BP編集部 のすべての投稿

■いがらし きよし の「バンド料理法」(12)

【2月号】
栄養のバランスや分量を考えた食事を摂ろう!
~時間と内容を工夫して、目標を達成させよう
Text:五十嵐清

吹奏楽部の活動が楽しさを感じて生活の大部分を占めてきた時期だと思います。その反面2年生は運営や音楽向上、1年生は技術向上や成績など、いろいろな問題や悩みがあるのではないでしょうか?

1.運営について
吹奏楽部のメインは音楽を楽しみ楽器を演奏することがですから、運営が音楽練習のバランスをとることが必要です。部の運営は中心となる執行学年(2年)が幹部だけでなく全員で力を注いで舵をとっていきます。そして1年生がそれを理解し協力することが必要です。一人一人が部活のために何ができるかを考え実行していく。そのために、スケジュールを把握し先読みし、逆算して仕事に取り掛かること。そして、情報をオープンにして共有することです。

2.技術練習について
演奏技術の向上は「質×量」です。量は大切ですが、ただ時間を長くかけたり、一度に詰め込めばいいということではありません。目標を提示して達成できるように練習内容の質を上げることを目指してください。「正しいフォーム。正しいブレス。正しいアンブシュア。」この3つは常に忘れずに、演奏テクニックの向上を図り、合奏や本番演奏を楽しんでください。

(1)時間を作る努力をしよう。
普通の人は「忙しいから」と言って時間を作る努力をしない。できる人は「忙しいからこそ」時間を作る努力をする。時間を区切って限られた時間のなかに凝縮し中身を充実する。
勉強との両立、運営と音楽練習とのすみ分けや時間配分を自分自身で決める。学校生活や勉強との両立しながら、吹奏楽部活動を楽しみ、充実した学校生活と感動のある音楽を創れたら最高です。

(2)言い訳が先にきて、やれることをやらない。
練習する時間がないからと言って曲が出来ないという人がいる。本当にそうなのでしょうか? 楽器を持てなくても、演奏する曲を聞いて声で歌えるはず。やれることを探して実行するだけで違いが出てきます。できる人は(勉強でも部活でも)やることを吟味して優先順位を決めて時間を生み出している。

(3)練習(勉強)内容の充実で効果を高めよう(何事も積極的に)
「いやいや仕方なく」やった練習(勉強)は効果がない。
「納得して」やった練習(勉強)でも物足りない。
「ワクワク」自分から進んで楽しくやった練習(勉強)に効果が表れる。

内容(質)と時間(量)のバランスを工夫して、
楽しみながら目標を達成させよう!

(続く)

「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」2月の放送予定

毎週(木)21時…FMたちかわ(立川・昭島)
https://fm-tachikawa.com/

毎週(土)23時…FMカオン(厚木・海老名)
https://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午…調布FM 
http://www.chofu-fm.com/

毎週(日)20時…FMはなび(秋田県大仙市)
http://fmhanabi.com/

もちろん、どれもネット経由で、全国どこででも聴けます!
再放送も含めて、1番組を月に「8回」聴くチャンスがあります!

◆第211回 ベルギー王室の軍楽隊、ギィデ交響吹奏楽団の魅力
FM立川:2/2(木)、【再放送】2/26(木)
FMカオン:2/4(土)、【再放送】2/18(土)
調布FM:2/5(日)、【再放送】2/19(日)
FMはなび:2/5(日)、【再放送】2/19(日)

◆第212回 没後40年、ウィリアム・ウォルトン再発見
FM立川:2/9(木)、【再放送】2/23(木)
FMカオン:2/11(土)、【再放送】2/25(土)
調布FM:2/12(日)、【再放送】2/26(日)
FMはなび:2/12(日)、【再放送】2/26(日)

【制作・提供】バンドパワー
【ご案内】富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

BPラジオの視聴方法

◆第211回 ベルギー王室の軍楽隊、ギィデ交響吹奏楽団の魅力
FM立川:2/2(木)、【再放送】2/26(木)
FMカオン:2/4(土)、【再放送】2/18(土)
調布FM:2/5(日)、【再放送】2/19(日)
FMはなび:2/5(日)、【再放送】2/19(日)

フランスのギャルド・レピュブリケーヌと並ぶ、ヨーロッパを代表する軍楽隊といえば、ベルギーのギィデです。いまだ来日していない、最後の大物(王立)軍楽隊といわれています。
ここは録音もたいへん熱心で、膨大な数の名盤を生んでいますが、今回は、そこから、聴き逃せない名演、名曲をおおくりします。
演奏は、もちろん、すべて、ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団です。

