BP編集部 のすべての投稿

■樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言 第42話 ブラック・ダイク・ミルズ・バンド日本ツアー1990

▲プログラム表紙 – ブラック・ダイク・ミルズ・バンド日本ツアー1990

▲日本ツアー1990の3人の指揮者

▲日本ツアー1990時のバナー

1984年、イギリスの“ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(Black Dyke Mills Band)”が初来日した!!

そのときのフィーバーぶりは、第17話「ブラック・ダイク・ミルズ・バンド初来日」でお話ししたとおりだ。

だが、その際、さまざまな反響の中で、筆者が個人的に驚いたのは、普段“所詮ブラスバンドなんか…”と高を括り、うそぶいていたクラシック評論の大先生方が、実際に目の前でナマを聴かされ、“これは一体なんなの!?”と、まるで手のひらを返すように、一様に“驚嘆”するという、予想外の反応を示したことだった!

NHKの年末FM番組でも絶賛された!

“日本の常識は海外の非常識、海外の常識は日本の非常識”と言ったらいいのか、“井の中の蛙、大海を知らず”と言ったらいいのか。おそらくは、未知との遭遇!!

生まれてこの方、気の毒にも“ブラスバンド”というジャンルの音楽をお聴きになったことがおそらくなかったのだろう。

とにかく、この時、音楽評論の世界で“ブラスバンド”という言葉を簡単に口にできない空気が生まれたのは、紛れもない事実だった。

また、ブラック・ダイク・ミルズ・バンドが、クラシックの評論家に評価の高い英シャンドス(Chandos)レーベルの専属バンドだったため、先生方の“専門外”である“ブラスバンド”のレコードやCDがこのレーベルからつぎつぎリリースされる状況も、実は微妙な影を投げかけていた。

有名クラシック・レーベルの新譜だけにむげに無視はできない…ということで。

一方のブラスバンド・ファンは、イギリスでつぎつぎリリースされるブラスバンドのLPレコードやCDを個人輸入したり、週刊のブラスバンド紙「ブリティッシュ・バンズマン(The British Bandsman)」を定期購読して、最新の音楽と情報に接していた。

プロが“知ったかぶり”をしておかしなことを書こうものなら、ファンからモロに反撃を喰らう、そんな時代が始まろうとしていた。

さて、そんなブラック・ダイク・ミルズ・バンドの再来日が実現したのは、初来日から6年たった1990年のことだった。

実は、この6年という年月の間に、ブラック・ダイクの方でも実に大きな変化があった。

まず、1975年からこのバンドのプロフェッショナル・コンダクターをつとめ、1984年の初来日時も指揮をつとめたピーター・パークス(Major Peter Parkes)が、1989年にバンドを去ったことだ。ライバルである“ウィリアムズ=フェアリー・バンド”のプロフェッショナル・コンダクターに就任するために。

在任14年の間、メジャー・タイトルで18度(全英6度、全英オープン5度、ヨーロピアン7度)の優勝!“ブラック・ダイク史上、最も成功を収めたプロフェッショナル・コンダクター”と謳われ、1985年には、全英、全英オープン、ヨーロピアンの3大タイトルを総なめにする“グランド・スラム”まで達成した指揮者がバンドを離れた影響は大きかった。

前記のシャンドス・レーベルも、ブラック・ダイクとの専属契約を解き、パークスが移動した先のウィリアムズ=フェアリー・バンドと新たな専属契約を結んだ。

メンバーの移動も多く、1984年来日時のプリンシパル・コルネット奏者、フィリップ・マッキャン(Philip McCann)が1988年にバンドを去り、その跡にロジャー・ウェブスター(Roger Webster)が入った。

ソロ・ユーフォ二アム奏者、ジョン・クラフ(John Clough)も同じ1988年にバンドを離れ、代わってロバート・チャイルズ(Robert Childs)が加わった。

ソプラノ・コルネット奏者のケヴィン・クロックフォード(Kevin Crockford)も1989年にバンドを去り、ナイジェル・フィールディング(Nigel Fielding)が加わった。

この時期、スター級だけでこれだけのプレイヤーが入れ替わっているが、その後しばらくの間は移動も激しく、ウィリアムズ=フェアリーに移るプレイヤーも結構いて、後にこのバンドが“ブラック・フェアリー”と呼ばれる要因の1つになった。

