■落ちこぼれ笛吹きの“やればできる!”ON LINEセミナー 第1回

音楽に熱中するあまり受験勉強について行けず中学で不登校、何とか音楽科の高校に進学するも休学し小さな町工場で電気配線と格闘する1年を経験。「やっぱり音楽がやりたい!」と復学し音大を卒業後、プロオケを目指して20回以上オーディションを受けるも全て撃沈。そんな“落ちこぼれ笛吹き”が30年間のプロ経験で得たものとは? その中に“明日からもっと楽しくフルートが吹けるヒント”がみつかるかも!

◆岡本 謙(フルート奏者)プロフィール◆
10歳よりフルートを始める。香川県高松第一高等学校音楽科を経て、1990年に国立音楽大学を卒業。同年、シエナ・ウインドオーケストラ結成メンバーとして入団。6年間の在籍期間中、ピッコロ及びフルート奏者としてコンサート、CDレコーディングを多数行う。その後、東京吹奏楽団に移籍、ピッコロ奏者を務める。現在はフリーとしてオーケストラ、吹奏楽、室内楽等において演奏活動を行う。また、ミュージカルのオーケストラ・プレーヤーとしても、数多くの演目にて年間を通じて活躍している。フルートアンサンブル“ザ・ステップ”タッド・ウインドシンフォニーメンバー。

はじめまして

みなさま、はじめまして。いきなりの“落ちこぼれ笛吹き”の登場で「こんな人にセミナーを任せて大丈夫?」と思われた方もいらっしゃると思います。私たち音楽家は“音を出してなんぼ(幾ら)”の世界に生きております。もちろん、○○楽団首席奏者とか○○大学教授という肩書きを持つすごい方も沢山いらっしゃいますが、そんな方々も楽器を演奏する瞬間を自らの人生の中心に置いています。

私たち業界では「楽器を持たないとただの人」なんて言葉をよく口にします。確かに、中学生や高校生たちの前にいきなり出て行って、この人が先生ですよと言われても、「この坊主頭のおじさんって誰?」と思われてしまうのがおちです。

そこで、私は初めて出会う生徒さんの前では必ず何か1曲、短い曲を演奏するようにしております。まずは音を聴いてもらい、今日これからこの先生に習ってみたいかどうかを、生徒さんに考えてもらうのです。とはいえ、「この先生に習いたくない!」と思ったとしても生徒さんが教室を出ていくことは現実的には難しいですが・・・。

ただここはONLINEセミナーですので、この人の話しには興味がないと思ったら、即座に退室することも読み飛ばすことも自由です。自分の必要に応じて情報を取捨選択できるのはネットの魅力ですね。当セミナーが皆さまのアンテナにビビっと反応するかどうか少々不安ではありますが、そこのところはシビアに判断して頂き、気に入ったチャンネルがあればチューナーを合わせて頂ければ幸いです。

音楽との出会い
~プロを目指すまでの道のり

さて、私と音楽の出会いですが、父が音楽好きだったので家にはクラシックのレコードが多数ありました。ですので、小学生になる頃には自分で好きなレコードを繰り返し聴くことが当たり前になっていました。小学1年のとき、妹のピアノの先生がリコーダーを教えてくれるとのことで、一緒にレッスンに通い始めます。実はこの先生の専門がフルートでしたので、発表会でフルートを目の当たりにするようになり、自分も大きくなったらフルートを吹いてみたいと思うようになりました。

その願いが叶うのは小学4年のときでした。身体も成長し、ようやくフルートに指が届くようになります。待ちに待った憧れのフルートですが、当然ながら最初から良い音なんて出るはずもなく、吹けども吹けどもスカスカの音しか出ず、全然気持ちよくありません。そんな毎日でしたが、ある日良い音の“コツ”を掴んだ瞬間を今でもよく覚えています。この時の体験については機会があればご紹介したいと思いますが、その後、中学では当然のごとく吹奏楽部に入部しました。香川県にある高松市立屋島中学校という中学ですが、当時は県大会で銀賞というごく一般的なバンドでした。ところが一昨年(2014)は全国大会に進むという快挙も達成してくれ、卒業生としては嬉しい限りです。