【1】歌劇《フィガロの結婚》ダイジェスト/モーツァルト作曲【約16分】

【2】狂詩曲《ジェリコ》/モートン・グールド作曲【約13分】

【3】《風の影》~Ⅰ:忘れられた本の墓場/ローレン・ボーモン作曲【約7分半】

【4】魔女の大釜/アレクサンデル・コミタス作曲【約11分】

◆第212回 没後40年、ウィリアム・ウォルトン再発見
FM立川:2/9(木)、【再放送】2/23(木)
FMカオン:2/11(土)、【再放送】2/25(土)
調布FM:2/12(日)、【再放送】2/26(日)
FMはなび:2/12(日)、【再放送】2/26(日)

今年は、イギリスの作曲家、ウィリアム・ウォルトンの没後40年です。数々のジャンルに名曲を残した人ですが、今回は、映画音楽を中心に、お楽しみいただきます。特に《空軍大戦略》組曲は、数種類ありますが、これが、いちばん長い、吹奏楽ヴァージョンです。
※【3】以外は、すべてウィリアム・ウォルトン作曲です。

【1】映画『スピットファイア』より、プレリュード&フーガ【約8分】
ロバート・オーウェン少佐指揮、スコッツ・ガーズ・バンド

【2】戴冠式行進曲《宝玉と王杖》ブラスバンド版【約7分半】
フィリップ・ハーパー指揮、コーリー・バンド

【3】映画『空軍大戦略』(バトル・オブ・ブリテン)テーマ/ロン・グッドウィン作曲【約3分半】
ダンカン・スタッブス指揮、ロイヤル・エア・フォース・バンド

【4】映画『空軍大戦略』(バトル・オブ・ブリテン)組曲【約12分半】
ロバート・オーウェン少佐指揮、スコッツ・ガーズ・バンド

【5】戴冠式行進曲《王冠》(クラウン・インペリアル)【約11分】
鈴木孝佳指揮、タッド・ウインドシンフォニー

【コラム】第375回【新刊紹介】書評するには「全編引用」しかない、昭和初期の「快著」復刻!

まず、これほどの「快著」が、戦前の昭和初期に出て、その後、ずっと忘れられていたことに、驚く。
さらに、それを、令和のいまになって発見し、復刻させたひとと版元が存在することにも、驚く。
本書は、渋沢栄一の孫にして、英語学者・市河三喜(1886~1970)の妻、市河晴子(1896~1943)が、1931(昭和6)年、夫の欧米視察旅行に同行した際の「旅行記」である。

だがその前に、本書を「復刻させたひと」(編者)=「高遠弘美」氏について。
この名前を見て、気づいた方も多いと思う。高遠弘美氏(1952~)は高名な仏文学者である。プルースト『失われた時を求めて』の個人全訳に挑んでいる(光文社古典新訳文庫)。
その仏文学者が、2013年に『七世竹本住大夫 限りなき藝の道』(講談社)を刊行した時も、驚いた。『失われた時を求めて』の刊行がはじまったころで、まさかおなじ著者が、文楽太夫の本を出すとは! 住太夫はあたしも大ファンだったので、さっそく読んだら、徹底的な正攻法ファンによる「追っかけ本」だった。プルーストと文楽が「同居」しているなんて、面白い書き手だなあと、感動してしまった。

本書は、そんな好奇心旺盛な仏文学者が、おなじく好奇心だけで成立しているような古書を神保町で発見し、たちまち魅了され(おそらく自分に通じるなにかも感じ)、そのほかの著書も渉猟・取材し、解説も加えて抜粋再構成したものである。

この続きを読む

■大阪の音楽文化の水脈 vol.2 -吹奏楽(2月3日)

今回のミュージックカフェは、大阪にてこれまで形成されてきた音楽文化に焦点を当てたシリーズ企画の第2弾です。テーマは学生から大人まで幅広く愛されている「吹奏楽」。なかでも「Shion(しおん)」の愛称で親しまれる、日本で最も長い歴史を持つ交響吹奏楽団「Osaka Shion Wind Orchestra」は、1923(大正12)年に大阪で誕生して以来、大阪の音楽文化の発展に寄与してきました。来年には誕生100周年を迎えるShionは、どのように発足、活動し、今日まで愛される楽団になったのでしょうか。同楽団の100年誌編纂統括である樋口幸弘さんをお招きし、大阪における吹奏楽文化の黎明期を紐解きます。

日時:2023年2月3日(金)19:00-20:30
会場:アートエリアB1(会場からのオンライン配信あり/無料・申込不要)
定員:30名程度(無料/申し込み不要/当日先着順)

※オンライン配信:https://artarea-b1.jp/
(開始時刻になるとWEBサイトトップにプレーヤーが表示されます。)

