントを知って、驚いた。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第354回『動物農場』ウクライナ語版

 ジョージ・オーウェル(1903~1950)の寓話小説『動物農場』は、1945年にイギリスで刊行された。
 農場で、動物たちが「革命」を起こし、農場主のジョーンズ氏を「追放」、動物社会を樹立する。リーダーはブタのスノーボールとナポレオンだった。
 動物たちは、リーダーの指導の下、「平等」社会を目指し、日々、労働に励むが、どうもおかしい。収穫した食糧がきちんと分配されている気配がない。猛犬たちが「秘密警察」のように監視している。リーダーたちは陰で贅沢かつ安穏とした生活をおくっているようだ。やがてリーダー間で「抗争」が発生し、スノーボールは「追放」され、ナポレオンの「独裁政治」が確立する。

 要するに、ロシア革命による帝政崩壊~ソ連成立~スターリンの恐怖政治……を、農場に仮託して描いているのである。いうまでもなく、「ジョーンズ氏」がニコライ二世、「スノーボール」がトロツキー、「ナポレオン」がスターリンである。

 いまでは寓話小説の傑作として知られているが、1945年の刊行当初は、それほどの評価は得られなかった。ほかの国でも、すぐには翻訳刊行されなかった。
 ところが、なぜか「ウクライナ語版」なるヴァージョンがあって、早くも1947年11月に出ている。そしてオーウェルは、この「ウクライナ語版」だけに、かなり長い序文を寄せているのだ。
 しかし当時、ソ連の構成国だったウクライナで、このような本が刊行できたのだろうか。

 実はこの版は、ウクライナ国内で刊行されたものではない。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第353回 『ドライブ・マイ・カー』~「国際的」なるもの

 わたしは、一度だけ、南仏のカンヌへ行ったことがある。といっても映画祭ではなく、MIDEM(国際音楽産業見本市)に参加するためだった。世界100カ国以上、4,000社前後が出展する世界最大の音楽ビジネス・フェアである。
 カンヌといえば映画祭で有名だが、この町は「フェア」(展示会、見本市、〇〇祭)で食っているので、1年中、何かしらの巨大イベントが開催されているのだ。

 このとき驚いたのは、最寄りのニース空港に着いたら、空港内の広告スペースが、すべてMIDEM出展社の”アピール広告”で埋まっていることだった。レーベルや音楽出版社による新譜宣伝、イメージ・ポスターなど様々だったが、そのすべてから「MIDEMではぜひわが社のブースを訪れて!」「自社のアーティストを貴国で売って!」との強烈なメッセージが伝わってきた。なかには「連日、先着〇名様に新譜CDをプレゼント!」みたいな広告もあった。
 MIDEMクラシックCD賞の選考発表もあって、それ目当ての宣伝も多かった。まさに「MIDEMは空港からはじまっている」としかいいようがなく、呆気にとられた。

 あとでわかったのだが、イギリスのあるクラシック・レーベルなどは、会場近くのホテルの広い一室を借り切って、ビュッフェ付きの「1社MIDEM」を開催していた。ざわついた会場の狭いブースより、ずっと落ち着いて過ごせる。しかもそこで、自社アーティストによる室内楽のサロン・コンサートまで開催していた(もちろんCDの宣伝だ)。

 これが「カンヌ国際映画祭」になると、その何倍もの迫力であることは、いうまでもない。ある映画ジャーナリストが「海外の映画祭では、賞は、”もらう”のではなく、”奪い取りに行く”ものです」といっていたのを思い出す。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第352回 第二の「バビ・ヤール」

 ショスタコーヴィチの交響曲第13番には、副題として《バビ・ヤール》と付されている。
 これは、ウクライナ、キエフ近郊にある渓谷の名前で、1941年9月29・30日の2日間にわたって、ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺がおこなわれた地である。

 この年、ソ連・ウクライナに侵攻したナチス・ドイツは45日間にわたってキエフを包囲。だが徹底抗戦もむなしく、キエフは占領される。
 ナチスはキエフの全ユダヤ人に出頭を命じ、バビ・ヤール渓谷に移送した。てっきり、そこから収容所に移されるものと思いきや、その場で次々と射殺。渓谷は遺体の山で埋まった。その数、2日間で約3万4000人。一か所で同時におこなわれた民族虐殺としては、最大数の犠牲者となった。
 その後も虐殺はつづき、最終的にキエフ周辺で10万人のユダヤ人が虐殺されたともいわれている。

 この悲劇を連作詩集『バビ・ヤール』(1961)として描いたのが、ソ連の詩人、エフトゥシェンコ(1933~2017)である。「バビ・ヤールに墓碑銘はない」ではじまる有名な詩だ。ショスタコーヴィチは、この詩集をもとに、男声バス独唱+男声バス合唱+管弦楽で悲劇を音楽化した。
 この編成から想像できるように、なんとも異様で壮絶な音楽である。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第351回 YAMAHA育ち(下)

