BP編集部 のすべての投稿

■樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言 第107話 スパーク「宇宙の音楽」との出会い

▲Philip Sparke(1990年代前半)(本人提供)

▲DVD – Highlights from The European Brass Band Championships 2004(World of Brass、WOB 104 DVD、2004年)

▲同ブックレット、曲目

▲CD – Highlights from The European Brass Band Championships 2004(Doyen、DOYCD 176、2004年)

▲同、インレーカード

『ディアー・ユキヒロ。グッド・モーニング!

東京のホテルからだ。実は、ちょっと頼みたいことがあるんだ!』

イギリスの作曲家フィリップ・スパーク(Philip Sparke)からメールが入ったのは、2004年(平成16年)6月1日(火)朝のことだった。

長い付き合いだが、フィリップのこういう“頼み方”はとても珍しい。

ある種の“予感”、あるいは“胸騒ぎ”のような気を感じた筆者は、“頼みたいこととは、いったい何だい?”とストレートに返す代わりに、『今日の仕事が上がるのは、何時頃になる?』と打ち返してみた。

すると、本当に驚いたように、『それは、“東京まで来る”っていう意味か!?!?』と30秒もしないうちにメールが返ってくる。

そこで、『ああ、そうだ!メシでも喰おうよ!』と返し、あらためて彼が完全にフリーになる時刻を確認し、待ち合わせの場所と時刻を確定する。

しかし、遠く離れた東京の餌場(エサ場)についてはまるで疎い。

フィリップとのやりとりの一方、いつも無理ばかり言って来日中の彼のアテンドをお願いしているユーフォニアム奏者の黒沢ひろみさんを何とか捕まえ、夕刻すぎにJR「東京」駅の近場で“肉”を喰える店を探して予約を入れてもらうことにした。

旨い“肉”さえあれば、フィリップはいつもゴキゲン。話も弾む。日本のビールも『軽くていい!』と言うので、彼のリクエストも確かめずにそう決めた。

「東京」駅近くを指定したのは、そのロケーションなら、食事をゆっくり愉しんでも、最終かその1本前の“のそみ”に乗れば、日付が変わらない内に大阪まで帰還可能だからだ。文字どおりの“弾丸ツアー”計画だった!!

しかし、気になるのはもちろん、フィリップの“相談事”の方だ!

バタバタと大阪でのその日の仕事の代役の段取りをつけ、前月フィリップが送ってくれた未出版の新作ブラスバンド曲のスコアだけをバッグに放り込んで、タクシーでJR「新大阪」駅へ急行。ホームに滑り込んできた午後2時頃の新幹線に飛び乗って上京した!

バッグに入れたスコアの曲名は、MUSIC OF THE SPHERES!

少し前の同年4~5月、スコットランドのグラスゴー(Glasgow)のロイヤル・コンサート・ホール(Royal Concert Hall)で行なわれた「第27回ヨーロピアン・ブラスバンド選手権(The 27th European Brass Band Championships)」で、他をぶっちぎって優勝を飾ったデヴィッド・キング(Professor David King)指揮、ヨークシャー・ビルディング・ソサエティ・バンド(Yorkshire Building Society Band / YBS)が、選手権本番で“オウン・チョイス・テストピース(自由選択課題)”としてとりあげるため、フィリップに“委嘱”。その晴れの舞台で“世界初演”された新作だ。

インターネットの発展は、当時も日進月歩!

旧知のフランク・レントン(Lt.-Col. Frank Renton)がプレゼンターをつとめていたBBC放送ラジオ2の人気FM番組「リッスン・トゥー・ザ・バンド(Listen to the Band)」も、英国内で開催されたこの年の“ヨーロピアン選手権”に密着し、直後にハイライトをネット上で公開。筆者も、BBCウェブキャスト指定のリアルプレイヤー(RealPlayer)を使って、この放送を聴くことができた。日本に居ながらにしてだ!!

番組中、放送されたフィリップの新作は、残念ながら、短い抜粋だけだったが、こちらにとっては、それだけで十分すぎるインパクトがあった!ラジオのフランクも興奮気味に喋っているし、YBSの演奏もケタ違いの凄さだった!

早速、フィリップに短文の“おめでとうメール”を送った。

すると、たまたま家にいたのか、すぐ『YBSは、すばらしかった!本当に感動したよ!よかったらスコアを送るけど、感想を聞かせてくれる?』と返信があった。

こういう言い方を彼がするときは、間違いなく自信作だ。

『もちろん!』と短かく返答して、その日は床についた。

翌朝、メールでスコアが届いていることを確認。全部で489小節、85頁ある。すぐプリントアウトし、リーディングのため、A4サイズの分厚いクリア・ファイルに1頁ずつ入れていく。

その作業が終わり、あらためてスコアをみると、それは、とんでもない作品だった。冒頭のテナーホーンのソロも、放送されなかった部分の神秘的な美しさも魅力たっぷりで、“のるかそるか”というクライマックスのスピード感もしびれるような展開をみせていた。

ナマで聴けばきっと大興奮だろうな。フランクが興奮する理由もよくわかる。

フィリップには、『すばらしい!ボクは、これまでキミが書いてきた全作品の中で、間違いなく最高傑作だと思う!!確信をもって!!』とメール。彼もとても喜んでくれた。

6月1日に、急に決まった東京ミーティングと食事会は、それから3週間もたっていない日の出来事だった。

それは、フィリップの“相談事”から始まったことだったが、このスコアを持参するのも当然のことのように思えた。直接聞きたいこともいっぱいあったし….。

夕刻、約束した品川プリンスホテルで再会したふたりは、互いの健康や現状を確認しあった後、ロビーのソファーに腰掛けて最大の懸案について話し合った。

しかし、開口一番、彼が口にした“相談事”は、驚くべきものだった。

『ユキヒロ。この前キミがとても高く評価してくれた“MUSIC OF THE SPHERES”なんだけど、もし、それをウィンドオーケストラのために新たにオーケストレーションを施して作り直すとしたら、果たして大阪市音楽団(現Osaka Shion Wind Orchestra)は、演奏してくれるだろうか?』

とんでもない相談を受けてしまった!

『それって、これのこと?』と、持参したファイルを慌ててバッグから取り出すと、フィリップは『そうだ!』と言い、なぜ市音にこの作品を託したいかという理由を延々と述べ始める。

最も大きな理由は、Bbクラリネット各パートに4人の奏者を配すなど、ほとんどのパートが偶数のプレイヤーで構成されていた当時の市音の編成が、彼にとって“理想的”な編成であったことだ。逆に言うと、それだけこの新作が自信作であり、あらためてウィンドオーケストラのために書くなら、その初演は、作曲者がイメージする理想的な編成でやって欲しいという願望のようだった。わからないでもない。

過去にさかのぼると、筆者は、1990年代を通じて何度か彼を大阪に招いており、『シンフォニエッタ第2番(Sinfonietta No.2)』が日本初演された1994年(平成6年)6月2日(木)の「第68回大阪市音楽団定期演奏会」(於:ザ・シンフォニーホール)では、彼は実際に客席でナマのライヴを聴いていた。

その後も、市音は、『オリエント急行(Orient Express)』、『シンフォニエッタ第1番(Sinfonietta No.1)』、『ディヴァージョンズ(Diversions)』、交響曲第1番『大地・水・太陽・風(Symphony No.1“Earth、Water、Sun、Wind”)』、『エンジェルズ・ゲートの日の出(Sunrise at Angel’s Gate)』、『カレイドスコープ(Kaleidoscope)』と、定期だけでも6曲のフィリップの作品をとりあげ、内4曲は日本初演だった。また、彼の他の作品のCDレコーディングも行なわれるなど、両者の関係はひじょうに良好だった。

