■吹奏楽曲でたどる世界史【第30回】アメリカ南北戦争(1861~65)その1 ~行進曲≪南部連合旗≫(ジェイガー)

Text:富樫鉄火

●作曲:ロバート・ジェイガー Robert Jager(1939~)
●英語題:Stars and Bars
●初出:1963年
●出版:Volkwein→Warner Brothers Music Pub. ※現在絶版
●参考音源:『R・ジェイガー&東京佼成WO』(佼成出版社)
●演奏時間:約3分半
●グレード:3~4

今回の曲は、音源も豊富にあるわけではないし、楽譜も、どうやら現在絶版らしい(歴史のあるバンドだったら、楽譜棚の奥に眠っているのではないか)。よって、紹介していいものかどうか、少々迷ったのだが、コンサート・マーチとしてなかなか品格のある名曲なので、特に若い方々に、その存在だけでも知っていただきたく、取り上げておくことにした。

「南北戦争」とは、1800年代後半にアメリカ合衆国内でおきた戦争であるが、英語ではCivil War(市民の戦争)と称されており、要するに「内戦」の意味である。

この頃、南部は綿花生産を中心とする農業が盛んで、支配層=大農園主と、労働者=黒人奴隷によって支えられていた。映画『風と共に去りぬ』が、この頃の綿花農園を舞台にした話である。【注1】

これに対し北部では商工業が急速に発達し、南部のような奴隷制度は旧態依然たるシステムに堕していた。

そんな中、1860年の大統領選で、奴隷制度の拡大停止を唱える共和党のエイブラハム・リンカーンが当選した。共和党初の大統領である。

このまま彼が就任したら、奴隷制度はなくなるのではないか……不安を感じた南部諸州は、続々と連邦脱退を表明。7州で「アメリカ南部連合」を結成し、ジェファーソン・デイヴィスを大統領に選出した。

翌年4月、リンカーンが正式に連邦大統領に就任すると、ますます緊張が高まった。リンカーンは、連邦を脱退した7州に対し、強硬姿勢を崩さなかった。

これに対し南軍が、サウスカロライナ州のサムター要塞を砲撃して、ついに「意思表示」する。南軍ボリガード指揮官は、要塞に掲揚されていた連邦旗(当時は33星の星条旗)を引きずり下ろし、南部連合旗である「スターズ&バーズ」を掲げた。【注2】

これは、7つの星(スター=最初に連邦を脱退した7州)と、「赤・白・赤」の3本の棒(バー)を組み合わせたデザインだった。

この時、攻撃された要塞の守備隊長は、ベテラン軍人アンダーソン少佐だったが、実は彼は、砲撃を指揮した南軍ボリガード指揮官の、士官学校時代の恩師だった。だからこそ、アンダーソン少佐が撤退の際、ボロボロに引きちぎれた星条旗を持ち帰るのを、ボリガードはこっそり黙認したのである。

ところが、この破れ果てた星条旗が一般公開されると、北部側に、いっせいに愛国ムードが沸き上がり、南北は一触即発の状態になった。南部から、さらに4州が連邦を脱退し、ついに本格的な戦争「南北戦争」が始まるのである。戦争中の1862年には、リンカーンが有名な「奴隷解放宣言」を発し、戦況はさらに泥沼化の様相を呈する。

戦争が始まってしばらくすると、連邦星条旗を使用していた北軍旗と区別がつきにくいとのことで、×(クロス)に、脱退州と同数の星をあしらった「スターズ&クロス」デザインに変更されている。つまり南部連合旗「スターズ&バーズ」は、戦争初期にほんの一時期のみ使用された、幻の星条旗なのである。

ここで紹介する行進曲≪南部連合旗≫(スターズ&バーズ)は、1963年、南北戦争100周年を記念してジェイガーが作曲した、たいへんモダンでスピード感のあるコンサート用マーチである。

近年、絶版が続いており、参考音源も乏しいが、スーザ以降のアメリカが生んだマーチとしては、トップレベルの名曲だ。

躍動感に溢れたメロディとリズム、そしてスーザへのオマージュともいうべきピッコロのオブリガートなど、マーチ本来の魅力に溢れている。機会があれば、ぜひ演奏するか、鑑賞するかしていただきたい。

