■落ちこぼれ笛吹きの“やればできる!”ON LINEセミナー 第4回

音楽に熱中するあまり受験勉強について行けず中学で不登校、何とか音楽科の高校に進学するも休学し小さな町工場で電気配線と格闘する1年を経験。「やっぱり音楽がやりたい!」と復学し音大を卒業後、プロオケを目指して20回以上オーディションを受けるも全て撃沈。そんな“落ちこぼれ笛吹き”が30年間のプロ経験で得たものとは? その中に“明日からもっと楽しくフルートが吹けるヒント”がみつかるかも!

◆岡本 謙(フルート奏者)プロフィール◆
10歳よりフルートを始める。香川県高松第一高等学校音楽科を経て、1990年に国立音楽大学を卒業。同年、シエナ・ウインドオーケストラ結成メンバーとして入団。6年間の在籍期間中、ピッコロ及びフルート奏者としてコンサート、CDレコーディングを多数行う。その後、東京吹奏楽団に移籍、ピッコロ奏者を務める。現在はフリーとしてオーケストラ、吹奏楽、室内楽等において演奏活動を行う。また、ミュージカルのオーケストラ・プレーヤーとしても、数多くの演目にて年間を通じて活躍している。フルートアンサンブル“ザ・ステップ”タッド・ウインドシンフォニーメンバー。

長い夏、短い夏

夏も本番真っ盛り。日本各地で開催されている吹奏楽コンクールでは、熱い演奏が繰り広げられていることと思います。どの団体も、少しでも“長い夏”にするべく日々の練習を続けていらっしゃることでしょう。日頃の努力の成果が実って見事先の大会へ進めた団体、あと一歩力が及ばず“短い夏”に涙している団体、それぞれだと思います。

私が指導に関わっている学校でも本番で十分に力を出し切れず、思った結果が出せずに悔し涙を流している光景を目にしました。特にコンクールを最後に引退する3年生にとってはこの悔しさをバネに、次の“受験”という新たな目標に切り替える必要があるのですが、これは決して簡単なことではありませんね。

とある全国大会金賞常連校の顧問の先生は、日々の練習の中で、「努力すれば必ず報われる!」と生徒たちに言っていました。実際その言葉の通り、この学校は数々の名演で輝かしい成績を積み重ねてきました。私もこの言葉は真実だと思います。

しかしながら現実には、努力を積み重ねた全ての団体が“金賞・代表”という結果で“報われる”わけではありませんね。そんなとき、「私たちはこんなに努力したのに、どうして報われないの?」という言葉を耳にします。私は彼らに、「君たちより、もっともっと2倍3倍努力した仲間がいたんだよ。」と言います。それでも、「私たち、必死で頑張ったよ!」という言葉が返ってくるとき、「それは、ライバルたちが君たちよりもっと前から頑張っていたのだと思うよ。」と応えます。

これから先の人生、もしかしたら同様の思いをすることがあるかもしれませんが、それでも自分たちが頑張ってきたことは、絶対に無駄ではありません。「自分も頑張った、けれどもライバルたちも頑張った!」という吹奏楽コンクールを通じた経験が、みなさんの人生を豊かにしてくれることを信じて止みません。

楽しく学ぶ音程のお話し

さて、今年は惜しくも“短い夏”になってしまった学校の下級生や顧問の先生方にとっては、今のこの時期はライバルたちよりもいち早く“スタートを切る”チャンスでもあります。今“何をするか?”で1年後の結果が大きく変わってきます。

本当はこの時期にきちんとレッスンを受けて基礎を固めるのが重要なのですが、多くの団体は部活の予算をコンクール練習で使い切ってしまっているので、講師の先生を呼ぶことは難しいと思います。ですので、まずは自分たちでできることから始めましょう!

はじめに、コンクールの審査講評をもう一度見直してみましょう。そこには何と書かれているでしょうか?

縦を合わせましょう、音程を合わせましょう、バランスを工夫しましょう、音がきたない、もっと表現をつけて・・・等々。何から手をつけてよいかわからず途方に暮れているかもしれません。

上に挙げた要素は、コンクールでは全て減点される可能性があるものです。逆にいうと、これらを一つ一つ解決していくと点数UPに繋がるということです。今回のセミナーでは、その一つの“音程”について勉強してみたいと思います。

音程については吹奏楽指導の現場では“ピッチ(Pitch)”と言われることが多いです。ピッチが悪い、ピッチが合わないと書かれた団体も多いと思います。この“ピッチ(Pitch)”という言葉は日本では“音程”という意味で使われることが多いですが、実際には音の周波数(振動)を表すもので、正確には“イントネーション(Intonation)”という言葉が“音程”にあたります。海外の方に“ピッチ”と言っても?な表情をされることもあるので、予備知識として知っておくとよいでしょう。

音程が悪いとなぜいけない?