『もし、市音が演奏してくれるならば、この夏、少し時間が取れるので、秋ぐらいまでに新たなオーケストレーションを完成させることができる。どうだろうか?』

もう、設計図は頭の中にあるようだった。

続けて、『できれば、来年の作曲賞にもエントリーしてみたいんだ!』とも言う。

時系列にそって話を整理すると、現時点からならパート譜も含めた全ての楽譜を年内に市音に渡すことは物理的に可能。当時、市音は、春と秋、年2回の定期演奏会を行なっていたので、演奏機会さえ得られるならば、世界初演は、自動的に2005年春の第90回定期演奏会(於:ザ・シンフォニーホール)という流れとなる。

しかし、この時点では同定期の指揮者は決まっていなかった。また、スコアがまだ出来上がっていない曲を果たして市音がスケジュールに上げてくれるかどうかは判断がつかなかった。

そこで、フィリップには、そういうハードルがいくつかあることを話し、『どうなるかは分からないけど、とにかく一度話をしてみよう。』と約束した。

難しい話はここまで!

その後は、タクシーでさっさと餌場へと出発。“肉”をたらふく喰いながら大いに盛り上がった。

しかし、実際には、帰路の新幹線車中も、頭の中は彼の夢の提案のことでいっぱいだった!

一体なんてことを頼まれてしまったんだ!!

宇宙の音楽』ウィンドオーケストラ版世界初演への胎動は始まった!!

▲チラシ – 大阪市音楽団第68回定期演奏会(1994年6月2日、ザ・シンフォニーホール)

▲チラシ – 大阪市音楽団第69回定期演奏会(1994年11月2日、フェスティバルホール)

▲チラシ – 大阪市音楽団第76回定期演奏会(1998年6月10日、ザ・シンフォニーホール)

▲チラシ – 大阪市音楽団第80回定期演奏会(2000年6月16日、ザ・シンフォニーホール)

▲チラシ – 大阪市音楽団第81回定期演奏会(2000年11月9日、フェスティバルホール)

▲チラシ – 大阪市音楽団第83回定期演奏会(2001年11月14日、フェスティバルホール)

▲チラシ – 大阪市音楽団第86回定期演奏会(2003年6月6日、ザ・シンフォニーホール)

■静岡大学OB吹奏楽団 第5回定期演奏会(2月24日)

約半世紀という長い歴史を持つ、静岡大学吹奏楽団のOBが全国より再集結し、かつての青春時代に戻って吹奏楽を楽しむ演奏会です。今年度は東海吹奏楽コンクールに出場、金賞を受賞することができました。

初の焼津公演にちなんで、第1部では、ラッキードラゴン~第五福竜丸の記憶~を演奏!
第2部では本邦初演となる、ど演歌エキスプレスを披露!
約100名の団員で演奏する、大迫力の第3部のメインはミス・サイゴン!

聴きどころ満載の演奏会、ご家族やご友人をお誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

日時 : 2020年2月24日(月) 開場 12:30 、開演 13:00
会場 : 焼津文化会館 大ホール
交通手段 : 焼津駅南口4番乗り場から焼津市自主運行バス「さつき」で約5分、「文化センター前」で下車、徒歩1分。
東名高速道路焼津ICから約7分。(無料駐車場500台完備)
料金 : 入場無料 全席自由(要入場整理券)
曲目 : C.M.シェーンベルク/J.D.メイ、宍倉 晃 編/
ミス・サイゴン

福島 弘和/
ラッキードラゴン~第五福竜丸の記憶~

A.リード/
エル・カミーノ・レアル

杉浦 邦弘 編/
ど演歌えきすぷれす第四番(本邦初演)

久石譲/森田一浩 編/
アニメ・メドレー 久石譲作品集

ほか
問合せ :

担当者静岡大学OB吹奏楽団事務局(加島)
TEL090-7689-9087
E-Mailob.suwo.brass@gmail.com
HomePagehttps://shizuoka-windorchestra.com/obbrass/index.html

■北海道教育大学札幌校連合吹奏団 第35回定期演奏会(12月21日)