南北戦争は、奴隷制度の存続を望む南軍側の砲撃で始まったが、最終的には北軍の勝利で終り、奴隷制度も廃止されるわけで、一見、南軍はワルモノ扱いである。だが、アメリカ国内では、そう単純な見方はされていないようだ。そうでなくとも、すでに100年を超えた昔の話である。ゆえに、このマーチも、南軍を讃えるというほどの深い意味はないと思われる。せいぜい、戦争初期の幻の旗をモチーフに、南北戦争自体を偲ぶ……程度に考えていいだろう。

吹奏楽ファンには言うまでもないが、これを作曲したジェイガーとは、名曲≪シンフォニア・ノビリッシマ≫≪ロベルト・シューマンの主題による変奏曲≫≪ダイヤモンド・ヴァリエーション≫などで知られる、あのロバート・ジェイガーである。

ことに、≪シンフォニア・ノビリッシマ≫の日本での人気は凄まじく、1970年代には、多くのバンドがコンクール自由曲に取り上げたものだ。そのジェイガーが、こういう親しみやすいマーチも作っていたことも、多くの方々に知っていただきたいと思う。

なお、この曲の邦題は古くから≪南部連盟旗≫と表記されてきたが、近年、南北戦争の資料類では、ほとんど「南部連合」となっているので、今回の邦題も≪南部連合旗≫とした。時々≪星条旗≫なる邦題もあり、間違いとは言い切れないのだが、これだと現在のアメリカ国旗「星条旗」(スターズ&ストライプス)と誤解されかない。こちらは「スターズ&バーズ」なので、強いて言えば「星棒旗」となる。やはりこの曲は、≪南部連合旗≫の方がいいと思う。

参考までに、南部連合の「スターズ&バーズ」旗は、別名「Confederacy Flag」とも呼ばれ、これは「反連邦旗」という意味である。
<敬称略>


【注1】南北戦争を舞台にした映画では、この『風と共に去りぬ』(1939年)が最も有名だが、もうひとつ、セルジオ・レオーネ監督の超名作『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966年)も必見である(DVD化にあたって、さすがに、あまりに恥ずかしい「地獄の決斗」は外された)。

前作『夕陽のガンマン』(1965年)とは無関係の映画で、原題は『いい奴、悪い奴、汚い奴』。南北戦争を舞台に、南軍・北軍双方と絡み合いながら生き抜く3人の男たちを描いた傑作映画だ。南北戦争とは具体的にどんな戦争だったのかも具体的に描かれる。戦争のバカバカしさを、これほどユニークかつ冷静な視点で描いた映画も珍しい。南部連合の「スターズ&クロス」旗も、チラリと登場する(「スターズ&バーズ」旗時代の話ではないらしい)。

エンニオ・モリコーネの音楽も筆舌に尽くしがたい素晴らしさ。「汚い奴」トゥーコが墓場の中を走り回るシーンは、名曲《黄金のエクスタシー》が先に作曲され、それに合わせて撮影・編集された名場面だ。誰か、この映画の音楽を、吹奏楽組曲《いい奴、悪い奴、汚い奴》に編曲して、コンクールで演奏してくれんかね。とにかくこの映画は、セルジオ・レオーネ(監督)、エンニオ・モリコーネ(音楽)、クリント・イーストウッド(主役)の、それぞれ最高傑作に挙げる人も多い名作なのだ。

余談だが、この次のレオーネ作品が、鉄道会社の土地買収と戦う農園主未亡人を描く『ウエスタン』(1968年)、次がアイルランド独立の夢破れたテロリストがメキシコ革命でウップンを晴らす『夕陽のギャングたち』(1971年)。どれも、「古いもの」が「新しいもの」にとって代わられる悲哀が題材になっており、今回の名曲≪南部連合旗≫が絶版になって忘れられようとしている姿と、どこか似たものを感ぜずにはいられない。
【注2】このサムター要塞や南北戦争のきっかけを記録した「古書」を題材にしたミステリ小説が『失われた書庫』(ジョン・ダニング著、宮脇孝雄訳/ハヤカワ・ミステリ文庫)。ダニングの古本ミステリ・シリーズの第3作にあたり、アメリカ古書業界の独特なムードと、南北戦争にタイムスリップさせられるようなロマンチックな構成が一読に値する傑作。

コメントを残す