楽器を演奏したことある人なら“音程”という言葉を聞くだけでドキッとする方も少なくないでしょう。「そこの音程悪い!」とか「もっと音程を合わせて!」とか叱られた経験は、誰でもあると思います。

自分はただ楽しく楽器を吹いているだけなのに、何で音程のことでここまで注意されなければならないのでしょうか?  少し想像してみて下さい。

誰もいないものすごく広大な広場があります。そこに自動車が1台ぽつんと置いてあります。あなたは自動車免許を持っていないかもしれませんが、現代の自動車の運転は簡単です。キーを回してエンジンをかけパーキングブレーキを解除し、シフトレバーをドライブに入れてアクセルを踏むだけで走らせることができます。何の障害物もない広場ですから、急ハンドルと速度の出し過ぎさえ注意すれば、気持ちよく車を走らせることができます。これは、一人だけで楽器を練習している状態に似ています。どんな運転をしようと誰にも迷惑をかけません。

ところが現実社会ではどうでしょうか。みんなが勝手な運転をすると、たちまちのうちに事故が多発し、大渋滞が発生します。それを防ぐために速度制限等の交通法規があり、ドライバーは周りの車に注意を払いマナーを守って運転します。“音程が合っていない”演奏は、例え本人たちが気がついていないとしても、実はあちこちで接触事故や渋滞が起こっています。このような演奏は聴いていても全く気持ちよくありません。指揮をされている先生には進むべき道や目的地が見えているのに、演奏する人たちの運転(演奏)技術が未熟かつ注意力が散漫な状況では、とても良い音楽にはなりません。当然、聴いている人たちにとってはサウンドが混沌とし、何を伝えたいのか全く理解できないということになりますね。そして最も重要なことは、演奏している本人たちが“気持ちよくない!”ということです。

合わない音は気持ち悪い!

吹奏楽指導の現場では、音程を合わせるために個人個人がチューナーを付けたり、指導者が一人一人に「この音高い」とか「その音低い」とか注意する光景を当たり前のように目にしますね。しかしながら、このような練習では何百回繰り返しても、最終的に音程は合いません。何故なら、演奏している生徒たちが“聴いて判断していない”からです。

それでは、どうすれば自分の耳で聴いて音程を合わせる能力が身につくのでしょうか? その答えは簡単です。実際に、音程の合わない音がどんなに気持ち悪いかを体験させてあげればよいのです。

幸運なことに私はフルートが吹けます。生徒と一緒に同じ音を演奏し、わざと音程を狂わせます。するとブォォーンという不快なハウリングが発生します。正常な感覚の持ち主なら、このハウリングをとても気持ち悪いと感じます。次に、もう一度同じ音を一緒に演奏します。今度は、音程をピタリと合わせてあげます。このとき、一瞬自分の音が聞こえなくなる瞬間を体験できます。これが音程が合った状態です。これらの音が合わない“気持ち悪い”状態と、音が合った“気持ち良い”状態を、自分の耳で体感できることがとても重要です。

人間の耳は音程が合わず不協和なハウリングが発生すると、不快と感じるようにできています。ですので「気持ち悪い! 何とかしないと・・・」という意識を積極的に持つことが、音程を合わせる近道です。

ここで、オススメの練習方法をご紹介しましょう。まずは二人でユニゾンを合わせる練習からスタートです。二人の楽器のチューニングを、一人は出来るだけ高く、もう一人はあり得ないくらい低く(頭部管が抜け落ちない程度!)します。「せーのー」で同じ音を吹きます。当然ながら音が合うはずもなく、気持ち悪いハウリングが発生します。さて、ここからがチャレンジです。この状態でも二人で音程が合うように、工夫してみましょう。音程は“高い”か“低い”の二つしかありません。お互いに上げたり下げたり…。二人の音程が近づくとハウリングが減ってきますが、逆に離れていくとよりハウリングが増幅して気持ち悪さが増してきます。二人が「この気持ち悪さを何とかしたい!」と歩みよることで、音程に神経を遣い合わせる能力が身につきます。

ある程度音が合ったら、今度は簡単な音階(スケール)を一緒に吹いてみるとよいでしょう。いつもは普通に吹いている音階でも、“何かをしなければ”音が合わないはずです。元々のチューニングが狂っているのですから、合わなくて当然です。ですので、音が合わなくても誰からも叱られません。それでも何とか合わせることができれば、それはあなたたちが“とても素晴らしいこと”をした証拠です。お互いに歩み寄ろうという気持ちと行動力こそが、良いアンサンブルの第一歩なのです。

実は、普通のチューニングの状態でも“ただ吹いているだけ”では絶対に音程は合いません。もちろん合いやすい音もありますが、ある特定の音になった途端、不快なハウリングが発生します。“相手の音をよく聴いて、何かをする”という習慣を、この“遊び”を通じて学んで下さい。大切なのは、ゲーム感覚で楽しむことです。「音程が合わないと叱られるから」ではなく、「音が合わないと気持ち悪いから」という意識を、演奏する全てのメンバーが持つことが大切ですね。

“音程高い恐怖症”を吹っ飛ばせ!