少しお話しが逸れましたが、この屋島中学校で吹奏楽部の顧問をされていた薄田信人先生との出会いは、私の音楽人生にとって決定的なものでした。薄田先生はホルン奏者でもいらしたので、コンクールの選曲も歌劇「盗むかささぎ」序曲(ロッシーニ)や歌劇「魔笛」序曲(モーツァルト)等、クラシックの名曲を選ばれていました。部活中でも数々の名曲のレコードを聴かせて下さり、いつしか私は音楽の虜になっていました。思い返せば、この時に私のその後の音楽人生が決まったようなものです。先生は、当時私が使っていたエントリーグレードのフルートを見て、「君はいつまでそのブリキのフルート吹いているんだ? 早く銀の楽器を買ってもらいないさい!」と口癖のようにおっしゃっていました。私の家庭はごく一般的な世帯でしたから、何十万もする銀の楽器は高嶺の花でしたが、毎日のように先生に言われているうちに、遂には両親が総銀製のフルートを買ってくれました。ムラマツのスタンダードという楽器で、当時は20万円弱でした。驚いたことに、その1ヶ月後に銀相場の高騰で、一気に50万円以上に価格改訂されました。本当にタイミングがよかったです。

当然ながら、この総銀製のフルートが私を大きく成長させてくれたことは紛れもない事実です。誤解のないように申し上げますが、どうせ買うなら良いものを・・・ということで、初心者に最初から高価な楽器を与えることはお勧めできません。何故なら、それは野球で小さい子供に重いバットを持たせるようなもので、とても扱えるようなものではありません。昔指導した高校生3人組のうち一人だけ、管体銀製の少し高価な楽器を持っていて、「みんなのように上手く音が出せないんです。」と悩んでいたことがあります。初心者だった彼女は、良い材質を使っているが故に抵抗の重い楽器に苦労していたのです。私は彼女に、高価な楽器ほど響かせるのに努力が必要なことを伝え、彼女は決して自分だけが下手だったわけではないことを理解し、その後とっても上手になりました。大学を出て就職し、結婚した今でもフルートを吹き続けています。このように、技量に見合った楽器を選ぶことはとても大切です。薄田先生は中学1年だった私の技量をみて、早く良い楽器を吹かせたほうがよいということを知っていたのだと思います。そして先生が出演する市民オーケストラの演奏を聴いているうちに、いつしか自分もプロのオーケストラで演奏してみたいと思うようになりました。残念ながら先生は私が中学3年になるときに他校へ転任されましたが、今の私があるのは薄田先生のおかげと感謝しております。

音色こそ命

私が進学した高松市立高松第一高等学校(以下高松一高)は、公立高ながら音楽科がある高校でした。顧問の石川孝司先生率いる吹奏楽部は全国大会常連で、音楽と吹奏楽が好きな生徒にはとても魅力的な高校です。諸々の訳あって(こちらも機会をみて書きたいと思います)、私は1年間の休学の後に復学するのですが、このときの部長さんはNHK交響楽団でトロンボーンを吹いていらっしゃる吉川武典さん、そして副部長さんは東京佼成ウインドオーケストラでクラリネットを吹いていらっしゃる大浦綾子さんという、今思うとスーパーな顔ぶれでした。他にも、音楽業界で活躍されている演奏家には高松一高の卒業生が多いことをご存じの方もいらっしゃると思います。

高松一高音楽科では月に1回、東京や大阪で活躍されている先生を中央講師として招いてレッスンを受けることができました。フルートは当時東京都交響楽団で首席奏者をされていた野口博司先生がいらしてくれました。野口先生の最初のレッスンで、フルート吹きとして最も大切なことを学ぶことになります。

東京で活躍するオーケストラの先生が教えてくれるということで、「どんな良い音なんだろう?」と期待に胸を膨らませてレッスンに向かいます。まず吹かされたのは、フルートで音大を目指す人なら毎日必ず行う基礎練習、マイセル・モイーズの『ソノリテについて』の最初の部分です。この教則本は中音域のHの音から始まりますが、その後の1時間に渡るレッスン時間の大半を、Hの音だけを吹くことに費やされてしまいました。これまで周りからは「綺麗な音だね」と言われることも多く、音色にはちょっと自信があったのですが、野口先生は「君の音は綺麗だけど、そんな音ではオーケストラでは通用しないよ!」とバッサリ切り捨てました。要するに、どんな綺麗な音でも遠くまで届かなければ意味がないということです。オーケストラをやるにも吹奏楽をやるにも、コンサートホールは1,500人とか2,000人という大きな会場が当たり前です。そこで、客席の一番後ろに座っている人に音が届かなければ駄目だと、先生はおっしゃったのです。