このようにバンドの新陳代謝が進む一方で、1980年代はまた、その後の世界のバンド界に大きな影響を及ぼす若い世代の作曲家が台頭し、それまでの楽曲のスタイルとは明らかに一線を画す、魅力的な作品を発表し始めた、そんな時代でもあった。

今やメジャーとなったフィリップ・スパーク(Philip Sparke)、エドワード・グレッグスン(Edward Gregson)、ピーター・グレイアム(Peter Graham)らの作品や編曲が、この時期につぎつぎと発表され始めたのだ。

正しくブラスバンド・レパートリーの変革期だった。

そんな1989年、ブラック・ダイク・ミルズ・バンドは、驚くべきアナウンスを行なった。

それは、若干32才のオーストラリア生まれ。フィリップ・マッキャンの隣の席で長年アシスタント・プリンシパル・コルネット奏者をつとめたデヴィッド・キング(David King)のプロフェッショナル・コンダクター就任の発表だった。

無論コルネットのオーストラリア・ソロ・チャンピオンだったキングの音楽性は、誰しも疑うところではなかった。マイナーなバンドでの指揮活動も始めていたが、まだ大きな舞台での実績はなかった。

他方、ブラック・ダイク史上、プレイヤーからいきなり指揮者になった例は過去にはなく、この就任はサプライズというだけでなく、ギャンブルにも写った。当然、一部プレイヤーの反発も招き、バンドを去ったものも出た。

キングは、この逆境を、1990年5月5日(土)、スコットランドのファルカーク・タウン・ホール(Falkirk Town Hall)で開催された“ヨーロピアン・ブラスバンド選手権1990(European Brass Band Championships 1990)”の場で見事に跳ね返した。

スコットランド開催ということもあり、セット・テストピース(指定課題)は、スコットランド生まれの作曲家ピーター・グレイアムの「エッセンス・オブ・タイム(The Essence of Time)」だった。

キング指揮、ブラック・ダイク・ミルズ・バンドは、この曲の演奏で、満点が100ポイントの中で、99ポイントという得点でトップに立ち、つづくオウン・チョイス・テストピース(自由選択課題)で演奏したフィリップ・スパークの「ハーモニー・ミュージック(Harmony Music)」でも、99ポイントをゲット!!

合計198ポイントという信じられないハイスコアで見事優勝を飾ったのだ!!

イギリスのバンドとしては、3年ぶりの王者復帰だった!

その直後の1990年6月の日本ツアーは、その勢いのままの来日となった。

ツアーを主催したのは、この時も東京のブージー&ホークス社。

公演は、6月10日(日)の米子に始まり、大阪、福岡、広島(非公開)、松戸(非公開)、東京(非公開)、厚木とつづき、6月19(火)の東京に至る全8公演。

当時、筆者は、同社代表取締役の保良 徹さんの意を受け、企画当初からバンド(つまりキング)と公演演奏曲の曲目の擦り合わせを行った。

そのため、今も手許に多くの資料が残っているが、キングは、このとき、それまでのトラディッショナルなレパートリーを一新!

日本ツアーのプログラムにも、ピーター・グレイアムの「エッセンス・オブ・タイム」と「日の出」(ツアー委嘱作)、フィリップ・スパークの「ハーモニー・ミュージック」と「山の歌」、ジョン・ゴーランドの「瞑想」(ツアー委嘱作)など、ブラスバンドの当時の最新オリジナル曲を積極的に盛り込んできた。

そして、これらがコンサートで大当たり!

スパークやグレイアムの作品が、わが国でこれだけ多く演奏されたのは、間違いなくこのツアーが初めてだった。

リフレッシュされたブラック・ダイクによる最新オリジナル!

新しい時代が今そこに花開こうとしていた!!

