Q: コンクールの自由曲を選ぶ時、自分たちのやりたい曲とできる曲、聴き映えのする曲がよくわかりません。

Q: そろそろコンクールの自由曲を選ぼうと思うですが、自分たちのやりたい曲とできる曲、聴き映えのする曲がよくわかりません。去年は「かっこいいから『大仏と鹿』!!」なんてお気楽に決めましたが、今年はそうもいかないなあと思っています。私自身がとくにアレンジ物についての知識がないのですが、どういう曲から聴いてみたらいいのでしょうか?(高校教員)

 

A12: まずは、自分の楽団の特徴や実力知ることから。

 コンクールの自由曲を選曲する時、次の項目をチェックしてみて下さい。

・自分の楽団の特徴は、売りは、そして求めているものは、何ですか?
・どのような人数・編成ですか? 特殊楽器はありますか?
・どのパートが実力を持っていますか? 逆に初心者の多いパートは?
・ソロを吹ける人はどの楽器ですか?

 どうですか? ご自分の楽団の実力などが改めて見えてきたのではないでしょうか。

 ここから、先生の好きな分野・作曲家、勉強させてみたいこと、挑戦させてみたいこと
などを整理して、今のレベルより少し上を見定め、そして1年後に到達していたいレベル目標を決めて選曲すると良いと思います。
今の楽団に音楽的にも精神的にも有益になる曲がきっと見つかります。
そして決めた曲を「大好き」になることが大切と思います。

<選曲のアイデア>
・作曲者で選ぶ
・小編成の楽団なら編曲者で選ぶ
・課題曲がある時は、12分間のミニミニコンサートとして考える
・オリジナル作品は一般的に鳴り(響き)が出てきます。
・アレンジ曲は、時代・様式・作者の特徴(地域や国、素材とする内容、原曲での楽器 の使い方など)を充分調べる

<私がアレンジ曲を選ぶ時のひとり言>
・スッペ、オッフェンバック、ヴェルディ、ニコライ、ロッシーニ、エロールなどの歌劇序曲もいいな。木管の音色を美しくしたし、指も回るようにしたい。金管は細かい動きより、豊かなサウンドと歯切れ良さを追求したい。打楽器は今年は人数が少ないけれど大丈夫。

・バレエ音楽(組曲)もいいな。
どの楽章を使うかによって、自分のバンドの特徴を出せるな。金管(特にTpとEp)にも細かい動きが要求されているな。情景がリアルに表現できそうだ。鍵盤打楽器が今年は良さそうだな。

・大編成なら、ラベル、レスピーギもできるかな。でも、原曲のスコアとアレンジ版のスコアをチェックしないと……今年は時間も限られているし……
・オペラからも最近良いアレンジが出版されたな。

 どうですか?
きっと先生の楽団の魅力を引き出せる曲がみつかりますよ。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください