■吹奏楽曲でたどる世界史【第5回】モーセによるエジプト脱出~出エジプト記(天野正道)

Text:富樫鉄火

●英語題:From Exodus
●作曲:天野正道 Masamicz Amano(1957~)
●初出:2000年(東京都立永山高校が初演)
●出版:CAFUA(レンタル)
●参考音源:
『交響組曲第2番≪GR≫より』(CAFUA/国内盤)
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cdi-0006/
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cdi-0094/
●演奏時間:約11分
●編成上の特徴:途中、木管四重奏(Ob、Cl、Fl、Bsn)が
クローズアップされる部分がある。フリューゲルホーンあり。
●グレード:4~5

 

『旧約聖書』中の第1巻「創世記」の最後で、イスラエルの民はエジプトに定住した。ところが、次第に数が増え、危険を感じたファラオ(王)によって、奴隷扱いされるようになる。

つづく第2巻「出エジプト記」は、そのエジプトで圧政に苦しむイスラエルの民(一説には200万人とも)が、モーセに率いられて民族大移動を開始する様子が描かれている。

モーセは、ある時、神の声を聞き、“解放指導者”に指名された。そして、ファラオに対し、国外退去の陳情をつづけるが、建築労働者として役に立っていたイスラエルの民を手離したくなくて、ファラオは容易に許可を下さない。

怒った神は、エジプトに様々な天変地異を起こし、ようやくファラオも、イスラエルの民を厄介払いする決意をする。

イスラエルの民は、さっそくエジプトを脱出するが、ファラオはすぐに後悔し、追手の軍隊を差し向ける。紅海に追い詰められるイスラエルの民。しかし、岸辺に差しかかった時、奇跡的に潮が引いて、イスラエルの民は、この大海を渡りきることができる。ところが、エジプト軍が追いついた時には巨大な波が押し寄せ、追手は駆逐される。

これが、スペクタクル映画『十戒』(1958)の特撮シーンで一躍有名なった「葦の海(紅海の奇跡)」の伝説である。

このあと彼らは、神の加護を受けながら、シナイの荒野に到着する。

ここでモーセは、シナイ山に登り、神から、有名な“十戒”を授かるのだ。「偶像を崇拝するな」「殺人はするな」「姦淫するな」「盗みはするな」…この「シナイ契約」こそ、まさに『旧約聖書』最大のエピソードといえよう。

このあと、契約に関する様々な法律解説がつづき、イスラエルの民は、約束の地カナンを目指して、再び旅路に着く…以上が、「出エジプト記」のおおまかな内容である。

このスペクタクルなエピソードを音楽にしたのが、天野正道の≪出エジプト記≫だ。

ただ、原典に即した具体的な場面描写よりは、作曲者自身が述べているように「『出エジプト記』をもとにした架空の映画音楽を作るつもりで」作曲されたようだ。それでも、おおむね、圧政に苦しむイスラエルの民~争い~静寂~神の啓示~脱出~紅海の奇跡…といった流れは十分あり、息をもつかせぬ展開で最後まで引っ張る。途中、ポップスの香りさえ漂わせる余裕ぶりだ。

作曲者は、近年、OVA作品『ジャイアント・ロボ』の自作サントラを吹奏楽版にアレンジした≪GR≫や、阪神淡路大震災をモチーフにした≪おほなゐ≫などで熱狂的な人気を呼んでいる。それだけに、ここでも迫力と躍動感は自家薬籠中の物といってよい。
【おまけ解説】
上記本文中でも触れた「紅海の奇跡」を、(当時としては)驚異の特撮映像で描いた映画『十戒』(1958)の音楽は、エルマー・バーンスタイン(1922~2004)によるものだが、古きよき時代の典型的なハリウッド・スペクタクル音楽なので、機会があれば、お聴きいただきたい(これを吹奏楽版組曲にしても、けっこういけると思うのだが)。

紙幅の都合でカットしたが、「出エジプト記」の最後の方に登場する“金の仔牛崇拝事件”のエピソードを、シェーンベルク(1874~1951)が、未完ながら≪モーセとアロン≫と題してオペラ化している。十二音技法による、オラトリオのようなオペラだが、度肝を抜くオーケストレーションが随所にある。

イタリア・オペラの巨匠ロッシーニ(1792~1868)も、≪エジプトのモーセ≫だの、≪モーセとファラオ、紅海への道≫だの、幾度となくオペラ化している。それだけ作曲家にとって、「出エジプト記」は、魅力的な題材だったのであろう。

ちなみに、英語題の「Exodus(エクソダス)」とは、本来が「脱出」「解放」の意味だが(宇多田ヒカルのアルバムタイトルになったこともあった)、海外では、事実上「イスラエル民族のエジプト脱出」の代名詞であり、要するに「エクソダス」といえば「出エジプト記」のこと。

文字通り『Exodus』と題したアメリカ映画もある。邦題は『栄光への脱出』(オットー・プレミンジャー監督/1960)。

この映画は、第2次大戦終戦後の、ユダヤ人国家「イスラエル」建国の物語で、旧約聖書の時代に次ぐ“第2のエクソダス”が描かれる。音楽はアーネスト・ゴールド。ユダヤ旋律を生かした、たいへんエキゾチックな音楽で、アルフレッド・リードの編曲で『Highright from Exodus』なる吹奏楽組曲になっている(Hal Leonard版)。これはかなり昔から演奏されつづけている名編曲で、最近も、CD『CAFUAセレクション2006』(CAFUA)に新録音が収録されているので、お聴きいただきたい。グレード的に「3」程度ながら、なかなか演奏効果が高く、品格のある曲なので、コンサートでも十分通用するはずだ。

余談だが、いまから30年以上前、私の高校生時代、休部状態だった吹奏楽部を復活させ、最初に演奏したのが、このスコアだった。まさしく「休部からの脱出」でした。懐かしいなァ…。
<敬称略>

コメントを残す