ゲスト:樋口幸弘 (ウィンド・ナビゲーター)
大阪市出身。音楽プロデューサー・解説者として活躍。NHK-FMでは《ブラスのひびき》などのパーソナリティーをつとめた。企画・制作・解説を担ったレコードやCDの数は、300タイトルを超す。ウェブマガジン「バンドパワー」に、《樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言》、「Shion Times」に《樋口幸弘のShionよもやま話》を連載中。

カフェマスター:
澤田青空(大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻3年)
西村理(大阪音楽大学教授)
久保田テツ(大阪音楽大学准教授/アートエリアB1運営委員)

主催:大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻、アートエリアB1【大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス(株)】

協力:公益社団法人 大阪市音楽団

問い合わせ:大阪音楽大学 https://mcom.jpn.org/

■楽団こゆき Merci Concert(2月12日)

私たち楽団こゆきは『真摯に音楽と向き合い、音楽づくりに取り組み、仲間と音楽を楽しむこと』をコンセプトに結成した、一歩上の演奏を目指す吹奏楽団です。
初の舞台となるこのmerci(ありがとう)コンサートでは、こうして音楽をできる喜びを皆さまと分かち合いたく、楽器経験も年齢も問わず、全ての方にお楽しみいただけるプログラムをご用意いたしました。
是非ご来場いただけましたら幸いです。

日時 : 2023年2月12日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 大阪市立阿倍野区民センター大ホール
交通手段 : 地下鉄谷町線、阪堺上町線「阿倍野」駅より徒歩約3分
JR、地下鉄御堂筋線「天王寺」駅より徒歩約10分
料金 : 無料(事前予約制) https://teket.jp/4877/16777
曲目 : 【Ⅰ部】
♪ハンティンドン・セレブレーション
♪楽器紹介のためのファンタジーメドレー
♪「ラ・ラ・ランド」よりハイライト
♪マゼランの未知なる大陸への挑戦

【II部】
♪NHK大河ドラマで「真田丸」メインテーマ
♪昭和アイドル・コレクション
♪さくらのうた(改訂版)
♪交響組曲「シネマ・トリロジー」~スタジオジブリ・コレクション~
 第一楽章「Sky-Flight」 
問合せ :

担当者楽団こゆきスタッフ
E-Mailkoyuki.windensemble@gmail.com

■筑波研究学園都市吹奏楽団 午後の演奏会25(3月12日)

私ども筑波研究学園都市吹奏楽団は、毎年春に牛久市中央生涯学習センター、秋につくば市ノバホールにて演奏会を行っております。
本年度も、3月12日に「午後の演奏会25」を牛久市中央生涯学習センターにて開催する運びとなりました。今回は、春を迎えるなか、家族と、友人と、仲間と、かたわらに音楽をたずさえながら出かけようという思いを込めて、「音楽と一緒にお出かけ 」をテーマにしたプログラムで皆様のお越しをお待ちしております。指揮は野宮敏明先生です。

日時 : 2023年3月12日(日) 開場 13:00 、開演 14:00
会場 : 牛久市中央生涯学習センター 文化ホール
交通手段 : JR 牛久駅より徒歩20 分
牛久市コミュニティバス「かっぱ号」
運動公園ルートにて「中央生涯学習センター」下車
料金 : 0円 電子チケット利用(URL:https://teket.jp/284/18799)
曲目 : さんぽ
いい日旅立ち
ミスター・ロンリー
サウンド・オブ・ミュージック・セレクション
ほか
問合せ :

担当者午後の演奏会25実行委員会
TEL080-4122-8231
E-Mailt-brass@jcom.home.ne.jp
HomePagehttp://toshibrass.music.coocan.jp/

■岐阜県立斐太高等学校吹奏楽部 第40回定期演奏会(3月19日)

第40回を記念して行う今年の定期演奏会のテーマはズバリ「40」。「40」にちなんだ曲目をたくさん演奏します。そして今回のメインプログラムは森田一浩編曲の『もののけ姫セレクション』をお届けします。最新楽曲から昔懐かしいあの曲までたくさんのエンターテイメントをお届けします。

日時 : 2023年3月19日(日) 開場 14:15 、開演 15:00
会場 : 高山市民文化会館大ホール
交通手段 : JR高山本線高山駅下車。白山口より徒歩3分。無料駐車場もございます。
料金 : 500円
曲目 : 第1部:VIVA MUSICA(A.Reed)、さくらのうた(福田洋介)、グラナダ(Vo.Solo都竹悠河)、もののけ姫セレクション
第2部:カーペンターズフォーエバー、ジャンボリミッキー!、斐高ビッグバンドビート、すずめの戸締り、特集「3世代のラブストーリーは突然に…」
Instagram、Twitter、フェイスブックにて情報公開しています。
問合せ :

