■吹奏楽曲でたどる世界史【第22回】大航海時代(15~16世紀):マゼラン その2 ~マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)

Text:富樫鉄火

●英語題:Magellan’s Voyage to Unknown Continent
●作曲:樽屋雅徳 Masanori Taruya
●発表:2004年5月リリースの下記CDにて初演収録(加養浩幸指揮、土気シビックウインドオーケストラ)
●出版:CAFUAレコード(レンタル)
●参考音源:『華麗なる舞曲』(カフア)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cdi-0029/
●演奏時間:約9分
●編成上の特徴: 標準編成+バスーン1・2、ハープ、ピアノあり。
●グレード:5

前回と重複するが、スペインの船乗りマゼランは、1519~1522年にかけて世界一周航路を発見し、「地球は丸い」ことを、見事に証明した。

ただし、マゼラン自身は、途中で死亡したため、実際には、世界一周は残りのメンバーによって達成されたのである。しかし、なぜマゼランは「死んだ」のだろうか…実は、彼は「戦死」だったのである。

前回の解説では、マゼラン艦隊が、主に東南アジアからの香辛料入手ルートを開拓したことを述べた。確かにそれは間違いないことで、「世界一周」以前に、彼は東回りでインドネシアのモルッカ諸島(香辛諸島)に到達していた。そして今度は、西回りで(要するに、地球を反対側からグルリと回って)モルッカ諸島を目指したのだ。成功すれば、事実上、「地球は丸い」ことの証明になる。

そんな彼の功績により、アジアから様々な香辛料がヨーロッパに届くのだが、この「西回り世界一周」航海は、マゼランにとっては、スペイン王の代理として「スペインとキリスト教で世界を征服する」旅でもあった。そのために、かなり荒っぽい行動を、途中、何度か演じている。

例えば、太平洋の航海中、食糧が尽いて餓えに苦しんでいたマゼラン艦隊は、ようやくたどりついた有人の島(グアム島のあたりらしい)で、島民を虐殺し、食糧を確保している。残った島民は怒って、マゼランの船を襲って奪われた食糧を奪還した。怒ったマゼランは彼らを「泥棒」と呼んだ(最初に奪ったのは自分なのに!)。ゆえに、この周辺諸島を「泥棒諸島」と名づけるのである(現在のラドロネス諸島)。

フィリピンに到達した時は、いくつかの島で、島民をキリスト教に改宗させたりもした。応じた島もあったし、猛反対する島もあった。特に、セブ島に隣接するマクタン島が抵抗した。

セブ島は、現在ではフィリピンを代表するリゾート地で、隣りのマクタン島とは、橋でつながっている近さである。一般的に「セブ島のリゾート施設」というと、隣りのマクタン島にある場合が多いようだ。

マゼランがセブ島に到着したのは1521年3月のことだった。島の族長ハマバールに、スペインへの服従と、キリスト教への改宗を迫った(マゼラン艦隊には修道士も乗っていた)。ハマバールは大人しく従った。以後、現在に至るまでセブ島はキリスト教を信仰する島である。

気を良くしたマゼランは、すぐに、隣りのマクタン島に渡った。だが、ここは一筋縄ではいかなかった。マクタン島の族長ラプ・ラプは、強固なイスラム教徒であり、マゼランの申し出に抵抗した。現代にも通じる「キリスト教とイスラム教の衝突」は、ここフィリピンの小さな島で、すでに起きていたのである。

過去、いくつかの島で、「服従」「改宗」に成功してきたマゼランは怒り狂った。さっそく武装させた攻撃隊を組織し、マクタン島に再上陸した。迎えるラプ・ラプ側は、十分な準備をしていただけでなく、島の気候や地の利を知り尽くしていただけに、勝負にならなかった。マゼラン隊はあっけなく破れて退却。マゼラン本人は戦闘の中で戦死した。

ラプ・ラプは、フィリピン民族の誇りと宗教を守った英雄となった。現在、マクタン島の中心部分には「ラプ・ラプ市」の名称が付けられており、銅像が建っている(すぐそばに、マゼランの上陸記念碑もあるそうだ)。

さて、リーダーを失ったマゼラン艦隊は、どうなったのか。

当初、5隻の艦隊で旅を始めたものの、この時点では、2隻になっていた。仕方なく、航海士エルカーノを新リーダーに再出発。途中、各地で香辛料を大量に仕入れるが、船は傷む一方で、結局「ヴィクトリア号」1隻が、ボロボロになってスペインに帰港する。乗っていたのはわずか18名だった(出発時は260余名)。

ゆえに、世界一周航路の完全航海を成したのはマゼラン自身ではないのだが、あくまで彼の艦隊が成し遂げた功績であるため、マゼランの名は歴史に残ることになった。だが、実は太平洋を経てフィリピン付近に到達した時点で、マゼランは、事実上世界一周の成功を確信していたのである。

というのも、彼の部下に、マレー人の奴隷がいた。その奴隷が、フィリピン周辺に上陸した時、現地人の言葉をほぼ理解したのである。つまり、地球をぐるりと回って、再び、同じ言語系統の地域に達したわけで、このことをもってして、すでに「地球が丸い」ことは証明されていたのである。

今回ご紹介する曲≪マゼランの未知なる大陸への挑戦≫は、そんな、航海の途中で戦死したマゼランの魂が、そのまま世界一周航海を成し遂げ、さらに地球上を巡る…との想定で描かれた、一種のファンタジーである。上記で説明した「マゼランの死」以後を描いた曲だともいえるだろう。

近年、これほど中学・高校の吹奏楽部を中心に、絶大な人気を得ている曲はない。各地のコンクールで演奏されているようだし(すでに全国大会にも2回、登場している)、さるアンケートでも「邦人吹奏楽作品・人気ランキング」で、堂々1位を獲得しているほどだ。

演奏はなかなか大変だが、とにかくカッコイイ曲である。おおむね急~緩~急~緩/終結部の4~5部構成。まるで写真集のページを次々とめくるように、場面が変化して行く。予備知識なしで、ハリウッド歴史大作映画のサントラとして聴かされたら、誰でも信じてしまうだろう(私見だが、≪パイレーツ・オブ・カリビアン≫よりずっとカッコイイと思う)。中間部の優しげな部分も、たいへん美しい。文字通り、マゼランの魂が地球のあちこちを飛び回るようなムードがある。アイリッシュ・ダンス風の部分もある。クライマックスでも、ケルトの味わいが一瞬見え隠れするので、もしかしたら作曲者は、マゼランをアイルランドの地へ行かせたかったのかもしれない。終結部の盛り上げ方なども、見事のひとことに尽きる。

作曲者・樽屋雅徳は、武蔵野音大作曲科卒業。作曲・編曲のほか、吹奏楽指導も手がけている。この≪マゼランの未知なる大陸への挑戦≫のほか、≪マリアの七つの悲しみ≫≪ラザロの復活≫≪絵のない絵本≫≪星の王子さま≫≪民衆を導く自由の女神≫など、歴史・文学を題材にした作品が多く、若手注目株ナンバーワンである。

<敬称略>

コメントを残す