▲大阪国際交流センターのステージ(1990年6月11日)

▲CD – European Brass Band Campionships 1990(Heavyweight、HR005/D)

▲同、インレーカード

【コラム】富樫鉄火のグル新 第199回 日本大学フェニックス

1976年7月、新宿にあった東京厚生年金会館大ホールで開催された、日本大学吹奏楽研究会の定期演奏会には度肝を抜かれた。

ステージ・マーチング・ショーに、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール部)が賛助出演したのだ。「アメフトのハーフタイム・ショーに吹奏楽が登場」するのならわかるが、「吹奏楽のコンサートにアメフトが登場」したのである。

この続きを読む>>>>>

 

■よつば吹奏楽団 第5回定期演奏会(6月30日)

今回は「キャンディード組曲」「2018年度吹奏楽コンクール課題曲」等を演奏いたします。

皆様のご来場を団員一同心からお待ちしております。

日時 : 2018年6月30日(土) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール
交通手段 : 東武東上線・東京メトロ有楽町線・副都心線 和光市駅南口から徒歩13分
料金 : 無料
曲目 :
アリランとファンファーレ/三國浩平
海の微風、春の再来/クロード・ドビュッシー
2018年度吹奏楽コンクール課題曲より
キャンディード組曲/レナード・バーンスタイン
序曲「機動戦士ガンダム・逆襲のシャア」/三枝成彰 ほか
問合せ :

担当者 よつば吹奏楽団
E-Mail info@yotsubasuisougakudan.com
HomePage http://yotsubasuisougakudan.com/

■アモーレブラスバンド ~第19回定期演奏会(9月9日)

私たちアモーレブラスバンドは1997年8月15日に誕生した神奈川県で初めての英国式金管バンド(ブラスバンド)です。現在は主に川崎市で練習していますが、県内、県外から年齢・性別を問わず、多くのメンバーが参加しています。

19回目となる今回の定期演奏会では、吹奏楽の定番!sing sing singやパイレーツオブカリビアンなど皆様お馴染みのポップスプログラムはもちろん、ブラスバンドファンを魅了したブラックダイクバンドが来日公演で演奏した“Fire in the blood”を英国式金管バンドならではの音色でお届けします!当日は入場無料・全席自由です。

皆様お誘い合わせの上、ご来場心よりお待ち申し上げます。

日時 : 2018年9月9日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : エポックなかはら
交通手段 : JR南武線「武蔵中原駅」徒歩1分♪
駅ホームにはエレベーターが設置されています。改札口を出て右側の駅から続く連絡通路をご利用ください。センター3階エレベーターホールに接続しています。
連絡通路への入口及び連絡通路・通路階段の左側にはスロープが設置されており、改札口から車椅子で利用できます。

料金 : ☆無料☆
曲目 :
1部
Jerusalem /チャールズ・ヒューバート・パリー
Pirates of the Caribbean
Sometime Somewhere -いつかどこかで- / klaas van der woude
Fire in the blood/ paul lovatt cooper

2部
Stars and Stripes Forever -星条旗よ永遠なれ- /ジョン・フィリップ・スーザ
Hymn for Diana /joseph turrin
Sing Sing Sing
West Side Story Selection/レナード・バーンスタイン
問合せ :

担当者 アモーレブラスバンド
E-Mail amore_brass@yahoo.co.jp

■荒川吹奏楽団 第26回定期演奏会(7月15日)

東京都荒川区で活動する一般吹奏楽団です。
家族みんなで楽しめる演奏会です。

日時 : 2018年7月15日(日) 開場 13:00 、開演 13:30
会場 : サンパール荒川 大ホール
交通手段 : 東京メトロ千代田線・京成線 町屋駅より都電荒川線乗換 三ノ輪橋方面 → 荒川区役所前下車 徒歩2分
料金 : 無料
曲目 :
交響詩「スパルタカス」
音楽祭のプレリュード
レ・ミゼラブル 他
問合せ :

担当者 荒川吹奏楽団事務局
E-Mail information_arakawasuisou-since1992@arasui.lolipop.jp
HomePage https://lolipop-arasui.ssl-lolipop.jp/index.php

■N.YELLウインドオーケストラ 第5回東日本大震災被災地応援コンサート(6月17日)

東日本大震災の後、震災を忘れないことを主な目的として、音楽のチカラで被災地を応援する活動を続ける企画型吹奏楽団です。各地から集まったメンバーの演奏をお楽しみください。
・春の猟犬(A.リード)
・聖者の行進(真島俊夫)Cl、Tp、Tbフィーチャー
・YELL~君と明日へと~(田尻大喜)
追悼演奏:・ディスコキッド(東海林修)

ご来場の皆様(先着100名様)に、後援の東海林コーポレーション様よりディスコキッドや東海林先生のオリジナルシンセサイザー作品を収録したCDをプレゼントさせていただきます。