クラシック音楽からポップス、劇を交えた企画ステージなど様々な曲を演奏します。団員一同、皆様のご来場をお待ちしています。

日時 : 2019年12月21日(土) 開場 18:00 、開演 18:30
会場 : 札幌市教育文化会館
交通手段 : 札幌市営地下鉄東西線「西11丁目」駅、1番出口から徒歩3分
料金 : 前売り500円、当日600円
曲目 :
オペレッタ「モスクワのチェリョムーシカ」より
天国の島
ディズニー・ファンティリュージョン! 他

問合せ :

担当者新井
TEL080-8884-7947
E-Mailhues.saburastar.official@gmail.com
HomePagehttp://hues-saburastar-official.1net.jp

■吹奏楽団K-musica(ケイムジカ) 第18回定期演奏会(1月26日)

私たち吹奏楽団K-musicaは、
神奈川県横須賀市・横浜市を中心に活動しているアマチュアの吹奏楽団です。

今回の演奏会は、ディズニー映画『ファンタジア』の挿入曲として有名な
ムソルグスキーの「禿山の一夜」に挑戦します!
他にも、吹奏楽の定番曲ホルストの「第1組曲」や、
2020年のオリンピックイヤーにあやかってジョン・ウィリアムズの「オリンピック・ファンファーレ」、
大人気ゲームシリーズ『ドラゴンクエスト』のゲーム音楽のメドレー
など、いろんなジャンルの曲目をお楽しみいただけます♪

入場無料・全席自由なので、ぜひぜひ気軽に足をお運びください!

日時 : 2020年1月26日(日) 開場 12:45 、開演 13:30
会場 : 横浜市金沢公会堂
交通手段 : 京浜急行線「金沢文庫駅」東口より徒歩12分
「金沢八景駅」東口より徒歩12分

料金 : 無料
曲目 :
・「禿山の一夜」ムソルグスキー
・「吹奏楽のための第1組曲」ホルスト
・「オリンピックファンファーレ&テーマ」
・「ドラゴンクエストによるコンサートセレクション」 他
問合せ :

担当者佐藤
E-Mailkmusica64@gmail.com
HomePagehttp://www.k-musica-wind.net/index.html

■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」12月の放送予定

毎週(土)23時…FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(土)23時…FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午…調布FM
http://www.chofu-fm.com/
もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第135回】クリスマス・プレゼントby吹奏楽
<FMカオン>12/7(土)23:00、12/21(土)23:00
<調布FM>12/8(日)正午、12/22(日)正午

【第136回】年忘れ! フェネル&佼成、マーチ大行進!
<FMカオン>12/14(土)23:00、12/28(土)23:00
<調布FM>12/15(日)正午、12/29(日)正午

【提供】東京佼成ウインドオーケストラ、株式会社佼成出版社
【制作】バンドパワー
【ご案内】富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第135回】クリスマス・プレゼントby吹奏楽
<FMカオン>12/7(土)23:00、12/21(土)23:00
<調布FM>12/8(日)正午、12/22(日)正午
クリスマスといえば、海外では、子供たちが、待ちに待ったプレゼントを楽しみにする時期でもあります。そこで今回は、子供やおもちゃをモチーフにした、ちょっと珍しい吹奏楽曲をお聞きいただきます。

【1】 組曲:子供の頃の情景/キット・ターンブル作曲
I)衛兵交代、II)バレエ靴とチュチュ、III)サーカス一座、IV)魔法のランプと空飛ぶ絨毯、V)おもちゃ屋
マーク・へロン指揮、ロイヤル・ノーザン・カレッジ・ミュージック・ウィンド・オーケストラ
(計約18分)

【2】 組曲;くるみ割り人形より(一部抜粋)/チャイコフスキー作曲、ジョセ・シンス編曲
フランソワ・デリッデル指揮、ギィデ交響吹奏楽団
(計約13分)