「フルート、音程が高い!」と叱られた経験は、フルート吹きなら誰でもあると思います。私もレッスンで、仕事の現場で、何度注意されたことか…。フルートに限らず、高音パートを受け持つ楽器は、しばしば「音程が高い!」と目の敵にされてしまいます。その結果、高音域でも絶対に高くならないようなチューニングをしたり、音程が高くならないように息を押さえ込んで吹くようになったりします。そして「音程が高いのは、すごく悪いことなんだ!」と信じ込み、442Hzを絶対に超えないような吹き方に執着するようになります。

そもそも、音程が高いのは悪いことなのでしょうか? 確かに極端に音程が高いと、気がつくと誰もついてこないという“一人旅”のような状態になります。しかしながら人間が演奏する吹奏楽は“生(なま)もの”です。演奏が盛り上がり、楽器が温まってくると自然とハイピッチになる場合だって珍しくありません。ドライブでもそうですが、見通しのよい道路でついついスピードが出てしまい、「ピ・ピー、時速1kmスピード違反ですよ!」言われたらどうでしょう? 実は、吹奏楽指導の現場ではこれと同じ状況をよくみかけます。各自がチューナーを付けられ、少しでも442Hzを超えてしまう場合は“スピード違反”と罰せられてしまいます。このような指導を受けた生徒たちは、ある程度安定した音程で演奏できるようにはなりますが、それはあくまで義務感を植え付けられているだけで、実施に自分の耳で聴いて心地よいと思ってはいません。音楽はそんなものではありません!

吹奏楽等のアンサンブルの中でフルート等の高音楽器に課せられた役割は、サウンドのトップとして明るく彩りを添えることです。このトップのパートが、たった時速1kmの速度超過で違反切符を切るような堅物だったとしたら、そのバンドは何と不幸なことでしょうか。みんなが気持ちよく走ろうとしている前に立ちふさがり、「はいはい、みんなもっとゆっくり走ろうね。」と制止されているのと同じことです。きっと、仲間たちはやる気をなくしてしまいますよね。「高くなければよい」のではなく、「ちょっとは高くても大丈夫」という気持ちと、「むしろ高音パートが低いのは悪」という意識と責任感が大切です。周りのパートも「フルートが低かったらおかしいだろう!」とか「私たちが支えてあげるから、安心して気持ちよく吹いてね!」という思いやりがあると嬉しいですね。

最後に、航空自衛隊のブルーインパルスは華麗な展示飛行を例えに説明したいと思います。6機の飛行機が大空を高速で飛びながら、アクロバティックな飛行で観客を魅了します。

この綺麗な編隊型は、美しい完璧なハーモニーと似ています。お互いの位置(音程)関係が正確であることは、ハーモニーを作る上で非常に大切です。ブルーインパルスの操縦士は速度計や高度計を見ているとは思いますが、大空では気流等の不確定要素も多いので、最終的には自らの感覚とお互いの信頼関係に頼って操縦しているのでしょう。しかも超高速で移動しながら…。

楽器を演奏するということは、大空を高速で突き進んでいるのと同じです。少しでも気を抜くとスピードが落ちて高度(音程)が下がります。しっかりと速度(息のスピード)を保ちながら、お互いの位置(音程)関係に神経を張り巡らせて演奏することが大切なのです。安定しないフラフラとした飛行状態(奏法)では、自分のポジションを把握することすら難しく、相手に音を合わせるどころか、周りに合わせてもらうことすら困難です。

さらにフルートは先頭を行く1番機の役割に似ています。自分勝手な操縦をしたら大事故に繋がりかねません。仲間を信頼して、しっかりとリードしていかなければなりません。ブルーインパルスは失敗が許されませんが、音楽で失敗しても誰かが怪我をすることはありません。まずは失敗を恐れずチャレンジして下さい。もし勢い余って誰もついてこれなかったら、「ごめんなさい、次は気をつけるね!」と謝ればよいのです。

ハーモニーの大切さについては、語り出すと奥が深いので別の機会にしたいと思いますが、常に音程というチームワークが求められているセクションはホルンとトロンボーンです。彼らは和声を担当させられることが多いので、自然とハーモニーを意識した演奏が求められます。特にプロの世界では、そのチームワークへの意識の高さは半端ではありません。合奏中、音程のことで迷ったら彼らの音に耳を傾けるとよいでしょう。きっとあなたの聴くべき音がそこにあるはずです。また、直接アドバイスを求めるのもよいですね。彼らほど、周囲の音にアンテナを張って演奏しているセクションはないと思います。そして、サウンドのトップを受け持つパートとして、自分の役割をしっかり果たしていくことが、私たちフルート吹きにとって大切なことだと思います。

コメントを残す