私が吹奏楽の指導に行くと、「フルートが聴こえないのです。もっと大きな音が出るようにして下さい。」と毎度のように指導者の先生に言われます。全国大会常連校でさえも、「音を大きくして下さい。」と言われるのが常です。しかしながら、どう頑張ったって吹奏楽の中でトランペットやトロンボーン、さらには打楽器よりも大きな音がフルートに出せるはずなんてありません。そんなことは物理的に無理ですし、無意味なことです。けれども、オーケストラや吹奏楽のサウンドの中から、フルートが突き抜けて響いてくるのを経験された方は多いと思います。それは何故でしょうか?

答えは“音量”ではなく“音色”にあります。それでは、どんな音色が遠くまで通るのでしょう。具体的には“倍音を多く含んだ音”が豊かな響きで遠くまで飛んで行きます。倍音とは、基準になる音の周波数の整数倍の波長の音列のことです。具体的には、Cの音を基準とすると2倍音がオクターブ上のC、3倍音がその5度上のG、4倍音が基準の2オクターブ上のC・・・という具合です。金管楽器が同じ運指で複数の音が出せるということは、同じ倍音列だからです。フルートでもオクターブが同じ運指なのは、同様の理屈です。どんな楽器の音色も、必ずその音の中に倍音を含んでいます。そしてその倍音の構成によって音色が異なります。オーボエが低音域でもよく音が通るのは倍音が多い音色だからで、フルートが聴こえにくいというのは倍音が少ない音色だからです。以上から、フルートを聴かせたければ倍音を増やせばよいのです。

倍音という舞台メイクでステージに立て!

具体的に野口先生から習った練習方法は下記の通りです。

(1)まず、低音域のHの音をスピードのある息で吹く。徐々に倍音の成分が増えてくる。

(2)そのままスピードを上げるとオクターブ上にひっくり返るので、その手前の厚みのある音色を維持する。

(3)低音のHで、倍音の豊かな音色が作れるようになったら、その音色のままオクターブ上のHの音にレガートで移行する。

(4)中音域のHの音でも同様に倍音の豊かな音が作れたら、『ソノリテについて』の方法に従って半音ずつ移行しながらロングトーンを続ける。

実際のところ、私の場合は(1)~(3)の課程で30分以上は要しました。何故なら、その“倍音を多く含んだ音”になかなか馴染めなかったのです。“純粋で透き通った音”を目指していた私にとって、“倍音を多く吹くんだ音”は口の周りでブーンという雑音が常に鳴っていて気持ち悪く感じました。実はここに“綺麗な音”と“遠くまで響く音”とのギャップが存在します。こういうことを書くと失礼かもしれませんが、狭いレッスン室で聴いた野口先生の音色は想像していたものとは違い、少しガサガサしたような雑味を感じてしまいました。今思えば、このガサガサしたような成分が豊かな倍音で、数年後に東京文化会館でホールを包み込むような先生の音色を聴いたとき、「先生はこのことをおっしゃっていたんだ!」と実感しました。

私が中高生に音色についてレッスンするとき、倍音はメイクのようなものだよと教えます。私は経験がありませんが、おそらく初めて化粧をするときは肌に違和感を感じるものだと思います。けれど、それによって女性がさらに美しくなれるのは事実ですし、倍音も同じような役割を果たしてくれます。さらにここで必要なのは自然なメイクではなくて、舞台で演じる役者さんが使うようなメイクです。

私は今月、東京宝塚劇場のオーケストラピットでも演奏しておりますが、宝塚ジェンヌさんのメイクって少女マンガの主人公が現実になったように凝っています。近くで見ると素顔がわからないくらいですが、ステージから離れた客席からは夢の世界の登場人物に見えます。フルートにも、この宝塚メイクのような倍音が必要です。とてもそのまま街中を歩けるような化粧ではありませんが、ステージ上で魅せるためには必要なものです。中高生に厚化粧をしなさいと言うのは少し罪悪感も感じますが、こういう例えをすると、みんなよく理解してくれます。

