BP編集部 のすべての投稿

【コラム】富樫鉄火のグル新 第186回 作曲家ヒューゴ・アルヴェーン

先日、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催された「EUフィルムデーズ2017」で、デンマーク・スウェーデン合作映画『マリー・クロヤー 愛と芸術に生きて』を観た(ビレ・アウグスト監督、2012年)。
2月の「トーキョーノーザンライツフェスティバル2017」(北欧映画祭)でも上映されたばかりだ。

19世紀末のデンマークの画家、ペーダー・セヴェリン・クロヤー(1851~1909)の妻、マリー・クロヤー(1867~1940)の物語である。
彼女自身も画家であり、かつ夫クロヤーの重要なモデルであった。
だがこの夫は精神に異常を来たし、さんざん家族を苦しめる。
映画は、そんな夫に翻弄される妻マリーの苦悩を描く。

この続きを読む>>>>>

 

■金の卵チャレンジコンサート 「火花」 ~プレリュード~(7月21日)

東京藝術大学特待生の荒井里桜、学生音楽コンクールの覇者、黒沼香恋、ヤマハ奨学生の吉田啓晃らが登場!

日時 : 2017年7月21日(金) 開場 18:00 、開演 19:00
会場 : 神楽坂 THEGLEE
交通手段 : 東京メトロ(東西線・有楽町線・南北線・大江戸線)飯田橋駅B3出口より徒歩3分
JR総武線飯田橋駅西口より徒歩4分
料金 : 大人3000円 学生2000円
曲目 :
バッハ無伴奏ヴァイオリンソナタから第1番
ブラームス パガニーニ主題による変奏曲 第2集 35-2
ピアッティ12のカプリスから第12番
バッハ無伴奏チェロ組曲第6番からプレリュード
ベートーヴェン ピアノソナタ 第13番

休憩

J.S.バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ
サン=サーンス ワルツカプリス
グラナドス ゴイエスカス 第1番 レキエブロス
シューベルト アルペジオーネソナタ
問合せ :

担当者 吉田の携帯 080-8880-0862
TEL 080-8880-0862
E-Mail celloaki0119@gmail.com
HomePage http://theglee.jp/live/12657/

■ブラック・ダイクの人気スクリーン・レパートリー集、CD「グレート・シネマ・ヒッツ」が発売

「ダイクの前にダイクなし、ダイクの後にダイクなし」と謳われるイングランドの名門ブラスバンド“ブラック・ダイク”!

2016年10~11月、26年ぶり3度目の来日が実現!!

翌2017年にも連続して日本公演が企画され、正真正銘ホンモノの“ブラスバンド”として、そのブリリアントなサウンドと高いスキルに裏打ちされた感動を呼ぶパフォーマンスは、ますます身近なものになっている!

「グレート・シネマ・ヒッツ」は、既に完売・廃盤となった3枚のアルバム、「ブラック・ダイク映画音楽ヒット曲集(Black Dyke Plays Greatest Movie Hits)」(2003年リリース)、「ブラック・ダイク映画音楽ヒット曲集Vol.2(Black Dyke Plays Greatest Movie Hits Vol.2)」(2006年リリース)、「ブラック・ダイク~スクリーン・ブロックバスターズ(Screen Blockbusters)」(2009年リリース)からコンピレーションされ、リマスタリングされたベスト・アルバムだ!

オリジナル・リリースは、スイスのオブラッソ・レーベル。

ブラック・ダイクがスクリーンに特化したアルバムを自国イギリスのレーベルにレコーディングすることはほとんどない。しかし、エンターテイメント・コンテスト超大好きのスイスでは、こういう“ポップ乗り”のアルバムがよく企画・制作され、楽譜もつぎつぎと出版される!!

一方のブラック・ダイクも、普段ホームで行っているコンサートでは、シリアスものにまじり、このアルバムに収録されているようなポップ・レパートリーを積極的に取り上げ、それらはコンサートの人気アイテムとなっている。

ブラック・ダイクの人気スクリーン・レパートリー集、それがこのアルバムなのだ!

