■吹奏楽曲でたどる世界【第49回】ベトナム戦争(1960~75)その1 ~戦死・不明の英雄たちよ~ベトナム・メモリアル(ギリングハム)

Text:富樫鉄火

●作曲: ディヴィッド・ギリングハム David R. Gillingham(1947~)
●原題:Heroes, Lost and Fallen(A Vietnam Memorial)
●初出:1989年、ミシガン州アン・アーバー・シンフォニックバンド初演)/1990年国際バーロー作曲コンテスト優勝作品
●出版:Composer’s Editions/Hal Leonard
●参考音源:『Legendary 関東第一高等学校吹奏楽部』(廃盤)…「ベトナムの回顧」というタイトルで収録
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2020/

●演奏時間:約12分
●編成上の特徴:オーボエ1・2、コントラ・バスーン、ピアノあり。クラリネット群は、クラ(B♭)1~3とバス・クラのみ。打楽器の数が多く、特殊奏法多用。
●グレード:5超~6

第2次世界大戦後、アジア・アフリカ・中南米の小国が、次々と独立を求め始めた。そうなると、必ずといっていいほど、かつての支配国との間に争いが発生した。

アジアの一角に古くから王朝を築いてきたベトナムは、19世紀にフランスの侵略を受け、植民地「仏領インドシナ」となっていた。その後、第2次世界大戦で日本軍が北部に進駐したりしたが、1945年の終戦と同時に共産革命が勃発し、「ベトナム民主共和国」(のちの北ベトナム)が誕生する。

しかし、これを快く思わないフランスが抑えにかかり、「第1次インドシナ戦争」が発生。その結果、1954年にジュネーブ協定が交わされ、ベトナムは南北2国に分断された。

だが、共産主義の北ベトナムに対し、南に新しく生れた「ベトナム国」は、事実上、フランスによる傀儡国家であった。アメリカもフランスを支持し、翌年には、この南の国は、アメリカが陰から支配する「ベトナム共和国」(南ベトナム)となった。

のち、この南ベトナムでは、アメリカの援助で権力を支配する大統領一族の横暴がつづき、国内は大混乱に陥る。それを見た北ベトナムは、この機に国家統一を実現させようと、ゲリラ組織「南ベトナム民族解放戦線」(ベトコン)を結成。南に侵入し始めた。

こうして、15年にも及ぶ「第2次インドシナ戦争」、別名「ベトナム戦争」が始まるのである。

当然ながらアメリカは「南」を応援し、ソ連と中国は「北」を応援した。かくしてこの戦争は、アジアの小国を舞台にした、大国による代理戦争となったのだ。第47回で解説した朝鮮戦争もそうだったが、第2次世界大戦後に世界各地で勃発した戦争の多くは、アメリカとソ連の代理戦争だったのだ。

この戦争は、今までの戦争とはまったく違っていた。

いわゆる「最前線」となる戦場が存在しなかった。南ベトナム領内に忍び込んだ北のベトコンたちが、いつ、どこから現れるか、一寸先も読めない状況下でのゲリラ戦だった。
年代的にマスメディアも発達していたため、戦況は、多くのジャーナリストによって逐一、世界中に、文章・写真・映像で同時に伝えられた。いわば、人類史上初の「メディアによって世界中が同時ウォッチングした戦争」でもあった。

そこで伝えられた光景は、世界を牛耳る大国アメリカが、アジアの片隅の貧しい農民たちを虐殺する姿だった。アメリカ国内はもとより、世界中で反米の嵐が沸き起こった。

その間、アメリカでは、ケネディ~ジョンソン~ニクソンと3代の大統領が関与したが、いっこうに出口は見えなかった。アメリカは、年間50万人以上の米兵を送り込み、次第に天文学的な額の出費に悩まされ始める。今まで経験したこともない、熱帯森林での長期ゲリラ戦に、兵士の士気も低下する一方だった。

そして1973年、疲れきったアメリカは北ベトナムに対する攻撃停止を表明。和平交渉が開始され、翌74年にニクソン大統領はウォーターゲート事件でボロボロになって辞任。フォード大統領があとを引継ぐと、75年4月、南ベトナムの首都サイゴン(現ホーチミン市)が陥落して、15年に及ぶベトナム戦争は、ようやく終了したのだった。アメリカにとって、建国以来、初めて経験した「完敗」だった。

この間、南北ベトナムにおける犠牲者は200万人、アメリカ軍の戦死者だけでも6万人近くに上っていた。アメリカが空中散布した枯葉剤(ダイオキシン)による後遺症は、のちのちまで多くの悲劇を生む。

この戦争を題材に吹奏楽曲≪戦死・不明の英雄たちよ~ベトナム・メモリアル≫【注】を書いたのが、アメリカの作曲家ギリングハムである。

そもそも彼は、ジャーナリスティクな題材をよく選ぶようだ。のちに紹介する予定の≪闇の中のひとすじの光≫は、1995年のオクラホマ州連邦ビル爆破事件をモチーフにしたものだし、≪目覚める天使たち≫は、エイズによる死者に捧げられた曲だ。

今回も、作曲にあたって彼自身による詩のような言葉が書かれ、それに基づいて音楽化されている。その要旨は、

<あの恐ろしい戦争、そのすべてを忘れたい/苦痛や死が二度と訪れないよう、この矛盾を解いてくれ/そして永遠の平和が、戦死・不明の英雄たちに訪れんことを>

……といったような内容である。

曲は、恐ろしいほど真摯で厳しく、緊張感に富んでいる。タイトルからすると、戦死兵を讃える曲のように思えるかもしれないが、それほど単純な内容ではない。勝者・敗者を超えて、戦争で命を失ったすべての人たちに対するレクイエムに思える。全体を、何とも言えぬ虚しさが支配しており、時折、勇敢さを表現しているようなモチーフも散見されるが、すぐに打ち消される。後半は、戦死者たちの魂が天上へ誘われて行く光景を描いているようだ。

演奏は、並大抵の難度ではない。無調の現代音楽的な響きが全体を支配しているようで、打楽器に至っては、鍵盤を弦楽器の弓でこするなど、特殊奏法の連発である。通常の吹奏楽曲を連想すると、面食らうであろう。奏者のテクニック面もさることながら、このような曲をまとめ上げるには、指揮者にも尋常ならざる力量を求められる。楽譜どおりに演奏する以上の、目に見えない何かをつかむような力がないと、曲の真意を表現することも絶対にできない。

この曲を日本初演したのが神奈川県立厚木西高校であることは有名な話だが、本項で紹介している参考音源も関東第一高校の演奏なので、一瞬、高校生でも演奏できるような先入観を持つかも知れないが、それはたいへんな勇み足である。この2校は、いわゆる“超高校級”であって、これもまた、尋常ならざる力量を持っているのだ。演奏にあたっては、よくよく考え、かつベトナム戦争の何たるかを十二分に把握した上でチャレンジしていただきたい。
<敬称略>
【注】この曲の邦題は、演奏団体やレーベルによって様々で、確定的な邦題は、まだないようだ。本項の邦題も、あくまで筆者による訳である。よって、楽譜やCDを探す際には、必ず、原題で確認するようにしていただきたい。

コメントを残す