 わたしは、高校時代、毎晩、ラジオにかじりついて、ニッポン放送の「コッキーポップ」を聴いていた(24:30~25:00)。ヤマハ音楽振興会が主催する「ヤマハポピュラーソングコンテスト」(通称「ポプコン」)の楽曲を紹介する番組だった。
 ここから生まれ、いまでも人気を保っているスターといえば、中島みゆきにとどめを刺す。

 1975年5月、第9回ポプコンつま恋本選会に入賞した中島みゆきの《傷ついた翼》を、「コッキーポップ」で聴いたときの感動は、いまでも覚えている。強烈なヴィブラートで、当時としては珍しいゆったりしたバラードだった。そして、後半で転調して曲想が拡大する見事な構成。「すごいシンガー・ソング・ライターがあらわれた」と、心底から思った。

(余談だが、第9回ポプコンは、このほか、柴田容子《ミスターロンサム》、八神純子《幸せの国へ》、PIA=のちの渡辺真知子《オルゴールの恋唄》、松崎しげる《君の住んでいた街》など、ウルトラ級の名曲がそろっていた)

 ところが、それはほんの序章だった。
 9月に、独特のワルツ《アザミ嬢のララバイ》でシングル・デビュー。そして10月の第10回ポプコンに《時代》で再出場してグランプリ。翌月の世界歌謡祭に同曲で日本代表として出場し、またもグランプリ。中島みゆきは、怒涛の進撃を開始した。
 まさに「YAMAHA」から生まれた、ポップスの大スターだった。

 以後、彼女は、いまに至るまで、ずっとヤマハをベースに活動している。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第350回 YAMAHA育ち(中)

 最近、気になっているピアニストに、フランスのエロイーズ・ベッラ・コーン(1991~)がいる。 
 彼女が昨秋、Hanssler Classicからリリースした、バッハ《フーガの技法》(エスケシュ補筆完全版)は、たいへん興味深いディスクだ。フランスの”鬼才オルガニスト”で作曲家のチエリ・エスケシュ(1965~)が補筆完成させた《フーガの技法》を、ピアノで演奏したアルバムなのだ(そもそも原曲は未完のうえ、スコアに楽器指定がない”謎の音楽”である)。

 本題とは関係ないので、いま、このアルバムの内容には踏み込まないが、こういう面白いプロジェクトに挑むとは、どういうピアニストなのだろうと気になった。
 さっそく彼女のウェブサイトでプロフィールを見ると、「パリに生まれ、4歳からヤマハ音楽教室で音楽を学び……」とある。
 その後は、名門、CNSMDP(パリ国立高等音楽・舞踊学校)を卒業したようなので、上原彩子のように、ヤマハ一筋ではないようだ。
 しかし、芸術の都パリにもヤマハ音楽教室があり、《フーガの技法》補筆完全版に挑むフランス人ピアニストを生んでいるとは、不勉強とはいえ、ちょっと意外だった(検索すると、教室はパリ以外にもいくつかあるようだ)。

この続きを読む

【コラム】富樫鉄火のグル新 第349回 YAMAHA育ち(上)

 2002年6月、チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ部門)で上原彩子が優勝したとき、様々な点で驚かされた。
 まず、「日本人」として初の優勝だったこと。
 過去の優勝者は、ほとんどソ連/ロシア人である。「国際」の名が付いているが、実際はソ連/ロシア文化の優位性を西側社会に誇示するためのコンクールなのだ(なのに、1958年の第1回で、アメリカ人のクライバーンが優勝してしまったので、以後、ソ連/ロシア陣営がいっそう首位獲得にやっきとなってきた)。
 次に、史上初の「女性優勝者」だったこと。
 このコンクールは、よく「重量級」「男性的」といわれる。本選まで残ると、2週間は留め置かれ、チャイコフスキーなどの協奏曲を2曲、弾かねばならない。尋常な体力では最後まで貫けないのだ。

 小柄な日本女性、上原彩子の優勝は、これだけでも驚きだったが、さらに世界中が注目したのは、彼女が「音楽学校に行っていない」ことだった。「ゲイダイ」でも「キリトモ」でもなく、なんと「ヤマハ音楽教室」出身だという(彼女の最終学歴は、岐阜県立各務原西高校卒業)。
 このとき、世界中が、日本の「YAMAHA」は、単なる楽器メーカーや、町の音楽教室ではなく、世界最高のピアニストを育成するシステムを持っていることを、あらためて知ったのだった。

 そんな上原彩子の自伝エッセイ『指先から、世界とつながる~ピアノと私、これまでの歩み』(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス刊)が出た。
 彼女の語りを、音楽作家、ひのまどかが聴き取り、周辺取材も交えて構成した本だが、これがすこぶる面白い。

この続きを読む