当然、日本公演で演奏された『ミッション・インポッシブル』のテーマやトロンボーン・トリオがリードする『天使にラブ・ソングを』から“アイ・ウィル・フォロー・ヒム”といったレパートリーも収録されている。会場でナマで聴いた人も多いだろう!

アルバムは、スピード感のある『フック』に始まり、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ロッキー』『ライオン・キング』『ロビン・フッド』『荒野の7人』など、おなじみのスクリーン・ミュージックがつぎつぎと演奏されていき、エキサイティングな『633爆撃隊』でしめる構成!!

サウンドがいいので、ただ聴き流しているだけでも、とてもいい気分に浸れる!!

録音は、2003、2006、2008年の3年にわたるが、すべてのセッションがイングランドのモーリー・タウン・ホールで行なわれ、録音エンジニアもすべてリチャード・スコットが担当。

アルバム全体の響きにも統一感があり、スイスのトンステューディオ・ランツでリマスターされてサウンドにさらに磨きがかかった!!

指揮は、もちろん音楽監督のニコラス・チャイルズ。

ポップ・レパートリーをリッチなサウンドで聴かせるブラック・ダイクもいい!

ブラック・ダイク~グレート・シネマ・ヒッツ
Great Cinema Hits
Black Dyke Band

【収録曲】

1.「フック」~プロローグ/ジョン・ウィリアムズ (arr. ダーロル・バリー) 【1:26】
Hook~Prologue/John Williams (arr. Darrol Barry)

2.「バック・トゥ・ザ・フューチャー」メイン・テーマ/アラン・シルベストリ(arr. ダーロル・バリー)【3:06】
Back To The Future:Main Theme/Alan Silvestri(arr. Darrol Barry)

3.「ダンス・ウイズ・ウルヴス」から“ジョン・ダンバーのテーマ”
/マイケル・ケイメン(arr. アラン・ファーニー)
【3:45】
Dances with Wolves:The John Dunbar Theme/Michael Kamen(arr. Alan Fernie)

  1. ベスト・オブ・ジェームズ・ボンド/ジョン・バリー (arr. ダーロル・バリー) 【7:02】
    ロシアより愛をこめて」~「ゴールドフィンガー~007は二度死ぬ」~「ジェームズ・ボンドのテーマ」

    The Best of Bond/John Barry (arr. Darrol Barry)
    From Russia with Love~Goldfinger~You Only Live Twice~The Bond Theme

5.「アウト・オブ・アフリカ」メイン・テーマ/ジョンバリー(arr. アラン・ファーニー)【4:58】
Out of Africa:Main Theme/John Barry(arr.Alan Fernie)

6.「ミッション・インポッシブル」メイン・テーマ/ラロ・シフリン(arr. アラン・ファーニー)【2:27】
Mission Impossible:Main Theme/Lalo Schifrin(arr. Alan Fernie)

7.「クリムゾン・タイド」メイン・テーマ/ハンス・ジマー(arr.クラース・ヴァン・デル・ヴォウデ)【5:31】
Crimson Tide/Hans Zimmer(arr.Klaas van der Woude)

8.「ハワイ5-O」メイン・テーマ/モートン・スティーヴンス (arr. ピーター・ラトニク) 【2:07】
Hawaii Five-O:Main Theme/Morton Stevens(arr.Peter Ratnik)

9.「シンドラーのリスト」メインテーマ/ジョン・ウィリアムズ(arr.サンディー・スミス)【4:04】
Schindler’s List:Main Theme/John Williams(arr.Sandy Smith)

  1. ワイルド・ウェスト!~ベスト・オブ・エンニオ・モリコーネ
    /エンニオ・モリコーネ (arr. サンディー・スミス)
     【7:29】
    Wild West!~Best Of Ennio Morricone/Ennio Morricone (arr. Sandy Smith)