【3】 組曲:おもちゃの国/フェルレル・フェルラン作曲
Ⅰ)置き人形と操り人形、II)ドールハウス、III)電車、IV)鉛の兵隊
ロレンツ・メンドーサ式、Societat Musical l’Amistat de Quart de Poblet
(計約15分)

【第136回】年忘れ! フェネル&佼成、マーチ大行進!
<FMカオン>12/14(土)23:00、12/28(土)23:00
<調布FM>12/15(日)正午、12/29(日)正午
今年もあとわずか。2019年は、激動の平成が終わり、「令和」となった、新しい時代の幕開けでした。しかし、多くの災害や、事故も相次ぎました。こういう時こそ、吹奏楽の力強く明るい響きで、新しい年を迎えたいもの。そこで今回は、名指揮者フレデリック・フェネルが、TKWOとともに残したマーチの名録音をたっぷりお聴きいただきます。

※演奏は、すべてフレデリック・フェネル指揮、東京佼成ウインドオーケストラ。

【1】 星条旗よ永遠なれ/ジョン・フィリップ・スーザ
【2】 国民の象徴/エドウィン・ユージーン・バグレー
【3】 木かげの散歩道/エドウィン・フランコ・ゴールドマン
【4】 消燈/アール・マッコイ
【5】 バーナムとベイリーの人気者/カール・キング
【6】 ヒズ・オナー/ヘンリー・フィルモア
【7】 アメリカ野砲隊/ジョン・フィリップ・スーザ
【8】 ロレーヌ行進曲/ガストン・ルイ・ガンヌ
【9】 ボギー大佐/ケネス・ジョセフ・アルフォード
【10】 双頭の鷲の旗の下に/ヨーゼフ・フランツ・ワーグナー
【11】 フローレンティナー行進曲/ユリウス・フチーク(ed.フレデリック・フェネル)
【12】 サンブル・エ・ミューズ連隊/ジョセフ・フランソワ・ラウスキ
【13】 旧友/カール・タイケ

■海峡にふく風のコンサート(2月24日)

ソプラノ宮村果歩、フルート中務晴之、トランペット神代修、ピアノ山畑誠による、下関をテーマにした1日限りのスペシャルコンサート。

日時 : 2020年2月24日(月) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : DREAM SHIP風のホール(下関市生涯学習プラザ 小ホール)
交通手段 : JR下関駅より徒歩約15分
バス「細江町バス停」下車徒歩約5分
料金 : 一般2500円、学生1000円(当日各500円増)
曲目 :
この道(北原白秋作詞、山田耕筰作曲)
浜辺の歌(林古渓作詩、成田為三作曲)
千の風になって(作詞者不詳、新井満作曲・日本語詞)
ハンガリー田園幻想曲(ドップラー作曲)
バレエ「白鳥の湖」より『ナポリの踊り』(チャイコフスキー作曲)
革命のエチュード(ショパン作曲)
トルコ行進曲(モーツァルト作曲)
ニュー・シネマ・パラダイス(モリコーネ作曲) 他予定
問合せ :

担当者海峡にふく風のコンサート実行委員会(マスダ)
TEL090-3662-0286
E-Mailpr@pryo.jp
HomePagehttps://www.facebook.com/events/446452302648336/

■相模原市民吹奏楽団 第54回定期演奏会(12月14日)

私たちは相模原市を拠点に活動している相模原市民吹奏楽団です。
このたび、第54回定期演奏会を開催する運びとなりましたので、ご案内させていただきます。

日時 : 2019年12月14日(土) 開場 13:45 、開演 14:30
会場 : 相模女子大学グリーンホール 大ホール
交通手段 : 小田急線「相模大野駅」北口より徒歩4分
ホールご来場者用の駐車場はございませんので、近隣の駐車場をご利用ください。
なお、混雑する場合もございますので公共交通機関をご利用ください。
料金 : 無料、要入場券、チケットペイにて事前申込み 今回より入場券の申込み方法が大幅に変更になり、インターネット(チケットペイ)からの申込みのみとなります。(※1枚につき300円+税の発券手数料が必要です)
曲目 :
福島弘和:天地の道 ~Ode for Sego~
真島俊夫:Mont Fuji ~富士山・北斎の版画に触発されて~
R.ロジャーズ:My Favorite Things 他
問合せ :