日時 : 2018年6月17日(日) 開場 14:00 、開演 14:30
会場 : 浦安音楽ホール ハーモニーホール
交通手段 : JR京葉線 新浦安駅前
料金 : 無料
曲目 :
・春の猟犬(A.リード)
・聖者の行進(真島俊夫)Cl、Tp、Tbフィーチャー
・YELL~君と明日へと~(田尻大喜)
・A Song for Japan
追悼演奏:
・ディスコキッド(東海林修)

問合せ :

担当者 岩渕
TEL 07031493973
E-Mail n.yellwindorchestra@gmail.com
HomePage http://n.yellwind.org/

■U-ウインズ 第11回定期演奏会(7月1日)

今年で11回目の演奏会。5年ぶりに鎌倉芸術館大ホールに戻ってきました!多彩なジャンルの曲にチャレンジします。皆様の来場をお待ちしております。そして恒例の「みんなで宝島を演奏しよう!」今年もやります。楽器を持って鎌倉芸術館に集合だ!!詳しくは当団HPをご覧ください。

日時 : 2018年7月1日(日) 開場 13:15 、開演 14:00
会場 : 鎌倉芸術館大ホール
交通手段 : JR大船駅より徒歩10分
料金 : 入場無料(全席自由)
曲目 :
第1部:指揮竹中由美子
・知恵を持つ海、第6の幸福をもたらす宿 他

第2部:指揮吉田祐美
・アルヴァマー序曲、
ウイークエンド・イン・ニューヨーク 他
第3部:指揮碓井敏郎
たなばた
問合せ :

担当者 U-ウインズ事務局
E-Mail info@u-winds.com
HomePage http://u-winds.com/

■TENUTO10周年記念演奏会(7月28日)

トロンボーンアンサンブル団体TENUTOによる演奏をはじめ、
les arbres capricieusesによる木管アンサンブル、ニコニコ吹奏合唱楽団の金管アンサンブル「はーもにこ」の三団体よる演奏が無料でお楽しみいただけます!

クラシカルな曲からポップな曲まで、三者三様の演奏をぜひお楽しみください!

会場 : 横浜市緑区文化センター みどりアートパーク
交通手段 : JR横浜線/東急田園都市線・こどもの国線
長津田駅北口 徒歩4分
料金 : 無料
曲目 :
Hiros/S.Verhelst
ふるさとのうた
情熱大陸
千本桜
ようこそ!ジャパリパークへ 他
問合せ :

担当者 新出拓人
TEL 09035820115
E-Mail tenuto@outlook.jp
HomePage https://naritajal.wixsite.com/tenuto

■パイオニア吹奏楽団 第16回アンサンブルコンサート(7月1日)

パイオニア吹奏楽団よりアンサンブルコンサートのご案内です。
小編成のアンサンブルから出演者全員による全体合奏まで、変化に富んだステージをお送りいたします。
入場無料となっておりますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、是非お越し下さい。

日時 : 2018年7月1日(日) 開場 13:00 、開演 13:30
会場 : 川越市やまぶき会館
交通手段 : JR 川越線・東武東上線川越駅東口もしくは西武新宿線本川越駅前より
東武バス 川越01・02・03 系統 一番街下車 徒歩5分
料金 : 入場無料
曲目 :
仮面舞踏会のワルツ
もののけ姫メドレー
ジブリメドレー
アナと雪の女王 他

問合せ :

担当者 パイオニア吹奏楽団
E-Mail pwe_pectkr@db.pioneer.co.jp
HomePage http://jpn.pioneer/ja/corp/society/contribution/music/pwe/

■府中市青少年吹奏楽団 第57回定期演奏会(6月24日)

皆様のご来場を団員一同お待ちしております。

日時 : 2018年6月24日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 府中の森芸術劇場 どりーむホール
交通手段 : 京王線:東府中駅(新宿駅から約25分、京王八王子駅から約20分)北口 下車 徒歩7分

料金 : 【入場無料】
曲目 : さくらのうた:福田洋介
天国の島:佐藤博昭
葬送と勝利の大交響曲:H.ベルリオーズ

ほか
問合せ :

担当者 府中市青少年吹奏楽団
E-Mail fjb-email@memoad.jp
HomePage http://fjb.littlestar.jp/mail.html