11.「ロッキー4」~戦い/ヴィンス・ディコーラ (arr. アラン・ファー二ー) 【2:56】
Rocky IV~War/Vince Di Cola (arr. Alan Fernie)

12.「フォレスト・ガンプ」メイン・テーマ/アラン・シルベストリ(arr. サンディー・スミス)【3:03】
Forrest Gump:Feather Theme/Alan Silvestri(arr.Sandy Smith)

13.「ロッキー」から“ロードワーク”“最終ラウンド”/ビル・コンティ(arr. ダーロル・バリー)【2:14】
Rocky:Going The Distance, The Final Bell/Bill Conti(arr. Darrol Barry)

14.「ライオン・キング」ハイライト/ハンス・ジマー(arr. アラン・ファーニー)【8:47】
The Lion King:Soundtrack Highlights/Hans Zimmer(arr.Alan Fernie)

15.「ロビン・フッド」メイン・テーマ、アイ・ドゥー・イット・フォー・ユー
/ブライアン・アダムス(arr. アラン・ファーニー)
【4:37】
Robin Hood:Everything I Do(I Do It For You)/Bryan Adams(arr.Alan Fernie)

16.「天使にラブ・ソングを」から“アイ・ウィル・フォロー・ヒム”(arr. ゴフ・リチャーズ)【3:24】
Sister Act:I Will Follow Him/Stole, Roma, Plante(arr. Goff Richards)

17.「荒野の7人」メイン・テーマ/エルマー・バーンスタイン(arr. アラン・ファーニー)【2:17】
The Magnificent Seven:Main Theme/Elmer Bernstein(arr. Alan Fernie)

  1. 「633爆撃隊」~メイン・テーマ/ロン・グッドウィン (arr. ダーロル・バリー) 【2:41】
    633 Squadron~Main Theme/Ron Goodwin (arr. Darrol Barry)

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4240/

 

■パイオニア吹奏楽団 第15回アンサンブルコンサート(7月2日)

パイオニア吹奏楽団よりアンサンブルコンサートのご案内です。
小編成のアンサンブルから出演者全員による全体合奏まで、変化に富んだステージをお送りいたします。
入場無料となっておりますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、是非お越し下さい。

日時 : 2017年7月2日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 川越市市民会館やまぶき会館
交通手段 : 川越駅東口/本川越駅前より東武バス川越01、02系統 一番街 下車徒歩5分
料金 : 入場無料
曲目 :
イパネマの娘
君をのせて
ひまわり
サウンド・オブ・ミュージック 他 (曲目は予告なく変更する場合があります)
問合せ :

担当者 パイオニア吹奏楽団
TEL 080-3730-4054
E-Mail pwe_pectkr@db.pioneer.co.jp
HomePage http://pioneer.jp/pwe/

■フェルヴェール管楽合奏団 サマーコンサート2017(7月23日)

1999年に結成以来、50人以上もの団員が、仕事や勉強等それぞれの生活がある中、より良い音楽を作り、お客さまと共に楽しめる演奏会にしたい! との思いで、月2回集まり練習に励んでおります。
毎年2月に開催している定期演奏会とは趣向を変え、親しみやすい音楽を中心にお届けします。ご来場を団員一同、心よりお待ちしております。

日時 : 2017年7月23日(日) 開場 13:20 、開演 14:00
会場 : いちょうホール(八王子市芸術文化会館)大ホール
交通手段 : 徒歩:JR八王子駅北口から徒歩13分
バス:JR八王子駅北口11番のりばから
「い11系統いちょうホール前経由みつい台行」に乗車、いちょうホール前下車
料金 : 無料
曲目 :
第1部 アンサンブルステージ
第2部 ポップスステージ
ユーミン・ポートレート
塔の上のラプンツェルメドレー
ウエストサイドストーリー・セレクション
問合せ :

担当者 広報係: 内山
E-Mail contact@ferveur.net
HomePage http://www.ferveur.net/