実際のレッスンでは、純音に近い素朴で綺麗な音と大ホールでも通用する倍音豊かな音を、生徒から近い場所と少し離れた場所で吹き比べます。客観的に倍音による舞台メイクを聴いてもらうことで、どんな化粧が自分に必要かを知ってもらうことができます。「私はすっぴんが自然で好き。」と思っていた生徒も、「お化粧って楽しいかも?」と思ってくれるようになります。この倍音メイク、すっぴんから自然な薄化粧、そして舞台メイクと自在に使いこなせるようになると、音色に幅が出てきます。音色の価値観の変革こそ、ホールで通用する音色作りには欠かせません。

フルートの音色で個性ある吹奏楽の響きへ

実はこの倍音メイク、良いことばかりではありません。倍音が豊かになってくるとその分個々の音色の個性が目立ってくるので、音色がブレンドしにくくなります。ましてや、フルートは決して音程が安定しているとはいえません。指揮をされている先生からは、目の前のフルート・パートの音が雑に聴こえてしまうかもしれません。そんなときは少し広い場所や、離れた距離から聴いてあげて下さい。きっと、今までとは違った響きが聴こえてくると思います。あとは、音程やニュアンスの統一を心がければよいでしょう。

フルートに限らず、楽器の音色というものは演奏者自身にどう聴こえているかということと同じくらい、客席でどう聴こえているのか?ということが大切です。耳に延長コードが付けられたらどんなによいかと思いますが現実的には無理なので、せめて気持ちだけでもホールの客席を想定した練習が必要です。私が野口先生から受けた最初の1時間のレッスンに、これらのことが凝縮されていると思います。そしてこの1時間のおかげで、今なおプロとしてフルートを吹き続けていられる自分がいるのだと思います。

吹奏楽においてフルートはソロ楽器と思われがちですが、フルートの音色が豊かなバンドは他と比べて、より多くの色彩のパレットを持っています。予算的に制約があるプロバンドでは、ほとんどの場合3人(フルート2人&ピッコロ1人)のフルート奏者しかおくことができませんが、アマチュアバンドではその倍近い人材をおくことも可能です。ある意味、プロバンドには出せないサウンドを作ることも可能なのです。実際、フルートの豊かな音色のおかげで個性的なサウンドを持つバンドも多いですね。私が所属しているタッド・ウインドシンフォニーでは、音楽監督の鈴木孝佳先生のセオリーで最低5人のフルート奏者を揃えるようにしています。そうすることで、とかく高音域で固い音色になりやすいクラリネット群をフルートの柔らかい音色で包み込むことも可能ですし、中低音のサウンドにも幅が出ます。コンクールの審査をしていても、フルートの音色が光っているバンドは、他とは異なる新鮮なサウンドを聴かせてくれることが多いです。指導者のみなさんにはフルートの音量ではなく、とことん音色にこだわったご指導を頂けると嬉しく思います。

以上、いろいろと脱線しながらとなってしまいましたが、こんな調子で今後もセミナーを続けていきたいと思います。機会があれば、シエナ・ウインドオーケストラ誕生秘話や、高校時代の全国大会の思い出等、いろいろとご紹介したいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。


★おすすめの楽譜&CD

【楽譜】

■マイセル・モイーズ著 ソノリテについて(出版:LEDUC)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4199
フルーティストにとってバイブルともいえる教則本。音大を目指すなら絶対必須。

■トレバー・ワイ  フルート教本1~音づくり~(出版:音楽之友社)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/bk-4200
「ソノリテについて」は少し高価ですが、こちらはもう少しリーズナブルに手に入ります。音色について勉強するには、こちらでも必要十分な内容です。

【CD】

■バッハ:フルート・ソナタ全集((全5曲)フルート:オーレル・ニコレ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4006
私の最も尊敬するフルーティスト、オーレル・ニコレの音色と、その深い音楽は格別です。特にバッハやモーツァルトの演奏は圧巻。最近、廃盤になってしまったアルバムが多く残念ですが、フルートの神髄を聴かせてくれる巨匠の音色は必聴です!

■ザ・ステップ フルートコンサート III
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2297/
手前味噌で恐縮ですが、私の所属する10人のフルーティストによるアンサンブルの3枚目のアルバムです。師匠の野口博司先生による「ダフニスとクロエ」のパントマイムのソロ、またピッコロ四重奏(モーツァルト)でのピッコロの妙技は是非お聴き頂きたいです。

コメントを残す