担当者斐太高校吹奏楽部(山魁�和次ヒ
TEL0577-32-0075
FAX0577-32-9006
E-Mailp98063@gifu-net.ed.jp

■やまももシンフォニックバンド 第9回定期演奏会(6月4日)

やまもも meets 福川伸陽

日時 : 2023年6月4日(日) 開場 12:45 、開演 13:30
会場 : 杉並公会堂 大ホール
交通手段 : 荻窪駅北口より徒歩7分(JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線)
料金 : 1500円(全席自由)
曲目 : D. ギリングハム ホルンと吹奏楽のための協奏曲
N. ヘス マーチ「バーンズ・ウォリス」
M. ラヴェル 「スペイン狂詩曲」より
2023年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より

※都合により曲目が変更になる場合がございます。
問合せ :

担当者広報担当
E-Mailyamamomo.sb@gmail.com
HomePagehttps://yamamomo-sb.com

■早稲田摂陵高等学校ウィンドバンド 第64回定期演奏会(2月18日)

このたび、吹奏楽コースの卒業生(ウィンドバンド第64期生)を送り出すにあたり、卒業を記念しまして「第64回定期演奏会」を開催します。オンラインライブ配信も行います。

日時 : 2023年2月18日(土) 開場 13:00 、開演 14:00
会場 : ザ・シンフォニーホール
交通手段 : JR大阪環状線 福島駅から北へ徒歩約7分。
JR東西線 新福島駅 1番出口から北へ徒歩約10分。
阪神電車 福島駅 2番出口から北へ徒歩約10分。
JR大阪駅から西へ徒歩約15分。
料金 : 1500円
曲目 : 田中久美子:ラルク・アン・シエル
アラン・メンケン:「ノートルダムの鐘」より
アンドリュー・ロイド=ウェバー:「オペラ座の怪人」より
八木澤教司:南風が吹いたら
川口尚:ヴィヴ・ラ・フランス!
ほか
問合せ :

担当者早稲田摂陵高等学校吹奏楽コース
TEL072-640-0680
FAX072-643-6628
E-Mailwasedasetsuryowb@gmail.com
HomePagehttp://www.waseda-setsuryo.ed.jp

■INC. PERCUSSION DAYS 2023 KUNITACHI DAY2(2月12日)

ワークショップ、レクチャー、コンサート、プロフェッショナルな世界を垣間見つつ打楽器漬けの3日間!みんなで参加し、次代を担う演奏家を応援、育成する未来型プロジェクトです。

テーマ「トラディショナルとは?」
世界中に在るトラディショナル、音楽、楽器、全てに伝統がある。現代におけるトラディショナルとは一体何処にあるのだろう?
それはきっと私たちの身体の中に潜む「何か」に違いない。

日時 : 2023年2月12日(日) 開場 : 、開演 12:30
会場 : くにたち市民芸術小ホール 〒186-0003 国立市富士見台2-48-1 tel. 042-574-1515
交通手段 : JR南武線の矢川駅または谷保駅から約850m。どちらの駅からも約10分。

立川バス「矢川駅」行き、「国立操車場」行き、「国立泉団地」行き
JR国立駅 南口ロータリー:4番のりば
「市民芸術小ホール・総合体育館前」下車

料金 : One Day Pass 3000円入場無料* 芸術小ホール窓口 tel. 042-574-1515(休館日除く) teket http://teket.jp/314/19450 *国の新型コロナウイルス感染症対策地方創成臨時交付金を活用し無料公演とします。 クーポンコード「inc2023」を入力の上、電子チケットをお受け取りください。(定員あり/先着順) ◆チケット販売期間 2023/1/11 0:00~ 2023/2/11 17:30
曲目 : 12:30 オープニング・フリーパフォーマンス
13:00 inc. dual recital 「戸崎可梨&細野幸一パーカッションリサイタル」
   マヌリ、ササス、コッペル、他(Duo)
   J.S.バッハ、P.マヌリ、武満徹、J.シュワントナー、シュトックハウゼン、I.クセナキス
15:00 いきなりパフォーマンス!
16:00 inc. percussionist 2023による「プレイアデス」全楽章(ヤニス・クセナキス)

問合せ :

担当者ワークショップ申し込み&お問い合わせ くにたち市民芸術小ホール tel. 042-574-1515(休館日除く) 総合お問い合わせ 芸術文化ワークス・事務局 email info@npo-artsworks.org tel 080-5075-5038
TEL042-574-1515
E-Mailinfo@npo-artsworks.org
HomePagehttp://teket.jp/314/19450