担当者楽団事務局
TEL090-2159-4963
E-Mailsgm-contacts@googlegroups.com
HomePagehttp://sgm-shisui.com

■阪南大学文化会吹奏楽部 第28回定期演奏会(12月14日)

演奏会のスタートを飾る|部では、吹奏楽曲を集めました!
課題曲候補や自由曲候補も演奏します。
普段は耳にしない曲にも出会えるかもしれません♪

毎年恒例の現役ステージではテレビで聴いたことがある…という曲を集めました!!

Ⅲ部ではサザンオールスターズコレクション、有名な映画「ジュラシックパーク」を演奏致します。
ジュラシックパークではあの恐竜が登場するかも…

そして演奏会は無料です!
子どもから大人までどなたでもご来場いただけます☆
是非お越しください!!

日時 : 2019年12月14日(土) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 松原市文化会館
交通手段 : 近鉄南大阪線(各停)「高見ノ里駅」下車、徒歩7分
料金 : 無料
曲目 : ○Ⅰ部
コヴィントン広場
♪ペドロの奇跡の夜
♪プロヴァンスの風
♪エアーズ
♪アミューズメント・パーク組曲

○Ⅱ部
♪現役ステージ

○Ⅲ部
♪OPENING NIGHT ON BROADWAY
♪サザンオールスターズコレクション
♪バンドのためのゴジラファンタジー
♪映画「ジュラシックパーク」サウンドトラックハイライト
問合せ :

担当者榎本
E-Mailhannan_u_wo@yahoo.co.jp

■東邦音楽大学ホルンアンサンブル 第21回定期演奏会(3月7日)

東邦音楽大学ホルンアンサンブル「マジカルエスカルゴ」今年の定期演奏会は、ホルン吹きなら一度は演奏したことがある(?)そんな不朽の名作と、メンバーオリジナルアレンジの映画やミュージカルの名曲たちを同時にお楽しみいただけます!

現役大学生と卒業生、さらに付属中高のホルン専攻生も交えたエネルギッシュなホルンアンサンブルの響きをお楽しみください!

日時 : 2020年3月7日(土) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : スペースDo 管楽器専門店ダク地下
交通手段 : JR新大久保駅より徒歩3分
料金 : 500円
曲目 :
・N.チェレプニン/6つの小品
・E.エワイゼン/眠る熊の伝説
・F.C.ホミリウス/ホルン四重奏曲 OP.38
・吉羽倖輝 編/ハリー・ポッター メドレー
・麻埜佑介 編/Musical of Escalgot

問合せ :

担当者若林実花
E-Mailtoho.horn20@gmail.com
HomePagehttps://twitter.com/toho_horn

【コラム】富樫鉄火のグル新 第258回「ハズレ」が許せないひとたち

 今年の東京国際映画祭[TIFF](10/28~11/5)は、『わたしの叔父さん』(デンマーク/フラレ・ピーダセン監督)がコンペ部門グランプリを受賞した。この作品は早々と完売しており、わたしは観られなかったが、それでも今年は7本を観た。そのうち1本が(個人的な好みで)「大アタリ」、2本が「並アタリ」、あとの4本は、ほぼ「ハズレ」だった。
 なにぶん、9日間で170本もの作品が上映され、そのなかから、時間が空いていて観られるものを無作為に7本選んだので、ほとんどギャンブルである。しかし、7本中、1本が大アタリだったのだから、まあまあの成績だと思う。

 映画祭や特集上映は、イチかバチかである。チラシやIMDbなどで、可能なかぎり事前情報は得るが、大半はハズレだと思ったほうがいい(世界初上映、つまり事前情報ゼロも多い)。1本のアタリに出会うために、10本はムダにする覚悟が必要だ。これは本や芝居、美術展、演奏会も同様である。

【この続きを読む】