■吹奏楽曲でたどる世界史【第38回】リンドバーグ、大西洋無着陸単独飛行(1927年) ~スピリット・オブ・セントルイス(清水大輔)

Text:富樫鉄火

●作曲:清水大輔 Shimizu Daisuke
●英語題:The Spirit of St.Louis
●初出:2005年1月、神奈川県横浜市の栄区民吹奏楽団の初演。
●参考音源:スピリット・オブ・セントルイス/清水大輔作品集 vol.1(Band Power)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1011/

●出版:バンドパワー(株式会社スペースコーポレーション)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8439/

●演奏時間:約8分
●編成上の特徴:ほぼ大型標準編成(E♭クラリネット、コントラバスクラリネットはオプション。テューバとユーフォニアムにdiv.あり。ピアノあり)
●グレード:4~5

第1次世界大戦が終わって、ようやく世界も落ち着いた1927年、大西洋をまたいで驚くべき偉業が達成された。

同年5月20~21日、アメリカの航空パイロット、チャールズ・リンドバーグ(1902~74)が、ニューヨーク→パリ間の大西洋横断・単独無着陸飛行を、世界で初めて、33時間半をかけて成功させたのだ。

すでに「単独」でない大西洋無着陸横断飛行は、1919年に、別人によって達成されていた。つまり2人のパイロットが交代で、カナダ東岸のニューファンドランド島から、アイルランドに飛行して成功していたのである。いわば、地図上の、大西洋のずっと上の方をまたいだのだ。

時代は一種の「開拓冒険」ムードだった。今度は、初の大西洋「単独」無着陸飛行成功者に、25000ドルの賞金がかけられた。リンドバーグはこれに挑戦し、見事成功。ニューヨークのルーズベルト飛行場から、大西洋のど真ん中を突っ切って、パリのル・ブルージェ空港までを、たった一人で飛んだわけだが、これは当時としては、まことに驚くべき出来事だった。

なぜなら、総距離6000km近くを、途中、燃料の補給なしで飛び続けるなど、当時の小型機のレベルからは考えられなかったし、しかも30時間以上を、たった一人で一睡もせず、神経を集中させながら操縦し続けるなんてのも、とうてい無理と思われていた(食事やトイレはどうする?)。

ところがリンドバーグは、愛機「スピリット・オブ・セントルイス号」を徹底的に改造し、燃料スペースを増やした。そのために、パイロットは1人しか乗れなかったし、操縦席から前方はほとんど見えなくなってしまった。

それほど厳しい条件下、冒険を成功させたリンドバーグは、一夜にして世界的ヒーローとなり、大金を手にして富豪となった。まさにアメリカン・ドリームそのものであった。

この曲は、その偉業をモチーフに、リンドバーグの旅路~パリ到着を描写しながら、彼のチャレンジ精神を音楽にしたもの。決して最高難易度の曲ではないが、雄大さやドラマティック部分の表現には、それなりのハードルがある。しかし、演奏していて、これほどいい心地になれる曲は、そうそうあるとは思えない。一種の「交響詩」ともいえよう。

作曲した清水大輔は、すでに【第25回】の≪仲間たちへ≫で紹介した、若手人気作曲家である。飛行場面を思わせる部分は清水ならではの爽やかさに溢れている。

曲名は、リンドバーグが乗った飛行機の愛称であると同時に(彼は、この当時、セントルイス~シカゴ間の郵便パイロットだった)、のちに綴った自伝の題名でもある。【注1】

この偉業には逸話が多い。いちばん有名なのは、パリ上空に差しかかった時、「翼よ、あれがパリの灯だ!」と叫んだという話。のちに自伝や映画の邦題にまでなった有名セリフだが、どうもこれは後年の創作話だとの説がある。実際は、着陸後、そこがパリかどうか自信がなくて、そばにいた人に訊ねた「誰か英語を話せますか? トイレはどこですか?」が第一声だったとか。真偽のほどはさておき、それほどフラフラになっていたということだろう。

だが、リンドバーグの人生は、これ以降が、驚くべき奇々怪々さだった。

多額の賞金を手にしたとたん、1歳8ヶ月の長男を誘拐され、身代金を要求された。「世紀の誘拐事件」と騒がれたが、長男は遺体で発見。犯人は逮捕されるが、この犯人が、最後まで犯行を否認したまま死刑となったので、様々な憶測を招くことになる。何と、事件の黒幕が父親リンドバーグ自身だったとか【注2】、さらに近年「自分が(誘拐殺害されたはずの)長男だ」と称する者までが現れたのだ。【注3】

この誘拐事件をきっかけに、リンドバーグ夫妻はヨーロッパへ移住してしまう。あまりにマスコミに追い回されて、半ばノイローゼ気味だった。ところが、ドイツで、リンドバーグは、夫人の目を盗んで晩年に至るまで愛人を持っており、しかも、その愛人との間に3人の子供までもうけていたことが、近年判明した(DNA鑑定が行なわれて、確かにリンドバーグの子供であることが証明されている)。

第2次大戦が始まると、なぜかナチスドイツに友好的な発言や行動を繰り返し、陸軍パイロットを解任されたりしている。

とにかく「奇人」リンドバーグは、その後も世界を騒がせ続けたのである。

晩年はガンを患ってハワイ・マウイ島に移住し、環境保護活動に専念しながら穏やかな最期を迎えている。夫人アン・モロー・リンドバーグも環境保護活動家として知られている。そんな彼の数奇な人生を思いながらこの曲を演奏する(聴く)と、また違った味わいを覚えるはずだ。
<敬称略>

【注1】この自伝はピューリッツアー賞を受賞した名著で、邦題は『翼よ、あれがパリの灯だ』(恒文社、ちくま少年文庫刊)。1957年、映画化もされた(邦題同様)。ビリー・ワイルダー監督、ジェームス・スチュワート主演の傑作映画である。

【注2】現場に残っていた証拠や、様々な状況から、リンドバーグ自身が関与していなければ実行できない犯行であることが、しばしば指摘されている。以前から、リンドバーグ自身にも、それを思わせるような奇行癖があった。遺体で発見された長男も、すぐさまアメリカでは珍しく「火葬」にされ、遺灰が海に撒かれたことも疑惑に拍車をかけた。この疑惑は、いまでも世界のジャーナリズムを騒がせつづけている。過去、日本で邦訳が出版されたノンフィクションだけでも、『誰がリンドバーグの息子を殺したか』(ルドヴィック・ケネディ/文藝春秋/1995年)、『リンドバーグの世紀の犯罪』(グレゴリー・アールグレン他/朝日新聞社/1996年)、『誘拐・リンドバーグ事件の真相』(G・ウォラー/文藝春秋/1963年)など、枚挙に暇がない。まさに、日本の「三億円事件」に匹敵する謎の大事件なのである。

【注3】この「長男」の出現は、ニュースでもずいぶん報道されたので、ご存知の方も多いと思う。確かに顔が父親そっくりなのだ。当人はDNA鑑定を申し出ているが、遺族が拒否しているので、いまだに真実は分らない。

コメントを残す