Q:部員の多くダレてしまい練習に身が入らない

Q:現在、3月の演奏会にむけて曲を練習中なのですが、ダレてしまって部員の多くが練習に身が入っていません。「やれ」と言われたこともろくにやらずにおしゃべりばかりして練習時間を過ごす毎日です。
部活全体がそういう雰囲気になってきているので何とかしたいのですが、どのように士気を高めるのがよいでしょうか?(S君 高校生)


A: まず、ミーティングをしてみて、各部員の考え、やる気などを全員に話す機会を作って下さい。

 今、何をしなければならないのか? その前に今何をしたいのか?を見失っているのでしょう。まず、ミーティングをしてみて、各部員の考え、やる気などを全員に話す機会を作って下さい。
テーマとしては、例えば、
1) 一所懸命やろうとしているメンバーがいることが見えているか
2) 自分から積極的に活動に参加しているか(人に求めてばかりいないか)
3) 部活をしていて「楽しいことは?」「楽しくないことは?」を具体的にあげてみる。そして「楽しくするためには」まず何を実行すべきか?

 そして、約束として
1) 時間厳守(開始と終了時間の確認)
2) 出欠席の連絡徹底(欠席の時の届出方法の確認)
3) 練習内容の徹底(掲示して目で確かめられるように)
4) 挨拶、思いやりなど、人に気を遣う
など決めてみてはどうでしょうか。

 そして、どのような演奏会にしたいのかを明確にし、それを達成させるために、合奏をするまで個人(自分)の責任、仲間に対する最低の礼儀があること、パート、分奏、そして合奏と段階を得て組み立てていく過程での一体感などが大切であることをきちんと話してみてはどうでしょうか?
「口に出して言ってみる」・・・そうすると、きっとわかってくれるメンバーがいます。きっと計画を立てようと言ってくれるメンバーがいます。きっと一生懸命やろうとしているメンバーがいます。

 やれることからひとつひとつ「実行」してみて下さい。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください